開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

先人の智慧「企業の博物館史料館」

■先人の智慧「企業の博物館 史料館」   20080930

TOP >カテゴリー一覧>先人の智慧「企業の博物館 史料館」




 

 日刊工業新聞が2008.9.25「仕事を知ろう」特集を活かし、先人の智慧を集約し、また
現在までの進化のプロセスを整理した「企業の博物館・史料館」を現地現場で観ると、
未来を拓くトリガーとして役立ちます。


ここ数年、新入社員の離職率の高さが問題となっています。
入社後3年間での離職率は、大卒で4割近く、高卒で5割となっているのが現状です。

その原因は、企業側のケアが十分でないという分析がある一方、学生が仕事への
理解が足りないまま社会に出ているという指摘があり、企業学生共に他人責任型の
価値判断の側面で結論を出す人の数が増えていますが、自己責任型の視点に立ち、
価値判断を修正すると「相互に変われるしくみ」が揃ってきています。

ホームページや就職サイトで企業の情報は簡単に入手できるようになりました。
実際、採用面接の際、学生は企業の業務内容や製品をよく調べてきています。
その内容を先入観にして、理想化するために現実との乖離、実行に時間軸がある事
自己の成長に時間が必要なことを感じはじめますが、「そのもやもや」はその企業の
氷山の水面下のように、時間をかけた実践の成長過程があり、勝ち残った現在があり
ます。企業の論理があります。机上では「ローマ」も明日できますが、現実は違います。

世界と競合する企業、人は業績貢献を数値で管理され時間生産性が要求される
21世紀は企業や人から教えられる受身の姿勢はやめ、教えられた範囲は環境の「運」
と捉え期待せずに、自力で不足部分の価値判断のレベルを上げる方が成長確率が
高い時代になりました。


企業は「自社と他社の違いの微差」がわかる多数のお客様、社内人財の輩出を待望
する目的で企業の博物館・史料館を活かし始めました。

「仕事の魅力」「想定以上の湧き上がるパワー」「人生の生甲斐」は、先人の現実
の努力を観ることで感性が磨かれます。


◎ホームページの沿革、歩み等も一部ですが 表現できない企業の明確な違いを
史料、歴史を立体で伝える場として、ブランド力のある定評の固有技術を明確に公開し、
お客様化、人材の採用、効率の良い社員教育等複合的な目的で充実した「企業の
博物館・史料館」が急激に全国にできてきました。すばらしい機会を準備してくれて
います。チャンスを活かし接することをお奨めします。


◎特に中小企業のあなたの場合は 関連業界で学ぶと役立ちます。
見えない知る機会が少ない自社の歴史、プロセスは各段階の実践期間の長短の差が
あります。すぐれたモデルと相対比較すると、自社の進化のレベルが、まだ、その成長
過程で停滞していることに気づくことがあります。自社で何をすべきか観える機会となり
ます。


未来を託す子どもと同伴で家族と共に仕事観を見せておくと潜在意識の中で育つ芽が
成長をはじめます。新人若手人材の視野を広げる場として、また学生のあなたは
「仕事の魅力」に気づく機会となります 人生のトリガーとして役立つ機会となります。



 ◎現地現場・公開情報で先人の智慧を観る機会活かすと、超速度での視野拡大に
  最適な方法です



更新 2009.9.16    

   ↓クリック

□国立科学博物館産業技術史情報センター
 


産業技術史資料情報センターでは、失われつつある産業技術の進化の歴史である日本国の財産の保存を図るために、産業技術を培ってきた先人達の経験を継承し、更なる技術革新に役立てる情報拠点を目指しています
 

□日本ロボット工業会



 


日本ロボット工業会は、ロボット及びそのシステム製品に関する研究開発の推進及び利用技術の普及促進等を行うことにより、ロボット製造業の振興を図るとともに、広く産業の高度化及び社会福祉の向上に資し、ひいては国民経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的とし、次の事業を実施しています。
 

□企業の歴史館博物館&業界施設


時代の荒波を乗り越えた、変遷の歴史を公開している企業、企業の内容を公開した施設を見学し、広い視野、豊かな発想の経過を学び、自社に応用展開しよう。若い人財の思考の幅は急速に広がります。
 

○業界大展示会を活かす




 


市場成功の分岐点は 情報洪水の中で、智慧と現実の融合の場である業界の大展示会に出展したり参加することも突破口の一つ。”あなた”のような業績責任者ほど、直接三現主義(現場・現実・現物)を率先して実践して、机上の懸案内容を最終決断するために確信を持つことが重要です。4会場の展示情報を閲覧できるようにしましたチャンスを活かしてください。新規開拓には先行投資になるが外部のプロを活かすことが、現実的効果を上げ、業績責任者にとり、自力本願で計画通りの推進がし易くなる方法です。
 

 
□生命(いのち)の海科学館
   蒲郡(愛知)から世界へ
  


 生命の海科学館は、隕石や化石などの展示を通して、地球と生命の歴史を紹介するミュージアムです。

 ◆Web科学館

 
◆情報ネットワークセンター(地域貢献事例)
 


□文化遺産オンライン


 


文化遺産オンラインは、文化庁が運営する我が国の文化遺産についての電子情報広場(ポータルサイト)です。ここでは、全国の博物館、美術館等かた提供された情報や、国宝・重要文化財に関するデータといった、さまざまな情報をご覧いただけます。検索等の
詳しい操作方法については、「ヘルプ」をご覧下さい。
 


□宇宙情報センタ
  宇宙航空研究開発機構JAXA













 


◆絵で見る情報

宇宙情報センターの膨大な情報を、太陽系、ロケット、宇宙飛行士などテーマ別に紹介しています。調べものをしている方におすすめします。

◆時間で見る情報
宇宙が誕生したおよそ137億年前から、宇宙開発の最前線まで、壮大な宇宙の歴史を時間軸で紹介しています。
読み物仕立てになっているので、はじめての方におすすめです。

◎施設見学・ツアー
施設見学、ロケットの打ち上げ見学やJAXAの各事業所の展示施設などをご案内しています。日本における宇宙航空の研究・開発の現場に触れることのできるこの機会を、ぜひご利用ください。

◎情報センターJAXA
宇宙をより身近に感じていただけるように、最新の宇宙航空情報をわかりやすく展示してあります。

 

□東京大学総合研究博物館

   ◆地図アクセス
2009.09.16追加







































 

 総合研究博物館は、学内共同利用施設の一号機関として設置された総合研究資 料館の改組拡充により、1996年春に国内で最初の教育研究型ユニヴァーシティ・ ミュージアムとして誕生した。  本学には、明治10年の創学以来、総数にして600万点を超える各種学術標本が 蓄積されており、そのうち、当館に収蔵されている学術標本は、設置時当初の推 計240万点に、その後の収集・寄贈・寄託標本が加わり、現在では優に300万点を 超える数にまで達している。
  当館が掲げる目標は、これら「学術標本=モノ」を機軸に、高度でオリジナリ ティに富む博物館活動を推進することにある。世界的水準の学術研究を各分野ごとに追究展開することはいうまでもないが、加えて、博物館活動そのもの のなかに、他所に見いだしがたいクリエイティビティを生み出すことにもまた努 力の一端を傾けている。その意味で、ミュージアム活動の領野の拡大と先駆性の追求もまた、総合研究博物館の果たすべき使命の一つといってよい。
  総合研究博物館は研究部と資料部の二組織からなっている。前者にはキュラトリアル・ワーク研究系、博物資源開発研究系、博物情報メディア研究系の三系があり、ミュージアム・テクノロジー寄付研究部門も、ここに付設されている。後者の資料部は、各学部・研究科の教員からなる地学系、生物系、文化史系の三系17部門から成っている。研究部は専任9名、客員2名(非常勤)の教員からなり、資料部17部門との連携の上に、専門分野として動物学、人類学、古生物学、考古学、美術史・博物館工学、建築史、情報科学、展示空間デザイン、建築情報デザイン、文化資源学、博物資源学の各域をカバーしている。
  総合研究博物館では、伝統的に、各専門領域における海外学術調査が、標本の調査・収集、ならびにそれらに関する一次研究において、中心的な役割を担っている。大学院教育における標本利用実績としては、博物館への改組以来の10年間で、修士論文100件程度、博士論文50件程度を挙げることができる。また、当館収蔵標本の、館外展示への貸与や各種出版物への写真提供など、公開教育への寄与は、平成17年度実績で、年間100から150件程度、500点以上に上っている。
  研究部では、狭義の専門領域枠内の標本利用に止まらず、学術標本の幅広い教育研究利用、デジタル技術による情報化、展示等による公開活動とその方法論的研究、博物館コンセプトそのものの探求も行っている。これら多様なミュージアム活動の一環として、「実験展示」の呼び名の元で、博物館への改組以降、2006年4月に至るまでに62回に及ぶ各種展覧会を開催してきた。これらのなかには、すでに20回を数える「東京大学コレクション」展のシリーズ企画展、先駆的な「デジタル・ミュージアム」展、全学的な「学位記」展、従来顧みられることのなかった「学誌財」展、学術とアートの斬新的なコラボレーション展、大学院教育プログラムによる企画展などが含まれ、また最近では、先端的展示空間デザイン技術を駆使し、最先端の学術研究成果を一般の人々にも理解可能なかたちに「翻訳」してみせる新しい展示手法の研究展示も試みられている。

◆現在の展示
 


□博物館・美術館・イベント情報サイト

 インターネットミュージアム
                        2009.09.16追加


 






 

◆運営 (株)丹青研究所(丹青社グループ) 
1984年4月、株式会社丹青社がディスプレイ業界初のシンクタンクとして設立。創業は「丹青総合研究所」の名称で商業施設から文化施設まで幅広い分野の研究機関として調査・研究を重ねるとともに、数々の専門図書を発行してきました。 1993年、創業10年を契機に文化施設に専門特化した研究所として、社名を「丹青研究所」に変更。21世紀に求められる文化空間の在り方を追求する専門研究機関として、基礎調査・コンサルティング・デザイン設計・情報サービスを展開しています
 

○北海道の博物館・美術館一覧

○東北の博物館・美術館一覧

○関東の博物館・美術館一覧

○近畿の博物館・美術館一覧

○中国の博物館・美術館一覧

○四国の博物館・美術館一覧

○九州・沖縄の博物館・美術館一覧

 

□京都国立博物館

    ◆アクセス
                   
2009.09.16追加
 

京都国立博物館は1897(明治30)年の開設以来、京都という長い歴史と伝統を持った地にあって、皆様に親しまれています。 京都で熟成された文化芸術が日本各地に伝播し、いわゆる日本らしい表現を生み出しています。そういう意味では、日本的といわれる文化芸術の多くは、何らかの形で京都にゆかりのあるものであり、京都国立博物館では、地域に根ざしながらこうした日本美の提示に勤めていきたいと考えております。

◆現在の展示
 

 

 

 

 

 


◎日刊工業新聞(2008.09.30)の掲載の中で、正式のホームページがないものは
除きました。情報を定期的に追加します。

    訪問しなくても、概要がわかりやすいものがあります。ご覧下さい。
      ↓クリック


 企業博物館・史料館

 設置又は運営

 所在地


◎北海道・東北
  

雪印乳業史料館

雪印乳業

札幌市東区

王子製紙森林博物館

王子製紙

北海道栗山町

ニッカウヰスキー余市蒸留所ウイスキー博物館

ニッカウヰスキー

北海道余市町

TDK歴史館

TDK

秋田県にかほ市

釜石市立 鉄の歴史館

岩手県釜石市

岩手県釜石市

三居沢電気百年館

東北電力

仙台市青葉区

 

 

 


◎関東・甲信越  

Okkyミュージアム

電源開発

新潟県湯沢市

史跡佐渡金山・資料館

ゴールデン佐渡(三菱マテリアル)

新潟県佐渡市

おもちゃのまちバンダイミュージアム

バンダイ

栃木県壬生町

ホンダ コレクションホール

モビリティランド(ホンダ)

栃木県茂木町

ペンタックスカメラ博物館

HOYA

栃木県益子町

日鉱記念館

新日鉱ホールディングス

栃木県日立市

明治乳業みるく館

明治乳業

茨城県守谷市

住友金属工業 鹿島製鉄所 工場見学

住友金属工業

茨城県鹿嶋市

逓信総合博物館(ていぱーく)

日本郵政、NTT東日本、日本放送協会

東京都千代田区

物流博物館

利用運送振興会(日本通運)

東京都港区

たばこ塩の博物館

日本たばこ産業

東京都渋谷区

東京電力 電力館

東京電力

東京都渋谷区

がすてなーに ガスの科学館

東京ガス

東京都江東区

ハウス オブ シセイドウ

資生堂

東京都中央区

セイコー時計資料館

セイコーホールディングス

東京都墨田区

清水建設 建設技術歴史展示室

清水建設

東京都江東区

紙の博物館

紙の博物館

東京都北区

恵比寿麦酒記念館

サッポロビール

東京都渋谷区

ソニー歴史資料館

ソニー

東京都品川区

先端技術館TEPIA

機械産業記念事業財団

東京都港区

AJINOMOTO 食とくらしの小さな博物館

味の素

東京都港区

花王ミュージアム

花王

東京都墨田区

三菱史料館

三菱経済研究所

東京都文京区

印刷博物館

凸版印刷

東京都文京区

帝国データバンク史料館

帝国データバンク

東京都新宿区

IHIものづくり館 アイミューズ

IHI

東京都江東区

GAS MUSEAM ガスミュージアム

東京ガス

東京都小平市

ブリヂストンTODAY

ブリヂストン

東京都小平市

日本郵船歴史博物館

日本郵船

横浜市中区

三菱みなとみらい技術館

三菱重工業

横浜市西区

TEPCO電気の史料館

東京電力

横浜市鶴見区

日産自動車 エンジン博物館

日産自動車

横浜市神奈川区

東芝科学館

東芝

川崎市幸区

沼田記念館・ミツトヨ博物館

ミツトヨ

川崎市高津区

KYB史料館

KYB(旧カヤバ工業)

神奈川県相模原市

キッコーマン もの知りしょうゆ館 工場見学

キッコーマン

千葉県野田市

鉄道博物館

東日本鉄道文化財団

さいたま市大宮区

サントリー白州蒸留所 ウイスキー博物館

サントリー

山梨県北杜市

 

 

 

 
◎東海・北陸

中部電力 浜岡原子力館

中部電力

静岡県御前崎市

ヤマハ・コミュニケーションプラザ

ヤマハ発動機

静岡県磐田市

でんきの科学館

中部電力

名古屋市中区

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

トヨタグループ

名古屋市西区

ノリタケの森

ノリタケカンパニーリミテッド

名古屋市西区

ブラザーコミュニケーションスペース

ブラザー工業

名古屋市瑞穂区

カゴメ記念館 工場見学

カゴメ

愛知県東海市

ガスエネルギー館

東邦ガス

愛知県東海市

鍛造技術の館

愛知製鋼

愛知県東海市

トヨタ博物館

トヨタ自動車

愛知県長久手市

アイシン コムセンター

アイシン精機

愛知県刈谷市

博物館明治村

明治村

愛知県犬山市

博物館 酢の里

ミツカングループ本社

愛知県半田市

世界のタイル博物館

INAX

愛知県常滑市

太陽電池科学館

三洋電機

岐阜県安八町

内藤記念くすり博物館

エーザイ

岐阜県各務原市

黒部川電気記念館

関西電力

富山県黒部市

 

 

 


◎近畿

島津創業記念資料館 科学の森

島津製作所

京都市中京区

オムロン コミュニケーションプラザ

オムロン

京都市下京区

京セラ ファインセラミック館

京セラ

京都市伏見区

グンゼ博物館

グンゼ

京都府綾部市

松下資料館

松下社会科学振興財団

京都府木津川市

奥村記念館

奥村組

奈良市

石橋信夫記念館

大和ハウス

奈良市

シャープ 歴史・技術ホール天理

シャープ

奈良県天理市

イトーキ史料館

イトーキ

大阪市中央区

まほうびん記念館

象印マホービン

大阪市北区

日本ペイント 歴史館

日本ペイント

大阪市北区

江崎記念館

江崎グリコ

大阪市淀川区

大林組歴史館

大林組

大阪市中央区

自転車博物館

シマノ・サイクル開発センター
(シマノ)

堺市堺区

松下電器歴史館 松下幸之助メモリアルホール

パナソニック株2008.10.1
(旧松下電器)

大阪市門真市

松下幸之助記念館

パナソニック株エナジー社 2008.10.1(旧松下電池工業)

大阪市守口市

SANYO MUSEUM(サンヨーミュージアム)

三洋電機

大阪府守口市

ガス科学館

大阪ガス

大阪府高石市

インスタントラーメン発明記念館

日清食品

大阪府池田市

ヒューモビリティワールド(Humobility World)

ダイハツ工業

大阪府池田市

竹中大工道具館

竹中大工道具館(竹中工務店)

神戸市中央区

神戸海洋博物館・カワサキワールド

神戸港振興協会・川崎重工業

神戸市中央区

灘浜サイエンススクエア

神戸製鋼所

神戸市灘区

史跡生野銀山・鉱山資料館

シルバー生野

兵庫県朝来市

心と技の伝承館  館独自のHPはありません
「きんでん」へ連絡下さい。

きんでん

兵庫県西宮市

 

 

 


◎中国・四国

マツダミュージアム

マツダ

広島県府中町

UBE i Plaza(ユービーイーアイ プラザ)
案内パンフレットpdf 

宇部興産

山口県宇部市

島根原子力館

中国電力

島根県松江市

石見銀山資料館

石見銀山資料館

島根県大田市

倉紡記念館

倉敷紡績

岡山県倉敷市

伊方ビジターズハウス

四国電力

愛媛県伊方町

別子銅山記念館

住友グループ

愛媛県新居浜市

 

 

 


◎九州

九州エネルギー館

九州電力

福岡市中央区

出光創業史料館(出光美術館門司)

出光興産

北九州市門司区

TOTO歴史資料館

TOTO

北九州市小倉北区

中冨記念くすり博物館

久光製薬

佐賀県鳥栖市

三菱重工 長崎造船所 史料館

三菱重工業

長崎市

旭化成 延岡展示センター

旭化成

宮崎県延岡市

 

 

 

 

 

 



 

カテゴリ一覧
企業の歴史館博物館&業界施設
時代の荒波を乗り越えた、変遷の歴史を公開している企業、企業の内容を公開した施設を見学し、広い視野、豊かな発想の経過を学び、自社に応用展開しよう。若い人財の思考の幅は急速に広がります。