開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

智慧本の活かし方

■智慧本の活かし方    090325

A志援人材人財の価値基準>智慧本の活かし方






更新 2012.04.07

難題で企業内に先例がなく先人先輩上司の知恵の中に問題解決の光明
が探せず、虎穴の中で苦しみもがくとき、いつも多くの先人の智慧本を
探すと、不思議と最善の明るい路を探し当て、周囲の人の力を借りて解決
してきました。その探し方のヒントを掲載。


      
「智慧本で成長」 は知恵本を探すキーワードの事例(最新探しの手掛かり)


「本」の出会いの演出は、自分の能力の不足、煩悩の爆発を抑えたり、発散させたいと
左脳が意識したとき帰納法的思考で見たり、読みたくなる現象の対象物です。
好き、嫌いで本を選別すると、本の氷山の上だけを見て、大きい氷山の下にを観(診)ること、
感じることなく終わり、未来に役立つ人格基盤実務基盤の出会いのチャンスを失い、再び未来
に同じ類似した本に出会わざるを得ない確率が高い。
左脳に偏重する「声を出して読む人」は、右脳の、無限空間、時間空間のない、帰納思考の
限界量を超える右脳の演繹思考による、今の自分の能力拡張能力(帰納だけで成長する
最大の器、演繹による器の拡大)が、大きくする量が少ないため、価値基準・行動基準・人格
の成長スピードが、遅いグループの人になる確率は高い。
右脳を活かす演繹思考は、プラス領域とマイナス領域50%であり、-0(マイナスゼロ)以下で
のマイナス領域の相対的行動量が多くなっても「他のプラス領域の人は気づける違い」気づけ
ない確率が高く、類が類(友)を呼び、集団、組織となると多く世界で存在する人にマイナスの
結果を発生させる確率は高い。

◎21世紀はネットワークによる情報氾濫の中で目的的情報収集が可能となり、右脳の演繹思考
・仮想空間で、情報を超スピードで組み合わせることが容易になってきました。
「本を読む」汗をかき苦労し、脳内定着しながらその人の器を1歩1歩拡張定着しました。人の
集団組織だけが、総能力量(器)スピードを加速できました。集団組織を構成する人の数の
3倍以上の倍数で増加できました。21世紀は、個人でさえ、ネットワーク機能を活かすと、集団
組織(実務の実体の世界=帰納法優位。実務の金融の世界=演繹法優位の世界)以上の
プラス領域、マイナス領域の超人財、超人罪の数を多数化できる時代になってきました。

正しい価値基準、行動基準、人格形成基盤を制御型人財は、超理論武装し、プラス領域へ、
超人罪(右脳が超優位な人群、左脳理屈がわからない好き嫌いだけの人)は不可能ですが、
人罪、マイナス領域の人在をプラス領域へベクトル修正し、プラス領域の人の数を60%以上
にするためにあなたから変りはじめるときがきました。

急がばまわれ、人間の脳の成長は神経回路が成長し、新しい価値基準、行動基準が定着する
ためには、神経網の成長と連結結合が必要です。結合された拡張演算回路(人の器)の拡張
により、さらに複雑な問題解決の演繹的思考領域が拡大します。また、帰納思考領域は、成功
体験量(臨床し実証検検証プロセスの数と質・量)で少しつづ拡大できます。

21世紀は、映画のセット(みせかけだけ中味がない)、本物もどき(役者)で、その役割が終わる
(役を離れる)とただの人(本音の人格レベル)にもどり、役ごとに変幻自在するように、浮動、
浮き草型の人の数(右脳・仮想・優位で現実実像と乖離行動者)が増えて、氷山の上の部分
だけで、氷山の下の部分(人格基盤)が成長が少ない「大人型子供」行動が世界で誰でも
見えるようになってきました。
●あなたなら21世紀どちらの道を選びますか?

 

◎「検索の機能活用能力をアップする理論武装」

◎「ネット活用が創市場実現格差」
やさしさは、やせるおもい、自ら誰よりも儲けて、腹八分目、周囲と共に豊になる目的です。
金優位の人間世界の宿命の中で、「金を恵むは下」「働く場を与えるは中」「稼ぎ方を教え、
ふさわしい働く場を与えるは上」、共に豊にとは、「働く場」のインフラを共に豊に稼げる場
をつくり、その働く場が、世界に比肩できるように日本国が富国殖産を目指す制御型人財
が多数輩出できる確率が高くなりました。

◎『「脳構造」「心構造」を正しく活かす』

 

 


  ◎ 
本の扱い方次第であなたの人生に「不思議な格差」が出る確率が高い。

   1.無料の方法で借りた本、贈呈された本の積読率は高い傾向がある。
    記憶量必要な時に浮かんでくる量も、エビングハウスの忘却曲線の
    保持が低くなる傾向がある。入手動機が自力でないためかもしてません。

    
   2.先人の写経のような方法、書くことを併用したり、多忙な中で本音で「本の智慧
    を活かしたい」と考え、探し、選び抜き自費で入手すると、智慧としての定着は
    高くなる傾向があります。目的を持ち「そのヒントの本が必ずあるはず」と信念を
    持って探し続けていると、日常の情報の中から目的の本と不思議に出会え始める
    確率が高くなります。捜(探)し求めていたのがこんなところに出ていると気づく
    不思議な出会いの偶然の頻度が増えてきます。
         見ただけ、聴いただけ、要領よく「知った、わかったつもり」は、一瞬の記憶現象の錯覚です。
     人間の脳は、機械、電気回路基板と異なり、脳細胞の神経網を伸ばし、関連の神経網と繋がる
     ための、成長するための時間(5感を生かした記憶ある回数反復体得)が必要です。関連回路
     (応用するための回路)と接合が不十分な場合は、価値判断の勘違い(誤動作)になる確率が
     高い。汗をかき実証検証し、確信化し成功の知恵として記憶する方が、玉石混交、価値順位の
     ない情報の量の膨大さを誇るだけより、現実社会での業績貢献確率は高い。(プラス領域の成功
     累積数が、マイナス領域の累積数よりはるかに多いため因果として高くなることが当然の現象
     です。21世紀情報氾濫時代の価値基準、行動基準、人格に関わり、「心」に関係するプラス領域
     の多様な軸を成長させる近道の一つです。
    、

    長く智慧として残したい場合は、速読方式で定期的に繰り返し読破が必要です。
    本の上の空欄に、思い出したい重点部分は、そのときのポイントを整理し書き
    込んでおく方が良い。最初理解したつもりであった場合も智慧本の著者のレベル
    が高い人の場合、あなたの核心と捉えた内容とずれている場合があります。
    最初付記した内容が、成長段階が変わり、見直すと、重点がより核心の方向へ
    変化してくることに気づきます。自分の価値判断の成長も「観える化」の方法の
    一つになります。  

    再読破の場合、同一傾向の智慧本を同時に並列で速読すると、一冊づつ
    読んだ時よる更に、新しいプラスαのひらめきが出てくることに気づきます。

    
難題で企業内に先例がなく先人先輩上司の知恵の中に問題解決の光明
    が探せず、虎穴の中で苦しみもがくとき、書店、新聞広告等で いつも多くの
    先人の智慧本を探すと、不思議と最善の明るい路を探し当て、そのエキスを
    理論武装に活かし、コミュニケーション力をレベルアップし、具体的な突破口
    突破行動に、共鳴共振共動する人の数を加速度的に増やすし、周囲の人の
    力を借りると想定以上の速さで一つ一つ解決できるようになります。

    抽象的戦略本だけでは、人の実践成長行動力がまだ低い成長段階の場合
    具体的行動量が、想定以上に浮かぶ量が少ないことに気づきます。
    組織の動きを変える総知識知恵量不足を痛感する場合が多くなります。

    「How To」型が即戦力のヒントになります。あなた自信の成功実績が出た
    「How To」を体系的に整理し、帰納法でまず組立て、演繹法からの未知の
    乖離量を意識すると、どんなテーマを補足しなければならないか、不思議に
    浮かんでくる頻度が増えてきます。 

    やり方は無限です。自分にふさわしい方法を選び、入社後早い年代から
    実戦で活かすスタートすると、習慣化 し、人格化された段階にまで達します。
    次の成長の節目でさらにカイゼンするとその後の 成長スピードがある時点で
    急速に加速されることに気づくようになります。

         智慧本の中で、あなたの価値判断のプラスα内容を組み込み、消化し、
    自分の価値判断そのものをレベルアップし続けることが、その本を活かした
    ことになります。
    明日からは、その考えは、あなたのもので、あなたの理論武装になります。
    あなた自身の視野、視点、価値基準の成長を同じテーマで時々シミュレーション
    してみると「前の自分」と「現在の自分」と比較するとどの部分が進化してきている
    か少しづつ観えてきます。
   
    その段階になると、周囲の人がどの成長段階か、不思議に観えるようになり、
    補足した方が更に能力発揮できるテーマが具体的に浮かび始めます。
    何をアドバイスすれば、「核心を突く一言」、成長のトリガーになるかの予測精度、
    成功確度が人の臨床数の増加とともに高くなり始めます。ギブの臨床を継続する
    とアドバイスの成功確率があなたの成長と共に高くなることに気づくようになります。

    ただし、その人が人財・人財候補の場合は気づくかず、与えるだけ(貸し)の場合
    が80%以上が気づかないのが現状です。本人は自力で壁を破り成長したとおもっ
    ています。ギブギブで代価を期待する必要はありません。その人の成長にタイムリー
    なギブを継続的にし、「あなた」の存在を潜在的に刷り込みしておくだけでよい。
    常に業務遂行に必要な知行の智慧者とのネットを創っておくと「人」だから生ずる不思
    議な現象の気づきはじまます。

    「あなた」が困難なテーマや緊急解決しなければならない時、また大プロジェクト
    を担当するとき、不思議にその人達が多忙にも関わらず、本気で最優先で協力
    支援する核人財として力になって動いてくれるようになります。
    
    その智慧のネットワークは組織の全階層で・経営陣、同僚・先輩・新人まで優れた
    固有技術を持ついてあなたの補完能力になる可能性のある人を選別してギブギブ
    が重要です。「現在の人財、有性卵である未来の人財候補」の選択が重要です。
    あなたが行動の発信をすると、共鳴共振共動してもらえる人の数が、ギブギブした
    人の周囲の人でさえ行動を起こしてもらえる力に感謝する機会が増えてきます。

    多くの無性卵的な人は アドバイスは一過性で、一定期間が経過すると元に戻る傾向
    が多く、その場で感謝される傾向が高いですが、その人の成長とは無関係な場合が
    多く、その他大勢の中のパワーとして組み込めばプラスに機能する場合も、マイナス
    に機能する場合もあります。 
    
    「あなた」が入る集団は、必ず生産性が上がり、「あなた」の目的は、想定以上の
    速さで達成できることに気づくようになります。
    その段階になると、周囲の人が順調に成長軌道に乗り始めたことが観えるように
    なります。

    ◎この段階になると、世の中の断片的情報、Webの断片情報が現在の課題を
    解決するための「立体ジグソーパズル」の一つのチップ(一部の片)として、
    組み込まれ始めます。 アナログ・デジタル思考の融合により、困難なテーマの
    解決手順が「晴れ・曇り・雨」の三パターンで浮かぶ確率が高くなってきます。
    必達の確度は上がり始めます。

    ◎多くの先人の智慧本で累積した体系の中から「問題解決をテーマ」にして
    ふさわしい言葉の使い分けを学ぶと、行動を共にする人の成長段階に応じて自在に
    共鳴共振しやすい言葉を使い分けできるようになり始めます。
    常にプラス発想の言葉に変換し、その人が理解できる理解度の上限を超えないように
    コミュニケーションを展開すると不思議に人が共働(きょうどう)してくれる頻度が増加
    し始めます。

    ただし、「我・金銭」を意識すると、内容が変容しますので、別の方法でビジネスとして、
    他企業とのネットワーク業務は、割り切り選択が必要です。
    自社内でもあなたの業績貢献評価をする上司に対しては、あなたの価値を評価させ、
    年収がアップさせるための智慧本を30代前半で徹底的に吸収し、所属する会社を離れ
    たときのあなたの市場価値を高める因子・要素は進化させておく必要があります。

                               
↓クリック                                              
         ●企業側の価値判断である
「戦略的に多分野制御型人財数を大量に増やす」
      
  の内容を時々閲覧し、企業が少数精鋭終身雇用人財戦略時代に勝ち残る
     ための市場価値を上げる方向を知り、重点的智慧本の選択の方向を探す情報
     とすることを推奨します。

  
    
    


◎こんな時に定期的にご活用お薦めします

 ・大中書店、最寄の書店で あなたが必要なとき探しても探し当て難い売れ筋本
  特に新刊委託3ヶ月経過後の継続的売れ筋本、不易長期売れ筋本 

 ・Web等検索で探しても探し当てるのに時間がかかる類似名の多い本
  著者の実績、出版社の編集能力実績、内容の具体性を重点に選択

 ・個別に複数の本を購入したいとき、複数個所手配するために時間がかかる時
  「A志援創客.com」内で、探す実務の種類で、それぞれその場で注文できます。

 ・内容はあなたにプラス量が多いものを厳選して掲載してあります。
  人財へ成長するためにプラス要素の成功率を選別基準にしてあります。
  成長の節目の時期に今現在時代のトリガーとなる確率が高いものを選択 
  ベストセラーの場合も、一定の価値判断で選別し未掲載のもがあります。
  すべてご覧になりたい場合は直接、ベストセラー公開先コンテンツをご利用
  下さい。  

 ・書店で買えない本、見ることもあることさえわからない資料で智慧の中に含めた方が
  よい成長確率が高いものを選択しています。
  直接発行元から探し、選んだ本を直接発行元へ手配できるようにしてあります。
  それぞれの発行元のサイトへアクセスしなくても、入手可能な調査資料をあなたが
  その場で注文できます。同時にその他の資料・情報も閲覧できます。
  なお、 
  それぞれ発行元の会員になると価格が安くなるしくみがあるところが多く、新刊情報、
  特集情報が他者より早くなりますので、その資料の内容に満足した場合は、入会を
  推奨します。 


 ・新刊は 時流を現す傾向があります。多くの知恵者が智慧を集約して未来の個人的
  予測方向を暗示する場合が多い。あなたの価値判断で修正し、誰よりも速く、確信
  決断へ役立つものがあります。

  「時はカネなり」あなたの休日、夜の自分の時間を活かし、関連業務の智慧に接する
  ことを推奨します。
  また本のタイトルのひねりが、著者の最大の工夫の時代になってきました。
  複数の出版社から類似タイトルの本の発行数は、購読者の多さと相関があります。
  移動時間のすきまに決めた中以上の書店、駅中書店(多忙なビジネス人対象)で
  定期的訪問と、同時に自社の同僚上司部下を連想しながら、どんな本を他の人が
  選んでいるか、内を購入したか、自分の成長段階と相対比較して学ぶ活きた情報は、
  無料の固有の業務でプラス要素になります。

 

◎選んだ書籍を読みたい時

1.無料で内容を閲覧したい場合(該当内容、類似書名から選び閲覧できます。)
  「キーワード」として活かすと多くの最新の本がヒットします。

                                   ↓クリック
   検索エンジンGoogleの「本の検索」で選んだ本を検索してください。
  書籍の検索と、その内容を閲覧できるようになりました。 
   自分流の活かし方と継続的な慣れをお奨めします。
                                                  
↓クリック
    Googleは 著者および出版社と画期的な契約を結びました。
     
      ◆「詳細検索」について
            キーワードと ・書籍名 ・著者名  ・出版社名 ・出版日 で検索できます。
     該当書籍から目的の本を探してください。
 
   ◆「Googleブック検索ヘルプ センター」



2.購入できる予算がある方は

         ↓クリック                             ↓クリック
 株式会社図書館流通センターが運営するビーケーワンから購入できます。

  選んだ書籍の ISBMのコード数字をコピーしてビーケーワンのサイトの
  検索枠ないに貼り付けるだけで該当書籍が表示されます。
  著者名をクリックすると他の著者の本が表示されます。 
   
  ・本の詳細ポイント、各本に他の通販書店より解り易くまとめたコメントが記されています。 
 ・著者のポイント紹介と、著者ごとに関連書籍がわかり、同時に購入できます。
  
 ・国内最速 24時間商品当日出荷(24時間マーク付書籍)
 ・コンビニ後払いほか豊富な支払い方法があります。
 ・ケータイからも注文できます。
 ・初めての購入でギフト券プレゼント
 ・1500円以上で国内送料無料
 ・購入金額の1%ポイントのポイントが自動的にたまります。たまつたポイントは
  1ポイント=1円でビーケーワンでのお買い物に使用できるほか、JALマイレージバンクや
  えきねっとポイントにも交換できます。アフィリエイトでの購入にも対応しています。

 ◎図書館流通センター(TSR)とは
   1979年出版界の総意によって、社団法人日本図書館協会事業部の業務を 継承する形で
  設立されました。当時この事業が、必要であるにもかかわらず赤字経営が続き、協会運営
  の重荷となっていた事態を、出版界がトップの判断で救済しようとしたためで、初代社長は
  社団法人日本書籍出版協会理事長(当時)の服部敏幸でした。
    社会的に大きな変化がありました。それは、情報化社会の進展に伴う図書館のシステム化
    への大きな流れです。これにより、従来のカードによる検索は書誌データベースによる検索
    へと進化し、図書館の機能は格段に向上、利用者サービスもまた飛躍的に高まりました。
    同時に、図書館への図書流通も大きく変化し、出版流通の新しい形態として図書館専門の
    流通業が誕生したのです。
  TRCがデイリーで更新、維持している汎用書誌データベースです。
  現在では、図書館の選書・発注から装備・納品に至るまでの一連の流れが、すべてTRC
  MARCを基軸としたさまざまなシステムによって一元化されています。たとえば、図書の
  受注から装備済み納品までの時間は、創業当初は約2ヵ月を要しましたが、現在では
  最短5日間にまで短縮し、利用者の早期の閲覧や図書館のレファレンスサービスの向上に
  貢献しています。
  また、図書館運営の基幹データとしても、TRC MARCは、その抜群の精度によって高い評価
  を受けており、80%以上の公共図書館で使用されています。ビーケーワンの書誌データも、
  TRC MARCを元に作成されております。

    

  

◎智慧本の価値について 



多くの智慧者が自らの脳の回路を体系化し、システム化し、演算を複合化進化させ、脳の力を
進化させるために、あなたが人財へ成長する栄養になる書籍・雑誌・報告書等を揃えました。


先人(著書を発行できる体系化しまとめる能力レベルに達した人)の智慧を集約した本を
安く、広く、深く、自分のスピードに合わせて理解し、脳神経の増殖と活性化の栄養となる源泉です。



●多くの経営者の勉強会、幹部研修、セミナーのための実績のある、講師を全国から探し、
各地で実施運営し、講師の話を聴講する機会を得て耳学問とテープ、講演テキストを学び、
講師の著書を読破する機会に恵まれました。

耳学問の場合は そのとき瞬間は感激し、理解できた感覚になり、真似ればすぐ実行できそうで、
いざ現場で実戦してみると成果が少なかつたり出てこない場合や、自社にマイナスになる場合も
あります。
講師の環境、時代、立場等の条件が異なるためです。成功体験の一部を重点話し、プロセスの断片
しか、時間内で話せないためです。(テープで繰り返し聴いてもその中にないのであまり変わりません。)
ただし、短期の動機付け効果、カンフル注射的効能があり、そのときの「新しい発見と感動の量」が漢方薬
の役割を果たし、その後の成長のトリガーとなります。率先垂範し自力成長に活かさず、自分以外の人に
やらせることを考える人達には一過性のもので終わります。自分以外の人は、「またか」と考え、その場
限りの「やったふり」をして、定着しない場合が多いのが現状です。わがこととする人は少ないのが現状です。

もう一歩踏み込み、講師の著書である知恵本により講演主張の断片を繋げると講師の考え方を体系的により
正しく解かり応用できることが分かってきます。さらに、その講師の著書を年代別に数冊以上読むと、思考の
変化価値判断の変化趨勢がわかり、数回の年を経た講演で、テーマを変えた中での不易と流行の言葉の
価値判断基準の着眼が少しづづ理解できてくることが感じられるようになります。
 
先人の「智慧の本」として探し当てた本の著者の複数の書籍を年代別に読破しながら自分も実戦体験、臨床
体験を重ね自らの体系化固有技術として成長するリズムが習慣化すると、自分の成長の節目ごとに一連の
本を読み返し、過去の引いた線、記入した箇条書きしたポイントの変化の重要度順位が変わってきている
ことに気づくようになります。

いよいよ著者を超える段階にはいります。文字は同じ、読み方も同じでありながら、中味が時代を経て更に
深く読める本物の人財の本と、映画のセット型の情報のつなぎ合わせの表面型の人財もどきの人の
本との違いに気づきはじめます。
ただし、玉石混交、時代の際物型の映画のセット型の情報も、短期実戦には価値基準が高いほど、すべて
のものが反面教師の内容も含めて、成功確率を上げる方法になります。

特に営業、マーケティングの場合は本物に捉われず流行時代の潮流との整合が重要です。過去成果を出した
手法も時代の潮流が変わると、優先順位が変わります。不易と流行の選別眼で成果量に大きく差があります。
競合する他社の人のレベルが高くなり、個人型から組織を活かす共有情報を活かす時代になりました。
20世紀の多くの本の内容では、教養で終わる場合があります。(営業の基本編、技術編、応用編、管理手法
も業種業態で教育を再点検する時代になりました。)


●定年後の年金支給高が多くなる工夫は日常行動の累積です。高いほうが家族のために得策。

コンピュータによる人事評価システムによる点数を高くするしくみを良く分析理解した上で智慧本と業績貢献
を連動させてあなたの評価点数を上げるときことが重要な着眼です。
上司、部門長、全社での調整の自社のしくみを知り同じ苦労をするなら、高くなるようにしてください。
上司、部門長の評価の高い日常行動の智慧本も重点てーまです。将来の年金世代になったとき後悔しない
ために日常「もうちょっと行動カイゼンする」ほうが得策です。

業務に流されずに自分力を上げるためには、「智慧本で成長」は突破口探しの手掛かりとして役立ちます。




●視覚、映像優先時代に世界観、宇宙観人財の数の成長を待望します。

 21世紀型の視覚、映像は実戦量、体験量を世界規模で補足してくれます。実戦量体験量の
  少ない世代には促成成長はできますが、すべて仮想での実戦であり、脳の機能の成長進化、
  自分の構築した価値判断とは無関係な他力でコントロールされる確率が高い成長です。
 
  
  
進化した情報の共有化、検索エンジンの進化は、脳の回路を段階的に回路の成長に整合した
 その人に適合した進化と異次元になり、過保護進化、未発達のまま、次の神経回路が促成に
 拡大され、大量情報を処理する段階で、未成長部分の過負荷による破壊が脳で多発する時代
 が近づいています。(すでに脳疾患の過去にない事例が発症しはじめました)そのためにも
 脳の回路を正常に動かせ、過負荷で破壊しないための自力の正常成長段階へカイゼンが必要
 です。そのテストのためのトリガーとして、文字、本の価値は益益増大します。
 他の動物からの進化のスピードは文字を創った先人が脳の進化を加速し、コンピュータの文字
 の人間語との文字変換能力の急速進化が、現在です。脳の進化の急速な成長の節目の多い
 確率が高い18歳までの人の成長段階に「本」の価値を伝承しなければならない時期が到来し
 ました。   

 

  人間の価値判断に関係する紀元前の哲学思想書、中国の書が、今も内容が
  生きているのはなぜか、1代の人間の価値判断の進化は、次世代に継承できず、
  ゼロからスタートするのが人間であるため、最大源の脳の成長をする
 最適方法を採る場合は、「先人の智慧本を活かす」ことが一つの方法論です。


 視覚、映像は、脳神経の増殖し回路整備のシステム構築とは相関が高くないものです。
 本以外の分野に偏重すると、自力の判断力の高度化には不十分な場合が多い。
 逆に成長の障壁になり、誘導情報でコントロールされる人の数が多くなることが検証され
 ています。特に全体主義思想を根幹に持つ日本人の場合、郵政民営化選挙の行動で
 周知の現象が容易に生まれ、現時点で「何か変だった」と気づく人もいる可能性があります。
 日本国を世界比肩できる人財に成長するためには 自分の意思(意志)を持ち、平常心で、
 催眠状況の判断から脱却できる脳の力が必要条件です。智慧本は最適なツールの一つです。
 超一流の先人の 智慧を探し当て、現在の自分、成長した未来の自分が同じ本に接した場合、
 未来の自分の価値判断から観ると、視点、視野が偏向して読み、理解していたことに気づきます。
 
 本離れ傾向は、外部の力でコントロールされながら自分が判断し行動していると思い込む人の数
 が加速度的に増加を始めた時代が到来してきたためです。世界的視野の人財の数の力が必要です。
 外部の情報のシクミシステムの変化の中で人類を正しく制御できる人財の数の成長を待望しています。


 ●30歳以上のコンピュータ依存の世代の中で、自分の成長過程のチェックと軌道の修正を推奨します。
  現実と自分との価値判断ギャップである「何か変だ」「徴候は身体のコントロール異常、精神のバランス
  の崩れ、体調不安の発生」等マニュアル依存症候群のため、先人の智慧本を読む習慣が欠落したひとは、
  鍛える度合いの少なくなった精神の非正常徴候がはじまります。正常への自力復元が困難になります。
  多くの先輩のように智慧本の実務補完方式で重点集中読破すると、多様な経験量の増加とともに、全方位
  の智慧本を体験できるようになります。在る段階に達すると、次の業務に合わせ、事前に必要テーマが選択
  できるようになり、スタート前段階で、スタートダッシュできる脳の力、執務能力、組織運営のための根回し
  準備ができるようになります。自分の企業での存在価値に合わせて、絶対比較、相対比較しながら、組織
  の成長を自らの成長と整合できるようになります。役職は常に一つ上のランクの判断力を訓練し、実践は
  常にNO1に挑戦する段階に入ってきます。  ただし、昇進や役員社長になりたい場合は、日常の実績が
  コンピュタ評価基準で高くなるように数値管理が重要になります。他の人の成長より、自らの成長を周囲に
  わかる演出が必要になります。日常の経営者が認める周囲を越える実績、同族会社の場合は、経営者との
  関係に関して最深の気配りが必要です。(同族会社の知識、知恵本が重要です。)

 ●定年後本音の社会的倫理観が未成熟の「マニュアル規制制御依存症候群」は、マニュアル規制がなくなると
  幼児期幼少期の規制されない社会的倫理観が優先をはじめ、知識知恵を最悪に活用し最悪の周囲の危機を
  出現させるタイプが多数出現を始めます。高度な知識と未発達な社会的倫理観(本能の規制ブレーキ役)欠落
  のために、従来なかつた、多くの人、人類の消滅、地球の破壊を正しいと判断させる制御誘導者さえ出現を
  はじめました。 ますます、新聞の社会面を賑わすようになり始めてきます。数年前にはなかった犯罪の発生の
  リーダー・制御者は 一線を離れた定年を迎えた人がその行動の原点になる役割が真因である相関性が高く
  なり始めました。従来の犯罪検挙のシクミシステムを熟知した人がその中の検挙回避の方法シクミを構築する
  ために、検挙の方法を加速度進化させることが世界的に必要な人類の表と裏を正常にするために必要な時代
  が到来してきました。 
  自己を社会で正しく御すために、「先人の智慧本 」により人生の未来の軌道を再点検し正しい制御体制づくりを
  推奨します。特に、左脳型優位性で社会的評価された人は、左脳(正常神経回路)の進化は逆に年齢的に衰退
  をはじめ、右脳型感情優先の直線的行動が優先し始めります。本音と建前の使い分けはある年齢に達すると
  コントロール不可能になります。自分の本音を先人の智慧本等で正常化へ進化させ、無意識で行動していても、
  平常心、正しく機能するようにすると、傍を楽にできる確率は高くなります。

 ●16歳以上の就職前の皆様は、先人の智慧の広がり、深さを智慧本で早く感じていただきたい。



 ●各種専門学校、高等専門学校、大学、大学院の皆様は、智慧本により、脳神経回路の構築のため
  下地づくりを推奨します。業界常識、執務の基本等、入社後新入社員、若手社員の学ぶ智慧本を重点に
  推奨します。

  縁あり入社した企業の実体経営へ転換するための企業軌道カイゼンの具体案を探し出す新鮮な先入観
  のない眼を企業は待望しています。マニュアル化され型決めされたアルバイトも必要ですが、後で出来る
  ことは、時間を少なく、今・入社前にすべき内容は優先に将来の大樹になるイメージ組み立てを推奨します。
  将来のテーマ実現の資格の取得の勉強も必要なときです。自己成長度が速い時期を活かしきることが
  人生の成功確率を高める要素になります。
  先輩のプラスになる判断は「何かおぼろげながら気づく脳の力が湧いてくる」確率は高くなります。
  入社後7年の、その企業への提案量として発揮できるようになります。 

 

 

 

 
◎軌道が急激に上昇方向に変わる仰角は、責任度の大きさとテーマの規模
    組織、システムの大きさにより角度はことなります。実績、業績貢献すること
    「勝てば強くなる」の言葉通り、善循環加速を始めます。

◎上記図の用語変化(2011.9.30から)
    1.旧「A志援-創客人財.com」サイト ⇒「Google検索エンジンの機能活用」 
     企業事例中心のサイトでしたが、多く類似サイトが増加し、当初の存在価値が少なくなり、
      他のサイトとの格差が少なくなり、検索エンジンさえ、類似機能が搭載され進化してきました
      ので閉鎖しました。
      ●この成長段階段階までは、「Google検索エンジン」機能を活かすと,企業事例が無限です。
       あなたの目的の最適な事例と出会う確率は高くなりました。

     2.旧「A志援-会員サイト」 ⇒「あなたがアクセスしている統合したA志援-人財.com」
      
「A志援-創客人財.com」サイトの中で、検索エンジン・他のサイトでは構築できない内容を
       追加コンテンツとして付加し、人財として存在価値が誰でも見える化できる評価される創市場
       創客分野の内容をより成功確率が高くなるようプラスαを付加します。
 


   

A志援のサイトに出会い、活かそうとするパワーを持っているあなたは、未来無限に
成長するプラス仰角の可能性が高い人財です。A志援のサイトを活かし、思考の限界
領域をもうちょっと拡大でき始めると、世の中のさらに素晴らしい智慧にめぐりあえる
確率は高くなります。世界に比肩できる人財に成長されることを待望しています。

 


◎あなたへのお願い

人生劇場を 自己責任で無限の可能性を信じて、成長するための成長仰角をプラス
領域に向ける重要な時期は、自分流価値基準が70%以上固定化を始める小学校低
学年までの時期が大切です。その後は、外部の130%以上の過負荷環境の中で外部
の力の支援で変わる機会と出会うときです。ただし、100%以下の負荷しか経験をしない
で成長し順調な環境で育ち25才を超えると、130%以上の過負荷に直面すると、逃げる
他人、社会の責任転嫁型となり、自分を変える力の発揮量は、有限となり、自分が選ぶ
人生劇場を小さくする確率が高くなります。10歳までの成功体験は周囲の支援の賜物
です。多くの「我」を抑えた数が、その人の成長の年輪となります。気づいたとき、よい師
にめぐり合い、徹底教導の機会を望んで受けることを25歳までに体験し、人格基盤の
帯域感度がゼロや低い部分を拡大し、広帯域感度にすることを待望しています。

年齢世代に応じて、出来る影響範囲からあなたの周囲の縁ある、小学校低学年まで
の日本人を、次の世代で世界に比肩できる多くの人財が輩出する確率を高めるため
に日常の少し時間を割いて、身近なところで、正しい、人生の基盤づくりに参画を待望
しています。

20世紀代戦後、学校教育は、過保護型、平均以下の人を対象にして、全体最適のため
に組立てられています。
その時代に育つた55%以上の過保護世代の親は、自分の子の価値判断の何か変な
場合は、先生、周囲に責任転嫁する傾向か増殖し、父兄会が、真の目的から変容し、
確固とした信念理念をもつ先生でさえ、数の力で動かされる数が増殖し、生徒にアン
ケートをとり、生徒の価値基準に下げる先生さえ増殖してきました。子供の教導の人格
基盤を形成させる目的が変容した教師、挫折し「うつ」時期になり、スタート時の「志」高い
「そう」時期に戻れないプレッシャーを跳ね飛ばす総能力パワーが不足した人が増えまし
た。日本民族、日本国の富国殖産、人口増加で、子孫繁栄軌道に復元するための分岐点
に来ています。先生は「今なにをすべきか、軌道の狂いに築き、軌道修正を急ぐ時です。」
東北大震災、福島原発事故は、日本民族が軌道修正できる千載一隅のチャンスの時
です。チャンスの女神の「後ろ髪は、はげ頭」、次の軌道修正できる時期はわかりません。

先生・親の成長を期待する時間の余裕は日本国にはありません。半世紀を越え、価値
判断のズレが子を育てる親の世代、更にIT時代の中で、若い世代の中で日本国を世界へ
比肩するための価値判断とは逆の方向の人が日本国を動かす力になる数が急速
増殖を始めつ徴候がでてきました。

自治体行政、団体のような、図書予算を必要に応じて増やすことができる可能性が
高い機関の運営する図書館を戦略的に価値判断を正し育てる良書の数の増加の加速
と、本を読む子どもの数の増加を待望します。

就学前と小学校低学年に関わる図書館の、高い志度で価値判断がICT時代の歯止めの価値判断を育てる
役割の一つとして大きなつてきました。自己責任で最善の方法を探し、わくわくする人生を生きる自分力を
高める継続的時間が必要な時期です。無限の解釈ができる本の役割は大きい。大人の誘導する視聴覚
情報の人生にプラスかマイナスか選択する基本素養基盤を創らなければ、最悪な環境、自分に都合の場合、他人の責任にする、他人教えられ、詰め込まれた知識を、自分のものとして、正しい栄養に消化し体得する
ためには、知識の広がりを生む良書本物の本の力が価値判断基準として重要です。本物に接し続けると
贋作、本物モドキは感性でわかるようになります。この時代は感性が急速に発達する時期です。
「何か変だ」と感じる右脳開発と知識教育の連携は実践数の少ない時代本が架け橋になります。

人生のプラスになるものを充実させ、正しい価値判断が定着させる人生の目標を描く能力基盤を
構築する大切な時期です。玉石混交の中から正しく選択できる本探しのしくみシステムが重要です。
日本人の右脳の中の本能要素を増幅させてきた「何か変な育つ環境」から自力でその壁を越える
重要な分水嶺の時代です。

日本の家庭は、一部の富裕層で価値観が正しい家庭だけが、本の私有が可能ですが、その他の
層では、本購入費用は加速度減少しています。オンラインの購入量は本の価値とは相関関係の
低い、仕掛けられたもので動く層が増加しました。家庭には自浄機能はなくなる傾向が加速を始め
ています。

親、高齢者は、やらされて強制され、一時代正しく領域で行動していた人が多く、電車内マナー、
交通マナーのような日常隠した本音がでる普通の子供でさえ”何かおかしい判断行動の人”の
増殖が現状の時代になつてきました。正常な数が加速度的に減少をはじめました。


なぜ、素晴らしい先人の知恵の集約された本が読まれる冊数の減少が加速されている原因を
「活字離れ」の傾向と捉える「現象面だけで判断」をする人が多くなってきました。必要度が
減ることが何かおかしいと捉えると、高度化社会に適応するためには、20世紀より情報量を加速度
増大が必要なはずです。方法をを変えなければならなくなつたためです。

現実は、ますます高度化し最先端の進化速度が早く、短期的目先の情報を知るが、企業の共有情報は
想定以上に高度化を加速し、その情報を使い切る時間と、無料公開情報や低価格の情報価値の
方が40%の本の価値の方が低いと判断する人の数が増えたことと、日本国の企業個人の富の
分布が高所得グループと低所得グループに別れ、中間層が低所得層に高齢化とともに更に加速化し、
本に出費する費用が出せず、他で購入本と同等な情報入手の工夫をしている企業個人の時代
適応をしているためです。20世紀代以上のスピードで本の読破と同様な、知識の付加が必要な
時代であり、多角度に多種類の知識が必要なため、「活字」にかわる、視聴覚情報を代替手段
を選んでいるだけです。

私でさえ、本の毎月使用可能な80%以上の費用を使い、本の虫でしたが、現在はゼロに近いのが
現状です。ただし「活字」以外の方法で代替しますが、浮き草情報で、大樹型の中身に育てる場合は
無理をして本を時間をかけ相対比較し、著者の経験領域から、その領域の知識の有無から選択
しています。現在の出費能力としては高価なため積読から、時間を空け、自分の成長に応じて反復
精読する方法に変えました。本は思考を球体の成長させる力があります。知識、知恵、智慧が融合
し、著者の視点視野から、新しい自分の視点視野へ成長させるトリガーの役割をしてくれます。
まだ、本(文献資料も含む)を超えるものがないため最善の方法と考えています。

孫は購入し渡す本を増やすことが出費できないため、近くの図書館で多くの本を読むことができる
ように子供に活用方法をアドバイスし、必要な最小限の本だけを購入して渡すのが現状です。
ある成長段階までは本を見向きもしない時期、本を耳から聞か続けていましたが、ある成長段階に
達したら、どの孫も想定以上の頻度で、本を図書館から複数借り、読み終わると、また借りています。
知識欲の旺盛な時、強制しないでも本に接するリズムを「親周囲」が創ると、人間の成長する可能性
の素晴らしさに気づけます。
「上の孫」に本を読む習慣をつけて、いつも一緒に図書館に行く「下の孫」は、ある成長段階から、
自然に本に興味を持ち、競争で本を読みはじめ、「上の孫」は、負けまいと、本の質内容が、よりレベル
の高い方へ変化をはじめました。その後の成長は本人次第、成長の節目ごとに、軌道を制御する工夫
の本を探す段階です。どの道を選ぶかは本人次第素晴らしい未来が開けるよう待望しています。

一人の本好きを育て、巻き込むサポートを先生がすればクラスの30%以上は本好きになる可能性が
高く、その30%をグループのリーダーにして、残りのグループを巻き込み、クラスの50%を超えた段階
から、個別動機付けをする10%のグループが明確化してきます。その10%は家庭環境と相関関係が
高いため、個人対応が必要な確率が高いですが、将来の正しい人生を歩ませるために必要な布石
となります。

 

 

商品一覧