開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

自動車部品関連

□自動車部品関連      090501

業種別定点ベンチマーク>自動車部品関連


従来のエンジン車が世界的環境対策の潮流に抗す時期が終焉に近づき、エコカーへ変わる過渡期の
時代が2009年より加速度的にはじまりました。未知の構造変化により、過去の自動車産業のピラミッド
が様変わり、企業の明暗徴候が具体化してきました。
親会社、協力会社として存続してきた中小企業は、業界変化を的確に把握し、事業展開の修正、変革が
必要です。

自動車の使用燃料とエンジン機能の方法が変化するとその製造組立に関係する素材から設計、生産
に関係する企業の明暗浮沈があります。変化に対応して事業展開を変える必要があります。

エンジン車時代  ⇒ ハイブリッド車(変化の中間品) ⇒ 電気自動車     ⇒新機構エンジン自動車
  現在の本流     寿命期間の長短不明       次世代かまだ不明    又は複合型自動車                                           ・インフラ ・コスト     まだ未知の段階
                過渡期商品1          ・推進力 ・安全性
                                  ・新危機管理対応力    
                                    過渡期商品2        次世代本流 

浮かぶ可能性のある部品・素材
  ・電池(素材の安全ローコスト化)  ・モーター(過渡期、次世代対応)  ・ECU(電子制御ユニット)
  ・トランスミッション(過渡期、次世代対応) ・スタータージェネレーター ・電動コンプレッサー
  ・インバーター、コンバーター(コンデンサーを使用しない直流型に統一されると不要になる)
  ・その他 エンジンに関係する部品の素材革命も含めて過渡期次世代対応の機能開発設計が必要
  ・電装品のLED方式への移行
  ・新ラジエーター機能(発生熱源を冷却するため 過渡期、次世代対応)
  ・新機構エンジンに対応した、駆動、ボディ、コネクター等の最適化変化に対する、過渡期、次世代対応)
  ・新自動車に対応した自動車整備工場、燃料(電池)等の補充拠点(電池の場合は充電又は交換対応)

沈む可能性のある部品・素材
  関係する親会社の協力会社、孫請け会社は次の事業の転換点が近づいています。
  過去の時代より、富の世界的偏在集中時代のため想定以上の短期間で変わる可能性があります。
  過去の想定の倍速以上のスピードで生き残り対応が重要です。繊維業界の歴史に学ぶ!             
    ・エンジン(シリンダーブロック・ヘッド他 構造部品) ・ラジエーター/キャニスター
  ・エキゾーストマニホールド  ・燃料タンク/ポンプ  ・タイミングチェーン、ベルト 
  ・マフラー/ターボチャージャー  ・鉛蓄電池、旧型ニッケル水素電池
  ・燃料給油スタンド ・石油燃料の自動車関連消費減少(新規販路開拓の先行管理)
  ・その他 

   現在のエンジン自動車に関連した業績貢献がある企業は、次の業績基盤の創市場創客が必要。 
                                                                          

◎過去の歴史に学ぶ
 情報産業が 電話(固定型)からFAX・ポケベルの出現 短期でCPと携帯電話の次代へ移行。過渡期商品の
 ポケベルはほとんどなくなり、FAXは短期成長期で終わり、アナログ型補完機能として生き残っています。


◎自動車業界の推移は?

エンジン車(従来のもの)が変化するとき従来をカイゼンし、一部次代の対策を含むHEV(ハイブリッド)の
出現  従来エンジンと蓄電池の活用。従来の部品業界も対応できる範囲で、中小企業だけに影響。

EV(電気自動車)の加速度的開発と実用化、コスト、安全性の開発、充電インフラ整備が遅れると、次の
何かが生まれ、次世代に変わる可能性があります。

    ◆「蓄電池」の開発進化
     (ガソリンに相当する動力としての電気発生源)

    「Googleも参入した効率送配電システム”スマートグリッド”、超高圧の送電線システム」 
           (ガソリンスタンドの相当する機能の進化)

          ◆「プラグインハイブリット車に関する自動車の比較説明サイト


自動車メーカーの変化は、部品メーカーの開発進化が先行指標になります。

新商品の機能、機構分析から、自社の強みが活かせる場合は、ビジネスチャンスがあります。
同品質でのコストダウン競争になります。機能設計機能を重点強化し素材、加工度のシンプル化が着眼です。



◎次世代自動車産業に関連した分野(何が本流になるか?)
◆次世代バッテリー

・リチウムイオン電池  ・ニッケル水素電池  ・リチウムポリマーニ次電池  ・鉛蓄電池
・空気ニ次電池  ・金属リチウム二次電池  ・キャパシタ  ・コンデンサー  
・バッテリー材料、機器装置など  ・その他

◆次世代燃料
・バイオ燃料  ・水素燃料  ・次世代燃料  ・燃料を製造、貯蔵するための機械、装置
・その他

◆モーター
・永久磁石同期型モーター  ・誘導モーター  ・DCモーター  ・ACサーボモーター
・インバーター  ・コンバーター  ・モーターを製造するための機械、装置、制御技術など
・その他

◆環境対応エンジン
・HEVシステム  ・グリーンディーゼルエンジン  ・水素エンジン  ・次世代ガソリンエンジン
・減速エネルギー回生システム  ・環境対応エンジンを製造するための機械、装置、測定器など
・その他

◆制御、ネットワーク
・車載電装部品(CPU、キャパシタなど)  ・ネットワーク部品(F-exRay、CAN、ケーブル、コネクタなど)
・各種ソフトウエア  ・開発ツール  ・その他

◆車体軽量化
・アルミニウム  ・マグネシウム  ・チタン  ・炭素繊維系複合材料  ・樹脂系材料
・難加工材を加工する機械、装置、技術など

◆自動車部品製造
・工作機械、鍛圧機械  ・射出成形機  ・製造支援システム  ・試験、検査、計測
・生産ライン、自動化機器  ・照明機器 ・その他 

◆エネルギー供給システム
・EV用エネルギー供給インフラ  ・水素エンジン用エネルギー供給インフラ
・車載充電器  ・EV用急速充電器  ・その他

◆ITSシステム
・安全運転支援  ・交通管理支援  ・道路管理支援  
・環境対策等を支えるIT、ネットワーク通信等の技術、装置など

◆その他



更新 2009.07.28



●自動車メーカー


  トヨタ自動車
 7203 輸送用機器
 


 ダイハツ工業
 7262 輸送用機器

 トヨタ系  
 

 日野自動車
 7205 輸送用機器

 トヨタ系

 日産自動車
 7201 輸送用機器

 本田技研工業
 7202 輸送用機器


 スズキ
 7269 輸送用機器
 

 マツダ
 7261 輸送用機器

 三菱自動車
 7211 輸送用機器

 富士重工業
 7270 輸送用機器

 いすゞ自動車
 7202 輸送用機器


 三菱ふそうトラック・バス
 未上場
  三菱自動車系
 

日産ディーゼル工業
 未上場

 日産自動車系

 

 

 

  米国


ゼネラルモーターズ
 GM 米国

 フォード・モーター
  米国

 クライスラー
 米国

 


 欧州・韓国

 

フォルクスワーゲン
 VW ドイツ 

 ダイムラー
  ドイツ


 PSブジョー・
 シトロエン
  フランス

 ルノー
 フランス

 ヒュダイモーター
 (現代自動車) 
 

 

 

 

  中国の変化

 電気自動車
 EV 情報注視
 

 

 

 

 

 

 

 

 


●自動車部品

  トヨタ系
 自動車部品メーカー









 


 デンソー
 6902
輸送用機器

 エアコン・
燃料噴射装置

自動車部品首位。カーエアコンの国内シェア50%強。半導体内装


 アイシン精機
 7259
 輸送用機器

エンジン部品
変速機

トヨタ系部品大手。変速機など機能部品中心。有力子会社多数。


豊田自動織機
 6201
 輸送用機器

エンジン
車輌組立て
エアコン部品 

トヨタ自動車の源流。フォークリフト国内首位。含み資産膨大


 トヨタ紡織
 3116
 輸送用機器

内装部品。
内装システムサプライヤー、フィルターメーカー
 トヨタ系。自動y作用シート最大手。エアフィルターも国内首位

ジェイテクト
 6473
 機械

ベアリング大手
パワーステアリング、自動車駆動部品、軸受け、工作機械の製造販売


 豊田合成
 7282
 輸送用機器

ゴム、合成樹脂。トヨタ系。海外拡充を推進。
 樹脂部品
自動車搬送機器、情報機器、住宅機器。青色LED等半導体応用製品も


東海理化

 6995
 輸送用機器

自動車用各種スイッチの製造
トヨタ系スイッチ大手。チェコや中国など海外生産増強
 

 愛三工業
 7283
 輸送用機器

 エンジン
燃料噴射装置
ポンプなど主力。システム設計製造

 

 


 小糸製作所
 7276
 電気機器
 
自動車照明器トップ。トヨタ向けが中心。航空機部品も拡充

 小糸工業
 6747
 電気機器

照明、信号機の大手。照明、情報機器が柱

小糸製作所系

 

 

 

 

 

 

 

 

  日産系
 自動車部品メーカー






 


カルソニックカンセイ
 7248
 輸送用機器
 
ラジエーター、ヒーター、エアコンなど主力

 日産系


東京ラジエーター製造
 7235
 輸送用機器

熱交換器メーカー。いすゞ向けが主力 

 カルソニックカンセイ傘下

 

 

 


 ジャトコ
 非上場

自動車用自動変速機を製造。海外現地法人

 日産子会社 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ホンダ系
 自動車部品メーカー



 


 ケーヒン
 7251
 輸送用機器

ホンダ系気化器メーカー。
燃料噴射装置が主力。電子部品も強化

八千代工業
 7298
 輸送用機器 

ホンダ系自動車部品、組立。燃料タンクと三ループが二本柱


 ショーワ
 7274
 輸送用機器

ホンダ系緩衝器大手。パワーステアリング。二輪車で高いシェア。海外展開にも注力。

 ユタカ技研
 7229
 輸送機器

ホンダ系部品メーカー。車の駆動、排気、制御系部品が三本柱

 日信工業
 7230
 輸送機器

車輌ブレーキ大手。ホンダ系。ABSに強み。アジア展開加速

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  独立系
 自動車部品メーカー



















 


 日本精工
 6471
 機械

ベアリング最大手。海外展開で先行。産業機器向け補修品も強化
 

 NTN
 6472
 機械

ベアリング大手。自動車部品の等速ジョイントも積極展開 

 NOK
 7240
 輸送用機器

油圧部品の最大手。電子関連分野など経営の多角化を奨める 

 タカタ  ※
 7312
 輸送機器

自動車安全部品。シートベルト、エアバッグ主力。活発に世界展開 


 ニッパツ
 5991
 金属製品

 バネ

ばね最大手。自動車用懸架ばね、シートが主力。HDD用も

 リケン
 6462
 機械

ピストンリング最大手。自動車向け中心。電波暗室なども


 矢崎総業
 未上場

日本最大の独立系自動車部品めーーカー。ワイヤーハーネスで世界3割シェア。組立電線も

 トピー工業
 7231
 輸送機器

ホイール最大手。独立系。バスなど大型車や建機向けが強み

スタンレー電気
 6923
 電気機器

自動車照明大手。二輪車用でも高シェア。電子部品が第2の柱 

曙ブレーキ工業
 7238
 輸送機器

総合ブレーキ最大手。世界シェア3割。欧米事業強化


 ニフコ
 7988
 金属製品

工業用ファスナー大手。自動車、家電向けを中心に住宅関連にも展開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外資系
 自動車部品メーカー






 

 サムスンSDI
 (韓国)

 リチウムイオン電池

マグナ・インターナショナル
 (カナダ)

コンチネンタル (ドイツ) 
 
 タイヤ

デルファイ
 (米国)

ジョンソンコントロルズ
 (米国)

 内装品
 電池 

 フォルシア
 (フランス)

 シート
 排気管

 ビスデオン
 (米国)
 
 空調、内装
 電子機器
 照明機器

ロバート・ボッシュ
 (ドイツ)

燃料噴射装置

 

 

 

 

 

 

 

 

 




●ゴム製品 


□国内タイヤメーカー


 ブリヂストン
  5108  ゴム製品

タイヤ世界三強n一つ。国内首位。海外で生産拠点拡張進める

 住友ゴム工業
   5110 ゴム製品
 
タイヤ国内2位。オーツタイヤを合併。アジアで増産体制
  

 横浜ゴム
   5101 ゴム製品

タイヤ大手。航空部品や「PRGR」ブランドのゴルフ用品も


 東洋ゴム工業
   5105  ゴム製品

タイヤ国内4位。独大手コンチネンタルとの提携を解消。防振ゴム断熱用も

 

 

 

 

 

 


□海外タイヤメーカー

 ミシュラン
 (仏)

 グッドイヤー
 (米国)

 コンチネンタル
 (ドイツ)

 ピレリ
 (イタリア)

 ハンコック
 (韓国)

 クムホ
 (韓国)

 クーパー
 (米国)

 

 

 

 

 

 

 

 


□自動車部品関連


 東海ゴム工業
 5191 ゴム製品

自動車用防振ゴム最大手。住友電工系。トヨタ向け比率が高い。

 バンドー化学
 5195 ゴム製品

伝導ベルト大手。自動車やOA機器関連に強み。化成品も


 鬼怒川ゴム工業
 5196 ゴム製品

自動車ゴム部材主力。日産向け約7割。OA機器用も

 日産系

 ニッタ
 5186 ゴム製品

伝導ベルト大手。自動車向けホースなども強い。半導体関連も

 三ツ星ベルト
 5192 ゴム製品

自動車用ベルトに強み。自動車変速機用などの新製品開発に注力


 西川ゴム工業
 5161 ゴム製品

自動車ドア用ゴムシール最大手。トヨタやホンダ、米ビッグ3に納品。

 フコク
 5185 ゴム製品

工業用ゴム製品製造。自動車ワイパーは国内市場独占

 ニチリン
 5184 ゴム製品

自動車用ホースが主力。二輪車用の油圧ホースブレーキに強み


 帝都ゴム
 5188 ゴム製品

ゴムホース専業メーカー。日産自動車と富士重工など自動車業界向け。

鬼怒川ゴム工業関連会社(HPリンク)
 

 朝日ラバー
 5162 ゴム製品

彩色用ゴム。自動車機器類向けなど主力。医療用向けも展開

 

 

 

 

 

 

 

 

●ハイブリッド車(HEV) 電気自動車(EV)用主要部品


□HEV用ECU(電子制御ユニット) エンジン、燃料制御

 デンソー

HEVの電子制御システムに強み。発電機

 ケーヒン

HEV用電子制御ユニット(ECU)


 信越化学工業

HEVモーター向け
ネオジツム磁石


 日立金属

 HEVモーター向け
ネオジツム磁石
国内トップシェア

 日立電線

HEV用電源ハーネス開発


 TDK

HEVモーター向け
ネオジツム磁石

 

 

 

 

 

 

 

 

 


□蓄電池   ニッケル水素からリチュウムイオンへ

パナソニックEVエナジー

 三洋電機


日立ビークルエナジー

 リチウムエナジージャパン


 日本バイリーン

HEVモーターバルテリー向けセパレーター 北米中心に売上
拡大


 高岳製作所

EV用急速充電器の本格販売へ

 ニチコン

三菱自動車向け充電器を生産 

 

 

 

 

 

 

 

 


□モーター   駆動・回生の両機能 小型軽量・冷却性能向上  

 各社内製

 明電舎

HEV向けモーター


 日立製作所

HEV、EV向けモーター


 東洋電機製造

EV用ダイレクトドライブ方式(東洋インホイールモータ)を開発

 三井ハイテック

トヨタ、ホンアにHEVにモーターコアを供給


  黒田精工

ホンダインサイト向けにモーターコア供給
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


□電動コンプレッサー   ハイブリット車・電気自動車用空調コンプレッサー

 豊田自動織機

 HEV、EV向け電動コンプレッサー


 デンソー

 HEVの電子制御システムに強み。電動コンプレッサー

 

 

 

 

 

 

 

 


□インバーター   電池から直流をモーターへの交流へ変換

 各社内製

 デンソー

HEVの電子制御システムに強み。インバーター
 


 三菱電機

ホンダ・インサイト向けIPU(インテリジェントパワーユニット)とインバーターを供給


 日立製作所

 HEV、EV向けインバーター

 

 

 

 

 

 


□コンバーター    メーンバッテリーから電装負荷への電圧調整

 豊田自動織機

HEV向けコンバーター

 デンソー

 HEVの電子制御システムに強み。コンバーター


 TDK

HEVモーター向けコンバーター
 

 ニチコン

三菱自動車向けコンバーターを生産 

 

 

 

 

 

 


□ハイブリッドトランスミッション    ハイブリッド車減速装置

 各社内製


アイシン・エィ・ダブリュ
 

 

 

 

 

 

 

 

 


□スタータージェネレーター     ハイブリッド車用エンジンスターターと発電機の一体化

 各社内製


 デンソー

HEVの電子制御システムに強み。スタータージェネレーター
 

 

 

 

 

 

 

 

 


□駆動システム


  東芝

フォルクスワーゲンとHEVの駆動システムなど共同開発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





◎機能設計発想から次世代自動車の仕様の方向(例)

●先行投資の決断は企業の存亡に関係します。
経営者の決断の裏方の制御人財の成長度合が分水嶺の役割をする時代がきました。

新商品、新機能商品の問題点が増加を始めるのは1年後以降、普及が広域化し、商品のカミアワセ部分、
保護絶縁不良(漏電)、水のモレ、浸食、へこみ、部品の歪等が発生する頻度が増えてきます。、自動車の
場合は、走行距離が増えて、ある一定以上になると、定期点検整備の必要性が発生し始めます。
(従来の法令によるしくみ以前に、走行異常に関わる項目が発生する場合、法制の変更も必要です。)

いままでは、電気自動車は業務用(毎日点検方式、毎日現状回復のしくみがある)が重点でしたが、
個人の使用段階に入り、管理のレベルは、多様化してきます。従来の自動車と同等感覚で使用した場合、
未知の問題が発生しないことを祈念しています。現在の自動車が、現在の仕様になるまで、様々な進化を
遂げましたが、当時の普及には長い時間がかかりました。21世紀は、その期間の1/3以下の超スピードで、
問題解決をしなければならない時代になりました。製造物PL法も厳しい時代型のスタートです。


 どの段階まで、危機管理に対して、解決できているのでしょうか? 

電気エンジンは、想定外の、外部の高温多湿環境に対して、正常稼動の幅が少ない可能性があり
ます。過去の智慧、電気モーター組み込み機械の誤動作の発生と対策から想定すると新電気エン
ジンの発生確率は類似パターンか?

1.自動車に水が入り 電気のショート、現在でさえ水没するとエンジンストップしスターターが機能しなったり
 蓄電池は、結線絶縁不良で異常放電で、電気系が故障する場合があります。雨水の対策や水没道路
 での対応は、整備不良車の場合は大丈夫なのだろうか、見える部分で判断する機械系人財優先の設計
 体制で、未知の見えない電気に対する危機管理はどうか?エンジン制御の信号に、異常パルスがや
 過剰電流が発生し、異常走行が発生する可能性は?特に制御基盤の純正部品としての交換可能な
 準備は?(機械は見えるので、小部品の取替えも可能ですが、見えない電気の場合は「白物家電」の
 ような、体制が必要ではないでしょうか?

 電気だけに依存する電気自動車は、車が完全防水、あらゆる部品が非導電性でなければ、わずかな衝突
 、切り傷で想定外のトラブル発生危険があります。
 整備工場は機械系の経験者が多く、電気エンジンに対する電気系の整備体制の基本マニュアルと技能資格
 訓練の体制は構築が始まってきたのだろうか?

 エンジンと制御を電気だけに依存した場合、人里はなれた場所での故障の場合、対応方法を明確にする
 必要があります。その体制と緊急対応できる技能者は育ちはじめているのだろうか?

 世界環境の異常多発による落雷の現象が、現在の機械型の場合は、ほとんど回避できているが、電気型
 エンジンの場合、飛行機でさえ計器異常が発生する場合がありますが、回避の実証試験の結果は?

 現在のオートマチック車は人為的誤動作がありますが、まだ一車単位だけの問題で済みますが、電気エン
 ジンの場合、信号の誤動作(パルスの信号に異常発信)時の制御対策はどうか、特に炎天下で放置されエ
 ンジンを止めた状態で電子基板の高熱化による誤動作の頻発の回避方法は、エンジンを切る場合でも、
 エンジン部分の上限温度を超えないシクミがあるのだろうか、帯電による異常信号を除去するしくみは開発
 されているのだろうか? 

 まだ安全危機管理に関するマイナス情報は公開量が微少なようですが、世界的にどの程度解決済みでしょう
   か?
 
◎20世紀代は、まだ車未発達で、進化のために人を実験台として、想定危機管理は少ない段階でスタート、
長期間かけて、現在の安全性段階まで進化してきました。世界で累計するとどの程度の人の犠牲を出したか
わかりません。20世紀の後半から加速度的に普及してきましたので、現在よりまだ、人の犠牲は少ない段階
でした。現在動いている電気自動車は試作段階でまだ、新聞に載るリコール相当の内容は幸いわかりません。

 21世紀は、車社会であるため、スタート前の想定危機管理レベルは、機械エンジンのレベルを下限とした、
 段階でのスタートが必要条件ですがその可能性は? 

  
2.現在より、200.%以上の総能力を持つ自動車の次世代方向(視点を変えた方法例)

 平時は電気型、緊急時は機械型(小型新ハイブリット)の切り替え方式。(飛行機の2系列で片肺飛行可能
 方式) 電気は、交流系から直流系へ、電気の充電機能は、太陽光発電、移動の風を利用した風力発電、
 熱を利用した、熱発電等を、蓄電池3系統に分ける、(現在使用系統と予備、充電専用系統、エンジン外
 使用系統と3つに分ける)
 使用系統のある一定量以下になると、自動的に充電専用系統と切り替える。ただし、2蓄電池の量が不足
 する可能性がある場合は、エンジン系統外蓄電池(常時充放電方式)も使用する。
 機械型エンジンで移動する。(機械型エンジンは、特に衝突時の強度を現在の程度維持が必要)

3.新ハイブリッドの排気管部分を活かし電気方式+触媒で配管内でさらに浄化させる。
 現在の石油燃料から、他の日本で調達可能なローコスト代替燃料に変えて、エンジンのカイゼンと、排管の
 燃焼煙浄化機能が200%以上カイゼンできれば、業界変化が少なく次世代に変わる可能性がある。
 ただし、太陽発電、移動の風を利用する風力発電、エンジン温度の水冷却を熱発電に活かす方式で、
 進化した蓄電池を併用でいかす方がよいかもしれません。(エンジン外の使用目的)


◎今回の自動車業界の変化は、燃料としての石油資源枯渇と環境に対する排出ガスの減少、
温暖化防止が目的でした。(現在のインフラの中に、別な方法で解決できないか?)


発想を自動車個別にとらわれず、日本国で現在の進化状況の視点で実務家発想でいまでもできる方法は
ないか、「これからどうしたい」は、出来てから判断すればよい。いまある「たら情報」よりもできることの方が
効果がある場合は、その方法が、一台の自動車の総改善量、社会の仕組みシステムを変える投資量と時間
、人に新たに使う費用等総投資費用の総合計と比較して、最小限の改善で同等以上になり、さらに複合効果、便利さ、個人の有効時間の増加があり、長期的にさらに進化と共に効果が増大できる方法がある可能性を
持つ方法を仮説思考する事例。

その方法は、直実に地域全体の温暖化ガスの総減少効果が確実に高い方法をとる方が最適方向に
近づきます。

●着眼
車の走行距離を短距離用に制限する。燃料使用量、排ガスの量は想定以上に減少する。

短期で200%以上の効果があり、現在の業界変化は、代替燃料型ハイブリットエンジン(更に継続性能アップ
は必要)として、日本以外の大きな国土を持つ国は、自動車は近距離用に制限する国家戦略として、自動車
の総台数の増加させるより、効果的な、長距離大量輸送である方法の一つです。

目的は、自動車の数は増加を継続させながら、他の大量輸送機能と複合活用する方法。
長距離走行型、大型化自動車から、足回り型小型化にする。中・短距離型化仕様にしてエンジンの完全燃焼
(石油又は代替エネルギー)が完全燃焼するように限りなく効率をアップし、小型化エンジン(電気も併用)を
使用する開発をすすめる。 1台の自動車の温暖化ガス排出量を、最小の投資範囲でカイゼンを追求。

現在の自動車でさえ、長距離移動を禁止し、移動に代替し、長距離エリアでの自動車は、中、大量輸送手段
を活用し、総稼動自動車数を少なくするするだけでも、低減効果はあります。

日本国より、車が急速に増加する国土の広い国でハイウエイ網が急速に増加している国ほど効果が高い。


●仮説例
 自動車(ハイブリッド型)を中短距離の使用しかできない仕様にし、長距離区間は、その自動車を、大量
 台数移動機能(手段)を活かし、最小限の温暖化ガス排出に抑える。
 機能代行大量輸送の温暖化ガスの総量<<自動車1台の温暖化ガス量×積載台数 になればよい。

●方法例
現在のある自動車の大量台数移動機能で出来る方法との組み合わせ活用。


1.自動車の大量の長距離移動(業務用・個人用)を代替移動手段に変えて、その代替移動手段を利用して
長距離移動をする。起点の固定基地までの自動車移動と目的地の固定基地からの自動車移動にする。
(目的地の固定基地から、観光等の場合は、中大量輸送の移動機能を利用し、自分の自動車は使わない
その期間は、自動車の稼動ゼロとなる) 
固定基地間と日常稼動で、中短距離だけ走る車の設定方式として、1日の上限移動を超えると走行できなく
する設定をする。それ以上走行する場合は設定は変更できるが、変更分から罰金に相当する金額を徴収する
法制をつくる。長距離よう業務用車、営業車は、温暖化ガスの発生量の累計を公表し、ある一定量を超えた
場合は、地方行政の収入源をして、徴収できるしくみ法制をつくる。業務用車両、営業車両等の運行カイゼン
の優れた企業と方法を行政が情報公開し、悪い企業も期間を決めたカイゼン命令と、み達成の場合は、
罰金を徴収できるようにする。徴収金額は企業の総売り上げの5%以上とする。5%徴収には税収計算時の
経費と認めず、税収減と無関係にする。

2.長距離利用のは場合は、その代替移動手段以上の料金を、一定距離ごとに徴収し、税収とする。
特に高速道路の税収は、日本国の破綻財政に重要なプラスとなります。
税収の一部を排ガス低減貢献費用に補填し、現在の業務用車両の経費が代替移動距離間の料金と同等か
それより安くなるように設定する。
高速料金を下げ、車の長距離走行車数を加速的な増加は、世界に公言した数値目標からマイナス乖離量を
増やし、プラス方向に向ける効果がない方法の一つです。(温暖化ガス増加加速方法)

3.代替移動手段                                                   ↓クリック
 固定基地間の長距離・中距離移動の手段   ◆運輸構造に関わる企業 (この段階まで進化しました)
 (1)船(長距離 自動車を積載 人は別の交通手段(鉄道、飛行機)で移動してもよい。)
   自動車の移動に時間余裕がある場合の方法で、時間に余裕がない場合は、陸路方式が、
   無限に有る他の方法を活用する。
 (2)沿海フェリー(中距離移動 自動車と一緒に移動)

 (3)自動車を乗せて移動する鉄道網を使用する。鉄道貨物と同様に、自動車積載型貨物を固定基地間を
   ダイヤグラム方式で縦横に運行っせる。到着時間に合わせ、固定基地をロータリー型縦横の移動が
   可能なように倉庫設備もある物流団地のように整備する。現在の臨海鉄道の強化、大量物流のある
   対企業、中堅企業の場合に限定し鉄道の引込み線の可能なようにする。

    業務用移動の場合、保冷車等、特殊管理車(精密機器等)はそのまま車移動がよい等、固定基地間
    の移動にしくみシステムを物流のやり方を個々の会社の自由方式(小物流高単価コスト、日本の商流
    が高くない一因)から総合物流、共同物流方式へ変える。日本国の規制強化だけで可能です。

   長距離観光バス直距離業務車等、固定基地間交換移動が出来ない場合は、使用目的の申請制度を
   つくり一定使用距離に応じて、環境税を徴収する。また、長距離のため高速料金が現在より高くなる。
   業務用小物流を継続する場合は、その温暖化ガス発生量を削減する経費以上の料金を徴収し、国の
   温暖化ガス削減経費に活用する。 高速道路使用料金も長距離料金を上げ、徴収する。(税収貢献
   させる) 

 (4)観光地等は、他地域からの個人の車は固定基地までとし、固定基地からの移動は、専用の循環コミュ
       ニティバスを使用するようにする。  
       レンタカー等の運営企業からは、レンタカー税を徴収し、コミュニティバスの運営補助金として使用する。
   総料金がコミュニティバス以上になるように設定する。 

   観光目的場合(高齢者や、低年齢層)は、ヨーロッパのような、ゆとり移動のための鉄道車両の開発
   する時がちかづきました。
   
       
       ◆コミュニティバス
          現在は人の移動だけの視点での利用範囲ですが、観光は、20世紀型個人の車で移動から、
    移動間距離は鉄道(ビジネス型高速輸送追求から、観光用ゆったり利用の車両も必要な段階に
    入ってきました。)で移動し、目的地は、観光型コミュニティバス(ガイド付き、低料金型)を使用し
    地域の名所旧跡、博物館等を多数、地域の食文化等、計画したスケジュールに合わせ密度の
    高い、時間生産性の高い方式が可能です。)観光地に込んだ道路を、目的地の有効時間の短さ
    と移動距離の無駄な長さ、車はスタートストップが温暖化ガスの発生量を増加する方法です。
    長距離移動に関して何かおかしいと気づくとく人の数が個人の自動車保有者の50%以上に早く
    なることを待望します。マイカーを長距離の目的地で使用できるように、自分の車と、人の移動を
    同時にできる鉄道車両を創り(変更費用は想定以下で可能な確率が高い)移動の距離も楽しめ
    る方法、文化交流(趣味等)イベント、映画(オプション料金)等もできるやり方をておればよい。      
      


ただし、自動車の使用目的が、足回りの場合は、長距離移動可能な仕様から過剰な機構をはずすと、
客単価は短期現在の機能設計価値基準なら減少します。短距離の場合の個人の自動車、家族が複数購入
させるにはどのように足回りとしての機能を優先するかで、現在と異なる付加価値付けは無限にあります。
付加価値が評価され、コストアップに繋がるものから先に付加すれば、自動車による総売上は、日本の
総人口が減少しても確保確率は高い。業界の裾野が広い、国産型自動車の機能設計人財が多数育つ
ことは、世界に比肩し勝ち残り、日本国の財政立て直しに重要な位置を占めています。その人財が、
ものづくりの業界の中で、さらに活躍を待望しています。



◎エンジン開発としての、連想発想例

水平移動するためのエンジンはを「何かの力」で回転させて推進力をだす原理です。

 「何かの力」が、蒸気から始まり、化石(石油等)燃料へ、温暖化ガスの少ないその他燃料への代替、
 燃料の代替として、電気を活かし、第一次世代の電気自動車が実用段階に入ってきました。

 燃料方式は、燃焼時のガスの爆発力を活用しています。原理は、エンジン内部の気圧の変化です。

(1)ロータリーエンジン(3ブロックを5ブロックに進化させる)の応用方式、真空状態と、通常気圧を回転
 させて環境が出来れば、「真空型エンジン」も一つの可能性があります。点火に相当数トルクは、
 電気方式で行い、真空状況の回転も電気方式で行う。可能な技術レベルに進化してきています。

(2)超伝導(地場の反発原理)で、回転をさせる「超伝導型エンジン」の可能な技術レベルに進化してきて
  います。磁石の地場を活かす電磁モーター
  ただし、心臓にペースメーカーを入れたひと、鉄が体にある人、電磁波の人への影響度を少なくする
  開発も同時に必要かもしれません。

  

ものづくりの最先端、既に、追い越すべき目標がある時代から、いよいよ次の未知の時代を牽引する
自動車業界です。A志援の、多面的な視点からの企業事例を相対比較し、未来を構築する多くの業界
の牽引ができる人財の輩出を待望しています。

  

 


商品一覧