開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

「食と健康業界の変化」

■食と健康業界の変化    081105

 新事業展開時のインフラの進化食と健康業界の変化




更新 2011.11.01

 21世紀は福島原発事故で、日本人存亡に関する危機の時代の扉が完全に開き
ました。子孫繁栄のために、人の健全判断、健康維持の改善常識基盤を変える
必要が生じより現実化してきました。
環境汚染は着実に、自然環境型農林水産業が、自然と共生し、自然の汚染ゼロ化
のための工場型のしくみシステムを最適に活かす、地域複合型大規模工場の数の
増加が必要になり、福島原発事故の前の日本国の食の神話(ブランド・泡)が消え
新しい実体(安全数値ゼロ作戦)で、世界が比肩できないレベルし、新神話の追い風
を活かすことができる分水嶺の時です。チャンスの女神を活かせない場合は、想定
以上の長期間、日本の食の生産物(加工品も含め)、風評とは異なる、排他的で
買わない、食べない現象が優位になる確率は高い。


「第一次産業」が 21世紀型「地域の第四次産業」へ進化するために 食の業界は、
「安心・安全」追求、物流の進化、日本国内の自給率100%可能な業界の一つで
あることに気づき。海外から完全封鎖されても日本人が生き残る食のしくみの構築
をし、余剰を世界の食料不足、飢餓の国を、日本で成功したインフラを、その国の
人が主役で維持発展できる「柔行動型」国際貢献的を待望される時代がきています。

農業水産生産は「いきものづくり」でハイテク化工場化と成長の節目での大量人海
が必要で、裕福な富だけでは低売価大量生産はでき難く、多くのすぐれた先人が
実現できなかった分野を日本が実現し、そのインフラを世界へ供給する国家的戦略
となり始めてきました。研究段階から起業参入段階へすすむスピードが加速されて
きています。その変化情報を整理し、事業として検討するときの成功ベクトルがプラスになるA志援サイトは素材として提供しています。
あなたが素材に他の情報も付加し加工すると、今より事業実現の成功確率は高く
なります。

TPPが実現すると、国内だけを市場とする地域の食に係わる事業に従事している
中小企業の社員や地域で大企業グループ、ブランド企業グループで非正規社員
として第三次産業で働く人は、地域の総個人収入減る(世界ブランド力優位)と
現在より地域の食品産業の総売上は減少し、地域小店舗の総売上は高くなり難い
環境になる。食品産業が、生きるためのエンゲル係数に影響され、個人の収入源は
総売上金額を減少させ、80%以上の安さ優位の市場で、価格維持品質優位で競争
しても、総売上量は減少し、晴れで甘い事業計画が、想定以上のどしゃ降り雨の現実
となり、地域の過剰店舗統廃合、倒産、企業合併、経営統合連携等が増加して、
就業の場は減少し、首切りでの離職が増加、地域で再雇用総数が減少し、高齢者、
若い世代は企業全体の生き残りのために収入源が閉ざされる機会が増加する確率
は高い。地域の貧富は現在より2極化し、中流の下、貧困層が70%を超える時代が
近づ確率は高い。
21世紀のすでに欧米先進国で徴候がはじまり、組織に属さない個人の価値判断優位
の欲望を冗長させるネット映像の情報により、国でさえ制御できない自由・多数決の
マイナス領域での世界観国家観企業観とは別次元のリーダーなき集団煩悩行動が
先進国でさえ発生する時代がはじまり、異常現象ではなく、さらに普通になる現象の
一つです。



日本の地域貢献型企業である大規模複合型工場が多数林立する
姿を待望しています。


植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場



食育基本法 2005年6月17日 法令第63号

     子供たちの健全な心と身体を培い、未来や国際社会に
     羽ばたくことができるようにするとともに、全ての国民が
     心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らす
     ことが出来るようにするための使命でスタートしました。

     食事のバランス、食の安全・衛生・安心の意識が高まって
     きました。

     親も子も 精神・価値判断が少し狂いはじめた現在、復元するための
  真因は、飽食の中で、偏食・加工食品が、身体の健全性のバランス
  を崩しはじめている食を正常化することも一つです。 

   影響度が高いのは 業務用です。食に関連して従事する企業の数多い。
   世界の食環境に影響されながら、新しい潮流を創ろうとしている企業を
   ご紹介します。
   食に関係した企業の”あなた”は、ご活用ください。


食の業界は、「安心・安全」追求、物流の進化、、日本国内の自給率を高め、
海外から完全封鎖されても生き残る食のしくみの構築と国際的な輸入環境の
変化により、農業生産のハイテク化工場化が国家的戦略となり始めてきました。
良いものは自国で、悪いもの(添加物・遺伝子組み換え等の人体臨床)は
海外(日本市場)で研究する国さえある時代になりました。

福島原発事故は、日本人や世界からある期間排他傾向が続く確率が高い。

従来の完全自然依存農水産業が、世界に比肩できないレベルの、自然を活かした
複合的完全安心安全農水産の生産工場型しくみシステムへ変えて、地域のともに
豊になる実体化経済革新のトリガーとして活かすことを待望しています。
日本人生存、子孫の突然変異確率の少ない基盤を創るのは、今活きる日本人の
使命です。人が人として活きる下限は「衣食」です。関税障壁がゼロになった歴史は
「衣・繊維業界」が、政府に期待しながら、多くの事業家は、どんな結果を歩み、いま
どんな国内の業界で生き残る企業はどうしているか?「衣」「食」は機能なら買いまわ
り品、生活必需品で、下限価格で生きることはできます。正し裕福な層は、機能と
は別な煩悩が支配する泡(ブランド等)で無限の上限価格を生むことができます。
映像がつくる煩悩の増幅機能と、金融の先楽後憂の今カネがない人でも、現実の
カネを拡大し、先に使わせるしくみシステム。全てその人の周囲でお膳立てされて
それが普通の時代が21世紀です。プラスマイナスは次代が評価するだけで、人に
どちらが最適化わかりません。が、現在の世界のしくみを農水産業にプラスに活かす
財政破綻寸前(すでに?)の日本の中で、豊の地域の領域を拡大することも食の
戦略の一つです。

工場型農林水産業が参入事業化する企業数増加段階になり技術進化スピードが
加速されてきています。農業水産業ははアナログ要素が多い「いきものづくり業界」
大企業でさえ、未知の領域が多く、「ものづくり」のように潤沢な投資資金を活かす
しくみシステムを開発しても、生産性、品質性の向上を無限に追及すると、開発
費用を吸収するとき、市場と乖離した高単価になる確率が高くなります。
多くの大量に公開される実証情報を整理し、「人育てと酷似」、OJT,OFFJT、しくみ
システムの組合せで、人財成長数を一定以上確保するには費用がかかり過ぎます。

「いきものづくり」として、生産物の成長に整合させて、不連続成長の節目は大量の
人海を活か、連続的成長期間はハイテク化、システム化の設備を活かすし、生産
時期をずらして、低売価、大量、多品種組合せ生産のしくみを構築すると、設備の
ローコスト化、運用費のローコスト化、人件費の変動費比率を60%以上にすると
日本の農林水産業の関税障壁がゼロまでの短期中期の間に、各技術が急速に
進化したため、実現確率は高くなりました。

●政府や地域行政へ期待を止め、実現へのインフラを急ぐと、日本人は食に関して不安増幅
の時期、食への協力者が想定以上の勢いで増殖する環境です。
この時期が過ぎると、「食」は最初に意識の中から消える業界です。
福島原発事故で、東京電力に被害額請求するJAの幹部の金額が、少なすぎることに気づいた
人は多いはず? 食は金額ではなく量であり、人が必要とする量単位で被害額請求しない他の
業界の金額マジック現象のままだからです。
その補償金額が働く場を失い、長期農業ができない現実と乖離しているだけの行動をしているため
です。世界規模の「ものづくり」の業界の人なら、こんな程度なら、1ヶ月で稼げる程度で影響は
たいしたことがないと錯覚する人もいるはず?
第一次産業は非効率なままの素材型産業で人の生命に係わる70%の人が安くなければ節食し、
エンゲル係数で出費上限が制御される宿命があるからです。
第三次産業の人は、この程度で汗を流して四六時中働くのはムダ、桁を変えるだけで、瞬時に
稼いだ実績がある人も多いはず?
実体経済の素材生産の短所を 第四次産業として複合企業として地産地消、地域自給率100%以上
へ変えると、地域の第二次産業、第三次産業の素材としての貢献度は、海外、他県から、物流コスト、
商社、卸業を抜く 受注型生産量を年間計画契約とし、微調整納品をする(冷凍倉庫で企業別物流
倉庫でお客様にあわせた納品をする)。地域の商店街のために地域の専用卸市場のブロックで他の
輸入他県のものと区別して管理し、日本全国の卸売り市場に品薄のものを重点に完全売り切りする。
(自社に物流配送ネットワーク機能のローコスト化、地域の乗降客数のすくないバス路線での出前
コンビニ機能併設、点在小売店へ、配達も兼ねる。高齢者点在地域は、郵便局を拠点で郵政の物流
を活かす。(ただし、地域のエリアだけ、ヤマト、佐川等の宅配より高ければ、安い業者に変える)
地域のインフラを地域の人の輪として活かすと、今まで、思い込んでいた、業種障壁があまりないこと
に気づき、地域の人が重複行動を最小化すると、地域の一人一人の人の時間性生産性は上がりはじめ
地域のコミュニケーション網も整備され、緊急時の対応スピードは想定以上に高くなることに気づく時
がくる確率は高い。

 

更新 2011.11.02         


◎現在の本流を先導する食業界

これだけ多くの企業が、企業観優位で、自由競争という名目のもとで、食品産業が、世界に比肩できるように20世紀代から21世紀の現在までの結果は、今のTPPで右往左往するのが現実です。
地域の中小企業規模が80%を超える「いきのもづくり」であり、人が生きる必需品、死ぬは食料・水を断てばよく、エンゲル係数(個人の所得)に依存し、地域の中流の下、貧困層(低所得層)の増大は常に低価格化が必要十分条件にもかかわらず、なにか世界に比肩できない戦略的要素が少ないか、欠落していた結果のようです。

2011.03.11の福島原発事故は、世界の日本の食の安全安心神話を破壊しました。時間が着実に経過し、世界への食の安全安心神話の復元は200%以上の過負荷の戦略的軌道修正をしない限り、世界・国内の戦略的超円高維持により繊維業界の現在のような、壊滅的打撃結果で、業界に係わらない人から忘れさられます。苦しんだのは、国内の関係された血と涙の記録だけで終わるようです。繊維は衣で限りなくゼロでも人は死なない業界ですが、食は、払える金がゼロのとき(生活保護のような金のめぐみしくみを持てないゼロの人)は、餓死(多くの貧困国のような)の確率はセロではなく、一人世帯の年金の少ない高齢者の新聞記事で見える化徴候がでています。生きるためには国産より価格破壊てきに安ければ、2/3以上は月に生き残るために買います。国内の食品産業の存亡とは日常生活では意識しない人が90%以上であり、食品産業の社員家族でさえ同様傾向があります。
食品産業に係わる人は、世界観に立つと、日本の自給自足が子孫繁栄にプラスであることに気づける確率は高い。
直接部門の志援(支援ではない)のために超最低コストのシンプルな管理(間接部門のは金がかかる管理費用の現在の1/3にしたり、類似機関の世界に優位になる超専門化のための、整合された、重複業務削減をするしくみ、システムを目指す)ことを待望します。

地域の中小企業の食品産業の勉強行動型で整合した企業連携(地域の第一次、第二次、第三次産業)が機能を始めた地域の拠点に、重点的に企業の最高ノウハウを持つ実戦行動できる人財を配置し、食品産業勝ち残りのフレームワークの実証検証と超コストダウンのノハウ構築のしくみを推奨します。
大都市圏は今までより強化し、超円高50円でさえ、世界に比肩し勝ち残れる地域で新規事業を地域の人とテストマーケティングをし、そのフレームワークの中に組み込むようにする。ブランド力があり、世界に拠点を持ち、原料調達を、海外国内で潤沢に持つ食品産業の企業グループ化、国内の食品産業をグループ化して海外、国内の大型販路をグループ統合する総合商社の戦略行動を真似なければ、世界に勝ち残れる確率は低くなりました。

多くのすばらしい、企業も単独企業、特定分野へ特化し成長した企業は、地域の単独食品産業を顧客を業績基盤にしていると、業績低迷、共倒れの危機が近づいています。企業観を日本観へ変えて、地域の勉強行動型食品産業階層を先導し、国内での生き残り支援と、海外での勝ち残り事業展開を共に行動し、共に豊にして、日本の想定以上の数の食に係わり、所得を得ている就労人口を安定吸収できるための社会貢献を待望しています。
 

□食環境向上団体







   

◆食品安全安心健康に関する団体
◆食材の生産・加工・調理・病院に関係する団体
◆食品関連団体

食は人間の生存に関係し、安心、安全に関する政策、規制、研究は業界変化を理解する上で重要です。企業のCSR(社会的責任)戦略に極端な格差がある時代は放任規制緩和をしてはいけない問題点が多い。官庁情報は最低限の下限の規制として、自社の成長レベルで対応のための情報として最新をテーマに整理しました。

●農林水産省
●農業・食品産業総合研究機構 
●食品需給研究センター(FMRIC)    ●農協流通研究所  
●農林水産技術情報協会 ●農業関連大学&水産関連大学

 

◇食業界推進基盤企業

 

業界のエネルギー補給を担当する東京ガス・東京電力では業務用厨房に関して技術開発が進んでいます。業界を推進する企業の商品開発支援を活発にしています。”あなた”の企業の新商品もPRの対象になる機会があります。
日本食糧新聞社は最新の食品業界の情報を集約し、地域の業界団体の活動を志援しています
 

◇厨房設計・施工関係

 

世界の厨房が日本市場に急激普及をはじめ、日本の閉鎖的厨房業界も黒船で目が覚め、厨房業界の変化が激しくなってきました。その中で厨房設計施工のモデルとして紹介します。

厨房は燃料の安定使用量が見込めるために電力業界、ガス業界が厨房業界の進化支援をしている重点の一つです。自社の開発方向を相対比較する突破口情報の一つです。
 

□食業界発展を支える企業


 

食業界発展を支える、システムのなかみを提供したり知恵本を提供する企業。
○ITを活かす管理栄養士の業務能力向上
○安全・衛生・安心 技術・技能の向上
○飲食店向け店舗向けソリューション
○食業界関連専門図書

 

□食業界・厨房発展先導企業


 

業界発展先導企業の企業努力をご紹介します。常に新しく、新商品、新システム、販路開発に全社的に活発に挑戦している企業 

厨房設備機器は、設備が終われば、日常総合的稼働率が高く、人件費、エネルギー費、衛生、品質、動線効率等、設備したしくみシステムで、改善の上限が決まるため、さらにカイゼンする場合は、設備の総合的に効率機種への変更が必要となります。各社の最新情報と相対比較が戦略着眼です。
 

◇物流調達供給機能と事業展開との整合化






物流費の内の約60%を占めるのが輸送です。輸送は物流活動の内、唯一、社外に出て公共空間で行われる活動です。企業の論理よりは公共の論理に基づいて行われます。大部分は運輸業という専門産業に依存し、専門業者委託がおこなわれます。その融合格差が、物流格差に影響します。 食品産業が世界市場で事業展開する場合、陸海空を最適な安心安全と下限低コスト化、上限スピード化が勝ち残りの必要条件になります。自社の総能力プラス外部の専門の機能を活かさなければ、競合できない競合他社の進化が早くなってきたことに気づくき対応が必要です。単価が低コスト領域と鮮度価値領域が大きい食品産業業界は特に存亡にかかわる重要な要素の一つです。
◆運輸構造の最新変化を知る
◆物流流通業界の団体機関の変化を知る
◆SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン 
 

◇冷凍商品製造業の進化


 

冷凍装置の高度な加工機能が進化すると農業生産活動や加工、保存、輸送など総合的な食品循環を変える可能性を持つ業界です。環境に及ぼす影響をトータルで評価しようという考え方である「ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)」という概念も地球環境保全のために重要度が高まってきます。

◎季節変動を調整した、年間安定供給、遠隔地域での生産物の
鮮度物流など戦略的市場供給が可能な時代がはじまりました。
 
◇日本パン技術研究所
(JIB)









 
(社)日本パン技術研究所)は、AIB(米国製パン研究所)とライセンス契約を結び、本システムを日本へ導入し、依頼施設の食品安全管理体制の強化・徹底を支援する活動を行っています。

 「AIB」の確立した「AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システム」は「食品安全統合基準」を基に、「食品製造施設及び食品関連施設(流通倉庫や包装資材製造)」において、主に「5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)」を強化するための、「食品安全管理システム」です。 三現主義の監査とコンサルが同時に進行し、具合的な内容です。
様々な食品会社および関連会社(製造機械、倉庫、包装資材、
原料供給業者を含む)を対象としています。特に食品取り扱い作業に携わる従業員の教育の一環として重要視する企業が増えてきました。

AIB統合基準はGMPを基礎にして作成されています。また、GMPは、HACCPの構築には必要不可欠なものです。

 

 

 


◎食料自給への対応

地球規模の環境の変化を意識する段階になってきました。
食材の生産環境が変化しはじめ、日本の食の自給力は低下し、食の安全は海外依存の場合、安全とコストとは反比例現象がでています。

日本人は食の生産に従事する人材は減少し、マスコミの影響で、ローマ人型の美食・飽食型人間の比率が増えてきています。
大人口が存在する中国の食生活が、富によりローマ人型の比率が増えはじめました。

世界の中で、日本人の必要とする食材確保環境は、変わりはじめ、同一コストでの輸入する場合の量は制限されはじめ、品質は悪化をはじめました。

新たなビジネス・チャンスを目指して異業種から企業参入が相次ぐ植物工場に注目が集まりはじめました。

光,温度,栄養素といった栽培条件を完全に制御して作物を生産する植物工場。食材生産革命が予兆が始まってきました。

日本人が存続に必要なものを量確保し、採算がとれる付加価値の高いものを確保し、中間的なものは後回しにして、同時に日本国内での植物工場の生産量、種類の増加を推進する本格的スタートの時期が近づいてきました。

2011年3月11日福島原発事故を境に、農林水産業・食品産業関連業界の世界の中での日本の安全神話が崩れ、現状の事故現場を長期化させ、超短期で遮蔽していれば、情報公開統制で、民間にブラックボックスにすることができたはずですが、現在は民間でさえ放射能の影響が広域の身近で見える現象が広域で始まりました。土壌汚染、海水汚染、水汚染の現実のなかで着実に進行していることが民間でも普通に見えてきました。TPP等何かの目的かもしてませんが、世界の中で日本の農林水産の危険性が過大に常識化し、日本への原料輸出の想定以上のスピードで増加し、日本国内の生産、中小企業型食品産業を存続できないようにするベクトル方向が、アジア圏、世界の食料輸出大国の外圧として、戦略的円高により強まり、世界規模のものづくりが優位な日本の内部支援群となり、国内のものづくりの中小企業も下請け親会社が現在も国内優位と考える幻想と現実が乖離したことに気づかず、ある戦略的想定どおりにものづくりはTPP推進し、自らの倒産軌道を自分でつくり、大企業思想で育った人が多数決で優位に決断をする確率は高いようです。

現在も放射線を出続けし、累積総量は、想定異常に増加し、一過性の情報公開が過ぎた、マスコミ報道のしくみは民間の一部現象をを過大に見せる、全体から人の目がそらす手法が優位のようで。知らない振りの金のない人の方法である出費を最低源にする方法行動を採り、民間が公表して、初めてその部分だけ、現状の断片を情報を報告するしくみ。多くの公開はTPP実施後になる確率は高い。多数決を結いにすすめる方法の一つにすぎません。
放射能飛散は、広範囲で、雨水で濃縮された土壌汚染量エリアが想定以上にある現実が民間で見える化してきました。なぜ、今も放射線を発散させる場所、事故現場エリアを完全遮蔽せず、やっと台風、豪雨対策を理由に1工場ごとにだらだらだら時間をかけて遮蔽工事をするのでしょうか?、海の汚染の進行、地域の土壌の地下水源への影響の進行は、まだ放置のようです。情報がクローズされ、マスコミは公開に対して、被害日本大震災の津波の阿鼻叫喚の現実を加工報道した如く、現実から目をそむかせる過保護姿勢が、無意識で公開しない何かが働いているのかもしてません。
この現実が「何か変だ」と言ってもムダです。自己防衛として、影響ゼロへの対応戦略が緊急課題です。
国への期待、行政への期待も財政逼迫した日本では、金がないので誰が責任者でも地震の災害地への復興優先にせざるをえません。船頭多くして船が進まない現状を繰り返し、先延ばし現象になります。
今回は先延ばしを待つと、国内の中小企業は倒産軌道、働く人は、再就職できず、大量の低所得者を生み、借金できない層は、困窮化し、地域の食品関連第三次産業の連鎖倒産、大量の社員でない働く人の働く場がよりやすい時間給で働ければもうけもの、働く場が少なくなり、働けない人の数が増えて貧困化が加速する確率は高い。

世界の中で日本が生き残ることを最優先する世界観視点での日本存亡を優先して行動する人の数は現在の多数決社会では少数派のため、TPPは現実化される確率は高い。過去の反対
も本流に飲み込まれるのは、いつのまにかゼロになる現象と同じ経過を歩む確率が高い。
日本の生産物が世界の品質にふさわしコストが高い現実をローコスト実現できる確率はゼロです。すべて自分達の決めた集団の決定で、自分も含め、自分も含めた蒔い種の結果であり、批判不平を民主主義社会の一員なら言えません。天に向かって唾をはくようなもの、自業自得現象です。(本流になれなかっただけです。)

間接の机上の人が傍観者型(外野)の食の発言は、「ローマは明日できる」やりかたです。短期で実現するために潤沢な資金、富裕な富がなければ、想定以上の短期間でできる確率は高くない。
早く、現実に目覚めることが中小企業の食品産業関連企業が生き残る行動の一つです。

すでに世界に誇る日本のものづくり
の実体は、国内で国内部品長調達による自給ができないことがわかり、国内企業名を付した外国企業からの輸入をしていた現実が、東日本大震災で誰にも見える化しました。さらにタイの大洪水で多くのブランド力のある大企業中堅企業が、国内生産空洞化の現実が見えたはずです。
TPPは国内、海外の両方の拠点で、為替のマッチ・ポンプで円高でも円安でもどちらでも儲かるしくみがある企業だけが儲かるしくみです、円高円安で生産量を儲かる国の比率を高くする戦術修正でよいだけです。80%以上の中小企業の食品産業の原料調達と国内競争力、海外への輸出力の現状は、今の環境で黒字経営ができますか?食に係わる日本の就労人口の働く人(社員だけではない)の総数は、現状の賃金支払いを維持できますか?若い世代をものづくり企業の初任給で大量に社員として採用できますか?ものづくりの採用数が海外シフトにより日本人採用数は増加しますか?減少した人数を、食品産業全体で吸収できますか?普通の人は金融、銀行、不動産等空気産業(無形)に採用される確率は高いですか?

中小企業の食品産業は、すべての海外供給がストップしたとき(どしゃぶりの雨)を想定した、国内での原料調達できるしくみを地域に協業連携して構築を急ぐときです。
まず地産地消、為替に依存しない生き残りのしくみを急ぐことです。
自然依存だけの農業水産業は、長期の放射能汚染の累積影響により、日本人は最大に影響があります。子孫への突然変異、遺伝子の新しい変化(今を基準なら異常)の確率はゼロではなくなりました。(当時のきれいな原爆投下の一過性の過去の体験とは異なり、汚い水爆と同等原理の原発事故は長崎広島とは比較できない、チェルノブイリの事故を超えた公表されない現実を直視し、まず日本人の子孫のために、食品産業に係わる80%以上の中小企業が地域でまとなり、共同安全生産原料を地域で調達できるしくみを急ぐときです。
原子力発電が世界の国に普及し、即使用中止ができない各国の現状の今が、日本の食品産業の自給体制を地域でまとまり抜本的な農林水産業の構築にチェンジする千載一隅のチャンスの時です。
原子力発電は、事故ゼロ神話が崩れ、想定を超える天変地域、気象異常の頻度の増加は、必ず、飛行機事故のように、1件あれば、同一管理状況、10年以上のものは、想定以上の疲労脆化があるものがゼロではありません。30年異常前の技術の施設の安全度は今より高くない確率は高い。世界で複数発生する確率は高い。海外調達により食品産業関連輸入をさせる企業は、その国のリスク発生ゼロではありません。人の世界は「塞翁が馬」汗を流し、短期ムダ要領が悪いように見える行動も、環境が今よりよくなる確率が低い人間行動数が優位の時代、日本国の子孫繁栄の安心安全な食が世界のどこよりもあれば、自給で生命は維持できます。(安全な水も食の一部)
衣は、身体の保護、環境で死なない歯止め、住は一人の必要領域は1坪以下でも死ぬことはありません。他のものは人間の煩悩が描く価値、ゼロでも子孫は、自給自足で生き残れます。すべとの周囲の冗長を消去し、煩悩を消すと、何が最優先が本質が観(診)えてきます。

◎地域が整合された組織となり、実体経済の地産地消基盤が55%以上にする、球芯は、地域密着型CATVが、現在ある地域の中小企業群が生き残り、地域で安心安全な農林水産供給生産基盤を構築するプロセスを推進するために最適な機能企業の一つです。

地域密着型CATVの機能を地域の中小企業の食品産業が活かす視点に立つと、地域での事業の事業展開のための布石をどの順序です方法が最短実現確率を上げるベクトル方向が仮想できる確率は、A志援サイトを活かす制御人財のあなたなら描けるよにしてあります。日本のどこかのエリアから、狭域でスタートすると、ネットワーク時代、短期で、日本全国の勉強行動仲間が、地域に波及伝播行動を起します。想定以上の速さで、地域行政が動き、地域の実体経済による地産地消型の20世紀の経済原理が活かせる、バブル(泡)を消去させて、地域財政の潤沢化と、地域への先行投資ができる確率は高い。 2011.01.31 A志援ms
 


□食品産業の業種業態のデータ









 

日本の食品産業は、第二次世界大戦前まで農林水産業の自給を国家戦略とし、多くの業界は、農林水産業に関連して業績基盤を構築していました。現在も、総人口の、統計数値の普通の公表数字と異なる、地域の就労人口を確保し、国内就労人口吸収機能が加速度的減少する「ものづくり」 非正規雇用が70%以上で不安定低賃金が多く、不況で、自在に人数削減できる「食の第三次産業」は、現在より不況が普況になる確率の高い時代、今何を最初にすべきか再点検が必要です。周囲の食の創られた情報と現実が少し乖離していることに気づくことを待望します。

●日本標準産業によるデータ

 ・第一次産業のデータ  
 ・エネルギーのデータ

 ○食品産業の業種業態データ
  ・食品産業のデータ1     
 ・食品産業のデータ2(続き)
 ・食品産業のデータ3(続き)
  ・食品産業のデータ4(続き)
 ・食品産業のデータ5(続き)

□第四次産業・複合食品産業

日本の真の背骨基幹産業はなにか?食品産業を、統合すると「第四次産業・複合型食品産業」の存在価値が観えてきます。「日本標準産業分類のデータ」を見ると中小企業の業績基盤をどこに軸足を置けば生き残れるか、診えてきます。
 

□植物工場の稼動と市場

全国で植物工場の稼動が増え、従来の市場の中での競合と、新市場の創造段階に入ってきました。自社の事業規模に応じた最適なしくみシステム、制御人財の数が必要な時期になりました。暗黙知質量が企業格差になります。持続的成長プラットフォーム基盤構築の時です。
 

◇植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場

日本が放射能汚染地区として、海で隔離された環境の中で、食の安心安全生産ができる大規模型複合工場が緊急で事業化できるしくみシステム構築する時代にはいりました。
 

◇日本で複合工場実証試験関連技術

 2010年植物工場、栽培養殖漁業、周辺関連技術、参入企業も急速に増加し、大学の法人化の事業展開が成長段階に入り、高専大学大学院が日本農業水産林業の分野もノウハウの集約が出来はじめてきました。世界の最先端の大規模複合工場の実用化の経営資源ヒト、モノ、ノウハウが狭域の中に集約されています。

◇新たな食の安全安心の業務用計測技術

世界各国が潜在的に保有している21世紀の生命の危機を開く扉を日本国が完全に開いてしまいました。「新たな食の安心安全」の人が決める基準をゼロにする新しくみシステムに着手するトリガーと捉えて行動をはじめることを待望しています。
 

◇新エネルギーの稼動と市場


 

21世紀、世界規模の環境保全の目的で新エネルギー、次世代エネルギーのあなたのまわりの環境インフラが変化をはじめました。
複合工場を低コスト稼動するためには、ランニングコストである、光の制御、温度制御、生産環境制御、水の制御、土壌の制御、成長のトレーサビリティのしくみ等、「いきものづくり」は電気と温熱調達コストが低コスト化に必要条件の一つです。地域で食品生産、食品産業共用型の生産機能を持つことが、長期安定エナルギーの供給体制の一つです。
 

 

 

◇植物工場2012

食材としての魚が健康維持食材として国際的に認識、需要は拡大の増加は中国の経済成長とともに加速され、日本だけが漁業資源を安心・安全な食材を必要量確保条件が悪化をはじめました。








 


2009年官主導の市場普及活動と、行政のサポートが活発化し
大企業中堅企業のグループ企業、関連企業の戦略的参入がはじまりました。人の農業生産者の減少に歯止めの徴候がはじまり、
農業生産法人への就業可能人材も増加をはじめました。
マスコミ、TV等での記事の番組が増加をはじめました。
2008年植物工場・養殖栽培漁業の市場化実績が出てきました。
2007年紹介企業のさらなる進化と補完して観ると自社で何をすべきか新事業計画が具体化し易くなってきました。

◆情報(植物工場)
植物工場に関する情報を整理し、 事業化を検討するときの参考に なるよう探しはじめました。

◆団体・研究所(植物工場)
植物工場に関する学会が統合 され関連部会と相乗成長の段階 に成長してきました。蓄積した 研究ノウハウを活かした成功事例 も出始め、企業化段階へ成長し てきました。ビジネス採算性の 出るように事業化する企業人の 参入段階に来ています。

◆企業(栽培・養殖漁業)
栽培、養殖、魚工場の実績が出始めた企業がでてきました。
同業種から、異業種から、新事業として検討する企業が増えてきました。
 団体・研究機関の情報(ノウハウ・資金)を活かし、自社固有 ノウハウ構築スピードを加速するとき市場成長段階には入ってきました
 

◇栽培養殖漁業2012










 

栽培養殖漁業のしくみシステムの進化により市場成長段階に入ってきました。植物工場の情報と別コンテンツにしました。

■団体・研究所(栽培・養殖漁業)
     
栽培、養殖、魚工場に関する研究段階からビジネス展開へ
     成長してきました。蓄積した研究ノウハウを活かした成功事例
     も出始め、企業化段階へ成長してきました。ビジネス採算性の
     出るように事業化する企業人の参入段階に来ています。

■企業(栽培・養殖漁業)
     
栽培、養殖、魚工場の実績が出始めた企業がでてきました。
     同業種から、異業種から、新事業として検討する企業が増え
     てきました。
      団体・研究機関の情報(ノウハウ・資金)を活かし、自社固有
      ノウハウ構築スピードを加速するとき役立つ情報を集約し
      ます。



◆漁業に関する活動内容から学ぶ
 

◇健康維持再生復元探し





































 

 


























「環境が人類の生存に、マイナスの働きをする時代」がはじまりました。
健康維持こそ心身の健全性の保持に必要条件です。
そのノウハウを身につけ、あなたが人財として成長し活躍するためには、健康の継続的保持と障害が発生したとき短期再生、復元のノウハウと継続的実践ができることが着眼です。
優れた関連情報を揃えます。

◆身体の健康維持持続

●シニアが健康を維持し、企業に貢献できるための健康整備法
いつも全力投球し続けたい”あなた”の健康を保つ定評の手法。
 ・西野塾 
 ・真向法


●健康維持に健全な精神が宿ります。継続すると若さ維持できます。我流も一方法ですが、実践効果高い基本定石の智慧をいかくのも一つの方法です。

 ・スポーツ団体一覧  
 ・臨床スポーツ医学会
 ・トレーニング科学研究会  
 ・(独)日本スポーツ振興センター 



◆健康機能障害再生復元
研究所を併設した機関に限定して紹介します。最先端技術ノウハウを導入し、最先端の臨床、より多くの再生・復元の確率が高いところに限定します。国立身体障害者リハビリテーションセンター

  ・国立身体障害者リハビリテーションセンター
 ・国立職業リハビリテーションセンター
 ・先端医療振興財団
 ・(財)脳血管研究所美原記念病院
 ・生理学研究所 NIPS
 ・日本再生医療機構
 ・(独)福祉医療機構
 ・(社)三井記念病院

◆「医薬分業」医薬品・調剤薬局業界

○日本調剤(株) 
日本調剤グループは、経営理念である「医薬分業」を推進するため、グループとしての総合的な強みである「医療用医薬品」分野のプロフェッショナル集団として、一貫して医薬品・調剤薬局業界のフィールドで事業活動を展開しています。

(独)国立病院機構
国立病院機構は、全国145の病院を一つの組織として運営する独立行政法人です。これまで、全国に展開する国立病院・療養所は厚生労働省が運営してきましたが、病院の自主性・自律性を活かして、医療サービスの向上や効率的な運営を実現するため、2004(平成16)年に独立行政法人となりました。 国立病院機構は、医療の提供、臨床研究の推進、医療従事者の養成という3つの業務を行っており、急性期治療から慢性期治療まで約6万床の病床と、約5万人の職員からなる、我が国有数の病院ネットワークを有しています。 私たちは、この医療資源を活かして、地域の医療に貢献し、住民の皆様の支えになりたいと考えています。また、多くの治療実績から得られる豊富な診療データを活かして、臨床研究や治験に積極的に取り組むとともに、医師・看護師をはじめとする医療従事者の養成にも力を入れており、我が国の医療の水準の向上に貢献しています。

◆国立病院機構病院一覧
各病院が調剤薬局の一覧を公開しています。例

 ・福井病院院外処方せん受入登録調剤薬局一覧

◆東京スポーツレクリエーション専門学校
健康保全のための基本をキチンと体得している方が持続的に健康維持ができます。そのためには、プロのスポーツトレーナー、インストタクーの価値判断を体得していることはあなたの機能延命と相関確率は高い。
健康情報が視聴覚から洪水のように入る時代、情報発信者だけ正しいと思い込んでいる断片情報の中から、あなたにふさわしいものを選択するブレない軸を持つ必要がある時代になりました。健康情報は薬と同様併用すると百害になる組合せが多くあります。
プロスポーツ出身者は、一定期間、体系的基本を習得履歴があるか、研究期間で、一部のデータだけ「針の穴型」で横断情報で補正体系化した履歴があるか、情報集約受け売り型本体のない評論家等、何の判断が正しくない確率が高いか、本気で健康保全、延命を考える年代になった時、はじめて価値判断格差の影響がある事に気づきます。スポーツ、健康談義、栄養等の中には組合せで作用反作用があることがあなたの身体の行動機能の持続時感じるようになります。正常機能がある年代から加速度的に減衰するのは、若い世代のときの反作用が原因の場合が多く、人生の中で、早く正しい選択の軸を持つことを推奨します。

 

 

□地域密着CATVの地域との融合





 

地域の中小企業の食品産業が、第一次産業、第二次産業、第三次産業が整合した地産地消型で、地域の食の自給持続を実現するためには、毎日の食の販路基盤を固定客化(月一定金額以上の食費を支払い、年間4月以上の客)の数を、損益分岐点売上がプラスになる客数を持続的に創るしくみとして、CATVのしくみの中に組み込む。全国世界規模のブランド企業より、優位になれる「いきものづくり」の本質を知ると成功確率が高いことに気づけます。

・CATV業界関連団体広域企業
・CATV業界収益があがるしくみ
・地域密着CATV企業の役割
・地域CATVで押さえる着眼
・地域密着CATVを補完優位化する無線

◇農業関係専門情報




 

◆農林水産研究情報総合センター
農林水産業の未来を拓くために研究開発の新たな飛躍と研究成果の普及に貢献する目的で、「農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所」が運営しています。研究と現場を繋ぐ信頼度の高い最先端情報源の一つです。多くの企業で活用を待望しています。
 

◆筑波大学付属図書館TULIP
筑波大学附属図書館のWebページです。筑波大学附属図書館の蔵書検索だけでなく、電子ジャーナルやデータベース等の各種学術情報資源へのアクセスができます。 

 

 

 

 

 

 

更新 2011.07.07 

■食料自給率の推移

この数値をみると、食料自給率が低い品目ほど、国外品目の弱点を国内品目が優位になれば、国内市場は
無限であることに気づくはずです。公開し、頻度が多くいわれる情報は、なにか変では?
重点集中の方向を正確にすることが勝ち残る道です。
世界の人の月間需要が多い自給率の高いく、食料相場に依存し高値の品目は、日本の自然を活かし
完全安心安全生産新神話で、輸出拡大が想定以上にできる確率は高い。
福島原発事故は、各国の生産物が食の安心安全に懐疑的な人の増加を誘引しました。現在のままの
日本の生産物より良い可能性があると、妥協の購入をしているだけで、自国、現在の食の安全度の信頼性
が低くなり、危険な生産をする国は、短期で日本の新神話(新ブランド)で優位な販売ができる確率は高い。
                              A志援ms 2011.06.25

                                                   単位 %


 主要品目別自給率

10年以前の現状、戦略的自給率低減の内容が見える化
できます。

  1965

  1975

  1985

  1995

  2000

 米

         95

        110

       107

       104

         95

 小麦

         28

           4

         14

           7

         11

 大豆

         11

           4

           5

           2

           5

 野菜

       100

          99

          95

          85

          82

 果実

         90

          84

          77

          49

          44

 肉類

         90

          77

          81

          57

          52

   牛肉

         95

          81

          72

          39

          34

   豚肉 

        100

          86

          86

          62

          57

   鶏肉

          97

          97

          92

          69

          64

 牛乳乳製品

          86

          81

          85  

          72

          68

 魚介類

        100

          99

          93

          57

          53

 

 

 

 

 

 

穀物自給率

           62

          40

          31

          30

          28

主食用穀物自給率

           80

          69

          69

          65

          60

供給熱量総合食料自給率 

           73

          54

          53

          43

          40

生産額ベースの総合食料
自給率

           86

          83

          82

          74

          71

 

 

 

 

 

 


主要品目別自給率

TPPはどこに影響しやすいか見える化できます。
関税障壁の低い品目の変化が今のままだと始まります。
農産物の各品目が小麦大豆と同等になる確率は高い。
 

   2005

  2006

  2007

  2008

  2009

 米

           95

          94

          94

          95

         95

 小麦

           14

          13

          14

          14

         11

 大豆

             5

            5

            5

            6

           6

 野菜

           79

          79

          81

           82

         83

 果実

           41

          38

          40

           41

         41

 肉類

           54

          56

          56

           56

         57

   牛肉

           43

          43

          43

           44

         43

   豚肉

           50

          52

          52

           52

         55

   鶏肉

           67

          69

          69

           70

         70

 牛乳乳製品

           68

          67

          66

           70

         71

 魚介類

           51

          52

          53

           53

         53

 

 

 

 

 

 

穀物自給率(何か変)

           28

          27

          28

           28

         26

主食用穀物自給率

           61

          60

          60

           61

         58

供給熱量総合食料自給率

           40

          39

          40

           41

         40

生産額ベースの総合食料
自給率

           69

          68

           66

           65

          70

 

 

 

 

 

 

なぜ野菜の植物工場に固執するのだろうか? 果実は、人工的環境で、世界のすべてのものが、高品質で大量に安心安全レベルで生産できる技術段階ですが?小麦、大豆は、立体型、総面積を平地耕作面積の倍増させれば、自然環境と、人工環境併用すればすでに世界の市場価格以下で生産できる技術段階ですが?
根菜類がなぜ主要品目にはいつていないのか?食品加工の原料そしての輸入総金額は?すでに通常の根菜は、大量生産できる技術段階ですが?国内需要も含め、相場に既存しない、食品加工業界へのローコスト素材の提供が可能な時代がきています。原発事故で国内の農産物は、風評と世界の人の日本生産物の潜在てき恐怖感がうすれるまで、日本の生産者のためになぜ協力しょうとしないのでしょうか?
魚介類の自給率の向上は、人工的な大量増生産の方向だけが日本の未来の方向では?魚介資源の卵の総数現象時代、世界の遠洋、輸入にも確率は低い。なぜ日本国内での大規模の増産工場投資をしないのでしょうか?
「いきものづくり」成長の節目で人海方式の方が、システム設備(超高額投資は除く)より、生産性が高く、地域の大量安定就業インフラなのになぜ事業化しようとしないのでしょうか?
複合工場は、ディズニーランドのような仮想の世界とは別次元の実体の総合的(品種グループ別)の大パノラマ水族館、魚介の成長過程の観察館、併設した有料セミナー、就業養成のために講座、研究者の専門講座、優性遺伝型卵の幼魚までは、ものづくりの機能開発と機能設計、医薬試薬試験段階と類似しています。なぜこの部分の生産化のしくみシステムが、植物の種業界レベルまで進化してこないのでしょうか?幼魚後の成長は生産ラインと同様で、しくみシステム化しやすく、生産工程で、成長の節目ごとに人海による全数選別のしくみで生産性を上げることができる確率は高い。なぜプロ人財が多数育つ時代がきているのに行動総量が少ないのでしょうか?

数字のマジック、関税障壁をとったものの自給率がどのように変化しているか?現在自給率の高い品目の関税障壁をとると、すでにないものと同様に現状の生産コスト(物流コストも含)推移する確率は高い。ただし自給率の高い品目は、人が必要なのは量、薄利多売の場合、総金額の減少はすくない。なぜ福島原発事故の補償でJAが請求する額が、少なすぎることに気づく人がいるとおもいます。国の自給率50%以上確保するには、単価の高い品目を少し、増加させれば明日でも達成できる方法がとれる。日本人の口に入るものはどのように変化するか、儲かるのは、外交を握る豪商の確率は高いようです。自給率操作も大商社次第で変化数字を変化できるようです。 日本の農水産業の総生産金額程度は、大商社で補完対応できるしくみの準備が出来ている確率は高い。
 

 

 

 

 

 

 

日本統計協会2011



■二人以上の世帯の消費支出の構成
 (1ヶ月間の支出金額、構成比


 

   1975

 1980

  1985

 1990

 1995

  2000


消費支出額円
 

  157 982

   230 568

    273 114

   311 174

   329 062

   317 133

   構成比%        

      100.0

    100.0

     100.0

    100.0

     100.0

    100.0

食料支出額  

    50 479

     66 923

      73 735

     78 956

     77 886

     73 844

エンゲル係数%

        32.0

      29.0

       27.0

      25.4

       23.7

      23.3

被服及び履物

    14 459

     18 163

      19 606

      22 967

     20 299

      11 018

      % 

         9.2

        7.9

         7.2

        7.4

         6.1

         5.1

住宅

      7 683

     10 682

      12 686

      14 814

     21 365

      20 427

      % 

         4.9

         4.6

          4.6

         4.8

         6.5

         6.6

光熱・水道

      7 097

     13 225

      17 724

      17 147

     19 911

      21 477

      %

         4.5

         5.7

           6.5

          5.5

        6.1

         6.8

保健医療

      3 945

       5 865

        6 931

        8 866

       9 845

      11 323

      %

         2.5

         2.5

           2.5

           2.8

        3.0

         3.6

交通・通信

      9 635

      18 416

       24 754

       29 469

      32 966

      36 208

      %

          6.1

         8.0

            9.1

            9.8

       10.0

         11.4

家具家事用品

      7 855

        9 875

       11 396

       12 396

       12 529

      11 018

      %

          5.0

         4.3

            4.3

            4.0

         3.8

           3.5

教育

      4 345

        8 325

       10 853

       14 471

       15 381

      13 860

      %

          2.8

         3.6

            4.0

            4.7

         4.7

           4.4

教養娯楽

     13 293

      19 620

       24 191

        24 191

        30 122

      32 126

      %

          8.4

         8.5

            8.9

            9.7

          9.6

         10.1

その他

     39 190

      59 474

       70 970

        81 966

        87 400

      80 302

      %

         24.8

        25.8

          26.0

           26.3

        26.6

         25.3

                                       

 

 2004

 2005

  2006

 2007

 2008

  2009


消費支出額円
 

   302 975

   300 531

  294 943

   297 932

   296 932

   291 737

   構成比%

      100.0

       100.0

     100.0

     100.0

      100.0

      100.0

食料支出額

    69 640

     68 699

    68 111

    68 536

     69 001

     68 322

エンゲル係数%

        23.0

         22.9

       23.1  

       23.0

        23.2

        23.4

被服及び履物

    13 396

     13 229

    12 776

    12 933

     12 523

     11 994

       % 

          4.4

           4.4

         4.3

         4.3

          4.2

          4.1

住宅

     19 230

     19 254

    18 115

    17 934

      16 897

     17 024

       %

          6.3

           6.4

         6.1

         6.0

          5.7

          5.8

光熱・水道

     21 012

     21 492

     21 278

    21 768

      22 762

     21 685

       %

           6.9

           7.2

         7.6

         7.3

          7.7

          7.4

保健医療

     12 231

     13 020

     12 787

    13 107

      12 523

     13 016

       %

           4.0

            4.3

         4.3

          4.4

          4.3

           4.5

交通・通信

      38 981

     38 717

     37 864

    38 075

      39 070

     38 070

       %

          12.9

           12.9

        12.8

        12.8

         13.2

         13.0

家具家事用品

        9 952

     10 047

       9 734

      9 706

        9 984

       9 975

       %

           3.3

           3.3

          3.3

          3.3

           3.4

           3.4

教育

      13 229

     12 475

      12 650

     12 748

       12 727

      12 909

       %

           4.4

           4.2

          4.3

          4.3

           4.3

           4.4

教養娯楽

      30 883

     30 729

       30 040

     30 976

       31 372

      31 274

       %

          10.2

          10.2

         10.2

         10.4

          10.6

          10.7

その他

      74 422

     72 759

       70 588

     71 999

       69 869

      67 469

       %

          24.6

          24.2

         23.9

         24.2

           23.5

           23.1

 

 

 

 

 

 

 

二人以上の世帯の実質消費支出は、第一次石油ショックの1975年以前お10年間には年率実質で4.4%という大幅な上昇を示し、1974以降でも年率実質1%と低いながらも増加を続け、消費水準は大きく向上しました。
1997年以降、2009年まで実質増加はほとんど見られないほど低迷が続いています。年間所得が、上昇より、実質減少があっても、一度拡大させた消費を絞ることが困難なためです。(贅沢は緊縮で難い現象)

●食料品の割合(エンゲル係数)は 1975年、消費支出額が少ない時32.0%と最高で、消費支出額の上昇ととのみ減少し、1995年23.7%となり、低下し、その後はその水準で推移して、2009年は23.4%でした。
その食の中味は、コンビニやファミリーレストラン等が台頭して、外食の機会が増加しても増えないのは、その他の日の食料費の内容が、ローコストの添加剤食品の使用が多くなり、本物食材の活用、家庭での料理等が
減少し、日本人の健康な食生活は建前で本音は逆ではないかということが観える化できます。地域が集団型で地域の食事を一緒に食べたり、デリバリーできるしくみを構築すると、地産地消型の健康な食事環境に変えることができる。地域のテーマ別プロジェクトの仕事は、食事付にすると、収入が他の消費に活かせ、傍の利益貢献できるしくみになります。健康な高齢者、健康な子孫繁栄のための現在の子供の食環境を変えると、地域、働き手の現象に歯止めがかかり、地域が善循環を始める確率は高い。また若い低所得層(生殖機能年齢)に健康な食事を提供できるインフラ、複合工場は地域戦略に必要な時代がきています。
業績によい社員がバリバリ働く大企業は、社員の健康維持管理のために、低単価の社員食堂を戦略的に活かし、社内コミュニケーションの場と、「食足りて、不満減衰の原理」を活かし増加傾向に入ってきました。
外部でのランチョン交際費も、社員社員食堂を活用でき、交際費削減効果も出ています。
日本の農林水産業地域内販路は、無限の創市場の場があります。地域密着型CATVに地域の顧客データを複合的共有化すると、行政の住民登録データ、危機管理の大量移動の指令センターとして、映像無線FAX、町内、人等複合的なネットができ、そのネットは、食を通してあらゆる商流、物流、人流ができて、複合工場の生産物は地域の食品加工業(惣菜、弁当屋も含む)で完全売り切り型受注生産サイクルができる確率は高い
食の贅沢を味わったひとは、質素はまずさと錯覚する人が55%以上になりましたが、従来の高級品以上の品質で現在の価格より安く販売できる食の生産物は、実質的な食の中身を悪化に歯止めをかけ、正常方向へ向ける確率は高い

「衣」被服及び履物は、1980年代には構成比が7%台を占めていましたがその後減少し、1990年代には単価の高い和服洋服ともに減少基調になり、2009年には4.1%になり、洋服の安売り店、ユニクロの出現、国内相場の破壊的価格破壊の輸入品で、外面をらしく「衣」は維持し、所得が多い時代のタンス在庫の流用で高級品は我慢している実体が観えてきます。ブランド品を購入すると、バーゲンを活かす多くの人の存在が浮かびます。国内の繊維業界は少ない富裕層を固定客化して生き残る企業が多い。(こだわり型商品)

●交通・通信の構成比は、1970年後半以降、品目の中で最も増加率が大きい。1960年代後半から始まった急速な普及により、自動車関係費が大幅に増加。1975年6.1%から2000年には11.4%、2009年は13.0%となりました。そのうちの7.0%が自動車関係費です。また通信の伸び率も著しく4.1%です。

●ものからサービスへ
消費支出を商品とサービスに分けると、1975年は消費支出に占める商品が71.7%、サービスが28.3%でしたが、2009年には商品が57.4%、サービスが42.6%と大きく構成がかわりました。ものが普及すると、サービスの格差が優位要素になるようです。
 

 

 

 

 

 

 

 





◎日本国内の食の生産は、日本の中小企業の事業家が、傍観者を止め、
儲かる種に気づき、「ものづくり」の総能力を「いきものづくり」に結集する
ときが来ています


    先行投資型「ものづくり」と 毎日の収入(造血)型「いきものづくり」と両輪経営にすると、
  地域に人と共に、豊になれる突破口の一つであることに気づくときがきています。
  大企業向け情報氾濫と、中小企業の核心を突く情報は180度逆の場合もあります。
  東日本大震災を機会に、鋭敏になった、催眠状態からさめた今が将来の事業展開
  の成功確率の高い方向を探すチャンスの時です。
  中小企業の長所を生かし、大企業の力を瞬時活かし、持続は自ら行動することを進めます。
  超大企業化は 幹線型で毛細管は非効率で、生産性が低く、時間生産性を上げる市場が
  世界に無限にあり、できてもしない事業領域です。地域の市場を冷静に分析すると、不思議に
  中小企業がブランド(泡)に幻惑されたシェアを想定以上のスピードで実体型で確保できる
  時代がきていることに気づく人が出てきています。
  とくに実体型第二次産業はターゲットです。第一次産業と連携して、地域の第三次産業の
  機能、公務に機能を活かし、地域の第四次産業として、中小企業の勉強・行動型の総合
  企業体として整合させながら異なる業種の複合工場にすると、世界の市場でも比肩拮抗
  できる集団組織ができる確率は高い。(過去の波長の会う遊び仲間的仲良とは異なる次元) 
  
  

2011年3月11日の福島原発の事故が、世界規模の長期間自然環境汚染の原因を起す
現実に直面し、情報の何が実体か潜在脳段階で気づく扉がひらきました。
日本の食の安全安心の自給率の向上は、人間の決めた健康の仮説の政府基準であり
真の安全とは次元が違うことに世界規模で気づく人が増えた確率は高い。
従来の日本の食の安全安心神話(ブランド)の泡が逆に他国より厳しい評価基準に
かわりました。いつ回復するかわかりません。
今、食は生命維持の要素、他のものは、アダムとイブの時代の必要条件でした。
後は、人間の欲望が創り出したものかもしれません。食が人の染色体、遺伝子異常を
少なくでき、現在があります。未来の生物が人かどうかわかりません。
衣⇒住その他は、生命維持とは別次元、煩悩が創る世界。
カネがなくても働くと、ふさわしい収入で100円ショップが出来た楽な世の中、生活は出来る
ようです。いかに自分が贅沢に慣れてしまったか、再確認し原点回帰できました。

実体以外の音楽や虚像、非現実領域で癒すのは瞬時の楽、現実逃避型で同情に甘え過ぎる
ことは実体の現実に戻ったとき、反作用として奈落の底を限りなく深く感じられます。
マイナス領域から抜け出せない慢性体質になる確率は高い。
未来へ持てる130%以上の総能力を発揮して、プラス領域へベクトル方向を向けて前進する時は
今です。多くの人の前進を待望しています。
20世紀の戦後直後、焼け野原、荒廃の中で、他力を期待せず自力で立ち上るパワーの源泉である
「食を最優先とした行動でした」先人の知恵を活かす方し21世紀型で子孫に残す布石は、過去の
復元なのか、国が財政破綻寸前、復興費用が投資回収でき、破綻の歯止めができるか、日本国が
すでに始まった、他の国の財政破綻を現実化するか分水嶺のときです。国に期待せず、地域最適の
食を核にした地産地消の実体社会へ変えるのも一つの方法です。
他力を期待し、長期間無為に過ごす時間しても期待以上のものが得られない確率は高い。
一万人以上の想定外の環境になった人がいる場合は、あなたの運不運で、極端な差ができ確率は
高い。努力では解決できない何かが世の中には確率を左右する何かがあるようです。
他力を期待せず、期待度高過ぎて不足した他力の量を非難せず、プラスがあれば儲けもの程度と捉え、
最悪を想定して行動すれば道は拓けはじめます。

就業の機会がないとき、地域の食に関わるいきものづくりをすることは、育つ姿をみていると、潜在脳を
音楽や虚像や非現実領域で癒すより、植物は不思議に平常心にもどり持続的安定化する自分に
気づく時があります。汗を流し、身体を疲労させると、煩悩は夢の中の範囲で、全力行動するときは
浮かばなくなる不思議な現象があります。

従来の自然農業を、環境汚染が少ない具体的技術が進化してきています。
耕作面積、海面水面型水槽は立体型にして、生産時期をずらして、最新の冷凍機能、物流機能
地域の人の巡回物流のしくみを構築すると、近くのコンビニ、店舗とは別の、20世紀昭和の行商を
21世紀車を活かし移動店舗型に毎日必要な量を完全に売り切って終わる現金商売でいよい。
巡回用の車は、大企業の研究開発部門に提案して、全国の高齢者が分散する地方の食の安心の
ための機能開発の実証試験用で無料で提供してもらえばよい。カイゼン情報を設計者に細かく日々
報告すれば、どの企業よりWinWinになる確率は高い。植物工場は、海抜50メートル以上の地域の
荒廃したビル活かし、A志援サイトに掲載企業で、実証試験に協力する企業だけで組立て、不足する
部分は地域の中堅建設業と連携すれば、協力企業ができる確率は高い。多くの働く意欲の高い人が
未就労でいます。第一段階は若い世代を重点時し、高齢者は地域のケーブルテレビと連携して、
地産地消のための顧客のネットワークづくりのために、ケーブルテレビの入会者と連動させ、入会が
安心安全で安い(大企業スーパーより会員は安くするしくみをつくる)ものを提供できるようにする。
特に防災網も兼ねた高齢者家庭をケーブルテレビで結び、緊急時の短時間大量輸送のセンターの
役割も兼ねる、実体コミュニケーション網を構築すれば、地域信金JA行政が投資した方が得であり
WinWinの善循環のしくみに気づく時が近未来きます。だれかが動き始めることを待望します。

地域のケーブルテレビは、地産地消実体経済へ変わるプロセスを、シナリオのない映像として記録し
地域のインフラ、事業展開に関わる企業は、個人に寄付として配分すると泡消えなにも残らないが
ケーブルテレビに自社の宣伝広告費として、自社の製品装置機械が、活きて活用される実体型
映像で見える化し、そこで出演する人は、地域のCATVの視聴者の誰かが主役で、現実の業務の
ポイントを見える化する。地域の大学が、理論家、体系化して、関係者には宣伝広告費を、スポット
収入として稼ぐしくみにする。成功実績があれば、そのプロセスを編集して、資料やマニュアル化に
活かし、そのノウハウを全国の希望する地域型CATVへ有料で配信し、全国規模の映像の場合は
映像企画量を別途で請求し、ノウハウの帰属は流用時、各様権利の請求をするしくみを創ればよい。
その収入を、地域の各種インフラ構築のための経費と、設備の最新化投資費用や、地域子供を裕福
な都市部の教育環境の揃う子供を以上の、人格形成した人材を多数輩出するしくみづくりに活用する。
WinWinで事業展開できる方法のヒントトリガーはA支援サイトに揃えてあります。活かせば成功確率
は高くなります。この記録は、世界の各地で、その国の人を主役に展開できる成功確率の高い方法で
伝播し、世界の食料自給率の向上と、人間だけの我で生物多様性の循環破壊に歯止めがかかる方法
の一つになる確率は高い。

実体と乖離した仮想の世界で、静止して過ごすのも人生、汗をながし実体の世界で
過ごすのも人生、選ぶのはあなたしかありません。現在は多くの人が、本気で係わってくださる千載
一隅のチャンスの女神が眼前にいる期間です。ある期間過ぎると、それぞれの人の煩悩ベクトルは
無限に分散し、統合に時間がかかる、東日本大震災、福島原発事故の前に先祖戻りしてしまう確率
は高い。実現は世界視野の強制的行動がなければ実現に時間がかかります。



「植物工場稼動と市場」

植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場


完全安心安全な日本の農水産物は世界の商品相場の上限以上で売り切ることができます。
日本の高齢者、低所得層を市場としても、地域の地産市場なら、物流費は移動に必要な原価
(地域関連携と地域内共同配送のネットワーク、地域のバス、電車等、巡回自動車型エリア
循環コンビニで想定以上に小口物流コストが低減できます。
(大企業優位の情報映像は、中小企業生業家業の儲かり方とは別次元であると割り切ると道が拓けて
きあす。21世紀は大企業と地域の中小企業の中味の機能差は減少時代になっています。ある部分を
変えると、小規模小回りスピードが強みにかわり、手の届きすぎる(顧客が気づかない感動の扉)持続
てアフターフォローと、次の受注のビフォアフィローができる確率は高い。大企業の広域フローにWebや
電話のデータマイニング依存症は、現実のお客様との直接コミュニケーションの方が、あるデータセンタ
ーの弱い部分を、自社の強みでカバーすればよいだけです。大企業も世界への進出パワーを向上させる
国内での実証試験の持続的役割で補完するようにすれば、日本国総合整合能力で海外に比肩できる
日本国民の組織の中で自分を活か「もやい」の強みを持つ民族だから勝てる確率は高い。
全産業の中で、一次産業と、繊維業の世界の市場で国内で生き残るしくみシステムを応用展開して、
地域のものづくりの機能、地域密着CATVの視聴者をモデルに、地域の危機管理のしくみ連動させ、
スマートグリッド、スマートハウス、スマートグリッド、スマートフォン等ICTに関わる地域インフラを短期で
統合できる次代がきていることに気づき、第四次産業として、超大企業型企業グループに拮抗して、
世界戦略が採れる千載一隅の機会、地域の人のバラバラベクトルを地域を善くしたい煩悩行動と
マッチングさせると、想定以上の確率で、部分から始まり、アメーバーのように集まりながら増殖し
拡大し、ミトコンドリア的な第四次産業の形が見えてくる確率は高い。その成功事例を世界の各地で
その国の人達が運営できるように育てて、見守りアドバイスすれば、想定以上のスピードで、世界各地
へ伝播がはじまる確率は高い。21世紀型世界戦略「柔型行動」を発揮するときが近い。

昭和の時代、戦争という「剛行動」は反作用が大きすぎたことに気づいた日本民族と同じ道を歩む、
大企業の世界戦略(武器からカネへ)は、排他的な徴候が出てきました。国家間外交でさえ、豪商が
握り、他国のメッセンジャー型が優位とない、日本国さえ動かす時代、ある瞬間国益に反する逆現象の
時が輸出制限時代が漁業から始まり、素材、ものづくり、その国の人口増加と富裕層の増加は、その
国の自給率を低下させ、戦略的関税障壁と輸出制限が近づく徴候がでてきました。日本だけ完全関税
撤廃したら、なにが始まるか?


◎世界の20世紀ではなかった21世紀異常としてマスコミが映像化し断片的の
見せる、社会の中の多数決社会、貧富の2極分化、自由といつ組織による
ベクトル統合ができにくい、無限の個人の形成人格が引き起こす煩悩行動
等、社会のしくみシステムのマイナス領域が、55%超える時代が近づく徴候
つまり、20世紀の優位手法の行動に起因した結果のためで、今から、
A志援のサイトを探し当てたすばらしい人財のあなたが、変わり、周囲をプラス
領域に換える行動をはじめることを待望しています。

TPPが実現すると、国内だけを市場とする地域の食に係わる事業に従事している
中小企業の社員や地域で大企業グループ、ブランド企業グループで非正規社員
として第三次産業で働く人は、地域の総個人収入減る(世界ブランド力優位)と
現在より地域の食品産業の総売上は減少し、地域小店舗の総売上は高くなり難い
環境になる。食品産業が、生きるためのエンゲル係数に影響され、個人の収入源は
総売上金額を減少させ、80%以上の安さ優位の市場で、価格維持品質優位で競争
しても、総売上量は減少し、晴れで甘い事業計画が、想定以上のどしゃ降り雨の現実
となり、地域の過剰店舗統廃合、倒産、企業合併、経営統合連携等が増加して、
就業の場は減少し、首切りでの離職が増加、地域で再雇用総数が減少し、高齢者、
若い世代は企業全体の生き残りのために収入源が閉ざされる機会が増加する確率
は高い。地域の貧富は現在より2極化し、中流の下、貧困層が70%を超える時代が
近づ確率は高い。
21世紀のすでに欧米先進国で徴候がはじまり、組織に属さない個人の価値判断優位
の欲望を冗長させるネット映像の情報により、国でさえ制御できない自由・多数決の
マイナス領域での世界観国家観企業観とは別次元のリーダーなき集団煩悩行動が
先進国でさえ発生する時代がはじまり、異常現象ではなく、さらに普通になる現象の
一つです。

世界の中の数少ない、金融封鎖、周囲が輸出しない、外部強制鎖国型の国は、日本
より資源があり、国土が広い国内ですが、現在の科学技術も含め、企業も自給でき国
が崩壊しないで生き残っています。
実体優位環境では、国内での滞留する貨幣が優位で、海外流出より、一部戦略的財
流入があり、国防に資金を投資できる余裕があります。なぜか?国境のないネットワーク
情報で、科学技術、ものづくり・いきものづくりすべての最先端高度な情報を意識すれば
20%以下の戦略的制御型人財だけが活用できます。超効率超費用対効果的活用を
情報格差を活かし80%以上の国民を完全制御できる確率は高い。(組織・国の方が
個人より優位で強制力があるしくみシステムがありば、個人の煩悩制御は、過去の
歴史の中で、ある期間できることが実証されています。)

衣食住、金融、その他が、一瞬で海外から封鎖された場合、日本国は現在の減少民族
全員を自給自足できることが出来るでしょうか?ものづくり、いきものづくりの実体生産
し、完成商品製品に必要量できるようになっていますか?東日本大震災、タイの大洪水
で、穀物相場、レアメタル、石油等エネルギーで国民の多くの人が、資源、生産基地
等既に満足にないことを知り、福島原発事故で、唯一の自然、土地・海さえ子孫に
リスクを残す確率がゼロでなくありました。カルタゴのようにならず、日本国が生き残る
場合、すべてのものが、自給できなくなる確率が高いとき、関税障壁による、輸入制御
機能がなければ、世界・国内の金融富裕層(売買企業・人を1000件公開を義務化し、
日本人全員が、あらゆる手段でその1000件を制御させれば、短期で実体の方向へ
ベクトルを修正できる、隠せず新聞TVでどんな人が紹介する公開のしくみシステム
を創ることが唯一の突破口ですが、100%実現しない時代です。)による超円高時代
で国内中小企業が現在の価格で、輸入品(日本国名の海外生産品の輸入品も
外国品と同等)国内価格競争に勝てるようにすれば現状維持はできる確率は高い。

明治時代、開国、不平等条約(本質は何であったか:海外生産企業ゼロの条件とする)を、
日本国益優位に長期間かけて変えた歴史、先人の苦労は、日本国益より、企業利益優位の、
日本人でありながら、外国思想が優位の時代、国の日本優位戦略が何を期待しても
ムダ。地域が最適な戦術・戦闘で生き残る方法は成功確率は高い。戦略のミスは戦術、
戦闘で簡単にカバーできません。多くの地域の55%以上のエリアが成功事例をつくり
多数決が優位になった段階で、はじめて、国の戦略を日本優位に換えることができる
確率は高い。長期の汗をかく行動時間が必要条件です。
(今の世代全員が招いた結果です。だれにも責任転嫁できない結果と割り切ることです。)


●日本の近未来を垣間見る社会現象
ギリシャのようにものづくり、いきののづくり(直接人員)の自給を捨て、観光立国として
間接人員(公務員)比率が高く、賃金が直接人員より数倍優位となれば、国民の就業率の
流れは当然の結果です。多くの隣国が金融支援をしている現実に感謝し、なぜ国民は、
賃金カツトをし、節約行動をしないのでしょうか?
実体生産性がゼロ、1円すら汗をかいて稼いだ経験がなく要求すれば、打手の小槌のごとく
要求の金を得ていら人間の下限煩悩の姿で、現在の行動をしているだけです。
日本も第三次産業の就業比率が高いことは、ものづくり、いきものづくりの視点から捉えると
公務員と同等の間接人員の領域です。いまから何がはじまりますか?社宅のでさえ、金銭
感覚はゼロ、現状が当然としか潜在脳(本音)は意識していない結果で、普通の行動の一つ
です。また、東日本大震災の復興費用捻出のときに、宇宙に、その総金額に匹敵する金額を
現実に予算として国家予算を確保し、テレビで生死で苦しむ人と無関係な次元の成果をPR
する感覚も、間接部門の人だからできる人格形成の結果現象の一つで、感度帯域ゼロの人
だから必然の行動です。
あらゆるものが優れた欧米先進国でさえ、就労機会を失い、組織の属さない若い世代、
働き世代、高齢者の、マスコミ、映像、TVでは異常行動を集団で起因させる、リーダー
不在、要求の建前は無限、貧困層が60%を超えると多数決で決め、政権交代を誘導
できる「世論という集団行動が正当化できる」時代に入った国さえでてきました。
宗教と個人のカリスマを倒し、国の統覚統治は、多数の多様な価値異なる組織の群雄
割拠の様相となり、内戦が長期化する日本の戦国時代が始まり 国家統一天下太平
の時代まで、どのくらいかかるのでしょうか、情報氾濫は、個人の煩悩冗長操作できる
ため、浮き草行動の人は、原因結果による行動制御の帯域がゼロに近い、組織で制御
できない、刹那行動者の数が、30%(浮動票と言うな名の人)以上の国は、どのように
変化するのでしょうか?

実体生産社会で働いた組織人とば異次元の潜在脳の行動優位に働きます。
その姿は、日本も戦略的に国内富裕層と海外富裕層連携の円高は、疲弊した
日本の財政では歯止めができません。
すでに1国でできないことをまだ日本銀行に気づかず、20世紀で思考の時間が止まり、
まだ続ける哀れさが漂う徴候さえある時代(どしゃ降りの雨の時代)が続くことを想定して
A志援に来訪されたすばらしい人財であるあなたから、あなたの傍から、あなたの
組織から、


カテゴリ一覧
現在の食業界の本流を先導する企業
これだけ多くの企業が、企業観優位で、自由競争という名目のもとで、食品産業が、世界に比肩できるように20世紀代から21世紀の現在までの結果は、今のTPPで右往左往するのが現実です。
食環境向上推進団体
食に関する業務用厨房の推進企業:新調理システム推進協会、日本厨房工業会、外食産業総合調査研究センター、日本食品衛生協会各団体等の活動内容を紹介
食業界推進基盤企業
業界のエネルギー補給を担当する東京ガス・東京電力では業務用厨房に関して技術開発が進んでいます。業界を推進する企業の商品開発支援を活発にしています。”あなた”の企業の新商品もPRの対象になる機会があります。日本食糧新聞社は最新の食品業界の情報を集約し、地域の業界団体の活動を志援しています。
厨房設計・施工関係
業界のエネルギー補給を担当する東京ガス・東京電力では業務用厨房に関して技術開発が進んでいます。業界を推進する企業の商品開発支援を活発にしています。”あなた”の企業の新商品もPRの対象になる機会があります。日本食糧新聞社は最新の食品業界の情報を集約し、地域の業界団体の活動を志援しています。
食業界発展を支える企業
業界発展を支える、システムのなかみを提供したり知恵本を提供する企業。 ○ITを活かす管理栄養士の業務能力向上 ○安全・衛生・安心 技術・技能の向上 ○飲食店向け店舗向けソリューション
食業界・厨房業界発展先導企業
業界発展先導企業の企業努力をご紹介します。常に新しく、新商品、新システム、販路開発に全社的に活発に挑戦している企業。厨房設備機器は、設備が終われば、日常総合的稼働率が高く、人件費、エネルギー費、衛生、品質、動線効率等、設備したしくみシステムで、改善の上限が決まるため、さらにカイゼンする場合は、設備の総合的に効率機種への変更が必要となります。各社の最新情報と相対比較が戦略着眼です。
冷凍食品製造業の進化
日本が世界を市場の食品業界で勝ち残る確率は高くなってきました。冷凍装置の高度な加工機能が進化すると農業生産活動や加工、保存、輸送など総合的な食品循環を変える可能性を持つ業界です。環境に及ぼす影響をトータルで評価しようという考え方である「ライフ・サイクル・アセスメント(LCA)」という概念も地球環境保全のために重要度が高まってきます。
食料自給への対応