開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

太陽化学

■太陽化学

農業資材・農業関連システムの進化太陽化学




 

健康を通して豊な生活文化を考える

太陽化学は伝統的な天然素材から最先端のナノサイエンスを駆使した新規素材まで幅広く食材を取り扱うとともに、研究開発型企業として無限の可能性を秘めた機能性食材素材の創造に取り組んでいます。

 

 

更新 2008.11.08

    ↓クリック                                      ↓クリック

□太陽化学

 ●ニュースリリース



 

◆会社概要

◆沿革

◆事業所

●関連会社

●社会的責任(CSR)

◆投資家情報

●品質保証体制
研究成果をダイナミックに実現するため、新しい考え方の製造法を開発するなど、積極的に技術革新を図っています。また、社外認証を順次所得することにより、世界標準の品質維持を目標とした取り組みを続けています。

 

◇事業部情報




































 

◆ニュートリション事業部
 
天然の生理機能性素材の探索と栄養素材の製剤化技術で、新しい食品市場の創造を目指します。
「緑茶カテキン」「水溶性食物繊維」「テアニン」などの天然素材には、現代社会に求められるストレス緩和、生活習慣病予防などに有効な 生理機能が備わっています。また、ビタミンやミネラル、多価不飽和脂肪酸といった栄養素材は、健康な生活を維持する上で、必要不可欠な成分です。当社は健康増進を求める消費者ニーズにお応えするため、天然の生理機能性素材の探索と、栄養素材を生体に利用しやすい形に製剤化するNDS技術を通じて、お客様と共に、新しい市場創造を目指していきます。

 緑茶関連品(カテキン)、L−テアニン、水溶性食物繊維などの機能性食品素材、ビタミン、ミネラル、PUFA(多価不飽和脂肪酸)などの製剤

 

◆インターフェイスソリューション事業部
 食品分野で培ってきた界面制御技術の持つ可能性をさらに拡げていきます。

当社の基盤をなす食品で培った界面をコントロールする技術は、肌への低刺激性や環境ホルモンレスなど、人体や環境への負荷が少ない技術として、化粧品やトイレタリーを始め、食品以外の異業種からも注目を集めています。当社の界面制御技術が持つ可能性を食品分野で追求し続けると共に、さらに、ナノサイエンス及びエネルギー関連の幅広い分野にも応用展開していきます。

食品用乳化剤・乳化製剤、乳化安定剤、増粘安定剤、化粧品・トイレタリー・工業用途向化成品

 

◆アグリフード事業部
 安全・安心をおいしさと共にお届けします。

果実や野菜類、卵類などの農産物そのものが持っている「おいしさ」「栄養」を最大限引き出すために、世界各地からトレサビリティ―(生産物の履歴管理)を確保できる厳選した農産物を調達し、安全・安心と共に、皆様にお届けします。さらに、独自の加工技術で、これらの素材の良さを最大限に引き出したオリジナリティー豊かな商品作りに努めています。

即席食品用素材、乾燥食品、フルーツ加工品、さつまいも加工品、鶏卵加工品、蛋白素材、加工食品用改良剤など

 

◇製品情報

太陽化学の製品は様々な商品に使われています。コンビニエンスストアに陳列されている商品を例にあげて紹介しています。 


◇工業用製品の紹介
















 

インターフェイスソリューション事業部の製品
地球と人に優しい製品作りを目指しています。
 

◆ポリ乳酸改質剤
チラバゾールは太陽化学のもつ界面制御技術を用いた100%植物系の樹脂用改質剤です。使用用途によってさまざまなグレードをラインナップしています。
 

◆メソポーラスシリカ
構造であるTMPS(TaiyoKagaku Meso Porous Silicas)は、界面活性剤のミセルを鋳型として合成される、ハニカム(蜂の巣)状の均一なメソポアを有するシリカ多孔体(メソポーラスシリカ)です。
 

◆植物系分散剤
チラバゾールは太陽化学のもつ界面制御技術を用いた
100%植物系の樹脂用改質剤です。使用用途によってさまざまなグレードをラインナップしています。
 

◆酸化防止製剤
 サンカトールは、茶(Camellis sinensis)の葉を熱水にて抽出・精製して得られたカテキンを油に分散できるように乳化剤で調整した油溶性のカテキン製剤です。
 

 

 ○時代の最先端を行く技術機能性食品素材の紹介














 













 

◆サンフェノン
茶葉から高度に緑茶ポリフェノールを抽出、精製した製品で、用途に応じて多くの製品をご用意しています。

◆サンテアニン
緑茶の旨味成分であるL-テアニンはお茶に特有に存在し、茶中で最も多く含まれているアミノ酸、緑茶独自の風味に大きく寄与しています。

◆サンファイバー
グァー豆(グァーガム)を独自の技術で食品に使いやすいように加工しました。
プレバイオティクス素材として注目されています。

◆サンアクティブFe
当社独自のスーパーディスパージョン技術によるNutrition Delivery System(NDS)からうまれた鉄補給製剤です。

●抗酸化の新しい指標ORAC
老化、発ガンや生活習慣病などの原因のひとつは、体内で過剰に生成した活性酸素種であると言われています。活性酸素種を消去するには、生体内の消去システムに加え、食品として摂取する抗酸化物質の働きが重要です。抗酸化物質は「第7の栄養素」と言われ、通常野菜や果物に多く含まれます。
・ORAC (Oxygen Radical Absorbance Capacity:活性酸素吸収能力)
・ORACは食品などに含まれる抗酸化物質(カテキン、フラボノイド、カロチノイド、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンEなど)の能力を分析する方法で、抗酸化力の新しい指標として米国農務省(USDA)と国立老化研究所(National Institute on Aging) の研究者らにより開発されました。
・米国ではORAC値 を表記した食品が多く上市されており、消費者にその食品がどれだけ活性酸素を吸収する能力(抗酸化力)があるかを具体的数値で示しています。
・ORAC値は特定の抗酸化物質量を示すのではなく、抗酸化力の強さをビタミンE様物質(Trolox)の量に換算して表します。単位(ORAC Unit)はμmol TE(Trolox Equivalent)/g

 

 ○最新の技術・情報を紹介


 

◆健康

◆おいしさ

◆技術・生産・加工

◆インフォメーション

◆おいしさ科学館オコラム

 

  

商品一覧