開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

電気・ガス業

■電気・ガス業    081008

業種別定点ベンチマーク素材>電気・ガス



 

営業地域圏内の人口や産業の集中度規模が依存型で、使用量が企業の
存続の価値(コア)業界です。
ライフラインに必要なものであるために供給量のインプットアウトプットの増加源は、お客様の生活に影響度が高い。
ライフライン業界として多く法人団体個人のお客様の支援をきめ細かくして
共に豊になる戦略が重要となります。

地域密着、地域を善循環へ変える時重要なトリガーの役割が使命の業界の一つです。

経営陣の視野、視点のレベルが、戦略格差の大きさと相関関係があります。世界観、地球観、宇宙観型か、自社だけの利益追求型か、地域貢献への投資が 利益を生む源泉であるためことに気づき、未来型の地域の先行投資貢献量の多さを待望できる業界の一つです。行政との緊密な連携が他業界
よりし易い成長過程を持っています。

自社の業種の視点で観ると、競合他社と相対比較できます。特定の企業に
偏重でき難いため、第三者的視点で紹介されています。社会貢献度の高い
ものは、「新連携」として連携する企業として役立つ情報の一つです。


◎CAYV、厨房業界の世界からの参入に勝ち残る開発支援の内容は、何を
この業界に提案し、共に豊になりたい場合の参考になります。


◎送配電網、電気の流れが一変する時期がきました。

電力会社は、新エネルギーの普及への対応が課題になってきました

新興国中国、インドは国家戦略として、新方式に着手。先進国は、現在の送配電網システム
の変革期が近づいてきました。21世紀のビジネスチャンスが生まれきました。

各国の開発競争の段階に入ってきました。システム構築のための実証試験も始まりました。

2009年5月22日に開かれた電気機器関連国際標準化団体「IEC」で日本勢が開発した
110万ボルト級のUHV送変電技術が新たな国際規格に採用されました。まだ世界で実用
例がないが、世界市場への商機が生まれました。実用化コスト競争に入りました。


背景
1.法人、家庭内からの太陽光発電等新エネルギーの普及が進み、送配電網へ流れ込む
 電気の量が増大。
2.電気自動車(EV)が普及すると、従来より短時間で大量の電力が、予測できない時間帯
 に消費される。

発電量と消費量のバランスを把握しにくくなり、エリア別使用量は不均一になり、過剰使用も
発生し、現在のシステムに過電流が発生し、現在の送配電網に異常の発生頻度が高まり、
正常な機能を発揮できない可能性がでてきた。

新しい効率的な送配電としてスマートグリッド、超高圧の送電線等電力インフラの革命的
変化を迎える時代がきました。

スマートグリッドのイメージ

1.電力系統(発電から変電、送配電までのシステム全体)の需給状況に合わせて、太陽光等
 の発電量を抑制
2.太陽光等発電量に合わせて法人、家庭内の電力負荷を制御する(蓄電池機能)

3.法人家庭内に家庭内電力メーターに通信機構や演算機能をもたせた「スマートメーター」を
 取り付けて、蓄電池するか送電するかをコントロールする。

4.家電製品を遠隔操作して省エネにつなげたり、パソコン画面で自宅の家電使用量を閲覧
 することも考えられている。Googleはこのようなことを検討に着手しました。
 スマートグリッドの可能性は、まだ想像できない使い方が将来登場す確率は高い。

5.家庭内コンセントで充電できるEVが普及した際にも、各 家庭が一斉に充電すると電力供給
 量が足りなくなる恐れがある。しかし、スマートメーターが普及すると、地域や家庭ごとの
 充電時間を一括制御することが可能になる。電力会社は発電所の新増設を抑制できる
 ためコスト削減に直結する。

 
 
●関連企業


□送電線や鉄塔     中国企業との価格競争


 ジェイ・パワーシステムズ

住友電気工業と日立電線の合弁  

 ビスキャス

古河電気工業とフジクラの合弁

 エクシム

昭和電線HDと三菱電線工業の合弁

 

 

 


□UHV送変電網形成関連  
 
ガス絶縁開閉装置(GIS)などの主要機器は日欧の技術が双璧

  東芝

 三菱電機


 日本AEパワーシステムズ

日立製作所、富士電機、明電舎の合弁

 

 

 


 シーメンス
  ドイツ 

 アレバ
  フランス

 ABB
  スイス

 

 

 


□送変電機器の絶縁体のための碍子


  日本ガイシ
 

 

 

 

 

 


□スマートグリッド

 
 電力中央研究所
 

 東京工業大学

 


 NEDOが米ニューメキシコ州政府との間で共同研究を行う方向で協議している。
 共同研究には 日立製作所、東芝、三菱電機三菱重工業、パナソニック、シャープ
 京セラ、NTTファシリティーズ、関電工、日本ガイシ、清水建設など参画が想定されている

 日立と東芝は 蓄電池や電力系統網の制御分野
 三菱電機や京セラは 太陽光発電
 関電工は 太陽電池と配電網の連携   

◎構築したノウハウは、日本のものでなくなる可能性は高い。 
 


日本政府は宮古島など沖縄県、鹿児島県の離島10ヶ所程度での試験を通じて、スマートグリッドの構築を検討(例外の少ない実証試験で、本稼動時の継ぎ足し開発が必要な可能性が
高い)

◎例外事項の発生の多い人口密集部での実証試験をしなければ、世界の動きにノウハウの遅れる確率は高い。 国に期待せず、都道府県で先進モデルエリアへ先行投資をするところ
の出現を待望します。
  


 米オバマ政権はスマートグリッドの研究開発に45億ドルを投じる方針を打ち出しており、
欧州委員会の研究プロジェクトの一つに位置づけている。
米ゼネラルエレクトリック(GE)が英国の実証試験に参加するほか、仏アレバは米国北東部でのスマートグリッド構築事業に参画することを表明している。

Googleはスマートメーターを重点にスマートグリッド統合システム応用開発に入りました。
 


中国政府は 2007〜11年の5年間で総額1兆元(約14兆円)を投じて送配電網の拡張を進め、大型発電所を次々と内陸部に建設。世界の智慧を活かし、新システムを想定した実証試験をすすめています。20世紀の方式のリニューアルの必要がなく、最新設備化できる。

◎技術ノウハウは加速度的に高度化してきています。
 

 

 

 

 
□高速電力線通信(PLC)システム 国内市場へ展開が始まりました。
  Power Line Communication
スマートグリッド構築し、すべての法人個人の積算データの今のデータの把握機能はありますが、まだビル工場等のエリアでの微小使用への実用化ですが、進化が待望されます。
大電力線で技術の進化が分水嶺です。
 


  きんでん  関西電力系。

  きんでん関係会社の一つ
  プレミネット
出資 きんでん51% YITAN、
関西電力、パナソニック、マクニカ、アンデス電気

   2006topic

2004年中国「中電飛華通信」で電力線通信へプレミネット・ライコムグループで取り組みはじめました。







 


高速電力線通信(PLC)とは
電力線を 高速データ通信のメディア(通信線)として使用する通信システム。これま電力線にはさまざまな機器が接続されているためにノイズが発生しやすく、汎用性は認めながらも通信網として利用は不適当とされていましたが、YITRAN社が独自開発したスペクトル拡散方式によるデータ通信LSIを使用することで、その問題をクリア。電力線に高周波信号を重畳し、伝送路として通信を行う技術。
1.いつでも、どこでも簡単ネットワークに接続できる
2.マルチメディア対応高速通信(2.5Mpbs〜24Mpbs)を実現
3.安定、確実性、安全性に優れている
4.新たな機器の設置が少なく低いコストではじめられる
5.機器への組み込みで家電製品の監視や制御が簡単にできる。

現在はホテル客室向けSS-PLCインターネットシステム
LAN配線の困難な施設でのネットワークの構築に最適

拡張性は多様
消費電力量の「見える化」の実現可能。
専用Web管理サーバーでの積算データ一括管理
簡易性に設置してネットワーク管理ができる


 


高速PLC実証実験関連情報

  PLC-Jについて
 

「高速電力線通信推進協議会(PLC−J)」はこうしたPLCの実用化を実現することを目的として2003年3月に民間のアライアンスとして設立されました。

 

 

 

 
◎ 再度他社を閲覧したい場合は サイトの左上の
「←戻る」で戻ってください。




更新 2009.04.25
 
       ↓ クリック

     社名

本社

 2008

 市場キーワード

 上場コード

特記事項

 東京電力

東京

  1

 電力。LNG。原子力。火力発電。石油。原発

 9501

 民間電力で世界最大級。ガス事業を拡大。経営効率化が課題

 関西電力  

大阪

  2

 電力。FTTH。関西。ガス。オール電化。原子力。石油。原発

 9503

 原子力発電で先行。大手3社の一角。事故防止に注力

 中部電力

愛知

  3

 電力。LNG。原発

 9502

 全国3位の大手。中部財界の雄。電力、ガスなど本業に注力

 東北電力

宮城

  4

 電力。原子力。LNG。火力発電。石炭。原発

 9506

 

 九州電力

福岡

  5

 電力。九州。原子力。LNG。火力発電。原発

 9508

 

 東京瓦斯

東京

  6

 ガス。燃料電池。LNG。関東。原油、天然ガス開発。天然ガス。環境

 9531

 

 中国電力

広島

  7

 電力。原子力。LNG。火力発電。原発

 9504

 

 大阪瓦斯

大阪

  8

 

 9532

 

 北海道電力

北海道

  9

 電力。原子力。石炭。北海道。原発

 9509

 

 四国電力

香川

  10 

 

 9507

 

 電源開発

東京

  11

 

 9513

 

 北陸電力

富山

  12

 

 9505

 

 東邦瓦斯

愛知

   13

 

 9533

 

 日本原子力発電

東京

   14

 

 

 

 沖縄電力

沖縄

   15

 

 9511

 

 西部瓦斯

福岡

   16

 

 9536

 

 京葉瓦斯

千葉

   17

 

 9539

 

 静岡瓦斯

静岡

   18

 

 9543

 

 君津共同火力

千葉

   19

 

 

 

 広島ガス

広島

   20

 

 9535

 

 北海道瓦斯

北海道

   21

 

 9534

 

 鹿島北共同発電

茨城

   22

 

 

 会社のホームページなし
「鹿島臨海工業地帯」

 鹿島共同火力

茨城

   23

 

 

 

 大多喜ガス

千葉

   24

 

 

 

 北陸瓦斯

新潟

   25

 

 9537

 

 中部瓦斯

愛知

   26

 

 9540

 

 鹿島南共同発電

茨城

   27

 

 

会社のホームページなし 
 「鹿島臨海工業地帯」

 堀川産業

埼玉

   28

 

 

 LPガスの製造販売。ガソリンスタンド経営。

 住友共同電力

愛媛

   29

 

 

 

 東部瓦斯 

東京

   30

 

 

 

 武州瓦斯 

埼玉

   31

 

 

 

 日鉱液化ガス

東京

   32

 

 

 会社のホームページなし
「JOMOグループ会社」

 山口合同ガス

山口

   33

 

 

 

 日本海ガス

富山

   34

 

 

 

 日本瓦斯

鹿児島

   35

 

 8174

 

 東彩ガス 

埼玉

   36

 

 

 

  岡山瓦斯

岡山

   37

 

 

 

 ガスアンドパワーインベストメント

大阪

   38

 

 

 

  千葉ガス

千葉

   39

 

 

 

  北酸

富山

   40

 

 

 

 北九州エル・エヌ・ジー

福岡

   41

 

 

 

 新日本瓦斯

埼玉

   42

 

 9542

 

 ファーストエスコ

東京

   43

 省エネ。火力発電。バイオマス。環境

 9514

 日本初の省エネギー支援サービスESCO

 東日本ガス

茨城

   44

 

 9544

 

 長野都市ガス

長野

   45

 

 

 

 大和ガス

奈良

   46

 

 

 

 新日本ガス

岐阜

   47

 

 

 

 宮崎瓦斯

宮崎

   48

 

 

 

 朝日ガスエナジー

三重

   49

 

 

 旧朝日瓦斯

 高松産業

福岡

   50

 

 

 会社のホームページなし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品一覧