開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

多自然テクノワークス

■多自然テクノワークス

農業資材・農業関連システムの進化>多自然テクノワークス



 

◎多自然テクノワークスは
環境改善のキーワード「水環境の復元」を通して人の活動と自然環境の調和を
めざし企業活動をしています。


2008年農水省も経産省が 「農商工連携」を口にしています。

2007年12月に開催されたSTAFF[(社)農林水産先端技術産業振興センター]
主催の「農林水産分野におけるマイクロバブルの利用シンポジウム」に参加して
感じている事は、環境問題をクリアした農林水産業の活性化を急ぐという強い
STAFFの決意です。

「最大産業-農業」の活性はそのまま「地域活性」の根幹です。

環境問題・エネルギー資源の制約・経済構造のグローバル化など社会を取りまく
さまざまな要因は世界規模の事です。これらを克服して、日本の望ましい成長を
考える時、実効力のある新技術をベースに改革を急がねばなりません。

過去において、経産省が農業問題の事を云う事はあまりありませんでした。

しかし、理工系の技術進展が農水産分野の発展に非常に大きな影響を与える所
まで来たという事です。それと、市場流通に適さなく棄てられる農産物の食品加工
への開発など、昨年STAFF関係の高官が「ナノ・マイクロバブル新技術は近い
将来、農業・水産・食品加工業の基幹技術になり得る。そして世界をリード
できる技術である」と言っておられた事が、この新年からどんどん具体化して
いく空気を強く感じています。

保護政策から「自立」に向かう日本の農業-「農商工連携」は色濃く国策に反映
されるでしょう。ナノ・マイクロバブル新技術が活躍できる事を心より願ってやみ
ません。

世界のトップレベルを走る日本独自のナノ・マイクロバブル新技術は水環境と
世界の農林水産加工業をリードするパワーを秘めています。

 

 
更新 2008.11.10

    ↓クリック                                 ↓クリック

□多自然テクノワークス














 

◆会社概要

営業内容
・水環境蘇生複合システム(バブルダイナミック システム)設計施工・維持管理
・TTWナノバブル発生機器製造(超微細気泡)
・ナノバブル応用技術研究
・ビオトープ研究室
(自然生態系との調和をめざした空間創り)
粗朶工法・多機能フィルター・ビオトープ設計施工
・芝草研究室(天然芝草を生活空間に活かす)
・各種芝草の診断・企画・設計・施工・維持管理
・スポーツ施設・土木・舗装(透水・カラー・土の舗装)
企画・設計・施工・維持管理  
 

◆講演活動
極めて微細な気泡であるマイクロバブル/ナノバブルは、体積当たりの表面積が大きく、気体を簡単に溶解させることができるため、環境・エネルギー・エレクトロニクス・化学・農業・食品・医療分野等へ様々な応用展開が期待され、注目を浴びています。

 

◇ナノバブルの世界
































 

数十μm以下のマイクロバブルは、さらに縮小し、最終的に潰れてしまいます。潰れきれずに残った泡は安定化すると、長期間水中を漂う『ナノバブル』になります。
(1ナノメートル=10億分の1メートル)
 

◆気泡の機能
気泡はその大きさによって、大きな機能の違いを有しています。特に、数十マイクロメートル以下の気泡は、普段目にしている気泡とは大きく異なる振る舞いをします。この大小の気泡を人工的に発生させ「バブル」という自然環境のふるまいを利用した水循環システムを創出しました。
数十マイクロメートル以下で発生した気泡は、表面張力等による加速度的な圧力の上昇で、見えなくなるほど小さくなります。圧力の上昇は、気泡が潰れるまで続き、最終的には数千気圧にまで達します。気泡が潰れるときに、気泡内の気体の溶解は最大になり、超音波なども発生します。
潰れきれずに残った気泡は、サイズを安定化させると『ナノバブル』になります。『ナノバブル』は、サイズが安定しているだけでなく、浮上速度も極めて遅いため、長期間水中に漂わせることが出来ます。
 

◆気泡の効果
水中の溶存酸素を効率的に高めます。
植物・好気性微生物・水棲生物の活性
・ 酸素やオゾン、窒素など難水溶性気体の溶解効率を高めます。
純酸素やオゾンなどの使用量が減少
・浮上速度が遅く、ナノバブル水としての水質が長時間安定します。
魚介類の品質向上、微生物による分解促進
・ マイナスの電荷を持つ微細気泡は、水中のプラスの電荷を持つ汚濁物質などに大量に付着して浮上させます。また付着した物質が大きい方が浮上力が高くなります。
汚濁物質等の除去、水が持つ浄化能力の回復
・温度成層破壊により熱・物質循環が促進され、低層水に含まれるアンモニアなどの有害物質が曝気されます。
水質浄化
・ 気泡の大きさを操作でき、気泡のもつ機能の違いを利用して深層曝気を効率化出来ます。
濁水流入時の水質浄化  

 

◇製品ラインアップ



































































































 

○農業用携帯型「ナノバブルDBON」

◆特長
・酸素が水に溶け込み、作物が活性化します。
・水の浸透力が高くなり土壌にいきわたります。
・根の成長を助けます。
・作物の活性が減農薬農法を助けます。
・良い土壌を育てます。
・連作障害が改善されます。
・超音波で溶液が均一になり、養液効果を向上させます
・水本来の浄化、溶媒能力を回復します。
・環境への負荷がありません。

◆製品の写真・仕様

◆利用実績
 

○農業用ナノバブルDBON姉妹品
「多流量直結型」

◆製品の特長
水槽・タンクがない潅水システムに最適。
・毎分100リットル〜400リットルの多流量潅水タイプ。
・水圧の高い潅水にはコンプレッサー併用します。

◆製品の写真・仕様

利用実績につきましては、携帯型ナノバブルDBONの利用実績をご覧ください。
 

○養殖漁業用携帯型
「ナノバブルDBONアクアカルチュア

◆使用風景
養殖漁場の水質及び海底の有機汚泥の環境改善に利用
『生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業』

◆利用実績

◆さかなが変わる
@少ない餌さでも欲育つ 
・早い成長と転換効率
Aヘルシーで旨味豊な魚に大変身
・脂質の半減ちアミノ酸の倍増

持続可能な養殖漁場をテーマに研究開発が進むコンソーシアム事業の中で、弊社の微細気泡応用技術の養殖魚に及ぼす影響も明らかになってきました。


◆発生映像(NPEG8.04M)
 

○バブルダイナミックシステム

◆水とバブルダイナミクスシステム
弊社製品のTTWマイクロバブル発生器は、ノズル内で様々な形状、機能を有する気泡を同時に発生させ、水中溶解物の気化、運搬あるいは大気の溶解、運搬を促進し、人工の小さな循環システムを創出します。
これにより水が溶媒としての機能を回復し、本来の自然循環システムを緩やかに復活させます。
バブルダイナミックシステムとは、主として比較的広い水域(ダム湖・池・河川・排水溜池etc)や養殖海域、養殖鰻池、淡水魚養殖場などの水環境蘇生を目的としてナノ・マイクロバブルを使用しながら、水辺法面の植樹、植栽、粗朶工法、水生植物、水底生物、好気性微生物などビオトープ的自然復元力を活かす複合的水環境蘇生のシステムです。

機械に全面的にたよらない合理的な環境負荷の非常に少ない方法です。『ランニングコストを最も少なくする』と自負しております。

◆バブルダイナミックス事例紹介

◆バブルダイナミックスシステムの可能性

水質浄化
ダム湖など閉鎖水域、河川、海、農業用水、水産養殖場、農業排水、工場廃水、浴槽

●底質浄化
ダム湖など閉鎖水域、河川、海、農業用水、水産養殖場

●自然再生
干潟、藻場、磯場、港湾、水棲動植物

●農業
土耕・高設・水耕栽培、果樹・花卉園芸、発芽・成長促進、秀品結実、収穫増、潅水用水

●環境保全
工場廃水、畜産、家庭雑排水、農業排水

●化学食品
溶解、抽出、分離、混合、醸造、醗酵

●家庭
水槽、浴槽、花壇、植木、家庭菜園、ベランダ水耕栽培

●都市空間
癒しの広場(水辺広場、癒しの森、ビオトープ池、里山、棚田)

●病院
滅菌、消臭
 

○ビオトープ研究室

◆屋上緑化、池づくり、多自然型水辺

◆癒しの空間、多自然型水辺 
 

○環境土木事業

粗朶工法
生きものは、水と陸を往復する。
・生きものは、在来植生と共生する。
・自然回復力を最大に創出する。

◆多機能フィルター
表面切土、盛土面の保護。
・在来種の再生を促します。
・幅広い使用適応範囲。
 

 

○アクアカクチュアの効果



















 

「魚類養殖漁場環境管理のための有機汚泥の生物浄化及び水質カイゼン技術開発」

構成機関(開発手段)
・熊本県立大学環境共生学部(イトゴカイ)
・東京大学海洋研究所(共生菌)
・(株)恵天(養殖場)
・(株)多自然テクオワークス(マイクロバブル)
 

◆魚が変わる
@少ない餌さでも欲育つ 
・早い成長と転換効率
Aヘルシーで旨味豊な魚に大変身
・脂質の半減ちアミノ酸の倍増
 

◆溶存酸素水平分布
ナノバブルDBONアクアカルチュアによる溶存酸素量の向上は、設置位置より9m下の海底付近にまで及びます。海底にまで及ぶ酸素量の向上は、貧酸素水塊発生の原因になる海底の嫌気化を抑え、堆積した残餌や糞など有機汚泥を分解する微生物の働きを活発にします。
 

◆養殖魚の呼吸に十分なDOの維持
 

◆夜間の生簀DO低下を防止

 

 

○コンソーシアム事業概要





 

◆コンソーシアム事業課題
魚類養殖漁場環境管理のための有機汚泥の生物浄化及び水質改善技術の開発

◆持続可能な環境管理
魚類養殖場の自家汚染による漁場環境の悪化

◆養殖漁業の現状と新環境技術開発
 

◆実験地(楠浦湾)

 

○養殖漁業の問題点



 

◆自家汚染による漁場環境の劣化
 

◆魚類養殖場の環境悪化
 

◆魚類養殖のDO低下

 

 

商品一覧