開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

調査報告書・書籍(発行元直接注文)

■調査報告書・書籍(発行元直接注文) 081228

智慧で成長>調査報告書・書籍(発行元直接注文)






 

 調査報告書・書籍(書店へ直販型)を企業別に紹介。

 ◎ 注文は直接その会社へお願いします。

 


  
◎参考 市場に関する智慧本 


 ■専門事典(統計、白書、
アンケート)

 

 ■専門事典(市場)

 ■業界の基本常識


 ■業種別審査事典
 

 ■調査報告書・書籍 

 ■企業団体名簿


 ■業界地図・企業データ・市場関連
 

 ■マーケティング

 ■営業善循環
  (ホスピタリティ・不易)

 
 

 

 





更新 2008.12.29

  ↓クリック


□矢野経済研究所      

実力と実績のビジネスソリューションプロバイダー
「自社の競争環境の現状や将来像について、しっかりと把握しておきたい」「厳しさを増す市場環境において、説得力のあるビジネスプランを描きたい」
ビジネスの最前線では、このようなニーズが以前にも増して高まっています。 時代が急速な勢いで変化している今日の経営においては、自社のおかれた競争環境を多角的・構造的に理解し、 自社の強み・弱みや、市場における事業機会や脅威について的確に分析し、戦略の立案、実施に活用していくことが、 ますます重要になってきています。
また、本格的な選択と集中の時代を迎え、 信頼性の高い市場情報、企業情報を土台とする、堅牢でオリジナルなソリューションの構築が、 事業の成功はもとより、サバイバルの重要な条件となってきています。 まずは私たちにご相談を!!
勝機は、市場からのチャレンジに対してアクティブに具体策を 構築することから見えてきます。
        

○事業内容
矢野経済研究所が当該産業のエキスパートの視点でタイムリーなビジネステーマを設定し、 マーケットレポートを企画・制作。幅広いお客様の層に提供。特定ビジネス分野の市場規模、企業シェア、将来予測、 メジャープレイヤの動向等、マクロやミクロの視点から当該テーマを総合的に調査・分析。 年間約250タイトルのスケールでビジネスの変化を先取り。

・産業総記
・食品・飲料
・繊維・衣料品
・建設・住宅
・資源・金属
・化学・ゴム・紙
・機械器具
・電気・電子機械器具
・その他製品

・商業
・金融・IT・マスコミ
・理美容・レジャー・飲食
・教育・医療
・複合的産業・新産業
・韓国語版
・英文版

・特別企画調査資料

○会社概要
◆本社  〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2 中野坂上セントラルビル
      代表電話番号 03-5371-6900
◆設立 1958年
◆資本金 2億円
◆決算期 3月
◆従業員数 171人(平成19年3月末日現在)
◆加盟団体 日本マーケティング・リサーチ協会
                          

マーケットレポート


矢野経済研究所が当該産業のエキスパートの視点でタイムリーなビジネステーマを設定した マーケットレポートを企画・制作し、幅広いお客様の層に提供。特定ビジネス分野の市場規模、 企業シェア、将来予測、メジャープレイヤの動向等、マクロやミクロの視点から当該テーマを総合的に調査・分析まで。 年間約250タイトルのスケールでビジネスの変化を先取り
 

◆産業総記

産業総記、産業政策、総合開発、経営戦略、企業経営、
年鑑、統計、便覧、学会、団体、研究機関
 

◆食品飲料

農林水産業、食品、飲料
 

◆繊維衣料品

繊維、繊維製品、衣料品、服飾雑貨
 

◆建設住宅

建設一般、各種工事、住宅、建材、住宅設備機器、家具装飾品、
建物不動産、都市開発地域開発
 

◆資源・金属

資源エネルギー、窯業土石、鉄鋼鉄製品、非鉄金属、
金属加工金属製品
 

◆化学 ゴム 紙

紙パルプ、ゴム、プラスティック樹脂、医療品化学薬品、
化粧品トイレタリー、その他化学品
 

◆機械器具

機械一般、一般機械器具、特定産業機械、装置、一般産業用機械装置
事務用サービス用民生用機械器具、精密光学機器、医療用機器用品
その他の機器部分品
 

◆電気 電子機械器具

産業用電気機械、家電電気器具、通信機器音響機器映像機器
コンピュータ同周辺機器、コンピュータシステム通信システム
電子応用装置、半導体IC、電気電子部品部分品
その他の電気電子機器
 

◆その他製品

宝石貴金属、娯楽スポーツ用品、文具事務用品、印刷出版、
生活用品、複合産業、新技術産業
 

◆商業

商業一般、卸売、小売、無店舗販売、その他の商業
 

◆金融 IT マスコミ

サービス一般、運輸倉庫、金融保険、情報処理情報提供
通信サービス、新聞放送広告、賃貸整備修理、協同組合
 

◆理美容レジャー飲食

理容衛生、宿泊施設、レジャースポーツ施設、
映画演劇音楽、外食産業
 

◆教育医療

教育、医療保険
 

◆複合的産業新産業

専門サービス、その他事業向サービス
 その他個人向けサービス
 

◆英文版

英文版調査資料
 

◆特別企画調査資料

特別企画調査資料
 

 


□富士経済

富士経済グループは、昭和37年(1962年)に株式会社富士経済を母体として創業。
東京オリンピック開催の2年前にあたり、まさに国を挙げて復興に取組んでいた頃と重なります。以来半世紀に亘って市場調査会社の草分けとして努力発展。

創業当時の日本は、石油コンビナートが各地に建設され、石油関連製品の市場導入が
相次ぎ、マーケット開発が急務の課題となっていました。この社会の要請に応えて、フィールドマーケティングリサーチという新しい調査手法を取り入れ、各企業の製品開発、市場開発に多くの実績をあげてきました。さらに産業社会の成長とともに、食品、医薬品市場など消費財マーケットから生産財マーケットまでの、幅広いニーズに対応して今日に至りました。

○事業内容
富士経済は1962年の創業以来、半世紀に亘ってマーケティング会社の草分けとして発展してまいりました。創業当時の日本は、石油コンビナートが各地に建設され、石油関連製品の市場導入が相次ぎ、市場開発が急務となっていました。私たちはこの社会の要請に応えて、フィールドリサーチという新しい手法を取り入れ、クライアントの製品開発、市場開発に多くの実績をあげてきました。さらに産業の成長とともに、食品市場、医薬品市場などの消費財マーケットから、生産財マーケットやサービスマーケットまで、クライアントの幅広いニーズに対応してまいりました。
・業界動向分析   ・新製品問題  ・市場動向  ・新市場開発 ・ユーザー分析
・受託調査
目的に応じた自由な調査設計から、調査、報告書作成、最終報告会まで、個々のお客様の要望に即したリサーチが可能です。
事業領域別に専門組織体制を確立しています。

○会社概要
◆創業日 1962年6月23日
◆ 資本金 1,000万円
◆ 社員数 188名 (2008年12月現在)  富士経済グループ 348名

 


 
●マーケット情報
  

 多種の業界の活動具体情報が閲覧できます。

 ●レポート紹介
















 


◆新刊レポート

◆刊行予定レポート

◆フード・フィードサービス

◆ヘルスケア

◆医薬品

◆化粧品・トイレタリー

◆メディカル・ゲノム

◆情報通信・ネットワーク

◆電子部品・電子機器

◆制御機械・産業機械

◆自動車・物流

◆環境

◆エネルギー

◆建築土木・住宅設備

◆ケミカル・プラスティック

◆その他

◎レポート一覧

 

 

 


□(株)日経BPコンサルティング 

○事業内容
1.情報通信、電子機器、医療、建設の技術に関するコンサルティングおよび調査研究
2.経営、新商品の開発に関するコンサルティングおよび調査研究
3.マーケティング・リサーチおよびマーケティング・リサーチに関するコンサルティングおよび代行
4.前各号に関連する情報の提供ならびに刊行物の出版・販売

○会社概要
◆設立 2002年3月1日設立年月日
◆本社  〒108-8646 東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー4階
◆資本 9,000万円    ◆株主 日経BP社100%出資
◆決算期 12月      ◆従業員 70名(2006年12月現在)
◆加盟団体(社)日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)賛助会員

◆調査報告書・書籍

・ブランディング・プロジェクト
・日経マーケット・アクセス調査報告書
・携帯電話
・Webサイト・ユーザビリティ評価調査
・雑誌など各メディアとの共同調査
・その他

 

 


 

商品一覧