開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

製造に関する次代への進化

■製造に関する次代への進化 081101

                                                                 
新事業展開時のインフラの進化
>製造に関する次代への進化




 

 製造段階で必要なテーマで機能開発時の進化が企業の違いの微差が大差に
なる次代への進化を探すことが重要です。

 

更新 2010.09.16

   ↓クリック                        


□固有技術を「もうちょっと」相対的に進化させたい

◇中小企業基盤整備機構








 

平成13年(2001年)12月に閣議決定された「特殊法人等整理合理化計画」に基づき、平成14年12月に「独立行政法人中小企業基盤整備機構法」が公布されました。
中小企業総合事業団(信用保険業務を除く)は、地域振興整備公団(地方都市開発整備等業務を除く)及び産業基盤整備基金の業務を統合し、平成16年(2004年)7月1日に「独立行政法人中小企業基盤整備機構」として新しくスタートを切ることになりました。
独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)は、中小企業者その他の事業者の事業活動に必要な助言、研修、資金の貸付け、出資、助成及び債務の保証、地域における施設の整備、共済制度の運営等の事業を行い、もって中小企業者その他の事業者の事業活動の活性化のための基盤の整備を行います。
 

◇科学技術振興機構JSI









 

科学技術振興機構(JST)は、科学技術基本計画の中核的実施機関として、我が国のイノベーションの創出の源泉となる「知の創造」から「研究成果の社会・国民への還元」までを、総合的に推進します。それとともに、その基盤となる「科学技術情報の提供」、「科学技術に関する理解増進活動」などをしています。

●産学官連携(産学官連携情報)
「産学官の道しるべ」は産学官連携活動に係わる多くの方々が、必要な情報を一元的に入手できるよう、産学官連携に関連する情報を網羅的に収集し、インターネット上で広く一般に提供するものです。
・産学官の道しるべ
・産学官連携支援データベース
・J-STORE(研究成果展開総合データベース)
・科学技術総合リンクセンターJ-GLOBAL
・ReaD(研究開発支援総合ディレクトリテータベース

 

◇新エネルギー・産業技術
総合開発機構NEDO

        

NEDOは、日本の産業技術とエネルギー・環境技術の研究開発及びその普及を推進する我が国最大規模の中核的な研究開発実施機関であり、非常に重要なミッションを担っています。
 

◇元気なモノ作り中小企業300社














経済産業省中小企業庁で2006年版より情報公開されるようになりました。
中小企業は、高度なモノ作り技術によりわが国産業の国際競争力を支える経済活力の源泉となっています。また、モノ作りにより地域経済を支えながら内外の市場で活躍する企業、意匠やデザインにより新規分野を開拓している中小企業が日本の活力を生み出しています。
普段は目に触れにくいものの重要な役割を果たしているモノ作り中小企業の姿を、みなさんに対して分かりやすく示すことにより、これら中小企業のやる気をいっそう引き出すとともに、若年層を中心にモノ作り分野に対する関心をもつきっかけとなることを願い、経済産業省、中小企業庁は2006年版より公開がはじまり、2007年版に引き続き、2008年版版が出ています。
高い技術を持つ中小企業の中にも、その技術力が公開された情報となっていないものや、余り知られていないものも多数存在する。

300社に選定したもの以外に、全国に多数存在します。

我が国の明日を支えるモノ作り中小企業のいわば「氷山の一角」です。
 

◇知財を活かすプロ










 

知財を活かす開発、設計、知財担当、戦略的に知財を活かす経営陣、知財を活かすプロ人財が業務で自在に活用できます。
直接その機関とのコンタクトと人脈づくりも有効です。

●新規事業を検討する場合、参入テーマに関して
世界の特許情報を知り、専門機関と相談し、特許取得戦略は、世界市場になり、海外企業の参入、海外への進出が加速度的増加時への対応に必要です。社内に特許申請に関する外部の専門家と連携した社内知財部門がある企業が増えてきました。

◎市場的確把握既存情報を活かすプロ
市場分析の定石は短期で市場の的確な既存情報を把握し、あなたの固有情報で加工するか、その情報が、業績繁栄に貢献したかどうかがプロの戦略家格差です。真に知財を活かすとは、実体社会の中で業績貢献度が高いかどうか(今の世の中の多数に役立っている実証結果)と相関があります。知財のプロは「市場把握のプロ」であることが必要条件です。

◎TLO(技術移転機関)を活かす
知財を市場化する支援のしくみを上手に活かし、市場化できる実体化の期間を短縮できる確率は高くなりました。自社、自社内人材に固執するのは20世紀の手法、「もうちょっと」視点の違う外部の力は、自社の制御人財のトリガーの役割をします。
 

◆エネルギー自給への対応


















 

日本国は21世紀エネルギー自給への対応をハイスピードで切り換える時期が近づいています。
日本国は20世紀の「油断」時の「対症療法」が 再び21世紀は同様な状況に緊急対応できない現状を人財の皆様は、検証、確認せれたはずです。
日本国は対症療法は短期の防戦として活かし、その可能な期間内に、過去蓄積した知識・智慧と不足する智慧等、自力で機能開発するスピードを上げるために変速機のギアを「ロー」から「ハイ」、「ハイから超スピード」へ切り換え変えるスタートの時期として千載一隅のチャンスと考える日本国の未来を豊かにする国家戦略への切り換えするチャンスと考えるプラス発想をする人財の輩出を速めるためにA志援が役立つように最先端コンテンツ探し、掲載します。
日本国は21世紀は20世紀と同じ失敗を繰り返せば、未来国家存亡の危機を招く確率は高いです。
幸いに、20世紀は世界観をもつ少数の国が主導して、現在まで短期間元に戻つたように錯覚させました。21世紀は他力での期待による現状への復帰は成功確率として40%以下になっています。
急台頭する富により世界を首導する国が複数となり、「指導者・指導層がまだ価値判断が世界観の段階」に達するまでには時間がかかります。
21世紀内に可能性があるか、その国の人財輩出スピードが現状ていどなら可能性は望まない方が賢明です。
期待する他力をやめ、日本国は 自力でこの時代変曲点を、仰角大きくスタートする時期です。
 

◆半導体情報通信技術の
進化

 

情報通信機器の高機能化、低消費化の要求を満たすシステムLSI等を実現するために、半導体技術は進化をつづけています。世界規模で、急速な進化をしている業界
 

 ◇日本金型工業会

 

 (社)日本金型工業会は1994(平成6)年設立。世界をリードする日本の金型産業のナショナル・センターとして、金型産業および関連産業の健全な発展を図り、世界経済の協調的繁栄と国民生活の向上を目的としています。
 

 ◇計測自動制御学会


 

 計測自動制御学会は「計測」と「制御」に関する理論と応用を追及する学会です。今、わが国では技術立国、知財立国が政策として推し進められ、技術開発の重要性が広く認識されています。地球温暖化やエネルギー問題などの解決のためにも、SICEがカバーする計測と制御分野の技術と理論ならびにその産業応用が社会に大いに貢献を目指しています。
 

◇日本ロボット工業会



 

日本ロボット工業会は、ロボット及びそのシステム製品に関する研究開発の推進及び利用技術の普及促進等を行うことにより、ロボット製造業の振興を図るとともに、広く産業の高度化及び社会福祉の向上に資し、ひいては国民経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的とし、次の事業を実施しています。
 

◇国立科学博物館産業
技術史情報センター

 

産業技術史資料情報センターでは、失われつつある産業技術の進化の歴史である日本国の財産の保存を図るために、産業技術を培ってきた先人達の経験を継承し、更なる技術革新に役立てる情報拠点を目指しています。
 

◇ラティス・テクノロジー
       





 

製造業の3D CADデータの共有、活用、業務最適化を支援するXVLを展開しています。多くの大企業・中堅企業と取引をしています。
3D データをネットワーク上のメディア (= コミュニケーションの媒体) としたいという思いで設立された技術開発型のソフトウェアベンチャー企業です。創業時の夢は、ネットワーク 3D の分野で日本発世界標準となる技術を開発すること。 1999年、精力的な研究開発の結果、圧倒的なデータの軽量性と高い精度、さらにデータの構造までも表現できる 3D 表現形式 XVL の開発に成功しました。 XVL があらゆる産業で利用され始めた今、世界標準という創業時に描いた夢に着実に近づきつつあります。
 

◇マイクロマシンセンター          






 

(財)マイクロマシンセンターは、マイクロマシン・MEMS等のマイクロナノ分野に係る基盤技術の確立を図るべく産学官の力を結集して、これまで数々の国・NEDO主導の技術研究開発プロジェクトを推進してきました。 マイクロマシン技術研究開発プロジェクト(1991-2000)を端緒に、MEMS用設計・解析支援システム(MemsONE) 開発プロジェクト(2004-2006)、高集積・複合MEMS(ファインMEMS)製造技術開発プロジェクト(2006-2008)、異分野融合型次世代デバイス(BEANS)製造技術開発プロジェクト(2008-2012)等に取り組んできており、今後もマイクロナノ分野のイノベーションの実現へ向けて技術フロンティアへの挑戦を続けていきます。 

 

◆産業技術総合研究所

産総研は 技術を社会具体化するためにイノベーションスーパーハイウエイを目指し支援している団体です。

 

◆(独)物質・材料研究機構
NIMS

 物質・材料研究機構(NIMS)は物質・材料専門の中核的研究機関として、基礎・基盤的研究開発等の業務を総合的に行い、物質・材料科学技術水準の向上を図っています。ナノテクノロジーを活用した持続社会形成のための物質・材料科学の探求

 

◆精密工学会

精密工学会は「ものづくり」に関わる問題を広く探求しています。設計生産システム、精密加工、メカトロニクス、精密計測、人環境
 

◇日本電子回路工業会
    

◎高度高精密機械には、電子回路、プリント基板が融合(組み込み)してはじめて目的の機能を発揮できます。両輪の役割をしています。機械・人間(アナログ型・
見える)と電子(デジタル・見えない)の両輪の先人の智慧を体得することが21世紀の必要条件です。
 

◆東京都産業技術研究
センター




 

急速な技術革新や経済のグローバル化など、東京のものづくり産業を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした中、東京都に対しては、基盤技術への支援に加え、ナノテクノロジーやITなどの先端技術及び環境や少子高齢・福祉などの新たな技術課題への迅速かつ効果的な支援が求められています。技術支援ニーズに対する柔軟かつスピィーディな支援を今まで以上に実施するため、平成18年4月、東京都立産業技術研究所は、地方独立行政法人へと生まれ変わりました。
 

◆名古屋市工業研究所


地域の企業支援事例:名古屋市工業研究所では、中小企業の 方々の生産技術の向上、研究開発などを積極的に支援する業務を行っています。
 
 

◇未来ICT研究センター






 

神戸研究所 未来ICT研究センター(KARC: Kobe Advanced ICT Research Center)は、情報通信分野における国の唯一の研究機関である(独)情報通信研究機構(NICT)の一翼を担う基礎研究の拠点として活動しています。
情報通信技術は、皆様の社会生活を支えている一方で、現在、情報通信が爆発的に増えることによって起こるエネルギー使用量増加の問題、新概念の情報通信技術の開発、セキュリティ対策などの課題に直面しております。
これらの課題に取り組むべく、私たちは全く新しい観点から知識の創造とイノベーションを目標に、バイオ、脳、ナノテクノロジー、超伝導や量子など様々な研究を行っています。また、学術的貢献のみならず、当センターのもつ情報通信用材料・デバイス作製技術、様々な計測技術などをベースに、実用化を念頭においた研究開発も関連企業・大学の皆様と協力して進めて行くことを目指しています。
 
 

◇産業技術大学院大学






 

産業技術大学院大学は首都東京の産業をリードする高度専門職人材の育成を目的として設立された専門職課程のみの2専攻で構成される公立の大学院大学です。

○業務遂行能力を重視した教育内容
○常に学び続けるための新しいシステム
○活力ある次世代都市東京の誕生に向けて

求めるのは本学が構築しようとする学び合いの場に参加し、専門的な知の力で豊かな社会を築くために行動するプレイヤーを志す人たちです。こうした人達が集う学び合いの場は、やがて東京という都市を覆いつくし、多彩な専門職人材が集う活力に溢れた次世代都市東京の誕生へと繋がるものと確信します。
 

◇東北大学流体科学研究所

















 

◎対流に関連する事業を検討する場合は、インフラの効果的レイアウト制御装置の機能の最適選択等連携が必要な要素です。流動科学は、気体・液体・固体の流れを連続体の流動とし取り扱うマクロな視点と分子・ 原子・荷電粒子の流動として取り扱うミクロな視点で、物質の流れのみならず熱・ エネルギー、情報の流れを明らかにする新しい学問領域です。流体科学研究所は、その使命を果たすために、2016 年までに、次のような目標達成を目指す。
1.多様な流動現象に関する学理の探求および普遍化を基に、流体科学と先端  学術分野を融合することによって新たな学術分野を創成する

2.文明社会が直面する諸問題の解決を目指して、エネルギー、航空宇宙、  ライフサイエンス、ナノ・マイクロテクノロジー分野に関わる流体科学研究の  クラスターを組織横断的に構築し、研究所の研究者と研究資源を戦略的に  集中することによって、上記4分野に関わる流体科学の研究成果を重点的に 創出する。

3.研究所が重点的に進めているリエゾンオフィスなどの海外拠点や国際ネット  ワークを活用した国内外の主要研究機関との連携活動を通して、国際共同  研究や研究者・学生交流を積極的に展開し、その成果を国内外に発信する ことにより、流体科学国際研究拠点となる。
 


◇茨城県科学技術振興財団






 

科学の進歩と技術革新は、人類の様々な課題を克服する鍵であり、多くの場面で、科学の進歩が技術革新を促進し、新しい産業を生み出すなど、経済社会の発展に大きく貢献しています。
このような中で、茨城県には世界的な水準の広範多岐にわたる科学技術・産業技術の集積があり、「科学技術の県」として、本県から発信される研究開発や技術革新の情報は、非常に注目されています。
茨城県科学技術振興財団では、こうした恵まれた社会環境を有効に活用し、科学技術の基礎的・創造的な研究開発推進、奨励するとともに、新たな事業展開図ろうとする創造的企業を支援し、茨城県の地域経済復興はもとより、日本経済の発展と国際的な科学技術水準の一層の向上に貢献を目指しています。
 

◇宇宙航空研究開発機構





 

2003年10月、宇宙科学研究所(ISAS)、航空宇宙技術研究所
(NAL)、宇宙開発事業団(NASDA)が1つになり、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行うことのできる機関が誕生しました。
それが、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)です。
宇宙開発利用と航空研究開発は、国の政策目標を達成していくための手段であり、問題解決に貢献することはJAXAにとって重要な使命です。JAXAはこの自らの使命を実現するため、2005年4月に「JAXA長期ビジョン“JAXA2025”」を提案しました
 


◇省エネルギーセンター

   
ECCJ




 

省エネルギー推進の中核的機関として、関係省庁及び賛助会員企業をはじめ、皆様のご協力とご支援を賜りながら、エネルギー消費のあらゆる分野において、省エネルギーに関する正確でわかりやすい情報提供、普及推進、診断指導、国際協力など大きな役割を果たして参りました。今後とも、省エネルギーのナショナルセンターとして、長年にわたり蓄積してきた省エネルギーに関するデータやノウハウに新しい知識や工夫を加えつつ、時代に即応した省エネルギー情報を国内外へ発信し、事業内容の一層の充実に努めて参ります
 

◇応用力学研究所
   (九州大学)






 

応用力学研究所は、海洋・大気、および核融合・プラズマに関する力学的研究を2つの柱として、さらに新しい研究分野を開拓する基礎力学研究とともに、国内的には全国共同利用研究所として、また国際的には東アジアあるいはヨーロッパとの研究ネットワークの拠点として、先端的な研究を展開しています。
変化しつつある地球環境を反映して、海洋・大気に関わる環境研究には、様々な側面からの要請がさらに強まることが予想され、また、核融合研究には、遠い将来を目指して長い階段を上り続けることが要求されています。これに近未来の自然エネルギー利用に関わる研究を加えて、社会へのより直接的な貢献も視野に入れています。
これらの研究に関連する幅広い応用力学分野の国内外研究者を受け入れ、組織的な共同研究を通して、人類が直面している地球環境問題・エネルギ−問題の解決に役立つべく、大学附置研究所の特質を生かした研究の遂行を目指しています。
 

◇数理システム


























 

株式会社数理システム2つの接点で独創的な技術を育み、科学技術の発達と産業の高度化に貢献を目指す企業です。

1.基礎科学の中にありながら広範な分野で応用されている数理科学。
2.たゆまぬ進化を続けるコンピュータサイエンス

この2つの領域をベースにもつ独立系のソフトウェアベンダーとして、設立以来独自のポジションを築き上げてきました。

目指すもの─それは数理科学とコンピュータサイエンスが交差する接点で他にない独創性を育み、テクノロジーの最先端を切り開くことにあります。
国内外から優れた人材を獲得し、エンジニア一人ひとりが自由な研究環境の中で未知の領域にある可能性にチャレンジする中で、科学技術の発達や産業の合理化、社会システムの高度化に大きく貢献する技術的な成果がいくつも生まれています。

開発した情報システムやソフトウェア製品は、国の研究機関や全国の主要な大学の研究室、またあらゆる産業分野の第一線で活躍し、数理システムの技術力、研究開発力に対するユーザーの評価は日増しに高まっています。

優れた技術開発力は、今や海外でも高い評価の対象となっています。世界経済の中心に位置するニューヨークやロンドン。金融機関の中枢部門では、当社が独自に開発した数理計画法パッケージが最速・最適なエンジンとして認められ、多数の投資顧問会社に導入されて好評を博しています。
また、これらの技術をベースに開発されたポートフォリオ構築支援ツールは、多くの機関投資家に注目され絶対の信頼を獲得しています。

数理科学は、現代科学が直面するさまざまな課題を解決する手段として、その応用分野を広げています。当社は、数理科学全般にわたる広範な専門知識とITの最新技術を駆使しながら、今後も多方面でいまだ克服されていない種々の問題解決に挑んでいます。
 

◇日本ニューメリカルアルゴリズムズグループ









 

NAGは英国Oxfordに本社を持ち、35年以上にも渡り高度な数学問題を解くための各種ソフトウエア及びコンサルティングサービスを世界に向けて提供しています。世界トップレベルの数学者、統計学者らにより構成されるNAG研究開発陣により、NAGの技術は進化を続けています。
NAGの主力製品であるNAG数値計算ライブラリは1971年にリリースされて以来数々のバージョンアップを重ね、現在では1450以上の高度で洗練された数学及び統計アルゴリズムを含む製品となっています。全世界で10000以上のユーザ実績を持つNAG製品は、宇宙工学から、金融、医療、農業、ITに至るまで様々な分野で利用されています。
NAGは優れた数学・統計計算アルゴリズムを核とする、数学・統計計算ライブラリ、データマイニングコンポーネント、可視化アプリケーション、統計解析ソフト、コンパイラ、CRM用解析ソフトなどの販売や、多くの経験や実績を生かした、計算プログラムの並列化、システムインテグレーション、データマイニングなどの各種コンサルティングサービスを提供しています。
 

◇触媒の進化



 

触媒は化学反応を促進させる機能材料・機能製品であり、化学工業はじめとする各産業において多種多様な触媒が使用されています。
触媒は物質の合成、エネルギー、環境などの応用分野に利用され、重要な役割を果たしています。近年は、特に環境分野において伸長がまざましくい。
多面的にわたる用途先産業において、触媒が今後ますます大きな役割を果たしていくことが期待される。
日刊工業新聞 2008.10.27
 


□世界に拮抗できる企業の事例

◆光伝導機





 

光伝導機は創業から半世紀、技術立国日本の礎となってきた高度先端技術のサプライヤーとしてお客様とともに歩み、商品・サービス・仕事品質の「価値ある営業力」を提供してまいりました。
これからもわたしたちは「Responses&Solutions」を基軸とし、お客様の抱える問題点や現状を解決し新たな価値を生み出すため、問題解決・企画提案型の企業としてともに進んでいきます。全方位型のオンデマンド企業として、お客様の満足に加え、
地球環境保全についてもリードしていけるPublic Companyとしての責任と自負を持ち、社会全体へ貢献してまいります。
 

◆井上特殊鋼



















 

井上特殊鋼グループ4社は、「製造分野において永続的に利用価値を提供する」という理念の下、それぞれの事業領域におきまして、明確な独自性を有し、価値提供ができる体制を整えています。
◆井上特殊鋼(株)
情報と知識で製造業を支援するという、新しい概念でコンサルティングセールスを行っています。

◆(株)山崎機械製作所。
型打ち鍛造の中でも、エアースタンプハンマーを極めることを企業目的としています。

◆富士鍛工(株)
高知県という経済基盤が弱い地域に、あえて鍛造、熱処理、機械加工の集積をつくり出し、エリア特性を生かしたリング加工製品を提供しています。

◆井上マシナリー(株)
機械加工を通じてグループ企業とシナジーを生みだしています。

お客様の声に真摯に耳を傾けると共に、製造技術の向上と、情報及び知識の集約・活用を積極的に行い、新たな価値の創造を通じて、日本のモノづくりを支援していく企業グループです。
今後共、納入させていただく製品の信頼、お客様と対応させていただく個人の信頼、新たな仕組みや技術を開発する組織の信頼といった、3つの信頼を獲得していく。をテーマに進化を続ける企業です。
 

◆小森コーポレーション
KOMORI










 

小森コーポレーションは 「世界の中のお客様に感動をもたらすブランドであるために」をめざして、進化を続けています。
すべてはお客様からの発想のもとに。すべてをお客様のご満足のために。
私たちKOMORIは、1923年の創業以来、品質と信頼を至上とするものづくりの原点にこだわり、印刷機械システムメーカーとして世界各国から高い評価をいただいてきました。しかし、私たちはそれに満足しているわけではありません。これまで以上の評価をいただくために、真のグローバル企業として、全世界のお客様に感動していただける製品やサービスをお届けし、社会文化の発展に寄与していきたいと考えています。それが私たちが目指す「顧客感動企業」です。私たちは、チャレンジし続けます。印刷の新たな可能性を広げ、印刷コミュニケーションの豊かな未来につながるように。環境保全と企業倫理を重視した、人間尊重の企業であるために。
私たちを取り巻くすべての人たちに、新鮮な感動を広げていくために。
 

◇アトリックスグループ

 

アイトリックスグループは、ナノインプリント技術による次世代ソリューションのトップランナーを目指しています。
ナノテクノロジー、とりわけナノインプリント技術は、半導体、次世代ディスク、光学部品、バイオなどの産業分野で革新をもたらす要素技術として注目を集めています。
 

◇トリックス










 

多様な製品を国内・海外に提供する自動車部品メーカーです。
トリックスの誇る広大なヒューマンファクトリーは、21世紀を見据えた最新鋭の技術を導入して設計されています。ハイテクを駆使したさまざまな工作機械、自動化ライン、ロボット設備。その生産性の高さと品質は、どこにも負けないという自信がありますしかし、どんなに技術が進化しても、トリックスは人間のための会社。
その人間中心主義が変わることはありません。
自動化できるところは可能な限り機械にまかせて、人間は安全な場所から指示を与える、これがトリックスの目指すファクトリースタイルです。
もちろん公害要素を徹底的に排除し、環境に優しいクリーンな工場を実現しています(自動車部品製造の津工場・津第2工場・鈴鹿工場で、ISO9001、ISO14001 の国際規格を認証取得)。
働く人間のこと、製品を使う人間のこと、そして人間の暮らす環境がいつだって最優先。 それがトリックスの人間中心主義なのです。
 

◇ダイトエレクトロン







 

ダイトエレクトロン株式会社は、1952年(昭和27年)に、高本善四郎が商社として創業。(旧社名 大都商事株式会社)
その後、世の中の目覚ましい技術開発に伴い、お客様の幅広いニーズにお応えするため、単なる商社機能にとどまることなく、製造・販売専門のグループ会社を順次設立し、製販一体のグループ経営を進めてきました。
お客様から必要とされる商品を、グローバルな視野で開拓し、ご提供する「企画開発力」、そして信頼性の高い自社製品を生む「製造技術力」、多様なマーケットニーズを見極める「マーケティング力」と、まさしく三本の矢がひとつとなり、現在では長年の経験と豊富なノウハウに基づく総合的なソリューションをご提供できるように進化しています。
 

◇日新電機

◎電源は、電力を活用した全てのものの心臓部に相当します。危機管理に対応した信頼度の高さが設備投資をする場合の、外部まかでない最先端化の工夫が永続的格差になります。














 

電力流通設備から太陽光・風力発電設備、半導体製造装置など幅広く社会に貢献しています。
日新電機は、1910年に日新工業社として創業以来、100年に近い歴史の中で、コンデンサやガス絶縁開閉装置などの電力機器をはじめ、独創的技術での数多くの特色ある製品を国内外に送り出し、産業活動に必要な電力の安定供給を支えてきました。
「人と技術の未来をひらく」を合言葉にし、人と環境にやさしい永続的な社会の実現を目指して、独創的な技術を生み出し、社会と産業の基盤を支えることを使命ととらえています。
行動の原点は「誠実・信頼・永いお付き合い」の実現であり、これを通して会社の成長と社員の成長を目指し、お客様にご満足いただける製品をご提供することに、鋭意、努力を重ねています。
電力機器の中でも、電力用コンデンサは国内で圧倒的なシェアを占め、「コンデンサの日新」と呼ばれています。一方、ガス絶縁開閉装置や配電盤などの受変電設備の技術開発においては、一貫して「コンパクト化」に取り組んでおり、変電所全体の省スペース化・省資源化を実現する機器としてお客様に大変ご好評をいただいています。
ビーム応用装置分野においては、先端技術を駆使した半導体製造用イオン注入装置をはじめ、環境保護の観点からも多くの用途が期待されている電子線照射装置、部品・金型・工具などに耐摩耗性に優れたコーティングを施す薄膜コーティング装置および薄膜コーティングサービスなど、数多くの新事業が生まれ育っています。
 

◇日本電工

   

日本電工の事業分野は、合金鉄、化学品、新素材、環境システム等、多岐にわたっています。このうち、合金鉄および化学品の両事業は、当社のコア事業として基盤強化を図っており、またこれらコア事業で培った技術により育成して参りました新素材、環境システム両事業については、成長事業と位置付けて経営資源の重点投入により強化・拡大を図っています。
 

◇進和

    


 

エンジニアリング商社。自動車向けが主力。金属接合技術が強み。
「金属接合」を事業の核として、自らモノづくりに携わる開発・提案型商社。
1951年の創業以来、社是である「三拓の精神(新商製品の開拓、新規需要家の開拓、新規需要の開拓)」に基づくフロンティア・スピリッツをモットーに、自動車、電機業界をはじめ、産業界全般にわたる分野のさまざまなニーズを捉え、高度な技術力を武器として、業容を拡大。
 

◇谷田合金

   



 

精密鋳物と5軸・高速精密加工により試作・開発をトータルでサポート。
・1個からの試作品製作(鋳造・削り出し・積層)
・少量の量産部品製造(航空宇宙関連・半導体製造装置・ロボット・分析機器)

●基本スタンス
・世界に通用するものづくりで、製品の安定性、確実性を高めます。
・トータルコスト低減をベストな形で提案することで、お客様のコスト満足度に 答えます。
 

◇中央精機

   





 

自社ブランドである工作顕微鏡「ツールスコープ」を基として、光学測定機に関する設計・製作・販売。  独創的な光学測定機の商品開発。
1967年に開発いたしました"汎用ホログラフィ干渉計"を中心としてオプティカルユニット群は各大学をはじめ、わが国のほとんどの研究機関で活用されております。
1990年、レーザーを利用した真直度測定機「ストレーター」が中小企業優秀新技術・新製品賞を受賞。
1995年には液晶特性評価装置「OMS」を発表。
最近ではバイオ研究における細胞の中に遺伝子などを効率よく注入するための支援システム「単一細胞操作支援ロボット」や、電動ズームスコープ用高速追従型オートフォーカス「ラインオプト」を完成いたしました。 2005年、創業50周年を期して新たなコンセプトに基き市場ニーズにマッチした独創的な光学測定機の商品開発を行い、光計測製品としての新たな領域を開拓しています。
 

◇カイジョー

 





 

1948年の創業以来、私どもの誇りである超音波技術を基盤に、 最先端のエレクトロニクス/メカトロニクス技術をいち早く採り入れながら、 各種超音波計測機器、一般産業用洗浄機、半導体製造装置等の幅広い分野に事業を拡大し、 日本国内はもとより世界中のお客さまから高い評価。
今後、私どもは「限りない“超”への挑戦」という理念のもと、キーテクノロジーである超音波技術をもって、 洗浄・接合ではどこにも負けないをモットーに、さらなる超精密、超高速、超洗浄の世界を切り拓いてまいります。
そして、品質・価格・納期・サービスのあらゆる面で、みなさまのニーズに的確にお応えし、 ご満足いただけるソリューションの提供を徹底して追求し、世界のカイジョーをめざして全社員一丸となって取り組んでまいります。
 

◇オキナヤ

   









 

◎建設、鉄工所、産業システムが融合すると、複数の会社個別ソリューションのシステムが全社のナレッジのシナジー効果が発揮できる企業です。
大プロジェクトを実現するための全体の試験稼動を可能にする試作企業の一つです。新たな問題を解決する可能性が高い企業。臨床試験から生産ラインの本格稼動を構想するのが、成功確率が高い方法の一つです。

1867(明治元)年に創業し、時代に適応し、現在、産業システム事業部と建設事業部の2事業部制をとる、総合エンジニアリング会社。 環境、省エネ、安心・安全、福祉に関する蓄積した全社の技術とチームワークで問題解決するソリューションパートナー

明治元年に米穀商として創業した当社は、その後精米機の製造を手掛けたことから鉄工所を開設し、農業機械の製造に至るまでに発展しました。しかしながら、昭和20年の戦災で全機能を失うまでの壊滅的被害を被りましたが、お客様のご愛顧と永年培いました技術を基に、産業・建設関連の商社として現在に至っております。
 

◇たけびし

   
 

三菱電機系商社。FA機器から産業機、半導体・デバイス、空調・昇降機などのビル設備、OA・FAシステム、情報通信・マルチメディアにいたるまで、幅広く産業用エレクトロニクス機器を扱うトータルソリューション企業。

 

◇三木産業

  

 

化学の力を信頼と共に。先端の知識でものづくりを支援する化学品専門商社。
日本経済は厳しい状況下にありますが、ものづくりの上流を担う化学産業は、社会から求められる製品の安全性や地球環境保全をリードすべき産業です。その化学産業の商流の一端を担う当社は、永年培ってきた化学品のコーディネート力を発揮して、お客様の新しい価値創造のお役に立つ原料調達を支援していきます。その際、「公正・最適」、「安全で安心」な原料調達の基本を守ってこそ、化学産業の発展に貢献できるものと確信し、当社の責務として実践します。
 

◇日工電子工業

  


 

日工電子工業株式会社は産業用制御盤及び関連コンピュータ機器のハードウェア・ソフトウェアの開発・設計・製作・保守をおこなっています。 とりわけ、アスファルト合材製造工場用制御盤生コンクリート製造工場用制御盤の分野では国内シェアNo.1です。ソフトとハードを集約し、確かなシステムを提供することを目指しています。
ハードウェアの分野ではオリジナル電子基板や各種インターフェイス、制御盤の他、制御装置全体の設計・製造。ソフトウェアの分野ではDelphiやC++、アセンブラ、シーケンサ・PLC(三菱・オムロン[OMRON]・富士電機・キーエンス・インタッチ等)まで多様な言語を用い製作しています。
 

◇不二越

    




 

不二越は、創業者・井村荒喜の「機械工具の国産化が日本の機械産業を発展させる基礎である」という理念のもとに、1928年12月、富山市で工具メーカーとして創業しました。創立から10年、製鋼所を設立し、材料から商品までの一貫生産体制を確立しました。
そして、高品質な材料をベースに、工具、ベアリング分野へ業容を拡大してきました。工具に始まって工作機械・ロボット、ベアリング・油圧機器、材料までを手がけている企業は世界にありません。
機械加工、ロボットなどのマシニング事業、ベアリング・油圧機器などの機能部品事業、材料・熱処理などのマテリアル事業という複合・連環型のナチ・ビジネスで、「ものづくりの世界の発展に貢献」しています。
 

◇三島光産
    
 

多角化への道を志し、その間常に新しい技術の創造、開発を目指し、あらゆる可能性に挑戦し続けてきました。その結果、鉄鋼、化学をはじめ、窯業、機械、電気、航空・宇宙、自動車に至る幅広いフィールドにわたって、高度な技術及び技術者を育てることができました。
 

◇ナベル
   







 

(株)ナベルは、全自動鶏卵選別包装システムを日本で初めて開発したメーカーです。
ゆで卵にならない微妙な温度で洗って乾かし、優しく掴んで対地速度ゼロで落としながらサイズごとに分ける。瞬時に16回振動する音感センサーでヒビ卵を検知して、割れないようにパッキングする。これがNABELの技術。
店頭で、きれいな姿で並んでいるタマゴ。
日本ではこれらのタマゴの大半がNABELのシステムでパッキングされているのです。

◎植物工場で生産したものような、壊れやすい、商品製品を大量に、ローコストで物流で移動するために応用活用できる技術が進化しています。
 

◇SUMCO
   





 

未来を拓くファインテクノロジー。お客様のニーズにお応えする 高品質の半導体用シリコンウエーハを提供未来を創造する技術を育てています。
シリコンウェーハは、世界経済が成長するとともに、中長期的には安定的成長が期待できる事業領域の一つです。
加えて、ソーラー事業も当面は需要低迷の厳しい局面にありますが、先行きクリーンエネルギー需要の高まりは確実ですので、十分将来性のある事業と位置づけられます。
SUMCOグループは、世界トップレベルにあるシリコンウェーハ・メーカーであり、半導体や太陽電池の素材開発の黎明期から培ってきた技術力と生産力を駆使し、競争優位性をさらに高めることによって、再び、強固な事業基盤の確立と持続的な成長の実現が可能であると確信しています。
 

◇TEMCO
    
 

トヨタ自動車、トヨタグループ各社で培った技術とノウハウを駆使し、生産設備・計測システムと高度できめ細かな技術サービスを、全世界へ向けて提供しています。
 

 

 

 

 


□世界に比肩できるプロセス、しくみを相対比較

◇日本科学機器団体連合会








 

日本科学機器団体連合会(日科連)は、わが国の科学機器の製造、販売及び関連事業に携わる企業を会員とする全国組織団体であり、わが国の科学技術の進歩・発展に寄与することを目的として、戦後間もない1945(昭和20)年12月に僅か46社の
会員企業によって設立されました。
それ以来組織は拡大し続け、会員企業は汎用器具・機器、分析機器、環境計測機器から試験室設備、気象観測・バイオ技術などに至る広い範囲の科学機器の質の向上と普及活動を通じてわが国の技術革新の基礎を支え、産業発展と経済
成長に貢献する一方で、環境測定技術などを通じて人々の暮らしにも密接に関わってきました。
業界団体活動の進展に伴い地域活動が重視されるようになったため、既に各地に設立されていた支部を各地区の「科学機器協会」に組織替えし、新たに全国組織「日本科学機器団体連合会」を設立して今日に至りました。この間日本の産業の発展とともに連合会の組織も徐々に拡大し、また国際化も大きく進展。
近年は科学技術立国を国是とする国の政策に沿ってさらに発展を続けています。
 


○認証関係機関を知る

企業の上場も含め、世界標準に関する認証、国内標準に関する認証をとることは、組織のしくみ、なかみを不連続に成長段階が次のレベルに短期に経営構造革新することです。スタートはまず世界標準の「認証関係機関」の内容を知ることが、経営フレームを点検するための必要条件です。
 

◇日本適合性認定協会JAB



 


民間分野での適合性評価制度の確立と、諸外国との相互承認を通じて産業経済の発展を支援している。ISO9001/ISO14001/ISO13485/ISMS等マネジメントシステム
認証取得企業の名簿は 事業展開の進化は最先端情報が豊富です。

 

◇日本規格協会











 

日本規格協会は、大日本航空技術協会と日本能率協会の各規格担当部門が合併して昭和20年12月6日商工大臣の認可を受けて設立され、東京都千代田区の特許標準局内に事務所を開設した。
その後、昭和37年に東京都港区赤坂に事務所を移転し、“工業標準化及び規格統一に関する普及並びに啓発等を図り、技術の向上、生産の能率化に貢献すること”を目的としている。

6つの事業を通して、工業標準化及び品質管理を普及、推進し、社会生活の向上を目指している。

 1.調査・研究・開発事業  
 2.教育研修事業 
 3.JIS規格等普及事業  
 4.国際標準化協力事業  
 5.審査登録事業
 6.JISマーク公示検査事業/品質管理検定(QC検定)事業
 

◇内部監査協会











 

1957年10月「日本監査人協会」とて設立。1958年1月「日本監査協会」に名称変更。協会は「学識経験者、関係省庁等の指導・協力を得て、内部監査・監査約監査及び監事監査ならびにこれに関する事項について理論及び実務を多角的に調査・研究することにより、わが国にける内部監査制度と監査役監査制度の健全な発展に寄与するとともに、これらの知識を広く一般に普及する」ことを目的として活動しています。さらに2007年(平成19年)7月には、社団法人として許可され「(社)日本内部監査協会」となりました。
協会の設立目的は、「内部監査及び関連する諸分野についての理論及び実務の研究、並びに内部監査の品質及び内部監査人の専門的能力の向上を推進するとともに、内部監査に関する知識を広く一般に普及することにより、わが国産業、経済の健全な発展に資すること」であります。
現在の会員構成は、民間企業・官公庁・公共事業体などあらゆる組織体の内部監査またはこれらに関連する業務にたずさわる方々と学識経験者等をもって構成され、運営されています。
 

◇日本情報処理開発協会JIPDEC

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)プライバシーマーク(Pマーク)の認証機関

◇日本プラントメンテナンス協会















 

これまでTPM活動の推進とともに、設備管理士やTPMインストラクター、メンテナンス
・フォアマン、自主保全士といった、製造部門の「個人の知識修得・能力向上」を狙い
とした“人づくり”を支援する活動を行ってきました。
                   
たとえば、自主保全士検定試験については、1級、2級の累計で28,000名超強の
“製造設備を自主管理できるオペレーター=自主保全士”が誕生しております。

一方、昨今の産業事故の原因として列挙されている、我が国の製造現場における
設備老朽化に対する設備更新の遅れや、海外への生産移転に伴う人員削減、団塊
世代の大量退職「2007年問題」などから、今後ますますモノづくりを支える人材(人財)
の育成の要請は高まっています。

当会では、様々な個人資格認定制度やプログラムを提供し、製造現場で働く各階層
の人々の技術・技能の伝承やモチベーションの向上、製造現場での言語の共通化と
活用の促進に寄与することを目指すとともに、我が国のモノづくり製造現場における
“設備に強い人づくり”に貢献しをめざいしています。
 

◇製品評価基盤機構NITE








 

(独)製品評価技術基盤機構(NITE、ナイト)は、“信頼できる技術と情報をもとに、「くらしの安全・安心」に貢献します”を基本理念とし、“安心を未来につなぐナイトです”をスローガンに、変革と前進を続けています。
NITEには生活安全分野、適合性認定分野、化学物質管理分野及びバイオテクノロジーの4つの分野があり、その業務は多岐にわたっていますが、いずれも、国民のくらしの安全、安心を確保するための、技術を基盤とした政府の執行機関としての業務です。
例えば、生活安全分野では、昨今、多発して世間の注目を集めている製品事故の対応に追われつつ、「事故ナイトいいね」をキーワードに、今後の取り組みを模索しているところです。

 

◇日本技術者教育認定機構
JABFF









 

日本技術者教育認定機構JABEEは1999年に設立し、2001年から認定を開始しました。技術系学協会と密接に連携しながら技術者教育プログラムの審査、認定を行う非政府団体です。
2006年5月8日経団連会館で開催された「第6回産業諮問評議会」では、認定プログラムの総数は、125教育機関で281プログラムになりました。
認定プログラムからの修了生の累計は約3万人に達しています
経済的自立の目処が立ちました。JABEEは産・官・学の協力が巧く行っていると国際的にも認められています。

◎日本技術者教育認定制度とは
大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうかを外部機関が公平に評価し 要求水準を満たしている教育プログラムを認定する専門認定   (Professional Accreditation)制度

◇情報処理推進機構IPA





 

情報処理推進機構IPAは、情報システムを盤石なものにするための施策を担う中核機関・プロフェッショナル集団として、グローバル化をにらみつつ、情報社会システムの安寧と健全な発展に貢献します。
平成19年(2007)7月20日公表された産業構造審議会人材育成ワーキンググループでは、わが国が今後国際競争力を維持発展していくためには、今後5年、10年先を見据えたIT人材育成戦略を構築することが急務であると提言されました。
情報処理推進機構IPAでは、同報告書の提言を踏まえて、共通キャリア、スキルフレームワークの下でレベル判定の尺度に利用できるように「情報処理技術者試験が抜本的に改革」に着手しました。
 

◇日本パン技術研究所










 

JIB((社)日本パン技術研究所)は、AIB(米国製パン研究所)とライセンス契約を結び、AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システムを日本へ導入し、依頼施設の食品安全管理体制の強化・徹底を支援する活動を行っています。
安全で安心な食品の製造・流通の基盤として AIBフードセイフティは食品生産工程における潜在的な危害を効果的に除去する予防システムです。
「AIB」の確立した「AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システム」は「食品安全統合基準」を基に、「食品製造施設及び食品関連施設(流通倉庫や包装資材製造)」において、主に「5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)」を強化するための、「食品安全管理システム」です。  
AIB:American Institute Baking 米国で開発された安全管理システムで、食品工場などの製造現場の衛生管理状態をチェックし、監査だけでなく改善指導まで行う。
 

◇中央職業能力開発協会



 

中央職業能力開発協会は、職業能力評価の専門機関として、職業能力が適正に評価されるように「能力評価制度・試験の整備」に関する各種事業を行うとともに、職業能力開発に関する様々な情報提供、相談援助等を通じて働く人々の「キャリア形成支援」に努めています。また、ものづくりとそれを支える人材の育成は、産業の根幹を成すものですから、ものづくり尊重の気運を醸成するとともに、「ものづくり・技能の継承と発展」のための各種事業を行っています。
 


○不易流行実績法が自然に出来る
時代ごとに評価され 時代を先取りしながら進化する成功の基本定石を体得できる人財成長支援機関 不易流行定評機関の人財を多数輩出した実績ある定評手法のしくみ、システムを日常力まず(自然)にできる人の数を加速度的に増し自在に成長できる人材基盤を構築しよう。
 

◇日本科学技術連盟(日科技連)








 

デミングの高品質経営を日本に普及活動をしている
QC TQC TQM推進


日本科学技術連盟は、大正7年に創立された社団法人 工政会、同9年に結成された 日本工人倶楽部(昭和10年社団法人日本技術協会に改称)及び昭和15年に創立された 社団法人全日本科学技術統同会の三つの技術団体にその源流を発します。
これらの三団体は発展的解消し一つの団体にまとまり、昭和19年(1944年)11月3日に大日本技術会が発足した。
その後、大日本技術会は、社会情勢の激変に伴って昭和21年4月30日に解散し、この事業、資産及び職員を継承して同年5月1日に日本科学技術連盟として生まれ変わりった。
そして組織・機構を整備し昭和37年(1962年)4月に公益法人として科学技術庁所管の財団法人の認可を受け今日に至っている
 

◇日本産業訓練協会





 

発足以来一貫して、MTP(管理研修プログラム)及びTWI(ビジネススキル習得監督者研修プログラム)を中心に、日本の産業教育における原理・原則の教育と、これら教育の指導者の育成定評機関。豊富な実績と、優れたプログラムで、不易流行、時代に合わせノウハウを成長させている。常に時代の変化に対応しながら以下の事業を行っています。  協会は1955年(昭和30年)、通商産業省(現経済産業省)・労働省(現厚生労働省) 及び日経連(現日本経団連)が中心となって設立された。
 

◇日本生産性本部
  旧社会経済生産性本部





















 

(財)社会経済生産性本部は、「生産性向上対策について」の閣議決定(1954年9月24日)に基づき1955年3月1日に設立された(財)日本生産性本部を母胎に、1973年11月12日に同生産性本部から分離独立(社団法人認可1976年12月20日)し、1994年3月31日に解散した(社)社会経済国民会議を1994年4月1日に統合して発足した非営利法人です。
(財)日本生産性本部は、1955年の設立以来、経済活動における人間尊重を基本理念に、
     (1)雇用の増大、     
     (2)労使の協力・協議、
     (3)成果の公正分配
からなる運動三原則を掲げ、経営者、労働者、学識経験者の三者構成による中立機関として、産業界を基軸とした運動を通じて日本経済の発展と国民生活の向上に大きな役割を果たしてきた。
(社)社会経済国民会議は、1973年生産性本部から独立以来、20年にわたり広く経済界、労働界、学識経験者、消費者団体等、経済社会を構成する各層のオピニオンリーダーの参加を得て、社会政策、経済政策、福祉政策等の幅広い分野に取組み、国民的コンセンサス形成の「場」としてタイムリーな的を得た国民的合意形成のための政策提言等を行うシンクタンクとして活動し、政府をはじめ関係諸機関・関係者にその実現を求めてきた。
その外、環境エネルギー問題については具体的な政策推進活動に参画し強力な実践活動を展開してきた。
(財)社会経済生産性本部は社会経済国民会議のシンクタンク機能を継承し、産業界を中心とした生産性運動をより社会的視座で捉えた運動展開を目指している。
統合後、「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」との連携強化や日本産業活性化のための「創業・ベンチャー国民フォーラム」、新たに日本企業の再生の切り札となりうる「日本経営品質賞」、日本人材マネージメント協会等々のプロジェクトを順次立ち上げております
 

◇サービス産業生産性協議会SPRING






 

当協議会は、サービス産業の生産性向上を実現するため、産学官が連携する共通のプラットフォームとしての役割を担います。 サービス産業は多様であり、また多くの分野に渡っているため、その抱えている課題も様々です。 当協議会は、生産性向上に役立つ経営革新ツールなどの情報の提供、有効な知識の共有のための「場づくり」や業界・企業の自主的な取組の支援などを通じて、サービス産業のイノベーションと生産性の向上を通じたダイナミックな成長を支援することを目指します。 サービス産業の生産性向上には、"インプット" "アウトプット"の同時改善が不可欠です。
 

◇産業能率大学




 

1920年上野陽一氏が日本で始めて小林商店(現ライオン株式会社)において作業改善コンサルテーションを実施。1925年日本産業能率研究所を設立1942年日本能率学校を設立 日本産業の黎明期から一貫して不易流行、時代に対応して進化を続ける「産業能率」を常に追求している。
現在は 法人サービス事業として産業能率大学 総合研究所で多くの企業人財を輩出している。
 

◇企業研究会BRI













 

21世紀の経営革新を担う多種多彩な(人財)が結集、相互に交流し、成果を日々の実践(実戦)に着実に活かしています。
昭和23年(1948年)産・学・官の少数有志による研究懇談会が発足し、現在まで継続活動
終戦後の混乱が続く1948年(昭和23年)、日本の産業・経済の復興に貢献することをめざした志あるビジネスマンの自主的勉強会からスタートした企業研究会は、日本の産業界の成長・発展と歩みを共にして参りました。 グローバル化の進展は社会・経済に大きな変化を与え、21世紀を迎えさらに加速度を増しつつあります。我が国の企業経営はここ数年来、グローバル化対応、地球温暖化などの環境問題、少子高齢化による労働力不足などへの対応を迫られておりますが、加えて現下の経済危機下の経営革新が急がれております。当会は34種に上る企業実務家を主体とした異業種交流研究会を中心に、実践的な経営管理層、リーダー、専門スタッフを養成する研修プログラムと先進企業の事例研究会やこれらの研究成果を発信する出版というフレームワークを通して、企業経営の創造と革新に貢献する諸活動を展開して参ります。
 

◇日本印刷技術協会JAGAT

 

日本印刷技術協会(略称・JAGAT、ジャガット:Japan Association of Graphic Arts Technology)は、印刷および関連産業の発展、貢献を目的として1967年に創立された経済産業省(旧通商産業省)所管の公益法人で、印刷会社、メーカー、メディア関連企業など1092社が会員企業となっております。
 

◇日本IE協会









 

日本IE協会は実践的教育で実務改善ができるセンス・素養を持ち、業績貢献、自己成長力の強い人財を養成し続けています。時代の変革を乗り越えてきた多くの優良企業が共通して「モノづくりにこだわる経営」を貫いているのがわかります。
そこには、市場が求めるものを必要なときに必要なだけ競争力のある品質・コストで提供する、という「モノづくりの考え方の原点」に忠実に従い、目標に向かってひたむきに突き進む経営の姿勢があります。
モノづくりに取り組む人財の育成を堅実に推し進めながら、仕事のあり方やしくみを絶えず見直してきた企業が今日のモノづくり日本を築いてきたといえるでしょう。そしてそれは今後もかわることがないと思います。
1959年日本生産性本部(現社会経済性生産性本部からIE部門を分離、新たに日本インダストリアル・エンジニアリング協会を設立し、現在日本IE協会として、時代の潮流に合わせ、不易流行21世紀も進化を続けています。
 

◇日本バリュー・エンジニア
リング協会



 

(社)日本バリュ−・エンジニアリング協会(略称:日本VE協会)は、国内外のVEに関する情報を提供し、産業界におけるVE活動の促進とVE成果の向上をはかっていただくために、各種の事業活動を行っています。
VEとはVE (Value Engineering)とは、 製品やサービスの「価値」を、 それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、 システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。
 

◇産労総合研究所



 

定期刊行物の「企業と人材」は、企業規模が20億を超えた企業の人財育成責任者は、必読の定期刊行物の一つです。社内改善のヒント構想が浮かぶ情報の一つです。 戦略的人材育成のフレームを構築したりカイゼンする場合の知恵集約源の一つです。一社で長期間の継続的蓄積知恵は総合的に整合されています。その軸を基準に自社固有の内容、業種特性でプラスマイナスすると成功確率が高くなります。
 

◇技術経営系専門職大学院協議会









 

MOT協議会は2005(平成17)年9月の発足以来、MOT認証評価基準の作成と認証評価の試行、ウェブサイトの運用、MOTシンポジウムの開催等、MOT専門職大学院における教育の質的向上と社会的認知の向上を目指した取組を実施してきました。

しかし、専門職大学院の制度が制定されてから間もないこともあり、我が国におけるMOT専門職大学院についての社会的評価が十分に確立されていないのが現状です。

MOT専門職大学院全体の社会的認知を高めるための取組みの一つとして、MOT協議会と産業界が一体となってMOT教育コア・カリキュラムを開発し、2009(平成21年)度末にはMOT専門職大学院で修得すべき必須の教育内容と到達目標・評価基準を公開できるようにしたいと考えています。さらに、コア・カリキュラムと連動したFDシステムを開発し、共同で実施することにより、MOT専門職大学院の人材養成機能の強化・改善につなげて行くことを目指しています。
 


◆世界観、地球観、宇宙観
人財の輩出







 


20世紀と比較し想像以上の格差時代が初まりました。
世界の国力のバランスは急激に変化しはじめました。
富む国を指導するすばらしい人財が、国益的価値判断から人類観、世界観、地球観、宇宙観に目覚める人財に成長輩出スピードを加速を必要とする時代がきました。
もし輩出が遅れると人類、地球滅亡のカウントダウンがはじまる限界をはやめる真因となる確率は高くなってきました。
最先端情報をどのような視野、視点から活かすか、人財の価値判断できまります。
国際的人財輩出を促進をする機関を探して紹介します。

 

 

 


■消費者情報を活かす  
  
社内の経営に対する価値観を優先するだけでは、企業の存続できない発言力を増した消費者
    情報を的確に掴み、タイムリーに対応する時代がきました。
    自社流の消費者情報判断だけでなく、相対的な消費者情報から他社の内容を知り、先行した
    対応が存続から、選ばれる企業へ変わる分水嶺になりました。
 

◇消費者庁









 

2009(平成21)年9月1日消費者庁は設立されました。
官庁横断型組織として 消費者被害の発生防止・拡大防止に向け、関係省庁の取組みを促進します

●関係省庁との調整消費者庁は
消費者問題を把握したら、関係省庁における取組みを注視し、被害発生・拡大防止のため関係省庁による速やかな措置が必要な場合には、措置をとるよう要求を行います。 さらに、その措置が確実になされたかどうか、関係省庁に対し実施状況の報告を求めていきます。

●緊急時の対応
食品の摂取、製品・施設の利用等により消費者の生命・身体に重大な被害が生じた場合など、政府一体となって緊急に対応する必要がある場合には、内閣府特命担当大臣(消費者政策担当)が中心となり、関係府省庁が連携・協力して迅速に対応します。
 

◇「消費者の窓」内閣府
                

「消費者の窓」は内閣府国民生活局消費者企画課、消費者調整課が管理・運営しております。2009.09.01消費者庁が発足し、変化の推移がわかります。
◎新商品、新製品を市場に出す場合の危機管理の一つとし決裁人財の基本の知識です。想定外の問題が発生したときの最適な方法を選ぶときの智慧となります。
 

 

 


■市場を世界へ拡大するとき支援機能を持つ機関

◇日本貿易振興協会
(ジェトロ JETRO)

            

 


ジェトロは2003年10月、日本貿易振興機構法に基づき、前身の日本貿易振興会を引き継いで設立されました。
独立行政法人として新たなスタートを切り、これまで以上に時代のニーズに対応し、質の高いサービスを機動的かつ効率的に提供してまいります。

◎市場を世界へ拡大するとき、最先端支援機能をもつ機関の一つ
 

 

 

 

商品一覧