開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

プロジェクトに連携する建設土木関連

■プロジェクトに連携する建設土木関連

新事業展開時のインフラの進化>プロジェクトに連携する建設土木関連






        ↓クリック
「日本で実現可能になってきたプロジェクト」 解決のためのトリガー 

 

 

 設備投資しプロジエクトをスタートするとき連携する建設土木関連の事例

 


更新 2010.07.07


         ↓クリック


■海洋土木

□東亜建設工業




















 


海洋土木から建築までできる総合ゼネコンの一社

東亜建設工業は1908年(明治41年)神奈川県鶴見に港湾機能を持つ工業用地を造成するため誕生しました。

創業者の浅野総一郎は起業家精神に富み、安田善次郎・渋沢栄一の支援・協力を得て、鶴見川〜多摩川河口間の前面に防波堤を築き1万トン級の喫水を確保する港湾建設に着手しました。

鶴見・川崎間の150万坪の埋立事業を1928年(昭和3年)に完成させました。

当所は立地の優位性から日本の重化学工業の中枢ともいえる京浜工業地帯になりました。

この事業で培われた浚渫・埋立技術は国内・外から高い評価を受け、後に海外進出する糸口となりました。

日本はもとより世界の港湾整備と産業基盤づくりに貢献してきた当社は、その後時代の要請により陸上での建設事業にも着手し、総合建設業として大きく成長しました。

そして100年近くにわたって磨き上げた当社の技術は東京国際(羽田)空港、中部国際空港(セントレア)、本州・四国連絡橋、東京湾横断道路などさまざまなプロジェクトに生かされています。

◎琵琶湖再生等、全国の浄化再生のためのプロジェクトに必要なノウハウを構築進化している企業の一つです

 


□東洋建設










 


海洋土木大手。前田建設工業と資本提携。技術を活かしきれる利益重視の企業へのシクミシステム再構築し次の成長段階へ。

◎総技術能力に比して、ふさわしい創客、創市場のしくみ(世界)、システムと応用開発機能のしくみ、システム(国内での臨床ノウハウ構築)が必要です。

中期で実現できる制御人財数の成長を待望しています。
(自力執着から、優位の他力との融合が早道です。)

 

□建設土木関連団体
 

建設土木の技術・人材力向上に関する団体
東亜建設工業が 実践の成果を体系的に公開したり、ノウハウ構築のために外部の智慧を活用している機関の一つです。
 

 

 


■大規模構造物

□竹中工務店
















 


竹中工務店は、時代のニーズと建築主の期待に的確に応える建築が、社会の資産となり、文化の象徴として遺されるものと考え、「最良の作品を世に遺し、社会に貢献する」という経営理念を一貫して掲げています。
近年、社会は少子・高齢化、グローバル化、高度情報化、環境保全の方向に変化しております。その中で、建物に求められる機能も高度化、多様化し、特に安全性、快適性など人へのやさしさという視点が重要になっています。

「人への優しさ」すなわち「共生」「安心」「幸せ」「歓び」「育み」「再生」「伝統」・・・建築に対するこれらの「想い」は将来においても普遍の確率が高い。

竹中工務店は今後もこうした視点に立ち、新たな建築の創造を通じて、理想の都市・社会づくりに向け、ダイナミックな活動の展開を目指しています。

◎どの分野を充実させて展開するか変化を定期的に確認することをお奨めします。

 ・植物工場 養殖工場のための「大空間」を開発する技術が進んで  きました

 

□テクノシステム建築協会

 

テクノトラス(立体トラス)は、1975年発売以来、高品質(安全性)、ローコスト(経済性)、エコ(環境に優しい)建築を目指し、進化しつづける研究成果により、多くの特許を取得しています。大空間を経済的に実現できる構造。北は北海道多雪地域から南は強風地域の沖縄まで全国各地に建設され、絶大な強度の信頼性を獲得いたしました。
 

□日プラNIPPURA

















 

第1回「ものづくり日本大賞」
日プラ(株)は水族館の概念を変えた巨大アクリルパネル製作技術。水槽を始め、 様々なアクリル製品の製造・加工を行う。
1994年、モントレーベイ水族館のアクリル窓で、 世界に知られる存在に。
この分野の第一人者となる。世界40カ国以上で実績があります。

日プラの主要株主として住友化学株式会社 桑田硝子株式会社

◎養殖工場を見える化し、成長を観光資源化し、複合収益を生むことができる時代になりました。

◎植物工場も見える化が可能な技術が出てきました。
大温室型、ビル型工場、観光資源化し、複合収益を生むことができる時代になりました。

◎水族館で大手建設業界も実績を積み進化してきました。

◎水圧透明度の硝子の材質限界をアクリルパネルに材質変更の事例です。

養殖工場、植物工場にふさわしいローコスト材質の進化を待望しています。

 

□横河ブリッジホールディングス


















 


◎新連携の事例として 各社のコアを活かし総合能力を発揮できる可能性の高いしくみの一つです。
より一層の経営品質の向上とステークホルダーを満足させる企業体を目指して、新生・横河ブリッジホールディングスグループは未来へのスタートを切りました。
グループのブランド力を最大化し、ステークホルダーの皆様により高い満足をご提供できる企業体に成長すること。横河ブリッジホールディングスグループはそんな発想から新体制へ移行しました。
そのためには包括的なビジョンと戦略が求められますが、今後はこうした業務全般を持株会社である横河ブリッジホールディングスが担うことになります。
グループ価値の向上は、各事業会社のベクトルを統合し、最大の
パワーを発揮することによって初めて達成されるものと当社は考えます。
これを実践するには、事業の起点である橋梁分野はもとより、建築、環境、精密機器製造、保全、システム建築、情報処理、人材派遣、不動産管理を含むあらゆる事業分野を有機的に結合させ、新たなグループ・シナジーを創出することが大切です。
そして何よりも、その先にある企業像がステークホルダーの皆様にご愛顧いただけるものでなければなりません。
かつて創業者である工学博士・横河民輔は「社会公共への奉仕と健全経営」を横河ブリッジの基本理念に掲げました。
構造物に関わる総合的な企業集団である当グループは、こうした奉仕の精神を改めて胸に刻み、今後も歴史の検証に耐える良質な社会資本を後世に遺すことを目指します。
同時に、コンプライアンスについてもグル?プ全体で強化と徹底を図り、これまで以上に経営の品質を高めていく所存です。次の100年を輝けるものにするために、新生・横河ブリッジホールディングスグループはより一層の探究と、たゆまぬ挑戦を続けます。
 

□日本設計

超高層ビル、大規模都市開発などに関わる日本有数の建築設計事務所。2008.11ベトナムハノイ現地法人開設。2008.05環境創造マネジメントセンターを設置

□土木研究所

つくば中央研究所、寒地土木研究所、水災害・リスクマネジメント国際センター、構造物メンテナンス研究センターの4つの研究部門において、自然災害の防止・軽減、生活環境の改善、社会資本ストックの管理の高度化、省エネルギー・省資源等の地球環境問題への対応、積雪寒冷に適応した社会資本整備、北海道の農水産業の基盤整備のための新材料・新工法等の先端的な研究開発及び現象・メカニズムの解析等の基礎的な研究開発、土木技術全般の基盤となる汎用的な技術に関する研究開発を実施しています。
 

□清水建設技術研究所













 

清水建設技術研究所の組織は、研究開発を行う7つのセンターと、スタッフ部署で構成されています。7つのセンターは、多様なニーズを持つマーケットに対応するためさまざまな技術分野を結集した組織となっており、お客様のリクエストに応えるだけでなく、お客様の潜在的なニーズを引き出すお手伝いができるよう、提案型の研究開発を強化しています。

◎7つのセンター
・地球環境技術分野    「低炭素化社会」の実現を目指します。
・高度空間技術分野      安心、便利、快適な生活、空間業務を実現します。
・総合解析技術分野      解析技術の研鑽と発展に貢献します
・原子力施設技術分野   原子力開発施設の技術に対応します。
・社会基盤技術分野      最先端の技術で「社会基盤整備」に貢献します。
・生産技術分野            生産技術の高度化・低炭素化を図り、生産革新を実現します
・次世代構造技術分野  安心、安全で地球環境に配慮した長寿命建築の実現を目指します
 

 

 


■土壌・地質

□東京ソイルリサーチ





 


あらゆる建設事業の基礎となる地盤調査を中心に、コンサルティングにおいて長年にわたり実績を積み上げてきました。また、21世紀の課題でもある地盤環境分野を視野に入れた高度な技術サービスを提供し、これからも新しい地球環境の創造をサポートしています。


◎第三世代型大植物工場の単位収穫量は水耕栽培型クリーンルーム型植物工場を除き、すべて土に依存します。長期事業にするためには現在の土(表土だけでなく、一定の深さまでの土壌)の質を現状調査士、定期的土の補充、入れ替えが必要です。また水脈の質も重要になります。地盤にかかわり企業る技術を提供する企業です。
 


□応用地質

  












 

地質学をはじめとした地球に関わる科学技術を活用して、大地や自然環境に発生する様々な課題解決に取り組んでいます。地球科学のエキスパート企業グループの一つ。
OYOグループは、地球科学に関するさまざまな専門技術を結集し、これまで多彩なサービスを展開してきました。今後は自然科学分野だけでなく、社会科学的視点から新たな価値や政策を発信・提言できるシンクタンク機能を充実し、グローバルな総合専門企業グループとして、さらに大きな役割を果たしていきます。

◎「土壌汚染対策法(土対法)」は2003(平成15)年に施行された法律です。この法律は、有害物質を取り扱っている工場や施設が、土壌汚染の実態が不明な状態で放置され、例えば住宅や公園のように人が立ち入る土地に用途変更した場合に、人の健康に影響を与えてしまうことを防ぐことを目的としています。 

これまでの土対法を改正する法律が2009(平成21 )年4月24 日に公布され、2010(平成21)年4月1日までに施行されます。改正のポイントは3つあります。
 

□日本産業洗浄協議会

 


オゾン層破壊物質全廃と地球環境保護を推進し、工業洗浄分野における問題の早期解決を図るため、洗浄剤、洗浄装置、周辺装置など異業種の関連企業と団体が集結し通商産業省(現経済産業省)および関係省庁のご支援を頂いて1994年4月13日に産洗協として発足しました。
 

 

 


■構造検査

□日本非破壊検査協会     
  
 

(社)日本非破壊検査協会は、「非破壊検査法に関する調査・研究を行い、技術水準の向上・普及を図り、もって学術文化の発展に寄与する」ことを目的として、1952年(昭和27年)に「非破壊検査法研究会」として創立され、1955年(昭和30年)の法人認可によって「(社)日本非破壊検査協会」として発足し、現在に至っています。非破壊検査とは、“物を壊さずに”その内部のきずや表面のきずあるいは劣化の状況を調べ出す検査技術のことです。
 

□日本非破壊検査工業会
       
 

日本非破壊検査工業会は、非破壊検査業と非破壊検査機器及び非破壊検査用材料の製造販売業両者を包括する業界団体です。 (社)日本非破壊検査工業会は、「火力・原子力等の発電所、造船及び石油精製・化学プラントなどの重要な産業施設における製造時の品質保証と使用中の安全性確保のために、非破壊検査技術を利用して、構造物・設備等を壊さないで検査する非破壊検査業の振興を図ること」を目的としています。
 

 

 


■地理関係

□国土地理院
       
 

国土地理院は、明治2年(1869年)に民部官に設置された庶務司戸籍地図掛をその起源。昭和59年(1984年)に国家行政組織法の改正に伴い、建設省の特別の機関、平成13年(2001年)の中央省庁再編による国土交通省の発足に伴い、同省の特別の機関となり、今日に至っています。
 

□国際航業
        










 

国際航業はさまざまな「地図」で社会の繁栄と人々の豊な暮らしに貢献しています。私たちが培ってきたコア・テクノロジーの活動領域は、大地と海洋のカタチや表情のありのままを、様々な視点からとらえ情報化することです。この空間情報から、都市、道路、国土の整備・利用・保全、環境や防災、そして公共サービスの電子化など、魅力あふれる製品やサービスを提供します。

住みよい地球と豊かな社会づくりのために、時代の一歩先を見つめながら技術革新に努め、新しい価値の創造をめざします。変わらないマインド「地球と、ずっと」を持ち続けながら。

◎未来型商品
360°moveはユーザーが視点を自由に「動かせる」新しい動画サービスです。特殊な全方位デジタルカメラ 「Ladybug3」 を駆使し、今までに無い映像コンテンツの提供が可能となりました!魚眼レンズなどでは対応し切れなかった撮影範囲や解像度を実現しております。全方位デジタルカメラは、6個のカメラを設置することにより、足元以外全ての周辺動画を撮影することができます。

地域の総合的開発を計画するとき、現在と未来比較の3次元で検討するときに役立つシュミレーション方法の一つです。
 

 

 

 

 

 

◎個の最善の機能を、組織の連携整合機能にする日本人の強さに目覚める時期が
来ています。「琵琶湖再生」をテーマに集結を待望しています。 
  

 

 □都市・地域開発・区画整理・土地測量     2009.07.07追加

(社)都市計画コンサルタント協会

(社)東京建築士会
建築士の検索サービス   

(社)日本都市計画学会

(社)日本国土調査測量協会

(社)街づくり区画整理協会
安全、快適、活力あるまちづくりを目指して

(社)東京都測量設計業協会

(社)日本河川協会

(社)日本測量協会

(財)都市計画協会

(社)全日本土地区画整理士会

(社)日本交通計画協会

 

(社)全国市街地再開発協会

 

(財)区画整理促進機構

 

(社)日本補償コンサルタント協会
公共事業の有する意義ならびに地域社会及び個人におよぼす影響に関して発生する諸権利の調整ならびに補償を適正に実現を目指す

 

(財)国土計画協会

 

 

 

 □河川の保全浄化関連  2009.07.13 追加

◇(財)河川情報センター

◆(社)雨水貯留浸透技術協会

◇(財)河川環境管理財団

◆(社)底質浄化協会

◇(財)ダム水源地環境整備センター

◆(社)日本下水道施設業協会

◇(財)リバーフロント整備センター

◆(社)日本水道協会

◇(社)河川ポンプ施設技術協会

◆(財)日本生態系協会

◇(財)日本ダム協会

◆(財)淡海環境保全財団

◇(財)ダム技術センター

◆(財)琵琶湖・淀川水質保全機構

◇(社)ダム・堰施設技術協会

◆(財)とうきゅう環境浄化財団

◇(社)全国防災協会

◆(財)日本自然保護協会

◇(社)全国治水砂防協会

◆(財)渡良瀬遊水地アクリメーション振興財団

◇(財)砂防・地すべり技術センター

◆(社)雪センター

◇(財)砂防フロンティア整備推進機構

◇日本水フォーラム

◇(社)土木学会

◆(財)先端建設技術センター
○設計、施工で困難な技術課題に直面したとき、経験が豊富で高度な判断ができる ベテラン技術者(TC委員)の指導・助言により解決
○現場に合った最新の施工技術を導入するとき、施工技術に関する我が国トップ レベルの技術者(TC委員)の指導・助言により実施
○効果
 ・コスト縮減、工期短縮
 ・施工困難なプロジェクトの実現
 ・現場トラブルの解決
 

◇(社)斜面防災対策技術協会

◆(社)建設コンサルタンツ協会

◇NPO法人 砂防広報センター

◆(社)日本水環境学会

◇(財)国土技術研究センター

◆(財)北海道河川防災研究センター

◇(社)国際建設技術協会

◆(社)東北建設協会

◇(社)関東建設弘済会

◆(財)埼玉県河川公社

◇(財)日本建設情報総合センター

◆(社)山梨県建設技術センター

◇(社)日本大ダム会議

◆(財)和歌山県水上安全協会

◇(社)全国海岸協会

◆(社)北部九州河川利用協会

◇(社)建設広報協議会

◆(財)鹿児島県環境技術協会

 

 

 

 

 

 

商品一覧