開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

農業資材・農業関連システムの進化

■農業資材・農業関連システムの進化081102

 新事業展開時のインフラの進化>農村資材・農業関連システムの進化





        ↓クリック
「日本で実現可能になってきたプロジェクト」 解決のためのトリガー 

 



農業をしくみ、システム化するための農業用機器、農業用資材、農業用ソフトの進化の現状

 
◎関連情報

「日本農業機械化協会」
日本農業機械化協会は、農業の機械化、施設化に関する業務を行う団体として
民法第34条に基づき農業若しくは農業機械・施設に関係ある団体及び企業を
会員として昭和32年に社団法人として設立され、農業の変遷、農政の動きに対応
しつつ、農業機械、施設ニーズの先取りを行い優良な農業機械、施設の普及および
導入の指導、農作業事故防止のための安全対策の推進、国際技術協力やこれらに
関する新機械の現地おける実演研究会、調査研究の実施等農業機械化の促進に
資する広範な業務を実施しています。


「日本農業機械工業会」
(社)日本農業機械工業会(日農工)は、農業用機械器具工業の合理化の促進を
通じてその振興を図り、併せて農業の健全な発展に寄与するため、次の諸活動を
行っています。

1.業界基盤の強化対策
農業機械産業の振興並びに農業機械化の推進等に関し、政府に対して必要な
事項の建議・要請を行うとともに政府の施策の推進に協力しています。 
消費者からの相談・苦情の対応、展示会・博覧会への出展協力を行っています

2.技術対策
新製品の開発等の支援をするため、公的試験研究機関等の農業関連研究成果
について調査するとともに、機械の高性能化や新製品の開発・実用化の施策に
協力しています。農業機械の部品等の規格化を図るほか、型式検査、安全鑑定等
の推進に協力しています。

3.安全・環境対策
安全及び環境問題に関する内外の情勢・資料を収集し、提供しているほか、
安全使用技術の周知啓蒙、廃棄物対策などの調査研究を行っています。

4.車両対策
小型特殊自動車の型式認定申請書類の指導及び研究会の開催の他、小型特殊
自動車の型式認定申請手続きを代行しています。
排ガス規制への対応、リコール対策の円滑な推進などにも努めています。

5.流通・整備対策
農業機械の整備・修理体制の強化について検討するとともに、本体・部品流通の
合理化等を推進しています。

6.貿易振興対策
海外の市場動向の調査、情報の収集と提供等の充実を図るほか、発展途上国への
技術協力等を推進しています。

7.その他
会報誌「ひまわり」の発行(年4回)しています。
農業機械の生産・出荷、輸出・輸入及び内需動向等に関する資料の収集、分析、
提供を行っています。
機械工業関係団体及び農業機械関係団体等との連携・協力を行っています。

 

 

更新 2010.07.07

            ↓クリック                      ↓クリック  



■収穫量を増やす大量な高品質土壌を準備する。
 
◎水耕栽培、養液栽培、人工培土には限界があります。
農業法人の中堅・大企業が創業時「土」は重要テーマの一つです。
 

□スガノ農機(土を考えよう)




 

私たちは農機具の開発・製造・販売を通じて、日本の農業の在り方を見つめ続けてきました。その代表的な例が、「土」へのこだわりです。作物をつくるための基盤である土と、その土を耕す農機具が、農業経営に携わる全ての皆さんに、この切っても切れない関係を再認識して頂き、化学的な土壌改良に頼らず、健全な作物を育成。増収や安定収入の道を歩んでほしいという重要なテーマを持って、この事業に取り組んでいます。

 

□ヴェルデ
 土:ヴェルデナイト









 

ヴェルデが開発したヴェルデナイトは、保水性を持つ水ごけ「ピートモス」に保肥性のある粘土「モンモリトナイト」をコーティング。
化学物質を用いておらず、LEDや蛍光灯の光を当てることで無農薬の有機栽培が行える。
水耕栽培で発生しやすい発がん性物質生成の原因物資とされる硝酸態窒素濃度の上昇を「大幅に抑えられる」(田野島社長)という。                                          2007.03.06  日刊工業新聞2003.9 「新事業創出促進法」認定(農林水産省)

○事業内容
・育苗天然培土「ミステイオ」の製造、販売
・土壌環境改善資材「ガイア」の製造、販売
・屋上緑化、航空緑化の施工法の開発
・酸性雨による耕作不能地の修復及び回復
・砂漠の緑化
 

 

 


■収穫量を増やす根にやさしい水の大量安定供給を準備する。

 

□多自然テクノワークス

 植物工場、養殖栽培漁業
















 

◎多自然テクノワークスは環境改善のキーワード「水環境の復元」を通して人の活動と自然環境の調和をめざし企業活動をしています。

2008年農水省も経産省が 「農商工連携」を口にしています。2007年12月に開催されたSTAFF[(社)農林水産先端技術産業振興センター]主催の「農林水産分野におけるマイクロバブルの利用シンポジウム」に参加して感じている事は、環境問題をクリアした農林水産業の活性化を急ぐという強いSTAFFの決意です。
「最大産業-農業」の活性はそのまま「地域活性」の根幹です。
環境問題・エネルギー資源の制約・経済構造のグローバル化など社会を取りまくさまざまな要因は世界規模の事です。これらを克服して、日本の望ましい成長を考える時、実効力のある新技術をベースに改革を急がねばなりません。過去において、経産省が農業問題の事を云う事はあまりありませんでした。

しかし、理工系の技術進展が農水産分野の発展に非常に大きな影響を与える所まで来たという事です。それと、市場流通に適さなく棄てられる農産物の食品加工への開発など、昨年STAFF関係の高官が「ナノ・マイクロバブル新技術は近い将来、農業・水産・食品加工業の基幹技術になり得る。そして世界をリードできる技術である」と言っておられた事が、この新年からどんどん具体化していく空気を強く感じています。

世界のトップレベルを走る日本独自のナノ・マイクロバブル新技術は水環境と世界の農林水産加工業をリードするパワーを秘めています。
 

□クボタシーアイ






 

◎農業用新地下水位制御システムFOEAS(フォイアス)を開発

クボタシーアイの前身である(株)クボタ合成管事業部とシーアイ化成(株)管工機材事業部は、管路設計に関する豊富な経験と技術力を駆使して、これまで3万点をゆうに越えるの製品を生みだしてまいりました。
その間、水道、下水道、農水、建築設備、電力通信、ガス導管分野へとどんどん活躍の場を拡大。これからもパイプシステムのプランニングからエンジニアリングまでを含めたトータルプランナーとして多様なニーズに対応できるようプラスチックの可能性を追求しています
 

 

 


■広大な農場を、工場をシステム管理する技術の進化
 

□フィールドモニタリング
研究チーム















 

(独)農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センターのフィールドモニタリング研究チームでは

●フィールドサーバに関するハード及びソフト技術の研究開発

●フィールドにおける環境,作物生育状況,作業・加工工程,生態などをモニタリングするための計測手法及びアプリケーションの研究開発

フィールドサーバーで構築した高機能なワイアレス・センサーネットワーク
・計測Webサーバー内蔵(フィールドサーバー・エンジン)・多数のセンサを接続可能(気温、湿度、日射量、CO2濃度等)
・外部機器を遠隔操作
・風速を3次元で計測
・パワーLED照明
・赤外線撮影機能付カメラ
・太陽電池等

農場から食卓なでのモニタリングのプロセスが体系化できてきました。
 

□富士通ネッテワークサービス事業部


































 


◎ホームページではまだ紹介されていません。

環境モニタリングシステム「センサーネットワークソリューション」無線センサーモジュールを活用した環境情報の見える化を提供しています。人や機械の安定稼動、作物の生育環境把握等、限りあるエネルギー資源を有効活用するための情報取得に役立ちます。
・事業所・工場・ビルでの利用
・農業分野での利用
植物工場、養殖栽培漁業の総合管理する部分的なシステムはすでにあります。


データも現場でシステム化して固有の管理システム構築できるフレームワークの段階です。

2008.9のパンフレットから引用

「センサーネットワークによる土の中と農業を
見える化農業ナレッジマネジメントプラットフォーム」

 
特長
1.農業生産の経験やノウハウ(暗黙知)を可視化して、農業経営や生産を支援する
2.農業センサ及び各種周辺ツールを全て結び付けて、次世代IT農業インフラを構築する
3.分析/マイニング技術により各事象や状態から予測し、
適切なアドバイスを実施

概要
「農業生産者が誇る生産技術をどのように次世代生産者に継承するか」はわが国の重要産業である農業の経営者が抱えている重要な課題の一つです。農業ナレッジマネジメントプラットフォームは、農業生産者の経験など生産ノウハウ(暗黙知)を映像、文字等多くの非地に利用できるよう可視化(形式知)するナレッジマネジメント支援技術と、営農で正確な判断に必要な農場の気温、土壌水分、土壌肥料成分、生育状態、作業状況などセンシングする技術を組み合わせ、この課題を解決します。

想定される利用シーン
農業法人でのトータルマネジメント
点在する多くの農場に多種、多様のセンサを設置して、データ(気温、土壌水分、土壌成分、生育状態、作業状況など)を収集・蓄積、これがベテラン生産者の経験やノウハウと結びるけ過去の類似事例、将来的にはマーケット情報や流通システムと連携します。

 

 

 


■関連情報
 

□ビジョンバイオ(食品検査センター)






 

農林水産省受託実績検査機関。 食と環境の安心・安全をテーマに食品や原料の検査・分析・鑑定を行う研究開発型の企業です。

食と環境を通じて、健康で安心できる社会に貢献することをミッションとし、ライフスタイル提案型企業として、様々な製品やサービスを提供する研究開発型のベンチャー企業です。特に食品遺伝子検査に強みを持ち、お米のDNA品種判別検査では、官公庁ではトップクラスの受託実績を持ち、独自の食品遺伝子検査技術を用いて、試薬の販売も手がけています。

○事業内容
食品遺伝子検査、食品理化学検査、食品衛生検査、試薬・分析装置製造販売、
遺伝子解析受託研究
 

□太陽化学


 

健康を通して豊な生活文化を考える

太陽化学は伝統的な天然素材から最先端のナノサイエンスを駆使した新規素材まで幅広く食材を取り扱うとともに、研究開発型企業として無限の可能性を秘めた機能性食材素材の創造に取り組んでいます。
 

□中央農業総合研究
センター




















 

 ↓クリック
(独)農業・食品産業技術総合研究機構に所属し、

本州中央地域(関東・東海・北陸)の農業発展のため、多くの専門分野を結集
した総合研究を展開し、新たな米政策に対応した水田の高度利用や地域バイオマスの有効利用など、新技術体系の開発を行います。また、新技術開発の基盤
となる専門研究や土壌肥料、病害虫・雑草防除など環境保全型農業生産の
ための専門研究を行っています。

そのために、行政、農業関係団体、国公立研究機関、大学、民間、海外研究
機関などと連携、協力しながら研究を進めます。

◎役立つ情報
       
↓クリック
○研究交流の広場

○担い手プロ(ハーフプロ)

○フィールドサーバ

○ロボット農作業

○育成品種、種子について生産販売や入手先

○農薬ナビ判定サーバシステム
 

□食品需給研究センター













 

社団法人食品需給研究センター(略称「需給センター」)は、昭和42年(1967年)4月に食料及び食品全般の調査研究を主な事業とする公益法人として発足しました。設立の目的は、食料及び食品の生産、加工、流通、販売及び消費の各分野にわたり、時代のニーズに応えるさまざまな課題について調査研究を行い、これにかかわる産業の発展、振興を図るとともに、このことを通じて国民生活の向上に寄与することです。この目的を達成するため、需給センターは、農林水産省をはじめ国の機関、都道府県、市町村並びに関係団体や民間企業のご依頼とご協力により、調査研究を実施しています。

需給センターが行っている調査研究は、次に示すような分野にわたっています。
また、その対象品目は、青果物、畜産物、水産物、加工食品のほか、飲料、酒類、花き、飼料等に及んでいます。需給センターでは、これらの分野におけるそれぞれの課題について実態把握と分析・実証等を行い、解決策を提案します。
最近の数年間における活動実績については、
プロジェクト実績のページをご覧下さい。

 

 

 

 ■調達コストを試算基準価格例
事業環境変化に応じて自社の価格取引条件を交渉するときロット小口の価格基準は、継続的な中堅大企業メーカー中堅大企業商社がグループ関係する企業を参考とするのも一方法です。
 

 ◇日本農業システム
 オンラインショップ

●商品一覧

●農業資材
●農薬
●液肥・単肥
●農機
●包装資材
●作業用品
●水道機材
●書籍
●園芸&食品加工機 




















 

 

□アイアグリ株式会社が運営
◆会社概要

主要株主
伊藤忠商事(株) 玉造 和男
住友化学(株)

農家を「応援し」「元気にし」「創ること」を通じて、農業に関する総合支援事業の実現を目指す企業です。様々な柵の残るこの農業業界で、新たな枠組みを作り、常にお客様の満足を追及することを掲げ「農家の店しんしん」を立ち上げて20余年が過ぎました。時代がもとめる農業ニーズに応え、要求される農家需要を満たし、進行する農業改革に応える店、それが「農家の店しんしん」です。店舗におけるお客様との接点を通じ、未来の農業を農家と共に考えていきます。
 

◆「農家の店しんしん」とは
農家構造の変化に伴う生産規模の拡大や縮小、新規就農者の増加、担い手政策、農産物流通の変化や海外農産物の流入など、農業を取巻く環境は更に変化が進むことでしょう。

農家の店しんしんでは、農家の皆様がそれらの変化に対処できるよう、農業政策や栽培技術情報、農薬・肥料に関する情報など様々な情報を発信いたします。

50,000点余の商品データベースにより、お客様の要望に合った商品を探し出します。
店頭に無い商品でもお取り寄せいたします。

誰もが知っている汎用資材、大量に使用する消費材、永く使い続けたい道具・機械、知る人ぞ知る専門商品。農家の店しんしんでは、様々なニーズに応えるために、汎用品から専門商品までを取り揃え、農家の皆様の来店をお待ちしております。
 

◆店舗案内

◆アイアグリオリジナル商品

 

 □農材ドットコム


















































 ◎商品の直接販売は行っていません。調達項目を探すとき役立つサイトです。

直接「農業資材取扱店検索」と直接交渉になります。

メーカーや代理店の方々には無料又は低コストで新商品や既存商品のアピールの場としてご活用頂けるものと考えております。
運営は公平性をもって取り組んでおります。 

◆会社案内 

◆農業関連記事
 

◆情報掲載
農材ドットコムは農業経営者ならびに農業関係に従事されておられる方を対象にした「農業資材紹介サイト」です現在、プロの農業経営者はもちろん、農業資材取扱店、農業に関係する公的機関、学生など幅広い層の方々が来訪されております。
御社の製品を幅広く且つ低コストでご紹介出来る場としてご活用下さい。
 

◆農業資材取扱店(全国)
 

●ハウス被覆資材
 農ビ・農PO・ペットフィルム・サクビ・フッソ・ポリカ波板

●その他の被覆資材
農ポリ・シルバーポリ・マルチ・シルバー・生分解・果樹マルチ

●遮光資材
遮光ネット・シート・寒冷紗・不織布タイプ・遮光塗料

●防虫・防獣資材
防虫網・防鳥防獣ネット・忌避材・電撃殺虫器・防蛾・電気牧柵

●温室メーカー・ハウス部品
屋根型ハウス・鋼管・パッカー・ハウス部品・温室エアシールド

●温室機器
ハウス暖房機・農事用換気扇・サイド換気・制御盤

●栽培環境機器
LED光源(発光ダイオード)・グロースチャンバー

●防除資材・土壌消毒
 防除機器・防除運搬・噴口・蒸気消毒・熱水消毒

●潅水資材
ホース・チューブ灌水・点滴・頭上灌水・ろ過器フィルター

●支柱・線材
樹脂被覆鋼管・FRP支柱・樹脂線・鋼線・樹脂被覆線

●播種・育苗資材
ホース・チューブ灌水・点滴・頭上灌水・ろ過器フィルター

●養液栽培
 養液栽培メーカー・人工培地・防根透水・底面給水マット

●作物別栽培資材
花ネット・いちご資材・誘引具・キュウリ用・トマト・ナス用

●測定機器
 温度・地温計・水分測定器・PH測定・EC測定・糖度計

●農具・運搬包装梱包
運搬機器・農具・手袋・結束機・包装資材(テープ/紐/刃物)

●肥料・土壌改良剤
 有機肥料・無機肥料・液肥・葉面散布剤

 

 

 

 
■アグリビジネスに必要な植物病理学の進化

植物病理学の進化は、日本のアグリビジネスの拡大をするとき企業人多くの未知の分野の智慧を活かすことが、危機管理テーマの一つです。 日本の植物臨床医、技術士農業部門植物保護士は資格者は微小で、他業界から取り残された分野です。中大規模農業法人を展開するとき進化が急がれる分野です。

我々人類は文明の急速な進歩とともに、豊かな消費資材に囲まれた便利で快適な生活を送れるようになった。しかしそれと引き換えに資源の枯渇という切実な問題を考えねばならなくなった。特に今世紀初頭には世界の人口は約60億、2050年には80億を突破する勢いである。一方で食糧生産の増加率は鈍り、人口増加率の半分にも満たない。このまま行けば確実に食糧難がやってくる。また、世界の食糧生産のうちその三分の一は病虫害や雑草害によって失われている。特に病害による損失はその三分の一以上にもなり、全食糧可能生産量の12%にも達すると推定されている。これは年間8億人以上の人口を養える量である。この危機的な状況を克服するためには、植物を病気から守り、治療する研究を推進する必要がある。                                                                     植物病理学研究室より抜粋 
 

◇植物病理学研究室
 

東京大学大学院農学生命科学研究科生産環境生物学専攻植物病理学研究室では、健康な植物の生育は植物を病気から守り、治療する研究を推進する必要があります。日本のアグリビジネスの拡大をするとき企業人多くの未知の分野の智慧を活かすことが、危機管理テーマの一つです。
 

◇植物医科学研究室

東京大学植物医科学研究室は植物医師の養成と植物病院の制度確立を目指しています。
 

◇資源生物創成学研究室

東京大学大学院新領域創成科学研究科先端生命科学専攻資源生成創成学分野では植物ウイルス等の微生物と、それらの宿主や媒介者である植物および昆虫との相互作用を分子レベルで明らかにし、病原微生物の病原性の機構、宿主決定の機構および遺伝子発現機構の解明を目指しています。
 

◇日本植物病理学会

日本植物病理学会は、植物病理学の進歩と普及をはかることを目的として、1917年に創設されました。 現在, 外国会員を含めて約1850名の会員によって組織されています。アグリビジネスの成長を維持発展するための影の大切な分野で、進化の加速を待望しています。
 

◇日本樹木医会

樹木医は、天然記念物のゆな巨樹・名木から街路樹や庭木などの身近な樹木まで、傷んだり病気になった樹木の診断と樹勢回復、さたには樹病の予防や後継樹の、保護育成などに携わる専門化です。
 

◇日本緑化センター

 

日本緑化センターは、昭和48年(1973年)9月、経済界をはじめ、林業、農業、造園建設業、緑化樹木生産業など民間各界が中心となり農林水産・建設・通商産業の三省と関係方面の協力により設立されました。事業の内容は、環境緑化に関する提言、緑化に関する総合的な調査研究、緑化技術の開発、情報の収集・提供、緑化思想等の普及啓発など幅広い分野にわたっており、その成果は各方面から高く評価されています。
 

◇池田理化


 

池田理化は、バイオサイエンス分野の研究・開発支援を事業の柱に、バイオサイエンス関連機器および試薬、分析機器、光学機器、汎用実験・研究機器および消耗品、実験設備の販売、汎用理化学機器、農学関連機器設計・販売を手がける、科学機器専門の商社です。東京大学植物医科学研究室寄贈講座シンポジュウムとして植物医師・植物医科学をテーマに開催しました
 

 

 


■気象環境を事業に活かす

地球環境が安定期から不安定期へ変化がはじまり、気象環境が事業環境の影響要素となり始め、危機管理として予知し活かす時期が近づいてきました。特に食料への影響度が大きくなってきました。
 

 

 

 
■プロジェクトに連携する建設土木関連   

   ・東亜建設工業  ・横河ブリッジホールディングス  ・竹中工務店  ・日プラNIPPRA
  ・テクノシステム建築協会   ・建築土木関連団体

 

 


■リース利用の判断
  

競合他社に勝ち残るためには、技術変化、競合他社と拮抗できるための総合的先行投資の継続が重要な要素になってきました。
各社は事業展開時、資産流動化を資金有効活用要素として戦略的検討項目の一つになってきました。現在は 企業の94%がリースを利用しています。民間設備投資の1割を担うリース産業は、企業経営、日本経済の発展に欠かせない存在に成長してきました。
その中で、シクミシステム、設備等資産に関する投資のウエイトは高い。
投資採算計算の中で、資金調達に関する諸要件として技術進化の激しい時代、多種多様なリースを上手に利用する事が勝ち残り戦略の一つになってきました。

   
◆JA三井リース

   
◆共成レンテム
  

 

 

 

 

商品一覧