開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

創市場創客実現の「知行一致量」アップの方向

■創市場創客実現の「知行一致量」アップの方向
                                
081121

 A志援人材人財の価値基準>創市場創客実現の「知行一致量」アップの方向






更新 2009.12.25


企業の未来・未知を拓く創市場創客を実現する
知行一致量=総能力量(知量×行量)をアップする方向(ベクトル)のための
要素を付加し続けます。

創市場、創客を実現するための知量、行量をより高くする方向(ベクトル)として
役立つ要素を継続的にコンテンツの追加をします。


◎縁ある外部力と、内部の部門間連携を「もうちょっと」全体最適を探求し、
その進化した総能力の違いを、評価されるための必要な創客と創市場のしくみ
システムが連動しはじめると、想定以上の業績変化がはじまります。

机上では200%以上の事業計画でも、外部環境のマイナス要素が強い時代は
現実は130%以上の業績変化でさえ達成する成功確率が低くなってきました。

業績を変化格差は あなたの取り巻く環境の中での知量、行量のバランスと、
そのときの外部環境、内部環境のプラス・マイナスにより、ふさわしい行量修正
が必要になります。

                 ↓クリック                              
           ◎
「創造的マーケティング」の知行の熟練度が必要条件です。   
  





◎知量と行量 創市場・創客について


原理1.人・組織の知量(ゼロプラスorゼロマイナスを周囲から付加されて初まる)
    を活かして
    人・組織の固有の価値基準と比して一定量を超える行量になると
    と行動・実戦を行う。(知量を100とすると行量は100以下で、通常は60以下) 

    人の価値基準とは あるテーマを実現できる成功総量の100%を超えても行動せず、
     何もしないため、成功は、机上だけ、現実の変化ゼロの状態。  
     まだ40%以下でありながら行動した場合は、成功しない確率が高い。
     その成功しない体験のマイナス量が負荷され、やることがムダという思い込みがはじまる
     確率は高い。経営陣の7割が占めると、先入観を持たない、若い人財候補世代、制御人財
     が出現まで新潮流への変化が出来ない確率は高くなる。

     個人組織の推進総能力量(知量)とリーダーの価値基準による行量との相関性が高い。

  
◎知量は プラス無限(正行動領域)からマイナス無限(負行動領域)範囲で存在する。
    ・プラスの場合宇宙観、地球観、世界観、国家観、その他で基準は違う。
     人が傍(全ての環境)を楽にさせることはプラス無限。

    ・マイナス無限の場合は、人の生命を断つ、宇宙を破壊する等負の方向を採る場合です。
           マイナス方向を増加させる場合でも その個人・集団はプラスの行動をしている価値基準
     です。

  ◎正しい行動とその人は判断しているだけです。全て相対比較で善悪が決まるだけです。
         他の個人・集団から観るとマイナス領域の場合、何か変だと感じるだけです。
        
           

 

原理2.テーマ解決の知量>>実行する時の可能知量(A)>=現実の行量

    人・組織は「未知のテーマ」を解決するための総知量を超えることが必要条件。
     「未知は、現在の知識智慧の次元を超える場合が多く、解決に必要な要素を多面的に
     準備し、準備し過ぎることはない。(次の「未知のテーマ」解決時に役立つ想定で揃える。)

     「過去の知量」+「未知テーマ解決のプラス知量(プラスα)」が一定量(A)を越えたとき、
     実現の確率は高くなる。

     ただし「未知のテーマを超える知量」が付加さるために、実戦時の行量と、実現内容の
     乖離差を明確化して、明確化された知量を追加しなければならない場合が生ずる確率が
     高い。   
  

 

原理3.テーマ解決の知量が60%以上達成した確率が高くなった場合は
    実戦を始める。(範囲を限定したテスト実戦から始める)

      知量から想定した目標の行量時間管理と、結果の乖離差を明確にして行量のレベル
       アップに効果的な知量を重点に付加を続ける。
       テーマ解決の知量の40%の不足分は実戦しながら、解決テーマを探す方が、机上で
       時間をかける場合より時間短縮して達成するだけでなく、40%の中味以上の事前想定
       できない、知量、不要な知量が具体的に明確化でき、テーマ解決の確率は加速度的に
       高くなる。
      

 

原理4. テーマ解決が新規事業の場合は、必要な知量を準備することと
          並列して限定エリアで新業績基盤可能性のための創市場、創客を
     計画的に行動を始める。     

     
業績低迷時の、自力本願で業績回復できる能力は、計画的に顧客、固定客数を増やす
       能力を持つことが最優先です。企業の成長と人と相関性が高く、総人件費のアップが
       人の成長に関して現状維持低下はできません。成長に対して人件費のアップは必要
       条件で、新規顧客で補完するしくみシステムが必要となります。
       コストダウンは限界がある。(必ず労働時間を経費換算すると総経費が、コストダウンより
       多くなる分岐点がある。)
       ファイナンスはバブルでありプラス、マイナスが多く、世界に関係するとマイナスが
       多い時代も発生し、その時の経営陣の運次第です。
       ブランド力はハロー効果であり、時代の企業評価に応じてプラスがマイナスになる場合が
       ある。
       強い勝ち残る企業になるためには 創市場・創客の侵攻深耕は実態で観る方がよい。
       ただし、コストダウン、ファイファイナンス、ブランド力はプラス効果を発揮するように別管理
       とし、常に業績のプラスになるようにする方がよい。


     例、新ホテルオープン時には、月次の損益分岐点黒字にする予約客を確保する。
       系列ホテルがあれば、オープン時を想定して、しくみシステム、現場人材を徹底養成し、
       設立準備室は経営戦略、創市場、創客の人財が、全社の最高ノウハウ以上の知量を
       追加し、他ホテルとの微差の違いを演出できるようにする。
       オープン時から、平常稼動ができ、損益分岐点までの月次黒字化できる顧客数を
       6ヶ月以上1年先行で予約のリズムをつくる。ただし、取消も想定して130%以上の受注
       確保量が重要です。年間イベント計画、メニュー、顧客管理、調達等しくみシステムの
       行量の目標乖離差の付加知量をすればよく、成功確率は高くなる。
       予約時の、過去活用のホテルの「もうちょっとあれば・・要望」を聴き、机上の計画の
       プラス要素として活かす。 

       売上は顧客数と相関が高く、部屋の客単価は、客室数の6割以上を占める部屋の単価
       で計算する。先行3ヶ月内の月次の数値との乖離した場合、客単価の高い部屋の受注
       会議イベント等での集客で客数は少ないても売上が確保できる方法を採る。

       1度来訪客がまた来たくなるリピート率85%以上のカイゼンは、ブランド力のアップハロー
       効果となり、多忙になると個人の業務効率アップが始まり、個人の限界に応じてしくみ
       システムを追加し、段階的にカイゼンをする。しくみシステムにより、段階的コストダウン
       もカイゼンをする。先行受注の成約確率が高くなり、善循環が始まる成長段階へ進む。
 
       ホテルだけの価値向上だけでなく、周囲の環境価値、次の行動のプラス情報等相乗的
       プラス価値を創る。

       年間の月活用の累計計画で年間活用数予約による割引、会員割引等の先行予約を
       確保する。月ごとに新規客を増やす戦術の工夫のしくみシステムを早期に構築する。     

      初期は訪問可能な限定エリアでの多面的創客の仮説(先人の智慧の集約)で実戦する。
       訪問行動により、その他の情報の効果度合及びカイゼン情報を短期で体系化する。
       体系化した内容に基づき、創客数を月別目標数に近づけるために、エリアを拡大、
       Webの活かし方のカイゼン等広域型も併用をする。
       オープン前6ヶ月になると連携エージェントをホテルの正確に合致するところに絞り
       エージェントとの連携のしくみシステムをつくる。できた段階で、他のエージェントも
       同様な信用維持可能なところだけ取引を開始する。よいエージェントの客相はよい相関
       があり、よい固定客数を80%以上にするためには必要条件となります。
       よい客相はよい客相が集まる善循環が始まります。最初の価値基準が重要となります。

       観光バス、鉄道、飛行機の連携、パック、推奨観光地のコース、観光地等、見学先との
       連携等集客を、自力だけでなく連携し共に豊になる戦術は安定集客となります。

       会議室、宴会場等、ホテル規模、場所に応じて、客層の重点60%以上の基盤客を
       絞るのも月次損益分岐点を超えるために必要な場合もあります。特に業務動線を考慮
       し、毎日の業務効率が熟練化で短縮できるようにした設計と、お客様利用動線を考慮
       した、ちょっと他ホテルより便利、効率的、素晴らしいという演出を建設時に建設側と
       運営側と事前打合せ、完成4ヶ月前の最終微調整が重要です。
       
       室内の設備、備品、照明(LED化等 ビジネスホテルの約8割は仕事のし難い照度不足)
       等、ICT時代への対応、省エネ対策を見える化演出等、食事もパーツ型バイキング方式
       カロリー見える化、塩分見える化等健康志向への演出等、ホテルの「隠し味」演出も
       お客様の価値基準の相関させて変化できる機能を準備して置くことが重要。
       
       ローコストで、他との違いがわかりやすい演出事例
       ・ご飯 日本で一番美味しい米を探し、農協直接購入ルートを創る。(誰でも食べれば
        違いがわかる。特に若い世代が多い、研修センターの場合、食べ放題にして、
        たの料理は、シンプルにしても、満足度は高い。
       ・前菜、漬物は 地場の特産、日本の美味なものを見える化して演出する。  
       
       朝食の演出がホテルの微差になります。また特に連泊時が重要な格差になります。                                     
  

原理5. 高品質、高い業務効率な新業績基盤を構築するための方法は、
          想定以上の創客により、想定したしくみシステムの総能力、想定
          人材総能力を越える、多忙な状態を平常の状態にする演出をする。


      人・組織は多忙さが、限界に近くなると、逃げるか、カイゼンに挑戦するかの2極分化する。
       逃げる人材は、他部署への配置転換したり、その組織から早期に移動させる。
        配置転換できない場合は、定型業務か個別の業務にまわす。限りない良貨追求の
       人組織に計画的に成長させる。妥協しないことが、多くの新業績基盤を構築する制御人財
       を増殖させるトリガーとなる。外部の進化を自社に採り入れ、自社の新ノウハウを構築
       できる人財の数を一定期間内に成長できるしくみを構築するためです。
       妥協した部分が将来の人財分散、自社の分散、倒産の真因となります。
       次の未来のしくみシステムを活かしけることのできる役員候補人財、実務能力が不足する
       役員の黒子ができる制御人財を常時養成しておく。

       業績低迷時の、業績回復できる能力は、計画的に顧客、固定客数を増やす


原理6. 原理5に属さない人材は、担当業務ごとのしくみシステムを全員徹底
   を目標とした、戦術、戦闘、組織運営を重点の成長のしくみを構築する。    
専門分野を追求するグループ、多くの部門、組織運営の重点をおくグループ、拠点移動型
      は社歴に応じてローテーション型で、自己申告、上司、同僚、部下評価に基づき熟練度を
      付加する。特に派遣業務に関しては、全て体験した、派遣社員が異常時(人の変更、退職
      休み等)は、即代行できる人材。派遣業務の教育(導入ランクアップ)ができる人材を養成
      し、社内に最新のノウハウが常にマクロマクロな段階まで進化継続できるようにする。
   
     


原理7. 役員は、年収に応じて、6ヶ月間隔で、新規業績貢献客(自社顧客は除く)      を創る目標を設定し、未達成の場合は、年収の減額と、決算時の役員
           報酬をマイナスとして、その累計金額は、投資計画予算(しくみシステム
     カイゼン費用も含む)に組み込むようにする。

     目的は戦略の精度を高めるためです。企業環境が厳しい時代の役員は 業績不振、赤字
      体質を短期で社内を変えなくても、売上を創る能力が必要条件です。
      売上を創り社内が多忙体質になると社内カイゼンが始まります。
      業績好調時の評価が高い役員は、業績不振、赤字の時、社員(特に拠点長部門長)、他者
      責任をとらせるだけでなく、自ら戦略の不適切さに対して役員個人が責任を採り、自力本願
      で短期黒字化のための売上増の方向へベクトルを切り替えるトリガーとなる実力を持つ訓練
      を平時からしておく必要があります。自分の担当業務を通して、常に新規客の増加を計画
      的に実施し(部下の一部人財を養成目的で特命方式で活かす)1年〜2年、5年等長期も
      含めて先行で準備しておき、業績緊急時短期で見込み先を顕在化させる。
      5期以上未達成の役員の場合は、役員交代の指標する厳しさがなければ、慢性赤字企業
      特に中小企業の黒字化はできません。
      役員陣は社員の業績目標未達成差額を、期間ないで埋めることができる緊急時の創市場・
      創客の機能能力を常時準備進化させておき、役員評価はその結果で成果型報酬格差を
      プラス・マイナスでつける。(右肩上がりの時代の年俸型にプラス・マイナスさせて総役員
      報酬の上限を抑える。)

      
      ◎最善の業績基盤は 長期に渡り、率先垂範共に成長した固定のお客様を美田にし常に
       育てて組織を持つことが着眼です。

    
                       ↓クリック
      
「事業善循環への活かし方」を自社流に加工し構築をお薦めします。
       


     
 

 
更新 2011.11.16
   


■創市場・創客のための日常行動

 

 
□創造的マーケティング







 

◆0対象顧客の設定

◆1顧客の状況把握(テーマ)

◆1顧客の状況把握(読む)

◆1顧客の状況把握(顧客の声を聞く)

◆2顧客課題把握(想定)

◆3課題解決の立案

◆4提案の実施

◆5提案実施後の評価と対応の検討
 

◎事業善循環への活かし方(会員組織)
 


□営業関係知識項目スキル
熟練度







 

◆「契約力」の実践強化
  
●契約率をアップする商談  
 

◆CSと営業の役割 

◆有効面談時間を増やす着眼

◆1人当たりの営業利益(稼ぎ高)を高める

◆新規開拓行動基準 例

◆シグナリングの感度を上げる

◆成約率アップは技術者センス営業が必要条件

 ◆創客は「ホスピタリティ産業」から学ぶ

 

 

 


■創市場・創客のための勝つしくみシステムを最新化

●創市場創客の具体策事例  

  

□テレマーケティング
(安定業績基盤構築のしくみ)



 

21世紀テレマーケティングとしてのコールセンターやコンタクトセンターあるいはネット通販といったキーワードで代表される顧客と企業、企業と企業のコンタクト手段は、「IT技術の進展によって、より効率的に、より快適になり、私たちの暮らしに欠くことのできない存在になつてきました。

◆コンタクトセンター関連情報
 ・テキストマイニング
 ・セールスフォース・ドットコム
 

□創市場(新市場)製品商品を探す

○新客を探す
 

市場調査の実績のある企業、それぞれの固有の専門技術違い、 内容の精度の違いを集中的に比較検討する参考情報 よりミクロの情報を追求できる体制と、蓄積した豊富な継続的マクロ固有情報を自社に保有している情報源企業に選別しました。掲載企業より、生データ入手し加工型の企業は掲載しませんでした。
 


□創市場創客事業業績基盤






 

生き残り、勝ち残るための企業業績基盤を構築するために「創市場」は永遠のテーマ。
「創市場」能力を常に進化させ、最適化を目指す方法の中で、外部の智慧の進化成長が速く、外部を活かす方が自社の成長スピードを加速できる分野に絞りました。
各業界ごとに企業の存続目的を明確化し、企業使命に応じた、提供ノウハウは一社の成長スピードより速く、世界標準以上に専門性、総合性ノウハウは成長している。
常に、自社内では想定外の業界の進化を確認するために、「業界大展示会活用情報」を活かし、現在の進化内容を常に把握し、自社の進化のスピードを上げていただきたい。
創市場を実現する上で、自社だけで構築する時間が長く、アウトソーイングの方が、自社最適追求できる業界を重点に、最先端グループのノウハウを重点に、業界の情報を掲載します。
 

□首都圏地域侵攻侵攻具体策




 


競合他社の激戦地域、高度なレベルでの競合エリアである首都圏を事例に、自社の地域及び周辺エリアでの具体策応用展開情報として役立ちます。

2011年の映像放送デジデジタル化ICT戦略、地方分権、道州制等の移行段階での地域密着CATVの急激な進化を自社事業に取り込む戦略が重要な段階になってきました。
(過去の経験のない分野が創造されてきます。)

 

□マーケティング支援機関

 


プロの「マーケティング支援機関」との連携が社内人財の成長の加速剤効果が高い確率の時代に入りました。自力だけの成長スピードでは、資本力の潤沢な競合他社に短期で追い抜かれる時代に入りました。
 

 

 


■創市場・創客を推進するための基本素養 
 

□管理の基本機能




 

◆勝ち抜くビジネス手法

 ●体系的にものごとを捉える理論武装

 ●分析力をアップさせる理論武装

 ●経営革新に関する理論武装

 ●品質革新に関する理論武装

 ●発想を広げる理論武装

 
◆経営連携による強い企業化に関する理論武装
    ●技術経営(MOT)系専門職大学院協議会
 

 □「コア・コンピタンス」の明確化


「コア・コンピタンス」とは自社の中心、つまりコア(核)が何かを明確にする。営業担当は「売り物」を思い込む程度まで身に着けることが重要です。

 

 □ISO、認証を活かす
「強い会社」つくり






  

 

世界標準以上のしくみシステムを構築し、短期で多数人材
を育てるしくみの構築、常にトレーサビリティプロセスを明確化
内部監査で、カイゼンを継続させ、業務の品質スピードを常に
レベルアップさせる。

◆ISO監査の評価事例

 

◆ISO定着で経営組織が変わる
   
●営業部門のISOを活かし善循環組織へ 
 

◆ISO管理項目の数値化テーマ   

◆認証関連機関を知る
 

◎日本の国際標準化戦略
 

□業界大展示会を活かす












 

情報洪水の中で、選択する場、知識と現実の融合の場であり、「創市場成功」の分岐点は  業界の大展示会(短時間で多くの相対比較が可能な場)への出展または参加も一つです。
計画的行動を採れば、「創市場」として費用対効果が必ず上がります。
”あなた”のような業績責任者ほど、直接三現主義(現場・現実・現物)を実践し、間接情報だけの机上の内容だけでなく、最終決断することが重要です。

◎展示会にあわせた1年計画での格差を主張できる製品商品開発。そのときの競合他社の現状把握、拮抗した競争企業の進化をベンチマークする必要があります。(国際的な規模と、出展企業の質と多さ、見学商談のしきみがある方が費用対効果は高い)
業界変化の激しい場合は、ノウハウ守秘型で、自社の殻に閉じこもる「一生懸命」は他社の最先端進化に取り残され、気づいたときは「ゆで蛙」、企業存続さえ危うくなる企業が増えてきました。

◎役員、営業責任者層、機能開発責任者層、生産開発責任者層は、積極的に継続参加する企業は加速度的に増え、展示会のしくみシステムも運営のプロを活かし活発化時代がきました。
 


□先人の智慧「企業の博物館・
史料館」








 

世界と競合する企業、人は業績貢献を数値で管理され時間生産性が要求される21世紀は企業や人から教えられる受身の姿勢はやめ、教えられた範囲は環境の「運」と捉え期待せずに、自力で不足部分の価値判断のレベルを上げる方が成長確率が高い時代になりました。

◎ホームページの沿革、歩み等も一部ですが 表現できない企業の明確な違いを史料、歴史を立体で伝える場として、ブランド力のある定評の固有技術を明確に公開し、お客様化、人材の採用、効率の良い社員教育等複合的な目的で充実した「企業の博物館・史料館」が急激に全国にできてきました。すばらしい機会を準備してくれています。チャンスを活かし接することをお奨めします。

 

□日本の産業企業の
成長過程







































 

◆業種別法人申告所得上位30社(1970〜2006) 
 

◆テーマ別時代の変化(1970〜2006)
   ●業界編成変化への対応(1980〜2011)

 

●業種別上位ランキング定点ベンチマーク素材
  ・電気機器 ・情報通信業 ・機械 ・精密機器 ・化学
  ・建設 ・その他製品 ・輸送用機器 ・広告ディスプレイ 
    ・水産農林業 ・食料品 ・卸売業 ・調査コンサルタント
      研究所
  ・その他サービス ・金属製品 ・医薬品 ・教育関連 
  ・レンタル、リース ・倉庫、運輸関連業 ・繊維製品
  ・警備、ビルメンテンンス ・電気・ガス業  ・陸運業
    ・レジャー
  
  ◆業界先導企業グループ
  ◆太陽電池、風力発電等
  ◆機械関連
  ◆自動車部品関連
  ◆食料品関連
  ◆化学関連
  ◆繊維製品
  ◆ガラス・土石製品
  ◆非鉄金属
  ◆電子部品関連
  ◆蓄電池
    ◆新聞社
  ◆地域型CATVの存在価値発揮エリア1 
   (北海道・東北・東京・関東・信越)
  ◆地域型CATVの存在価値発揮
   (北陸・東海・近畿) 
  ◆地域型CATVの存在価値発揮
   (中国・四国・九州・沖縄)
  ◆コミュニティCB
  ◆冠婚葬祭
  ◆マーケティング支援機関
  ◆水素・燃料電池
  ◆農業機械化関連
  ◆機械関係の進化
  ◆FAX情報サービス
  ◆水処理・水浄化・水ビジネス

◆専門学会の活動内容から学ぶ
◆業界団体の活動内容から学ぶ
◆環境に関係する活動から学ぶ
◆漁業に関係する活動内容かた学ぶ
 
 

●元気なモノ作り中小企業300社
 

◆経営は環境適応業 
 

◆グローバル競争を勝ち抜く業界再編 
 

◆日本の国際標準化戦略

●新事業展開時のインフラの進化
   関連コンテンツ参照


 

□新製品・新市場開発のための情報

 

新製品・新事業開発のための情報を観える化し、自社検討時の発想の枠を拡げる情報を重点まとめます。

21世紀に着実市場で成長をはじまたテーマを各種整理。
自社の事業展開の一部に暗黙知型固有技術として構築を推奨。
 

 

 

 

 


 

商品一覧