開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

冠婚葬祭

■冠婚葬祭   090723

業種別定点ベンチマーク素材>冠婚葬祭

地域CATVの存在価値発揮エリア1>冠婚葬祭

地域CATVの存在価値発揮エリア2>冠婚葬祭
地域CATVの存在価値発揮エリア3>冠婚葬祭



古来の四大礼式。元服、婚礼、葬儀と祖先の祭礼。
自力個人型価値観、他力孤立型の環境を地域コミュニティが補完しなけらば日本の
人口減少の歯止めがかからない、また、周囲と孤立した人生の終焉の歯止めが
かかからなくなり、世界に比肩できる、日本国を牽引できる人財の小型化と減少
傾向の悪循環が加速する分水嶺の時代になりました。歯止めをかけ善循環にかえる第一歩として危機管理も含め近くの隣人との融合のしくみシステム構築をはじめるときです。

◎「婚礼」の本質は何か
結婚に関する価値観は多様化し、日本の本流が、子孫の減少加速、伴侶に関すに関するマイナス
現象の増加、周囲の環境・情報は歯止めではない方向傾向が増大。
男は男の固有の機能領域 女は女の固有の機能領域が減少し、中性融合領域が拡大してきました。
倫理自己規制を育てる環境が減衰し未成熟段階で左脳より右脳優先行動傾向が増加し、日本民族の
優性遺伝確率が高い世代で、劣勢遺伝数の増加確率が高い体質と子孫を残す能力の急速減退を
始めています。
何か変だと気づき価値観を修正し軌道を変えなければ、少人数の日本民族が他民族に併合される
分水嶺の時が近づいています。
価値観は無限のため無限の考え方があり、他の情報源を活用して下さい。情報は掲載しません。
何かおかしいことに気づき、一人一人が まず自分の家族、親戚の最適化からはじめ、子孫の増加、
選んだ伴侶家族が子々孫々まで増加させる軌道切り替えの一歩をスタートしてくださることを待望
します。その善循環は身近な周囲へ伝播しはじめます。

 ◆婚礼当日を最善にするためには 専門企業 人材が成長してきています。
  新家族が生まれる門出、縁有るひとが祝福し、見守り蔭で育てるスタートです。
  人生の節目もその家族が善循環する演出に活かす集団の力が必要な時代がきました

  婚礼で縁ができた新家族に人生の節目ごとにきちんと再接点フローするホスピタリティ企業が
  まだ成長していません。婚礼の初心を忘れないために、節目ごとに人生の修正の機会を創る
  ことも大切な使命です。共に豊に末永く続くしくみ構築を待望します。


       ”創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ” 



◎冠 (元服前の世代から未来日本国を善循環させる人へ変わる。目標は全員)

個人重点の知識教育のしくみシステムでは、人の本音(右脳行動)を制御できる確率は低い。
個人が自分の本音(左脳より右脳判断・右脳行動を優先)を自分自身でコントロールできる習慣化、
人格化まで高めるためには、近くの周囲の組織総合能力がきちんと機能したとき最適なかたちに
なります。日本人固有の価値基準が善循環に変わるかどうか分水嶺の時期が近づいています。
正常な価値判断を持つ人間の数が50%以下に近づき、小民族である日本人の存在が復元できない
時代に入る確率が高くなってきました。
人間は全員ゼロから価値判断が成長します。近くの環境の中で選択し自ら価値判断を育てきますが、
何かおかしいと感じるのは、近くに選択させる事例が何かおかしかつただけです。自分で選択した
価値判断を習慣化人格化したことが真因です。多くの人が何か変だと感じても、今行動していることは、
本人の価値判断で最善なやり方と考えて行動しているだけです。ただし、自分にマイナスのことは
他人責任転嫁し、自己責任であることに気づかない人が増殖徴候がはじまりました。価値判断の
マイナス行動をしたグループが、マイナス量の少ないか自己責任はないという価値判断の人さえ
増え始めてきなした。何がプラス行動か判断麻痺の徴候が出てきました。

元服(生まれて小学6年ごろまでを想定します)。人の基盤の価値観が急速に育つ時期に日本民族を
増加に向けるために、現在の何かが悪循環軌道を採る人の数が増やしています。元服前の年代は
増加の歯止めをかけて、善循環軌道へ乗せることの出来る確率が高い時期です。その後は、自我の
芽生えと共に、本人が変わるか、極度に変える強い集団の力が加えれば可能な場合もありますが、
短期で元の本音にもどり、変わる方が例外の確率が高くなります。

自我が生まれた世代は、建前は修正できても、本音(生きるか死ぬかのときの行動)は右脳優先行動
を抑える価値判断力だけです。義務的なしくみや人の力では変える確率が低い傾向があります。

よい本物の価値判断に触れさせ、態度を変え、行動を変え、よい習慣を身につけ、本音でよい判断する人格化まで定着させることが出来やすい価値判断自我が変化する領域が多い元服前の世代の方が
21世紀に勝ち残る行動ができる日本人の数を急増させる可能性が高くしてくれる世代です。

本人自ら「自分が変われるしくみ」を身に着けていると、善循環が始まります。知識だけでなく行動を
正しく制御できる人格化するまで反復習慣することが早道です。自分を正しく制御できる能力を人格化
する段階まで反復習慣化できるのは、地域密着CATVが持つオンリーワン機能(視聴覚と自分が主役
の行動を記録する自主番組等)の一つです。
自我の生まれた世代も、正しいもの(プラス領域)だけを見せ、マイナス事例(反面教師として極度に
マイナスの事例の方が良い)を相対比較、価値判断を変える誘導に生かせることができます。
人生の多くの年代で、判断力の選択時 ○ △ × 3択の中で「○」を選ぶ人の数が現在より着実
に増加を始めます。

優れた価値判断が育った世代は、自力本願で善循環の行動をはじめ、自分を育てた地域に感謝し、
本人の人生設計のなかで、随処で地域の貢献する活動が定着する確率は高くなります。


現状の徴候
第二次世界大戦前の価値観
小国土、単民族型(一部例外あり)小民族生き残る智慧農耕民族思想、狩猟だけでは生き残れない
ときの智慧 集団力優先、ベクトルの方向性を集団単位で把握できました。

第二次世界大戦後の価値観
大国土、多民族、狩猟民族思想等で、価値観が根底から組立てかえられ、玉石混交の情報化時代
個人力、ベクトル方向の多様化分散化し、企業集団等の単位でベクトルの方向が強制的に束ねられ
ていますが、その企業の価値観は玉石混交の時代(企業個人主義)傾向20世紀は拡大、21世紀
情報公開時代に入り、少し補正が加わる傾向がでてきましたが、その方向は、誘導型で、情報に
動かされる左脳を押さえ右脳のコントロールが優先してきました。

個人が何か、ヒステリックに動かれた集団の一員であったことに、一定時間経過後左脳思考が機能
しておかしいと気づく徴候が出てきました。個人の連続的思考、価値観の基盤を自ら構築せず、浮き
草型、根無し草型が増え、時流に動かされる人数が55%を超えてきたためです。
世界各国も同様な徴候が始まっていることに気づく時代が到来しました。すでに賢明な国から修正
徴候がでてきましたが、対症療法型で、対因療法型を採るところはまだ見えません。

映画のセット型、親世代が子供と同じ行動する、おっかけ、ブーム、ブランド、バブル、親の子供帰り
マニア等仮想と現実が混在し実体で判断する左脳が正常に機能しない時間が増加をはじめました。
日本人の人生の総時間生産性も総時間浪費量の加速度的増大で減少傾向になつてきました。
しっかりした根を生やした確固とした価値観を身に付けることができ難くなる分水嶺が近づいています。


軌道乗り換えの方向
左脳思考を活かし、右脳をコントロールするためには、知行一致の習慣化、人格化を一人一人個別に
個人の成長レベルに合わせ同世代の身近な優秀なグループ(知識ではない智慧行動優先)の価値判断に合わせて、集団的に体得させる方法が突破口です。身近な他人集団が、無限の可能性を持つ世代を
正常化な軌道を向け、素晴らしい人財へ自力で育つ基盤、価値判断の根を張り巡らせる誘導が必要
です。1家族だけの価値判断は玉石混交ですが、マイナスの価値判断が地域の50%を越えるエリアが
エンゲル係数の生きる費用以外の余裕がない環境下では加速度的に増大傾向が見えはじめました。
一家族では、プラスに復元能力が不足を始めています。個人主義の良さは活かし、集団での補正制御
以外善循環軌道復元ができない時期が近づいています。会社・職場に集団補正機能(マイナスもある)
は有りますが、所属しない、前後の世代は、制御コントロールは本人以外なく、正常な価値判断を持た
ない高齢者も含め世代は、想像を超えたマイナスを出現させる現象が見えはじめました。「ハインリッヒ
の法則」から推測すると、制御可能な限界に近づいてきています。地域密着型CATVの機能を最適に
発揮させなければならない時が近づいています。人の地位、肩書き、富、人気等に幻惑されず、地域の
人を主役に、地域を共に豊にする行動をはじめるためのトリガー(引き金)機能を発揮をはじめる時です。

地域密着CATVの自主番組は、日本の将来の人財輩出を価値基準に、知識だけの優秀者は他の
大企業型にまかせ、加入者が主役にした手段型企画を、エリア別(昔の町内)に相対比較できるように
つくる。企画はそのエリアの学校・幼稚園・保育園の先生を巻き込み、運営は地域の大学生を個別
指導のコーディネータとして参加させる。(一定以上の能力基準以上とする。ノウハウ構築後は同等
基準以上の大学生以外の地域の人も加える)エリア別にその後の定着率をあげるために、長期間
定点チャックをし、定着度を記録し、年齢での成長記録を残す。子供は地域の宝、共に育てる、核家族
で欠落した、家族の総能力を補完する役割をつくる。
地域の加入者の家族の生まれる前から、その子供を中心に、その家族地縁の協力のしくみをつくり、
本音で知行一致で成長する人の数を多くする活動をする。地域CATVはコンダクターの役割を果たす。

どの年齢から重点にはじめるかは、地域の加入者が周囲の安心して任せられる支援の力を望む数
が多い年齢、複数の子供を個人で養育するのに親の時間がかかる時代。地域の人口増加に歯止め
を親がかけざるを得ない年齢がテーマです。この年代に地域と接点ができると、多くの目が近くにあり
成長しても自己コントロール、右脳コントロールの機能は高くなります。(最初の一歩の最重要年代)

他の年齢層は 年間計画で、集合型、個別型、節目型、自在に組み、1年成長ごとに臨床した年齢の
カイゼン、修正を、専門化の智慧も巻き込み企画すればよい。その経過を自主番組編集し、次の年の
同世代に見せればよい。身近な知っている人、兄弟姉妹が出演していらば、更に善循環効果が始まり
ます。地場への就職率をアップさせる種まきをする。

小学校高学年になると親の働く地域の、職場、企業を商工会議所、商工会の青年部(青年会議所では
ない)のメンバーと企画をつくり、仕事観を体験させる。同様に地域の商店街の青年部のメンバーと
企画をつくり全店舗のよさを体験させる。青年部は店の将来の後継者であり、参加者は地域のお客様
見込み先づくりの種まきにする。価格を超えた、右脳での販売機能が働く確率が高くなります。

国の機能が減退し、地方に国民の生活保障責任が移行がはじまる時期、地方行政と地域密着型
CATVの外に統合できる今機能するものはありません。

全国型では地域の全戸をつなげる末梢神経まで繋げることは長期間と膨大な資金がかかります。
すべての価値観に合わせることが顧客満足量を上げる存在価値として必要なためです。地域CATV
の自主番組を提供し、全国型CATV、放送等の必要コンコンテンツを活用し、重複した内容を少なく
ローコスト化に活かす。
異なる価値観の加入者の満足度を上げるための方法としてローコスト高生産性上必要戦略です。

各地域のCATVもホームページで番組、情報提供が始まりました。更に次の参加型段階で進む
時期がきました。



◎祭
全国放送は地方の大きな祭り、特色の祭りを企画番組で取り上げ、放送をし、コンテンツの事例は
増加傾向があり、旅行会社、JR等も自社の集客のために企画を組む時代がきました。

   
地域CATVの収入源の一つとして、旅行会社、JR等との連携企画と、当日の旅館ホテルとの連携で
地域のよさを地域ぐるみで演出する。加入者参加の分担運営、夕食時の地場イベントを協力、バス
ガイドと連携して地場のガイドを加入者から協力、名所旧跡のガイドを加入者が協力。個人客の足
としてコミュニティバスのホテル旅館循環バスの活用。地域にまた再訪したくなる演出を行政の観光
部門と地場の関係企業と連携し対応する。祭を核にして、年間で毎月集客のイベントを他地域から
来訪しやすい四季に合わせて企画し、地域CATVはその演出のために協力した加入者(企画収入
からアルバイト料を支払う)い、その協力内容を編集して番組として流す。多くの加入者が参加する
と得になるしくみを創る。現在地域でバラバラで一生懸命儲けを工夫しても限界があります。整合
統合の役割を地域密着CATVの機能を活かすと可能になります。
地域商店街は、全国型店舗に幻惑されず、特色を演出できるようになると、他地域の人は、特色の
方が魅力で集客できるようになります。

企業の業種・業態別展示会も地域CATVと連携した集客と、企画番組として、地域へのPRと共に
取引先の多い他地区の地域CATVと連携し相互に情報交流の場を演出すると、参加しなかった
取引先にも取引の可能性確率は上がり始めます。

     
神社本庁 公式ページ       

    
仏教に関しては 葬以下を参照

   
 各地のイベント るるぶ.com
            全国47都道府県の祭り・伝統行事・イベント(花火大会等)、日本のイベントリサーチ

         運営 JTB Publishing


       

◎葬
人間全員通る道です。地域の中で高齢化し、家族親戚の縁が薄い、集団から孤立した人の増加
過疎エリア、交通空白地帯は特に加速してきました。生きている間、地域集団の中で生活できる
しくみに一つとして、加入者のエリア別(昔の町内会)に全員参加の機会を演出(町内会行事の
まわりもち役割分担方式)で全員の安否の確認ができるしくみつくる。町内会行事を循環方式で
定期的に放送し、しの出演者にする。介護の必要な場合、病気の場合も個別コマ参加方式を
とる。寺を中心にした檀家組織がある場合は、寺を中心にまとめる方が、葬のときもれの少ない
運営ができます。地域CATV加入者網で構築する方が、集団で生きる生甲斐を湧かせる機能
を発揮しやすい。


葬に関係する企業が増えてきました。葬の形も価値判断の変化で多様化して
きました。葬に関係する情報をまとめ、必要なとき短時間対応するために
役立つものを整理しました。(仏教に関する情報し、他は割愛)



2004(平成16)年12月31日現在の文化庁の統計によりますと、日本における神道系の信者数が
1億858万457人、仏教系の信者数が9348万5017人、キリスト教系の信者数が216万1707人、
その他の宗教の信者数が959万9480人という統計がでています。 つまり、日本人のなかで、なんらかの宗教を一つでも信じているという人の総計は2億1382万6661人ということになり、なんと人口の
2倍近くの数になると推測されます。
日本人は宗教性が薄いとよく言われますが、これだけをとっても日本人の宗教性は実に特有なものが
あり、「仏教も信じているが神道も信じている」とか「○○寺の檀家だが□□神社の氏子でもある」という
例が当たり前のように存在しているといえます。それだけ、日本において宗教とは生活に密接に溶け
込んでいるといっても過言でないのではないでしょうか。

 

 
更新 2009.07.23

 
 ■仏教の宗派  (一部紹介)

  
    高野山真言宗
     総本山金剛峯寺(高野山)

      真言宗豊山派
 

  浄土宗
  宗教法人浄土宗


  浄土真宗本願寺派(西本願寺) 

   浄土真宗東本願寺派

   


    天台宗     
     公式サイト
 

  臨済宗 黄檗宗 
     臨黄ネット

  曹洞宗
   公式サイト


     日蓮宗
     ポータルサイト
 


   日蓮正宗
   公式サイト

       

  融通念仏宗 
   総本山 大念佛寺公式サイト


   時宗 
     総本山 遊行寺HP
 

  華厳宗 
    大本山 東大寺公式HP

  法相宗
    大本山 興福寺HP


   律宗
     総本山 唐招提寺
 

  本門佛立宗
     公式サイト

  

   

  

  


 ■仏教に関するトータル情報サイト


   (財)全日本仏教会(全仏)
  


現在、日本には約75,000の伝統仏教の寺院・教会・布教所等があり、それらの多くは、いずれかの宗派(教団)に所属しています。財団法人全日本仏教会は、その中の主要な58宗派を中心に、都道府県仏教会・各種仏教系団体等も加盟した、我が国の伝統仏教界における唯一の連合体です
 

 

 

 


 
■仏壇 仏具    近くで揃えるときの参考情報


  京都府仏具協同組合
 
経済産業大臣指定 伝統工芸品  京仏壇・京仏具  
   
  


  お仏壇のはせがわ

  ・お葬式
 ・仏壇
 ・仏具その他
 ・墓石
 ・霊園
 

 上野・浅草通り神仏具専門店会

 仏壇、仏具、神棚、神具、お神輿
 品揃え日本一 50店舗がずらり

 

 

 

 
■墓石     墓石選び、費用検討時の参考情報 

         
子孫に自分が生きたあかしを残す銘版の役割として、また共に生きた家族の生きたあかし
          を残し、子孫が思い出す確率の高い日本人の先人が創って残したシクミ。
          
          高齢化時代、先祖の地を離れた人が、他の地に生前に墓を造り、残る人生を全力投球
          する世代もでてきました。
          高齢化時代の生活を共にする動物の墓を造る人もでてきました。 

          次の世代の墓への価値判断は多様化し、先祖に対してどのような方法を採るか、
          わからない時代に入りました。期待せず、生きているあなたが自分で決める時代に
          なりました。   
 


  全国墓石、石材店情報  

  運営 (株)日本仏事ネット(福岡)

          運営理念

多くの専門店を掲載してあります。
掲載基準が不明のため、取引される場合は個別で自己責任でお願いします。











 


 (社)全優石(全国優良石材店)

全優石(=全国優良石材店の会)は、お墓づくりを始めとして、石にかかわるさまざまな分野でのお手伝いを安心してお任せいただける「ブランド」となることを目標に、全国の優良・名門石材店400社あまりで組織されている、わが国では唯一の石材業ボランタリー・チェーンです。1982(昭和57)年に結成されて以来、お墓の「品質保証書」の発行や、相続や遺言からお墓の資金計画まで無料でご相談をお受けしたり、全国 組織ならではの活動を展開。





 


 石の 原産業(株)

          会社概要
   
1965年に石材卸売り店として創立しました。 最初の頃は造園材料の庭石や庭灯篭、飛び石、敷き砂利、大谷石 など中心に販売していました。 1975年頃から墓石及び墓石関連の石材製品の販売を始めました。 現在の売上の90%は墓石及びその関係商品です。 品質の良い石材製品をより安い価格で提供。

犬や猫など動物の楽しい彫刻や、心の落着く石の仏像なども展示しています。女性や子供さんにも人気があります

◎卸の機能を活かす購入法
原産業から可能な予算に応じた仕様のアドバイスを受けて近くの取引石材店を紹介してもらう。お寺から推奨される石材店を卸企業に紹介し、取引後相場より安く高品質の
ものを購入する。 
 

 

 

 


■霊園 墓地


  「いいお墓」ネット

霊園と墓地を全国4000以上から探せます。

    運営 鎌倉新書
・1979(昭和54)設立
・法人(石材店、葬儀社、仏壇店、寺院他)ネットワーク約1万社
・「お墓、仏壇、葬儀」サポート受付
15,000件以上
・自社運営サイト40以上。法人サイト
制作実績50以上
・「仏教、仏事」専門書籍
・「墓石、霊園、お墓」「葬儀」
「仏壇、仏具」関連冊子 
・月刊「仏事」
・仏事や供養に関するセミナーや
コンサルティング
 

 メモリアルアートの大野屋

     会社概要
・1939(昭和14)年設立  










 

 全国霊園・墓地情報
 

霊園掲載数2,453件  

 運営(株)日本仏事ネット
  (上記 全国墓石、石材情報
  と同じ会社が運営)


掲載基準が不明のため、取引される場合は個別で自己責任でお願いします

 

 

 


■書籍  日常の暮らしのなかの素朴な疑問がわかる本  「オンライン書店ビーケン」



図解仏教の不思議がよくわかる本

 私たちに身近な仏とお寺の知識
 これでわかった!

 

武光 誠

出版社 PHP研究所
A4版
発行 2009.02.23
ISBN 978-4-569-70577-4

価格 952円(税別)
 


 日本の神様がわかる本 

あの神様の性格・あの神社のご利益が一目瞭然

 

戸部 民夫

出版社 PHP研究所
A4版
発行 2005.01.05
ISBN 4-569-63978-X

価格 952円(税別)
 

 

 

 

 

 

商品一覧