開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

植物工場2012

 ■植物工場 2012       081111

新事業展開時のインフラの進化>植物工場2012






◎2012年の事業段階は、利益がでる業績基盤構築段階に
なりました。

先発企業は、事業の基本的全体フレームの体系化がおわり、コストダウンに
かかわる要素の企業別暗黙知蓄積のための実証検証数を、多数の品種品目
で最適条件探し、規模効率を検討する段階になりました。
すでに業界展示会には、暗黙知が豊富になってきた順調に成長する企業は
創客市場販路開発の機会を重点の出展方法を変え、2番手、開発途上企業
大資本の新規参入子会社の展示が重点となり、先発企業は開発部門が重点に
展示会見学者となる企業もふえて「真似した」でさらに暗黙知の拡大を始めて
きました。
植物工場の商品製品を活かした食品産業の二次、三次産業は、先発企業の
ホームページを相対比較して、現地現場で実体を選別できる段階になってき
ました。

●「真似した」方式で先人情報を入手して新規事業、事業拡大の応用するとき

検索エンジンを上手に活用し、さらにより深度を深める必要なテーマを仮想空間
演繹的思考で、大局を掴み小局着手の最適テーマを探すことを推奨します。

「検索エンジン活用事例(植物工場)」

世界の最先端情報を知り、さらに日本は、世界の海洋海産物が安心安全な食材に戻す
義務と責任があります。その成功事例を世界へ水平展開する危機管理対応ノウハウの
体系化が必要です。
日本の一次産業としての農業生産物のしくみシステム、第四次産業としての食品産業
の総合インフラを構築して、世界で原発を保有する国が想定外の事故を発生しても人が
安心安全に生き残れるしくみを世界に発信することが、辮髪事故先発の国としての貢献
すべき役割の一つです。

「第四次産業・複合食品産業」


◎2011年3月11日福島原発事故で地域から安心安全食材生産インフラ
の構築を急ぐ緊急の時です。

●2011年3月11日福島原発事故により、すでに想定していた通り、平和ボケした日本人でさえ
放射能の影響が、多くの食材に、小出し方式で、すでにわかっていたことを、公表する政府、
メディアの方法で、気づいた人から危険性の深刻さ、影響地域の広さ、少しつつ、安全基準を
危険度の高いとこれおから小さくする、「昨日まで安全」と思ったものが「今日から危険」が茶飯事
になってきました。日本人は原発を容認した民族であり、人体実験から誰も逃げられませんが、
現実、実体社会の実務家が多数参画できない、机上で危険と無縁で、危機管理の希薄な本流
メディアの現実社会の人が騒ぐまで気づけない人の多さの現象で、特に机上の有識者ブレーンが
制御人財として機能していないためです。これが現状の本流の姿、当たり前と捉え、制御型人財
のあなたは、安心安全な食材を、日本国民、あなたも含め、緊急自給生産体制を構築するための
蓄積した全能力を発揮し、近くの集団組織、最小単位である地域から第四次産業・複合食品産業
のインフラを構築する時です。


◎2011年の市場の加速度的拡大期に入ってきました。

2011年は市場成長段階に入り事業規模にミクロな固有適応が必要条件です。
2010年は加速度的に全国で参入企業、行政支援の加速度的増加。

最新の事業展開情報は3つの視点から判断すると成功確率は高くなります。

1の視点 
 「世界、国内の最新の変化潮流を感じる・・感性と閃き」
   3つの検索エンジンを活かし、必要なテーマ解決の具体策を観(診)る。 
   ・Google  ・Bing  ・Yahoo  の活用方法を習熟する。
   2007年時は、まだ検索情報は希少でしたが、現在は玉石混交情報氾濫がはじまりました。   
    

2.の視点 
 「2009年までのA志援の先発企業をベンチマークして、事業化の進化
 の具体策を観(診)る。
    
先発企業が大企業中堅企業の関連子会社のプロ経営型新規参入企業と競合激化がはじまり、
   勝ち組負け組みが明確に見える化現象の徴候が出てきました。先発企業が連携吸収融合が
      の徴候が出てきました。自社の企業規模の拡大ではなく地域の地産地消貢献型事業展開を
   採るか選択の分岐点が近づいています。他山の石として、自社の事業展開に活かすことを
   推奨します。
 
  同時に2010年から加速度的に出版されはじめた書籍から先人の体系化
  した最新の情報、具体事例を学ぶ。」

   2007年時は 農業関係の新規事業化、植物工場に関する書籍は20世紀で時間が止まって
   いましたが、2010年から加速度的的に関連書籍が出版される時代になりました。
   新聞情報も時代の要望で多く記事に掲載される頻度が増加してきました。
   (特に地方新聞の事例は、自社の事業展開に役立ちます)

      自社の企業規模に最適なしくみシステム、制御人財の数確保にプラスαの暗黙知の付加の時期
   がきました。利益計画が6ヶ月以上の先行受注ができるようするには、何から布石を打つべきか
   経営のプロ能力の発揮が必要です。一過性利益の追求型は止め、儲けすぎてはいけない人の
   生存に関わる食品業界は、安定顧客数(品目数)の右肩上がりの計画的増加が必要条件です。
   儲かるしくみとして、「ブランドマーケティング」「インサイトマーケティング」の体得が必要能力の
   一つです。

3の視点
 「日本農業の強みに気づき、国内から海外の無限の市場の参入企業の最新の
  具体事例に学ぶ。」 地方行政の農水産業戦略の急務の課題
   安心安全な高品質、海外の市場相場と拮抗できる価格で販売できる超ローコスト化のしくみ
    システム、海外展開のための新規開拓人材が成長してきた企業から新潮流がはじまります。
    国際GAPの中での世界での競争段階になってきました。TPP(環太平洋経済連携協定)に
    よる完全関税撤廃の徴候を千載一隅のチャンスと捉え、輸出国関税を吸収し利益がだせる
    事業のしくみシステム化、人財化に着手し世界に比肩できる「よい農業」へ着手を推奨します。
    日本の政府の農業助成は、最大限もらい、他の企業では考えられない助成金額を、利益の
    補填に活用する一過性でその年でゼロになる金の使い方はやめ、投資が資金強い企業を
    有無、研究開発実証試験のための予算として、先行投資型を推奨します。
        
         ◎食品加工、小売販売企業対象の大商社の食品素材輸入、JTの食品素材輸入企業、
      中堅食品素材輸入企業の輸入価格(生産国売価+日本の関税)で比較するのではなく
      その時の生産国原価と比較し、輸出売価(国内生産売価+輸出国関税 )と比較し、
      コストダウン目標を明確化して円高を75円想定にすることを推奨します。
      円安が、常に利益に貢献でき、その利益を、しくみシステムのカイゼンのための先行投資
      のための含み資産にすることを推奨します。
    

    ISOのように農業にもEurepGAP(Good Agricultural Practice)が応酬小売業組合が2000年
    に策定して「悪い農業」から「よい農業」への転換を目指しています。食品安全、環境保全、
    労働安全、動物福祉を加えた4つの柱で構成され、世界共通水準を目指した本格的なもの
    です。
    2007年9月 GLOBALGAPと名称変更し、GAPの世界標準になりました。GLOBALGAPの認証
    を受けなければ、事実上EUへの食品輸出はできません。
   
    日本GAP協会が策定したのがJGAPです。日本国内の他のGAPの多くが食品安全に片寄る中
    JGAPはGLOBALGAPと同等性があると認められました。つまりJGAPの認証を受ければ、
    GLOBALGAPの認証を受けることができるという国際的GAPです。  
    
◎日本GAP協会      



2010年 「植物工場」システムが大量生産可能な高品質、高生産性、均質のシス
テムが事業化してきました。実証段階から、事業展開臨床の中で、さらに、高品質、
高生産性、均質と、さらなるコストダウンが可能な製造(農業生産)技術の方向性の一つの方法です。まだ根菜類の技術進化は今後の課題でした。

米、小麦、豆等原料に関する商品が、世界の広大な大地を持つ国にコスト的優位
に絶つためには、「大植物工場」型を採り、病害虫、自然災害を回避す量の多さと
均質のシステムしくみの技術進化を急ぐ段階に入ってきました。

全国で参入企業、行政支援の加速度的増加がはじまり。大企業、中堅企業の戦略
の一環として関連子会社が、20世紀代の農業の高均質、ローコスト、組織的高効率
人材を活かすしくみ・システム型事業展開が実証段階から、事業展開段階の進化
してきました。


    ◎ヤンマーが 農業経営の高度化プラントや農家の販売を支援したり、
   養殖のソリューション事業を本格的に展開をはじめました。
                            (2010.01.07日刊工業新聞) 
   中・大規模植物工場プラント、中・大養殖工場プラント事業経営のための
   総合機能を提供できる段階の企業が育ってきました。 

    
     ◎MKVドリームは、倒産した太洋興業の先人の知恵を戦略的に活かし。
    三菱グループ企業として植物工場参入企業を短期で事業化できるしくみ
    システムを提供しています。    
    


  ◎三菱化学が40フィートコンテナにパッケージ化した「コンテナ野菜工場」を
    開発し、本格的な発売を開始しました。(2010年1月12日ニュース)
        すでに中東カタール国への販売が決まり、2010年4月納入予定
    価格は開発費、電力の供給方式、コンテナ等農業生産外の費用が高い、
    成長段階初期の製品です。

    コスト1/2以下の類似機能商品なら日本市場での事業展開も現実化して
    きました。 開発方向の情報として活かしてください。  

    三菱グループTPP対応事業として、日本の先行事業として、既に海外大型プロジェクトとして
     実証検証も兼ねた成功事例を蓄積しました。国内の中小規模での破壊的コストダウン化
     システムは、まだ開発途上のようです。


     ◎舞浜コーポレーション
    大規模植物工場の実証試験と加速度開発ノウハウ格差を構築する
    機会として企画提案の検討事例の一つです。同様な企業での提案し、
    早く契約し、机上から実戦を急ぐ市場成長段階に入ってきました。
         
    時代に先行し過ぎて、発注企業の開発途上倒産し、設備投資生産性が低く、超低コスト化、
     品種品目が限定され、外部調達下限コスト以下になるまで、事業中止、子会社統合等が
     ありました。


2009年 政府主導の政策展開が始まりました。 大企業中堅企業の参入が
本格化し始め、いよいよ加速度的成長が予感される時期に入ってきました。

 経済産業省「植物工場」普及を促進

2009.1.22から経済産業省庁舎別館ロビーに「植物工場(第二世代型)」のモデル施設を設置。
最先端技術による農業生産への理解の啓発がはじまりました。

2009.5.26(火)-10.23(金)までデモンストレーション
  ○その植物工場に関するページ
 ○「植物工場事例集」 pdf  2009(平成21)年11月26日
      全国で植物工場の稼動がはじまりました。

 ○「農業工連携研究会報告書」 88選 2009(平成21)年7月3日


 経済産業省では、地域活性化戦略の一環として、農林水産省と連携し、農業の高度化を産業技術面
から支援する「農商工連携」を推進し、各種支援策を進めております。
「新経済成長戦略の改訂とフォローアップ」(平成20年9月閣議決定))

この一環として、施設内で、植物の生育に必要な環境を、LED照明や空調、養液供給等により人工的に制御し、季節を問わず連続的に生産できるシステムである「植物工場」(PDF形式:151KB)は、我が国の農産物供給の将来を担うものとして期待されています。

経済産業省では、これまで植物工場に関する研究開発、実用可能性の調査等への支援を行ってきましたが、先出の「新経済成長戦略2008」で植物工場の普及・拡大が求められたことからさらなる支援に向け、農林水産省と共同で「農商工連携研究会植物工場ワーキンググループ」を設置しました。
同ワーキンググループでは、植物工場の更なる普及促進における課題を抽出するとともに、植物工場の
設置にかかる規制・制度のあり方を整理します。施設整備、金融、人材育成等の支援措置についても
検討します。


●3年内に植物工場の数を100ヶ所増、コストを3割減を目標に掲げた支援を公開する。食料自給率を
高めるとともに地域の活性化を目指し、両省は支援策を異業種参入や新産業創出の呼び水にしよう
としている。

 
 ビジネスチャンスが現実化してきました。世界的にもまだ過去の成功企業の少ない未知の分野です。
 
 創市場、創客のために一部事業展開の中で自社が勝てる分野に参入のチャンスがあります。



2009年 人財豊富な投資資金潤沢な大企業中堅企業が綿密な事業計画にもとづき
展開を始めると、業界の企業規模がニッチ産業でないために、中小の先発企業は開発費用の回収が
難しくなる徴候がでてきました。従来より生産システムの20%以上コストダウンテーマをクリアできる
体制が短期目標になってきました。また、中小企業の場合、物流コスト、鮮度管理にコストをかけないで
大量より多品種変量生産、一定エリア内で利益確保と、地域の労働力を活かすに固有のニッチ戦略が
重要になってきます。地域密着地域貢献地域の協力が得られるやり方を検討することが生き残りの
方法の一つです。今からスタートすれば生き残りができます。


生き残りのためにすでに商社と組みしくみの中でOEM提供する方法や、参入企業の展開時の一部を
担当し、自社の開発スピードを加速できるしくみづくりが必要な時期が近づいてきました。

 
2008年植物工場・養殖栽培漁業の市場化実績が出てきました。

2007年紹介企業のさらなる進化と補完して観ると自社で何をすべきか新事業計画
が具体化し易くなってきました。
 


◎関連コンテンツ

農業資材・農業関連システムの進化

気象環境を事業に活かす

プロジェクトに連携する建設土木関連

農業法人の中堅大企業の待望

全国の農政局・経済産業局の動向

リース利用の判断


◎参考書籍 


 「図解よくわかる植物工場」
 著者 高辻正基   出版社 日刊工業新聞社  サイズ 21.cm/154p 
                               ISBM 978-4-526-06410-4    発行日 2010.02  税込価格 \1.890

第T章 植物工場開発の歴史
・日本農業の抱える問題    ・植物工場とは    ・ヨーロッパでの植物工場の始まり
・アメリカでの植物工場の始まり     ・日本での研究開発の始まり
・日本での実用化研究の始まり     ・日本初の実用化植物工場
・植物工場の追い風となった技術革新と環境変化    ・食の安全、安心への関心の高まり
コラム なぜ植物工場の研究を始めたか
   
第U章 野菜栽培と植物工場の基礎知識
・水耕栽培の原理    ・水耕栽培の方式   ・水耕栽培の問題点  ・培養液の調節
・植物工場の構成    ・太陽光利用型植物工場    ・完全制御型植物工場
・植物はどう育つか   ・植物成長と光の関係    ・光形態形成   
・光合成と環境条件の関係  ・植物と人間の光の感じ方の違い
・光強度の単位   ・光強度の換算係数   ・要求される光量子束
・照明設計の方法   ・必要な蛍光灯の数と電力    ・植物工場で必要な空調
・植物工場での栽培の実際   ・移動栽培と密植栽培
・どんな野菜が工場で出来るのか   ・工場野菜のニューフェイス

第V章 植物工場技術の進展
・いろいろな栽培光源    ・LEDの長所と短所   ・LEDによる栽培実験
・パルス照射による生育促進   ・各種光源のコスト比較
・高圧ナトリウムランプ利用植物工場    ・蛍光灯植物工場の元祖
・HFFLとコンテナ式植物工場      ・LED植物工場   ・有機栽培による植物工場   
・植物工場の作業内容    ・生産コストの分析  
・海外の植物工場の動向   ・植物工場の技術課題
コラム 植物工場システム展と日本植物工場学会

第W章 植物工場ビジネスのポテンシャル
・農商工連携研究会植物工場WGが発足    ・国による支援策が具体化
・制度上の課題は何か     ・工場野菜の栄養価は高い
・野菜の抗酸化力や免疫力でも差別化できる
・野菜流通の問題点   ・工場野菜に対する消費者の声
・マーケティングの必要性   ・工場野菜の位置づけを明確化しよう
・中食、外食への対応   ・飲食店への適用広がる
・植物工場の市場規模はどれくらい広がるか
・2015年が普及のターニングポイント
コラム 植物工場、農商工専門委員会

第X章 植物工場が拓く未来の農業
・太陽電池利用への期待    ・花生産への応用   ・コメ生産の可能性
・都市型農業への展開     ・未来の植物工場「垂直農場」
コラム 植物工場の思想 
 


◎この本のような植物工場は、次世代統合型植物工場を構築するための、必要な生産要素をアナログ型暗黙知を、体系化し、共有化し、標準化するためのプロセスとしてデジタル化見える化プロセス管理に役立つ一つです。

農業を志す人が、多品種最適生産で最適利益を目指す大型農業法人へ投資するときの蓄積しなければならない暗黙知のテーマ探しに役立つ本です。

ただし、この本の植物工場の方向では、地域の就労機会として農業人口増大や世界の商品相場以下のコスト低減に限界があり、グループ内部型流通(一部原価をみかけゼロ方式)に貢献し、仕入コストが下がったように見えますが、日本農業の本流を変える方向としては、その補完する一部として貢献するだけです。早期に気づくことが事業規模拡大時に重要な分岐点になります。
農業に係わる技術、要素、方向等が成長した今、この本の植物工場(学者机上型)から、実務家経営者の視点から日本の地域の高齢者の就労機会を産み、共に豊にできる農業法人の事業化が現実化できる素材が個々に世界標準以上に成長しています。A志援サイトの情報を統合し、縁ある地域で次世代統合型実証試験に入る人財、企業を待望しています。統合型の暗黙智は、部分型暗黙知では整合統覚できません。統合型暗黙智は、時間軸で微妙組織、しくみ、システム、人の成長に係わる微妙な要素の増幅となり、投資力だけでは、追いつくのに時間がかかり、多品種最適生産、最適利益を追求すれば、持続的カイゼンとなり、本質的参入障壁を高くする確率は高い。市場の要求度が高まり、参入企業数が増えて来た今が大切な分水嶺の時代に入りました。クラウド、スマートグリッド、地域密着CATVの進化、産学官連携、地方の時代等、周囲の環境変化を追い風として活かすことを推奨します。想定以上の速さで、組み合わせると実現確率が高い時代がきています。

 

 
更新 2010.02.08
    



◇施設など周辺ビジネス 


    昭和電工

植物の光合成に有効なLEDチップを開発。チップが搭載されたランプの広がりに期待

アルミ基盤でLED実装、放電性向上

  シャープ

LEDなどエレクトロニクス技術コンビナートの廃棄物を活用した「植物工場」の栽培技術を研究

 三菱化学

開発を進める太陽電池が、植物工場で使用できるかどうかについて研究中

2010.1.12コンテナ野菜工場の発売開始

 
 シーシーエス

LED照明の栽培技術確立
実用化を目指す。2009.02からグループ会社の「フェアリーエンジェル」の「エンジェルファーム福井で、LED照明による野菜栽培の実証実験を開始する。 

 出光興産

「バイオ」のチカラで安心・安全・健康増進に貢献を目指し、農業用資材に参入
・微生物農薬、土壌改良資材
・畜産関連資材
・環境緑化関連資材
 


 大成建設 pdf

遊休地の植物工場への転用をサポートする事業を2009.04から立ち上げる。
 

 三井物産

農作物の生産、流通履歴を管理するシステムを開発

 大和ハウス工業

コメの貯蔵庫などの農業系建設を手がける。「コンソーシアム」に参加し新たな商機を探る

 鹿島

完全密閉型遺伝子組み換え植物工場の建設エンジイアリング クリーンルーム方式

 
アイリスガーデニングドットコム

アイリスオーヤマが運営するガーデニング総合サイト
家庭での「野菜工場」を支援 
 
「キッチンで野菜を収穫」


 MKVドリーム
(旧MKVプラスチック 三菱樹脂三菱化学傘下)

総合的な農業生産法人設立実務コンサル開始

 
MKVドリーム
  
別ページ

 両備グループ
 (岡山)
岡山県庁に移動式植物工場を展示
ミニプラント「やさい蔵(ぐら)」

 

 
シナジーテックの
LED植物栽培

(徳島)
日亜化学工業のLEDと遂行栽培による野菜の完全人工型植物工場の試験栽培を行っています
 
  シナジーテックHP


 大仙(愛知豊橋)
 ◆会社概要
  創業1892明治25 

各種温室と設備の設計・建築・施工(農業用大型温室から家庭用温室まで)各種農業資材の製造・販売
・採光建築
・エクステリア

中部経済産業局の植物工場モデル
 
 

 
モスフードサービス
の生野菜

トマトなど野菜の自社での生産量を拡大。2006年2月生産者と共同出資した農業生産法人サングレイス(静岡菊川)の群馬と静岡の3つの農場で展開。従来の契約農家との野菜契約も活かし、コストを下げる調達
 2009.03.13日刊

◆サングレイスpdf
   2005.1.16情報


 スズケンの農作業の省力化商品

水稲関連機器におきましては、創業依頼、開発・商品化に取り組み、農業の近代化・機械化・省力化に貢献。
花卉・園芸の育苗作業は手作業が多く、時間と労力を要します。当社の開発した土入れ機をはじめ豊富な商品群は、作業の軽減化・省力化のお役に立ちます。

 


 司電機産業の植物育成装置

水耕栽培ではなく露地物と一緒の畑ができました。
閉鎖系環境で生育させますので虫が入らない為、無農薬栽培が可能になりました。育てる植物に合わせて電子制御を変更することができます。

◆司電機産業HP
◆設備関係(電源電池等)
◆環境商品(太陽光発電、小型風力発電)


 ヤンマー

農機や資材の販売が主力でお客様の営農をバックアップして収益確保の支援、養殖業者へのシステム導入コンサル等

2010年の農漁業で需要創出に乗り出す。

試験農園を国内10ヶ所設け、蓄積したノウハウで農業経営の高度化や農家の販売を支援する。合わせて、養殖ソリューション事業も手がける。
 2010.01.07日刊

◆農業施設

◆海洋環境設備
・種苗生産施設
・親魚育成設備
・生物餌料
・海面養殖場
 

 クボタ

農機や資材の販売が主力でお客様の収益確保の支援
タイで現地農業の近代化とタイの農業専門学校の教育支援

 
2010年の農漁業で需要創出に乗り出す。

タイで農地整備や土壌改良、二毛作をサポートする。
 
2010.01.07日刊

◆農業施設
・育苗園芸分野





 

 日本液炭
 炭酸ガスドライアイス

植物工場向けに炭酸ガスの販売を強化する。密閉型した植物工場では炭酸ガスが不足することが多いために、需要拡大が見込める。農業用炭酸ガスはトマトなどでは栽培中に炭酸ガスが不足する期間があるために、現在、広く利用されている。ラン栽培の実績もある。

大型需要家向けには炭酸ガスタンクのレンタルも行う。工業向けと同様に農業向けも柔軟対応をする。
2009.12.04日刊

 


 M式水耕研究所
水耕のパイオニアとして30余年、日本の水耕の歴史を作ってきました。
汎用水耕栽培からハイテク植物工場まで、日々の生産活動で必要となる自動化機器、消耗品までと幅広いレパートリーがコア技術です。
 


徳寿工業植物工場

「安心・安全」・「品質」・「ローコスト」・「安定生産」の4つを柱に生産システムを作りました。

四国電力の運営する植物工場の施工に参画しました。

 


 エスペックミック
植物


 
植物工場に関わる育苗システム・アグリガラス・ファイトトロン・植物育成ランプ・水処理装置など、植物の生産や試験研究に必要な資材・機器をご提供するとともに、小規模から大規模施設まで最適なシステムづくりをサポートいたします。
 


朝日工業社アグリ分野


 
閉鎖型植物環境装置、育苗装置などの、植物工場における最適空調システムの研究開発を進めています。パソナオーツーのオープン以降、太陽光併用型温室や完全閉鎖型植物工場の技術開発を行っており、現在、遺伝子組換え植物工場などバイオアグリ分野の研究開発を進めています。

 アグリポリュテーションジャパンc
 百年野菜
ヤマネ式循環養液栽培
完全無農薬野菜の特許・独自ノウハウ利用による生産及び販売
・完全無農薬野菜の特許利用生産プラント製造販売
・販売プラントに対するコンサルティングと資材供給、人材派遣

 
アクアマリーン自動野菜工場

(旧エーキューエム九州テクノ)

 水耕栽培を自動で行うラインです。種付けから収穫までを、すべて自動で行い、人手がいりません。 簡易的は野菜工場から、本格的な野菜工場まで、幅広くご相談に応じます。

 

 


セレス養殖・植物生産
 

 当社は合併前の旧環境リサーチ時代から、(財)電力中央研究所が開発した流液式植物栽培(通称:電中研式野菜工場、培養液を常に流す水耕栽培方法で、サラダナ、ミズナ、ルッコラ等の野菜を栽培、特許第1515327号)、石炭灰の埋立地での植栽試験、樹木の酸性ガス暴露試験など多くの植物栽培試験を実施しており、各種栽培試験に対して多くの実績やノウハウを有しています。また、各種栽培試験について栽培環境のデータ収集、土壌および植物体の成分分析、報告書の作成等にも対応いたします

 
日本アドバンスアグリ

アグリベンチャーとして、新しい光源であるHEFLをもちいた植物の人工栽培

技術開発に取り組んでいます。

いかに植物が健全に育つ環境を人為的に作り出すのか? そのために、照明

技術は重要な要素であり、どのようにすれば植物に発熱を抑えた適度に強い

光を均一な平面として、消費電力を抑え供給できるのかを考えています

◎日本アドバンストアグリ
  別ページ
 

 恵和

 
ローコスト型高効率の大規模植物工場、養殖工場設備を構築するために太陽光を活かすとき先例のない素材を調達できる可能性の高い試作開発機能を持つ企業の一つです。



恵和(大阪)
 
別ページ






 

ジーエス・ユアサランディング 製品情報
 
植物工場用太陽光に近い地球に優しいランプの追求














 

 

 

 

 

 


 カネコ種苗

 創業以来100年余の歴史が蓄えた育種・生産・販売の総合力に加え、新しい方向性を打ち出しています。作物それ自体に新しい科学の眼を向けるバイオテクノロジー研究の推進と、栽培環境に変革をもたらす養液栽培であり、もうひとつは、海外との交流を一層深める国際化という視点です


 サカタのタネ

 創業1913年以来、世界の皆様に高品質のタネとサービスを提供。
「タネ」だけではなく、そのタネから生まれる「価値」そのもの―それは花のある潤いの環境、食卓の喜びやおいしさ、豊かな暮らし、ひいては社会や文明の向上、と呼ばれるものかもしれません


 カルビー じゃがいも産地工場情報

 事業構造は、製造原料として、計画調達できるための生産地の高品質体制のしくみの成功事例です。大規模農業生産法人に成長するための消費者までの総合的しくみシステム構築のモデル企業の一つです。農業生産法人は、「開発」と「販売マーケティング=」つまり創客と創市場のしくみシステムを自力又は連携で確保することが成功のための分水嶺になります。

 ◎カルビー
   
別ページ


 
カゴメ

 カゴメは、このブランドの約束のもと、トマトや野菜が持つ「抗酸化力」と、乳酸菌が持つ「免疫力」を活用し、これらに果実、穀物、豆を加えて「体内環境正常化運動」を展開しています。自然の恵みがもたらす価値を、最善の知恵でおいしく、楽しく磨きあげ、「よい食事」を誠実に提供することにより、健康長寿に貢献する企業をめざしてまいります。お客さま、株主の皆さま、従業員、そして社会にとって、価値ある食品企業であり続けるために、たゆまぬ努力を続けて事業展開しています。


 
キューピー

 2002年6月、農林水産省は「食品トレーサビリティシステム」導入方針を発表。同年9月キユーピーは、大手加工食品メーカーの中でもいち早く「食品トレーサビリティシステム」を導入しました。15年前からITによる生産向上の「配合事故未然防止」を目指したFA(ファクトリー・オートメーション)システムに取り組んでいたため、トレーサビリティシステムをスムーズに導入することができたのです。また、現場で働く人の心の負担を減らし配合ミスをなくすという目的から開発されたFAは、事故がゼロになったという実績が評価され、医療分野にも応用されました。こうした工場の自動化システムの開発と医療分野への社会貢献が評価され、キユーピーは1999年に「食品産業優良企業」に選ばれ栄えある農林水産大臣賞を受賞いたしました。


 
GOKOアグリファクトリ  091010
 
GOKOとまとむら
 信州伊那谷

 GOKOアグリファクトリとは、2002年にGOKOグループが設立した新事業部門です。「徹底的な合理化によって、少人数で日本人の嗜好にあった安全な農作物をできるだけ多く作る」を目標に、カメラメーカーとして長年培った生産姿勢を農業への取り組みに活かしています。 生産体制・栽培技術いずれにおいても改良を行い日本農業への貢献をめざしています。


 
ベルグアース
 愛媛  081107
 e-nae 優々ひめ菜園

 トマトから始まった農業技術革新は、同様な手法が可能なものから種類の水平展開、他の種類には付加すべき条件が把握できるようになります。他の業種の商品数の拡大の歴史から学ぶば解るように、種の管理から苗段階で、丈夫で管理すると、収穫率の増加と相関があります。大量収穫には、高品質で均質な苗が重要です。優れた種の段階での収穫率予測より、成功確率は段階的に高くなります。丈夫な苗の次の段階の打つべき方向が、明確になってきました。


 
ラプランタ
  071010

 1995年から、蓄積した豊富な人工植物栽培システムの技術、人工植物栽培シスエムの研究開発力により事業展開、サラダ野菜の生産と販売 をしています。ラプランタ式栽培システムは外界から遮断された室内でおこなわれる水耕栽培です。   土壌汚染の心配がまったくない完全無農薬を実現。    しかも生育促進剤などの添加物もいっさい使用していません。種蒔きから収穫、そしてお客様のお手許に届くまで一切の農薬・添加物を使用していません。ラプランタの野菜は衛生的な施設でまごころ込めて栽培されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◇システム、しくみ進化支援


日立ソフト農業情報管理システムGeoMation Farm

日立ソフトが長年培ってきたGIS(地理情報システム)関連技術。これを応用することで、農業現場におけるさまざまな情報を 地図と関連付けてわかり易く管理・活用できる仕組みが「GeoMation Farm」です。

日立製作所農業情報管理システムGeoMation Farm  pdf
     2009.10.08
◆日立ソフトについて






 


富士通北海道システムズ圃場管理システム


 農地に関わる様々な情報(人、面積、作付、履歴 など)を地図情報と関連付け、一元管理できることで、人・土地・作付の管理を統計的に一括して行うことができます。農家への情報提供や資料作成のサポートも行えます。農業情報データベースは、既に導入されている各システムのデータと連携することが可能となります。例えば、生産履歴システムで蓄積された施肥情報と、土壌分析・施肥設計システムにて出力された診断書を比較し、『次はこの肥料を使うと、これだけの効果が出た圃場があります。』といった、データに裏付けされた『提案型』指導実現に向けた取り組みをご支援いたします

 

UHF帯ICタグを活用した物流管理の実証実施

東京都中央卸売市場、大田市場2006.2.7〜9
富士通が代表を努める精線食品流通電子タグ活用協議会が発表











 

富士通四国インフォテック農地情報管理システムフィット(フィットファーム)

今までの農家台帳システムの開発ノウハウを活かし 「フィットF@rm」に農地情報地図システムを完全一体化した 総合的な農地情報システムとして リニューアルしました。 農家台帳の電算化を終え、次は農地GISの整備をお考えの農業委員会様も、これから農家台帳と農地GISの両方を整備されるご予定の農業委員会様にも安心してお使いいただけます。

 

 


富士通九州システムズ農業関係税理士向けに農業経営管理SaaSサービス開始
        2009.07.31

集落営農法人と顧問税理士(会計事務所)の農業経営に関する会計、給与、決算・税務申告などの業務を支援するSaaS「経営管理for集落法人」による税理士(会計事務所)向けのサービスを開始します。本サービスは、農業分野における農業経営の第一人者であり、全国農業経営コンサルタント協議会専務理事である森剛一税理士、渡辺喜代司税理士と当社が連携し開発した農業専門の経営管理ソフト(サービス)です。このサービスは、利用者がソフトウェアを購入することなく、ソフトウェアをインターネット経由で利用するSaaS(Software as a Service)という新しい形のサービスです。サービスを提供する当社のSaaSセンターは、静脈認証による入室管理をはじめ、高度なセキュリティを有し、お客様の業務データを安全に管理するとともに、税制改正や機能強化をセンター側で一括して対応するため利用者のソフトウェア運用コスト削減に寄与します。

◆富士通九州システムズHP
 

NECはイーラボ・エクスペリエンスと連携して農業ICTソリューションを販売開始
  2009.11.04

NECは、センサーネットワーク応用で先進の技術を有する(株)イーラボ・エクスペリエンス(本社:三重県津市)との連携により、農業のICT化を支援するサービスを検討する通信事業者向けに新たにソリューションを製品化し、販売活動を開始いたしました。イーラボ社は、センサーネットワーク応用システムの設計・製造・コンサルタティングに強みを持っている会社であり、農業をはじめとする資源・食料・環境・教育などの分野に様々なサービスを提供していま
す。

◆NECHP

◆(株)イーラボ・エクスペリエンス(三重大学キャンバスインキュベータ)
未来志向型のセンサーネットワーク応用システム 設計・製造・コンサルタント会社です。食・資源(農)・環境と教育に向けた電子・情報・ネットワーク応用による、製品、設計サービスを皆様にお届けします。

 

 東芝精密農業

農機用ライトバーガイダンスシステム

優れた携帯性と簡易性、農機に取り付けるだけで簡便なシステム
生産性の向上とトレーサビリティ管理
走行軌跡のマッピング
佐合エリアの登録
豊なガイダンスパターン
夜間作業にも威力
オープンキャビンタイプの農機でも利用可能





 トプコン農機用ライトバーガイダンスシステム国内販売
       2009.10.27
 
トプコンは農業向け精密機器分野を拡充

 三洋電機遠隔監視システム(センサーサーバー)

監視したい機器や保管場所に各種センサーを設置して、温度、湿度、機器の状況をチェック。携帯電話やパソコンを利用して、遠隔監視、遠隔操作がおこなえます。


 慶應義塾大学SFC研究所アグリインフォマティックス・ラボ
 熟練農家の生産性を支える暗黙知に着目し、その形式知化を行うとともに、形式知の継承伝搬を行う農業プラットフォームの構築を目的とする。農業はIT関連企業の参入が遅れている分野でもある。本ラボは、農林水産省を始めとした農業関連研究機関との連携に加え、国内外のIT関連企業とも連携し、情報技術を活かしたプラットフォームの構築を図り国内外の農業生産効率向上に資する。また、藤沢市遠藤地区をはじめとした地元神奈川・関東地区の農家との連携も深め、SFCの地域連携モデルとしての活動も推進する

◆見える化・ラボ

◆慶大SFC研究所
 

 農林水産省農業暗黙知DB化

認知科学や人工知能(AI)、ITを農業の技術伝承に活用する。ベテラン作業者が持つ高度な技術・技能をデータベース化(DB)化して、新規就農者の技能向上に役立てる。農業ロボット開発や植物工場にも応用する。農業従事者の高齢化や後継者不足による技術技能の損失を防ぐとともに、新規就農者の増加にもつなげる。2009.6.04に研究会を立ち上げた。
    2009.06.02日刊

農林水産研究基本計画における期別達成目標pdf

◆お役立ちデータベース
 内容進化が加速を始めました。定期的活用を推奨します。

 兵庫県立水産総合センター農業経営支援ツール「こらぼ」の概要

農業経営支援ツールはExcelを活用した農業経営改善のための経営情報処理プログラム「地域別作物別経営試算ソフト」と「組合せソフト」から構成されている。

 県内で無料配布
   2009.06.19日刊

記者発表「農業経営支援ルール「こらぼ」開発

◆兵庫県立農林水産技術総合センター
 

◎農業は多岐の条件が多いために、フレームを先人の知恵を活かしExcel等で開発して、フレームの実証が7割の段階になって、しくみシステム化のIT投資の方が、まだ本格的なソフトがほとんどない場合の方法です。

 
ソリマチ農業漁業ソフト

  ◆会社概要
  設立 1972.10新潟
  税務会計事務所から

○農業ソフト
◆農家向けソフト
・農業簿記7
・農業日誌V6プラス
・ファーマーズオフィス 
 「農業簿記」と「農業日誌」がセット

◆JA向け記帳業務支援システム
・パッケージ型
 農業簿記7 JA用
 確定申告 JA用
・Web型
 Web農業簿記システム
 Web確定申告システム

◆農業委員会向けソフト
・農地等情報総合ネットワーク管理システムV2
・農地地図情報システム

◆土地改良区向けソフト
・大地5 賦課業務
・大地5 会計経理
・換地計画システム



○漁業ソフト
・漁業簿記2
・確定申告 JF用
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◇支援事業


   パソナ

2008年から兵庫県淡路島のリース農場で新規独立就農者の支援事業を開始

三菱東京UFJ銀行

農業関連企業に投資するファンドを初めて設立。異業種からの参入も支援

 
徳島県で植物工場推進

農産物の安定的供給システムとして普及が見込まれる植物工場の推進を目指す産学官連携の検討会が2009.11立ち上げる。四国4県が情報収集、共有化して、新技術導入などにつなげることになる。2009.10.30日刊

 徳島県庁(HP)


 岡山県庁で植物工場モデルプラントを公開

2009.11.04
県庁1階の県民室で、コンピューターでLED照明や温湿度などを管理し、大人80人分のレタスやイチゴなどが栽培できる移動式植物工場の展示が始まりました
  


  岡山県庁(HP

 ◆両備ホールディングスの植物工場ミニプラント「やさい蔵(ぐら)」
 

 栃木銀行農業食品関連取引先の対する支援強化
  pdf

「(株)ナチュラルアート」と業務提携し農産物の販路拡大や農家の経営誌縁など積極的に展開し「融資だけでなく、販路支援などを実施することで、農業支援を充実化させる」
 2009.10.23日刊

 栃木銀行HP

ナチュラルアートは農業ベンチャー企業


(財)社会開発研究センター
 2009より活動内容うぃ変更し「次世代型農業「植物工場」を核とした、新たな”食・農”の創造をテーマに情報発信することになりました。
農商工専門委員会が活動開始





















 

 
静岡県農業振興公社の農業生産法人参入支援

食料自給率の向上が求められる中、農業者の減少及び遊休農地の拡大が懸念されています。全国的には、安全・安心な原料確保や雇用対策等の観点から農業参入を目指す法人等が増加傾向にあり、遊休農地解消、更には新たな農業の担い手として期待されております。この状況において、2009(平成21)年6月17日に改正農地法が成立し、同法律が施行された後、農地を利用する者の確保・拡大を図るため、一定条件のもと、法人が直接農地を借りることが可能となります。また、関連事業者の農業生産法人への出資制限が一部緩和されます。
 

 みずほ銀行はNPO法人日本プロ農業総合支援機構と提携      pdf

農業法人や関連事業者など、農業分野での中小企業支援を強化
                 
 2008.12.11日刊

◆みずほ銀行

日本プロ農業総合支援機構















 

 ぐるなび「植物工場」

飲食店総合サイトを運営
経済産業省の補助事業を活用して、居酒屋に植物工場設置を支援して安心、安全な農産物を確保する「未来型野菜」を実証試験段階に入る。
植物工場は「エスペクミック(愛知県大口町)」、実際に居酒屋で商品として出すためにライナ(東京都新宿区)、リバネス(東京都新宿区)など参加、産学一体となって実験。人工的に生産できるようにと実用化検討段階に入る。
 2009.11.30日刊

 
阿蘇ファームランド
阿蘇国立公園健康の森
 「環境に配慮したドーム型植物工場の開発」

健康の森グループは熊本県南阿蘇村に所在する「阿蘇ファームランド」を中核とした企業体です。現在、系列企業が開発したドームハウスを活用し、完全人工光型植物工場開発に着手しています。本ドームハウスは特殊発泡素材を活用することで植物工場の課題ともいえる光熱費軽減や環境負荷軽減に寄与することが期待されています。今後は付加価値の高い植物栽培方法を知財化し、新たな制御型植物栽培ユニットとして国内は勿論、海外への供給に向け事業化を目指しております。

◆ジャパンドームハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


農林水産省、経済産業省は「植物工場の普及、拡大に向けて」のページを公開   2009.12.28
植物工場は、高度な環境制御を行うことにより、野菜等の周年・計画生産が可能な施設園芸の一形態であり、(ア)温室等で太陽光の利用を基本とし、人工光による補光や夏季の高温抑制技術等を用いて栽培する「太陽光利用型」と(イ)閉鎖環境で太陽光を用いずに栽培する「完全人工光型」の2つに大別されます。このページでは、植物工場に関する様々な情報を掲載しています。

農林水産省、農商工連携研究会植物工場ワーキンググループ発足  2009.09.10
農林水産省及び経済産業省は、植物工場の普及・拡大に向けた課題の整理と支援策の検討を行うため、研究者や事業者等から成るワーキンググループ(WG)を共同で開催しました。本WGは2009(平成21)年1月から3月に計4回開催し、4月に報告書をとりまとめて公表しました。

農林水産省「植物工場の技術実証や研修の取組みを支援します。 2009.07.01
植物工場普及、拡大総合対策事業(モデルハウス型植物工場実証、展示、研修事業)
・植物工場における生産コストの縮減と人材の育成を図る。
・「植物コイ羽状の技術実証及び研修を実施する拠点施設」の整備と運営の経費を助成します。

農林水産省「植物工場の導入・普及を支援します。    2009.07.01
植物工場普及・拡大総合対策事業(植物工場普及拡大志援事業及び植物工場リース支援事業。
農業者、民間企業等による植物工場の導入支援がはじまりました。
   


経済産業省「植物工場」普及を促進  2009.1.22

2009.1.22から経済産業省庁舎別館ロビーに「植物工場(第二世代型)」のモデル施設を設置。
最先端技術による農業生産への理解の啓発がはじまりました。

 経済産業省では、地域活性化戦略の一環として、農林水産省と連携し、農業の高度化を産業技術面
から支援する「農商工連携」を推進し、各種支援策を進めております。(「新経済成長戦略の改訂とフォロー
アップ
」(平成20年9月閣議決定))

この一環として、施設内で、植物の生育に必要な環境を、LED照明や空調、養液供給等により人工的に制御し、季節を問わず連続的に生産できるシステムである「植物工場」(PDF形式:151KB)は、我が国の農産物供給の将来を担うものとして期待されています。

経済産業省では、これまで植物工場に関する研究開発、実用可能性の調査等への支援を行ってきましたが、先出の「新経済成長戦略2008」で植物工場の普及・拡大が求められたことからさらなる支援に向け、農林水産省と共同で「農商工連携研究会植物工場ワーキンググループ」を設置しました。同ワーキンググループでは、植物工場の更なる普及促進における課題を抽出するとともに、植物工場の設置にかかる規制・制度のあり方を整理します。施設整備、金融、人材育成等の支援措置についても検討します。

●3年内に植物工場の数を100ヶ所増、コストを3割減を目標に掲げた支援を公開する。食料自給率を高めるとともに地域の活性化を目指し、両省は支援策を異業種参入や新産業創出の呼び水にしようとしている。
 
 ビジネスチャンスが現実化してきました。世界的にもまだ過去の成功企業の少ない未知の分野です。
 
 創市場、創客のために一部事業展開の中で自社が勝てる分野に参入のチャンスがあります。
 


 ◆経済産業省

・植物工場の普及拡大
 
経済産業省及び農林水産省では、2009(平成21)年1月に「農商工連携研究会」の下に「植物工場WG」を設置し、光・温湿度・培養液等の環境条件を人工的に制御し、季節・天候に左右されず自動的に連続生産を行う「植物工場」を支援しています。平成21年4月にとりまとめた報告書において、今後3年間で全国の植物工場を3倍に拡大し、生産コストを3割削減する目標を設定しました。


(独)農業産業技術総合研究機構野菜茶業研究所

・高収益施設野菜研究チーム
 
野菜・茶について、育種・栽培、環境負荷低減、品質、流通等に関する技術開発と、それを支える基礎的・基盤的研究を行います。これまで、小規模経営が大部分であった日本の施設園芸に、生産の効率化を図るために温室の大型化が急速に進んでいます。そこで、大型施設を利用して効率的に生産するための様々な技術開発や研究を実施しています。
 

◆(独)産業技術総合研究所

・植物分子工学研究グループ

2005年度から「産総研産業変革イニシアティブ」採択課題として医薬製剤原料生産のための密閉型組み換え植物工場の開発を行っています。
2006(平成18)年経産省「植物機能を活用した高度モノ作り基盤技術開発、植物利用高付加価値物質製造基盤技術開発」プロジェクトの委託先として採択されました。

(社)日本施設園芸協会

施設園芸、植物工場展2010
2010.7.21-23  東京ビックサイト







 


(財)社会開発研究センター
植物工場、農商工専門委員会


 「植物工場・農商工専門委員会は、近年食の安全・安心および安定供給の観点から注目される植物工場の普及・実用化を目指し、その立ち上げの相談に対応し、研/開発や事業展開に協力することを主な目的とします。その目的に資するために、国の施策等と連動しつつ以下の事業を行います。
 


日本生物環境学会
植物工場部会

 植物工場ならびに関連分野の研究および事業に関する知識、情報の交換や提供を通して、21世紀の豊かな社会を実現するために植物の効率的生産法の確立を究極の目的とし、学際的立場から学理的に究明するとともに、植物生産のハイテク化に関心を有する研究者、技術者および知識人の研究、開発、啓蒙を推進し、あわせて当該研究分野の発展、普及を図ることを目的とする。
 


養液栽培研究会

 本研究会は養液栽培の発展・普及のため,研究者,普及関係者,メーカー,生産者などが一体となって養液栽培に関する様々なテーマについて情報交換する団体です.













 

ユビキタス環境制御システム研究会(UECS研究会)

ユビキタス環境制御システム研究会(UECS研究会)は、UECSの改良・普及を目的として活動を行います。
UECSは新しい考え方で作られた計測制御システムです。UECSは、各機器にマイコンを内蔵させ、ネットワーク通信によって情報の授受を行います。設置される機器にあらかじめマイコンを内蔵させることで、別途に制御コンピュータを購入する必要がなくなります。


 

 


○植物工場普及振興会


 今、日本の農業は高齢化と後継者不足という重大な問題を抱えています。この問題を解決する重要な手段の一つとしてハイテク農業、いわゆる「植物工場」がきわめて有力な手段になるものと考えています。植物工場においては、野菜を計画的に周年栽培することで野菜の安定供給が可能だからです。しかしながら、植物工場が全国的に普及していくためにはまだまだ多くの問題が山積みされており、一企業、一機関による研究や普及活動では限界があります。このような現状を踏まえ、植物工場の普及を目的として業界の振興を図り、最終的には消費者の利益とするために「植物工場普及振興会」が1993(平成5)年4月に設立されました。
 


○植物工場研究所
 植物工場研究所で設計する植物工場は、全般的な経費の節減、効率的な照明技術の導入、最適品種の選定、LED(発光ダイオード)の場合はパルス化の導入による省エネの実施などにより、従来の植物工場に比べてかなりのコストダウンが図れます。本格的な植物工場システムの事業化を専門に取り扱う(株)植物工場開発を設立しました。

  ◆都市型農業

 ◆穀物の収穫減

 





 


○(社)日本アグリビジネスセンター


 旧農業基本法・農業構造改善事業の目的に沿って、昭和38年(1963年)に設立された社団法人全国農業構造改善協会を平成13年(2001年)4月に名称変更し、再出発したものです。センターは次の事業を進める中で、地域農業の変革、農業・農村の発展に尽くしています。


◆経営アグリビジネススクール

◆食品流通高付加価値モデル

●図書一覧






 

 
○日本生物環境工学会

 平成元年4月に日本植物工場学会としてスタートした本部会は、平成19年1月に日本生物環境調節学会と統合し、日本生物環境工学会という新たな枠組みになりました。植物工場部会は、植物工場、マイクロプロパゲーション、施設環境制御、高度施設生産のシステム化など、ハイテク農業に関する研究開発集団として、各界から注目を集めております。

◆植物工場部会
植物工場ならびに関連分野の研究および事業に関する知識、情報の交換や提供を通して、21世紀の豊かな社会を実現するために植物の効率的生産法の確立を究極の目的としています

◆全自動植物工場部会
 従来の施設園芸の延長線上にある植物工場の研究ではなく,植物製造をターゲットとするイノベーティブシステムの構築を行うために必要な学術的基盤の強化と発展を図ることを目的とする
 


(独)農畜産業振興機構

 
独立行政法人農畜産業振興機構は、農畜産物の価格安定業務や農畜産業振興のための補助事業、農畜産物の生産・流通や望ましい食糧消費の姿などの情報収集提供事業を適正、効率的に実施することを国民の皆様の期待と信頼に応えることを目指しています












 


○(独)農業・食品産業技術総合研究機構


 食料・農業・農村に関する研究開発などを総合的に行う我が国最大の機関です

農業の生産現場から食料の加工・流通・消費までの技術とこれに関連した農村及び食品産業の振興に役立つ一貫した応用技術の開発、それを駆使して農業経営の発展を目指す人材の育成などを行っています。

◆農業・食品産業関連の方

◆研究者・技術者の方

◆一般の方

◆青少年の皆さん
農研機構の研究内容や食料・農業に関する科学技術を分かりやすく紹介するために、楽しく読んだり、見たりすることができるページを掲載しています。

 

○有機等利用植物工場研究会

 究極の安全・安心な野菜生産を実現を目指し、植物工場分野に参入したグループ。

 ◎植物工場分野に最初に参入したクループの技術の進化が実践の中で着実に進んでいます。ただし、完全な人工環境下でのもので、先行投資、投資回収が長期型標準化、システム化、しくみは総合的に揃ってきていますコスト面のユニット基準はまだなく、オーダーメイド価格のようです。

◆有機等を利用した安全・安心な野菜栽培

◆究極な完全制御型植物工場

 


 ○(独)農林水産消費安全技術センター FAMIC

科学的手法による検査・分析により、農場から食卓なでのフードチェーン全体を通じた食の安全と消費者の身体の確保に技術貢献することを使命としています。

◆センターについて

◆食の情報交流ひろば

◆啓発資料

○食品に関する情報

○肥料や飼料に関する情報

○農薬に関する情報


 

 

 

 

 

 

 

 

 


アグロイノベーション2009
2009.11.25.-27 幕張メッセ
    次回予定 未定
 


アグリビジネス創出フェア
  2010.11.24(水)-26(金)
   幕張メッセ
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◇生産者


 イオン

野菜、果物など5千農家に栽培委託。プライベートブランド米は農業組合法人に委託。
自社子会社農業法人設立


セブン&アイ・ホールディングス

食品リサイクル効率化を目指して2008.08に参入。
4haの農地で大根などを栽培 

 カゴメ

福島県で8ヶ所で育てたトマトを出荷。売上65億円。2009年黒字の予定

 ワタミ

栽培面積475haの日本最大規模の有機農業生産法人。自社向けのほか、スーパー、ネット販売などへ出荷

 JR東海

グループ会社がレタス、トマト、トウモロコシを2009年から栽培。駅弁やレストランなどに利用


 キューピー

1980年代前半から植物工場の研究。福島県の工場で栽培したレタスは、業務用、家庭用に販売(TSファーム)


○TSファーム白河

 ドールの国産野菜

2001年農業生産法人を立ち上げ、北海道など7ヶ所800haで栽培、スーパーなどに販売


JFEライフ清浄野菜


 植物工場先発企業
 2004年日本経済新聞社から18点が最優秀
 
 JFEスチール系
 

 
 丸紅
省エネ型工場システム開発
神奈川県のアグリベンチャー企業と組み植物工場のプラントを販売る。葉菜や根菜など約30品目の栽培に成功している。
大阪支社地下2Fで植物工場。サニーレタスとラディッシュの実験栽培開始
ヴェルデナイト式植物工場
2009.11.05日刊

◆ヴェルデ
    別ページ
 

 
  JFEライフ

大企業JFEグループは先発企業として水耕野菜栽培をはじめ、ハイテクを駆使した清浄野菜として水耕栽培の事業化のしくみシステムが規模の応じた進化ししてきています。日経で表彰されました。


 住友化学 pdf

大分県豊後大野市で農業法人「住化ファームおおいた(仮称)」を設立し、2010年度からトマトの栽培を行う。既にイチゴ栽培に参入
住友化学はグループで農薬や肥料などの農業関連製品を手がけている。農業参入には、自社商品を使って農産物を生産することで商品の付加価値を高める狙いがある。5月には長野県でもイチゴ栽培の農業法人を設立しており、農産物の生産拠点を国内各地に広げる方針。

 住友化学(HP)

 三井不動産ららぽーとに植物工場

商業施設「ららぽーと柏の葉」(千葉)に植物工場を設置した。小型植物工場(みらい畑)でレタスやハーブなど6種類を栽培し、2009.10月末より販売をはじめた。

 2009.10.12日刊

三井不動産HP

◆(株)みらい






 

 
総合レンタル企業ニシケンのアグリ事業(福岡)

佐賀県三養基郡みやき町の
みやきセンター内に建設した当社植物工場「アコルくんのすいさい園」は敷地面積13,050u(福岡ドームのフィールド面と同規模)、延床面積10,584uいう広大な面積を誇り、国内でも有数の大規模植物工場です。 なお、植物工場の名称に含まれる「アコルくん」とはニシケンのイメージキャラクターです。 「すいさい園」はグリーンリーフやサラダ菜などのビタミン豊富な葉菜類を大量生産する能力をもち、低下した国内食料自給率を下支えする可能性を大いに秘めています。

 日亜物産

兵庫尼崎・日亜鋼業子会社

都市型農業で作った新しい野菜。

遊休倉庫を活用して野菜工場を稼動。レタスの栽培、大阪梅田のホテル、大阪市内スーパーに出荷している。「工場の管理は金属製品同様の繊細さで行っており、新事業といっても違和感がなかった」モノづくりのノウハウをいかした生産体制を協調。家庭用装置も発売。
・グリーンリーフ
・ビバロッソ
・フリルアイス
 
  2008.10.13日刊

 ハイテクファーム
 野菜工場

・ハイテクファーム武生工場
 福井県越前市
・ハイテクファーム園部工場
 京都府南丹市

ハイテクファームでは無農薬野菜の販売を行っておりますある野菜工場は、キューピー鰍フ開発した立体型の噴霧水耕(T・Sファーム)を使用した画期的なハイテク農業施設です。店舗用、業務用の無農薬野菜としてお使いいただけます。




 


 オオノタ

業務用食材、食品卸、食品小売
長野県安曇野市

・安曇野三郷ハイテクファーム
 

 フェアリーエンジェル

・エンジェルファーム福井
 福井県美浜町
・エンジェルファーム北山
  京都府京都市

経済産業省を中心に策定された「新経済成長戦略」に植物工場の先進的な取組事例として弊社及び事業内容が取り上げられました

◎フェアリーエンジェル 別ページ

 
(有)サンライフ野菜センター

 ○サンライフ野菜センター
 香川県三豊市

半結球レタス

高度なテクノロジーから生まれたKL式AGRI・SYSTEMS。それはまさに、植物工場。これまでの農業のカタチを大きく変えました。野菜づくりに最適な環境の中で、播種から収穫まで、全てがオートメーション化。21世紀の農業を担います

エスジーグルーンハウス(北九州若松区・西部ガス子会社)

無農薬リーフレタス(フリルアイス・
ピュアーヴェール・グリーンマリーゴールド)

 ラプランタ

1995年から、蓄積した豊富な人工植物栽培システムの技術、人工植物栽培シスエムの研究開発力により事業展開、サラダ野菜の生産と販売 をしています。ラプランタ式栽培システムは外界から遮断された室内でおこなわれる水耕栽培です。  土壌汚染の心配がまったくない完全無農薬を実現。 しかも生育促進剤などの添加物もいっさい使用していません。


 
アグリポリュテーションジャパンc

 百年野菜
ヤマネ式循環養液栽培
完全無農薬野菜の特許・独自ノウハウ利用による生産及び販売
・完全無農薬野菜の特許利用生産プラント製造販売
・販売プラントに対するコンサルティングと資材供給、人材派遣

 
◎アグリポピュレーションジャパン
  
別ページ


GOKOアグリファクトリ

 信州伊那谷
 GOKOとまとむら
2002年にGOKOグループが設立した新事業部門です。
「徹底的な合理化によって、少人数で日本人の嗜好にあった安全な農作物をできるだけ多く作る」を目標に、カメラメーカーとして長年培った生産姿勢を農業への取り組みに活かしています。生産体制・栽培技術いずれにおいても改良を行い日本農業への貢献をめざしています。


ベルグアース
 愛媛  

2006年日本最大となる閉鎖型苗生産施設を建設、稼動を開始しました。この施設から生まれた新商品「e苗」シリーズは、「旺盛な生長力・無農薬育苗・花芽の低段化」などを実現した高付加価値の苗です。この他、定植作業を容易にした「アースストレート苗」、接木後即出荷し、お客様のところでお好みに合わせて仕立てていただける「ヌードメイク苗」を開発するなど、省力化、低価格化、オリジナリティを追いつづけてきました

◎ベルグアース
   
別ページ
 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


□完全人工光型植物工場     
2009.3を基準として追加

     2009.3 の現状は 企業56%、農業生産法人等32%  ◎企業中心

   
既存販路を持つて、先行投資費用に対応できる企業の関連会社の方が、事業化成功が高い。
   まだ実証段階も兼ねる業界の場合、運転資金が想定以外の未知の必要な経費が発生するに
   確率が高い。農業生産法人として独立採算の場合は、年計画の損益分岐点に近い、大中販売
   販路を持つ企業グループと連携した方が生き残りの確率は高くなります。

   身体障害のある人たちの働く場として、行政が設備投資への助成するしくみがあると、販路に
   応じて適正規模でスタートでき、販路開拓スピードに応じて、拡大できます。努力すればするほど
   健康人の平均年収を超える可能性を持つ永続的収益を生む企業の一つになれます。
   障害に応じて、しくみシステムの中に、人を組み込む方式で時間生産性を健康人以上にすること
   が可能な企業の一つです。  
 

社会福祉法人クビド・フェア 

○コスモファーム岩見沢
 北海道岩見沢

リーフレタス


青森県(津軽元気野菜工場促進協議会)

○青森県産直野菜工場
 青森県黒石市

ベビーリーフ、トマト苗

(株)九州屋 

○住田野菜工房
 岩手県住田町

レタス、グルーンリーフ、サンチェ等

(株)セコム工業
 防犯警備のセコムのグループが参入
 
○セコムハイプラント 宮城県白石市

ハーブ

(株)安全野菜工場
 
○安全野菜工場
 山形県米沢市

 チマ、サンチェ


キューピー(株)
 
○TSファーム白河
 福島県白河市

サラダ菜、リーフレタス 


JA全農とちぎ

○全農とちぎ種苗センター
 栃木県宇都宮市

トマト苗

苗作り、MKVドリームの苗テラス導入事例

 

農業組合法人ハイテック羽生

○ハイテック羽生
 埼玉県羽生市

サラダ菜、リーフレタス

(株)野菜工房

○野菜工房
 埼玉県秩父市

レタス

 


 
(株)みらい


○グルーンフレーバー五香店
 千葉県松戸市

レタス、サンチェ、グリーンリース、ミズナ、ルッコラ、パジル
 


(有)アーバンファーム

○アーバンファーム
 千葉県柏市

レタス、各種ハーブ類
 

(株)東京ドリーム

○東京ドリーム
 東京都小平市

リーフレタス、フルルアイス、ロロロッサ、サラダ菜等

小津産業(株)
 和紙の老舗の
 参入

○小津産業
 東京都府中市
日本橋やさい

リーフレタス

(株)松代ハイテクファーム

○松代ハイテクファーム
新潟県十日町市

レタス、サラダ菜
 

スマイルリーフスピカ(株)

○スマイルリーフスピカ
 富山県富山市

リーフレタス、ハーブ


(株)フェアリーエンジェル

○エンジェルファーム福井
 福井県美浜町

グルーンウェーブ、グルーンリーフ、ロメイン、サンチェ、フリルアイス、ミズナ、ルッコラ、春菊、小松菜

農業組合法人ハイテクファーム

○ハイテクファーム武生工場
福井県越前市

サラダ菜、リーフレタス、フリルレタス

(株)大戸屋
外食産業の葉物野菜の自社栽培工場

大戸屋グリーンルーム
 山梨県山梨市

レタス、グリーンリーフ、サンチェ等

(株)ラプランタ

○タプランタ諏訪
 長野県岡谷市

リバーブルース、フリンンジグリーン、ノーチップ

オオノタ子会社
(有)安曇野三郷ハイテクファーム

○安曇野三郷ハイテクファーム
 長野県安曇野市

サラダ菜、リーフレタス、フリルアイスレタス、わさび菜、ルビークイン、ベビーリーフミックス

(有)フレッシュグリーン

○フレッシュグルーン 静岡県静岡市

サラダ菜、レタス


日本アドバンストアグリ(株)

○Mama'sファーム
 滋賀県日野町

フリルアイス、ロロコッサ、ベビーリーフ
 

 (株)フェアリーエンジェル

○エンジェルファーム北山
 京都府京都市

レタス、ミズナ、春菊等

農業組合法人ハイテクファーム

○ハイテクファーム園部工場
 京都府南丹市

サラダ菜、リーフレタス、フリルレタス
 

(株)スプレッド

○亀岡プラント
 京都府亀岡市

フリルレタス、モコレタス、ロメインレタス、サンチュ、ミズナ、ルッコラ、デトロイト


(株)みらくるグリーン

○みらくるグリーン
 大阪府岸和田市

ベビーリーフ、ハーブ
 

日亜物産(株)

○日亜物産
 兵庫県尼崎市

グリーンリース、フリルレタス、ビバロッソ
 

(株)夢ファーム有漢
旭食品出資の第三セクター

○夢ファーム有漢
 岡山県高梁市

フリルアイス、リーフレタス等

 (有)竹内園芸
の関連会社
(有)徳島シーリング

○徳島シードリング
 徳島県板野市

トマト苗

 (株)グリーンタック

○クリーンタックファーム
 愛媛県今治市

サニーレタス、ベビーリーフ、ルッコラ


ベルグアース(株)

○ベルグアース
 愛媛県宇和島市

トマト苗
 


(財)柳谷村産業開発公社


○夢ファームやなだ
愛媛県久万高原町

サラダ菜、リーフレタス、フリルアイス
 

(株)夢ファーム土佐山
旭食品出資の第三セクター

○夢ファーム土佐山 高知県高知市

サラダ菜、リーフレタス

(有)夢野菜おおざいファーム

○夢野菜おおざいファーム
 大分県大分市

グリーンリーフ、フリルアイス、サラダ菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
□太陽光、人工光併用型植物工場   2009.3を基準として追加

  2009.3の現状は 農業生産法人等69%  企業31% 
  農業生産法人等が中心の傾向が出ている。

大規模農業で、独立採算型として創市場、創客が必要な場合はこの方式の方が商品相場への対応できる確率は高い。高単価商品開発は園芸分野も一つの方向。

◎根菜の植物工場化が汎用化した段階から、業績は上昇に入る。

◎大規模とは、平面の広大な土地を持を持ち商品相場を動かす農業輸出国と拮抗するためには可能な平面の土地を、立体型の活かし、延べ総面積で拮抗するようにすれば、想定以上の 生産性向上が可能になります。

突破口の一つは三菱化学のコンテナ方式を応用した、品種別に「旬」に大量生産時期をマツチングさせたブロック、ユニット生産積み重ね方式を応用展開すると、ユニット別出荷が可能となります。

生産条件は先人が既に商品別に上限下限条件が分析できてきています。失敗確率の歯止め方向が観え始めています。

ブロック、ユニット管理は、成長段階別に継続的に植物の成長異常、病気の早期発見の人海のしくみが分水嶺になります。異常は発生ブロック、ユニットだけ破棄対応し、他に広がらないようにすることも可能です。監視システム、データ管理と併用すれば、現在の、生産性を2倍以上にすることができる段階になってきました。個人型農家を、農業生産法人の社員化し、農業の知恵を担当するブロック、ユニットに活かし、現在より年収を多く、有給もとれ少ししくみシステムの価値に気づく時期が来ています。過去から戦前の「大地主と小作」のしくみを、共に豊になることを目指す「企業と社員」のしくみに進化させる、人育てと同様に、植物も生物、ものづくりの生産性とは異なり、植物の成長段階の節目ごとに
人海戦術を活かすことが高品質均質性を構築する上で分水嶺になります。地域の就業率アップ可能な
事業の一つとなります。(特に24時間3交代勤務が必要なため高齢者にも収入源の一つになります。)


動力源は、有線に固執せず、他の、太陽光、風力、ガス等発電方式等もローコスト化段階になって
きました。

水の管理も、農業にふさわしい水を供給できる汚染処理技術は進化してきました。

土壌も、ブロック、ユニットに応じて生産にふさわしい土壌技術も進化してきました。定期的な検査の
しくみもできてきました。農業生産法人にふさわしい場所も、その現状を総合的に事前検査して、
データベース化し、ふさわしい改善をすれば、継続的に単位面積当たりの生産性追及も可能な段階
になってきました。

◎まだ種から工場生産に入らなければならないですが、建設のプレカット工法と同様に、イチゴ、トマト等の苗の育成(完全人工光型植物工場の方が、均質生産性は高い)し、苗段階から生産体制に入る方が、出荷納期管理の精度はより高くなります。苗の大規模法人の成長を急ぐ時期が近づいています。
  
 


 農業生産法人神内ファーム21

○プラントファクトリー
 北海道浦臼町

サンチュ、サラダ菜、リーフレタス、イチゴ、トマト
 


(株)トヨタフローリテック
 トヨタ自動車が自動車以外の事業としてバイオ・緑化事業に参入し花卉の生産販売事業
 株式 トヨタ50% ハクサン50%(種苗、園芸資材、園芸商品)

○トヨタフローリテック
 青森県六ヶ所村


ミニバラ、ポインセチア、カランコエ

(株)熊谷園芸

○熊谷農園
 山形県鮭川村

バラ
 


 JFEライフ(株)

○土浦グリーンハウス
  茨城県土浦市

サラダ菜、レタス
 


(有)グリーンズプラント巻

○角田浜農場
  新潟県新潟市

ミツバ、ベフィーリーフ、ルッコラ等
 


(農)えちご魚沼

○えちご魚沼
新潟県魚沼市

ホウレンソウ

MKVドリームのナッパーランド導入事例
 

(有)花プラン

○花プラン
 新潟県新発田市

バラ
 


農業組合法人布引施設園芸組合

こもろ布引いちご園
 長野県小諸市

イチゴ、イチゴ苗
 

(株)ホト・アグリ
光産業創成大学院大学発企業

ホト・アグリ
 静岡県浜松市

リッチリーフ


 國枝バラ園

○國枝バラ園
 滋賀県守山市

バラ 
 

 JFEライフ(株)

○三田グリーンハウス
 兵庫県三田市

サラダ菜、レタス


 農業組合法人アリス

○アリス
 和歌山県紀ノ川市

レタス

 
MKVドリームのナッパーランド導入事例
 


(有)サンライフ野菜センター

○サンライフ野菜センター
 香川県三豊市

半結球レタス
 

 エスジーグリーンハウス(株)

○エスジーグリーンハウス
 福岡県北九州市

レタス


 (株)ニシケン
 総合レンタル企業

2010.1.6からアグリ事業として
 MK式植物工場販売開始 

アコルくんのすいさん園
 佐賀県みやき町

グリーンリーフ、サラダ菜
 


(有)スウェデポニック久住

久住高原野菜工房
 大分県竹田市

パセリ、パジル等
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◎農商工連携88選定
 経済産業省METI 2009.07.03発行



 


各地域の事例企業を公開しています。

1.「新しい生産方式又は販売方式の開発の取組み

2.「新サービスの提供」の取組み

3.「新商品の開発」の取組み(農畜産を活用したもの)
 


◎「植物工場事例集」
pdf
          2009.11.26発行  

2009.3現在の全国の植物工場一覧が閲覧できます。
○完全人工光型植物工場
○太陽光・人工光併用型植物工場
 

 

 

□有機等利用植物工場研究会















 

 ◎植物工場分野に最初に参入したクループの技術の進化が実践の中で着実に進んでいます。
ただし、完全な人工環境下でのもので、先行投資、投資回収が長期型標準化、システム化、しくみは総合的に揃ってきています。
コスト面のユニット基準はまだなく、オーダーメイド価格のようです。
最近の食の安全・安心の風潮は、植物工場に追い風になっています。
このような中にあって、真の食の安全・安心を目指すには植物工場こそが最適な手段であります。無農薬、有機・水耕任意選択可能、LEDなどの新しい光源を採用した究極の植物工場が食の安全・安心を保障するものと考えます。
複数の企業等が集まり、これまでにない新しく安価なな植物工場を市場に展開します。植物工場に関心をもつ企業のご入会をお待ちするとともに、開発のお手伝いをさせていただきます。
○活動内容
・有機等利用した植物工場システムの提案⇒施工⇒メンテナンスサービス
・有機等を利用した植物工場システムの光源・空調・栽培システム等の技術開発
・植物工場及び植物工場野菜に関する調査、研究及び普及支援
 

□中央農業総合研究
センター




















 

   ↓クリック
(独)農業・食品産業技術総合研究機構に所属し、

本州中央地域(関東・東海・北陸)の農業発展のため、多くの専門分野を結集
した総合研究を展開し、新たな米政策に対応した水田の高度利用や地域バイオマスの有効利用など、新技術体系の開発を行います。また、新技術開発の基盤
となる専門研究や土壌肥料、病害虫・雑草防除など環境保全型農業生産の
ための専門研究を行っています。

そのために、行政、農業関係団体、国公立研究機関、大学、民間、海外研究
機関などと連携、協力しながら研究を進めます。

◎役立つ情報
       
↓クリック
○研究交流の広場

○担い手プロ(ハーフプロ)

○フィールドサーバ

○ロボット農作業

○育成品種、種子について生産販売や入手先

○農薬ナビ判定サーバシステム

 

 

 

 

◎もっと大規模植物工場の事業化を検討している方は

「植物工場の稼動と市場」をご参照下さい。

 

商品一覧