開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

気象環境を事業に活かす

■気象環境を事業に活かす   081101

                                                     
新事業展開時のインフラの進化
>気象環境を事業に活かす







地球環境が安定期から不安定期へ変化がはじまり、気象環境が事業環境の影響要素
となり始め、過去の異常気象が普通気象になる危機管理として予知し活かす時期が
近づいてきました。
住む場所の選択があなたの未来指標になる確率が高い。「まさかの坂」が近づく兆候が
全国各地で見える化されてきました。

特に食料と整備のしくみが遅れた周囲の環境への影響度が大きくなってきました。


◎関連情報
 「環境に関する活動内容から学ぶ」
 

 
更新 2010.10.23

     ↓クリック                  ↓クリック

□日本気象協会JWA




















 

設立後50数年にわたり、気象情報の提供及び、気象や海象、環境、防災、河川・砂防などに係る調査コンサルティングを通じて、皆様の快適な日常生活や緊急時の安全確保の支援、産業活動の発展や環境の保全に貢献。情報通信技術の発展に伴い、気象情報の見せ方や提供方法に大きな変革が見られ、JWAは総合気象予測モデルやこれをベースにしたコンテンツを背景に新規市場へも積極的に事業を展開

◆革新的営農情報支援システムてん蔵
営農Web「てん蔵」は、農業に特化した情報を提供する有償サービスです。
地域の詳細の天気予報はもちろんのこと、作物の生育予測、病害虫発生予測など、農業試験場・普及センターの研究成果を併せて提供しています。
水田や畑の位置情報をもとに、地域を特定して、農家の皆様の個人専用ページ(ID、パスワード識別)をカレンダー形式で表示します。
注意報・警報などの緊急情報、農協・普及センター等かたのお知らせ、重要情報等をメールで通知します。
農家の皆様・農協・普及センター等の共有活用により、必要情報の一元化とコミュニティ形成・活用が可能です。

◎気象庁所管公益法人ではなくなりました
2009.10.01 内閣総理大臣から一般財団法人への移動認可。「一般財団法人日本気象協会」になりました。

気象加工情報のような国民全員が平等の共有できる官が「民営化」する弊害が近未来に発生する時期が近づきました。
大資本投資高金額支払量優位の時代今よりも拡大時代に入りました。関係する中小企業は、利用価格が高止まりする前の短期・中期内で、固定客価格の現状維持にする緊急価格固定化長期契約を推奨します。
 

□気象庁
 


気象庁は的確な気象情報を提供することによって、自然災害の軽減、国民生活の向上、交通安全の確保、産業の発展などを実現することを任務としています。また、世界でも先進的な気象機関として、気象業務に関する国際協力も行っています。

 

□道路の気象情報







 

国道管理情報も気象庁との連携システムづくりの段階にはいつてきました。
国土交通省中部地方整備局との共同により、新MICOSを活用した道路気象情報システムを開発し運用開始しました。本システムは、中部地方整備局道路情報システムにおけるセンサ系情報の処理を集約したもので、MICOS気象情報と中部地方整備局が保有するセンサ情報を融合して道路に特化した予測情報を作成し、道路管理への活用と道路利用者への情報共有を図っています。

漏水確率の高い自動車の起動部分が電気化、デジタル制御基盤が主流に変わる時代、ケーブルの傷、露出、熱での被覆、蓄電池の過電圧等従来より進化精密化はひ弱なものへ変わります。従来より、道路のより精度の高い近くの今の天気予報が、あなたの生命の危機管理に必要になります。
 

□音羽電機工業


 


「雷」ソリューション企業の一つ。21世紀はアナログ型機械優位時代からデジタル型電気優位の時代へ移行がはじまり、電気による制御機能を「雷」等の超過電流で一種で破壊する危機管理が自動車のような固定型でないものまで優位に変わる徴候があり、「雷」ソリューションの急速な進化が急がれる次代がきています。

人の怠け心、楽をする煩悩を再点検して、精度に関係が少ない、人が操作する半自動のアナログ機能優位のシンプル型機械の必要性の再選別選択を「雷」が警鐘しているのかもしれません。
 


□気象学関連情報


 

・気象学関連サイト ・気象学用語集 ・地学教育 ・日本学術会議

 

 

 


■参照情報

「日本で実現可能になってきたプロジェクト」 解決のためのトリガー 

 

商品一覧