開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

業種別定点ベンチマーク素材

■業種別定点ベンチマーク素材

日本の産業企業の変化>業種別定点ベンチマーク素材




 

”あなた”の業種の上場企業の最新進化を企業のホームページで定点ベンチマーク
すると、自社の最善の未来の事業戦略構築の突破口が観えてきます。 

icon
                   ↓クリック
◎  週刊ダイヤモンド別冊「データブック1万6000社2008」 

   のデータを活かし業種別上位ランク企業を毎年継続掲載予定でした。
   2008年1月に発行され内容で掲載しましたが2009年1月は発行され
  ませんでした。次回業種基準を同じにした発行がわかりませんので
  掲載内容を変更します。その後出版さえていません。

    コンテンツ名を「業種別定点ベンチマーク素材」に変更



◎継続データとして使用できませんので、ベンチマークのための継続素材企業として
上場企業を、業種別に整理します。各企業のホームページを定点チェックし、素材の
一つとして加工し、経営戦略に活かしてくだくことに変更しました。

企業の戦略が、しくみシステム組織で人が事業展開し、展開しながら人財化するシクミ
システムがあるから、上場できるため、上場企業をベンチマーク素材とすることに
しました。


活用の仕方

1.今、最新の公開情報は ホームページ(更新日)で診(観)る。

2.政府刊行物発売の「有価証券報告書総覧」の企業別資料を診(観)る。
 決算資料を印刷データで診るときに役立ちます。


  ◆有価証券報告書総覧   政府刊行物/官報/官報公告
 

3.「日経会社情報」「会社四季報」の書籍、CD-ROM活用。株関係の雑誌等を観る。
 
 ◆日経会社情報 

 ◆会社四季報 

4.投資予算があれば、帝国データバンク、東京商工リサーチ等の企業の調査データ
の分析資料を診(観)る

    ◆帝国データバンク

  ◆東京商工リサーチ

   ◆日経テレコン21



5.銀行、証券会社等の分析資料を観る。




無限のサイトの中から「A志援-創客人財.com」「A志援-人財.com」を探し当てて、
サイトを自分流に、複数回上手に活かされる”あなた”が、短時間で集中して
ベンチマークできるようにしてあります。


掲載企業は、A志援のサイトの使命として想定していた人財が多数成長し続けて
いる企業です。

多くのサイトの中からA志援を探し当てることができた人財の多い企業は、上場企業
と相関関係があります。

アクセス済み企業をカラーマーキングしてみると「電気機器」業界ではすでに65%に
達しています。

21世紀型企業の人財が豊富に存在している確率が高い。その企業の誰かが、
「21世紀型情報を観つけだす感覚」を持っ段階まで成長してきています。


ベンチマーク企業を定期的に閲覧することは

多忙な中で、行動工数が僅少な、人財の”あなた”が、左脳(理屈理論)偏重だけ
でなく、定期的に最新の他社の進化を感じることにより、右脳(未来構想)が鋭敏
に研ぎ澄まされ、左脳・右脳が統合され働き「統覚」したものが観えるようになって
きます。


 


◎分析し、新事業展開の成功確率が高い原理

原理1.「中小企業、ベンチャー企業の突出した固有情報を知る感度を上げる」
中小企業ベンチャー企業の場合は、未来成長可能性がある突出した
固有技術に見える製品商品ソフトシステムは短期で多くの人に観えてきます。
ただし、市場性が限定された一過性のものの確率が高い。短期で真似て
先行投資すると回収できない危険性の確率は高い。
         
 「日経ネット 日経の最新ニュース速報」   日本経済新聞社各紙各誌
        
 「日刊工業新聞 Busuness Line」    日刊工業新聞社
       
 「日経BPネット」 (中小企業の突出した情報)  日経BP社
   
 「A志援-創客人財.com」一覧  A志援の集約情報源


原理2.「突出した内容の「特許情報」の最新情報と関連した過去の経過情報を
整理する。」

人間が創るものは過去の何かから生まれるため、同時期にかならず何件か類似
の内容が世界で出現する確率が高い。その内容を参考にして、抵触しない内容
で創る方が期限を設定した範囲で最善の実現ができる可能性が高い。
       ↓クリック
  「知財を活かすプロ」  

  
原理3.「業種の上位ランク企業のホームページの中の変化の感度を上げる」
未来の成長可能性の確率が高く、投資対効果があり一定市場性を確保できる
可能性がある事業は、業種の上位ランク企業の中で、試作、テストマーケティングを
必ずはじめ、成功確率が高い場合は、どこかの関連会社、拠点でなにかが始まり
ます。その企業のホームページの変化で観(診)えてきます。
まだ、上位ランク企業の例外的動きの場合は、中小企業が、さらに固有の
プラスαを負荷して、ゲリラ的市場確保をすれば成功確率は高い。

その内容は、原理1で気づいた類似内容を事業化の徴候が出る確率が高い。
市場予測で、投資効果がある可能性があり、自社で固定客を対象に、テストマーケ
ティングをする時期が来ている確率は高い。


原理4.「新規事業の展開の成功確率は 一流以上の制御人財の数で決まる」

自社にふさわしい事業展開のしくみプロセス必要人財数の確保は、企業成長過程
を継続する限り、不連続進化ができないために、体制派を押さえ込み、新体制
派を50%以上にできる制御人財の数できまります。新会社ではじめる場合は、
育った制御人財の「経営可視化戦略」の統合能力で成功確率は異なります。
他社の制御人財を活かす場合は、短期で自社で成長した制御人財が追い抜く
スピードで成功確率は異なります。

原理5.「必要テーマを過去類似体験のある10年以上キャリア現場の実務人財
を準備段階で採用する。」 20世紀後半「情報公開が少ない時代の成功体験」
21世紀後半生き残るため情報量「ゼタの時代」は未知の領域が多い時代の
最先端で成長するためには、若い世代を終身雇用型で専門人財化が必要


「キャリア人財の紹介派遣業界」を活用する。先入観を除去し、ふさわしい人財を
相対比較して選ぶ。ただし経営層と実戦層と区別した方がよい。特に大企業出身
の場合、組織が人を育てた場合があり、実際のしくみシステムゼロからの構築に
不適切な人財は、事業が稼動したときの人財として採用を後回しにした方がよい。
本人の能力以上に創市場のための最先端高品質の外部の情報源を活かしきる
ことができる能力は、社内の経営陣、人財を動かすトリガーとなり、価値判断が、
入社後最先端として進化できりる基盤をチェックすることが重要です。

21世紀の人判断の追加ポイントの一つです。机上程度の映画の総合性で専門の知恵が育たない
総合性の人材は、業種業態が変わると、前職の部分的未知の領域を2年〜3年で出し尽くすと、
社内のイントラネット情報にプラスαノウハウの付加量は激減します。若い層を、自社の現地現場
で実戦行動の場で5年以上徹底駅に、「行動」を中心に育てる方が、自社にプラス量が多くなる
時代にはいりました。机上の汗を嫌う渡りの人は、パートナーとして活かす方がプラスαは多い。 


         ↓クリック
 「戦略的に多分野制御型人財数を大量に増やす」  A志援の集約情報源

 「市場的確把握既存情報を活かすプロ」  A志援の集約情報源


原理6.「先人の智慧を歴史から継承する」
         ↓クリック
  「国立科学博物館産業技術史情報センター」
    産業技術史資料情報センターでは、失われつつある産業技術の進化の歴史である日本国の財産の
     保存を図るために、産業技術を培ってきた先人達の経験を継承し、更なる技術革新に役立てる情報
     拠点を目指しています。

           ↓クリック
 先人の智慧「企業博物館史料館」
    日刊工業新聞が2008.9.25「仕事を知ろう」特集を活かし、先人の智慧を集約し、また現在までの
     進化のプロセスを整理した「企業の博物館・史料館」を現地現場で観ると、未来を拓くトリガーとして
     役立ちます。

  
 智慧本で成長
  多くの分野で実戦し蓄積ノウハウを本として体系化集約した先人の智慧を活かし、自分にふさわし
  い形に直し最適化すると、先人の智慧のプラスαを付加された形で、次の世代に継承されます。
  5種類の軌道の変える形があります。必ずすべて活かせます。

  1.「○○」  プラスの軌道を示す仰角が90度以上のもの 普通の人より高い確率が高い。
  2.「○」   プラスの軌道を示す仰角が15度〜90度未満 選択眼の成長により仰角が
         高いものと、低いものの違いがわかるようになる。
  3.「△」     仰角が-15度以上〜+15度未満  成長段階が上がると既に蓄積したものが
         多く、体系化した自分智慧にさらに情報の追加、消去に役立つ。確信度を上げる
         内容。現在の業種、主業務により選択如何でプラス領域マイナス領域になり、
         マイナス領域を感知したら即、プラスの智慧本に変えるとプラス領域になる。
  4.「×」   -15度マイナス未満〜-90度プラス以上  
         国家観、世界観の視点から観ると必ずマイナス領域にある智慧本。
         ただし、会社優先、組織優先、個人優先の場合、右脳の発達度合(道徳観、倫理感
         等、論理を逸脱した判断成長度合)で、「○」と幻惑されることがある。
  5.「××」  宇宙観の視点で観ると感じられるようになるが、歴史の経過、時代の価値観変化が
          あつても常にマイナス領域にあつたことが、次の時代で確認できる。
          人間の領域を超え時代で「○○」と幻惑される。  


原理7.「業界統計数値は、最新の情報源と、業界ごとに必要情報を整理した
団体、工業会等の公開情報」定期的に閲覧する。

時代の趨勢を予知するための感性が磨かれ、鋭敏になってきます。
・新聞、雑誌のデータがどこから引用いるかをチェックして調べる。間接データの場合か確認が必要。
証券会社銀行系等も情報源が重要です。(加工の有無に注意)更に源流を探す必要があります。
・本のデータは最新版でも前年データが多いので、解析内容は現在とズレがある場合があります。
・データは全て仮説にもとづき条件が設定されています。経営判断の時は 複合活用し、比較整合して
みると、核心が観えてきます。

         
  
「白書・産業統計・アンケート等の活用」
 
産業・業界別の統計および公表アンケート資料
  事業を展開する上で、政府発行の白書を毎年観ることを”あなた”の定石の一つに加えて、
   日本の動きを感じる一つの尺度とし、その尺度を基準にわが社の軌道制御に活かしてください。
   白書の最新統計数値を探す統計情報をまとめました。白書はまとめる期間前のデータです。
   最新の数値は変化しています。連続性のある数値は「上がり」、「下がり」同傾向の場合は
   分析内容は、修正の必要はありませんが、不連続・急激変化(異常傾向)の場合は、
   白書の鵜呑みでなく修正判断が必要です。

                        
  
「業界団体の活動内容から学ぶ」
 
業界団体の活動内容を学ぶ目的は 一企業の経費効果のために収集できない内容が集約され
  ています。一企業の先入観、主観的収集情報で不要な情報既に臨床済み情報等重複はありますが、
   価値基準を決めて観る(診る)と見落としたり、探求が不足内容を補完する情報があります。

  
   
「専門学会の活動内容から学ぶ」
   
  業種別各学会の活動内容、最先端情報の進化の方向を捉える一つの指標  


     

◎当面する実務優先で、必要な部分だけ選別し、ベンチマークのリストを構築を
お奨めします。

21世紀は業種と業態に捉われると日本の成長分野と世界の成長分野とミスマッチ
する場合が出てきました。事業の周辺分野である他の業種企業の進化も定期的
閲覧をお奨めします。


◎加工された整理された資料データは”あなた”以外の誰か(外部の人、内部の人)
がその人の価値判断で選択し整理したものです。
外部環境、価値判断が連続度の高いものは要領よく「鵜呑み」で活用できますが、
その誰かが世界標準以上であれば、世界で通用する確率は高いですが、まだその
領域以下の場合は、”あなた”が短期間で検証確証確信するための情報源を持つ
ことが重要です。自己責任型の”あなた”が周囲を誘導制御する必要があります。

1.公開された企業のホームページを テーマに応じて独自のデータ分析する手法
を身に着ければ 一企業では気づかない、観(診)えない情報の「経営可視化」
ができるようになります。  
 

2.問題解決テーマに基づき、自分の時間(業務時間ではない)で想定できる多面的
角度から分析すると、過去周囲の9割以上が正しいとしていた価値判断と少し違い
があるのではないかと気づくようになります。

3.自分で数字を重点に、製品商品開発新規事業開発にまだ関係ない”あなた”の
場合 東洋経済新報社 日本経済新聞社の CD−ROMを活用することをお奨め
します。

     
    「会社四季報CD-ROM版」 東洋経済新報社

        ↓ クリック
  「日経会社情報 CD-ROM版」   日本経済新聞社

 




◎業種別定点ベンチマーク素材の活かし方
 

上場基準を常時維持しながら事業を展開するためには、経営資源を最適に活かし、
継続的に、規模にふさわしい売上、利益を長期中期展望で確保する必要があります。

先行して売上が確保できるためには、
規模の拡大、創市場のためにふさわしい体質変革が常に必要です。
どんな外部環境下でも 一定以上の受注が計画と乖離しないように先行で読み切り
差額に対応した追加戦術で必達の対応が必要です。

ただし、絶対比較(自社内の成長尺度)だけでなく相対比較(他社ベンチマーク)
し、ベンチマークして常に優位に立つ戦略に基づき事業の軌道修正が必要です。


1.市場を拡大できる製品商品サービスの開発進化が必要です。
2.創市場をするためのしくみシステムの進化が必要です。
3.相対比較して優位な人材の数の成長が必要です。
4他社より優れた.しくみシステムをさらに高度化することが必要です。
5.先行投資資金の確保が重要です。
6.成果として顧客満足、株主満足、社員満足、地域満足度を高め、善循環させる
 必要があります。
7.事業展開する関連企業がともに進化するための連携が必要です。


業界を先導する企業は、常にタイムリーに変化をはじめます。
最新の外部へ変化の徴候は企業のホームページに現れてきます。

多面的な進化が必要なため、「定点ベンチマーク」企業として、その企業が、
どのテーマを今実行しているか、外部へ動く指標として、企業のホームページが、
最新を知る重要な価値判断となります。

進化の速い企業ほど、定点で観、診ると現在顕在化していない次の変化が感じ
られるようになります。


一定期間コンテンツの更新をしないA志援の企業事例で「何がアクセスできなくなった
か、どう修正されたかを最新のトップページと比較すると、変化がより鮮明に観診える
確率は高くあります。業種別の情報だけでなく、複合した活用を推奨します。


自社の未来の事業展開の姿を描きながら、関連する業種業界周辺先導企業を
定点で継続的に観・診ると「何か」が観えてきます。あなたが自社の経営戦略を
進化させるために「定点ベンチマーク」をすると制御人財への成長が初まります。


あなたの企業がすばらしい企業への進化を待望しています。



◎少人数のやり方、小規模の場合は例外戦略が含まれるため別管理をした方が
適切です。その方法は、市場の規模が小さいときのふさわしいやり方で、一定以上
の規模が必要な場合は成功確率が高いとは限らないことに気づきます。
ただし、自部門経営のような小集団では速戦術として役立つ場合もあります。 

未上場企業で事例としてふさわしい固有技術を持つ企業、最新の変化企業も定期的
に追加します。

 

 

カテゴリ一覧
電気機器
重電から家電まで。総合電気機器、エレクトロン関連機器デバイス、モバイル、AV。計測器関連、照明機器、OA、半導体製造機器等
情報通信業
通信事業・ADSL・携帯・固定通信事業。ビジネスソフト・ゲームソフト。携帯コンテンツ。地上波・BS・CS・CATV・新聞メディア。総合出版社・情報文芸・書店・映像。
機械
造船、重機、建設、鉱山用機械。オフィス用機器、農業用・建設機械。自動車向け工作機械等
精密機器
光学機器関連、医療機器関連、半導体製造装置関連、計量検査機器等
化学
化学、電子材料、化粧品関連、美容、家庭用品、インキ、塗料、触媒、農薬、火薬等
建設
ゼネコン、住宅建設、土木、、ンション建設や商業施設開発、橋梁、プラント、原子力施設、産業インフラ等
その他製品
幅広い業種が入る。印刷、家具、建具、玩具、運動器具。貴金属。文具、事務用品、オフィス家具。印刷業に分類される企業も、半導体関連などエレクトロニクス関連製品や液晶フィルターなどの比率が高まっており、旧来の紙印刷のイメージは薄まってきました。
輸送用機器
自動車部品メーカー。自動車関連部品メーカー
広告・ディスプレイ
上場業種名「サービス業」の内の広告、ディスプレイ、広告・マーケティング会社、ネット広告代理店、総合広告代理店等
水産農林業
水産業、バイオテクノロジーを駆使する種苗業、畜産業、世界的な魚介類需要の高まりでM&Aが進む可能性が高い水産業。
食料品
製粉、飼料、製油、製菓、製パン。乳業、食肉ハムソーセージ、調味料、即席麺、冷凍商品。タバコ、ビール、飲料。食品偽装、食の安全、食料自給等食業界が注目される時代になり、提携、合併もでてきました。
卸売業
総合商社グループとその系列卸、商社、専門商社。グループ化が進む業界。未上場中小企業の中に21世紀型専門商社の進化モデルの出現徴候がでてきました。
調査コンサルタント研究所
上場業種名「サービス業」の中の総研、ITソリューション会社、総合メディカル、開業サポート、各種コンサル企業
その他サービス業
上場業種名「サービス業」の内の電気通信会社のサービス部門を担当する会社、介護サービス会社、人材派遣会社、病院企業の施設に給食供給会社、イベントのチケット販売会社等
金属製品
建設資材、製缶、自動車部品、ボルト、工具類、ばね等
医薬品
外資系企業が健闘。世界の巨大企業に対抗するために提携や合併が続く可能性が大。世界の環境悪循環の中で、人間動物植物、生物の健康維持、延命に重要な業界
教育関連
上場業種名「サービス業」の内の通信教育、進学教室、受験産業、企業人教育機関、資格取得産業
レンタル・リース
上場業種名「サービス」の内のオフィスコンピュータ、電機のリース、リネン、寝具を医療機関へのリース、レンタカー事業、建設資材、産業機器、仮設資材、情報機器等
倉庫・運輸関連業
港湾運送、物流関連、内航海運、ロジステクス関連 倉庫業。総合物流のシステム化、情報通信化の進化が早い業界
繊維製品
繊維メーカーとアパレル各社が混在する業種。繊維からケミカル、炭素繊維まで幅広い分野を含む。
警備・ビルメンテナンス
メンテナンスサービス、ビルや付属施設の管理、警備関係。セキュリティ関連。
電気・ガス業
インフラ関連。電力、ガス、エネルギー
陸運業
JR系、総合物流会社、鉄や石油等の輸送、私鉄、地下鉄等。多くの関連企業グループを持つため、企業連携のモデル業界の一つ
レジャー
上場業種名「サービス業」の内の旅行、観光、ホテル、旅館、テーマパーク、温泉施設、旅行代理店、パチンコ、ボーリング等
業界先導企業グループ
業界を先導する企業グループ。多くの経営人財輩出し、上場企業規模のシクミシステムを持つ世界比肩企業の生まれた数で解ります。将だけが拡大し、飛車角企業が育ち難い体質の問題点が観(診)てきます。
太陽電池、風力発電等
温暖化対策のための新エネルギー、太陽電池、太陽熱発電、風力発電等の総合発電機能が急速に進化してきました。視点を変えると発展途上国や人口減少地域の電力網が過疎地域まで敷設されていない地域や高い経費で赤字地域は、低投資型、単純メンテナンス中小規模電力源設備として新規・代替普及で儲かる分野
機械関連
工作機械、ロボット、建設機械
自動車部品関連
自動車業界は小手先の環境対策から抜本的な構造改革の時が迫ってきました。業界内浮沈に対応し生き残る事業軌道を制御に着手してください。GMでさえ20世紀の成功体験を修正する時代になりました。
食品関連
製粉、飼料、製糖、製油、製菓、製パン、乳業、調味料、即席麺、冷凍食品、たばこ、ビール、飲料
化学関連
化学関連。総合化学、電子材料、化粧品、家庭用品(トイレタリー)
繊維製品
繊維製品。繊維、アパレル
ガラス・土石製品
ガラス・土石製品。板ガラス、ディスプレーガラス、ガラス瓶、セメント、セラミック
非鉄金属
素材産業として産業を支えて、世界の市況に左右され、鉱山開発を行う必要があり、系列を超えて業務提携、資本提携加速。買収予防策の側面もある。
電子部品関連
電子部品業界は、日本国の視点で国際競争力を進化させなけれならない業界です。自動車業界(メカ)の進化と同様に「電子」の世界ナノ・ソフト・システムの進化を必要とする業界です。比べて学んで成長方向の突破口探しが重要です。
蓄電池
無停電電源装置の進化、太陽光発電、風力発電の普及、次世代車の実用化のカギを握るのは蓄電池の進化スピードが分水嶺。高容量、安全性、コストで開発競争激化。現在の勢力図が変化する可能性を持つ業界。
新聞社
新聞社の毎日の公開情報から事業展開のシーズ(種)を探し、その成長状況、市場での存在価値の可能性を探るとき、乱読的に目的ニーズの掲載確率の高い情報源関連をスピード活用する目的で分類しました。検索エンジンのニュースも一つの情報源
地域型CATVの存在価値発揮・エリア1
エリア1(北海道・東北・東京・関東・信越)地域密着型CATVの機能の強みに気づき、周囲の総合的進化を活かし、カタライザー磁石機能を発揮できる成長段階になってきました。地域密着深耕の緻密な戦略は、自主番組の進化です。大資本他地域からの参入障壁を高めることができます。逆に連携しなければならなくなります。各地でモデル地域の成長を待望します。日本国を一体とした網の目のようにつなげる幹線組織が育つための善循環パーツになれます。
地域型CATVの存在価値発揮・エリア2
エリア2(北陸・東海・近畿)地域密着型CATVの機能の強みに気づき、周囲の総合的進化を活かし、カタライザー磁石機能を発揮できる成長段階になってきました。地域密着深耕の緻密な戦略は、自主番組の進化です。大資本他地域からの参入障壁を高めることができます。逆に連携しなければならなくなります。各地でモデル地域の成長を待望します。日本国を一体とした網の目のようにつなげる幹線組織が育つための善循環パーツになれます。
地域型CATVの存在価値発揮・エリア3
エリア2(中国・四国・九州。沖縄)地域密着型CATVの機能の強みに気づき、周囲の総合的進化を活かし、カタライザー磁石機能を発揮できる成長段階になってきました。地域密着深耕の緻密な戦略は、自主番組の進化です。大資本他地域からの参入障壁を高めることができます。逆に連携しなければならなくなります。各地でモデル地域の成長を待望します。日本国を一体とした網の目のようにつなげる幹線組織が育つための善循環パーツになれます。
コミュニティバスCB
コミュニティバスCBとは市・区・町・村など行政区域内で住民が移動手段を確保するために運行する路線バス。営利目的の路線バス等交通機関を幹線として、毛細管に相当する交通空白地帯、過疎地、高齢者の足、商流として、全国各地でICTの本質に気づいたエリアから21世紀型進化がはじまりました。
冠婚葬祭
古来の四大礼式。元服、婚礼、葬儀と祖先の祭礼。自力個人型価値観、他力孤立型の環境を地域コミュニティが補完しなけらば日本の人口減少の歯止めがかからない、また、周囲と孤立した人生の終焉の歯止めがかかからなくなり、世界に比肩できる、日本国を牽引できる人財の小型化と減少傾向の悪循環が加速する分水嶺の時代になりました。歯止めをかけ善循環にかえる第一歩として危機管理も含め近くの隣人との融合のしくみシステム構築をはじめるときです。
マーケティング支援機関
プロの「マーケティング支援機関」との連携が社内人財の成長の加速剤効果が高い確率の時代に入りました。自力だけの成長スピードでは、資本力の潤沢な競合他社に短期で追い抜かれる時代に入りました。○マーケティング関連団体○マーケティング関係企業
水素・燃料電池
21世紀実用化のための加速度的進化をする一つとして電気化学反応により電力を取り出す燃料電池は実証試験を終わり、ガス業界が家庭用として事業展開が始まりました。
農業機械化関連
農業機械化の変化に関わる業界団体業界紙、企業の情報。大規模農業の生産性向上のために部分最適から整合機能としての最適追及段階に入っています。
機械関係の進化
機械業界は循環社会、「環境」に配慮した機械と電気の融合の急速な進化が始まり、20世紀代の成功体験の軌道修正がはじまりました。観える業界のため、最先端の智慧を知り対応が企業存続の条件になってきました。
FAX情報サービス
FAXは 地域の共有情報を確実に送信する手段として、共有徹底が必要な情報を郵便物よりローコストで、パソコンWebの活用能力が低い世代(高齢者、低学年齢、障害者、要介護者等)の所帯向けに、また日中不在所帯に対して、地域インフラ機能の一つとして一斉同報機能が生きてくる用途が増えてきました。
水処理・水浄化・水ビジネス
日本の水に関する技術が世界市場にビジネス展開される時代がはじまりまして。人間の生活排水は、地下水、河川、海、雨水、植物、動物(人も含む)の体内生命水に変化循環します。全ての循環の悪化に歯止めをかける重要な関所である下水道業務は根幹テーマです。枝葉末節の環境「やつたふり」から、世界の国家的急速進化が必要です。あなたが環境善循環へ反転を事業の種(シーズ)として下水道進化のしくみへ財の循環を待望します。