開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

コトブキ企画

■コトブキ企画

業務高品質高効率生産性へ変える原理>コトブキ企画




 
 

◎ローコスト化が可能な「デジタルブック」作成システム
「マイページビュー(My PAGE View) pdfファイルで読まない「資料」から読んで
もらえる「情報」へかえる技術

オプション機能としてすでに開発済み機能
・各ページへの来訪者を解析する「アクセスログ解析」機能
・メモの書き込み機能があります。
・「画像キャプチャリング防止」の機能



●1953年 製版所として創業、写真植字、ワープロ、電子システム化、データ
ベース化。ネットワーク化 Web化
2000(平成12)年 中小企業経営革新支援法に基づく認定を受ける。
XML共同開発センター大阪を立ち上げ、XMLにおけるビジネスモデルを開発

2003(平成15)年Webカタログ「PAGE View」をソリューションとして商品化
       ↓クリック
「My PAGE View」サイトをオープン

印刷に関するWebを活かし、専門性を進化させています。


◎社内の取り組み
「株式会社コトブキ企画」の企業価値向上のため社員が一丸となって取り組んで
いる、各運動についてご紹介します。

●品質管理委員会
小ロット多品種の制作対応を行う上で、トラブルのないワークフローの確立は、
非常に難しいながらも制作を承る会社にとって必須の条件です。
品質管理委員会では、すべての管理職が加わり、メンバー全員が品質改善を
積極的に取り組み、顧客クレーム撲滅を掲げ日々のクレームやトラブルの分析
を行い、明確な対策を取るため、毎月の委員会で討議を行い日々品質向上に
励んでいます。

●改善委員会
「カイゼン」は企業の成長にとって大切な要素です。
改善委員会はQC活動のチーム運動よりさらに視野を広げ営業を含めた多くの視点から、全社員がチームを組んで毎月改善案を提出し、優秀な改善案には
表彰を行うなど改善のモチベーションを常に高く持ち続ける活動を展開して
います。

●資格取得奨励制度

DTP、Webクリエイティブ、システム開発と各分野での技術力の向上のため、資格取得奨励制度を設け、社員の資格取得の意欲を向上させています。
述べ80を超える業界資格取得者が社内にいます。

 

 
更新 2008.10.20

   ↓クリック                                ↓クリック


□コトブキ企画

◆会社概要

◆会社沿革

◆経営理念/社内の取り組み

 

◇システム開発事業

印刷会社にはWeb制作やシステム開発のことがわからない。

Web制作会社やシステム開発会社には印刷のことがわからない。

カタログの発注担当者様、Webサイトの管理者様、編集部のご担当者様。業務効率改善のため、システム化に取り組みたいがどこに頼めばよいかわからない…。

こんなことでお困りではありませんか?




























 

○製品紹介  パッケージソフトウエア販売
コトブキ企画のパッケージ商品は全ての商品がマーケットインの発想で生み出されています。DTP業務・Web業務双方において、まずはクライアントからそして社内からでる改善要望やニーズを解決する為に開発されたものを商品化しております。制作側として必要だからこそ作り、良いと思うからこそ販売する、経験値に裏付けされたパッケージ商品です。

◆デジタルブック作成システムMy PAGE View
総合カタログや各種案内パンフレット、社内報など、ページ印刷物のPDFを冊子と同じイメージ、つまり誰もが見やすい表現で、しかも特殊なアプリケーションに依存することなく閲覧することができるコンテンツビューワーです。
ワンソース・マルチユースをコンセプトに低コストでの情報発信を可能にしました。
My PAGE View制作のための操作はブラウザーを介して誰でもカンタンに行うことができます。内容に応じたインデックスの作成を行うことができ、外部サイトへのリンク、外部サイトから任意のページへのリンクも簡単に行うことができます。また複雑な設定をすることなく全文検索を行うことができる機能を標準で搭載しています。Webカタログ(デジタルブック)作成ツールとして、製造メーカおよび出版社様などからの高い評価は、導入実績が物語っております。

◆表組くんfor InDesign(Win版/Mac版)
 Excelの表組みデータをInDesignのデータへと変換するコンバートツールです。ユーザーが所持しているExcelのデータにできるだけ手をかけることなく任意の印刷用DTPデータへと、カラーや書体情報を付加してスムーズに変換することをコンセプトに開発しました。
大量ページの価格表や仕様書の生産効率を大幅に上げ、編集ミスといった人為的な危険値を大幅に下げる事が出来ます。また、Win版はInDesign上で修正を行った場合でも、Excelデータへと逆変換を行うことができますので、ともすれば複雑になりがちなデータ管理上の問題も編集情報のフィードバックを行うことで解消します。
 

◆ソリューション
・自動組版システム/ドキュメント管理システム
・XML DB構築
・DTPアプリケーションプラグイン開発
 

◆業務事例/開発概要/言語
・業務事例
・開発概要
・言語
・対応組版ソフト
 

 


◇Webサイト構築事業

 

 FLASH機能を活かした事業の紹介

◇グラフィック事業

◆企画デザイン
 様々なクライアントのニーズに応えるため、経験豊富なデザイナーがクライアントと共に考えます。
 

◆DTP編集(組版・データベース組版)

◆CADデータ変換・加工

◆CTP〜オフセット印刷

◆デジタル印刷

◆ポスター出力・パネル加工

◆業務事例

 

 

○デジタルブック作成
システムMy PAGE View



総合カタログや各種案内パンフレット、社内報など、ページ印刷物のPDFを冊子と同じイメージ、つまり誰もが見やすい表現で、しかも特殊なアプリケーションに依存することなく閲覧することができるコンテンツビューワーです。ワンソース・マルチユースをコンセプトに低コストでの情報発信を可能にしました。

My PAGE View制作のための操作はブラウザーを介して誰でもカンタンに行うことができます。内容に応じたインデックスの作成を行うことができ、外部サイトへのリンク、外部サイトから任意のページへのリンクも簡単に行うことができます。

また複雑な設定をすることなく全文検索を行うことができる機能を標準で搭載しています。Webカタログ(デジタルブック)作成ツールとして、製造メーカおよび出版社様などからの高い評価は、導入実績が物語っております。




























 

◆導入事例
 

◆活用ガイド
・総合カタログパンフレットをデジタルカタログとして公開
・冊子を立ち読みバックナンバー掲載などで、デジタルブックとして公開
・フリーペーパーで新たな広告収入源に
・問題集や参考書などの教材にWebカタログとして公開
・お中元お歳暮などの通販カタログに
・社内報や学園報をデジタルパンフレットとして公開
・コールセンターでお問合せ対応に
・会社案内

 

◆サンプル
Web事例が閲覧できます。
 

◆Q&A
 

○基本機能
 

○販売形態

◆システム販売
デジタルブックが自社で作れます
「デジタルブックにして公開したい本やカタログ・パンフレットはたくさんあるが、毎回業者に依頼するのが面倒だし時間もコストもかかる。」そう思ってはいませんか?
My PAGE ViewならPDFから簡単操作で30分もあれば、100ページのデジタルブックもラクラク作成。その操作性が、多くの導入企業様より好評をいただいております。

◆ASPプラン
My PAGE Viewが手軽に、低コストで利用できるASPプラン
サーバーや回線等にかかる初期費用や運用保守費用そして管理やトラブル対応といった専門知識や手間が一切不要

◆受託製作
保有するカタログやPDFデータをデジタルブックにしてみませんか
自社サイトに掲載、展示会でCD-ROMにしての配布など、
4ページのパンフレットから1000ページを超えるカタログまで、高品質と低コストでの受託制作サービスを行っております。
◎CD-ROMでの配布も可能

 

○オプション

◆DRM(デジタル著作権管理)
画像・テキストデータなどのコピーや二次的な不正利用の前に、Webでのデジタルコンテンツ販売などの事業展開が難しいとされてきた出版関連のお客様にも、My PAGE Viewは対応。


◆リアルタイムログ解析「Real Trend」
デジタルブックやカタログに対して、閲覧者が行った操作ログ(=オペレーション・ビュー)を分析する、マーケティングツールです。
Webページのアクセス解析とは異なり、顧客がデジタルブック・カタログ・パンフレットのどこに着目しているのか、どこに興味を持っているのか、それを分析する事や、効果測定を行う事が可能です。
紙媒体では、わかりにくかった顧客ニーズをヒートマップと棒グラフで閲覧者の行動を可視化しました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧