開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

新事業実現期間短縮技術の進化

■新事業実現期間短縮技術の進化

新事業展開時のインフラの進化>新事業実現期間短縮の進化





        ↓クリック
「日本で実現可能になってきたプロジェクト」 解決のためのトリガー 

 


 

新事業実現期間短縮のための技術の進化を知り、実績から組み立てた実現の
ためのしくみシステムインフラを最新化し実現期間を短縮
 

 
更新 2008.11.14

    ↓クリック                              ↓クリック

◇業務高品質高効率生産性へ変える原理







 

 個人の業務遂行労働生産性の格差は日常の行動を高効率的高品質高成功(業績貢献)のための超一流の武器(ツールしくみシステム)を探し続け、活かすことです。
ただし、全社で与えられたシステムを活かしきることは「普通のレベル」で徹底的活用することは当然です。
個人でカイゼンした武器を次々と全社的なシステムに組み込む提案をし、採用されると個人レベルの貢献から大規模な業務のカイゼンにより高い業績貢献が始まります。
時間生産性が上がり、周囲が早くなると、与えられた問題解決法(ソリューション)の成功確率が上がり、個人は更に未知の全社懸案の問題解決業務に挑戦する機会が開けてきます。さらに自己成長の善循環トリガーになります。

 

 

◇先人の智慧「企業博物館
史料館」



























 

新事業展開する机上と現実との格差を成功事業の成長過程は、時代環境と整合させて学ぶと現場力を高めるトリガーになります

世界と競合する企業、人は業績貢献を数値で管理され時間生産性が要求される21世紀は企業や人から教えられる受身の姿勢はやめ、教えられた範囲は環境の「運」と捉え期待せずに、自力で不足部分の価値判断のレベルを上げる方が成長確率が高い時代になりました。

企業は「自社と他社の違いの微差」がわかる多数のお客様、社内人財の輩出を待望する目的で企業の博物館・史料館を活かし始めました。
「仕事の魅力」「想定以上の湧き上がるパワー」「人生の生甲斐」は、先人の現実の努力を観ることで感性が磨かれます。

◎ホームページの沿革、歩み等も一部ですが 表現できない企業の明確な違いを史料、歴史を立体で伝える場として、ブランド力のある定評の固有技術を明確に公開し、お客様化、人材の採用、効率の良い社員教育等複合的な目的で充実した「企業の博物館・史料館」が急激に全国にできてきました。すばらしい機会を準備してくれています。チャンスを活かし接することをお奨めします。

◎特に中小企業のあなたの場合は 関連業界で学ぶと役立ちます。

見えない知る機会が少ない自社の歴史、プロセスは各段階の実践期間の長短の差があります。すぐれたモデルと相対比較すると、自社の進化のレベルが、まだ、その成長過程で停滞していることに気づくことがあります。自社で何をすべきか観える機会となります。

未来を託す子どもと同伴で家族と共に仕事観を見せておくと潜在意識の中で育つ芽が成長をはじめます。新人若手人材の視野を広げる場として、また学生のあなたは「仕事の魅力」に気づく機会となります 人生のトリガーとして役立つ機会となります。

◎現地現場・公開情報で先人の智慧を観る機会活かすと、超速度での視野拡大に最適な方法です

 

◇東北大学流体科学研究所















 

◎対流に関連する事業を検討する場合は、インフラの効果的レイアウト制御装置の機能の最適選択等連携が必要な要素です。

流動科学は、気体・液体・固体の流れを連続体の流動とし取り扱うマクロな視点と分子・ 原子・荷電粒子の流動として取り扱うミクロな視点で、物質の流れのみならず熱・ エネルギー、情報の流れを明らかにする新しい学問領域です。

流体科学研究所は、その使命を果たすために、2016 年までに、次のような目標達成を目指す。
1.多様な流動現象に関する学理の探求および普遍化を基に、流体科学と先端  学術分野を融合することによって新たな学術分野を創成する
2.文明社会が直面する諸問題の解決を目指して、エネルギー、航空宇宙、  ライフサイエンス、ナノ・マイクロテクノロジー分野に関わる流体科学研究の  クラスターを組織横断的に構築し、研究所の研究者と研究資源を戦略的に  集中することによって、上記4分野に関わる流体科学の研究成果を重点的に 創出する。
3.研究所が重点的に進めているリエゾンオフィスなどの海外拠点や国際ネット  ワークを活用した国内外の主要研究機関との連携活動を通して、国際共同  研究や研究者・学生交流を積極的に展開し、その成果を国内外に発信する ことにより、流体科学国際研究拠点となる。

 


◇専門学会の活動内容から
学ぶ


 

企業内だけで固有ノウハウの整合を他社と横断的にする工数期間がかかりますが、横断型学会の個々の活動から学ぶとフレームワークの組立ての期間短縮、精度が高くなります。

 ◇ロボット工業会










 

◎低価格商品を大量に、世界の価格相場よりも安く、高品質で生産できるしくみシステムには、多くの業界で活かされた最新の技術を活用する必要があります。

日本ロボット工業会は、ロボット及びそのシステム製品に関する研究開発の推進及び利用技術の普及促進等を行うことにより、ロボット製造業の振興を図るとともに、広く産業の高度化及び社会福祉の向上に資し、ひいては国民経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的とし、次の事業を実施しています。

・ロボットの研究開発の推進及び利用技術の普及の促進
・ロボットのシステム商品化及び利用普及の促進
・ロボットに関する生産体制の整備及び生産の合理化に係る施策の推進
・ロボットに関する標準化の推進
・ロボットに関する海外関係機関との技術交流及び協力
 

 ◇日本金型工業会











 

 「創造性の発揮」を目指して活動しています。
1952(昭和32)年に金型製造業者を中心として「日本金型工業会」を設立し、金型の普及、技術の標準化などに取り組み、加工組立型産業のサポーティング・インダストリーとして、高度経済成長の重要な役割を担ってきました。
近年では、金型の高精度・高品質化、納期の短縮およびコストの低減を実現、わが国の加工組立型産業の国際的な地位向上の原動力になったと自負しています。
今後、従来の路線を推進していくだけでなく、21世紀の創造的な社会に貢献するために、さらに深く広いノウハウの構築、業界の発展に寄与しようと考えています。この目的を実現するには、当工業会の組織をより一層拡充し、構造改善事業など様々な事業活動の充実を図る必要があるのとの結論に達しました。
そこで、当工業会は世界をリードする日本の金型産業のナショナル・センターとして、金型産業および関連産業の健全な発展を図り、世界経済の協調的繁栄と国民生活の向上を目的として、平成6年7月1日に「社団法人日本金型工業会」を設立しました。
 

 ◇計測自動制御学会







 

(社)計測自動制御学会は、「計測」と「制御」に関する理論と応用を追及する学会です。
今、わが国では技術立国、知財立国が政策として推し進められ、技術開発の重要性が広く認識されています。地球温暖化やエネルギー問題などの解決のためにも、SICEがカバーする計測と制御分野の技術と理論ならびにその産業応用が社会に大いに貢献を目指しています。
SICEはすでに46年余の歴史を持ち、石油・石油化学、鉄鋼、化学などのプラント計装の分野や、電機、機械、自動車、ロボットなどのファクトリー自動化の分野はもとより、交通、通信、環境、建築、土木、医療、金融などの社会基盤分野、生活分野、そしてサービス分野まで、広い範囲で発生する課題を横断的に解決する研究者、技術者の交流の場を提供しています。世界をリードする日本の先端学術の発展を支え、日本の製造技術の高度化の一翼を担ってきました。
 

◇製造に関する次代への進化
 


製造段階で必要なテーマで機能開発時の進化が企業の違いの微差が大差になる次代への進化を探すことが重要です。


 

 

 

 

商品一覧