開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

ベルグアース(愛媛)

■ベルグアース(愛媛)  081107

植物工場・栽培養殖漁業2008>ベルグアース(愛媛)






◎トマトから始まった農業技術革新は、同様な手法が可能なものから種類の
水平展開、他の種類には付加すべき条件が把握できるようになります。

他の業種の商品数の拡大の歴史から学ぶば解るように、種の管理から
苗段階で、丈夫で管理すると、収穫率の増加と相関があります。

大量収穫には、高品質で均質な苗が重要です。

優れた種の段階での収穫率予測より、成功確率は段階的に高くなります。

丈夫な苗の次の段階の打つべき方向が、明確になってきました。

 



農業は自然との闘いです。季節ごとに変化する気候、移りゆく天気。長年私達
を悩ませてきた日々変わってゆく環境に打ち勝つために、ベルグアースでは
2006年日本最大となる閉鎖型苗生産施設を建設、稼動を開始しました。

この施設から生まれた新商品「e苗」シリーズは、「旺盛な生長力・無農薬育苗・
花芽の低段化」などを実現した高付加価値の苗です。この他、定植作業を容易
にした「アースストレート苗」、接木後即出荷し、お客様のところでお好みに合わ
せて仕立てていただける「ヌードメイク苗」を開発するなど、省力化、低価格化、
オリジナリティを追いつづけてきました。
新商品の開発は、お客様の、農業の為になる、役に立つことを目的として
います。それは、「日本の農業に革命を」という私の夢に近づくための一歩なの
です。

野菜を始めとする食糧の自給率は低下の一途を辿っています。消費者の
皆さんに日本の野菜を食べてもらうためには「安心できる安全な野菜」を「安定
して」供給しなければなりません。今までの「これだけ出来たから買ってください」
ではなく、「消費者のニーズを考えて作る」この意識の変化こそが日本農業の
革命です。その為にいつでも、どこでも、いくらでも商品をお届けできる体制の
構築に注力しています。これからも更に頑張っていきますので、ベルグアースを
応援してください。

ベルグアースが日本農業の為になる、役に立つ会社になること・・・それは
「日本農業に革命を興す」という私たちの夢に近づくための一歩なのです。
「安心できる安全な野菜」を「安定して」供給するために、私達はアグリビジネス
のあらゆる視点から日本農業を支え、努力していきます。

○事業内容
・野菜苗の生産・販売
・種苗・農作物の仕入販売
・農業用機械器具および園芸用資材の製造仕入れおよび販売
・バイオテクノロジーによる研究開発
・農業生産に関するコンピュータソフトの開発および販売

○主要研究
・断根接木苗の長期貯蔵技術に関する研究
・閉鎖型苗生産システムに関する研究
・断根接木苗の事前順化技術に関する研究
・各種植物の組織培養による増殖法の確立に関する研究
 


更新 2008.11.07

     ↓クリック                                ↓クリック   

□ベルグアース
e-nae 優々ひめ菜園
 
   ●掲載記事一覧 pdf

◆会社概要

◆あいさつ

◆日本農業に革命を

◆沿革(事業の進化の詳細内容)

 

◇育苗施設紹介
































































 

◆閉鎖型苗生産システムとは
ベルグアースでは、2006年4月世界最大級となる閉鎖型育苗施設を完成、本格的な生産を始めました。閉鎖型の最大のメリットは、病害虫の侵入を最小限に抑えることができること。これにより、農薬使用量を飛躍的に減らし、健やかで安心な苗をお届けすることが可能になりました。さらに、トマト第一花房着生葉位の低段化・生育スピードのアップ・アントシアニンの増加・茎の肥大など、苗にとって良いこと尽くめです。
まずはトマト苗の育苗からスタート。今後、装置台数をさらに増やし、より沢山の苗を生産していく計画です。
 

○閉鎖型苗生産システムと、従来型の比較
閉鎖型苗生産施設とは、完全に外の環境から隔離された空間内で「光・温度・CO2」などを人工的にコントロールして苗を育てる設備です。

◆天候や季節の影響を受けない
閉鎖型の第一の特徴は、苗の生育する環境を人工的にコントロールするので天候・季節の影響を受けることなく、いつでも計画的に育苗が行えることです。そのため、計画的に、安定した苗の納品が可能となります。

◆育苗に最適な環境が作れる
環境が任意に設定可能なので、育苗に最適な環境を簡単に作り出すことができます。品目・品種にあわせた環境で育苗することにより苗本来の力を発揮させ、より良い苗をお届けすることが可能なのです。

◆病害虫の侵入を許しません
閉鎖型で育苗しますから、病害虫の侵入をシャットアウトすることが可能です。そのため、無農薬でも健全な苗を育てることが可能になります。

◎ベルグアースでは2001年度からこの技術開発に取り組んできました。そして、この設備を使用して高品質なトマト苗を生産する技術を確立しました。

2006年4月に稼動した、日本最大の閉鎖型苗生産施設から生み出される苗に、どうぞご期待ください。
 

○閉鎖型苗生産システムメリット
◆無農薬育苗 
施設の出入り口には前室とエアーカーテン・エアーシャワーを設置。換気口には0.3mm目合いの防虫ネットを張り、病害虫の侵入を許しません。出入する際は、手の殺菌消毒と白衣の着用、靴の履き替えが義務付けられています。また、一作ごとにタンク内および育苗棚の洗浄を行っています。
このようなシステムで生産される苗は完全無農薬での栽培が可能なのです。

◆第一花房着生葉位の低段化
トマトの場合、夏場の高温期に通常のハウスで育苗すると第一花房が本葉10枚以上の高位置につく傾向があります。逆に冬場の低温期には、本葉5〜6枚につくこともあります。これはトマト生産者にとって大きな問題でした。
閉鎖型苗生産システムで育苗すると、温度環境が制御可能なため第一花房着生葉位がほぼ本葉7〜9枚と一定になり、年中安定した収穫が可能となるのです。

※品種によっては、誤差が生じる場合があります。

◆初期育成のスピードアップ
閉鎖型育苗では、照明やCO2がコンピュータで自動制御され、苗にとって適当な環境が整えられています。ハウス育苗よりも光合成産物を効率良く植物体内に蓄積できるため、初期生育が早くなります。接ぎ木苗の場合、ハウス育苗と比較して発根が1日早く、順化が最大で1.5日早く終了することが確認されています(当社比)。また、仮植や圃場に定植した後も、元気に早く生育します(生産者談)。

◆多量のアントシアニン
閉鎖型育苗の苗は、葉の裏に驚くほどのアントシアニンが現れます。通常のハウス育苗で現れるアントシアニンは、低温・リン欠乏など過度のストレスがかかった結果現れますが、閉鎖型育苗の場合は、光合成を活発に行った結果、多量の光合成産物が存在することにより現れるもので、健全な苗である証拠なのです。

◆茎の肥大
閉鎖型育苗の良さは茎にも現れます。通常ハウス育苗と比較して、茎径が約1.2倍も太くなることが確認されました(当社比)。また、葉厚があり、茎の毛も豊富に生え、根もしっかりと張った生命力あふれる苗であることが一目で分かります。
 

 

◇製品情報

  ●人気品種ランキング








































































































 

○接木とは
接木とは、植物の一部を切り離して、別の植物とつなぎ合わせ、新しい植物にする技術です。双方の性質の長所を持ち合わせ、連作障害や病害虫に強く、生産性に優れた、育てやすい苗ができます。

◆断根接木苗とは
ベルグアースが長年培ってきた技術の集大成・・・、それが断根接木苗です。
苗を見守る鋭い目と、良い苗をお届けしたいという熱い思いの結晶。 断根接木苗の力を紹介ています。

◆苗の出来るまで
 接木苗の生産はいくつもの工程に分かれ、これまでに培われてきたノウハウと、最先端の技術が使われています。育苗のプロ達の苗作りを紹介しています。

播種→穂木・台木育苗→接木→植込み→養生・順化→
スペーシング(ずらし)→在庫管理→出荷

・在庫管理
育ち盛りで繊細な苗の状態は、刻々と変わります。当社では、専属の在庫管理者が、常に苗の状態を見張り、異常がないかチェックしています。

・出荷
北は北海道から南は沖縄まで、宅配便・専用トラック・航空便を駆使して苗をお届けします。輸送中に苗に負担をかけないよう出荷箱に工夫を凝らし、丹精込めて育てた苗が無事にお客様の元に届くよう、いくつものチェックを行って苗を送り出しています。
 

○「e苗」シリーズ
ベルグアースが2006年4月に建設した日本最大の「閉鎖型苗生産施設」で作る、時代をリードする画期的な次世代型の苗です。このシリーズのメリットとしては、「旺盛な生長力・無農薬育苗・花芽の低段化」などが挙げられます。「e−Powerα・e−Power・e−Nature・e−Nature200・e−Nature128α」という5商品があり、販売開始以来沢山のお客様にご好評をいただいております。トマト苗で展開している「e苗」シリーズについて紹介しています。
 

○アースストレート苗・ヌードメイク苗
◆アーススレート苗
アースストレート苗の最大の特徴は、根鉢を生分解性の不織布で包んでいるところ。そのまま植えられるので、定植の手間がかかりません。鉢から抜き取らないので、根が痛む心配もありません。

◆ヌードメイク苗
 ヌードメイク苗とは、ベルグアースで接木ステージまで育苗し、当社の接木技術を用いて断根接木を行い、そのままの状態でお客様のところにお届けする商品です。

◎全国各地での生産が可能に
接木苗は、高度な接木技術を必要とし、お客様の環境に合わせた全国各地での生産が困難でした。ヌードメイク苗を利用することにより、接木技術を必要とせず、全国各地で断根接木苗の生産を容易に行うことが可能となります。
 

○ポット・セル苗
 キュウリなら本葉2.5枚、トマトですと6枚程度までしっかり育てていますので、2次育苗の手間がなく、お届け後すぐに定植可能です。

◆土にこだわります
ベルグアースが開発したオリジナル培土。用途やステージに合わせて、最適な培土を選び出し、とことん土にこだわって、均一で安定した苗を作っています。

◆強さと元気を持っています
 スペーシングを行ない、しっかりと締まった苗に仕上げています。適度なストレスを与えることで、定植後も元気に育つ強さと体力を持つよう、手間暇かけて育てています。

◆輸送を大切にしています
苗にとって、輸送は大きなストレスです。地域・季節に応じた、温度・湿度などの出荷管理が、元気な苗をベストな状態でお届けすることを可能にしています。
 

○資料・グッズ
◆オリジナル種子
ベルグアースのノウ
ハウと大手種苗メーカーが協力して作り上げたオリジナル種子です。育てやすくて、美味しい品種を各種取り揃えてあります。
・キュウリ王子
・ブルームレス台木スクワット
・赤肉大玉スイカ 千代の西
・大玉トマト 愛彩
・ミニトマト ロココ 
・ミニトマト ニコ

◆「花苗」&「葉菜苗」
パンジー、マリーゴールド、ペチュニアなどの花苗と、ブロッコリー、ハクサイ、キャベツなどの秋植え葉菜を中心に生産しています。

◆オリジナル培土 すくすく
ベルグアースが長年こだわってきた土をついに商品化。播種から接木までの育苗に最適化された「播種専用培土」と、ポットやプランターでの育苗に焦点を絞った「ポット・プランター用」をご用意しています。

・播種専用培土
 ピートモスを主体とし、バーミキュライト、パーライトで構成された軽量型。即効性肥料、遅効性肥料のバランスがこの土の最大の特徴です。
・ポットプランター用培土
パミス・ピートモスをはじめ各種用土を混合し、培土中の空気を保持しながら保水性・保肥力に優れた土に仕上げています。肥料分を豊富に、汎用性に富んだポット・プランター用培土です。

◆オリジナル資材Vチューブ
日本ピアレス工業(株)の製造技術とベルグアースの接木技術の集大成。経験豊かな接木職人の要望を忠実に実現。「使えば分かる」こだわりの商品です。
・チューブ内側のカットを工夫しているので、茎への負担なく保持力アップ
・チューブの割れ目をカーブに加工し、接木時の損傷ダウン
・適度な弾力を持たせ、生長過程で自然にドロップ

◆G&グラス
G&グラスは密閉された無菌の容器内で植物の栽培を楽しむ、インテリアグッズです。植物が必要な水や養分は、容器内の培地に含まれており、水や肥料を与えなくてもグングン育ちます。
容器内での生長を楽しんだ後は、容器外に取り出して、ミズゴケに植え込むことで、さらに生長し、開花させることも可能です。容器内には、セッコクやシュンラン・カンランなどの東洋ランが入っています。
 

 

◇セクション紹介
 

◆栽培課・接木課
◆生産計画担当・研究技術開発課・経営企画課
 

◇営業マン情報

  ●事業所一覧


 


◎各エリアで地域別対応をしています。

◆北海道・東北エリア
◆東北エリア
◆関東エリア
◆関東・甲信・東海エリア
◆北陸・中部・関西・中国・九州
◆四国エリア
◆ホームセンター
 

 

商品一覧