開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

気象学関連情報

■気象学関連情報      081101

 気象環境を事業に活かす>気象学関連情報







 

・気象学関連サイト ・気象学用語集  ・地学教育 ・日本学術会議




更新 2010.09.05

         ↓クリック                          ↓クリック



□気象学関連サイト
 

○道路の気象情報

 


漏水確率の高い自動車の起動部分が電気化、デジタル制御基盤が主流に変わる時代、ケーブルの傷、露出、熱での被覆、蓄電池の過電圧等従来より進化精密化はひ弱なものへ変わります。従来より、道路のより精度の高い近くの今の気象情報が、あなたの生命の危機管理に必要になります。
 

○音羽電機工業


 


「雷」ソリューション企業の一つ。21世紀はアナログ型機械優位時代からデジタル型電気優位の時代へ移行がはじまり、電気による制御機能を「雷」等の超過電流で一種で破壊する危機管理が自動車のような固定型でないものまで優位に変わる徴候があり、「雷」ソリューションの急速な進化が急がれる次代がきています。
 

◇関連学会









 

◆日本学術会議  

水文・水資源学会

日本海洋学会

日本雪氷学会

◆日本大気電気学会

◆日本地学教育学会

◆日本地質学会

日本地理学会

地球惑星科学連合   刊行物

◆国立情報学研究所Academic Society HomeVillage

海洋気象学会
日本気象学会
日本火山学会

 

◇気象情報・衛生画像







 

日本気象協会・防災気象情報サービス (tenki.jp)

Weather Eye
2006.10.01 CRC総合研究所は伊藤忠テクノサイエンスと合併し、伊藤忠テクノソリューションズになりました
 

(財)気象業務支援センター

CyberWeatherWorld(ウエザーニューズ)
(株)ウェザーニューズがウェブサイト上で提供する気象コンテンツは、気象学的解析に基づくものです。
 

(財)日本気象協会

高知大学気象情報頁

東北大学大気海洋センター JAIDAS

デジタル台風:台風画像と台風情報(国立情報学研究所 情報・システム研究機構
◆気象庁気象衛星センター(ひまわりの運用)

 

◇関係機関・研究所
















 

気象庁
  
気象研究所
 

国立環境研究所
  
・地球環境研究センター
 

国立極地研究所

産業技術総合研究所

防災科学技術研究所

農業環境技術研究所

森林総合研究所

東北農業研究センター

海上保安庁海洋情報部

宇宙航空研究開発機構
  
地球観測センター
 

海洋研究開発機構
 
地球環境フロンティア研究センター
 
地球環境観測研究センター
 
地球シミュレータセンター
 

気象環境教育センター(NPO)

地球流体電脳倶楽部

◆東京大学大気海洋研究所
◆東京大学気候システム研究センター
◆東京大学地震研究所
◆日本海洋データーセンター
◆(独)理化学研究所
◆総合地球環境学研究所(大学共同利用機関法人)
阿嘉島臨海研究所
高輝度光科学研究センター
港湾空港技術研究所
 

 


○その他








 

 ◆e-気象台
学校教育のIT化を熱心に推進している岐阜県教育委員会の協力を得て岐阜気象台では、ITを活用した地域気象教育プロジェクト「e−気象台」を実施しています。
 

科学技術 全て伝えます サイエンスポータル
運営 (独)科学技術振興機構
 

◆朝日新聞サイエンスニュース(asahi.com科学)

◆毎日新聞サイエンスニュース(毎日jpサイエンス)

◆読売新聞科学ニュース(YOMIURI ONLINE 科学)

◆科学のおすすめ本
 

◆売れ筋ブックランキング
・ジュンク堂
・e-hon(トーハン)
 

 


□気象学用語集
 (日本気象学会で公開資料)
気象学用語集は気象学において用いられる用語を広く採録したものです。気象関係の本や論文に現れる用語をできるだけ網羅するという目的なので,物理・化学・数学・海洋・雪氷などの気象学に関連する用語も含んでいます。主として用語(日本語)と英語の関係を示しています。従って和訳や英訳の辞書として使うことがもっとも一般的な使い方です。この目的のため,できるだけ使いやすいようにいろいろと工夫しています。また多くの用語が採録されているので,本や事典のキーワードを選び出す際の参考にもなります。Webで提供していくメリットを生かして,新しい用語もなるべく早く取り入れるつもりです。
「用語集」,「略語集」,「使用において注意を要する用語」は現在作成中ですので,使えません。
 

◇用語集の説明

◆気象用語集とその使い方

◆基本用語集についてpdf

 

◇基本用語集






 

大学教養教育程度以下の用語です。約1000語が採録されています。
 

◆和英
参照したい用語の頭文字をクリックしてください。その頭文字から始まる用語がすべて表示されますので,該当の用語をたどって下さい。
 

◆英和
参照したい英語用語の頭文字をクリックしてください。その頭文字から始まる英語用語がすべて表示されますので,該当の英語用語をたどって下さい。

 

◇用語集

現在作成中 (2008.11.01から)

◇略語

現在作成中(2008.11.01から)

◇別表



 

◆熱帯低気圧の分類

風力階級

◆雪の結晶の分類

単位について

気象学でよく用いられる定数表

 


◇使用において注意を
要する用語

 

 現在作成中(2008.11.01から)


 □地学教育・日本学術会議
 

 ◇日本地学教育学会







 

日本地学教育学会は,地学教育の振興および地学の普及をはかることを目的として, 1948(昭和23)年5月に日本地学教育研究会として創立され,1961(昭和36)年,名称を学会と改め現在に至っています。

1946(昭和21)年春,日本学術振興会に「地学教育研究小委員会」が設置され,新制高校における地学教育の実状調査,生徒の自然観の調査などが実施されたが,昭和23年にいたり小委員会の継続が困難となったため,これに変わる研究機関として本会は発足しました。

 

◇日本学術会議










 

日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信の下、行政、産業及び国民生活に科学を反映、浸透させることを目的として、昭和24年(1949年)1月、内閣総理大臣の所轄の下、政府から独立して職務を行う「特別の機関」として設立されました。職務は、以下の2つです。

●科学に関する重要事項を審議し、その実現をはかること
●科学に関する研究の連絡を図り、その能率を向上させる

日本学術会議は、我が国の人文・社会科学、自然科学の全分野の約82万人の科学者を内外に代表する機関であり、210人の会員と約2000人の連携会員によって職務が担われています。
日本学術会議の役割は、主にT政策提言、科学に関する審議、U科学者コミュニティーの連携、V科学に関する国際交流、W社会とのコミュニケーションです。
日本学術会議には、総会、役員(会長と3人の副会長)、幹事会、3つの部(人文、生命、理工)、4つの機能別委員会
(選考、科学者、科学と社会、国際)、30の学術分野別の委員会、臨時の課題別委員会、及び事務局が置かれています
 

 

商品一覧