開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

リース利用の判断

■リース利用の判断    090309


TOP
 >
リース利用の判断




更新 2011.06.01

競合他社に勝ち残るためには、技術変化、競合他社と拮抗できるための総合的
先行投資の継続が重要な要素になってきました。

各社は事業展開時、資産流動化を資金有効活用要素として戦略的検討項目の
一つになってきました。

現在は 企業の94%がリースを利用しています。民間設備投資の1割を担うリース
産業は、企業経営、日本経済の発展に欠かせない存在に成長してきました。

その中で、シクミシステム、設備等資産に関する投資のウエイトは高い。 

投資採算計算の中で、資金調達に関する諸要件として技術進化の激しい時代、
多種多様なリースを上手に利用する事が勝ち残り戦略の一つになってきました。


キャッシュフローの中の固定資産投資の投資時期と回収期間の決断として、新規投資
に対する不足資金の調達を、既存事業におけるキャッシュフローにより賄うことができ
れば企業の財務は痛まない。

1.複数の投資案件がある場合、どちらの案件を採用するか
2.購入するか、またはリースにするかの意思決定
3.新規投資をおこなった場合、当初の持ち出し金額(投資食段階での資金の持ち出し
が発生する)に対する資金手当を既存事業からのキャッシュフローから賄えるか、
あるいは銀行借入等の資金調達を行うか

採算判定の基準
1.個別案件の良否
 (1)現在価値キャッシュフローの総額 > 設備投資額  投資採算がとれる
 (2)現在価値キャッシュフローの総額 < 設備投資額  投資採算はりてない

2.複数案件の判定
 キャッシュフロー計算による回収期間の短い方を有利と判断する

●リース契約の種類
 リース契約が、税法上等の規程による取引条件・処理方法が定められてあるのは
 リース契約自体が一種の金融取引に類似する部分が多分にあるためです。
 リース契約がレンタル契約と違う点は、自分の望む機種及び使用を自由に指定でき
 かつ自分だでがそのリース物件をしようするところにあります。(レンタル契約は
 レンタル会社が指定する機種及び使用を、不特定多数が使用する)。
 従って、物品の貸借というよりは、リース会社から資金を調達し目的物件を購入する
 取引に近い。これをリース契約とするのは、目的物件の所有権がリース会社にある
 からっです。                                                  
                                                                

 リース契約の種類

   内容  

  性 質

  コスト

ファイナンスリース

目的物件の購入金額部分(付帯費用を含む)のみをリース契約

ほぼ金融取引と同じ。
目的物件の所有権がリース会社にあるため、リース取引として成立する。

リース会社の事務費用が料率に加算されるために割高となる。固定資産台帳は必要なく、減価償却計算もいらない。

メンテナンスリース
オペレーティングリース
 

目的物件の購入価格の他、メンテナンス費用を含んだ金額でリース契約

リース会社各社が規定するメンテナンス費用(車であれば車検・タイヤ等)を含んだ契約となる。本来のリース契約である。

リース会社の事務費用が料率に加算されるため割高となるが、固定資産の管理に手間がかからず、自社の事務作業は軽減される。また、メンテナンス契約の内容によっては、自社のメンテナンス費用が軽減される場合がある。

◎国際財務基準の新会計基準では変わります。
 


 

●リース採用の判定基準と採算計算
1.リース制度の利点と欠点の確認及び検討
 契約において諸要件を決定する

2.実質支払総額による単純比較
 耐用年数は、税法の法定耐用年数とする

3.購入及びリース条件の検討
 リース条件例
 ・リース料は、メンテナンス料などの諸費用込み
 ・リース料は ○年○月より○年○月まで 毎年均等額(年度末一括)払い
 ・○年度末に、設備はリース会社に返却します 等

4.税金考慮(調整)後の比較
 税金を考慮しない「実質支払総額」による単純比較と数値判定が逆転するケース
 もある

  

 
●リース制度の利点と欠点の確認・検討  リース事業協会事例より

◆リースの利用理由(リースのメリット)
1.リース料の支払管理だけですみ、設備所有に伴う事務管理の省力化、コスト削減が図れる。 (72.4%)
2.定額のリース料を経費処理できるため、コスト把握が容易であり、設備投資などの経営計画がたてやすい。    (61.8%)
3.リース料は定額で設備導入時に多額の初期費用が不要のため、高額の設備投資ができ、また経営資金を有効に活用できる。(61.5%)
4.設備の使用予定期間にあわせてリース期間を設定することができ、陳腐化にも弾力的に対応できる。
   (53.7%)
5.リース終了時にリース物件を返還すればよいため、廃棄物処理法など環境関連法制に適正に対応できる。    (40.9%)
6.購入よりもリースによる調達の方法が一般的だと考えている。(26.4%)
7.資産を持たないで収益を高めることができるなど、資産のアウトソーシング効果が得られる。(24.3%)
8.借入購入よりも契約手続が迅速のため、設備投資のタイミングが遅れることはない。(16.0%)

◆購入理由(リースのデメリット)
1.当面、更新を行わず長期間使用する予定である。(52.8%)
2.設備の購入資金にゆとりがある。(37.2%)
3.基幹的な設備のため自己所有の方が安心である。(35.8%)
4.借入購入の方がリースと比較して割安である。(30.6%)
5.特別償却制度を利用できる。(29.5%)
6.リース期間中は解約が原則としてできない。(18.8%)


◎国際財務報告基準(IFRS)の
新会計基準案のリース取引の計上方法の変更への対応

 
国際財務報告基準(IFRS)を作成する国際会計基準審議会(IASB)は2010年8月に草案を公表し意見を募集。締切日となった2010年12月15日には、国内のリース業をはじめ、不動産や海運などリース利用頻度の高い業界が相次いで反対の意見を提出した。海外のリース業界の多くも歩調を合わせたようです。
反対する理由は、草案通りの基準が採用された場合の影響が大きい確率が高いためのようです。

新会計基準の目的は、財務の透明性追求。だが、会計処理の煩雑さなどにより実態ががわかりにくくなる可能性を指摘する意見もある。リース業界などの反発は、草案の内容だけにとどまらない。新基準の導入に対する検討の進め方にも不満を募らせているようです。日本のIFRS導入の発端は、IASBと日本の会計基準委員会(ASBJ)が2007年8月8日交わした「東京合意」です。日本の会計基準がIFRSのレベルに達していない項目について、期限を定め、差異を解消する作業を確認したもの。重要な差異26項目について2008年に解消しており、残りの項目は 2011年6月30日までに解消することになっている。
ただし、東京合意は「2011年6月30日という目標設定は、同日後に適用となる新たな基準を開発する現在のIASBの主要プロジェクトにおける祭に係わる分野については適用されない」として、IFRSとの共通化の作業から例外扱いする分野を示している。その一つがリースでした。にもかかわらず、現在あたかも、その例外規定を無視されたかのような形で論議が行われているためのようです。
2010年夏にIFRSを適用する範囲は、企業会計審議会では、連結決算を先行して適用(アイナミックアプローチ)し、単体決算は判断を一時留保(連単分離)する方針を確認し、グローバルベースで活動する企業の場合は、グローバルベースの連結開示基準を採用するのは、当然の流れといえる。だが、税法や会社法など各国の文化と直結する単体決算は、各国の基準との調整に時間がかかってしまうためです。

◎リース活用の戦略目的は、企業の労働生産性、時間生産性をより高めるためる、しくみシステム設備人をリースし、常に競合他社以上の最新機能を発揮できるように、リース期間ごとに段階的の総能力を向上させる企業勝ち残り基盤の一つに進化してきていることに気づくことが重要です。いままでが、企業の基盤の強さが資産としてオンバランス化されていないで、リニュウアルされない旧機能のしくみシステム設備に固定化されその企業の上限生産性が観(診)しくみでした。同じ生産性数値でも、上限が固定され変更に高額投資が必要な企業と、常に生産性上限を段階的(リース期間)で持続的にアップできる企業とは、競争環境で勝ち残る(利益を持続的に確保し剰余金、法定準備金をアップでき、自己資本を増加させる確率が高い時代になってきました。リースは最新を稼動できる人と一括リースは、社内の人の総能力を短期で複数アップできます。変動型で繁忙期にリース物件だけ必要量増加させても操作できる人材は、すでに熟練した社内人材で対応でき、操作人件費の増加はゼロ化も可能です。

◎リースの最先端を活かす戦略的活用は、企業の見えない生産性向上格差の一つです
売上増加、利益増加は、自己資本比率を増加させる突破口の一つです。
あらゆるリース(日常の事務機器、IT、設備、機械、環境対策、節電対策等)の中で、人が時間を浪費し、
労働生産性を上げ、高品質生産効率を持続的に高くする、時間生産性の今の上限以上にできる常に最新化の段階的(リース期間)追求ができます。時間ととのに旧タイプになる生産性の上限がある固定投資型のしくみシステム型で高額投資まで機能が変化できない購入型方法と比較して、リースの本来の優位なコアコンピタンスを強力に展開する方が、日本企業が海外の競合企業に勝ち残る、基盤強化の方向に気づくき活かすことが制御型人財の要素の一つ。

周囲の現象をきちんと捉え、近い未来への先行行動でわが社に何がプラスかで人財としての存在価値を
発揮されることを待望しています。

◎プラス発想で、新会計基準に対応すると、リース業界がさらに存在価値がアップできる方向かもしてません。

今のリースの経理処置を、新基準での経理処理するしくみと、日々の関連必要情報の記録システムも同時に構築する場合 リース業界とTKC等の公認会計士、税理士グループと連携して適応させると想定以上の速さで新会計基準に切り替えができる時代になりました。現在の会計システムへ追加仕様を組み込むことを各企業が個別にする過去段階から、各企業が高いコストと時間を必要とする確率は低くなっています。最新の世界の会計基準を採用することが、世界市場で勝ち残る企業と取引したい中小企業の顧客創造戦略の一つです。会計基準の変更を適用することは規制強化の一つですが、益々世界規模で、財務の見える化の規制強化は進む確率は高い時代に入り、日本だけ例外が許されくなってきました。年間売上10億円以上の企業の場合で汎用型商品製品を内外で市場競争している企業には、先行で社内のしくみを変更の準備をするプラス発想で積極導入も一つの勝ち残りの軌道です。日本の会計基準、税制で、外部に報告すれば良いだけで、勘定科目の一括変更で可能です。利益留保に優位な方で日本の会計基準が変更まで対応すればよいだけです。いつでも会計基準が変わっても先行対応で、社内の人の熟練度を高めておけば(リハーサル訓練)、遅行型対応より、企業内組織の新軌道への修正が自然にできることに気づく現象の一つです。

●草案のポイントは大きく2つあります。
1.リース利用のメリットともいえる「資産・負債のオフバランス化(貸借対照表に計上しない取引)の全廃
2.リース契約期間に関わらず、実質仕様期間を見積もり、リース物件を現在価値に引きなおして計上する。
これを航空リースといった大規模資産のみならず、小口、短期のリース取引にも適用する方向です。

●日本の場合、2007年3月に会計基準を変更。リースを利用する会社が物件の購入代金を諸費用のほぼ全額をリース料として支払い、中途解約できないファイナンスリースの会計処理については、通常の売買に近いとして、すでにオンバランス化する方針されている。
今回の草案は、リース満了後に中古市場などでの物件の売却を見込んで残価設定をするオペレーティングリースについても、オンバランス化する方針を示している。

●リースを利用していた企業は、資産が膨張し、自己資本比率が急激に低下するリスクがある。
さらに、リースを利用する企業からは「会計処理、事務処理対応がいまより、今のやり方のまま業務カイゼンをしなければ煩雑化し、関連コストが増大し、リース活用量の多い企業(製造業等)はリースの再検討が必要になる確率は高い。
新しい会計基準は、オペレーティングリースと取引形態が尾奈に不動産賃貸にも適用されることになる。
賃貸物件の利用者は、最長使用期間を見積もる必要が出てくる。見積もり期間をオーバーすると、新たな見積もり期間に基づいく現在価値を計上せざるをえなくなる。不動産業界は「使用期間をあらかじめ設定しオフィスなどの賃貸するには、現実離れで、混乱するだけ」という考え方もある。

 

     

□リース事業協会


 ●会員会社
  
リース会社の現在の進化
 多様化した機能を活かす
 着眼の一つです。
   外部資金調達策の一つ。




 

産業界においてリースの利用が拡大し、単なる資金調達の代替手段ではなく、リースのさまざまな機能が認識されるようになり、有効な設備調達手段として、リースを対象にした政府の施策も増加していきました。1980年代においてもリース産業は順調に発展を続け、またこの時期には国際リース取引も活発に行われました。
バブル経済崩壊後の1992年度、リース産業は初めてマイナス成長となりました。その後の長期間にわたる景気の低迷、設備投資抑制環境のもと、1990年代のリース取扱高の平均伸び率は0.9%にとどまりました。しかし、この間においても、リース取扱高はコンスタントに7兆円を突破し、設備投資に占めるリース比率は拡大を続け、設備調達手段としてのリースの役割は更に高まっていきました。
2000年代前半、緩やかな回復基調が続く日本経済の中で、リース取扱高は企業の設備投資の動きに連動して推移しています。リース事業協会の調査結果によると、現在、企業の94%がリースを利用しています。民間設備投資の1割を担うリース産業は、企業経営、日本経済の発展に欠かせない存在となっています。

◎リースに関して、基本知識を知ることが、企業内で経営判断に重要な
要素にますますなり、企業格差の要素の一つになってきました。


◆新リース会計税制の概要
◆リース産業のポイント
◆資産流動化
 

□映像センター

 

こころを動かすコミュニケーションの実現のために、お客様との共感・協働で喜びを提供するオンリーワンの人財集団を目指しています。時代とともに、映像社会を先行して歩む企業の一つです。プロジェクター、デジタルカメラ、スクリーンなどの映像機器、AV機器のレンタル、販売の映像センター。
自社でノウハウを構築するには時間がかかり、プロ人財の成長を
待たなければなりませんが、即日、現実化可能な補完連携企業の一つ
です。
 

□西尾レントオール



 


総合レンタル業のパイオニアとして経済社会に貢献しています。西尾レントオールとグループ各社が連携し、様々なレンタルニーズへの対応と新たな市場の開拓に取り組んでいます。

自社固有のシクミシステムを構築前に、現在あるものを活用し、全体の
整合性、運用し、資金に応じて、購入型かリース型へ本稼動のための
資金投資をするとき役立つ企業の一つです。


 

□オリックス・レンテック



 

オリックス・レンテックは、法人の客さま向けに、電子計測器、科学分析機器、パソコン・サーバなどのレンタルを中心に、中古品販売や校正受託サービスなどさまざまなサービスをご提供しています。

オリックス・レンテックは1976年、オリックスグループの一員として誕生。
以来、電子計測器、情報機器、科学・環境分析機器等のハイテク機器のレンタルサービスを中核として、あらゆる分野のお客様の多種多様なニーズに対応しています。

 

□共成レンテム




 

経営改善に懸命の精進を重ねておられる土木建設業界の皆様にとって、
関連機等のレンタルとその活用はコスト削減の有力な切り札として、重要度はますますたかまっています。「役立つ物」を「役立つ心で」お届けします。
ユーザー発想で建機レンタルの領域を切り開く総合力とシステムの企業
総合「元気レンタル」会社です。「6つの元気」をお届けします。

・建設機械レンタル  ・建設現場周辺設備レンタル  ・農業支援事業
・イベントサービス広告事業   ・ゼオライトの生産販売事業
・携帯電話事業

□JA三井リース
 


 

◎多種類の農業機具を必要なときに必要な期間活用できる可能性が高い会社の一つ。

 従来のリース、ファイナンスという枠組みにこだわることなく、金融機能、
賃貸機能、固定資産管理機能、遊休資産・中古資産売買機能等の多様
な機能とJAグループ、三井グループ等の幅広いネットワークを有機的に
組み合わせ、お客様に最適なソリューションを提案しています。

・農業生産者向けサービス
・開業支援サービスMedit
・福祉用具レンタル
 

□住商レンタルサポート
  











 

◎大規模植物工場の場合 高い位置での高所作業車、植物の成長段階で短期連続管理のための仮設ハウス、農耕に関する建設土木関連のレンタルを一括連携して活用できる可能性が高い会社の一つです。

住友商事グループのブルーテック(高所作業車レンタル)、レントス(仮設ハウス・備品レンタル)、バケットランド(掘削機・アタッチメントレンタル)の3社は、2005年4月に合併し、それぞれの事業部となって『住商レンタルサポート』として新たな一歩を踏み出しました。
その後、レントス事業部とバケットランド事業部が統合し、プロマックス事業部と名称変更しました。また、2008年1月には、アタッチメントの販売会社であるバケットランド販売株式会社を吸収合併し 、バケットランドセールス事業部とした結果、レンタル事業と販売事業を通じた事業体制を構築することが出来ました。
1992年のブルーテック設立以来、専門レンタル会社として建機レンタル及び建設業界へのレンタル事業を展開し、着実に実績を積み重ねてまいりました。
レンタル需要は今後も増加する傾向となっており、ますます激しく変化する市場動向や建設技術に対応してレンタル事業及びアタッチメント販売に求められている時代のニーズを先取りし、スピーディに、よりトータルに住商レンタルサポートは今後ともお客様の需要に対してお応えしていきます。

 


◎人材アウトソーシングの中で勝ち残る











 

事業を展開する上で、競合他社に勝つために戦術(武器であるしくみシステムツール等ハード)を、常に競合他社に優位になるように先行準備すること必要です。投資資金が潤沢ない企業は、戦略的にリースを活用して優位さを維持するため定期的に最新化へ変える方法の一つとして多くの企業で活かしています。20世紀代主流の、ハードだけ導入し、社内の人が導入した機能を発揮させるまでに時間がかかり、複数人数を計画的に増やすことができ難く、育ったころは、次の最新化で高機能化する遅行行動企業が多かった。現在は、高度化高機能化のスピードはますます速く導入即戦力化するためには機能発揮できる専門分野特化したプロの人も一緒に導入し、機能を発揮させまがら、専門プロに、OJT重視の訓練で社員を複数同時にそだてるしくみにすれば、最新を全社に波及徹底できるスピードは上がります。
派遣形態が、ハードは社内のものを使う場合、限られた分野に特化した専門性を磨いている派遣人材、最新ハードと一緒に機能を発揮できる専門人材を「請負」型で派遣する方式が人材アウトソ-シングの主流になってきました。社員に登用しても限られた分野では、実務と幹部的素養を持つために契約社員や正式社員へ採用される紹介型派遣も主流になってきました。

派遣人材が専門資格を持ち、人材としての基本素養を備えた戦略的な人材育成のしくみを持つ人材派遣企業を活かすと、社内の部署に必要な人材を多数、実務能力を社内教育以上に出来る確率は高い。社員を補完する人材として、全国展開するとき役立ち、人もリース的要素を持ています。

 

 

商品一覧