開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

MKVドリーム(旧MKVプラスチック)

■MKVドリーム
  (旧 MKVプラスチック)  
090518


植物工場・栽培養殖漁業2009
>MKVドリーム(旧MKVプラスチック)

三菱化学>MKVドリーム(旧MKVプラスチック)



◎MKVプラスチック、丸井加工、アグリドリームは会社統合し
2009年7月1日「MKVドリーム」として新スタート。

農業用フィルムから各種農業資材、施設資材、栽培システムまで
高品質、高機能な商品で、サポートできる企業になりました。

三菱グループの総能力で対応すれ無限の可能性が開かれました。
詳細はすでに企業グループ内に多くの制御人財が育っています。
方向性だけ提示します。第三世代農業の先進企業としての成長を
待望しています


第三世代農業方式の大規模農業法人の複合種類の生産のためには
植物工場内でのブロック別生産と、次の生産のための設備換えの
工数を限りなく少なくし、全体環境条件(大局)と、個別環境条件(小局着手)
の微妙な制御をするとき、限りなくローコスト化の設備として、農業フィルム
を活かすことが突破口の一つになります。


◎2010年1月12日 三菱ケミカルホールディングス(三菱化学・三菱樹脂
・田辺三菱製薬の2事業会社)グループの三菱化学が「コンテナ野菜工場
の発売を開始しました。

三菱グループの総能力を活かし、想定以上の製品開発スピードの一つの
事例です。

植物工場の生産性の高い大規模化の具体的の製造工場方式であり、
高品質ローコスト化の可能性が実証段階から市場段階に成長してき
ました。 



◎旧 MKVプラスチック の時の情報(参考)

三菱化学三菱樹脂傘下。農業資材事業の再編の一貫で、
2009.05.18日刊工業新聞より「太洋興業の農業ハイテク事業の譲渡
契約を結んだ。

MKVプラスチックは農園芸の幅広い商品ラインナップと豊富な経験を
活かした、高品質、高機能商品や光質コントロール資材など、特徴の
ある新商品を開発し、園芸農家へ販売し、消費者の皆様に、おいしい
野菜をお届けできるたにすべてのハウスと野菜のために「安全、安心、
おいしい野菜づくり」のお手伝いをしている企業です。



 三菱化学三菱樹脂傘下。農業資材事業の再編の一貫として、
会社更生の「太洋興業」の農業ハイテク事業の譲渡契約を結んだ。
取得金額は約6億6000万円で、譲渡日は2009年6月1日。
その事業は養液栽培や人工光による閉鎖苗生産など施設園芸システム
の開発、販売を行う。MKVほか三菱樹脂グループ会社が持つ
農業資材事業とのシナジーを発揮し、農業に関するソリューションビジネス
を展開する。譲り受けた部門は、農業ハイテク部および農業開発部となる。
短期の部門売上目標、従業員数も立案済み。また、MKVは2009年7月
三菱樹脂傘下の丸井加工とアグリドリームと統合する。
                     2009.05.18日刊工業新聞より

 
「太洋興業」の実践型蓄積ノウハウがまだ第二世代型の人工型限定の
植物工場から第三世代型である、大規規模複合型植物工場(広義)として、
世界の市場の最低価格での競争にも勝てる可能性企業が胎動をはじめました。


●「太洋興業」の長期間実践の中で蓄積したノウハウが、次の市場で活かす
可能性の高い企業に継承されたことにを感謝しています

太洋興業の部門の人材も事業と共に移動できました。感謝しています。



 

 更新 2010.01.14

□MKVドリーム


 


●三菱化学・三菱樹脂グループのフィルム・シート

 の傘下企業


◆会社概要

◆ニュース&トピック
 

●おことわり

 


□製品紹介


































 












 

◇農PO

◇外張り農ビ

◇内張り農ビ

◇トンネル農ビ

◇スソ張り専用PO系フィルム

◇機能性農ビ

◇耐久フィルム

◇耐久フィルム・糸入フィルム

◇資材
・べたがけ資材  ・遮熱資材  ・内張りカーテン
・根切りシート   ・保温資材  ・育苗用下敷シート
・散水チューブ   ・濾過器   ・継ぎ手部品類
・展張用補助バンド    ・補修補強テープ
・フィルム展張機      ・農大式簡易土壌診断キット
 

◇生分解性マルチフィルム 

◇マルチフィルム

◇水稲用農ポリ有孔

◇農ポリ

◇資材/散水チューブ・点滴チューブ


■使用上の警告と注意

農業用廃プラスチックの野焼き禁止
・農業用廃プラスチックの野焼きは法律で禁止されています。
・農ビは燃やすと有害な塩化水素ガスが発生し、鉄パイプが錆びたり、周辺の動植物に被害が出るおそれがありますので絶対に燃やさないでください。

◆他用途への使用禁止
・農ビは農業用被覆資材です。他用途には使用しないでください。
◆農ビ取扱上の注意
・農ビは重量物です。原反・加工品ともに荷扱いにはご注意ください

◆展張作業時のケガ防止
・農ビの展張作業は、できるだけ風のない日に行ってください。特にハウス上で作業する場合は、突風にご注意ください。突風によりフィルムがあおられ、強い力で引っ張られて転落することがあるので、非常に危険です。


■農家のみなさまへ。使用済み農ビについてのお願い
農業用ビニルフィルム(農ビ)の性能を十分に発揮させ、安全にご使用いただくために、「農業用ビニルフィルムご使用の手引き」を必ずお読みください。

農ビは、40%が塩成分、60%が石油成分の省資源型プラスチックです。プラスチックは地球の限りある資源を使用しており、再生処理(再資源化)が最適な処理方法です。農ビを他のフィルムと仕分けして、資源回収に協力しましょう。農ビには統一マークをブルー系でプリントしてあります。使用済み農ビは、資源です。

使用済み農ビの再生品は、ビニルタイル、サンダル、フロアーマット等がありますが、さらに用途拡大を図っています。

農ビを分別回収しよう。
 

 

◇栽培システム


















 

◆ナッパーランド  葉菜類用新方式養液栽培システム
・ 新養液栽培システム(毛管水耕とNFTの組み合わせ)により、根圏部へのO2供給が豊富で、元気な野菜が育ちます。
・ブロック分け方式により病気リスクを軽減します。
・計画生産(ホウレンソウの場合、年19作(苗テラスィ使用)(サンシャワー使用の場合年16作)が標準実績)ができます。
・肥料の排出ムダのない、環境にやさしいシステムです。

◆ルートリッッチシステム  少量固形(有機物)培地耕
・天然ヤシ殻100%の有機物培地「ルートリッチ」と植物の根にこだわって開発した水分センサー「アクアマン」により実現した少量固形培地耕です。
・「ルートリッチ」は、大・中・小のヤシ殻繊維を独自配合し果菜類に最適な吸水性、保水性、排水性を実現します。
・ベンチ構造体の「トライアンベリー」はV字型の発泡BOXを使用して、余剰水をスムーズに回収します。

◆エアリッチ・カンエキ方式   ロックウール養液栽培
・全国の農家様にご利用いただいているオリジナルのロックウール養液栽培です。
・バリエーション豊かなシステム構成で増設も容易です。
・地域、作物別に「エアリッチ研究会」を開催しています。
・ロックウールと日射レベコンの組み合わせによって、含水率管理が可能です。


◆苗テラス  人工光・閉鎖型苗生産装置
 

◇開発商品
























 

◆開発商品
MKVドリーム(株)では、収益のあがる、特徴ある農業の提案を目指し、様々な資材の開発を行っています。
それぞれ、ご使用いただいた農業生産者の皆様と共に作り上げている段階で、全ての作物や使用方法において、効果が確認されたわけではありません。
製品特性をメーカーにご確認いただき、内容をご理解の上、使用くださるようお願いします。

◆開発商品紹介
光質コントロール資材メガクール
熱を遮断し、光をコントロールすることにより、イチゴなど短日性植物の花芽分化誘導、徒長抑制に効果が期待できるフィルムです。
○メガクールの特徴
○製品情報
○メガクールを使用した栽培事例
・イチゴ育苗における健苗生産
・トマト育苗における健苗生産
・セルトレイ育苗における健苗生産
・トルコキキョウの花弁焼け防止
・ワケギの夏どり栽培と安定生産
・ホウレンソウの雨よけ栽培における安定性

○メガクールを使いこなす重要なポイント

◆参考
○ハウスの光・量と質の調節ー最近の被覆資材紹介と基礎としてー
農業の大部分は太陽の光と熱を利用する産業である。したがって天候次第で豊作となったり凶作となったりするのは当然のことと考えられている。 施設園芸も農業であるから大まかには天候次第といって間違いないのであるが、被覆物で覆い、内部の気象を多少とも調節できるから、そこに調節のさまざまな技術が生れる。作物に必要な光についてその量と質の調節の概要を述べてみよう。

○メガクールの栽培事例集
 

○ナッパーランド ドット 
ネット


アグリビジネスで成功するMKVドリームの一貫生産































 

美味しく安全な作物を市場に出荷しアグリ(農業)ビジネスで成功するためのキーワードは、「環境保全」「品質向上」「低コスト」「最新技術の導入」。苗作りから栽培、出荷までの全過程の資材を唯一提供しているMKVドリームは、生産者が求める資材はもとより全過程でのノウハウも提供しております。

◆詳細
 

□苗作り 苗テラス
人工光・閉鎖型苗生産システムと呼ばれる最新技術を応用して開発された苗生産装置。密閉された空間で、温度管理・光照射・灌水などすべてを自動で行うので、季節や天候に左右されることなく、いつでも・どこでも・誰にでも・簡単に、丈夫で均質な苗を作ることができます。葉菜苗・果菜苗・花苗の育成に最適
 

□栽培 ナッパーランド
ナッパーランドが目指すのは、消費者の食生活や購入動向を見極めながら、生産と出荷を戦略的に決定し、高収益を上げる農業ビジネス

そのため、よりフレキシブル栽培が可能なシステムを構築して、高い生産性・収益性を実現しています。
 

□MKVドリームにおまかせ下さい。
○予定地のハウス面積の効率的な設計、図面作成を行い、どのようなハウスをこういうふうに建設したらなど、アドバイス。

○養液栽培のご提案(エアリッチ、ナッパーランド、ルートリッチ)
特にナッパーランド®では、苗テラス®をセットで提案できる。苗半作といわれるように、苗が植物工場的に生産できれば、それだけで安定収量が確保できる。また、健苗は病気にも強く、栽培のリスクが小さくなる。

○ハウスから養液栽培システム(育苗システム含む)、各附帯設備(暖房機、包装機、トイレ、事務所、作業棟等)、包装資材まで設計、見積もり、図面を作成でき、トータル的なご提案が可能。

○収支計画書を作成して経営的にアドバイス。 
現在アグリビジネスに参入しているが、結果が思わしくなく、次のステップへいけない企業にコンサル的な仕事ができる。

 

 

◇エース会(会員組織)

   







 

エース会は、全国各地でMKVドリーム(旧プラテック)製品を御愛用いただいている、農業経営者を主体に構成しており、みなさまとMKVドリーム(旧プラテック)のパイプ役として、双方向交流の場を目指しております。
エース会は、会員のみなさまからの情報をダイレクトにお受けするとともに、MKVドリーム(旧プラテック)製品や施設園芸に役立つ情報を、会員のみなさまにダイレクトにお伝えします。
 

◆エース会会則 

◆エース会活動実績

◆「エース会報」最新号のご案内

 

 


○農POフィルムを上手にお使いいただくために


 

展張、ご使用にあたってその性能が十分に発揮されますように、本説明書の内容をご留意下さい。
 

○リンク集
  
MKVドリームの事業展開の
   関連情報

























































































 

◆株式会社三菱ケミカルホールディングス
地球の気候変動、CO2削減に向けて、化学の総合力で貢献してききます。
三菱化学、三菱樹脂、田辺三菱製薬も3事業会社体制となりました。
 

◆三菱樹脂株式会社
 

◆三菱化学・三菱樹脂グループのフィルム・シート
  MKVドリームは傘下企業の一つです。
 

◆農業用フイルムリサイクル促進協会

○農業用フィルムとは
 日本の農業には、施設園芸栽培が重要な事業となっています。その施設園芸の被覆材の重要な部分を占めているのが農業フィルムすなわち農ビ・農POです。農ビは1951(昭和26)年の秋に日本で始めて発売され50年の歴史があります。保温性、防曇性、透明性などすぐれた特性をもった農ビは、ハウス、トンネル等に利用されています。農POは多層のポリオレフィンフィルムでハウス・トンネルなどに利用されています。素材を変えることにより、透明性や硬さを変えた製品があります。こうした農業用フィルムの普及によって、季節を問わず野菜・花などが市場に出回るようになりました。また、果樹・養殖漁業と日本の農水産業のあらゆる分野に利用されています。

○農業用フィルムのリサイクル
農業用フィルムを環境に優しい製品として安心して使うために農家や農業団体、行政、そして流通・メーカーが協力して適切な処理をする必要があります。それには、農家の皆様のご協力が大切です。

◆回収システム
都道府県別の農業用廃プラスチック適正処理協議会のもとに市町村レベルの協議会を設けるなど拠点整備が全国的に進み、農家段階で分別・回収するリサイクルシステムができている。回収のシステムは地域によって異なっていますので、都道府県にある協議会にお問い合わせください

○農業用フィルムリサイクルの現状
農業用フィルムはリサイクルに適した優れた素材です。
農ビは、ほぼ同じ材質で作られていますので、農ビだけ回収されたものはマテリアルリサイクルし易い特徴をもっています。1965(昭和40)年代と古くからリサイクルされ、リサイクル率が約69%と他のプラスチックに比べ高いリサイクル率となっています。農PO、農ポリなどのポリオレフィンフィルムは化石燃料と同等の熱量があります。多くの場合、セメント工場や製紙工場で燃料としてサーマルリサイクルされリサイクル率も59%に向上しました。

○農業フィルムリサイクル促進協会
 農ビリサイクル促進協会(通称NAC)は、設立当初全農ビメーカー7社と全国農業共同組合(全農)とで農ビのリサイクルを一層推進する為に設立しました。1944(平成19)年7月農POフィルム懇話会が賛助会員として参加し、リサイクルの対象を農業用フィルム(農ビ・農PO)としました。

○関連団体の紹介
 

日本施設園芸協会

○協会概要
○主な活動
○会員名簿
 

◆全野研協賛会

○全野協賛会とは
1955(昭和30)年全野研の前身ともいうべき「静岡県きゅうり研修会」が発足し1963(昭和38)年には施設園芸当事業者各位によって結成された「全国野菜園芸技術研究会」(略称「全野研」)が創立されました。 その全野研会員各位は夫々生業として施設園芸の発展に取組んでこられ、そのための研究、討議等の場に資材・施設業界人が新商品紹介等で列席し、資材・施設等の改良、開発についての研鑽の場としてきました。 そのようなことから全野研の大会等の場合には、全野研の呼びかけに応じ資材、施設業者の有志が個々に応分の協賛金を醵出し、一方、資材・施設の改良・開発について全野研会員側から助言・指摘を受けるという、相互の協調が図られてきました。 全野研の事業活動が活発となるにつれて両者間の連繋をより一層緊密にし、かつ、恒常的に相互の協調・発展を図るため全野研に対する賛助会の団体化の動きが高まりました。
1973(昭和48)年2月17日東京都文京区小石川のホテル・ダイエーに農園芸資材・施設業界の22社が参集して本格的な全野研への協賛団体として「全野研協賛会」が創立されました。

○活動状況
○認定マークについて
○会員名簿(業種別)

○全国野菜園芸技術研究会
全国野菜園芸技術研究会(全野研)は、野菜園芸の経営と栽培技術の研究、普及、振興している全国の野菜園芸生産者の組織です。
・協賛県事務局リスト

・園芸情報センター(日本農民新聞社内)
 

◆イフコジャパンジャパン 三菱樹脂関連

○会社情報  設立2007(平成7)年3月22日
○イフココンテナーシステム
レンタル⇒流通⇒回収⇒洗浄でゴミ”ゼロ”を実現
サイクルで何度も繰り返し利用できることが最大の特長となっています。小売店で使用済みになったイフコ・コンテナーは、次のレンタルに向けて回収されます。
○イフコ・コンテナーの特長
 

エアリッチ・アーチング栽培研究会

 アーチング栽培という今までになかった画期的な方法で薔薇を栽培している生産者グループが管理しております。
薔薇やアーチング栽培に関する様々な情報満載です。私たちが心を込めて栽培している薔薇の世界へ是非お立ち寄り下さい。

 

 

◎三菱化学

 

2010年1月12日ニュースより  2010年1月13日日刊工業新聞

三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:小林 喜光、以下「当社」)は、野菜工場のシステムを40フィートコンテナにパッケージ化した「コンテナ野菜工場」を開発し、このたび、本格的に発売開始いたします。
 

 

 

●旧 丸井加工

当社は1947年の設立以来、「お客様のニーズにお応えできる製品の提供」をモットーに、農業用フィルム等の各種農業資材を提供。

私たち丸井加工は、長年培ってきた樹脂加工技術に更に磨きをかけ品質・サービスの向上、新商品の提供に努めてまいります。
 

●旧 アグリードリーム


日本の農業の夢を応援します。

「丸井加工株式会社」と「和田油化農材株式会社」は2009(平成20)年4月1日付で、農業資材事業を統廃合致しました。
これを機に商号を「アグリドリーム株式会社」と変更致しました。
 

 

 


 
 

商品一覧