開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

業務高品質高効率生産性へ変える原理

■業務高品質高効率生産性へ変える原理 081023

自分が変わる原理>業務高品質高効率生産性へ変える原理


 

◎業務高品質高効率生産性へ変える原理

個人の業務遂行労働生産性の格差は日常の行動を高効率的高品質高成功(業績貢献)のための超一流
の武器(ツールしくみシステム)を探し続け、活かすことです。
ただし、全社で与えられたシステムを活かしきることは「普通のレベル」で徹底的活用することは当然です。

個人でカイゼンした武器を次々と全社的なシステムに組み込む提案をし、採用されると個人レベルの貢献から
大規模な業務のカイゼンにより高い業績貢献が始まります。
時間生産性が上がり、周囲が早くなると、与えられた問題解決法(ソリューション)の成功確率が上がり、個人は
更に未知の全社懸案の問題解決業務に挑戦する機会が開けてきます。さらに自己成長の善循環トリガーになります。


臨床確信検証
1.会社のシステムしくみは徹底的にその構築者から原理基本応用全てを日常活用しながら体得吸収する。

2.実戦していると次の「カイゼンテーマ」が浮かんできます。その解決策を提案すると個人のカイゼン提案は 
直接関係ある上司・役員陣の「次代のしくみシステムカイゼン」の中に組み込まれるようになり、「会社のシステム」は
役員陣総意で決定決断した内容になります。

3.全て提案した個人本人の評価ではなく、上司・役員陣がカイゼンした評価となります。本人は上司からの評価は
期待できません。全社的カイゼン成果が出た場合、逆実績により「保留され、時間がかかり未知の解決困難なテーマ
ばかりがまかされ解決する矢面人財になり成功は上司の評価、十分機能しない責任個人にさせられる、上司役員に
都合のよい人財になります。「本人は 傍が楽になる仕事」を目指しいるために、先行型全社的カイゼンを担当する機会
が増えてきます。本人の創意工夫が、想定以上のスピード実現し、高金額投資テーマでさえ実現できるようになります。

役員陣も個人の存在に気づきはじめる場合がありますが、役員は決定内容を全社徹底させる前面に立つ都合上、
個人の評価はしません。逆に思惑が外れうまくいかない責任が発生した時だけ個人は矢面に立たされる場合が
あります。ただし、マイナス面を恐れてはいけません。成功量が多くなり、傍が楽に、個人はさらに業務処理スピードが上がりますので満足量の方が増幅してきます。

超一流人財の役員がいる企業なら四面楚歌の中でさえ、個人を評価し、常に影で多面的支援をしてくれます。
(私は幸運にも働いた2業種で各1名づつ故人である恩師に会うことができ、専門性を深く、総合性を広くできました。)

「20世紀型中小企業」の場合は99%以上の確率で評価されないのが日本的常識です。評価は期待してもムダです。

組織制御人財の評価が変わると「黄金人財」として評価されますが、まだ、日本では時間がかかります。


4.カイゼンが済んだ会社のしくみシステムをカイゼン後さらに上手に活用できる人財「特に提案した本人」が最大の
時間生産性を上げることが出来るようになります。さらに複雑なテーマへチャレンジできる機会が開けます。
その満足感が次のカイゼンの起爆剤になります。

5.新入社員時代から継続的に提案し、採用される量が増加してきますと、上司よりも価値判断が高くなり、そのままの
提案内容をさらに役員決裁のために加筆修正し成功確率を上げる支援をするようになります。その加筆ポイントを吸収
体得した以降は、そのまま決裁印と支援コメントを追加しただけで、役員社長に90%以上採用する段階に入ります。
拠点長の問題解決業務案を提案するとそのままの内容で衆知徹底と、業務協力への支援がもらえるようになり、
周囲の協力度が高くなり個人の時間生産性はさらに上がります。
(本人一人ではできない広い影響と浸透スピードがアップしてきます。会社全体での貢献は使用前使用後の違いが
本人ならわかる程度のチェンジがでた実績がわかるようになります。同類のテーマなプロセスの体系化ができています
ので1/2以下の期間で実現できるようになります。)

6.営業の場合は、過去に前例のない(役員も含め)高価格の成約した時の企画書提案書を共有化しておくと、周囲の
人の多くが事例をまね修正して成約確率があがる体制になりはじめます。 フレームプロセスは自分で構築したもので
あるため、他の人の枝葉の業種業態規模での事例が豊富に吸収でき、さらに本人は洗練した高度な企画書に進化させて、さらに成約確率はアップしてきます。本人(個人)成長は善循環をはじめ、さらに成長を加速してきます。

7.いつも「カイゼンテーマを複数」頭に描いているため、情報に関する感度は鋭敏に先鋭になり始め、気づき、連想の量が増大してきたことがわかるようになります。懸案テーマに応じて武器探しの能力は加速度的に向上してきます。
情報洪水の中での付加価値のあるものがどれか具体的に観えてくるようになります。


原理遂行のための必要行動
1.超一流の武器(ツール、しくみ、システム)探しについて
可能な機会を生かし、今より優れたもので、個人でシュミレーションできるものは個人で購入し活用する。
先行型のものは会社に期待せずに、まず自己(個人)への先行投資をして実行しその武器を活かしきれば、現状が
よい方へ変化をはじめます。個人で、自宅の時間で内容、プロセスを徹底継続してください。45歳までは日常の
健康コントロール、時間の強弱をつけ、身体破壊の限界意識すれば専心できます。45歳を越えると、熟睡睡眠時間
のリズムづくりが平常心のために重要です。50歳を越えると定年まで滅私奉公すると、高血圧の限界点、評価は役員
拠点長後輩のものになるため、会社の人事考課の点数を計算しながら、常に高い点数が出るように行動のコントロール
と他の人に、その業務を渡す方式に切り替え、定年後年金の金額を計算に入れ、厚生年金を多く払う(将来の先行
天引き方式)収入段階を高くすることも計算に入れることが重要です。会社への期待はムダです。自力本願方式。
必ず個人先行投資分の回収ができます。

武器の導入運用に関して会社に期待しなくても、時代の本流が変わり、時期がくれば経営幹部の数が要望してくれ、
導入してくれます。その時から会社活用のチャンスとして臨床済みのまだ普及していない具体的提案をしその時の最善なものを導入させ、個人は最適に活用すればよい。

会社で具体化する時、必ず導入メンバーの一人、最初に活用し活かしきる機会に遭遇する不思議さを体験するように
なります。

提案タイミングが世の中より速すぎると「会社決裁は下りれば儲けもの」ですが現実は私の変化に気づき自らの案と
して提案した複数上司が、決裁段階で「ノー」となり、挫折、結局は「健康破壊、不満をもって」退社してしまいました。

その決裁「ノー」の役員が時代が変われば現在の推進者群です。どの企業も速すぎることは個人の実戦範囲に留めておくことが賢明です。時が味方になりチャンスは必ずきます。待つこです。「どの時代でもひまわりのように本流で活躍する秘訣です。」 本流に常にいなければ実現量も少なく、できない不満が増幅し、マイナス発想型で復元でき難い体質になります。人の評価より「傍を楽にする」ことを実戦すれば、人財群が増殖します。組織内での業務は多面的にでき
ます。仕事の実現の喜びに気づけるようになります。


A志援のサイト特に会員サイトで、探し求めた多くのテーマの中で、体験した都度更新します。
さらに良いものを探して、全社で業務カイゼンに活かしてください。


 

2.自社にふさわしい業務カイゼンの武器探しのための価値判断を養い、全社で採用されるための
日常行動


(1)1日の会社の時間の時間生産性の無限のカイゼン継続、仮説を立て習慣化し定期的にカイゼン工夫を付加
する。業務完了後1時間業務に関連する自部門、全社の共有情報、業績評価の高い先人の資料データを読破
する。
(2)人財幹部、役員の出勤日は、朝2時間前に出勤する。(出張、直行以外は可能なら常時の方がよい)
人財幹部、役員は、1時間前に出勤し、その日の必要業務を先行でしているので、業務の重要度ランクを学ぶ
機会となり、量の多いものがカイゼンのヒントになります。人財候補の同僚若手も早く出勤するので、連携の
キー人材として整合するときの日常の価値判断がわかってきます。
(3)自宅で平日は2時間から3時間専門度を深める自己啓発、業務遂行時間短縮の目的で、効率化精度を上げる
個人データベースをつくり、成功体験を体系化汎用化整理し、活用できるしくみシステムをつくる。
継続的に判断に必要な資料、数値、顧客管理のデータを蓄積する。
(4)上司からの業務は要求された内容の本質、展開をよく聴き、中間報告で内容整合修正し、常にプラスαの個人の
カイゼンを加えて、期限の2日前までに提出する。
自宅の個人データベースを活かす。全社のものは平均レベルの内容が多く、情報量、精度が不足している場合が
多い。その精度、価値判断レベルを日常の時間でチェックし不足を補完する目的で個人データベースを創る。

(5)全社研修会、全社会議等で、各拠点の業績貢献度の高い幹部、役員から、日常価値判断に迷う内容を重点
に聴きまくる。その人に役立つプラスαの情報を既に知って別っている場合でも、提供し話すと、更にプラスαの情報を教えてもらえる場合が多い。また何が必要かわかってくると、そのテーマを準備して話すと、未知の情報提供量が増えてきて、ある段階から、日常連絡が来る機会がふえてきます。

(6)全社の最新、最先端の情報源を持つ部門人財に問題解決の関連資料の依頼、アドバイスをもらえるように
人間関係を創る。全社的に役立つ可能性のある情報を入手した場合は、ダブルことを恐れず送る。情報源の
価値判断の欠落部分が解るとその部分を重点の協力すると感謝される頻度が増えてくる。

(7)自分のカイゼンが全社のしくみシステムに組み込まれた場合、上手に活用する人財の一人に常になり、他の周囲
の活用状況、なぜ活かさない、活かせないのか問題点を業務のついでに時々確認してたり、聴いてみて把握する。
さらにより多くの人が活かすためのカイゼンができます。


 
 



 ◎「多くの検索エンジンから個別に探す方法」だけでなく 「A志援のサイト」
    を活かす。!


A志援のサイトコンテンツを組み合わせ、最新の精度の高い詳細情報、集中型
時間生産性アップを目指しています。

さらに自分流のデータベースの構築をお奨めします。





更新  2009.12.10

          ↓クリック                                    ↓クリック


□業務カイゼンのための帳票のテンプレートの内容がシンプルで高品質な安心事例

「まとめる」ための支援ルーツ

 

◆テンプレートBANK
 

 

□国際航業
   
 

  
ユーザーが自由に360°視点を「動かせ
 る」新しい動画。背景を仮想空間化自在
 に創ることが可能な時代がはじまりまし
 た。
 

国際航業は360°moveはユーザーが視点を自由に「動かせる」新しい動画サービスがは事業を角川デジックスと提携し開始。今までに無い映像コンテンツの提供が可能となりました。コア・テクノロジーの活動領域は、大地と海洋のカタチや表情のありのままを、様々な視点からとらえ情報化することです。この空間情報から、都市、道路、国土の整備・利用・保全、環境や防災、そして公共サービスの電子化など、魅力あふれる製品やサービスを提供します。

 

□ビジネスデータの可視化
 ダッシュボード発想事例

経営判断支援ツール










 


◆マクニカ

◎MyB3Smartシリーズ(経営ダッシュボード)

 意思決定のスピードは、企業経営にとって、重要な要素となってきています。日々刻々と変化する会社の状況を常に把握し、迅速な判断をするためには、情報が集約された経営ダッシュボードが必要不可欠です。
今日の企業では、様々なシステム化が進み、統合基幹業務システム(ERP)、顧客情報管理システム(CRM)、営業支援システム(SFA)など膨大な情報が蓄積されています。その情報をリアルタイムで表示する表示板を「ダッシュボード」として定義付け、特に経営に必要な情報が集約されたものを本Webサイトでは「経営ダッシュボード」と表現しています。

◆アテネコンピュータシステム
 
ビジネスデータの可視化が経営者や管理者の意思決定の成功確率を高め、確信決断を速めるためにプラスになる戦術の一つです

様々な情報をすばやく、ダッシュボード、パーソナルレポートシステムに直感的に作成してビジュアル化、Web上で情報共有するツールを提供しています。

◎マクニカのパートナー企業の一つ
 


□ビジネスデータの可視化
「コールセンター」「営業現場」の経営判断
に必要な情報をシンプル型見える化ができるしくみシステム


経営判断支援ツール
 

富士通中部システムズ
「コールセンター」「営業現場」で活用できるASP/SaaS型統合CRMアプリケーションが進化してきました。スピーディで適確なお客様対応力を構築できるCRMate(シーアールメイト)とお客様の声の経営活用を支援する見える化サービスパッケージ
 

□「デジタルブック」による、最新製品カタログの提供。

新規、固定客化営業支援ツール












 


◆コトブキ企画

印刷の専門企業が21世紀型進化させ、ローコスト化可能な「デジタルブック」を提供。
ソフト会社とは異質な、日常行動の中にカイゼンを追求し続ける中小企業 
 pdfファイルの応用商品で、汎用性が高い。
 

◆PFU
信頼性の高い実績のある戦術を変える技術事例

紙情報をスキャナーで直接 pdf化電子文書に変換し
電子文書のデータや電子データをデジタルバインダに綴じ、デジタルキャビネットに保管。ドキュメントを閲覧する際には、紙をめくる感覚の「パラパラめくり」で閲覧が可能です。

Web上での「デジタルブック」の機能もオプションであります。
ただし、先行投資費用と対効果の検討が必要です。

企業規模、社員数が多い場合は、一貫したシステムが揃っているため、総合的な「カイゼン」ができます。

 

 


□経営の視点からITをシクミシステムに組み込む事例














 


ITがツールから事業展開の経営羅針盤としての機能活用がはじまりました。

アイアイジェイ テクノロジーIIJ-Tech
業界をリードする企業のIT戦略、革新的サービスで企業を強力にサポートするITパートナー「IIJ-Tech」
国内最高レベルのネットワークインフラ、システム構築スキル、システム運用ノウハウ。これらを有機的に融合したサービスは、大手金融機関、官公庁を始めとする公共機関の高信頼のシステム構築・運用や、大規模ECサイトの迅速なビジネス立上げなどに貢献。

◆三枝協
移動体通信、衛星マイクロ波通信、IT分野のサポートエンジニアリングサービスが事業の主体。
ナレッジマネジメントを浸透させて新ビジネスモデルを構築。

「Optimization-Ware」とビジネスモデルについて
1.「PBTワークショップ」と呼ぶ、問題解決を通じて会社・知恵を高度化する場
2.「Cyber Manual」と呼ぶ、会社の情報、ノウハウを集積したソフトウエア・システム
3.「Beyond the Coreアプローチ」と呼ぶ、新規ビジネス開発手法

が一体化した、ワークグループ・サポート・システム
 


□ナレッジ活用のためのテキ
ストマイニング

















 


◆テキストマイニング TRUE TELLER
野村総合研究所NRIがコンサルタント活動情報の共有化、業務の生産性向上のために構築したナレッジ活用のためのテキストマイニング。システム化し企業への導入支援のための専門ビジネスインテリジェント事業部が活動しています。


◆サンブリッジ KXEN Analytic Framework
  

データマイニングの左脳型分析方式から解析プロセス高度なアルゴリズムにより、プロセスはブラックボックスですが、その解析結果を活かし、左脳右脳併用(勘)で決断できる、実務者決裁者向けデータマイニングオートメーションソフトウエアが実用化されました。行動の最後の決断時、右脳が約20%左右するために、過去のデータの累積に依存する左脳型データマイニングに限界があり、成功確率は100%にはなりません。もしなると仮定したら、最初から事業は予定通り大成功し富は、投資能力と相関がでるはずです。しかし、机上(仮想)と現実(実戦)とまだ現在では乖離する場合があります。実務家は、速い決断、行動をしながら修正すれば、着実に成功確率は、現在より向上できます。

◆数理システム

●データマイニングソリューション

数理科学は、現代科学が直面するさまざまな課題を解決する手段として、その応用分野を広げています。当社は、数理科学全般にわたる広範な専門知識とITの最新技術を駆使しながら、今後も多方面でいまだ克服されていない種々の問題解決に挑んでいます。
 


□CRMに求められるアプリケーションをオンデマンド(ASP・SaaS)で提供
 


◆セールスフォース・ドットコム

 
セールスフォース・ドットコムは営業支援(SFA)、マーケティング支援、顧客へのサービスサポート、必要な情報の収集・分析など、CRMに求められるアプリケーションをオンデマンド(ASP・SaaS)で提供しています。ご要望に応じたカスタマイズをスピーディに実現する柔軟なシステムを提供しています。

Googleとの機能連携が始まりました。
 


□Googleとコラボレーションして
日本市場の業務改革がはじまりました。

















 


Googleの総機能をSaaS方式でコラボレーションすると企業の業務改革が段階的進化がはじまります。

◆富士ソフト
 
「FUJISOFT×Google」
この新たなコラボレーションから生まれた「Google Apps Premier Edition」が次世代のビジネススタイルを指し示します。
管理に費やす手間とコストを大幅に削減する次世代型コラボレーションツール

事例
社員数1,000人と想定した場合

●銀行システム(メール、グループウエア)の運用コスト 約5,000万円/年

●この方式SaaS(メール、グループウエ)を導入した場合の運用コスト  約2,000万円

イニシャル費用込みで3年間を比較すると約9,000万円削減効果があります。

SaaS方式のため進化の速いソフトはローコストで最新に変更でき、更新時の時間生産性は短縮できます。
 

 


□(独)情報処理推進機構IPAのオープンソフトウエア

























 


◆情報処理推進機構IPA
 
情報処理推進機構IPAは、情報システムを盤石なものにするための施策を担う中核機関・プロフェッショナル集団として、グローバル化をにらみつつ、情報社会システムの安寧と健全な発展に貢献します。

◆OSS iPideaについて
 オープンソフトウェア・センター全般の活動を通じて蓄積した情報を集約し、インターネットを通じて情報発信を行うための基盤として、オープンソース情報データベース「OSS iPedia(オーエスエス アイペディア)」を、2006年5月15日より
http://ossipedia.ipa.go.jp から一般公開しました。

 OSSを安心して導入するためには、最新の技術情報や事例情報をタイムリーに入手し、先行する事例ノウハウを上手に活用することが大切です。OSS iPediaは、このような情報活用のニーズに応えるためにインターネットを通じた情報登録や、公開を可能とするOSS関連情報のデータベースです。今回の公開は、「性能評価情報」、「導入事例情報」、「ナレッジベース」の3種類のカテゴリから構成されています。

◆オープンソフトウエアセンターについて
当センターは2006年1月の発足以来、情報提供、開発支援、調査研究、実証実験等、様々な方向からオープンソースソフトウェア(OSS)の普及促進に努めてまいりました。
2008年4月、IPAが中期計画の第二期に入るにあたり、さらに“オープンな標準”★を取り入れたソフトウェア普及という新たな活動目標を加え、センター名称を「オープンソフトウェア・センター」と改めることとなりました。
 

◆連携プログラム技術評価制度
 

◆情報集約と発信

・講演資料、発表資料
 

●オープンソース情報データベースOSS iPedia

 

□情報管理Web
(科学技術振興機構)











 

「情報管理Web」サイトは、月刊誌「情報管理」(創刊1958年)のコンテンツ(1996年4月号から最新号まで)を無料で公開するサイトです。
「情報管理」は、情報の整備・流通・活用の各段階に関わる方々が経験と知識や知恵を出し合い、共有するためのステージを提供し、情報の生産から利用の「情報のサイクル」を活性化させることによって、日本の情報科学技術や情報リテラシーの普及・向上を通じて科学技術振興の基盤整備に寄与することを目的としています。

「情報管理」の各記事は独立行政法人科学技術振興機構(JST)の科学技術情報発信・流通総合システムJ-STAGEに登載されています。本サイトからJ-STAGEの持つ検索・閲覧機能、記事更新通知(資料アラート)機能をご利用いただくことができます。

「情報管理」の記事に加え、2007年12月より情報の整備・流通・活用に関するニュースの紹介を始めました。ニュースページにつきましては、2008年3月まで試験的に取り組み、機能のさらに充実を目指しています。
 

□NTTビズリン
    

 

NTTビズリンクは、企業向けデータセンタサービスを提供する会社として2001(平成13)年7月にスタートし、その後NTTフェニックス通信網のテレビ会議多地点接続サービス事業、NTT-MEのデータセンタ事業、ぷららネットワークスのアカウント・アグリゲーションサービス事業の統合により法人向けサービスを更に拡充し、ノントラヒックビジネスを推進するとともに、統合的なICTアウトソーシングビジネスを展開している
 

□大塚商会(IT総合商社)
    
 

オフィスサプライから情報システム構築まで特定のメーカーにとらわれないマルチベンダー対応。コピー、FAX、コンピュータ、サーバ、周辺機器、IP電話、ERP、業種・業務パッケージ、CAD、文書管理、セキュリティなど、オフィスの困ったに幅広く対応できるマルチフィールド対応で、お客様のニーズにお応えしております
 

□インテック
    

 

インテックは1964年の創業以来、一貫して「コンピュータ・ユーティリティ」―― 電気やガス、水道のように、いつでも、どこでも、誰もがコンピュータパワーが使える環境の構築を提唱してきました。モバイル、ブロードバンドの進展、インターネットの爆発的普及、Webの進化など、ユビキタス社会の本格的到来を目の前にして、この概念をさらに発展させ、「IT in all Based on IT」を新たなキーワードとし、ITの活用による付加価値の創造、社会への貢献を目指しています。
 



□最新事例で問題解決突破口探しの窓




 


「A志援-創客人財.com」を活用した企業、団体、大学、行政等の
最新更新情報から問題解決の突破口を探す21世紀型戦術。先人の実際の進化段階を知り、自社の進化の段階との格差を確認すると自社の固有ノウハウ構築と未来事業展開の方向が浮かんできます。
 

□最新企業を取り巻く規制の
変化を知る智慧




























 

○規制を公布する行政へ直接アクセスして、調べる方法
(結果管理)


◆業界関連官公庁ホームページ

 

○規制を草案する協議会の議事録から理解する方法
各団体の規制前の準備情報から調べる方法(先行管理)

◆業界関連団体ホームページ(事例ロジスティック)
その他の団体も、分散して掲載済。同様な発想で自力で情報集約した情報源を探すことができます。

 

○企業に関する規制の地域での適応詳細を知る
地域の経済産業局、商工会議所情報(事例 首都圏)


◆東京・神奈川・埼玉・千葉千葉の情報
 (関東経済産業局も含む) 

◆首都圏商工会議所活動

◆日本商工会議所活動

 

○個人で規制適応の最新情報を知りたい時

◆日本法令
 
 

○個人でテーマに合う書籍を探す場合
書店で並ぶ最新書籍の最新の情報を店頭に並ぶ前に知る智慧
として日本出版販売の「検索」を活用して調べる。(在庫件数は日本でトップクラス)

◆智慧本で成長 

全国の図書館の蔵書の進化支援する「図書館流通センター」が運営するオンライン書店「ビーケーワン」の機能とGoogleの進化した検索機能を上手に活かしてみましょう。


 

 


○人に寄り添う「テクノロジー」
技術の進化
     


























 


作業現場のさまざまな悩みをかいぜんします。まだ生産現場が重点ですが、農業現場、物流関連現場、介護現場等での簡易型活用への進化の加速が必要な分野の一つです。

◆アイコクアルファ の「ラクラクハンド」
 仕事がラクラク「ラクラクハンド」ラクラクハンドは、人の手に追従するフレキシブルなハンドクレーンです。 信頼性、安全性を誇る機種と30,000件以上の豊富なアタッチメント事例にもとづき、作業内容や作業量、システムに合わせて最も効率的なラクラクハンドを製作。 それぞれの仕事に合わせた専用機として移載作業のさまざまな分野で活用され、作業環境の改善と生産ラインシステムの省力化・合理化に大きく貢献しています。

◆IHIの各種マテハン機器・マテハン装置
マテハンとは、マテリアル・ハンドリング(Material Handling)の略称で、一般的には機械による運搬・運搬、荷役作業およびこれらに関する情報システムを意味し、物流業務の効率化のための機械を「マテハン機器」と呼びます。
IHIは、マテハン機器メーカーとして培ったノウハウを基本に、物流のコストダウンを目指したマテハン機器のローコスト化および高い信頼性を追求。それぞれの企業に最適なマテハン機器を、多彩なIHIの技術資源を背景として「お客様最適のマテハン」をご提案いたします。

◆装着型介護支援ロボット(健康と機械)  
国立情報学研究所論文情報ナビゲーター「サイニイ」より
電気通信大学電気通信学研究科機械制御工学 pdf

◆ロボットが優しく抱き上げ介護支援
日経BP技術者情報 2009.09.30より
理化学研究所と東海ゴム工業が設立した理研-東海ゴム人間共存ロボット連携センターは、ベッドから人を抱き上げて車いすに移乗させるといった介護支援を目的としたロボット「RIBA(Robot for Interactive Body Assistance)」を開発した。同センターロボット感覚情報研究チームのチームリーダー向井利春氏は、「こうした介護支援ロボットはアイデアとして提案されていたが、実際に人を移乗させるのに成功したのはこれが初めて」と話す。

◆日装工学の福祉機械
階段昇降機、段差解消機、天井リフトをメインに介護、福祉関連機械を展開。浴室の天井リフト、段差機の埋め込み式、車椅子の昇降機など豊富な施工例


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧