開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

有機等利用植物工場研究会

■有機等利用植物工場研究会

植物工場・栽培養殖漁業2008>有機等利用植物工場研究会


 

◎植物工場分野に最初に参入したクループの技術の進化が実践の
中で着実に進んでいます。

ただし、完全な人工環境下でのもので、先行投資、投資回収が長期型

標準化、システム化、しくみは総合的に揃ってきています。
コスト面のユニット基準はまだなく、オーダーメイド価格のようです。




最近の食の安全・安心の風潮は、植物工場に追い風になっています。

このような中にあって、真の食の安全・安心を目指すには植物工場こそが
最適な手段であります。無農薬、有機・水耕任意選択可能、LEDなどの
新しい光源を採用した究極の植物工場が食の安全・安心を保障するものと
考えます。

複数の企業等が集まり、これまでにない新しく安価なな植物工場を市場に
展開します。植物工場に関心をもつ企業のご入会をお待ちするとともに、
開発のお手伝いをさせていただきます。


○活動内容
・有機等利用した植物工場システムの提案⇒施工⇒メンテナンスサービス
・有機等を利用した植物工場システムの光源・空調・栽培システム等の
技術開発
・植物工場及び植物工場野菜に関する調査、研究及び普及支援
 


◎各構成会員が事業として事業化内容を紹介しています。
詳細内容はホームページでは公開されていません。

 

 
更新 2008.11.07

    ↓クリック                  ↓クリック


□有機等利用植物工場研究会


 

◆あいさつ

 


◇有機等利用した安全安心な野菜を栽培する

◆有機等を利用した安全・安心な野菜を栽培する内容紹介

◇究極な完全制御型植物工場

◆究極の完全制御型植物工場のフレームワーク

◆都市部の空きビル・空き倉庫を活用したコンプレックス型植物工場(イメージ)
 

◆会員構成 2008.6現在





 

◆(株)朝日工業社

◆エスペックミック(株)

◆(株)ヴェルデ

◆九州電力(株)総合研究所生物資源研究センター

◆丸紅

◆帝人

 

 

 


□有機等利用植物工場の特色

◇光源

・蛍光ランプ(FL)を主光源にし、LEDを組み合わせたハイブリッド光源
・その他、電球型蛍光灯、LD、有機ELなど、新しい光源の植物工場への
応用、開発も進めています
 

◇空調

・多段栽培において各棚間で生じる空気お流れの淀みや、温度ムラを低減
するダクト式送風システムを用意しています。
・ビルや倉庫に既設さらた空調設備を改造、利用した、簡易、ローコストな
空調システムの提案の行っています。
 

◇制御

・コンピュータによる集中監視、インターネット経由でのリモートメンテナンスシステムなども用意しています。
・簡易なコントロールシステムが施された既設のビル、倉庫を利用した、ローコストな中小規模プラントの提案も行っています。
 

◇栽培

・ヴェルデナイトを含んだ有機土壌による栽培システムまたは有機液肥による栽培システムにより、無化学肥料、無農薬栽培のシステム開発を行っています。

◇流通

・消費者ニーズ、外食、中食などのニーズを常にリサーチし、単一な野菜の栽培だけでなく、市場性に合わせた新しい野菜の栽培、提供を継続して行えるように、栽培技術の向上、流通ルートの確保等のバックアップを行います。
 

 
 

 

◎有機栽培の利点を養液栽培、植物工場にミックス
 

  有機等利用
  植物工場

完全制御型の
植物工場

 +

  有機等を
  利用栽培

 +

新しい経済的な
光源の利用

 

 

 

 

・減化学肥料養液栽培
 (アクアポニックなど)
・有機液肥利用養液
 栽培
・有機土壌利用栽培
  (立体農場)

 

 

  

 

商品一覧