開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

最新事例で問題解決突破口探しの窓

■最新事例で問題解決突破口探しの窓 090701

TOP >カテゴリー一覧>最新事例で問題解決突破口探しの窓




更新 2012.10.14

「A志援-創客.com」と「A志援-人財.com(会員サイト)」を統合しました。

「A志援-人財.com」に創客に関する情報量も統合し、適正規模を厳守する
中小企業、生業家業なら勝てる統覚し具体的実戦のフレームを描けるように
しました。
会員管理のしくみを廃止し、実務の制御型人財のための素材提供専門の
サイトに重点集中しました。
実戦した人だけが、次々と生れる問題解決をする成功確率の「もうちょっと」高く
出来るしくみになっています。

「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」汗をかき、今に徹して、一歩前進を
続けると素晴らしい志(望む)の実現が現実化する確率が着実に高くなります。
情報量「ゼタ時代」は自分よりも成長度の高い上位に人を目標に常に成長したい
実務、実戦に徹した制御型人財だけが気づける想定外の高性能武器になるよう
にしてあります。気づいた人だけが役立ち、実行しない人は、多数の他の情報と
同じに見えます。

情報量「ゼタ時代」に適応して、日本国内企業の知識、知恵、プロセスを「学ぶ、
真似る、プラスαを付加する」手順で、行動し、実証検証し、儲かる方向を確信
し、さらに重点集中行動をする。このプロセスは日本の成功「ビジネスモデル」
の一つです。
後進国が、先進国に超スピードで肉薄し、追い越そうとする現在の本流行動として
実体経済で勝つ方法の一つです。多くの各国の行動様式を実証検証し勝った原理
の一つです。


  ◎情報量「ゼタ時代」のプラス領域が多い行動

  ◎ネット活用力が創市場実現格差
 

日本の成長過程から検証すると、今、日本の大企業グループが世界市場で、破れ撤退をはじめ、
世界市場で敗退企業も出てきました。必然の結果ですなぜか?
悪い種を蒔くから、悪い結果がでる徴候になった因果関係があることに速く制御型人財は気づこう!


明治維新後、時代に遅れた後進国日本が国益、富国殖産を価値基準行動基準に
軍備拡張、領土拡大(資源のない素材コスト不利を克服する国内自給自足目的
行動の原則)して先進国に近づきました。
敗戦によりこの成功体験を再発できない世界衆人監視の国になりました。

21世紀の今、明治を真似た手法を採り、豊臣時代のように日本を東西に分割統治する、映像、メディア、マスコミを動かすリーダーが、多数の浮き草型大人型子供を誘導する徴候が出てきました。
国益、富国殖産より我欲煩悩を無限化できる汗を書かないで利権と法治目的が実現したらどうなるか?
長期間かけて明治時代不平等条約を改定する苦労の目的に気づかず、江戸時代の開国の時と同様に、関税ゼロは、日本が世界に必ず負ける必然の方法の一つです。今の領土を最低限死守することが、
天地から恵みの少ない日本のわずかな利権確保の最低の方法です。領土拡大が不可能な時代に、
わずかな金で国土を売る動きあなたなら、どうしますか?
日本の国益、富国殖産の価値基準行動基準の優先順位が希薄な現実と乖離行動と乖離した、ある
集団組織の富裕な利権の集中を目指す明治、代官時代の過去の仮想空間で動く「ドンキホーテ型」
行動様式が多数決優位な本流日本にならないことを祈念しています。


日本の明治時代と酷似した行動優先な国がまだ世界に多数あるようです。

戦後、敗戦で領土拡大の手法が不可能となり、「平和・自衛(国防のない国)」を
武器に、先進国に経済戦争という形で、先進国に拮抗するために、財閥解体後、
再び新財閥も含め超富裕企業グループとして、日本政府の潤沢な資金を合法的
な形で明治の軍需産業と酷似した方法で政府系団体で「学ぶ、真似る、プラスα
を付加する」目的で潤沢な政府予算を団体の役員として大企業・中堅企業グループ
は、経済戦争に勝つための総能力を最先端グループと拮抗できる成長をしました。

現在後進国が、短期間で、超潤沢な富裕な資金があれば誰でもその国が国益、富国殖産を
価値基準・行動基準にするだけで、先進国に追いつき、追い越すことができるようになりました。
21世紀の成功確率の高い「ビジネスモデル」を世界に日本が情報発信して貢献しその結果として
現在社会の環境になりました。


21世紀日本の団体(情報公開の義務)、大学(大学法人化で民間企業レベルの公開)、行政(地域の
人への平等な情報公開で、限られた非公開領域しかありません)等の公開情報は、世界の最先端
レベルのものが情報氾濫公開の中で珠玉のものも多く含むようになりました。

特に、大企業、中堅企業は、政府系団体の役員となり、会員となり、合法的入会金寄贈をして、団体の
多数のプロジェクトを産学連携活用という名目で、国家予算を潤沢に優位に自社開発部門機能の一部
として使用し、自社の専門制御型人財を配置し、開発に合法的に活かしました。素晴らしい、実証検証
の詳細ノウハウとプロセスは、社内で、生産コストを最小化させて超速度成長しました。
日本国の戦略と同方向のため、民間で事業展開するとき、優位な国の助成を得られる二重の「得」を
するしくみです。

地域の中小企業は、大企業と相対比較すると最先端情報入手量が少なく遅すぎて、最先端の動きに
気づく人の数が少ない制御型人財が、自社に固執し自社だけで自力で、20世紀までのように、現在も
情報量が少ないと思い込み、「理屈より行動型」様式で超富裕企業グループと拮抗できる時代は
すでに化石行動時代になりました。

情報量「ゼタ時代」は、高精度の実体社会での実証検証済みの最先端(すでに上場企業の1年か2年前
の開発レベル)公開情報量を活かし、地域が共に豊になる方向で活用すると総能力と、実戦の知恵を
増幅できる時代になりました。
大企業我、富裕で潤沢な資金を投資し自分だけが儲かるための、価値基準・行動基準の優先順位と
異なる組立てをすると、地域全体最適の視点から、地域の人が共に豊になるための実証検証すると、
低コストで、多数の地域の人が働く場を生むことができる方法が多数あることに気づけます。

大企業(恐竜)優位の多くの公開飼料報告書の結果を鵜呑みにせず、中小企業(微少動物・雑魚)
だから「どんなにやっても弱い・負ける」「できない」と思い込まず。「雑魚集団だ勝ち残る視点に立ち
まだ生き残っている自社だから「地域で雑魚が集団組織として一体化すると勝てる・実現出来るように
する」と「割り切る」段階です。

地域にすでに最先端の大企業中堅企業が政府の助成で準備した単機能活用しかしないように用途
限定した金食い虫のしくみシステムを地域を豊にするたねに最小投資で、複合活用機能に改造すれば、想定以上の速さで、実現できることに気づけます。技術内容は、すべて未知である仮想空間段階の
ベンチャー企業と違い、長い成長過程の中で生き残った成功の暗黙知が多数ある中小企業なら短期
で地域に最適なものへ、機能改良し、インフラ回路のシンプル化はできる時代が来ています。
地域内で自社が最高と「思い込む」多数の部分最適型企業の社員が、自分達が、地域でともに豊に
なるために、地域全体最適機能にするための部分であることに気づき、全体と融合整合調和「もちつ
もたれつ」となり、地域益、地域殖産、自給自足、地産地消の価値基準行動基準を重点集中行動すれ
ば、実務現場の制御型人財のあなたなら、何をすべきか次々と浮かんできます。問題解決の方向は、
日本のバラバラで、自社が最高と「思い込んでいる」企業の情報量を「学ぶ真似る」と機能設計、生産
設計、自動化と人海の生産ライン化、検査、物流等想定以上の速さで現実に揃え、行動できることに
気づけます。

専門情報は、富裕潤沢な資金がある企業は、多く優位な情報を集めることができますが、それを活かす
各実務の制御型人財の数が必要数が揃わないと、(間接型制御人財の過剰では、目標と結果は必ず
乖離し、実現できない領域が多くなり、競合他社に負ける結果になります。)、実体事業展開にする
ことが出来難くなりました。世界の拮抗競合他社の方が、実務の制御型人財が多い方が成功確率が
高く、微差が大差の結果となる情報量「ゼタ時代」の特徴が見える段階になってきました。
巨大化恐竜化し続ける自転車操業的大企業の宿命の一つです。成長を止めることが勝てる条件である
ことにまだ気づけない人が本流のようです。

●弱者化する地域の中小企業は、適正規模を厳守し、創市場創客は協業化し、「ものづくり」、「いきもの
づくり」は全体最適のための固有技術を徹底的に磨きあげ、地域の一定地区ごとに、拮抗して成長する
適正規模厳守の中小企業を配置し、隙間を生業家業で埋めて、地域が一体の人間型の多数の集団
組織(細胞系)として機能させる「勝てる条件が揃ってきました。


 
◎情報量「ゼタ時代」地域勝ち残り戦略

  ◎地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化



特に、大企業、中堅企業は、役員は、富裕な金を寄贈して、心理的潜在脳を優位にして産学連携
に活かし、国家予算を優位に使用し、新事業開発の種を合法的に蒔き、素晴らしい、実証検証した
詳細を、自社機能設計プロジェクトで、生産ラインを想定した事業化準備に入る超先行型成長スピード
のしくみシステムが標準化されているため、世界市場で最先端グループを維持出来ています、
大企業と相対比較すると最先端に肉薄する成長スピードは1/2程度で遅すぎます。また最先端に
肉薄できる能力を持つすばらしい制御型人財でさえ、20世紀代は「虎穴に入る」「千尋の谷からでも
這い上がれる」数少ない人財意外自力では実現不可能に近い確率でした。
21世紀現在は、最先端に肉薄する時間は 上記機関を上手に、目的的に積極活用すると企業内自力
で拮抗できる総能力と、実戦の知恵を増幅できる時代になりました。また、自社の固有技術を付加し、
プラス領域量が多い方向に気づくことができると最先端より優位な、「匠」の領域だけが持つ「暗黙知」
を累積し、中小企業向きニッチ市場で、勝てる場の構築ができます。大恐竜は、ニッチ市場では利益
総額が少なく、超装置産業の償却費と超高額人件費で必ず赤字となり、栄養がたらない大恐竜は
死ぬため、市場の大きい世界規模、全国規模、東・西エリアでなければ、生命維持できない規模に
なっていることに気づくときです。脳に関係する間接機能人材が大恐竜の中で多く、手足、身体、口
は、超最少の人が装置で機能させています。人数が必要な機能は、社員外の人を 義手、義足、
付け替え型内蔵等で機能させますが、緊急対応は、社員とその他の人が、神経系、情報系の整合
情報セキュリティのため、未整合で価値基準行動基準が不一致であるため、誤動作や、バラバラ
行動をする時代に入りました。超スピード自在行動は不可能であるため、大恐竜の巨体は、自分の
細胞から生れた機能でないため、大恐竜ごとにある部分を重点集中攻撃すると、想定外に極端に
弱さを露呈します。原始時代の原始人が集団組織化した重点集中行動でマンモスを倒した時代と、
21世紀は酷似した時代に入ったようです。すでに多くの地域の中小企業集団組織だから、世界に
勝てる徴候が出てきました。

●弱者化地域が、農耕民族+狩猟民族の「よいとこ」だけを「学ぶ、真似る」と人の煩悩が超拡大した
バブル、ハローブランドの泡を消して、実体機能は超低価格であるものが多数あります。
生きるためにに必要な食べるもの、現在各国の最低価格の食事は囚人食です。生きるに必要な
栄養カロリーが揃い維持され、中間の満腹感があり、労働運動しても体力維持ができています。
すべての製品商品の中で低価格帯である食品で囚人食と比較してそれ以上の原価のものは、
すべて人が煩悩が描く映像メディアマスコミの心理的手法で「思い込んでいる・催眠状態」のバブル、
ハロー・ブランド効果です。繊維業界は、機能が同じで、アパレルのブランドという女性の超煩悩で
価格価値を演出し、個人の無限大の我欲満足のために、超価格で購入させられているのでは?
紙と木の家と他地域の人に豪華絢爛な家造らせても、天変地異頻度の多い日本では バブル
ハロー量が多いから安全確率が高くありません、超天災時はすべて平等で被害があります。
無限大の我欲を少し少なくし地域の実体資金への貢献し、地域が豊になることに幸せを感じては?

地域に住む人が全員共に豊に腹八分目で、煩悩我欲をみんな幸せに働く場と、働く努力量(総能力・
熟練度増加)で毎年右肩上がりの所得が安定して稼ぐことができる一体社会が21世紀実現できる
確率は高くなりました。

情報量「ゼタ時代」のデータベースのしくみを活かすと、世界で激戦中の上場企業と公開情報は同等
(今より過去情報です。遅れ1年か2年格差があります。)程度に肉薄できる段階になりました。
20世紀代のように最先端情報は、縦型に長いピラミット型で、中小企業が肉薄するには至難の業で
したが、21世紀の情報量「ゼタ時代」を、情報の質ごとに地下断層と同じように、同じ質のものは、同一
断層に「文鎮型」で大量に揃っています。目的的に情報量の断層に当たると、誰でも短期で、その地層
レベルの高質、具体的で実現できる先人の知識。知恵、智慧、プロセスに接することができる時代が
きました。目的的に最適な地層を探す能力と、それを、目的的に活か実体化できるふさわしい集団
組織の人行動増幅機能が必要な段階になりました。


●追い越し、最先端を走ることは、大企業に任せ、世界の最先端が通った道の「よいとこ」探しをして
「学ぶ、真似る、地域の最適方法に変えてプラスα(暗黙知)を付加する」行動に徹することを推奨
します。最先端は、10年後時代の評価で、評価は逆転し、最悪な方向の場合もあり、評価された
ものだけ地域の中小企業は生かし、地域の人が、毎年熟練度の暗黙知を全員付加し成長し「匠」の
領域へに達することが、外圧に勝てる強みになります。


21世紀後半は、現在の、日本が「もとのづくり・情報・金融他」で企業単位で後進国
に優位で格差があると「思い込む」幻想は、情報量「ゼタ時代」がの本質に気づけない
「平和ボケ」した思考の視点を変えて見(観・診)る。

上限の制限がない、金融バブル操作は、超円高、TPPでなくても、すでに輸入後の価格破壊の
低価格でなぜ、輸入国ができるのでしょうか?更に蛇足のプラスを各国にするだけでは?
なぜ日本の大企業が、海外拠点を持ちながら、なぜ、シェアを加速度的に減少させ、設備投資
回収が出来ないで、超安い金額で放棄して撤退をはじめた徴候が出てきているのでしょうか?
日本の進出企業が、海外から日本に大量輸出し稼ぐことは進出国が儲かるだけで、日本人が
日本国を、財政破綻スピードを加速させているのでは?日本国内で、超富裕にない、若い世代、
働き盛りの働く場を加速度減少させ、60以上が低賃金で働く第三次産業就労で、予定通り、
低所得層が増加し、生活保護世帯が増加するのでしょうか? 
江戸の豪商(商社家電等)、藩(現在国)を超えて、大名・代官(政治)と組んで儲ける手法は
酷似していませんか? 人とその集団組織の我欲煩悩は、過去の人は寿命で死んでも、今の
同じ成長過程の人が多数生れている、20世紀で止まった思考体系がまだ多数である確率は
高い?

狩猟民族が組み立てる「成功のビジネスモデルが」は、先進国。後進国間で、中身
内容、人が拮抗すると、世界の市場で価格が安い方が優位になります。
超富裕な潤沢な資金と、無限に成長する企業欲を形成できる国で国益重視、富国
殖産重視に国が強制的な規制ができる機能が備わると、必ず優位になります。
無制限な金融操作で戦略的に操作すれば、企業欲のバラバラで放任型の小国
程度なら、国を財政破綻させることさえできる、勝負の結果が誰でも見える時代に
なりました。

◎21世紀あらゆる経営資源人が潤沢に揃い、市場が人口増加で必ず拡大し、
世界市場も、中身の拮抗する製品商品、サービスで、どこよりも低価格で、輸出国
の関税付加しても、その国の同等製品商品より安く価格破壊で販売できるため、
自主は無限になります。

素材、原料が、国内で低価格で世界の金融相場(輸入なし)に影響が少なく自給自足で調達できる、
人件費、人口が多数で増加する、国民は、所得増加で、働く意欲が高く、「学ぶ、真似る」パワーが
益々強くなる時代、世界が、その国の市場に参入投資をし、その国に潤沢な資金が流入する。
装置産業は超最先端で設備投資し、投資した国の装置産業より生産性が高くなり、その国からの
輸入品に国内の、個人欲、企業欲がバラバラ分散した国の人の場合、経済戦争で勝える確率は高い
でしゅか?明治維新後の戦前までの領土拡大の手法と、経済戦争で、外国に侵攻拡大し、最後に、
経済戦争に負ける日本が見える徴候がはじまりました。戦前の海外雄飛した民間が、敗戦で無一文
で帰還した再発の姿が見えてきませんか?


中小企業が、短期で、潤沢な富裕な資金があれば世界に拮抗できる大企業、中堅
に最新更新情報と成功確率の高い価値基準を活かす。!

適正規模を厳守した、地域の中小企業なら、世界国内の「雑魚」として、「もちつ
もたれつ」農耕民族としての全体最適協業すれば、国内で勝てる確率は高い。


日本の大魚と自己評価しても、世界では「中魚」程度にすぎません。
国家で庇護された大魚に、今の帰納法の連続思考では、21世紀前半内で、世界市場で弱者となり
国内市場で利益確保の仁義なき生き残るための企業我むきだしの全国ブランド力で、地域のバラバラ
の中小企業、生業家業を、短期で蚕食行動を採ります。
すでに、海外拠点を利用し、低価格自社輸入品で、すでに地域の消費動向を変える徴候が出てき
ました。
国鉄の民営化独占による、弱者化地域は人が来ない商店街となり1/4(大学が調査した結果)が空き
家にした同様な顛末が想定できます。地域の人は生活権を失い、生活に必要な最低限の働き稼ぐ場
を失い貧困化層の増加、生活保護招待の増加が益々加速される確率は高くなりました。


問題解決の突破口を探し、あなたの”戦略”に合わせ、21世紀型戦術、戦闘を組み、
先人の現実の進化段階に整合させ、自社の進化の段階との格差を制御する。!


自社の固有ノウハウ構築と未来事業展開の方向が観えてきます。!!

(1)21世紀の潮流に合わせ、最先端に向かって進化する事例をテーマで探すこと
のできる集約情報源(常に最新更新対応が必要条件)で問題解決の突破口の
内容の成功確率は高い。

ただし、”あなた”の価値判断成長レベルで天地の成功確率格差がでます。
診(観)えても見えず、猫に小判、価値が分からなければ”ない”と同じ。

「A志援-人財.com」を参考に自分流の価値判断を上げ続ける原理を体得して
いただき、いつでもどこでも応用できることが必要条件です。


(2)各ホームページは、その背景にある戦略(未来指標)は、「更新」の変化の方向
で、表示された言葉の言外にある方向性がわかります。
特に”あいさつ”の内容は、その時のリーダーの言葉で、未来にどうしたいか、
分かってきます。ただし、経営理念、ビジョン、行動指針と整合されていない場合は
次のリーダーに代わると内容が異なる一過性の場合があります。
リーダーが変わるとやり方が変わります。自社のチェンジを想定して観ると変化が
診えてきます。

◎ホームページの目的が 何かを忘れた組織のサイトは、顧客を大切にを標榜
していてもその組織の人は逆の姿勢の人の比率が高いことがわかります。
組織の本音は、日常の接した行動と整合させれば観えてきます。



(3)商品・製品・研究テーマ・組織の変化は、何を短期中期で重点にしているか
観えてきます。先人としてベンチマークして、比べて学んで、自社が追い抜く突破口
が浮かんできます。

◎コンテンツの更新時期が古い場合は、コンテンツの内容をクリックしても閲覧でき
ない場合があります。閲覧できないことが分析のチャンスと捉えるのもプラス発想。

事業展開の戦略カイゼンの速い企業ほどホームページの内容の変更、構成内容
変更等の速い傾向があります。業績安定成長企業ほど速い傾向があります。

コンテンツの内容が閲覧できなくなったテーマは、戦略戦術戦闘のなかの何かが
変更されたからです。そのホームページの企業名をクリックして、新しいサイトで
違いをチェックすると、何が変わったのわかります。

戦略の変化は3年(1000日)が基準で観るとわかります。
戦術の変化は、製品商品構成の優先順位の変化か新商品の追加です。展示会
情報と併用して観るとよりわかります。
戦闘の変化はお客様への対応の変化が観えてきます。


実務家の”あなた”は「最新事例で問題解決突破口探しの窓」を手掛かりにして、
検索で探し難いA志援サイトにを探し当てて、多くの制御型人財が自分流に
上手に加工して活用されています。

A志援サイトはすでに全国で累計150万件以上のアクセスがありました。
アクセス者数は累計12万人を超え、一人当たりのアクセス数が多いサイトです。
リピート者数は 5万人を超え、年3回転以上する人が2万人以上います。
同一の人が1ヶ月、1000件以上活用したことのある人が検索ロボットエンジンを除いて2000人以上
になりました。

複数アクセスする人財が増殖をはじめました。
毎月もれなくきちんと継続アクセスされる皆様に感謝と共に、着実に人財レベルをアップされ、
企業組織社会にすばらしい貢献をされることを祈念しています。

情報量「ゼタ時代」事業展開に関する問題解決をする最初の入り口として、目的的に絞込み
論理思考を拡大するために、帰納法検索と演繹法検索を組み合わせてあります。
あなたの論理思考体系に合わせて、活かすと、行動(歩む)すれば、次の目標(望む)が湧き
出て実体社会での実現確率が、高くなり、成功すると、また活用したくなるサイトになっています。



◎智慧本、雑誌、論文、新聞等書かれた内容、映像等は全て「実戦した人・
組織」の過去の集約であり、”あなた”が見た時はすでに「実戦した人・組織」
は次の進化をしています。

「船の航跡」をみながら学(真似)だけです。未来を読む自分流の成功確率の
高い方法(実務家として現実の中のもので空想ではない)が見付かりますよう
祈念しています。


 

 
更新 2012.10.13


□問題解決するための着手ポイントを探す
   
経営の視点から観(診)る。
   自分が変わり、周囲が変わり、集団組織が増幅機能が「もうちょっと」増加し始めます

       部分最適段階から
全体最適になつた段階から、想定以上の実現確率は高くなります。
 


◇自分を変え周囲が変る価値基準

◇経営者
営業パーソンは経営者ではない、経営者・経営陣は、必ず営業パーソン=創市場創客専門プロでなければならない。
経営者・経営陣は、業績低迷赤字の時、まさかの「坂」の時、自らが10倍以上の業績を上げる先行準備ができていることが自己責任型経営者の高額所得を採る役割機能です。
ITオタクの管理は営業ではない。指示命令は営業ではない。このような他人責任型の業績を黒字化できない経営者経営陣は、腹八分目の所得で満足して、多くの業績貢献に現場で働く人に、残りの収入を分配する度量が21世紀型の経営者・経営陣である。
見せ掛けのブランドは、短期でメッキがはげる時代になりました。
企業存続の危機のとき現地現場での重点集中行動できるために3年先行で、経営者経営陣(表の役者)は、市場に布石を打ち先行準備し、社員が、その軌道へ乗り換えるように、実務の制御型人財(黒子)を活かしきることができる人である。












 


直面する問題解決は仮説で構築した計画を重点集中徹底し常に軌道をタイムリーに短期修正、中期は段階的改革です。実現のための考え方は価値基準行動基準で成功確率は決まります。


◎解決するテーマ別に目的的にコンテンツから探す。

◆プロジェクト推進者として具体的懸案テーマ問題解決具体策を探す場合の開眼の光明の窓になります。

◆「何から、どこから実行するか」検討する場合の窓
 ◇突破口テーマ解決策

◆担当業務を改善変革し、儲かる企業として貢献したい場合

◆企業が評価する人財に成長したい場合

すべて「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」、重点集中で、現実の次々と想定外に直面する高い壁を、行動し、仮説で超える方法を組立て、総能力(しくみシステム人)が全体最適に集団組織の増幅量で超える(問題解決)できます。

もし超えられないときは「一部最適で、弱点部分」があったからです。「弱点をもうちょっと強化」が必要です。
たまたまの成功は、2匹目の「どうじょう」はすでに情報量「ゼタ時代」は多数の競合他社に取られているためいません。
過去の成功こだわる瞬間「運は消え」て逆に加速度的に、競合他社に抜かれます。恐竜企業の場合は短期で市場から退場する確率は高い。
必ず、運は追い風と「割り切り」自力で超える行動を採る。不思議に、運が呼び込めて、想定外のスピードで成功する段階がきます。その根拠は「学ぶ、真似る」ことができない、成功した人の潜在脳へ累積される暗黙知が増加し、要領のよい間接型指示命令するだけの人には見えない「コンピュータの演算回路、確率変数プロセス等」と酷似した、機能設計(ソフト)者だけに見えるコンピュータの「ブラックボックス部分」と同質の、現場の成功プロセスを組んで集団組織を増幅機能として活かした制御型人財(黒子リーダー)だけが気づける領域です。

勝つから強くなる、成功の蓄積は「匠」の段階になると不思議に人に蓄積定着出来てしまうパワーがあります。
最先端グループで勝ち続けることができる人が持つ不思議な「火事場のバカちから」として発揮できます。
 

◇企業の壁の突破口テーマ探し

個々の企業は、成長過程の中で、企業の個性が生まれ、進化変化より本流体制「慣性の法則」が 優先し、時代の変化への対応スピードが他社に比して遅れ始めたと気づいたときの「突破口テーマ」 探しに活かす時のトリガー探しの着眼の一つとして「A志援サイト・会員サイト」を推奨。 

◇突破口テーマの解決具体策探し



 


”あなた”の懸案のテーマを突破するための智慧を提供する志援企業および具体策情報。成功への未来が開眼(かいげん)します。
「何からどこから実行するか」検討する場合の窓

◎解決するための事例を具体的内容別に

 段取り⇒予算確保⇒ホップ⇒ステップジャンプ

段階別に 閲覧事例の窓があります。  
 

◇経営は環境適応業


     
 


”あなた”の会社が規模の壁を破るとき、決断するための突破口の事例を整理しました。まず、一つからはじめてください。次々と実行すべきテーマが浮かんできます。


◎企業の規模組織が変わると全ての経営資源を整合進化
が必要です。進化のスタートは重点集中突破口からはじめなければ何もできません。
 

□業種別上位ランキング定点
ベンチマーク素材





 


”あなた”の業種の上位ランク企業の最新進化を企業のホームページで定点ベンチマークすると、自社の最善の未来の事業戦略構築の突破口が観えてきます。

・電気機器 ・情報通信業 ・機械 ・精密機器 ・化学  
・建設 ・その他製品 ・輸送用機器 ・広告ディスプレイ 他 

         
◇「日本産業企業の成長過程」
  
複数のコンテンツを参照
 

□「新連携」で企業の使命実現の確率は上がる





 


「新連携」は中小企業の「強み」を持ち寄り、新事業展開を
行う新しい「ビジネスモデル」です。(独)中小企業基盤整備機構のカイゼンされ進化してきた「新連携支援制度」のしくみを応用展開し、自社新事業構築の実現期間を短縮し、勝ち残り、世界に比肩できる、日本の税収に貢献できる安心成長する多数の企業を計画通り出現させる確率は高くなってきました。

         
◇「新連携」型企業事例 

 
 


□若い最先端知識人で地域の知恵を進化









 

情報量「ゼタ時代」は、全国横断型ネットワークにより、地域の若い最先端知識人は、最先端の世界の共有情報を集団組織の潤沢な資金で、硬質な情報を入手できるしくみができています。活かし、実現化に関する格差は大きいですが、
地域の実務の制御型人財にとり、産学連携で、一社では不可能な高額がかかる情報を入手し「学び、真似る」時間生産性が高い時代になりました。

現在は21世紀後半を日本が勝ち残り続けるためには、若い世代の芽をすくすくと伸ばし、プラス領域の多い価値基準、行動基準で、小さな成功を多数演出志(支)援する段階です。
若い世代が、正しく育っようにできる現場・実務の制御型人財の数が、子孫繁栄を持続できる国家格差と相関があります。

◇グローバル競争を勝ち抜く論文検索
 

 

 


□未来の事業展開を善循環へチェンジする
「創市場」実現ポイントを探す
 



◇自分を変え周囲が変る価値基準

◇経営者



 

直面する問題解決は仮説で構築した計画を重点集中徹底し、常に軌道をタイムリーに短期修正、中期は段階的改革です。実現のための考え方のヒントを提案

経営の視点から価値判断行動基準の方向をプラス領域が多い方向に向ける。

新たな軌道は、現場の制御型人財は「もうちょっと」自分を変えると周囲、集団組織が情報量「ゼタ時代」を活かすと、共有情報ネットワークで想定以上の速さで変化が始まります。


 

◇創市場の具体策事例














 


創市場実現確率を上げるため、A志援のサイトの内容を問題解決(ソリューション)のテーマ別に整理しました。

企業の新業績基盤構築は存続のためのエンドレステーマ。経営計画の中の新規事業・事業再生計画がスタート。
その実行策を確信化し、総能力を超スピード行動に移すための情報をテーマ別に整理



◆創市場(新市場)を探す
◆新客を探す
◆テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)
◆コンタクトセンター関連情報
◆マーケティング支援機関
◆首都圏創市場実現の智慧
首都圏、地域、広域の深耕するとき便利な情報。
全国の中で、最先端事例としてまとめました。
”あなた”の貢献しているエリアで創市場を展開するとき、
最善の突破口を探す開眼の窓として役立ちます。

◆業界大展示会を活かす
 ・首都圏4会場の展示会開催日程1
 ・首都圏4会場の展示会開催日程2
 ・日本展示会協会
 ・展示会出展、参加者選択時の着眼

 

◇テレマーケティングによる
業績先行化








 


21世紀テレマーケティングとしてのコールセンターやコンタクトセンターあるいはネット通販といったキーワードで代表される顧客と企業、企業と企業のコンタクト手段は、「IT技術の進展によって、より効率的に、より快適になり、私たちの暮らしに欠くことのできない存在になつてきました。 また、距離を越えた活動が容易にできるため、地方では多くの雇用を生み出す原動力にもなっています。地域の機能すべて繋ぐ危機管理、防災、自衛のためのネットワークを、地域全体の創市場創客機能として活かしきると想定外の「儲かる」成功確率が高くなります。

◆コンタクトセンター関連情報


◆業務の専門度(創市場)を重点集中で深める

 

○ネット活用力が創市場実現格差


ネット活用力が創市場実現スピードを短縮と実現度合格差。自力力過信は自社事業展開の節目時、時流に乗るマイナス要素になってきました。

 


□業績先行善循環基準1

◎営業関係知識項目スキル
熟練度



 

営業担当者の知識項目と熟練度評価に関するIT業界のモデル、どの業種のセールスパーソンもIT業界の知識修得格差が業績格差と相関が出始めている。

20世紀代の20%程度の上位業績貢献個人に依存した業績の先行管理から、個人の20%程度の上位と60%程度の集団組織全体最適行動をさせるしくみシステムでの業績の先行管理がなければ、拮抗する競合他社の成長度が速いため、短期で市場から退場させられる確率は高くなりました。
 


□業績先行善循環基準2

◎創造的マーケティング

 

新製品・新事業開発のためには創造的マーケティングが着眼です。方法は、創市場、創客のためのシクミと実戦力格差です。
    
◇「新製品・新事業開発のための情報」
        
◇「コア・コンピタンス」の明確化
         
◇予算獲得のための上手な進め方
 

 

 


□自社の事業展開にプラスになる業界
   
最先端情報源の活用と連携し未来の進化を加速する窓

◇新製品新事業開発のための情報




 

◆最先端医療の現状
◆最先端下水道の現状
◆林業再生「緑の社会資本」の現状
◆第四次(通称第六次)産業、複合食品産業
◆21世紀が創る市場の現状
 ○植物工場の稼動と市場
 ○心エネルギーの稼動と市場
 ○スマートハウス・シティの稼動の現状
 ○スマートコミュニティ社会
 ○地方の空港は地域人商物流の突破口
 ○希少元素再生化資源と錬金術法資源の市場
 ○地域密着CATVの地域との融合現状
 

◇物流調達機能と事業展開との整合化


 


物流は第3の利益源。業務改善の一環に組み込む重要な要素になって 来た。最適なシクミ、システムを自力構築するとコストが上がり採算を出し難い分野で、外部活用を戦略的に検討する企業、連携する企業が増えて来ました。

社員の就労条件が異なり、専門性熟練度の人の成長プロセスが異なり、装置が共有できない事業は、自社と一体化融合した協業機能を活かすことが、全体最適で「儲かる」持続のための方法の一つです。

◆物流・流通業界の団体機関の変化を知る
◆SCMを事業の善循環化のしくみカイゼン
◆運輸構造の最新変化を知る
 


◇食と健康業界の変化情報

















 


業界研究事例 食の業界は、「安心・安全」追求、物流の進化、日本国内の世界最低レベル自給率から国際的な輸入環境の変化により、農業生産のハイテク化工場化が国家的戦略となり始めてきた。研究段階から起業段階へすすむスピードが加速されてきている。その変化情報を整理し、事業として役立つ情報を揃えます。

「いきもの」を原料とし、人間・いきものの生命維持を使命とする「いきものづくり」の業界です。他の業種業界よりも低単価にすることが、低所得者層でさえ健康維持ができる必要条件です。「儲けすぎない」ことが、価値基準行動基準にする方が
人間の尊厳の視点からプラス領域が多い方法です。
常に儲かるためには、適正規模を厳守し、必要以上の省力化のための高額装置にするより、最適な装置と、最適な人海のバランスの方が、常に安心安全の「いきものづくり」で低生産コスト化できる確率が高い。既に第三次産業は、サービス業という形で、多数の人海を海外の人件費と同程度以下で人をしくみシステム(装置機能と同等)で働かせています。

◆現在の食業界の本流を先導する企業
◆食環境向上推進基盤企業
◆食業界推進基盤企業
◆厨房設計・施工関係
◆食業界発展を支える企業
◆食業界・厨房業界発展先導企業
◆冷凍食品産業の進化
◆食料自給への対応
           

●健康機能再生復元探し
 ◆日本理学療法士協会

◇エネルギー自給への対応


 

               
日本国は21世紀エネルギー自給への対応をハイスピードで切り換える時期が近づいています。日本国は20世紀の「油断」時の「対症療法」が 再び21世紀は同様な状況に緊急対応できない現状を人財の皆様は、検証、確認せれたはずです。国家戦略とエネルギー自給を実現する多数人財の輩出が
急務。

 

◇半導体情報通信技術を活かす


 


情報通信機器の高機能化、低消費化の要求を満たすシステムLSI等を実現するために、半導体技術は進化をつづけています。世界規模で、急速な進化をしている業界


業界の変化は、実務に関係する制御型人財にベンチマークを分担させ、ホームページの内容の変化、徴候を常に学ぶしくみを推奨します。上場企業の動きを「読む」「観(診)る」ときに変化を速く感じる、情報感性を磨く訓練に役立ちます。
 

◇固有ノウハウを事業に活かす





 


中小企業が時代の潮流に適応して、企業規模を巨大化せず適正規模で、固有ノウハウを発揮し、国内市場、海外市場で生き残るための、事業展開のコアの軌道を最適制御しながら事業を継続している成長過程と、内容を学ぶ。

弱者化地域が、地域の固有技術を虚業かし複合食品産業の中で事業展開する方向を探すとき目的的に役立つ情報です。

●固有コアを進化させる企業群一覧
A志援サイトに誰か社員がアクセスしたか、直接面談したことのある企業です。固有コアが明確な企業団体で、最初に来訪した時に取捨選択して選んだ企業の一覧です。
 


◇業種専門技術を啓発する団体

 

 

地域の中小企業が、他地域の団体活用の成功事例を学び、現地現場で、学び真似るための道の案内役として上手に活かす機関です。政府が潤沢な資金提供をし、役員、会員、世界を市場とする大企業中堅企業の人財が、最先端の未知の知識、知恵、プロセスを機能開発するために活用したいます。
その実証検証し、既に実用化コストダウン方向が明確になっあものが多く、中小企業が短期で、肉薄することができる最適な目的的情報源の一つです。
 

◇地域密着CATVの地域との融合現状

  21世紀ライフライン業界として
 進化が加速されてきた業界
 (新規参入成長業界事例)




































 





 


21世紀急速な進化を始めた未知の分野

◎日本国内の環境が20世紀代にない新しいインフラに変わりはじめました。  
国主導のライフライン構築がスタートしました。
 
20世紀の成功体験の継続が正しいとは限らない時が近づいています。21世紀の一員として、地域を新たな活かし方をはじめる段階がきました。

●2012年8月末 総務省から南海トラフ巨大地震最新構想が発表され、地域の防災ネットワークがさらに人も含め、機能が強化さればじめました。
地域が金を負担して、現在の管理だけの、金食い虫で、大企業中堅企業だけが儲かるしくみに歯止めをかけて、地域が儲かる機能に上手に活用する千載一遇のチャンスの時がきました。地域のCATVを多機能目的の情報量「ゼタ時代」の球心機能にすると、地域のすべての事業、インフラ、行政が統合機能化できることに気づくときです。

◆「2011年7月24日地上放送の完全デジタル化」があり増した。 
◆「2010年を目標年次として「u−Japan構想」が本格的に遂行段階になり現在も地域ネットは2011年3月11日の東日本
大震災、福島原発事故と、海外からの脅威で、地域の危機管理ネットワークは、地域の人を全員つなぐ段階まで進化してきました。
  
 「ICT社会」の実現へ進化がはじまりました。 
 (ICT:Infomation & Communications Technology) 

◎どの業界も、インフラの組み換えは千載一隅のビジネスチャンスです。

地域蜜着型企業にとり「地域侵攻・深耕のタイムリーな情報発信」「身近なWeb、IP電話」「地上波デジタル時代」対応「地震天災の地域情報源」「地域共有情報源」等CATVの役割が進化スピードを上げる段階に入ってきました。
              

◆CATV業界関連団体広域企業            
◆CATV業界収益があがるしくみ
◆地域密着CATV企業の役割
◆地域VATVで押える着眼
◆地域密着CATVを補完優位化する無線機能


●地域型CATVの存在価値発揮エリア1  
    
北海道・東北・東京・関東・信越   
●地域型CATVの存在価値発揮エリア2
  
北陸・東海・近畿    
●地域型CATVの存在価値発揮エリア3
    
中国・四国・九州・沖縄 

◎地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化 
 


◇業種別定点ベンチマーク素材








”あなた”の業種の上位ランク企業の最新進化を企業のホームページで定点ベンチマークすると、自社の最善の未来の事業戦略構築の突破口が観えてきます。

・電気機器 ・情報通信業 ・機械 ・精密機器 ・化学  
・建設 ・その他製品 ・輸送用機器 ・広告ディスプレイ 
・水産農林業 ・食料品 ・卸売業 
・調査コンサルタント研究所  ・その他サービス ・金属製品・医薬品 ・教育関連 ・レンタル、リース 
・倉庫、運輸関連業 ・繊維製品 ・警備、ビルメンテンンス ・電気・ガス業  ・陸運業
         
◇「日本産業企業の成長過程」
  
複数のコンテンツを参照
 

◇新事業展開時の具体事例


日本国に世界から富を導く新事業・プロジェクトを実現する目的でインフラを最適整備するときに連携の役割ができ、活かせる進化固有技術を持ち、さらに進化確率が高い組織群


 

◇業務高品質高効率生産性へ変える原理


原理は個人の業務労働生産性格差は日常の行動を高効率的高品質高成功(業績貢献)のための超一流の武器を探し続け活かすことである。さらに全社で与えられたシステムを活かしきるのは普通のレベル。
 

□日本で実現可能になった
プロジェクト

 


「A志援-創客人財.com」の行政団体企業大学や公開の智慧等が世界観、国家的視野に立つと実現可能性があるプロジェクトをご紹介します。


 

 

 


□自分が変わる周囲が変わる重点集中ポイントを
探す
 

◇戦略的に制御人財に成長する具体策


◇着実に人財へ成長する機会を活かす 




 


役員・経営層・経営者を目指す人財の”あなた”が、成果を上げている現在多くの実戦型役員・経営者として活躍している先人の智慧、自己革新情報を集約しました。上手にサイトのコンテンツを活用しすばらしい成長をでます。
企業で活かし、累積した成長結果は、定年後さらに次の人生が開けてきます。

◆経営システムの評価
◆認証・標準関係機関
◆不易流行人財育成
◆経営実戦公開講座
◆資格に関する公開講座
◆潜在性格能力の評価
◆研究専門会場・情報
◆先人の智慧本(人財) 
 

 ◇若い最先端知識人で地域の知恵を進化






 

 

 
21世紀後半を託すために、若い仮想の世界で頭先行型、行動遅行型の「明日ローマをつくる」幻影を早期に、現地現場実体社会の中で、実体行動と実現プロセスの小さい成功体験を演出し、成功するからさらに成長する「勝つから強くなる」する「無限のバカちから」を発揮できる道を拓く時です。
先人は、自分を超えて見守り成長させるために、本人の行動総能力の130以上の過負荷を定期的に課すしくにを推奨します。20代に一定レベル以上に成長した、実務の制御型人財候補の数が、地域の共に豊な社会実現の成功確率格差になります。「浮き草型大人型子供」や高齢者で集団組織に規制がなくなり、金を持つと子供帰りする人」の数を最小化することが、子孫繁栄の分水嶺になります。

◆国立高等専門学校
◆技術経営(MOT)系専門大学院協議会
◆専門職大学院
◆農業関連大学&水産関連大学
◆世界観大学院・大学の活動
 

◇世界観、地球観、宇宙観人財の輩出












 







 


21世紀はコンピュータIT化情報共有化の進化により 国土資源が豊富(さらに人口数が多い)な国益最優先の国に富が集中し、逆の条件の国との富の格差は20世紀と比較し想像以上の格差時代が始まりました。世界の国力のバランスは急激に変化しはじめました。富む国を指導するすばらしい人財が、国益的価値判断から人類観、世界観、地球観、宇宙観に目覚める人財に成長輩出スピードを加速を必要とする時代がきました。もし輩出が遅れると人類、地球滅亡のカウントダウンがはじまる限界をはやめる真因となる確率は高くなってきました。

◎欧州統合(EU)に2012年の「ノーベル平和賞」を贈ることが決まりました。
EUは20世紀第2次世界大戦まで、国家間戦争で領土の拡大と防衛の剛型優位の行動の繰り返していましたが戦争を繰り返さない理念のもとに柔型行動優位に出来上がった共同体です。

21世紀の超金融操作と、少数の富裕層と、中流層が加速度的に減少し低所得層の多数化し増加する数字が見える段階になりました。国家単位のの社会保障では救済不可能な数に拡大してきました。EUは金融・経済の世界戦争で現状では、先進国から敗退し、衰退国への徴候と、20世紀代までの剛型行動の時代へ戻る確率がゼロではなくなりました。

EUが勝てる条件は 日本の地域で構築することを待望している原理を応用すると、EU全体が、短期ですばらしい共に豊な国に変る確率は高い。方向は、狩猟民族と日本の農耕民族の「よいとこ」だけ活かす価値基準行動基準の軌道修正をするだけです。

◎地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化

 

○業務に役立つ専門度を短期で深める窓








 


業務に役立つ専門度で格差を短期で醸成する窓を活用して、ランクの高い人財へ成長するようA志援では祈念しています。

専門度の深い、精度の高い、シンプルで体系化され応用度の高い、類似情報の源流となっている情報源を重点に紹介します。実証済みのもので、さらに深く追求したくなるトリガー要素も備えています。

◆市場的確把握既存情報を活かすプロの戦略家

◆知財を活かすプロ人財を目指す

◆物流業界のプロを目指す

◆厨房機器設備業界でプロを目指す

 

○先人の智慧「企業の博物館史料館」

日刊工業新聞が2008.9.25「仕事を知ろう」特集を活かし、先人の智慧、現在までの進化のプロセスを現地現場で観て、未来を拓くトリガーとして活用できます。 関連した情報を随時追加しています。
 

□経営人財システムの評価

 


経営システム(1時点でのX軸・Y軸・Z軸の進化段階)を定期的に評価しす因子(要素)をまとめ、あなたの会社用に選択して使用してください。


 

□自分を変え周囲が変わる価値判断


 


自分の今の成長段階は価値判断レベル上どの段階かを意識し、常にレベルアップする。個人だけでなく、周囲、自社組織の中で整合しながら成長しよう。

◇「自分が変わる原理」

◇「経営者」

 

□産業人材能力に関する情報


 


産業人材能力に関する情報をまとめました。自社を牽引する人財のイメージを現在の自社優秀人財をモデルに仮説的に描き、未来の付加すべき内容を、下記のような、多くの智慧を集約した情報源から選択し、成長経過をトレーサビリティー(追跡)して、改善継続してください。

 

□管理の基本機能





 


管理に関するシンプル情報、自社の具体的事例と組み合わせて、体系化できます。
          
◇「勝ち抜くビジネス手法」
           
◇「経営連携による強い企業化に関する理論武装」
          
◇ISO、認証を活かす「強い会社」つくり
          
◇再発防止に関する行動


 

□自分が変わる原理



 

研究室機能を持ち活かし、最先端の技術を駆使してしくみシステム化して傍が楽に、時間生産性が上がるように変え、自らが最大に活用し超一流を目指して成長して下さい。

◇TLO(技術移転機関)を活かす

◇業務高品質高効率生産性へ変える原理
.

□公開情報を活かし短期間で先人の智慧を理解する。

情報量「ゼタ時代」プラス領域量が多くなるように行動することが「人間の尊厳」を遵守する方向。




 

我流で、偏向可能のある自分流の理解スピードから短期間(時間)で先人の智慧基礎フレームを知りプラスαを付加したほうが、超一流人財に近づく確率は高い。

◆創市場創客にWebツールを活かす

◆ネット活用が創市場創客実現格差

官庁、公益法人は、民間では想像できない人数と時間と費用を使用して、コンテンツを作成しています。一企業、個人で収集不可能な段階まで世界の精度の高い、詳細情報を集約して「情報公開」する時代なり、閲覧できます。
自分たちの税金が一部です。時間を割けない自分たちの専任の代行者です。徹底的に活用をお奨めします。

21世紀の私たちの智慧袋の一つです。
 

 

 

 

 

 

商品一覧