開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

「新連携」型企業事例

■「新連携」型企業事例     080811

                                                                 
新事業展開時のインフラの進化
>「新連携」型企業事例





少数の富裕層が潤沢な資金を活かして 21世紀前半は上限規制のない無限
の持続投資により合法的に世界の金融操作して、合法的通貨バブル操作
(金の兌換価値と相関価値の裏付けがない紙の合法的大量印刷)をして、
実体社会の中の中の利益重点に依存する多数の国や国民を合法的金融丁半
博打誘導し、多数が累計で大負けし、最後に富裕層だけが必ず大勝できる確率
は80%以上になってきました。
金融仮想空間が優位な社会が21世紀、少数の富裕層と多数の低所得層、
貧困層の増加と中流層の想定以上の速さでの減少徴候が誰でも見える
ようになりました。

少数の広大な国土、無限の天からの恵みの資源豊かな土地と海洋資源を持ち
人口が爆発的に増加できる国は、国内市場拡大が(日本と比して)無限であり
国内市場だけで、自給自足、地産地消できる国家となり、世界の金融相場は、
海外進出自国企業が優位な方向で常に貿易収支が黒字を演出することが出来
ます。
海外企業が、拡大市場に潤沢な資金を投資し、進出し、ある期間儲けさせ
保有株式、ノウハウ、成長社員数がある数になった段階で、進出国から、自社の
自国民へ経営権を合法的に移譲させ、進出国が、投資資金回収前に、敗戦時の
日本人の民間進出者が、身一つで撤収した姿に酷似現象が21世紀後半はじまる
確率は高い。素晴らしい歴史的覇王の原理・機能を持つ人は21世紀形を変えて
行動しているだけです。その国が蓄積した超富裕な資金は、実体、金融両社会で、
発揮される時代が来る確率は高い。
世界の合法的ルールでの行動であり、よい悪いの議論の余地はありません。

21世紀前半は 現在は、金融社会と実体社会が乖離していますが、徐々に
共有部分領域が情報量「ゼタ時代」を活かし拡大を始めた段階です。
その段階から実体社会が、金融仮想社会より優位になり始めます。
金融操作が普通なら、影響ゼロ環境下で実体優位社会にすればよいだけです。

現在日本は実体経済の財政破綻の歯止めを目的で、遠洋漁業の本質の末路を
忘れ、繊維業界の顛末を忘れ、多くの業種業態の本流の人が成功の夢を描き、
世界が無限市場、アジア圏が無限市場と思い込み、TPP環境下、関税障壁ゼロが
輸出に優位と錯覚し、貿易収支が急速に赤字累積を始める徴候に気付けない、
明治維新の時代背景との違いに気付けない、その成功体験だけにしがみつき、
まさに「ゆでガエル」状態になってきました。
「わずかな手持ち資金を小出し型で合法的金融丁半博打をはじめました。
長期では、カジノで負けた程度より想定以上の負け状態に気付く確率は高い。

世界唯一の平和憲法国家であり「柔型行動」が70%以上優位行動せざるを得ない
、ある面「平和ボケ」、「剛型行動」の世界で異質な価値基準行動基準が本流でした。
再び「剛型行動」が60%以上優位な軍国軍需予算が巨大な各国列強と拮抗しようと
する本流行動が始まりました。世界が共に豊かな子孫繁栄の基盤を伝搬させること
ができる日本の「絆・もちつもたれつ」の柔型行動の役割が減衰確率は高くなりました。

20世紀までのように領土拡大ができない時代、豊臣秀吉型で市場拡大は幻想確率は
高い。世界は17世紀の大公開時代新大陸発見と同様な動きを、地球外宇宙を無限の
人間視点での宇宙新領土開拓時代を競い始める徴候が出たきました。(宇宙の安定
バランスを地球外に出た人の数の増加が地震の歪の如く、地球にどんな未知の影響が
出るでしょうか?)

21世紀前半の情報量「ゼタ時代」とは、世界各国が、知識格差が高いレベルで平準化
できる確率が高くなりました。先進国の良い面を真似て、後進国は想定以上の短期間で
拮抗できる段階となり、先進国の慢心型(ウサギ)の要領よい間接人員優位の実体社会
での人の成長スピードは過去より減衰しました。逆に、追いかける(カメ)は、実体社会の
中で追いつき、追い越すために素晴らしい成長スピードで肉薄する国が増加してきました。
世界市場で日本が優位な期間は当面のアジア圏でどうなるでしょうか?

日本の金融操作、金のバラマキ程度の量程度で、20世紀代の成功体験が通用できる
確率は 40%以下になってきたことに気付くことが、制御型人財の着眼の一つです。



●世界の金融による仮想空間内での操作時代から、潤沢な資金と
世界の実体社会原料供給機能を独占し、金融・実体が共に豊かな
ところが、優位に原料騰貴相場を操作できる段階が来る確率は高い。

◎21世紀前半の日本国民生き残りの方向は
 
1.現在上場企業の戦略である、海外生産比率を60%以上の拡大し、国内生産
  の現状維持縮小で働く人を省人化し、国内の就労インフラ機能を最小化させる
  金融操作は、国内国外有利な方から、連結決算企業、企業グループ内で、手の
  内を国外・国内で見ながら、国内で100%勝つ方法を採るため、必ずその企業
  グループだけ必ず勝てる仕組みを構築してきています。

    超円高時代でさえ、下記の企業グループが黒字を維持し、超円高が普通の100円
  代へ戻る段階で、なぜ、普通に戻った金額が、さらに利益増になるか、既に先行
  して事業展開の布石を打っていた結果です。

  TPP環境下でも多様な複合業種業態グループとして、国内、国外最適戦略連携
  で勝ち残る確率は高い。


  ただし、日本国の富国殖産、法人税、日本人の就労人数の増加の貢献度は、
  連結決算(赤字企業に利益を補填)、企業グループに海外市場での販路支援
  のため、想定以上に、日本国財政破たんに歯止めをかける貢献企業っでない
  確率は高い。

  上場企業、中堅企業の下請(協力会社)として海外進出した企業以外の中小
  企業は、世界の土地を購入して回り、バブル崩壊と同時に、元金投資回収っでき
  ないまま、国外へ資金を流出させた同じ道をたどり、多数撤退した企業があります。
  
  
●中小企業が単独で生き残りたいとき、単独行動は成功確率が低い臨床検証
   確信結果の一つであるからです。


  2.大企業、中堅企業傘下でない中小企業が 勝ち残る、生き残る方向は?

 (1)金融操作の仮想貨幣価値の乱高下の影響が最小限化し、閉空間内で、貨幣
 変動ゼロ状態の、兌換型の物々(サービス、無形も含む)交換様式で地産地消
 自給自足の循環社会を構築する。
 (2).国外からの騰貴相場乱高下する原料調達分野を代替品機能で最小化し、自給
 自足し、生産物を地産地消する。
 (3)協業企業規模は、業種業態ごとに、事業基盤市場の規模に応じた、持続的黒字
 化できる適正規模をもつ企業単位の勉強仲間、行動仲間の協業とし、販売機能は
 共有化する。
 

「地域は複合食品産業を基幹に勝つ」

 金融相場乱高下の環境影響を最小化した21世紀後半勝ち残り、世界貢献できる確率
 の高い方向の一つです。


 

 総合的な多機能を持つ企業が、20世紀後半は部門のしくみシステム、
人事システムの違いのために、複合管理コストを減らし、小さい管理部門化
を目的として、企業分割し、分社化をとる企業がありましたが、分割による
強みの分散化、組織としての強みが減衰し、個別企業の競合他社(海外の
企業)に優位を維持でき難くなってきました。
21世紀は、顧客の共有化、固有技術の整合的な進化させ、世界、国内の
競合他社より常に優位を維持する進化を維持するために、経営戦略企業を
核(コア企業)として複合機能を持つ企業グループとして顧客を共有化しながら
進化する「新連携」型ビジネスモデルが成長をはじめてきました。

◎コア企業が企業関心成長のトリガー(事務局的要素)役を兼務することが
重要になってきました。

◎上場・中堅企業の「ホールディングス(持株会社」は新連携の一つ。
 
複数の企業群を企業グループとして経営資源を企業別に整合し、統制していくためには、
 グループの核となる経営戦略会社が必要となります。
 その核となる会社が持株会社であり、設立し、外部大資本短期株式増加に対抗し、
  事業経営を継続的にできる安定経営権確保できるしくみも兼ねています。

  (1)親会社の経営戦略業務への特化 経営資源の企業グループ最適化
  (2)各事業単位での業績把握や責任の明確化、相対比較して全体の進化
       を加速する。
   
  (3)事業再編の機動性の確保など確保するために、企業のセクショナリズム、
       組織の再々編を、全体最適を優先させるグループを統制できる実施力、
       継続的制御のための影響力の格差で成果に大差ができます。

  (4)個々の企業の経営層に関する人財の継続的養成のしくみシステムが企業
        グループの格差になります。

  (5)企業ノウハウの共有化、ノウハウの進化、グループの戦略的展開に、必要
       人財を各社から選抜できるしくみシステムの機能がグループの格差になります。

   (6)持株会社の形態は、純粋持株会社と事業持株会社に区分されます。
         形態に応じた企業グループの事業展開が必要です。
      @純粋持株会社は株式を所有することにより、他の会社の活動を支配すること
          のみを事業目的とする会社
      A事業持株会社は他の会社の活動を支配するのみならず、持株会社自身も
          相当規模で事業を行っている会社

   (7)持株会社の設立方法
      @抜け殻方式
          既存の会社が当該事業部分を分割等により別会社に移し、当該既存の会社には
          持株会社としての機能のみを残す

      A株式移転方式既存の会社が新たに持株会社としての機能を持つ完全親会社を設立する

      B株式交換方式
    既存の会社が他の会社を子会社化し、当該既存の会社に持株会社としての機能を持たせる
 

◎中小企業の部分的新連携の場合でも未来の経営戦略の展開を考え、
  先人の智慧として、企業規模に応じた「企業グループ」に拮抗できる
   固有ノウハウを構築することが存続の条件になります。


◎最新の企業グループ情報を入手する情報源
 
  
◆「日本の企業グループ」 東洋経済新報社    
      上場会社等有力企業の国内グループ会社データベース
      毎年 最新版が出版されます。

   グループ会社の再編・再構築がかつてないスピードで進んでいます。
       子会社の設立・取得・合併、持株会社設立や会社分割による経営と事業の分離など、
       グループ運営のあり方が大きく変化しています。
       傘下関係会社各社の状況は、連結決算数値だけでは捉えきれません。
       本誌は独自のアンケート調査や取材に基づいて関係会社各社の最新データを
       親会社ごとに一覧化しています。

  
◆日経業界地図 日本経済新聞社
     業界の全体像がわかる」と好評のデータブックの最新版が出版されます。
      合併・買収や提携で激しく変動する81業界・企業グループの現状と今後の注目点を
       日経の第一線記者がわかりやすく解説。 就職に、ビジネスに、投資に必携の一冊。

 
 ◆「会社四季報」業界地図 東洋経済新報社
     
毎年 最新版が出版されます。
     全業種分類273分野の動向が天気マークで一目瞭然      
      東証業種分類のすべてについて2010年3月期まで独自予想

   

 

更新 2008.10.24


  ↓ クリック                                     ↓ クリック 



■固有技術サービスをもつ企業群の融合連携企業 

 

□住金物産






 

◆企業理念

◆挨拶

◆会社概要

◆会社沿革  卸、製造合併の歴史

◆経営計画

◆コーポレートガバナンス

◆役員一覧

◆組織図

●国内ネットワーク

●海外ネットワーク

 

◎行動規範
A.個人として
1. 担当する業務については、社内はもとより、業界の第一人者を目指す。
    つねに「人間力」の向上に努める。
  (注) 「人間力」=社会人・企業人、さらにはひとりの人間としての実力(情報力・判断力・行動力・品格マナー等)・
   魅力の総和を示す造語。
2. 「有言実行」。自ら考え、提案し、率先して実行する。どんな難課題でも、“先送り”や妥協はしない。
3. “挑戦する姿勢”を貫く。現状維持は進歩の否定、後退である。
4. 一人だけでできる仕事はない。つねにチームメイト・社内外の関係者にたいする敬意・謝意を忘れない。
   自分の業務のみに閉じこもらず、グループ全体、さらには社会の動向にも深い関心を持つ。「他に学ぶ」謙虚さを
   大切にする。

B.組織として
1. 課よりも部、部よりもカンパニー、カンパニーより全社の利益を優先し、「全体最適」を追求する。“組織の壁”は
   作らないし、作らせない。
2. あらゆる「慣性」と闘う。「タブー」は一切認めない。摩擦をおそれず、すべてをオープンに議論する。
  過去の成功体験を絶対としない。失敗体験は厳しくその原因を追求し、得た教訓は組織で共有して、再発を根絶
  する。
3. 信じることは、論拠を示して正々堂々と主張する。討議の場に“肩書き”は存在しない。出た結論は潔く受け入れ、
    率先して行動に移す。
4. リスクは市場の不確実性から生まれ、利益と損失をもたらす。これを回避せず、自らの対応能力を前提に、厳しさと
   勇気をもって測定し、コントロールする。不測の損失は徹底的に抑制しつつ、事業化を通じて利益・成長を実現する。
    リスクを怖れ、“不作為”を決め込む企業は、新たな価値を創造できない。
5. 住金物産グループ・住友金属グループの「総合力」をフル活用する。
    商社機能を生かして、住友金属グループの「総合力」の発揮に貢献する。
6. 上位者には、自分の意見を明示して相談する。相談することで自分の責任をあいまいにしない。上位者も判断を
    誤る場合がある。指示・意見は鵜呑みにしない。諌めることも部下の責務である。
7. 部下にたいしては、その“管理”に留めず、“指導”する。自ら模範を示し、業務に役立つ経営情報は惜しみなく
   提供する。
   部下の話はよく聞いた上で、明確な指示を与える。指示した業務の進捗状況は適時にチェックする。
   部下の個性を尊重し、能力をよく見極める。120%の仕事を与え、達成に向けて努力する過程を通じて、さらに実力
   と自信をつけさせる。
   評価は公正に行う。きちんとほめ、きちんと叱る。部下の行動については、上位者としての管理責任を全うする。
8. グループ内教育は自己啓発、「仕事を通じて学ぶ」方式を基本とし、これを支援する。
   教育の成果は業績・能力査定を通じて確認し、的確に処遇に反映させる。
9. 「情報」は商社にとって重要な企業資産である。管理・発信は厳格に行い、機密保持に万全を期する。情報に必要
    以上の精度を求めず、"鮮度"を重視する。情報、とくに悪い情報は迅速に伝達し、冷静に受理・対処する。判断・
    行動にリンクしない情報は無価値である。
10. 会議・文書は必要最小限に抑制する。
11. 時間は貴重な経営資源である。すべての経営課題・業務に期限を設定し、遵守する。
12. 「信賞必罰」を徹底し、公私の区分を明確にする。

C.外にたいして
1. “時代の風”を全身で感じ取り、市場・社会の変化を“先取り”して行動する。
    この“不連続が連続する”時代には、“筋の通った”「朝令暮改」で臨む。
2. 「顧客尊重」の姿勢を徹底し、『顧客深度No. 1企業』を目指す。
3. 対外活動を社内業務に優先させる。
    行きづらい相手、行きづらい時こそ積極的にコンタクトし、自力で難局を打開する。
4. グローバルな視点に立って、ローカルに(対象となる国・地域の実態と事業課題をリアルに関連づけて)行動する。
    関連する国・地域の文化・規範・価値観等を尊重し、協調・相互信頼を前提とした事業活動を展開する。
5. 法令その他の社会的規範を遵守し、企業の社会的責任を自覚し、徹底する。不公正・不健全な企業行動は、
   住金物産グループの社会的信用を大きく損ない、企業としての存続を危うくする。一人ひとりの健全な倫理感と勇気
    が不正を阻む“最後の砦”である。
6. 財務報告の信頼性は、正しい業務処理によって確保する。
    すべての業務は、外部への情報発信に繋がっており、一人の誤りは会社の誤りとなることを自覚し、適正な処理
     を行う。
7. “分かりやすい”経営を行い、透明度の高い企業グループになる。
    社内外への情報発信を適時かつ正確に行う。
8. 地球環境の保全・資源の有効利用に配慮して事業活動を行い、これに役立つビジネスに積極的に取り組む。

 

◇鉄鋼カンパニー





 

鉄鋼カンパニーは、ニーズに沿った鉄鋼製品の安定供給を第一の機能としつつ、国内外の加工機能を充実して、お客さまが必要とする加工を担い、高品質の製品をジャストインタイムでお届けします。
 さらに、より多様化・高度化するお客さまの事業課題に対し、技術情報やマーケット情報をもとに企画提案を行い、お客さまとともに解決する顧客密着型営業を常に心がけ、加工メーカー型商社として、ものづくりパートナーNo.1を目指してまいります。

◆加工拠点と販売網
  
国内外において加工拠点、販売網を整備し、ジャスト・イン・タイムで
 製品納品しています。
 

◇機械、金属カンパニー











 

機械・金属カンパニーは、バリエーション豊かな事業分野・商品の展開を誇っており、様々な分野での経験を活かして、変化していく社会・産業の情報収集・分析をおこない、川上から川下までのバリューチェーン再構築や既存バリューチェーンの他分野への適用など、グローバルに新しい事業や市場の創出を目指しております。
 お客さまの事業課題に対して、情報の収集、企画・立案、機械設備の手配、原料・資機材の調達、製品販売先の開拓、さらにプロジェクトであればパートナーの選定や資金調達などオーガナイザーとしての総合力を発揮してまいります。

◆海外プロジェクト機能
海外で展開している大規模な工業団地では、日系企業を中心とする工場を誘致し、工場の建設、機械の設備の納入、生産に必要な原材料の供給をおこなうとともに、工業団地に併設された発電プラントから電力や蒸気の供給をおこなっています。

◆加工拠点と販売網
  国内外において加工拠点、販売網を整備し、ジャスト・イン・タイムで
 製品納品しています。
 

◇繊維カンパニー













 

繊維カンパニーは、高品質で多様な繊維製品を、OEM生産(相手先ブランドによる生産)を通じて市場に供給しております。世界各国から選りすぐりの素材・生地を調達し、日本を始めとするアジアに広がる最適な生産拠点を活用することで、時代のニーズに合致した物づくりに取り組んでおります
徹底した市場分析とファッショントレンド予測に基づき、生地・素材の開発・調達から製品の企画・生産・貿易・物流にいたる一貫した機能を強化し続け、繊維業界における確固とした地位を築いてまいります。

◆ネットワーク

◆ビジネスフロー
  
・商品の企画提案    ・生地素材の調達  ・生産(縫製、加工)
 ・貿易、物流  ・日本国内での販売

◆取扱商品

◆SCM体制
 「繊維カンパニーは、中国をはじめとする海外の縫製工場から、日本の主要取引先の店頭までをネットワークで結び情報の共有化を図るSCM(サプライ・チェーン・マネジメント)を構築しています。」
 

◇食糧カンパニー

食糧カンパニーは、高品質で安全な食品をグローバルに調達することで食文化の充実に取組んでいます。
 他社に先駆けた輸入食肉分野での経験を生かし、畜肉加工品、農水産加工品、惣菜など、より消費者に近い加工食品分野に現在注力しております。さらに商品開発力と関係会社との連携を強化し、多様化するニーズにお応えしてまいります。

◆事業コンセプト

◆海外調達ルート
 

 

 

 

□井上特殊鋼

  
中小企業連携の工場融合



















 

井上特殊鋼グループ4社は、「製造分野において永続的に利用価値を提供する」という理念の下、それぞれの事業領域におきまして、明確な独自性を有し、価値提供ができる体制を整えています。

◆井上特殊鋼(株)
情報と知識で製造業を支援するという、新しい概念でコンサルティング セールスを行っています。

◆(株)山崎機械製作所。
型打ち鍛造の中でも、エアースタンプハンマーを極めることを企業目的としています。

◆富士鍛工(株)
高知県という経済基盤が弱い地域に、あえて鍛造、熱処理、機械加工の集積をつくり出し、エリア特性を生かしたリング加工製品を提供しています。

◆井上マシナリー(株)
機械加工を通じてグループ企業とシナジーを生みだしています。

お客様の声に真摯に耳を傾けると共に、製造技術の向上と、情報及び知識の集約・活用を積極的に行い、新たな価値の創造を通じて、日本のモノづくりを支援していく企業グループです。
今後共、納入させていただく製品の信頼、お客様と対応させていただく個人の信頼、新たな仕組みや技術を開発する組織の信頼といった、3つの信頼を獲得していく」をテーマに進化を続ける企業です。

 

□FFC

  
富士通&富士電機専門性融合







 

FFCは、富士通のコンピュータ・通信技術と富士電機のプラント技術の
それぞれの専門性を融合させることにより、お客様の構造転換や経営変革を支援するトータル・ソリューション・プロバイダーとして、1977年に設立されました。
以来30年間にわたり、製造業・流通業・物流業をはじめ、金融業・社会公共分野まで様々なお客様に向けて、8,000を超えるコンピュータシステムをご提供しています。
コンピュータのシステムインテグレーションにとどまらず、ハードウェア
の設計開発や、他社製品を含めたエンジニアリング技術を持ち、
お客様のご要望にトータルでお応えできることが特長です。
FFCは、これからも『お客様から信頼され、選ばれる企業』を目指し、
お客様の経営課題や事業課題を、共に解決支援をしています。

 

□帝人グループ企業

   
繊維をコアに関連展開







 

◆グループの構成
 

◆グループ概要

○持株会社  

○ポリエステル繊維

○高機能繊維

○流通・製品

○フィルム

○樹脂

○医薬医療

○IT・新事業

○その他

 

□日清製粉グループ

  
素材をコアに関連展開












































 

日清製粉グループはこう考えます。「まず企業ありきではなく、まずマーケットありき」。「まずグループパワーありきではなく、まずプロフェッショナルパワーありき」。
多彩なマーケットへベストフィットするために、日清製粉グループは製粉、加工食品、健康食品、バイオ、ペットフード、エンジニアリング、メッシュクロスなどの各事業が自由な意志と戦力を持ち、それぞれのマーケットへシャープにアクションを起こせるプロフェッショナル企業の連合体として活動しています。それぞれの事業会社は自立し、全力でマーケットリーダーを目指しています。
そして、日清製粉グループとしての戦略、異なる力どうしの融合が必要なテーマにはグループの内外を問わずボーダーレスに手を結び、取り組んでいます。分社化を基盤としたこの『自立と連合』が日清製粉グループの最大の特徴であり、原動力です
 

◆日清製粉
国際的リーディングカンパニーを目指す、日清製粉グループの基幹企業。小麦粉、ふすま、ベーカリーミックス、その他の加工品および関連商材の製造・販売を行っています。
 

◆日清フーズ
「全温度帯」で毎日の食卓を提案する、もうひとつの基幹企業。パスタ、パスタソース、プレミックス、家庭用小麦、調理食品、乾麺、冷蔵食品および冷凍食品などの製造・販売を行っています。
 

◆イニシオフーズ
 々の食卓を豊かにするお惣菜。その中食市場での成長をさらに加速させるために誕生したのが日清製粉グループの新たな戦略企業、イニシオフーズ株式会社です。おいしいお惣菜と共に、総合的な売り場ソリューションをお届けしていきます。
 

◆日清ファルマ
家族の一員であるペットとの生活をトータルにサポート。「RUN」「Carat」をはじめとするペットフードなどの製造・販売を行っています。
 

◆日清ペットフーズ
家族の一員であるペットとの生活をトータルにサポート。「RUN」「Carat」をはじめとするペットフードなどの製造・販売を行っています。
 

◆日清エンジニアリング
キーワードは「P&P(パウダーテクノロジー&プロジェクトエンジニアリング)」。穀類、食品、化学製品などの生産加工設備の設計・監理および工事の請負ならびに粉体加工・機器販売を行っています。
 

◆オリエンタル酵母工業
製パン用からバイオまで、酵母が秘める無限の可能性を追求。製パン用イースト、食品材料、診断薬用原料、研究用試薬の製造・販売を行っています。
 

◆NBC
世界トップクラスのメッシュテクノロジー技術。スクリーン印刷用資材、産業用資材、化成品などの製造・販売を行っています。
 

 

□味の素グループ企業

   
コアに関連市場に展開
 

◆クノール食品
◆冷凍食品
◆油脂
◆飲料
◆アミノ酸
◆医薬
◆その他
 

 

 

□三谷商事 (福井)

   地方から事業展開
      創業90有余年の進化
      中小企業の融合
     

     ●事業内容




 

◆企業情報

 三谷セキサン(株)、三谷コンピュータ(株)、三谷オプチカル(株)、日本ビソー(株)、ケーティーエル(株)、福井ケーブルテレビ(株)、ミテネインターネット(株)、トッパンエムアンドアイ(株)、(株)ミタニ、鶴見石油(株)、北日本電子(株)、タイミタニ(株)(タイ)、上海三谷眼鏡有限公司(中国)など約125社

◆歴史沿革
 

◆情報システム関連事業
 

◆建設関連事業
 

◆エネルギー生活関連事業

 

◇三谷グループ
 
◎多角事業を展開
・眼鏡枠製造 ・眼鏡販売輸出 ・自動車 ・カー用品 ・総合リース ・レストラン 
・総合リース ・総合レンタル ・不動産 
・冷凍倉庫 ・半導体製造販売 ・空調設備・食品販売 ・シニアライフ事業 


国内海外で新しいビジネスを創造!


三谷商事は関連会社約100社からなる、グループ企業を形成しています。福井本社のある福井の地場産業である眼鏡の企画製造及び輸出入、生コンクリート製造、ガソリンスタンド経営、半導体製造販売、リース業、自動車販売、不動産、オフィス設計など、三谷商事ではグループの総合力を活かして、新規事業にも積極的に進出しています。特に最近では、M&A(企業の吸収・合併)等で、半導体の販売、シニアライフ事業等に進出。これらは、先輩たちのチャレンジの足跡。若手、ベテランに関わらず、事業企画に加わるチャンスは誰にでも平等にあるのです。

 

◇10年で3倍!成長力・安定力



  


会社概要

10年前と比べると売上で1.5倍、経常利益で4倍の成長力です。企業の成長スピードが、社員の成長スピードを高める。社員の成長スピードが、企業の成長スピードを高める。当社の成長の礎は、そんな会社と社員のハッピーな関係に寄って立ちます。創業以来、全国トップクラスのセメント、生コン取扱量を誇る「建設事業」の経済基盤。「情報システム関連」、「生活・エネルギー関連」の急成長。そして一人ひとりの社員の挑戦から生まれる「新規事業」。ひとつひとつの事業が、ひとりひとりの社員が、歯車ではなくエンジンとなり、ガッチリかみあうことで前へ前へと押し進む。それが三谷商事の成長の動力源です。
 

◇実力主義、放任主義

 

◆人事制度

◆教育制度

 


◇未来のライバルたちへ

 

先輩メッセージ

◇人事山本就勝道場

FQA

 

 

 

□東北電力グループ企業

 
ライフライン関連




 


東北電力企業グループは,お客さまが安全で快適に生活できるように,電気事業,エネルギー関連事業,環境事業,情報通信事業などさまざまな分野において,それぞれの専門性を活かして事業を展開しています。
これからも,地域社会の豊かな未来を築くため,お客さまから信頼され選択される複合エネルギーサービス企業として,最高水準のサービスを提供する「付加価値提案型(ソリューション)企業グループ」を目指していきます。

◆建設  ◆製造 ◆不動産 ◆電気事業 ◆ガス
◆サービス 
 

□東京電力グループ企業
   
    
ライフライン関連










 

電力小売市場自由化のもと、これまで培ってきた技術とノウハウを活かし、東京電力グループの新たな成長・発展をめざします。
海外でのビジネスチャンスも積極的に発掘し、新たな事業の展開にグループの総力をあげて取り組みます。

◆電気事業  
 ・発電
◆情報通信事業  
 ・電気通信  ・有線テレビジョン放送  ・情報ソフトサービス
  ・情報通信設備の建設保守
◆エネルギー&環境事業
 ・設備の建設保守 ・資機材の供給輸送   ・燃料の供給輸送
 ・エネルギー環境ソリューション
◆住環境&生活関連事業
 ・不動産 ・サービス
◆海外事業

 

□中部電力グループ企業
    
     
ライフライン関連


 

電力小売市場自由化のもと、これまで培ってきた技術とノウハウを活かし、中部電力グループの新たな成長・発展をめざします。海外でのビジネスチャンスも積極的に発掘し、新たな事業の展開にグループの総力をあげて取り組みます。

◆建設業   ◆情報通信業  ◆エネルギー業
◆製造業   ◆運輸業     ◆不動産業
◆サービス業

   

□東京ガスグループ企業

     
ライフライン関連






 

◆リビングエネルギーユニット
◆リビング営業ユニット
◆エネルギーソリューションユニット
◆広域圏営業ユニット
◆導管ネットワークユニット
◆エネルギー生産ユニット
◆資源事業ユニット
◆ITユニット
◆資材ユニット
◆管財ユニット
◆大規模用地プロジェクトユニット
◆広報ユニット

●関連事業
 


□大阪ガスグループ企業

    
    
ライフライン関連
     



 

暮らしやビジネスシーンで活躍する大阪ガスグループ企業

◆資源事業部  ◆導管事業部 ◆リビング事業部
◆エネルギー事業部        ◆企画財務部門
◆総務人事部門
●基幹事業関連会社     ●戦略事業    
・リキッドガスグループ           ・オージス総研グループ    
・日商LPガスグループ             ・大阪ガスケミカルグループ
・アーバネックスグループ

□JR東日本グループ企業

     
ライフライン関連
 


◆運輸               ◆駅ビルショッピングセンター
◆オフィス           ◆ホテル         ◆小売飲食
◆商事物流         ◆旅行レンタカー
◆スポーツレジャー         ◆不動産管理
◆情報財務人財サービス
◆広告出版
◆清掃整備リネンサプライ
◆建設コンサルタント設備保守
◆支店別グループ会社
 

□JA全農グループ企業

     
ライフライン関連
 


◆全国本部

◆県本部
◆海外事業所

●関連会社
全国本部 県本部別
  
 


□JF全漁連グループ企業

       
ライフライン関連
 


◆JF漁連
◆JF信漁連
◆水産関連団体

 

□鹿島建設グループ企業



 


◆設計コンサルタント

◆調達施工
◆運営管理
◆商品販売サービス
◆文化
  ・鹿島出版社  ・カジマビジョン  ・八重洲ブックセンター
◆ホテルレジャー
 

□大成建設グループ企業

◆建設事業
◆不動産開発事業
◆ホテル事業
◆ゴルフ場事業
◆その他
 ・大成サービス ・タイセイ総合研究所
 

□伊藤忠グループホームページ




 

◆伊藤忠グループとは

◆グループ企業一覧
・水産農林 ・鉱業 ・建設 ・食品 ・繊維 ・パルプ紙  ・化学 
・ゴム窯業 ・エネルギー ・鉄鋼 ・非鉄金属 ・金属製品 ・機械
・電気機器 ・輸送用機器 ・精密機器 ・商業 ・不動産 
・運輸物流倉庫 ・情報通信IT ・金融証券 ・保険 ・サービス
・ホテル旅行レジャー  ・人材派遣紹介  その他

◆歴史沿革  

◆グループ関連ニュース

 

□三井物産グループ会社

   ●営業本部別一覧










 

数多くの関係会社を通じて事業の多角化を推進しています。
また、グループ関係会社群のネットワークによりさらなる総合力が培われています。

◆鉄鋼製品本部

◆金属資源本部

◆プロジェクト本部

◆自動車本部

◆船舶航空本部

◆化学品第一部本部

◆化学品第ニ部本部

◆エネルギー第一本部

◆エネルギー第ニ本部

◆食料リテール本部

◆コンシューマーサービス事業第一本部

◆コンシューマーサービス事業第ニ本部

◆情報産業本部

◆金融市場本部

◆物流本部

◆米州

◆その他

 

□トヨタ自動車の自動車以外の
事業




□トヨタグループ関連企業団体
   
○トヨタグループ
  ○自動車製造関連企業
  ○住宅関連企業
  ○金融関連企業
  ○情報通信・ITS関連企業
  ○その他関連企業
  ○関連団体・学校法人等





















    








































































 

トヨタ自動車は創業者の豊田喜一郎が周囲の反対を押しきり、1937年に当時の豊田自動織機から独立したベンチャービジネスでした。その後、総合産業である自動車の『材料』、『工作機械』、『部品』などの各分野がそれぞれ独立し、現在のトヨタグループを構成することになりました。まさにトヨタ自身がコーポレートベンチャーの歴史を歩んでいるのです。
さらにこれまで、住宅、金融、情報通信、GAZOO、マリン、バイオ緑化などといったクルマ以外の分野にも進出してきました。また、ベンチャーファンドの設立を通して、創造性と起業家精神にあふれる企業風土の醸成に努めるとともに、社外にも広く事業の芽を求め、これらの事業に続く新たな事業の開発をすすめています。
 

◆住宅事業 トヨタホーム
トヨタ自動車は、1975年に住宅事業に参入して以来、「日本の住まいを本気で良くしたい」というスローガンのもと、様々な工法や、マンションなど豊富な商品ラインナップを形成しています。2003年には住宅事業強化の出発点として、「住宅事業2010年ビジョン」を策定しました。その精神は、「Innovation into the Future」であり、トヨタ創業以来の「モノづくりを通して社会に貢献する」という考えのもと、トヨタグループの力を結集して、お客様により幅広い住宅関連サービスを提供しています。
 

◆金融事業
当社の金融事業は、国内外の金融子会社を傘下に置くトヨタファイナンシャルサービス株式会社(以下TFS)を統括会社として、日本を含め世界31の国と地域で展開しており、トヨタ車マーケットの約90%をカバーするグローバルなネットワークを構築しております。現在では、世界で1,000万人を超えるお客様に自動車ローンやリースなどを中心とした金融サービスを提供しております。
TFSグループは、コアビジネスである自動車販売金融の強化を図る一方、お客様の生活をトータルにサポートする総合金融サービスの拡充を重点施策に掲げ、特に日本国内では、自動車販売金融に加え、クレジットカード、住宅ローン、社債や投資信託などの個人への資産形成サービス、保険などの広範な金融サービスを提供しています。
 

◆ITS事業
トヨタは21世紀の交通社会が真に豊かなものになることを願うと共に、持続的な発展が可能で調和のとれた交通社会の実現を目指し、積極的にITSの実用化に取り組んでまいりました。今後は、これまでに実用化した商品・システムをさらに発展させると同時に、ユビキタスネットワーク社会において社会インフラとクルマを有機的に結びつけ、ITSによる21世紀の新しい社会の創造を目指しています。
 

◆GAZOO事業
GAZOO事業は、クルマのユーザの皆様を中心に、ITによるアフターサービス機能の充実を目的として展開しています。総合情報ネットワークサービスGAZOO.comは、トヨタの販売店やコンビニなどに設置されたマルチメディア情報端末や、インターネット、携帯電話によりアクセスすることができ、カーライフをはじめとしたユーザの皆様の生活をナビゲートします。
同時に、システム構築をトータルにコンサルティングするシステムインテグレーターとしての活動にも力を入れ、幅広い顧客の需要に応えていく方針です。
 

◆マリン事業
 トヨタ自動車は「モノづくり」を原点に、自動車を通じ豊かな社会づくりに貢献することを企業理念とし、「Drive Your Dreams」「人、社会、地球の新しい未来へ」をスローガンとしております。これまで「車」を通じて実現してまいりました夢を、「海」というフィールドで実現したいという思いからマリン事業に参入いたしました。ハルの素材にアルミ合金を採用、自動車エンジンや自動車技術の転用、品質管理基準の導入など、これまでクルマづくりで培ってまいりました技術を余すところなくボートに注ぎ込み、安全で快適、環境に優しい、お客様にとって魅力あるボートづくりを基本としています。
 

◆バイオ・緑化事業
現在のバイオテクノロジー産業は、アグリ、メディカル、食品、ケミカルの大きく4つに分けられます。その内、トヨタが重点的に取り組んでいるのが「アグリバイオ」です。
トヨタがこの事業分野に進出した理由は、(1)アジアを中心とする世界人口の増加、(2)所得水準の向上による1人当たり食料消費量の増加、(3)工業化・都市化の進展による耕地・森林面積の縮小、水利用の増加などから起こる食料・水不足、地球環境悪化への対応でした。
トヨタでは、こうした問題の改善に貢献すると同時に、収益的にも魅力ある事業を興していくため、1998年1月、バイオ・緑化事業室を設置し、研究開発に着手。そして翌年5月には、バイオ・緑化研究所を建設し、研究開発体制を整えるとともに、事業化のスピードを上げてきました。
バイオテクノロジーは自動車とは分野が大きく異なると考えられがちです。しかし新型「ラウム」でのバイオプラスチック部品の採用(2003年5月発売)に象徴されるように、トヨタの「バイオ・緑化事業」は事業として成長が見込まれるだけでなく、「循環可能な社会に向けた取り組み」という面で自動車事業と密接に結びついています。
環境対応は企業にとって最大の課題のひとつですが、トヨタはそれをネガティブに受け止めるのではなく、企業がさらに成長するための好機と捉え、バイオテクノロジーをはじめとした環境対応技術による「環境保全と経済成長の融合」の実現を目指しています。
○サツマイモ事業
○植林事業
○花弁事業
○屋上緑化事業
○畜産バイオマス活用事業
 

◆新規事業開発
クルマづくりで蓄積した技術と、トヨタに息づくチャレンジ精神で、新たな挑戦舞台へ。21世紀の社会に貢献する、トヨタの新規事業を推進しています。
 トヨタのクルマづくりも、最初は「豊田自動織機」の新規事業に過ぎませんでした。当時、『これからは自動車の時代がくる』と確信した創業者・豊田喜一郎の先見性と強い信念、そして夢に向かって突き進む力が今のトヨタを作り上げたといっても過言ではありません。
日本経済が成熟期を迎えた今、企業が今後も継続し成長し続けていくためには、新規事業の開発が重要な課題の一つとなっています。私たちは従来から「住宅」「金融」「情報通信」など、クルマ以外の分野に進出し、事業を展開してきました。また、1989年に事業開発部が設置されてからは、さらに積極的な活動を推進してます。
クルマづくりで培った技術を活かし、自動車周辺の成長分野に参入した時代から、「マリン」や「エアロ」など、新たなパーソナルモビリティを追求した時代を経て、現在では21世紀のビジネスとして大きな成長が期待される「バイオ」「環境・エネルギー」「先端技術」「ライフサポート(生活・シニア)」の分野に着目し、近い未来、トヨタの第2、第3の主軸となる事業を確立すべく、取り組みを行なっています。
私たちは、先人たちが築き、遺してくれた技術とチャレンジ精神を持って、社会と環境にいちはやく対応した新規事業の開発・推進に取組み、これからも社会に貢献していきます。
 

 


□新日本製鐵グループ会社
一覧
  
 

 多角的業種へ事業展開しています。


□JSRグループ企業

 

分野、会社名をクリックすると、詳細を閲覧できます。
JSRグループは 分野別に分かれています。


□三菱商事 主要連結子会社
及び関連会社








 

本部名をクリックしてください。該当部局の主要な連結子会社および関連会社が閲覧できます。

◆イノベーション事業グループ
◆新産業金融事業グループ
◆エネルギー事業グループ
◆金属グループ
◆機械グループ
◆化学品グループ
◆生活産業グループ
◆コーポレートスタッフ部門

 

□キャノングループ企業

   ●キャノン
 

◆開発生産販売会社

◆開発関連会社

◆生産関連会社

◆販売関連会社

◆その他関連会社

 

□日本電気グループ企業





















 


NECと国内外のグループ企業の連携によって、NECを中心とした「IT/ネットワークソリューション事業」「モバイル/パーソナルソリューション事業」、NECエレクトロニクスを中心とした「半導体ソリューション事業」を展開しています。また両者のシナジー(相乗効果)を発揮することで、お客さまにとって真に価値のあるソリューションの提供につとめています。

◆NECグループの事業概要

○IT/ネットワークソリューション事業

主として官公庁、通信事業者および民間企業向けに、ユビキタス時代のソリューションを提供しています。大規模オープン・ミッション・クリティカル・システム構築の豊富な実績や、固定・移動双方の通信システム分野において培ったキャリアクラスの信頼性など世界トップクラスのIT、ネットワーク双方の技術を備えています。さらに、これらの融合領域でも先進技術を有しています。

○モバイル/パーソナルソリューション事業
主として個人向けに、携帯電話機やパソコンなどユビキタス社会への入り口となる端末や、インターネット・サービスを提供しています。楽しさ、使いやすさを実現する先進技術ときめ細かいサポートで、NECブランドを支えています。

○半導体ソリューション事業
 NECエレクトロニクス株式会社  
  ◇及びグループ企業

   ・生産会社
   ・販売設計会社
主としてデジタル家電や自動車などの機器メーカー向けに、機器の高性能化を実現する半導体、液晶ディスプレイおよび電子部品などを提供しています。最先端独自技術をもとに国内外のお客さまの要求に応える最適なソリューション提案力が強みです。
 


□富士通グループ企業(国内)


 

社名が「富士通」から始まる会社は、それを除いた会社名で分類しています。
地域別の一覧は、
連結子会社(地域別)をご覧ください。
 


□ソニーグループ企業

 

国内海外関連会社

□松下電器グループ企業(国内)







 

◆松下電器産業事業部門(管轄グループ会社含む)
○コーポレーション情報システム社
○パナソニックデザイン社
○半導体社
○パナソニックAVCネットワーク社
○パナソニックオートモーティブシステムズ社
○松下ホームアブライアンス社
○照明社
○モーター社
◆主なグループ会社(管轄グループ会社含む)

◆その他グループ会社
○パナソニック〜
○松下〜
○その他
 

□電通グループ




 

◆国内子会社一覧

◆国内関連会社一覧

◆海外子会社一覧

◆海外関連会社一覧
 

 

 

 
■競合企業の強者連携経営統合(創市場)
 

◎コアの総合力強化

□博報堂DYホールディングス
   博報堂DYグループ

  (別ページで紹介)




















 


◆グループ経営理念
1.広告主に対して、常に最善のサービスを提供し、ビジネス価値の向上に貢献する。
2.メディアの革新と向き合い、メディアの向上に貢献する。
3.世界的にネットワークを転化し、サービス網の充実をはかる。
4.生活者から発想することで、人々の次世代の豊かさを創造し、社会の発展に寄与する。
5.自由と自律を尊重し、多様な個性とチーム力を価値創造の源泉とする
6.競争と協調の精神で、新しい挑戦を続け、世界一級の広告会社グループを目指す。
7.企業価値の継続的な向上をはかり、株主かたの信頼と期待に応える

 

◆事業スキーム
博報堂DYグループ各社は、広告主、媒体社、コンテンツホルダーに対し最適な課題解決力を提供し、グループとしての企業価値の向上を目指します。

◆ネットワーク
 
中核事業会社(博報堂・大広・読売広告社・博報堂DYメディアパートナーズ)以外の子会社

・(株)博報堂DYトータルサポート
  経理・総務・人事等の業務受託 他

・(株)博報堂DYキャプコ
  人材派遣・人材紹介
      博報堂DYキャプコは博報堂DYグループの総合人材サービス会社
      として、グループ各社をはじめ、広告・マスコミ関連のお仕事を
       幅広く紹介しています。
・(株)博報堂DYアイ・オー
  経理業務受託 他 障害者の雇用促進を目的とした特例子会社
 

 

◇博報堂
































































 


◆ネットワーク

○国内

○海外

○関連リンク
・博報堂生活総合研究所
・雑誌「広告」

・HOPEエルダービジネス
高齢社会を考えるにあたって大切なことは「安心」と「エンジョイ」が車の両輪ということです。そして、製品も住まいも街も「人にやさしいデザイン」が求められます。よりヒューマンな社会へ、そして、そのためのITへ。戦後の日本を変えてきた50代以上のエルダー層は今また、社会を変えていく大きなパワーになろうとしているのです。

・博報堂ブランドデザイン
・博報堂フォーサイト

・博報堂買物研究所
ダイヤモンド社より、買物研の本「買物欲マーケティング」が発売されました。
博報堂の買い物行動対応型ソリューション組織
生活者の購買行動を引き出す4つのメニュー

・博報堂エクスベリエンスデザイン

・(財)博報児童教育振興会
次代を担う子どもたちの「豊な人間性育成」の実現を目指して活動
を続けています

・こどもごころ製作所
・エンゲージメントリング

・共創型ビジネスワークショップHOW
参加者がヴィジョンを共に創り上げるワークショッププログラムです

・ジーポイントネットワーク
ショッピングでおトクなポイントがたまる!丸い、電子マネー、ポイントに使えます。

○博報堂大学(HAKUHODO UNIV.)
博報堂は「人が資産」との思想のもと、これまでも人材育成には大きな力を注いできました。そして、それをさらに高めていくことを目的に、企業内大学「HAKUHODO UNIV.(通称:博報堂大学)」を社長直轄組織として、2005年4月1日に設置・開校しました。
 

◆フィロソフィー
○あいさつ
○生活者発想
○パートナー主義
○ミッション
 

◆博報堂のビジネス
○プランニングうえい-エンゲージメンントリング
○博報堂のソリューション
・企業コミュニケーション領域
・マーケティング領域
・社会テーマ領域
・手法&ナレッジ
○クリエイティブ
○メディア&コンテンツ
 

◆生活者データベース
博報堂の発想の原点は、「生活者発想」です。
誰よりも生活者をよく知る企業として、さまざまな側面から生活者を研究し、生活者と企業の橋渡しとして活動しています。
このコーナーでは、これまで博報堂が発表した「生活者関連」のデータなどについてまとめてご紹介致しています。
 

 

◇読売広告社







 


◆ネットワーク

◆グループ
○読広クロスコム
○読広アドライン
○デベロップジャパン
デジタル技術を駆使し、集客から販売までの不動産販売促進業務をワンストップで受託するITソリューション会社
○(財)ハイライフ研究所
内閣府所轄。今後のライフスタイルについて、主に生活者の観点から調査研究、および成果の普及啓蒙を図る。
 

 

◇大広
    A志援-創客人財.com

 

大広は 内外の新聞、雑誌、ラジオ、テレビ及び屋外、交通 、映画、ダイレクトメール、パブリック・リレーションズその他の宣伝広告の取扱う。2000年3月世界有数の広告会社IPGと包括的業務提携、同グループが世界で展開しえいる海外ネットワーク網と協働してクライアントサービスの一ランク向上と強化を目指した実績を上げている。
 

◇博報堂DYメディア
パートナーズ

    
総合メディア事業会社

  



















   

◆事業スキーム
博報堂DYメディアパートナーズは、グループのメディア・コンテンツビジネスを担い、3つの広告会社と連携して、広告主、媒体社、コンテンツホルダーに対し、最適な課題解決力を提供します。
 

◆ビジネス領域
博報堂DYメディアパートナーズは、メディア・コンテンツビジネス領域において、プラニング、プロデュース、バイイング、トラフィック、ナレッジを 主要な機能として駆使し、コミュニケーション効果を最大化するサービスを提案します

●プランニング
●プロデュース
●バイイング
●トラフィック
●ナレッジ
 

◆統合的課題解決力
博報堂DYグループは、優秀な人材と組織能力、豊富なデータベースやマーケティングツールを武器に、「生活者発想」「パートナー主義」という特徴を活かし、ブランドサービスとメディアサービスを「統合的」に提供しています。

◆メディア/コンテンツ
イベント、映画、映像コンテンツ、等のご案内

 

 

 

 

 

 


□横河ブリッジホールディングス
   (別ページで紹介)







































 

企業連携持株会社。各企業のコアを相互に補完し、総合力で事業展開しようとする新連携事例。

より一層の経営品質の向上とステークホルダーを満足させる企業体を目指して、新生・横河ブリッジホールディングスグループは未来へのスタートを切りました。
グループのブランド力を最大化し、ステークホルダーの皆様により高い満足をご提供できる企業体に成長すること。横河ブリッジホールディングスグループはそんな発想から新体制へ移行しました。
そのためには包括的なビジョンと戦略が求められますが、今後はこうした業務全般を持株会社である横河ブリッジホールディングスが担うことになります。
グループ価値の向上は、各事業会社のベクトルを統合し、最大のパワーを発揮することによって初めて達成されるものと考えます。 

◇横河ブリッジYBC
100年に亘り橋梁事業構築の発展に貢献。そのソリューションがさらに進化し続けるYBC
 
◇横河工事YCC
 
鋼橋業界の現場施工をリードしてきた実績と技術力で新たなステージへと向かうYCC
 
◇横河システム建築YSC
 
機能美の最先端へ。次世代工法=システム建築が切り開く新たな世界を構築するYSC
 
◇楢崎製作所NSS
北の大地で培った環境技術=水処理とインフラ整備で、より一層の進化を遂げるNSS
 
◇横河技術情報YTI
製造、管理から構造解析まで。システム・インテグレーションの未来を開拓するYTI
 
◇横河ニューライフYNL
人材と情報力の未来を形に。「人財」を通じ技術の横河マインドを進化させるYNL
 
◇ワイ・シー・イーYEC
将来に渡って橋梁の安全を見守る保全エンジニアリングのエキスパート集団、それがYCE
 

 

 


■官、独立法人が支援するコラボレーションの推進
 

□情報大航海プロジェクト


情報大航海プロジェクトでは、現在のパソコンによるホームページの中だけのテキスト中心の情報検索ではない、個人の生活、ビジネスなどあらゆる局面で、必要なときに必要な情報を解析できる情報基盤(プラットフォーム)を実現することによって、将来の情報経済社会におけるイノベーション創出環境を確立し、わが国の産業の国際協力の向上などを目指します
 

□未来ICT研究センター


新しい観点から知識の創造とイノベーションを目標に、バイオ、脳、ナノテクノロジー、超伝導や量子など様々な研究を行っています。また、学術的貢献のみならず、当センターのもつ情報通信用材料・デバイス作製技術、様々な計測技術などをベースに、実用化を念頭においた研究開発も関連企業・大学の皆様と協力して進めて行くことを目指しています。

 

□TLO(技術移転機関)を活かす






 

大学等技術移転促進法(TLO法)に基づき、文部科学大臣と経済産業大臣により特定大学技術移転事業(TLO事業)の実施計画の承認認定を受けたTLOが企業に評価される実績を上げ始め、進化のスピードが加速されてきました。
 TLOとは、Technology Licensing Organization(技術移転機関)の略称です。大学の研究者の研究成果を特許化し、それを民間企業等へ技術移転(Technology Licensing)する法人であり、産と学の「仲介役」の役割を果たす組織です。
技術移転により新規事業を創出し、それにより得られた収益の一部を新たな研究資金として大学に還元することで、大学の研究の更なる活性化をもたらすという「知的創造サイクル」の原動力として産学連携の中核をなす組織です。
 

□元気なモノ作り中小企業300社




 

経済産業省中小企業庁で2006年版より情報公開されるようになりました。
中小企業は、高度なモノ作り技術によりわが国産業の国際競争力を
支える経済活力の源泉となっています。また、モノ作りにより地域経済を支えながら内外の市場で活躍する企業、意匠やデザインにより新規分野を開拓している中小企業が日本の活力を生み出しています。
普段は目に触れにくいものの重要な役割を果たしているモノ作り中小企業の姿を、分かりやすく示すことにより、これら中小企業のやる気をいっそう引き出すとともに、若年層を中心にモノ作り分野に対する関心をもつきっかけとなることを願い、経済産業省、中小企業庁は2006年版より公開がはじまり、2007年版に引き続き、2008年版版が出ています。

 

 

 

 

商品一覧