開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

太洋興業

■太洋興業      081208

植物工場・栽培養殖漁業2008>太洋興業

 

◎2008.12.8 民事再生手続きを申請
 ジャスダック上場が2008.12.9廃止されました。

日本の21世紀型農業革命の先端を行く前に、倒産した企業の事例。
先端事業部門だけ、MKVドリームで継承され、一部の社員も移動し、
新たな事業展開が始まっています。太洋興業は「人と自然との調和と繁栄」を
目指しています。

  ○太洋興業の ナッパーランドネット はMKVドリームで継承発展が
  始まりました。

  成長過程の継承を感謝しています。
 

     
倒産した太洋興業は
1949年設立し、「人と自然との調和と繁栄」を目指していました。
お客様へのきめ細かい対応事業展開の中でプラスチックの
用途開発から農業・包装・土木分野へ業態を拡大進化を続けていた会社。

1995年には葉菜類養液栽培システム「ナッパーランド」の販売を開始
1999年には天然有機物を培地とした養液栽培システム「ルートリッチシステム」の
販売を開始
2002年には安定した苗生産を目的とした、人工光・閉鎖型苗生産装置
「苗テラス」の販売していました。

再生プラスチックの活用はもとより生分解性プラスチックを素材とした
農業資材の開発、地球環境にやさしい 包装資材、土木・建設資材の
開発など、多彩な分野への貢献を可能にしています。資源循環型
社会に適応する商品、どなたにも扱いやすい商品の提供を目指し
事業展開していました。

2008年12月8日 市場の成長段階に入る前の開発段階で倒産しました。



●破綻の真因と働いていた社員の皆様について  
 20世紀型経営(同族上場、オーナー型経営、経理システムの遅れ)
 実戦による長期の時間をかけ次代先行型開発が進み、いよいよ日本国
 農業自給が政府主導で動きはじめ、植物工場の機運が高く、国内市場
 が成長をはじめる段階での破綻です。目先利益優先でスピード経営への
 キャッシュフロー資金脆弱なしくみが一因です。経験体験型汗を流す主義
 の人材が多数成長していました。戦略的人財を短期で育つ土壌を持つ企業
 でした。しくみシステム活用型人財と整合すれば労働生産性時間生産性も
 緊急体制により人が変わる可能性が高い企業でした。

 ●植物工場が規模拡大した段階で、通る道を切り開いた太洋興業の
  移動できなかった社員の皆様の蓄積した各自身に着けた知恵は、
  多くの企業の成長段階で必要になります。
  太洋興業の社員の皆様が 21世紀水を得た魚の如く、活躍を
  祈念しています。




◎創市場・創客戦略の必要性を実証する事例の一つです。

同じ事業が、事業継承後の企業が時代の潮流の乗ると急速に安定成長
が始まります。臨床ノウハウ豊富な企業が、三菱グループの中で、独立
企業時代と異なり、急速に開発機能、生産機能、販路拡大機能が総合的
に活かされてきます。

植物工場に必要な標準化システムが進化が加速を始めてきました。




□2008.12.08 倒産後、事業の他社の継承の推移。


      ↓クリック
MKVプラスチック:現在の社名 MKVドリーム三菱化学三菱樹脂傘下。)

  農業資材事業の再編の一貫として「太洋興業」の農業ハイテク事業
  の譲渡契約を結んだ

                      2009.05.18日刊工業新聞より

 ●一部事業の継承先が決まりました。 MKVプラスチックに感謝します。

  
太洋興業の農業ハイテク事業所属社員は、譲渡会社へ移動できました。 
  現在活躍を始めています。感謝しています。 




◎2010.01.12
 
MKVドリームの親会社三菱樹脂の経営統合企業の
三菱化学
 40フィートコンテナパッケージ化した「コンテナ野菜工場」を開発し、
 本格的な販売を開始。
 既に中東カタールへの販売が決まっています。




更新 2010.01.25  

  太洋興業のサイトが閉鎖されました。


 植物工場へ参入企業の事業展開時、綿密な計画と着実な実行。
 常に創市場、創客戦略が重要です。商品単価の安い業界、回転率戦略、
 リピート金額を高く望めません。高単価企業の参入時留意事項。

 大量消費客へのコスト破壊の競争激化を想定して、参入時から体制づくり
 が重要になります。ほとんどの企業がゼロからの出発です、成長スピード
 はMLVドリームの事業展開の如く資本力があれば想定以上の速さで、
 新規事業の販路拡大を構築できる時代であることを留意することが
 成功の分水嶺となります。


 


       ↓クリック                                       ↓クリック

□太洋興業



 

◆会社概要・沿革

◆あいさつ

◆事業所

◆環境への取り組み

●IR情報

●関連会社

 

◇トピック

◆技術情報

◆過去の新着情報

 

◇農業資材部門







 

・減農薬栽培を可能とする資材の創造と安定供給
・環境に優しい資材の創造と安定供給
・栽培農家の健康を考えた快適資材の創造と安定供給

◆主な商品構成
農業ビニール、農業ポリエチレン、農業ハウス鋼管及び関連部品、保温資材、ネット類、各種支柱、栽培関連資材

□農業資材商品

◆農業資材商品紹介

◆畜産商品紹介
 

 

◇農業ハイテク部門


















 

・高収益と効率を求める農業経営を実現する養液栽培システム、ハウスシステムなどを開発。
・「生産者から経営者へ」を実現します。生産者の労働環境と消費者の安全志向にもお応えしています。

◆主な商品構成
長期展張用硬質フィルム、養液栽培システム、人口光閉鎖型苗生産システム

□農業ハイテク資材商品

◆養液栽培
葉菜類用、新方式周年栽培システム

◆ハウス(作成中)

◆長期展張フィルム
長年実績のある太洋オリジナル硬質フィルム

◆苗テラス
人工光・閉鎖型苗生産装置

◆関連資材
養液栽培の排液処理の必需品
硫黄、カルシウム系無機質、硝酸性窒素 処理剤
・IT化する農業経営の効率アップ
温室栽培サポートシステムOpen PLANET ナビダス
四国電力/太洋応用商品 

 

◇建設資材部門






 

・廃棄物最終処分場の建設、維持管理のプロとして提案・設計・工事を一貫して行い、信頼性の高い技術をシステム的に提供。
・道路、河川、土地造成など社会資本充実を図るための資材と工法に独自のノウハウを持って対応し、計画・設計段階よりご協力。

◆主な技術構成
廃棄物最終処分場の建設、補修、管理
土構造物の補強、保護、排水、遮水
緑化、水質対策等の環境技術

□土木・建設資材商品
 

◇包装材・合成樹脂部門






 

・丈夫で機能性に富み、地球にやさしい。
・人の心を包み自然との調和を目指します。

◆主な商品構成
●樹脂包装材
タイヨーパック、サンボードン、サンバッグ、フラワー関連商品

●合成樹脂・素材
ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステル、プラチナフォトン商品

□包装材・合成樹脂商品
 


ナッパーランドネット



 ◎内容が整理理解し易い
















資材とハイテクノロジーをもって農業技術の確立ち農業経営構造の改善を目指して活動しています

 

◎MKVドリームが継承し発展進化が始まっています。

    同じhttmサイトを継承いただき感謝しています。

苗作りから出荷までをトータル的にご提案する、
アグリビジネスのポータルサイトです。

アグリビジネスで成功する太洋興業の一貫生産

美味しく安全な作物を市場に出荷しアグリ(農業)ビジネスで成功するためのキーワードは、「環境保全」「品質向上」「低コスト」「最新技術の導入」。苗作りから栽培、出荷までの全過程の資材を唯一提供している太洋興業は、生産者が求める資材はもとより全過程でのノウハウも提供しております。

◆苗作り 「苗テラス」
・人工閉鎖型苗生産システム
 種苗生産者もベテラン農家も注目する健苗作り
 

◆栽培  「ナッパーランド」
・葉菜類用養液栽培システム
 生産工程・コストを見直し、安定経営を実現する養液栽培
 

◆出荷 「サンボードン、タイヨーパック、サンティエラ」
・袋容器から環境にやさしい新素材包装材まで
 食のマーケットに最適な包装形態を提案。
 

 

○日本農園芸資材研究会

  中村社長が研究会会長

 ◎研究会の最近の活動は
  更新されていないようです。










 

◆研究会について(要覧)

◆あいさつ

●会員名簿
 

◆園資研情報
 

◆簡易組立式 育苗ベンチ
用 途
@果菜類の育苗のベンチに
A花の栽培(鉢物)のベンチに
Bイチゴの育苗のベンチに
C乾燥芋の天日干しのベンチに
D魚の干物の天日干しのベンチに
Eその他

◆人工光・閉鎖型生産装置 苗テラス
 pdfで資料を閲覧できます。
 

 

商品一覧