開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

コミュニティバスCB

■コミュニティバスCB  090720

業種別定点ベンチマーク素材>コミュニティバスCB

地域CATVの存在価値発揮エリア1>コミュニティバスCB
地域CATVの存在価値発揮エリア2>コミュニティバスCB
 地域CATVの存在価値発揮エリア3>コミュニティバスCB



 

 コミュニティバスCBとは市・区・町・村など行政区域内で住民が移動手段を
確保するために運行する路線バス。営利目的の路線バス等交通機関を
幹線として、毛細管に相当する交通空白地帯、過疎地、高齢者の足、商流と
して、全国各地でICTの本質に気づいたエリアから21世紀型進化がはじまり
ました。

◎背景
地域の交通を事業としている場合、株式会社は国民の税金で創業したJRでさえ企業存続と
生産性向上のために路線統合、利益率のよい路線に集中し回転率増加を戦略にすることは
その他の廃路線の人の不便とは無関係でますます強弱の増幅時代にはりりました。地域
貢献にかかるマイナスを補填する方法の少ない企業は、生き残りに当然の方法です。
その格差は経営者の使命感の格差だけです。

行政は地域全員均等な交通網確保が、危機管理上必要で、株式会社の補完のためにコミュニ
ティバスの実証試験に入る地域が増えてきました。

プロの株式会社でさえ切捨た交通空白地です。いままでのやり方では赤字の累積と、もし事故等が
発生した場合の、補償、天変地異での運行等を考えると赤字の累積型投資事業になる確率は高い。

行政が責任負担を軽減し、予算以上の負担をしない目的でNPO、株式会社(バス専門外)の
企業に一部企業負担して移管するところもでてきました。プロが運営しない行政主導方式は、
採算の出易い都市部だけ存続し、その他はこの方式を採らざるをえなくなるところが増加します。

移管企業が、当初の事業計画通りに毎年増収(管理費、維持費、人件費だけでも確保)する
ことが難しいことに気づく時期がくる可能性が高い。プロ経営者でさえ企業存続に苦しむ
事業です。すでに挫折地域もでてきています。


◎必ず持続し、満足度の高いコミュニティバスとしての地域インフラ機能発揮の戦略事例

1.日本で最先端のしくみシステムを活かし、毎日の経費を最小限の追求をする。(出を最小化)
○既存の智慧を活かす
現在日本の最高のシクミ・システム・継続的運転手等のひとの確保のしくみのノウハウを最低限
活かす必要があります。人財の少ない自社だけでその構築は長期間必要ですが、すでに
そのシクミ、システムを持つ企業と連携し(その企業への支払いを固定費化する)する。
危機管理費用(内部留保のためのつもり貯金)も含め、必要総収入を5年間試算する。
計画は、雨(最悪)の場合想定で試算することが必要。実際が曇り晴れの場は、すべてプラスは
内部留保へまわす割り切りが重要です。事業展開時想定外の必要経費の発生確率が高く充当
すればよい。追加必要経費は、抹消神経の如く地域の路線網の充実に活用するためです。

2.総収入-総経費(人件費も含む)がマイナスの場合、プラスにするための必要金額をだす。

(1)通常の路線収入より高い価格を確保できるデマンドバス・タクシーを併用する。
   予約方式のため、路線方式の乗客不足はなく安定収入が確保できる。

(2)企業設立への株主として資本参加してもらう。地域貢献意識の高い人財が育っていれば
  必ず参加します。参加しない場合は、全員参加を考えずに1機関からはじめればよい。
  地域貢献効果が明らかにわかる善循環努力が見えてくると、参加しなければ損と考え
  なだれのように参加がはじまります。他社の路線の空白地帯をで小さいモデルエリアを決めて
  実証試験をしながらノウハウを構築し、地域への知名度を上げるために、都市部の他社路線
  バスでは機能発揮できない、地域の人の小さな不満テーマを重点に対応した路線の組み方
  と地域のインフラ機能とを結ぶ路線、外部からの人の観光、企業人の要望に対応できる方式
  を採る。特に駐車場が十分でない地域商店街へ地域の人が集団で移動するしくみをつくる。
  大量無料駐車場完備のところの路線は他社にまかせ、地域商店街の集客イベントに従来より
  多くの集客路線とする。(地域CATVがミニコミ先行告知、新聞のチラシに便乗しバスの運行
  予定路線を早い時期での告知する方式をとる。)工夫は無限です地域の特性に合わせて
  実績を出し、その実績を地域CATVの企画番組に組み込み定期放送し、共有情報にする。

  @行政
  A地域商工会、商工会議所
  B地域商店街連合会、商店街振興会等
  C地域のインフラ企業の拠点(電気・ガス・水道)
  Dその他 
  

(3)年間固定収入先の確保
  従来はバラバラ重複統合されず、個別に費用が発生した部分を、コミュニティバス事業
  に集約し、地域の総合機能を効果的に発揮する役割を果たす。

  @行政 運用予選として確保
    行政が地域広報のための足として、地域インフラの進行状況の確認カイゼンのための
    足として、バラバラ活動を集中活動できるシクミとして活かす。同時にインフラに関係
    する企業も同時に活動するように計画的路線を組む。
    
  A地域商工会、商工会議所、工業団地等(一企業での負担を補完機能がある機関)
   ・講演会イベント会場までの送迎の足を確保(企業が団体で参加できる仕組み支援)
   ・資格取得研修等の夜の足としての機能 
   ・現在の路線から離れた地域の工業団地、流通団地への運行路線(見学会)のための
    交通空白地の補完(集合型イベント、展示会のため) 
   ・現在の通勤路線の時間帯のずれる企業への補完

  B自社で通勤専用バスをもつ企業の、運行の代行による固定収入
   と同時にその他のスキマ時間の商流の補完をする

  C商店街循環を目的とした買い物バス。特売、イベントを商店街統合して調整し、均等な
   路線を組む。商店街の店との交流のための商店街別案内者を交代で決める。
   商店街店舗が一企業体のような組織となり域の人との交流の表を担当し、裏の細やかな
   気配りと相乗効果がでる演出を店ぐるみでおこない、お客様の顔、特徴をつかむ。
   地域CATVの取材を持ち回りで受けて、その時の来客者のリピート対応が固定客化の
   重要な分水嶺になります。取材時に、一定時間の記録をしてもらい、お客様の顔を整理
   リピート時に名前を記録するようにする。地域CATVのコールセンターをコンタクトセンター
   機能として活かし、集客を加速させる。

   ●大店舗で出来ないホスピタリティ機能、地域の人相互の交流演出の役割を果たす。
    リピート客を常にはじめての客として扱うコンビニと違う、人との接点が極度に減少
    する高齢者群の集団での活力を生む力の源泉の役割を果たす。

 
  D名所、旧跡、博物館等 観光をコースで循環するところから年間収入を確保する
    地域外の人専用コースは 観光ガイド(高齢者の認定した人にアルバイト料を支払う)
    コミュニティバスの起点で案内パンフレットを手渡しする方式と一言声かけをする。
    声かけが次の質問に繋がる地域とのコミュニケーションがはじまります。
  
  EJA等の物流代行(地域運送業者との連携)
    コミュニティバス(トラックとほ複合型)は以外の高齢化のすすむ農家の少量物流の
    ために運行する。各商店街と連携して、定期的 朝市、夕市の開催するしくみを創る
    ・地域の名産、鮮度物流の浸透と、農家の収入確保の支援をする。
    ・朝市、夕市へのお客様誘導路線を確保する。
    商店街の集客に相乗効果を発揮するようになります。 

  F旅館群からの個人客の送迎バスの代行
    地域の紹介をしながらガイド付きで運行する。路線の中に孤立旅館の側も通る。
    無言の送迎バスから、四季の変化情報も加えて地域、旅館群の魅力を膨らませる
    ガイドの効果を付加し、別の季節再訪したくなるリピート演出もする。
    地場を良く知る高齢者の基本教育をして等級の資格制のアルバイトの場を提供し
    収入源として貢献する。
    地域CATVで定期的のコンテストを開催し、より高い案内技術の習得を目指す。 


  G過疎地の場合は、ミニコンビニ兼用バスにして、そのエリアの店から固定収入を
    確保して、販売を代行してもらう。通常地場で購入できないものを重点にその店
    の補完をする。その日のその地域のコミュニティバスと兼用する。乗客数の不足を
    補完するしくみを創る。

  H診療巡回バスを地域の医療機関、病院の代行をする。年間計画的に行政主導で
   統合計画をたてて実施する。移動健康診断バスとする。

  I過疎エリアの乗り合いバス機能(デマンドバスの目的が明確出ない場合の利用)を
    発揮するために、変動費型運賃ではなく、使用会員制の1ヶ月固定費型のバスを
    運行する。(都度の費用はなし) 特に一人暮らしの高齢者の安否情報を確保する
    隣近所からのライフライン機能としての活用と、集団の中で生甲斐を生む機能も
    兼ねた集会場の役割も果たすようにする。通常の予定日に活用がない場合は、
    電話、訪問等で安否の確認するシクミに利用し、会員間の連絡網をつくり、緊急
    連絡に活かせる複合効果も持たせる。地域CATV、FAX、行政等のインフラと併用し
    て活かす。


(4)スポット年間で固定収入先の確保

  @地域の年間で行われる行事、イベント、祭り等の乗車量の多い時期、通常の他社
   路線のない地区へのその時期だけの柔軟な路線を運行する。

  A地域CATVの番組企画、取材計画と連携した、集団移動のための地域の人の移動
    手段として、通常の路線から一定場所まで来て、他社路線のない地域への集団移動
    へ活用する。(1台のバスの時間生産性を上げる)
   
    コミュニティバスの活躍事例を地域の人が主役で出演した定期番組として行政の広報
    の一貫として知名度を上げていく活動に地域CATVと連携する。

    地域CATVの全国ネットワークを活用して全国発信し、全国からの地域への訪問客
    数の増加を支援する。  

   
 

 

更新 2010.07.12


□多目的複合活用

社会実験運行段階でが多く、コスト、生産性、地域コミュニティのインフ機能として、複合的多目的目的としての
抹消神経網としての機能進化が必要です。まだ過去の延長のプロダクトアウト発想段階です。

 


  市川市(千葉)

コミュニティバスの社会実験運行
住宅地と公共公益施設、医療施設、商店街、鉄道駅やバス停などを結び交通不便地域を解消するコミュニティバスの運行を検討してきました













 

 
北区(東京)

 北区は、高齢者をはじめ誰もが安心して移動できるまちづくりを進めるため、平成20年4月27日(日)よりコミュニティバスのモデル運行を行ってまいりました。
身近な足として定着しつつありますが、利用状況の安定には至っていません。平成21年8月17日(月)よりダイヤ改正、アクセスできなくなりました。







 

 


 坂井輪コミュニティバスNPO事例
  Q-Bus
 新潟市西区

新潟市で事業経費を一部負担

計画路線の自治会、企業、商店、病院、学校等多くの方々のご理解ご協力により2万人を超えるご署名を頂きました。 コミュニティバスの運行により高齢者が病院、憩いの家、ホームセンター、スーパーなど安心して行く事が出来ます、区役所や文化的重要施設の公民館、市民会館、図書館なども気軽に行けます。
◆坂井輪コミュニティバスとは
◆役割と意義
コミュニティバスは単なる交通システムではなく、様々な市民活動の架け橋ととなるものです。そのためのコミュニティ誌等を発行して政令指定都市の区役所を中心にコミュニティの形成、情報の場の提供先になつていくたいと思います。
 


 荒川区(東京)「さくら」「汐入さくら」


19人乗り、30人乗りの2種類のノンステップバスがあります。
どちらも車いす席が1席あります。


  

 犬山市

 高齢者や自ら交通手段を持たないいわゆる「交通弱者」の活動支援として、民間路線バスの撤退等による交通空白地域を中心にコミュニティバスを運行しています。

 

 まちづくり福井(株)「すまいる」

 設立発起人
福井市、福井商工会議所
福井商店街連合会
福井駅前商店街振興組合
 


 つくばみらい市「みらい号」

つくばみらい市の東西南北の地域
公共施設等を循環するバス

バスガイドを地域の高齢者のボランティアが分担して活躍しています。



 


 高岡市「こみち」 

 コミュニティバスは、小型の低床式バスで、小径(こみち)を走る新しい公共交通です。

 ルート周辺には、高岡の歴史を物語る町並みや商業施設、公共施設が数多くあり、また、まちなかには賑わいと楽しいふれあいが待っています。


 大口町(愛知県) 実証試験

公共交通機関がない大口町では、コミュニティバスの運行を中心としたまちづくりを提起し、地域活力の創出や地域経済の活性化を目指した「暮らし楽々まちづくり」を進めています。
2004(平成16)年6月に、この「暮らし楽々まちづくり」プランが国の地域再生計画の認定を受けました。地域再生計画とは、地域が自立の精神で活性化を進めるために「地域が考え行動することを国が支援する」という考え方の基に進められているものです。デマンドバスも併用

 


 海田町(広島県)町内循環「ふれあいバス」

海田町では、公共施設利用者の利便性の向上などを目的として、町内循環コミュニティバス(ふれあいバス)を運行しています。これにより公共交通機関利用の促進による交通事故防止が図られるとともに、環境負荷の削減などに寄与することが期待されます。




 


 射水市(富山県)コミュニティバス{きときとバス」

住民アンケート調査などの結果、要望が高かった場所へのアクセスや、市内をできるだけ網羅するよう配慮した路線になっています。複数の路線が集まる「射水市民病院」、「JR小杉駅」、「JR越中大門駅」等を拠点として全ての路線が結ばれていますので、乗り継ぎをすることで市内の主な目的地まで行けるようになっています。
基本的にパターンダイヤとなっており、一定の周期でバスが到着しますので大変分かり易くなっています。例:1時間に1便バスが運行する路線上にあるバス停で、9:20分にバスが到着するとしますと、次の便は10:20分に到着します。
 

 湖南市(滋賀県)コミュニティバス「ふれあい号」「めぐるくん」

「ふれあい号」
 旧甲西地域を運行しています。十二坊温泉ゆららへも便利です。

「めぐるくん」
・旧石部地域の移動に便利なコミュニティバスの「めぐるくん」です。JRの石部駅を発着・終着点に、医療センターからじゅらくの里、常楽寺、長寿寺、ケアセンターや石部高校をカバーしています。
・雨山文化運動公園ルートは、事前の予約に基づいて運行するデマンド方式で運行しています(日・祝のみ)


  稲沢市(愛知県)
コミュニティバス運行事業として、4台のワゴンタイプ車両が下図の路線を走っています。
コミュニティバスとコミュニティタクシーは、月曜日から土曜日の運行となります

◆稲沢市コミュニティバス利用者アンケート調査集計結果 pdf
平成20年7月1日〜31日
男性約25% 女性65%
○東西幹線
50歳代10.8% 60歳代24.3%
70歳代27.4% 80歳台6.7%
合計69.2%
○南北幹線
50歳代9.0% 60歳代42.1%
70歳代24.1% 80歳代9.6%
合計84.8% 


 さぬき市(香川県)

 さぬき市内の公共交通機関として、高齢者、子供、身体障害者等の方々にも安全で利用しやすく、市民の多様なニーズにきめ細かに対応していくための地域密着型バスシステムです。

◆運賃の減額・回数乗車券










 

 千歳市(北海道)循環型コミュニティバス「ビーバス」

 「ビーバス」は、みなさんの交通手段として、千歳駅前を起点に、市内の公共施設、病院、商業施設などを循環して運行する低床式のバスで、乗り降りがしやすく、高齢者や障がいのある方、子どもたちなど移動手段を持たない方も、安心してご利用いただけます。定員数は30人で、座席数は14席。車体の床は低く、乗降口に段差のないノンステップバスで車内にも段差はありません。 車内に車イスは1台固定できます。

 

 

 

 

 

 

 

 


□デマンド交通  地域のITSによる効果 (財)国土技術研究センター
                                ITS(Intelligent Transport Systems)高度道路交通システム

交通事故の削減や交通の円滑化とそれにともなう大気汚染など環境の改善といった負の遺産を解消し、
安全・安心で円滑・快適な交通環境の実現を目指すとともに、過疎化や高齢化、人口減少下でのモビリティ
の確保、くらしやすい豊かな地域社会の実現を目指すことなどを目的としています。

デマンドとは「需要」「要求」という意味、目的地に直接行ける特色がある。

◎この方式は、目的意識が明確な場合で、出費に余裕があり従来のタクシーを呼んだり、自分で自動車を
運転できる。乗り合い(コミュニティ)の機能を補完するために併用すると、平時、緊急時自在に対応が
できます。


 


 前橋市「ふるさとデマンドバス」

ふるさとバス(デマンドバス)は、電話1本で、お近くのバス停からどのバス停へでも、乗りかえせずに行くことができる自由で便利なバスです

但し運行区域は、大胡・宮城・粕川の地区内と、心臓血管センター・あいのやまの湯のバス停間のみとなります


 北広島市(広島)   企業事例

 気軽に外出・移動したくても「バスの停留所までが遠い」、「通院の都度、家族に頼むのが気兼ね」、「 タクシーだと料金が気になる」といった悩みをお持ちの方、お子さまの通学の行き帰りが心配な保護者の方、お一人で用事をすませたくても交通手段がなく断念されているご高齢者の方…みなさん、 お住まいの地域で、交通にまつわる悩みをお持ちではありませんか?デマンド交通システムは、住民のみなさんが希望する場所から場所までドアtoドアの移動を低額で提供する新しい公共交通サービスです。
 

 安曇野市(長野)「あづみん」

  市では現在、デマンド交通を中心とした新・公共交通システム『あづみん』を実証運行しています。

事前に電話などで予約した人の家
や指定する場所を順次回りながら、
それぞれの目的地で下ろす「乗り合いタクシー」方式の交通システム。

 

 

 

 

 


□単目的、商流目的 
 
 

ホテル、デパート、百貨店、郊外型大店舗、イベント会場等の循環バス等、工場通勤用バス等 幹線交通網
(例 駅)を基点として循環バスを運行させる目的地直行方式。

単目的型は、全国各地で、社会貢献とは関係なく動いています。

○地域で個別の運行を統合し整合させ、運行のスキマを社会貢献する経営者の輩出を待望します。

 

 
 渋谷区(東京)「ハチ公バス」

 文京区(東京)「B−ぐる」

観光、イベント型
コース別観光循環バスの自由選択型ローコスト方式


 醍醐コミュイティバス(京都)

  NPOと住民組織が主体となるコミュニティーバス

◆環境(地球温暖化)と醍醐コミュニティバス
バスや鉄道は、自家用車に比べて二酸化炭素排出量が少なくてすみます。このコミュニティバスを利用しているあなたも、実は温暖化防止に一役買っているのです!今後もぜひ、自動車の利用を減らし、バスの利用を増やしましょう!また、みんなで自家用車に頼らないまちをつくっていきましょう!
◆アリアフリー醍御コミュニティバス
 

 甲賀市(滋賀)コミュニティバス

水口町・土山町・甲賀町・甲南町・信楽町の合併関係5町から引き継いだ5つのコミュニティバス路線を基本に、旧町域にこだわらない広域路線の設定や湖南市への直接乗り入れなど、利便性の向上をはかりながら、通勤・通学・通院、観光などに利用されています。
水口町内の観光・移動には、「はーとバス」のご利用が便利です。JR貴生川駅を起点に、様々なルートで町内をくまなく運行しています。JR三雲駅への路線も増え、一層便利になりました。

 

 

 


□病院・観光地等

 病院単位の循環運行から行政が統括した路線方式が始まりました。
 


 茅ヶ崎市「えぼし号」らくらくコース
  (神奈川)

えぼし号を使って気軽にお出かけできるコースです。自然が多く残り、歴史と文化を感じる里山方面へ行きませんか?見所:山の湘南とも言うべき里山風景を楽しむ。腰掛神社では、日本武尊が東征の際に腰掛けて休んだと言われる腰掛け玉石を探してみよう。浄見寺には大岡越前守忠相の一族累代の墓が整然と苔むし、隣の民俗資料館は江戸時代の大型民家を復元保存したものです。
各種コースがあります。

利用者の利便性にもとづき定期的にカイゼン

 

 射水市(富山)コミュニティバス
 真生会富山病院

2010(平成22)年6月1日(火)より、時刻表が改正されました。詳しい路線や時刻は下記に掲載してありますので、ご覧下さい。
2009(平成21)年5月20日(水)より、当院(真生会富山病院)を経由するコミュニティバスの路線が増えました



  
 

 高松市(香川)ことでんバスコミュニティバス

・市民病院ループバス
・ショッピングレインボー循環バス
・香川町シャトルバス
歴史民俗郷土史館経由
・MACHI-BUS
丸亀町商店街の受託バス
 


  河内町(茨城)コミュニティバス

河内町コミュニティバスは、十三間戸バス停から竜ケ崎駅バス停間を1日8本運行しております。(2便目のみ、終点を竜ケ崎駅停留所から愛戸停留所まで延長)

龍ヶ崎市コミュニティバスは、済生会病院との循環バス

 

 
吉野町(奈良)コミュニティバス(スマイルバス)

 
過疎化やマイカーの普及等により鉄道やバスなど公共交通機関の利用者が大きく減少しています。これに伴い特に 吉野町では、路線バスにおいて運行路線の減便や廃止を招いています。奈良交通株式会社の「路線バス」(八木大滝線)を維持するために国や県では、多額の運行補助金を負担して います。また、吉野町が運行する「スマイルバス」は国からの補助金と町財政からの支出によりまかなっています。 公共交通機関は、高齢者や子どもなど自動車を運転しない人にとっては、なくてはならないものです。この大切な公共交通機関を将来にわたって残し、またCO2を削減し地球環境を守るためにも、できる限り「路線バス」、「スマイルバス」のご利用をお願いします。
 

 

 

 

 


■運行専門企業のアウトソーシングによるコミュニティバスの運営

 
 大新東 「コミュニティバス」

 平成13年度から路線バスについても規制緩和が実施され、民間バス会社の赤字路線 からの相次ぐ撤退が予想されます。自治体は、路線バスのなくなる地域や公共交通手段のない地域の住民の交通手段を確保するため、21条バス(注1)や78条バス(旧80条バス、注2)などによる自治体バスの運行を考える必要があります。 当社では、こうした21条バスや78条バスによる民間路線代替バスの運行管理を全国各地の自治体から受託しています。 また、行政サービスの広域化にともなう広域生活バスの運行もご提案しており、すでに平成12年4月から島根県東部の1市2町が共同運行を始めた広域生活バスの運行管理業務を受託しています。

 ●大新東について
 

 

 

 

 

 

 

商品一覧