開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

新事業展開時のインフラの進化

■新事業展開時のインフラの進化   081104

A志援人材人財の価値基準>新事業展開時のインフラの進化



 

日本国に世界から富を導く新事業・プロジェクトを実現する目的でインフラを
最適整備するときに連携の役割ができ、活かせる進化固有技術を持ち、さらに進化確率が高い組織群

 

更新 2011.11.12 
     

◇琵琶湖再生実現への
具体事例
    



 

琵琶湖を最大のモデルとし、地域の湖水、ため池等の再生を実現する具体策の進化

●浜名湖浄化技術実証実験一覧表
浜名湖浄化技術実証実験」は平成17年度までにすべて終了しました。
本事業は「実証試験」であり、実験装置等は環境の現状復帰を原則とし、すべて撤去されています。

●参考
茨城県科学技術振興財団
◎霞ヶ浦水質浄化プロジェクト事業
霞ヶ浦水質浄化プロジェクト事業は、2010(平成22)年3月末をもって終了いたしました。
  これまでの当プロジェクトへの御理解、御協力ありがとうございました
 

◇温度制御の探求




 

植物、動物、鉱物、人・モノ環境生成時の温度コントロールでアウトプットの品質に格差が生じます。人間の男女でさえ、母体の温度で変わります。付加価値プロジェクトの場合、温度制御は重要な要素です。

●温度制御に関する考え方
温度制御に関する考え方、基本原理を理解すると応用展開の創造のトリガーになります。  
 


◇農業資材・農業関連
システムの進化

 

農業をしくみ、システム化するための農業用機器、農業用資材、農業用ソフトの進化の現状
 

◇触媒の進化
 

環境・エネルギー分野で触媒が重要な役割を果たし、ますます各分野での進化が顕著になってきました。各業界で、新事業に活かす応用開発が始まりました。
 

◇気象環境を事業に活かす
 

地球環境が安定期から不安定期へ変化がはじまり、気象環境が事業環境の影響要素となり始め、危機管理として予知し活かす時期が近づいてきました。特に食料への影響度が大きくなってきました。
 

◇「新連携」型企業事例

 企業分割では、世界、国内の競合他社より常に優位を維持する進化が遅れる可能性があり、経営戦略企業を核として複合機能を持つ企業グループとして顧客を共有化しながら進化する「新連携」型ビジネスモデルが成長をはじめてきました。

◇プロジェクトに連携する建設土木関連


 

 設備投資しプロジエクトをスタートするとき連携する建設土木関連の事例

●東亜建設工業
●竹中工務店
●日プラNIPPURA
●横河ブリッジホールディングス
●建設土木関連団体

 

◇農業法人の中堅大企業の
待望

 

 日本国に世界の商品相場に対応できる生産者型の中堅大企業の早期成長を待望しています。世界標準を越える調達・物流、販路開拓する中堅・大企業は既にせいちょうしてきています。遅れているのは生産規模が脆弱な現状であり、食料自給国家になれない真因の一つです。
 

◇食と健康業界の変化




















 

 業界研究事例 食の業界は、「安心・安全」追求、物流の進化、日本国内の世界最低レベル自給率から国際的な輸入環境の変化により、農業生産のハイテク化工場化が国家的戦略となり始めてきた。研究段階から起業段階へすすむスピードが加速されてきている。その変化情報を整理し、事業として役立つ情報を揃えます。
●現在の食業界の本流を先導する企業
◆食業界向上推進団体
◆食業界推進基盤企業
◆厨房設計・施工関係
◆食業界発展を支える企業
◆食業界厨房業界発展先導企業
◆物流調達機能と事業展開との整合化(食が主流)
◆冷凍商品製造業の進化

○食料自給への対応
◆情報(植物工場)
◆団体・研究所(植物工場)
◆企業(植物工場)

◆情報(栽培・養殖漁業)
◆団体・研究所(栽培・養殖漁業)
◆企業(栽培・養殖漁業)

○健康維持再生復元モデル

○農業関係専門情報


 

◇若い最先端知識人で地域の知恵を進化

























 

日本の食料自給を実現するために基本素養、実戦の智慧を体得した実務人財の輩出を待望しています。

食料自給体質にするためには、地域の食品産業の業種業態バラバラの我の経営から、「もちつもたれつ」の日本人の遺伝子に組みこなれた農耕民族の本質に目覚めて若い過去の捉われない若いエネルギーと最先端の知識を活かし、現在の地域の本流の知恵を世界に比肩できる200%以上の体質カイゼンが必要です。「いきものづくり」の成長は、地域の就業者数を増加できます。地域から海外へ逃げる(進出する)「ものづくり」業界は就業者数を加速度減少させ、若い世代を都市圏へ移動させる最適な業界であることに気づき、どの年齢(子供から老人まで)も年齢にふさわしい存在価値のある行動が必要な「いきものづくり」に気づく時です。TPPは、財政逼迫の国から、地域が資金を大量に調達できる千載一隅の時です。黒字企業を多数輩出させ、先行投資資金を、短期で回収し地域、日本国の財政再建の布石を打てるチャンスの時です。地域の高度な最先端の知識、組織、しくみを活かすことができる若い世代の、持続的に儲かる就業インフラを構築の重点集中投資の時です。大金を大量分割し、ばらまき、100円の投資が、短期でゼロになり、何もない、ばらまきを常に待つ人の数を倍増させるより、大金が10倍以上で、一定期間で現金回収と利益の累積ができるようにするときです。地域の机上の人、間接型の人は残し、行動をする55%以上を動かし始めることを急ぐときです。

世界に比肩して日本で採算が合うために、「経営の視点」から比べて学び、連携し、総合力の発揮が必要な時期がきています。
個々の大学の固有のテーマと、共有すべきノウハウ、世界の最先端情報の集約さらた機関から学ぶ時期がきています。

◎最先端、世界に比肩できる可能性の高い若い専門
人財候補が育つています。
従来の人海戦術方式から、しくみシステム化へ変わらないと世界に比肩できない時期の推進人材です。
 

◇新製品・新事業開発のための情報







 
 

新製品・新事業開発のための情報を観える化し、自社検討時の発想の枠を拡げる情報を重点まとめます。

21世紀着実に市場を拡大するインフラに関わる事業

●日本の産業企業の成長過程
儲かる企業、黒字体質企業、世界に比肩する企業、固有技術で黒字の中小企業には、儲かる、黒字体質になるプラス領域を維持できる、日常の事業展開の中にプラス方向のベクトル量を多くするなにかよいとこの量が多きてめです。その具体的方向を、自社ふさわしく、要素機能を修正し最適化して、儲かる黒字体質企業に変る。
環境、想定以上、天変地異を理由に赤字原因を正当化する他力本願行動を断ち、中小企業が適正規模内なら、地域の力を追い風に活かすと短期で黒字化できるしくみシステム、人組みができる確率が高くなっています。
 

 

カテゴリ一覧
琵琶湖再生実現への具体事例
琵琶湖を最大のモデルとし、地域の湖水、ため池等の再生を実現する具体策の進化
植物工場2012
2011年は市場成長段階に入り事業規模にミクロな固有適応が必要条件です。2010年は加速度的に全国で参入企業、行政支援の加速度的増加。2009年政府の政策支援が始まり、市場参入企業増加が始まる。本格的2008年植物工場の市場化実績ができきました。2007年紹介企業のさらなる進化と補完して観ると自社で何をすべきか新事業計画が具体化し易くなってきました。
栽培養殖漁業2012
栽培養殖漁業のしくみシステムの進化により市場成長段階に入ってきました。植物工場の情報と別コンテンツにしました。
農業法人の中堅大企業の待望
日本国に世界の商品相場に対応できる生産者型の中堅大企業の早期成長を待望しています。世界標準を越える調達・物流、販路開拓する中堅・大企業は既にせいちょうしてきています。遅れているのは生産規模が脆弱な現状であり、食料自給国家になれない真因の一つです。
「食と健康業界の変化」
食の業界は、「安心・安全」追求、物流の進化、、日本国内の自給率を高め、海外から完全封鎖されても生き残る食のしくみの構築と国際的な輸入環境の変化により、農業生産のハイテク化工場化が国家的戦略となり始めてきた。研究段階から起業参入段階へすすむスピードが加速されてきている。2011.3.11の福島原発事故による日本の安全安心神話が崩れた今、TPPの世界の戦略的外圧にいかに対応して再生復元するか
「新連携」型企業事例
企業分割では、世界、国内の競合他社より常に優位を維持する進化が遅れる可能性があり、経営戦略企業を核として複合機能を持つ企業グループとして顧客を共有化しながら進化する「新連携」型ビジネスモデルが成長をはじめてきました。
プロジェクトに連携する建設土木関連
設備投資しプロジエクトをスタートするとき連携する建設土木関連の事例
製造に関する次代への進化
製造段階で必要なテーマで機能開発時の進化が企業の違いの微差が大差になる次代への進化を探すことが重要です。
農業資材・農業関連システムの進化
農業をしくみ、システム化するための農業用機器、農業用資材、農業用ソフトの進化の現状
物流調達機能と事業展開との整合化
物流調達を戦略的に機能発揮させ、全体の事業展開の中に整合化して組み込むことが、第3の利益源となり、競合他社に勝ち残る突破口の一つになります。
触媒の進化
環境・エネルギー分野で触媒が重要な役割を果たし、ますます各分野での進化が顕著になってきました。各業界で、新事業に活かす応用開発が始まりました。
気象環境を事業に活かす
地球環境が安定期から不安定期へ変化がはじまり、気象環境が事業環境の影響要素となり始め、危機管理として予知し活かす時期が近づいてきました。特に食料への影響度が大きくなってきました。
温度制御の探求
植物、動物、鉱物、人・モノ環境生成時の温度コントロールでアウトプットの品質に格差が生じます。人間の男女でさえ、母体の温度で変わります。付加価値プロジェクトの場合、温度制御は重要な要素です。
新事業実現期間短縮技術の進化
新事業実現期間短縮のための技術の進化を知り、実績から組み立てた実現のためのしくみシステムインフラを最新化し実現期間を短縮