開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

触媒の進化

■触媒の進化



                                                                 

新事業展開時のインフラの進化
>触媒の進化





        ↓クリック
「日本で実現可能になってきたプロジェクト」 解決のためのトリガー 

 

 

 触媒は化学反応を促進させる機能材料・機能製品であり、化学工業はじめと
する各産業において多種多様な触媒が使用されています。
触媒は物質の合成、エネルギー、環境などの応用分野に利用され、重要な
役割を果たしています。近年は、特に環境分野において伸長がまざましくい。
多面的にわたる用途先産業において、触媒が今後ますます大きな役割を
果たしていくことが期待される。    日刊工業新聞 2008.10.27

 

                                                   数量 トン 金額 百万円    前年比%  

      区    分 

 項目

  2007/2006

 2007

 2006

 

 



 

 

 

 

 

 





 水素化処理用
 (含重油脱硫)

生産量
出荷量
出荷金額 

        86 %
        81
        82

    14,166
    13,839
    21,041

    16,563
    17,060
    25,794

 

 その他石油精製用

生産量
出荷量
出荷金額

      118
      117
      130

    34,721
    34,280
    10,160

    39,393
    29,251
      7,817

 

  石油化学製品製造用

 生産量
出荷量
出荷金額

      108
      104
      119

    18,819
    16,854
    66,349

    17,395
    16,217
    55,530

 

  高分子重合用

 生産量
出荷量
出荷金額

      102
      102
      106

    17,061
    16,426
    22,247

    16,700
    16,183
    20,971

 

  油脂加工用

 生産量
出荷量
出荷金額

      121
      102
      172

        537
        635
        984

        444
        624
        572

 

  医薬・食品製造用

 生産量
出荷量
出荷金額

      108
      112
      132 

        149
        154
      1,081

        138
        137
         820

 

  その他工業用
 (無機、雰囲気ガス等)

 生産量
出荷量
出荷金額

      100
      102
      127

      2,056
      2,123
      4,451

      2,057
      2,039
      4,114

 

    小計

 生産量
出荷量
出荷金額

      106
      103
      109

    87,509
    84,311
  126,318

    82,690
    81,511
  115,617

 

環境保全用

   自動車排ガス浄化用

生産量
出荷量
出荷金額

      100
      102
      127

    15,688
    18,062
  362,318

    15,644
    17,647
  284,754

 

   その他環境保全用

生産量
出荷量
出荷金額

      118
      120
      116

     7,339
     7,469
    14,081

      6,198
      6,203
    12,168

 

     小計

生産量
出荷量
出荷金額

      105
      107
      127

    23,027
    25,531
    376,611

    21,842
    23,850
  296,924

 

      触媒合計

生産量
出荷量
出荷金額

      106
      104
      122

   110,536
   109,842
   502,929

  104,532
  105,361
  412,541

 





更新 2008.11.01

   ↓クリック                            ↓クリック

 ◇触媒工業協会










 

1965年わが国で触媒を製造する企業及び触媒関連資材を生産する企業、ならびにそれらの販売に携わる企業により、健全な発展促進を目的として設立。環境・エネルギー分野での重要な役割発揮し始めました。

環境・エネルギー分野での重要な役割発揮し始めました。
環境分野の伸びが目立ち、07年出荷額は、初の5000億円台になりました。
触媒は化学反応を促進させる機能材料・機能製品であり、化学工業をはじめとする各産業において多種多様な触媒が使用されています。触媒は物質の合成、
エネルギー、環境などの応用分野で利用され、重要な役割を果たしています。
近年特に環境分野においての伸長がまざましい。多方面にわたる用途先産業において、触媒が今後ますます大きな役割をしていくことが期待されています。

 

 ◇触媒学会












 

触媒学会は触媒の最新情報を交換する場として1958年に設立されました。会員数は2,500名を超え学界、官界および産業界が一体となった開かれた活動を繰り広げています。

日常生活用品のほとんどが触媒反応を利用して作られているからです。現在重要な産業である石油精製、石油化学、ガス精製、食品、ファインケミカルズ、バイオケミカ
ルにおいて触媒は反応の促進という重要な役割をになっているのです。
また、人類の未来には解決しなければならない問題が山積みされています。限りある資源・エネルギー、環境汚染問題、食糧問題、ガン・エイズの難病等数えるときりがありません。これらの問題の解決には触媒は不可欠です。
触媒学会は触媒の最新情報を交換する場として1958年に設立されました。会員数は2,500名を超え学界、官界および産業界が一体となった開かれた活動を繰り広げ
ています。

 

 ◇触媒化学研究センター
  北海道大学





























 

触媒化学研究センターは1989(平成元)年設置2007(平成19)年改組 触媒ターゲットアセンブリ、触媒基礎研究部7研究部となりました。触媒元素・分子のナノ・ミクロ集積・集合化学の研究を積極的に進め、資源高度利用触媒、環境触媒、バイオ利用触媒、燃料電池・電極触媒、光触媒、有機合成触媒など多くの挙げてきました。

触媒化学は化学工業の基幹技術で、様々な産業、社会分野において重要な役割を担うものです。最近は地球温暖化などの環境問題が深刻化するのに伴い、経済発展と自然環境保全が両立した社会、つまり「持続可能な社会」の実現に向けて触媒化学と技術の発展がいっそう望まれるようになってきました。

触媒を利用し自然に調和した物質合成、エネルギー生産のプロセスが強く求められています。
これには、自然が営むサイクルと協働する触媒プロセスが必要であり、また自然サイクルの英知を触媒プロセスに取り込むことが重要です。
少環境負荷、省・効率エネルギーといつた対策以上に、実質的に二酸化炭素の発生を抑制し、消滅する学術・技術基盤が必要になってきています。

触媒化学研究センターは、触媒反応過程に深く踏み込んで、その情報を基に新しい触媒を生み出すための触媒元素・分子のナノ・ミクロ集積・集合化学の研究を積極的に進め、資源高度利用触媒、環境触媒、バイオ利用触媒、燃料電池・電極触媒、光触媒、有機合成触媒など多くの挙げてきました。これからはより組織的に、連携的に研究を遂行する必要になるため、現在の組織形体である触媒分野に新しいコア化学を生み出す目的で7研究部門体制の触媒基礎研究部を機軸とした科学・技術のイノベーションを目指した自立集合型の研究クラスターからなる触媒ターゲット研究アセンブリ組織は多くの新しい協同効果を生みつつあります。これをさたに発展
させ、「持続的な社会」の実現に向けた触媒科学と技術のダイナミックな知の集合と組織化を図るとともに、全国共同利用機能を高め、グローバルCEO(触媒が先導する物質科学イノベーション」の核研究機関として先進研究に基づく高度教育を担い、また世界の触媒研究機関の
リーダーとしての役割を果たすことを目指しています

 

 

 

 

商品一覧