開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

図書館流通センター(ビーケーワン運営)

■図書館流通センター(ビーケーワン運営) 090525
      TRC


智慧本で成長
図書館流通センター(ビーケーワン運営)




TRC図書館流通センターは地域を支える人をつくる図書館を志援し
自治体への事業展開が充実してきました。

自治体行政機関の自主運営のコストを低減し、更に内容を充実させ
利用度をさらに増加させ、日本人として正しい価値判断のレベルが
固定化する小学校低学年までの「活字ばなれ」に歯止めをかけて、
本音で世界観をもつ人材の数を加速度増加させるしくみシステムを
活かせる確率の高い企業が成長してきました。

先人の知識知恵本を活かし、世界に比肩できる人財を多数輩出できる
浮き草価値判断する人にしっかりした根を植えつける確率の高いしくみ
システムをいかせる機会を身近に構築できる企業が成長してきました。


企業、個人、民間図書館では投資限界があり、採算、可能費用は他の直接
事業に関係する経費が優先され先行投資型の人に関係するなかで図書費の
削減格差は大きく金額がゼロから低予算になる傾向が多くなってきました。
担当者の志が高くても希望予算が想定を超えた削減確率は高くなりました。

国、地域の人の成長を使命とする国、自治体、団体、学校、大学院等は、
貢献の志の高さで他経費との優先比率で総予算は想定以上の予算を確保
したり、現状維持化できる確率は高い。
ただし、内容は玉石混交、正しい日本人化のマイナスになる本も多い。
特に専門性の高い本の量の多くない傾向があります。

成長段階のまだ途上の80%の人達を対象とするために、正しい顧客満足と
次元が異なるマイナスの本もアンケートで希望が多く、貸し出し回数が多い
場合、好評として類似本の購入判断さえ現場がある確率は高い。
従来の常識を、図書館の目的使命を発揮するための費用対考課を明確化
し、予算が地域の人づくりの貢献度を高める時代が近づいています。
民間では、投資効果上、実現不可能なテーマです。

自治体地方行政団体が運営する図書館機能の経費節減に貢献するために
事業展開が充実してきました。総予算は現状維持で、その削減費用で、更に
優れた良書、最先端書籍、専門書を充実できます。
しくみシステム提供により、高品質、高効率、運営化、活用者数の増加を中期(短期)
で構築ができる確率が高い企業の一つです。
働く人の能力を高める教育のしくみもあります。本の活かし方をアドバイスできる能力
が進化し、本の価値を知り、読む人の数は増加しはじめます。
図書館の活用は、視聴覚の断片でき連続刺激を定期的に断ち切り、頭脳回路網の
進化、充実させる確率は高くなります。

新しく働く、ふさわしい人の採用のしくみがあります。図書館を活かす人の数の増加は
活用する人のトリガーとしての力は増大をはじめます。

構造改革のテーマとして、図書館流通センターとの連携は、日本の中で探した現在
今活かせる最適な優れた方法の一つです。


大学が法人化され、産学連携が始まり、開かれた図書館の活用が一般でも
可能になり、専門度の高い選別された世界の情報に接する機会が増加して
きました。希少な最先端の文献書籍も閲覧できる機会もできてました。
価値判断がある段階まで成長した人材(財)には素晴らしい可能性が開けて
きました、図書館流通センターと連携する学校も増加してきています。



◎株式会社図書館流通センター(TRC)とは

TRCは、1979年出版界の総意によって、社団法人日本図書館協会事業部の
業務を継承する形で設立されました。当時この事業が、必要であるにもかか
わらず赤字経営が続き、協会運営の重荷となっていた事態を、出版界がトップ
の判断で救済しようとしたためで、初代社長は社団法人日本書籍出版協会
理事長(当時)の服部敏幸でした。

幸い社業は順調に進展して今日に至りましたが、この間、社会的に大きな変化
がありました。それは、情報化社会の進展に伴う図書館のシステム化への
大きな流れです。
これにより、従来のカードによる検索は書誌データベースによる検索へと進化し、
図書館の機能は格段に向上、利用者サービスもまた飛躍的に高まりました。

同時に、図書館への図書流通も大きく変化し、出版流通の新しい形態として
図書館専門の流通業が誕生したのです。



◎TRC MARCとは

 TRCがデイリーで更新、維持している汎用書誌データベースです。

現在では、図書館の選書・発注から装備・納品に至るまでの一連の流れが、
すべてTRC MARCを基軸としたさまざまなシステムによって一元化されています。たとえば、図書の受注から装備済み納品までの時間は、創業当初は約2ヵ月を
要しましたが、現在では最短5日間にまで短縮し、利用者の早期の閲覧や
図書館のレファレンスサービスの向上に貢献しています。

また、図書館運営の基幹データとしても、TRC MARCは、その抜群の精度に
よって高い評価を受けており、80%以上の公共図書館で使用されています。
ビーケーワンの書誌データも、TRC MARCを元に作成されております。

TRC MARCは、TRCデータ部で毎日作成されています。

 

 
更新 2009.10.31

 □TRC図書館流通センター

   ●所在地

 

◎図書館流通センターとは

◆会社概要
(組織)

◆沿革

◆挨拶

◆基本理念、図書館運営について

◆業務内容

●環境への取組み

 

◇図書館の皆さま

 ●図書館資料の購入サポート
 ●学校図書館事業
 ●図書館専用IC
 ●レファレンス・ツール
 ●図書館用品の販売
 ●蔵書点検
 ●催し物の案内















 

◆図書のご購入
早期納品を目的に、新刊書の約6割をふくむ120万冊を自社在庫しています。さらに、あらかじめお申し込みいただければ発売後すぐに・もれなくお届する「新刊急行ベル」 「新継続」など、お客さまの目的に合わせたサービスもご用意しています。
また、小社の在庫はすべて、インターネットサービスTOOLiや、図書館のさまざまな属性に応じた多様なカタログ(『週刊新刊全点案内』、『TRC基本在庫カタログ』など)と連動しており、新刊書の早期納品は完全にシステム化されています。なお、図書現品を直接手にとってお選びいただくためのさまざまな機会(「子どもの本の展示会」 「図書館ブックフェア」、見本を図書館までお持ちする「TRCブックキャラバン」など)もご用意しています。

◆装備付き図書納品

◆AV資料のご購入
小社がご紹介する映像資料は、すべて各商品の著作権者(映像メーカー等)より著作権の承認(利用可能範囲の指定)を受けておりますので、安心してご購入いただけます。
新作情報はインターネットサービス「TOOLi」"映像検索"にて毎週随時ご紹介のほか、取扱商品の中から図書館必備と思われるタイトルを概観できる『著作権承認済 TRC映像資料目録』(年1回6月初旬発行)や、新作の映像・録音資料を厳選してご紹介する「新着AV」(年4回 : 6 ・ 8 ・ 10 ・ 12月発行予定)にてご紹介してまいります。

◆学校図書館
新年度、新しくご担当になられた先生にも、安心です。ご希望に応じて「前年度ご購入情報」をお送りしますので、前の年度にどういう方法で、何を購入されたかがわかります。
展示会や巡回展示でのご選書・・・全国で開催する「学校図書館のための児童図書展示会」、現物見本を学校までお持ちする「巡回展示」など、図書を実際に手にとってお選びいただける機会をご用意しています。

○図書館で働きたい方




 

TRCは人材育成に力を入れています
TRCは図書館専門企業として専門スタッフの長期雇用と研修・教育に力を入れ、地域に根づいた新しい図書館運営に積極的に参加しています

◆筑波大学図書館経営寄附講座
◆ライブラリーアカデミー
◆スキルアップ研修
◆求人
◆スタッフ登録
 

◇企業パートナーの皆さま





















 

図書館流通センターは、図書館専門企業として、図書館を効率よく運営するために、図書館の日常業務全般にわたって、さまざまなサービスをご提供しています。

1.選書のためのカタログ提供(週刊新刊全点案内)
2.発注から受入までの物流の追跡確認(TOOLi)
3.図書館ごとの仕様に基づいた図書の装備
4.蔵書の貸出・返却を効率化するICシステム
5.蔵書の管理と検索のための書誌データ
6.館内業務のための人材派遣、館内業務全体の受託

これらの業務はTRCがデイリーで更新維持している汎用書誌データベースTRC MARCを基にすべてシステム化されています。
たとえばTRCが常時在庫している新刊書約140万冊なら、装備した図書を最短5日でお届けでき、これは現在日本で最速といわれています。
さらに、図書館本来の役割を果たすために、3つの機能を推進しています。

(1)図書システム
TRC MARC、TOOLi、ICタグ等を活用し、必要な本を速やかに見つけることができます。

(2)管理・運営
PFIによる図書館づくり、業務委託や指定管理者制度による図書館の運営参加、筑波大学図書館経営管理講座や各種研修制度による図書館で働く人材育成を行っています。

(3)空間・立地
図書館の集客力を地域の活性化に生かすため、施設の複合化、にぎわい創出、中心市街地活性化、駅前再開発、サービスメニュー開発の提案を行っています。
 

□自治体の皆さま


































 

TRCは、1979年出版界の総意によって、社団法人日本図書館協会整理事業部の業務を継承する形で創立されました。当時この事業が、必要であるにもかかわらず赤字経営が続き、協会運営の重荷となっていた事態を出版界トップの判断で救済しようとしたためで、初代社長は社団法人日本書籍出版協会理事長の服部敏幸でした。幸い社業は順調に進展して今日にいたりましたが、この間社会的に大きな変化がありました。それは、情報化社会の進展に伴う図書館のシステム化への大きな流れです。
これにより、従来のカードによる検索は書誌データベースによる検索へと変化し、図書館の機能は格段に向上、利用者サービスもまた飛躍的に高まりました。同時に図書館への図書流通も大きく変化し、出版流通の新しい形態として図書館専門の流通業が誕生したのです。
TRCは図書館を効率よく運営するために、図書館の日常業務全般にわたって、さまざまなサービスをご提供しています。

■学校図書館事業
今、教育は大きな変革の時代を迎えております。その中で、「図書館」や「読書」は、子どもたちが「生きる力」を育むうえで、最も重要なキーワードであると考えます。
自治体における『教育振興基本計画』や『子どもの読書推進計画』などをもとに、学校図書館の充実を目指して、整備事業も着々と進行しているようです。 私どもTRCは、公立図書館から学校図書館までを総合的にカバーする図書館専門企業として、学校図書館のサポートをいろいろな局面で事業化してまいりました。
学びを進めていくうえで、その重要な資源であり、機能である図書館を、"いつかすべての子どもたち"が、生涯を通じて図書館の利用者になり、図書館が、人間形成や教養、学びの拠点として利活用されることが、私どもの願いです。
学校図書館は、その最初に出会う入り口です。人が居て、本が在って、人と本のつながりが生まれる、そんな学校図書館を支えていくことを目指してまいります

◆学校図書館インフラ整備事業
・学校図書館蔵書の出たベース化事業
・学校図書館運営受託事業

◆学校図書館活性化・推進事業

◆学校図書館と公立図書館の連携事業

◆TOOLi-S(ツール アイエス)
TRCが運営しているホームページの一つ。(TOOLは道具、iはインターネット、SはSCHOOL=即ち、学校のためのインターネットを利用した道具と位置づけています) TRCの書誌データベースと流通サービスを駆使したTRCの小中学校向けインターネットサービスです。
 


○TRC、MARCの作成提供










 

利用者が求める情報を書籍や雑誌、Webや電子情報などから探し出すのが「レファレンスサービス」です。このサービスを提供する図書館員には情報処理や情報検索の能力や技術が求められますが、これからの図書館に望まれる新しいサービスの実施にもその能力や技術は不可欠です。
そしてその図書館員の情報検索ツールがMARC(マーク)と呼ばれる図書館専用のデータベースです。MARCには書籍や雑誌視聴覚資料などの詳細な情報が図書館界で認知された一定の法則に基づいて収められています。
TRC MARCは、書誌データとしての完成度が高いだけでなく、多くの機能を併せ持ち、費用対効果が高いことが評価されています。そして、他に代わる製品がないことから、多くの自治体から製品指定を受けてご採用いただいています。

◆TRC MARC/Tタイプ

 典拠ファイル、内容細目ファイル、目次情報ファイルを一体化した「TRC MARC/Tタイプ」のご提供を、2005年1月から開始し、検索の幅が大きく広がりました。もちろん、従来のUタイプもご提供しています。

◆典拠ファイルT
典拠IDで、MARC・内容細目ファイルとリンクしています。典拠ファイルを経由して検索することにより、より広範囲で精度の高い検索が可能になります。

○収録範囲と累積件数が閲覧できます。
・人名、団体、件名、全集、シリーズ等 

○装備つき図書館納品


TRC志木ブックナリーの装備システムは「入荷→即日装備」。新刊書に限らず、在庫図書をご注文いただければ、ICタグやフィルムコート付きでも、ご注文から最短で6日目には図書館に到着します。
 

○図書館運営業務のサービス





















 

TRCは、民間による図書館の業務受託サービスに求められているものは“費用対効果の高い図書館サービス”と“安心して任せることのできる運営能力”だと認識しております。

1996年の福岡市総合図書館のご要望によって、TRCの館内業務受託はスタートしました。以来、ご指名をいただいた図書館は、指定管理者制度の適用館を含め196館、図書館で働くスタッフの数は2300人をこえるまでにいたっております。
1979年の創業以来、図書館の業務を効率化する材料と道具を提供してまいりました。これらを活用しながら新たなサービスを生み出してまいります。

専門スタッフの長期雇用と研修・教育、図書館専門企業としての提案、地域に根ざしたサービスメニュー、そしてなにより図書館利用者への満足度の高いサービスを提供しています。 PFI、指定管理者制度といった新しい形の図書館運営に積極的に参加しています。
◆公共図書館
◆学校図書館
◆専門図書館
 

◎図書館運営・業務

専門スタッフの長期雇用と研修・教育、図書館専門企業としてのご提案、地域に根ざしたサービスメニュー、そしてなにより図書館利用者の満足度の高いサービスをご提供しています。 PFI、指定管理者制度といった新しい形の図書館運営に積極的に参加しています。
◆什器・機器・用品
◆環境への取組み
・装備済図書リサイクルサービス「ブック・エコ」
・環境に無害な商品の開発
 
 

○図書館専用IC






 

ICは図書館サービスのあらゆる側面で、「利用者サービスの向上」と「業務効率化」を実現します。TRCは高品質な図書館専用ICタグを提供するとともに、さまざまなICの活用方法をご提案いたします。

TRCオリジナル バーコードラベル一体型ICタグ
図書館名とバーコードを印刷

タグの心臓部に、世界標準の高性能ICチップを採用。
高精密型アンテナとの連動により、「小型化」「高性能化」「高い耐久性」を実現しました一瞬で10冊以上の重ね読みができる、世界最高レベルの性能。
薄い本を重ねた場合(※)の読み取り能力も非常に高く、確実な貸出・返却処理ができます。
※ 条件により若干結果が異なります
 

◇リライト利用券の提供



 

貸出レシートや貸出期限票の消費にお悩みの声が多いなか、何度でも繰り返して使える「TRCリライト利用券」が誕生しました。

操作は簡単。リライト利用券をリーダーライターに差し込み、資料の貸出作業(ICやバーコードの読み取り)をするだけです。

利用券の表面に、貸出内容がすばやく印字されます。

 

◇最新技術の映像配信



 

NHKエンタープライズの資料映像や、ワーナーブラザースの映画作品を、インターネットを通してご提供する、まったく新しいサービスです。
1つのコンテンツを複数の利用者が同時視聴することができ、また、すでに所蔵されている映像ソフトとの併用も可能です。

「TRC映像情報net」ホームページをご覧下さい。
 


○図書館総合展


小学校、幼稚園、保育所、児童館の
蔵書充実に活かせます


 


図書館関係企業が一同に集う
「図書館総合展」に毎年出展しています。

◆子どもの本の展示会/図書館ブックフェア
 

○筑波大学図書館経営寄付講座




 

指定管理者制度の下では図書館の館長業務も受託業務となります。今まで、図書館長に対する資格の規定は無く、現状の図書館運営が図書館長の個人のキャリアに左右され、利用者へのサービスレベルに差を生じる結果となっていました。
TRCではこの問題解決のため、2006(平成18)年4月から筑波大学大学院情報メディア研究科に委嘱して「図書館経営管理コース」を寄附講座として開講いたしました。すでに1期生、2期生の中には図書館長として公共図書館現場で活躍を始めている方もいらっしゃいます。今後の図書館の革新とサービスレベルの向上に向けて貢献することを期待されております。
 

 ●オンライン書店
  「ビーケーワン」の運営













 


・本の詳細ポイント、各本に他の通販書店より解り易くまとめたコメントが記されています。  

・著者のポイント紹介と、著者ごとに関連書籍がわかり、同時に購入できます。  

・国内最速 24時間商品当日出荷(24時間マーク付書籍) 

・コンビニ後払いほか豊富な支払い方法があります。 

・ケータイからも注文できます。 

・初めての購入でギフト券プレゼント 

・1500円以上で国内送料無料 

・購入金額の1%ポイントのポイントが自動的にたまります。たまつたポイントは  1ポイント=1円でビーケーワンでのお買い物に使用できるほか、JALマイレージバンクや  えきねっとポイントにも交換できます。アフィリエイトでの購入にも対応しています。
 

 

 

 



◎日本国の図書館の充実は、知識として定着させる、人の視野と視点を
本音領域でより高いレベルに変えきることができる本の力を活かすことが
読書離れに歯止めをかける分水嶺の一つになります。

遅れると、日本国の価値判断が何か変な人の数を増殖さえ、世界に比肩できる
人財の数の減少が減り、日本で育つた人財が海外へ流出する歯止めができ難くなる
時代が近づいています。


 参考  
         ↓クリック
  ◆智慧本の活かし方                  




商品一覧