開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

「新連携」で企業使命実現の確率は上がる

■「新連携」で企業使命実現の確率は上がる
                                                     
 080808

  TOP >カテゴリー一覧>「新連携」で企業使命実現の確率は上がる







 更新 2012.03.12                                                                                 

「新連携」は中小企業の「強み」を持ち寄り、新事業展開を
行う新しい「ビジネスモデル」です。

           
◎「企業の壁の突破口テーマ探し」

◎「突破口の解決具体策探し」

  
着眼は「外部の智慧との融合強化」
事業成功確率を上げなければ21世紀の強い競合他社のスピード・内容を超え難い確率は高い。 
会社の規模が変われば、どの企業も成長のしくみ・システム・人質の壁を超える時が来る。
環境業界が激変の時代に自在に適応できるしくみ・システム・人質の壁を超える時が来る。

●内部・外部(グループも含む)の智慧企業の機能を整合融合させて巧みに活かそう。

●社内の総合力・自力パワーに固執せず外部の智慧企業の機能を活かし壁を破る行動が21世紀型!
 個々の企業は、成長過程の中で、企業の個性が生まれ、進化変化より本流体制「慣性の法則」が
 優先し、時代の変化への対応スピードが他社に比して遅れ始めたと気づいたときの「突破口テーマ」
 探しに活かす時に勝ち残る方向の一つです。     



         

(独)中小企業基盤整備機構のカイゼンされ進化してきた「新連携支援制度」の
しくみを応用展開し、自社新事業構築の実現期間を短縮し、勝ち残り、世界に
比肩できる、日本の税収に貢献できる安心成長する多数の企業を計画通り
出現させる確率は高くなってきました。
国の連携のしくみを追い風にいかすことを推奨します。


◎「全国農政局、経済産業局の動向 
全国の農政局が、官庁横断型方式で、各エリアの食料自給実現の動きが
はじまりました。2009.07.29九州経産局と九州農政局は「植物工場」普及連携。
「植物工場導入促進懇談会(仮称)」がスタート

農商工連携で、世界的視野で実現するための情報が集約保有し、企業の先導役として、行政による
指導協力は時代の潮流を変える力が潜在しています。
他の長所短所混在情報、さみだれ分散情報、玉石混交のなかで、日本国として何を最優先すべきか、
高いレベルでの仮設方向と、実現への舵取りの影響力の大きさは、実業界の帰納法思考では解決
できないテーマの成功確率が高い場合が多い。
独立法人等の横断活用も民間より強い協力を発揮しやすい確率が高い。

国の、地域での施策、連携のしくみを追い風にすることを推奨します。




◎20世紀代の中小企業の場合
自己研鑽のために経営者、経営幹部、企業ぐるみで「異業種交流会」に所属し、
活用し、企業「生き残り、勝ち残り」を目指していました。

「一企業単位」、「個人能力単位」に依存した「個別で人の人財化を目指すこと」
が重点でした。

その人財が現場力を発揮できた段階から管理業務、追廻し型、指示命令型へ、
さらに戦略部門、経営幹部、役員、経営者へ昇進するとともに、他の人の成長
は鈍化し、「指示待ち族」が体制を占め、「王様と歩」の如く、新ノウハウの付加が
減り、現場力が急激に低下し、競合他社と成長格差が開きはじめて、気づいた
ときには、積み木崩しの如く、業界の環境内では競合他社が進化したため、
相対的に最初の段階に人のレベル、あたかも先祖返りしてしまった企業が
多かった。
その悪循環にありながら幸いに「適正規模を維持」して生き残れた企業は30年
以上の寿命の延命していました。
経営の原理原則が 時代と共に急速に変化してきたことに気づかず、短期での
対症療法的、一業界限定的、その例外的個人の成功体験だけを正しい異業種
交流情報と錯覚し、幻惑された時代でした。いかに真似ても自社では成功確率が
低く、逆に、悪くなり、倒産への寿命を短縮する加速さえするものも多かった。
そのときのモデル企業は現在存続していない企業の数が多い。

企業の基幹業務の中で、総必要時間数が大きい、反復型継続型、正しく機能
しなければならない熟練度の低い、必要で重要な実務機能を人件費ローコスト化
のために”「システム・しくみ」+「人材派遣」”に移行する企業が増加し、その中味
演算の原理を習熟した人財数が僅少化し、現場は競合他社を超える固有技術の
進化ができなくなりはじめ、マニュアル、共有情報(その企業の中間レベル)
の体制となってきました。新人、経験度、体験度の低い段階では、短期で促成
成長はできますが、自社の固有技術をアップするその人の人生最大の成長期は
自分で構築したことのない「映画のセット」のような「見せ掛け成長」のため、
「裏にまわれば何もない」、一家言、価値判断を持たない、原因他人論が主流となり、
例外人財、本物人財の成長が評価されなくなってきました。

中小企業は、生き残るために総人件費を圧縮し、即戦力優先し、次の世代の
戦略的人財育成数は階層別少数精鋭にしたために、年数とともに、高齢化が
進み、外部環境の急激な変化に対応できない、復元力の弱い人の体質になり
ある想定限度を超える負荷が発生すると、合併、倒産、廃業が増加する傾向
が現状でした。

日本国の機能の成長因子である、インフラの成長度合は、格差が大きく、共有
情報、個人、企業、学校、団体等成長段階の整合性がとり難い段階でした。


21世紀に世界の中の日本国の潮流が変化したにも関わらず、中小企業の
経営者、経営幹部は優れた企業のあなたのような「A志援サイト」を活用される
人財数が まだ、非常に少ないのが現状です。

逆に、日本に参入しようとする海外の企業の皆様の方が想定以上の活用をされ
ているのが現状です。


全国約420万社ある中小企業で、上場企業まで進化できた世界市場で活躍する
企業及び企業グループの数が少ないのはなぜでしょうか?

少ない社員数の中で、経営者、経営幹部が、企業を動かすことが、まだ外部の
競合他社の成長スピードが遅く、世界企業の日本参入もすくなく、まだ、赤字で
も資金繰りで生き残れましたが、世界への開放型に日本国が変わった現在、
企業の成長に合わせた、適切な、しくみ、システムの進化が必要です。

                      
◎A志援は「外部の智慧との融合強化」が事業成功確率を上げなければ
21世紀の強い競合他社のスピード・内容を超え難いと考えています。 




◎21世紀、日本国のインフラ、ライフラインの変化を活かすように中小企業
が順応すると、安心安定黒字企業の数を計画的に増加させる段階が近づいて
きました。 

「一社内の人の成長を待ち」状態でカイゼン対応しても進化には時間がかかります。

中小企業の場合規模が相対的に小さく、その企業の細部まで習熟した少数
人財がいます。経営者、役員と「その少数の一流以上の人財」を企業の
先導グループにし、「新連携」のような「ビジネスモデル」のしくみ、システムを
上手に活かし、外部の智慧集団、しくみ、システムをフルに連携して活かし事業
展開をすると、「新連携」を活かし、自社を勝ち残らせる道が拓けてきます。


現在も順調に成長している企業の成功法則は、自社以外の味方を増殖させる
しくみとして、「外部役員、専門型顧問、パートナー制度」を導入している企業の
比率が高くなってきました。

                    
 参考 「ドイツのSAP(SAPジャパン)」の日本国内に合わせで業種、業態別
     パートナー企業(人財)を計画的に継続的に育成した事例、現段階
      では比肩でき難い段階まで成長してきています。


◎2008.08.05 日刊工業新聞 中小企業庁長官 長谷川 栄一 氏
「中小企業では業種だけでなく、各社で経営者やそこで働く職員のニーズが大きく
異なる。実態をとらえて、それぞれの持ち味を生かすために、国が制作を提案し、
民間をリードする(提案型)と、民間から要望を受けて制作立案する(要請順応型)
の両面から対応していく」「中小企業庁220人の職員の力を総動員して、可能な
限り中小企業のニーズに対応していくが限度もある。都道府県の自治体や、
関係機関、独立行政法人と協力し、相互補完しながら政策を実行に移す」


◎(独)中小企業基盤整備機構の「新連携」の展開には、対応企業数は、極少数
対応しか出来ませんが、この考え方を生かし、展開時のアドバイスを受け、
地方自治体、日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会、
             
「(社)日本ニュービジネス協議会連合会」 等を活用する方法もあります。
 

◎地域を企業の業績基盤とする場合、地域密着型CATVの「ライフライン」を
活かし、地域の成長を具体的に国民に知らせることが可能になります。
「企業の成長を正しく知らせ」「働く人がその中で活躍する主役」にさせる。
計画経営のための演出として「経営可視化・観える化」ができる可能性が
高い方法の一つです。

 参考 製造工場の見学コース、製造工場の工程を見学コース化し、社員を
     主役にふさわしい働き、評価される演出のための自己成長をやらざる
     をえない形にする効果。地域密着CATVは「地域プロジェクトの進行を
     映像で継続的にテーマ別に放映する。その主役は地域の中小企業
     であり、映像化するために、多くの外部の智慧でプラス監視されるよう
     になり、この程度という妥協から「もうちょっと!」とプラス行動へ変わる
     最適ツールの一つです。

                    
      「地域密着型CATV企業の役割」の実現加速を待望します。



「日本で実現可能になってきたプロジェクト」を現実化するスタートの時代
がきました。

日本国が、日本の財政破綻を、日本国の力で歯止めをかけて、黒字化に転ずることが出来なくなる
分水嶺のときが近づいています。今、現実化のスタートを始めなければ、成功確率は低くなります。

道州制等地方分権力強まると、21世紀世界に比肩できない大企業の歴史と同様に、日本国衰退
の方向を進む確率が高くなります。

日本国は、大プロジェクトを計画しても、投資費用が確保できず、調整に長期間かかるか、実行できない
時代に入る、分水嶺が近づいています。
小手先の小型プロジェクト中心が増え、国民に評価されるため、日本国内での調整が出来にくくなります。

アメリカ、ロシア、中国等広大な土地のある国とは違い、江戸時代の藩時代へ先祖帰りがはじまる徴候
が出はじめました。

20世紀代バブル期まで成功モデルとし展開した大企業の経営戦略、子会社制度、事業部制度、
小さい本社、ミドルアップ部課長経営、拠点経営、個人評価による年俸制度が定着した企業は、
負け戦になると、組織力での反転力が弱く、復元できません。倒産軌道を一直線に進みます。
21世紀の世界的競争の時代は、弱体化戦略であつたことに気づき、優秀な復元スピードのある企業から、
ホールディング方式等、企業の総能力を高めるためにグループの統合化が本流になってきました。
市場を国外に求めなければ存続できない小民族、小国土、小資源の国にとり善循環軌道へ変える変曲点
の時代になってきました。

国内の大プロジェクトは、大企業・中堅企業とグループの中小企業連携で、国内に世界に比肩できる
ノウハウが、蓄積できます。プロジェクトに関わった中小企業が永続的なサポートを事業として展開する
と道州制の安定税収としてはじめて還元されてきます。

大企業中堅企業には、海外での事業展開時、成功事例の水平展開ですから、初めての競合企業より
優位になれます。その国が、実現のための計画期間より、短縮した形で日本国の企業は実現できます。
21世紀は、実現スピード競争の価値は、蓄積した机上ノウハウの量より優位になります。
日本国が支援した海外戦略の方が、企業単独で展開するより、時間は短縮されます。
知行一致の価値のわからない国は、共存上、他の企業に任せ、わかる国、国民の多い国からはじめれ
ばよい。

日本国主導で、動きをはじめなければ、他の国の思考構造による価値判断が優位になる徴候が始り、
価値判断分散型日本国民が多くなると優れた価値判断を選択する国民数が50%以下になると、
国家プロジェクトへの意志統一は出来ない確率はさらに高くなってきます。


 

  
   ↓ クリック                                        ↓ クリック

□新連携支援地域戦略会議
  中小企業基盤整備機構

 


我が国の経済を活性化するためには、技術やノウハウを有する中小企業が新しい事業に挑戦することが必要です「新連携支援地域戦略会議」は、中小企業が連携して
「強み」を持ち寄り新たな事業活動を行う「新連携」を応援します。

 

◇新連携とは


 

新連携(中小企業新事業活動促進法では「異分野連携新事業分野開拓」といいます)とは、その行う事業の分野を異にする事業者が有機的に連携し、その経営資源(設備、技術、個人の有する知識及び技能その他の事業活動に活用される資源をいいます)を有効に組み合わせて、新事業活動を行うことにより新たな事業分野の開拓を図ることをいいます。(法律第2条第7項抜粋)
 

◇戦略会議とは

地域の総力を上げて新連携の取組を支援するため、全国9ヵ所の地域ブロックごとに設置しており、本会議と事務局から構成されています。
 

◇支援策一覧

◆人連携認定

◇FQA


 


◇連絡先

 

新連携支援地域戦略会議事務局一覧

◇戦略会議事務局










 

◆北海道

◆東北

◆関東

◆中部

◆北陸

◆近畿

◆中国

◆四国

◆九州

◆沖縄

 

□産学官連携支援



















































 

◆産学官連携支援について
中小企業が産学官連携に取り組まれる際には、最適な連携相手を見つけることが難しく、また、期待される成果(事業化)を早期に達成できないという課題があります。
中小機構では、「経営支援」と「全国的ネットワークによるマッチング支援」という強みを活かして、中小企業の産学官連携を広くサポートいたします。

◆中小企業産学官連携推進フォーラム

◆「中小企業産学官連携事例集」
2008(平成20)年5月に「成功事例に学ぶ産学官連携の秘訣─売上に寄与した128事例─事例集」を作成致しました。
本事例集は、5月23日に開催した「第4回中小企業産学官連携推進フォーラム」において参加者の皆様にお配りしたところです。

◆公設試験研究機関現況
本報告書は、全国約145の公設試験研究機関から提出された調査票をとりまとめ、以下記載項目について、各機関の現況を掲載しております。
中小企業の産学官連携支援を展開する支援機関等に配布をしておりますので、ご希望の方は、下記問い合わせ先までご連絡下さい。

◆共同研究等動向調査報告書
年度別に閲覧できます。

◆異業種交流グループ情報調査
異業種交流グループの名称・所在、活動状況等をアンケート調査により統計的に集計・分析することで、全国の異業種交流グループ数の推移及び最近の活動の実態の把握に努めています。 さらに、平成16年度以降については、異業種交流グループがベンチャー企業の創業や事業展開に果たした個別具体的な活動実態等の調査を行い事例集としてとりまとめています。
※平成20年度以降の調査報告書、平成18年度以降の活動事例集は、作成しておりません。

◆中小機構関連、産学官連携融資
中小機構では、日本政策金融公庫(前 国民生活金融公庫)と連携して「中小機構関連 産学官連携融資」を2008(平成20)年5月19日より開始いたしました。

下記のとおり産学官連携に取り組まれている中小企業の方がご利用できます。
・大学や研究機関との連携により新たな事業展開を行われる方
・産学連携にかかる共同研究費が必要な方
・知的財産権を利用した事業を行う方 等

□産学官連携関連リンク
◆産学官連携支援データベース(科学技術振興機構)
 利用可能な省庁等の研究支援ファンド、融資制度、税制を探すことができるデータベースです。また、特定の技術分野に詳しい連携コーディネータや、産学官連携機関を探すことも可能です。

◆産学官の道しるべ(科学技術振興機構)
日本国内の産学官連携に関する情報を一元的に入手できるポータルサイトです。

◆UNITT INQ(大学技術移転協議会)
大学技術移転協議会の会員に対しまして、技術シーズのお問い合わせができます

◆挑戦支援融資制度(日本政策金融公庫)
技術・ノウハウ等に新規性がみられる方などを対象にした融資制度をご紹介するサイトです。
 

□農商工等連携の支援・地域資源活用の支援・新連携の支援
















 

□農商工等連携事業・地域資源活用事例・新連携事業
全国10ヶ所にある中小機構各支部・沖縄事務所では、ビジネスに精通したプロジェクトマネージャー等が、地域資源活用事業、農商工等連携事業、新連携事業による新商品・新サービスの開発等の実施にあたっての事業計画の策定、商品開発、販路開拓等のアドバイス・ノウハウ提供などを行い、事業の構想段階から法認定後の事業化まで一貫したハンズオン支援を行っています。
◆農商工等連携事業の支援
◆地域資源活用の支援
◆新連携事業の支援

□地域企業化力向上支援事業・市場調査支援施設(テストマーケティングショップ)
首都圏での販路開拓のきっかけづくりやテストマーケティングとしての活用を図るため、首都圏に市場調査支援施設を設置し、地域発信の事業の全国展開や需要の拡大に向けた支援を行います。

□首都圏等販路開拓商談会

□地域活性化新事業創出サポート事業

□地域中小企業応援ファンド

□地域活性化パートナー事業

 

 

 

○J-Net
新連携・地域資源・農商工連携

 中小企業地域資源活用プログラムのオフィシャルサイト
 J-Net21は中小機構が運営する中小企業のためのポー
  タルサイトです。

 

○地域資源活用支援事務局
  活かそう!地域資源
 新たな事業展開を支援します。 




 

地域資源を活用する新事業をサポート!!
中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)は、「中小企業地域資源活用プログラム」の一環として、地域の「強み」となり得る産地の技術、農林水産物、観光資源等の地域資源を活用して新商品・新サービスの開発等に取り組む中小企業に対し、事業の構想段階の相談から商品開発、販路開拓等のアドバイス、ノウハウ提供などにより事業化まで一貫したハンズオン支援を行い、事業を成功まで導くことを通じ
、地域経済の活性化を支援します。
 

○地域資源テストマーケティング・ショップ
 

地域資源テストマーケティング・ショップRin
(新規ウィンドウ表示)
地域発 職人の技+日本デザイン
・CONCEPT
・PRODUCTS
・EVENT&NWES
・COLUMNS
・SHOP GUIDE
・ACCESS
 

○産地用地ナビゲーター

 

産業用地ナビゲーター
工場団地、企業団地など、産業用地の選定を支援して
います。

 

○経営自己診断システム




 

経営自己診断システム  利用料無料 登録不要
・自社の財務データを入力するだけで、即時に財務状況
 と経営危険度を把握できるシステムです、
・本システムへの入力情報は自社財務データの一部のみ
 であり、社名等の特定する情報に入力は必要ありま
 せん。
・本システムへの入力した情報は、利用者自身の自社の
 経営診断以外の用途に使用されることはありません。
・本システムは、一般社団法人CRD協会に蓄積
 されている100万社以上の中小企業の財務データを
 活用しています。

 


○Web-Training

 (中小企業大学)
 

中小企業大学校Webトレーニング
働く人材のeラーニングサービス


○街元気プロジェクト

街を元気にするのはあなたです
 

まちづくり現地研修!参加者募集中!! 
人が集まり、笑顔が溢れる、元気なまちをつくりたい!
  

○e-中小企業庁ネットワーク
 

中小企業庁は、現在事業活動を行っている中小企業、これから事業を起こそうと思っている方々を、様々な角度から支援する対策を展開しております。
 

○農商工等連携の支援








 

我が国が地域を中心として活力ある経済社会を構築するためには、地域経済の中核をなす中小企業者や農林漁業者が元気を取り戻すことが不可欠です。
そこで、農林漁業と商工業等の産業間連携(農商工等連携)を強化し、地域経済を活性化するための法的な枠組みを整備するために、「農商工等連携促進法」が成立しました。 
同法では、農林漁業者と中小企業者が共同で行う新たな商品やサービスの開発等に係る計画について国が認定を行い、この計画に基づく事業に対し、補助金、政府系金融機関による低利融資、信用保証の特例等の支援が行われることになります。

 

 ◎「新連携」型企業事例












 

総合的な多機能を持つ企業が、20世紀後半は部門のしくみシステム、
人事システムの違いのために、複合管理コストを減らし、小さい管理部門化
を目的として、企業分割し、分社化をとる企業がありましたが、分割による
強みの分散化、組織としての強みが減衰し、個別企業の競合他社(海外の企業)に優位を維持でき難くなってきました。
21世紀は、顧客の共有化、固有技術の整合的な進化させ、世界、国内の競合他社より常に優位を維持する進化を維持するために、経営戦略企業を
核(コア企業)として複合機能を持つ企業グループとして顧客を共有化しながら進化する「新連携」型ビジネスモデルが成長をはじめてきました。

◎コア企業が企業関心成長のトリガー(事務局的要素)役を兼務することが
重要になってきました。

                   
参考 経営連携による強い企業化に関する理論武装
       
(サイト内)
 

◎TLO(技術移転機関)を
活かす
(サイト内)










 

大学等技術移転促進法(TLO法)に基づき、文部科学大臣と経済産業大臣により特定大学技術移転事業(TLO事業)の実施計画の承認認定を受けたTLOが企業に
評価される実績を上げ始め、進化のスピードが加速されてきました。
 TLOとは、Technology Licensing Organization(技術移転機関)の略称です。大学
の研究者の研究成果を特許化し、それを民間企業等へ技術移転(Technology
Licensing)する法人であり、産と学の「仲介役」の役割を果たす組織です。
技術移転により新規事業を創出し、それにより得られた収益の一部を新たな研究
資金として大学に還元することで、大学の研究の更なる活性化をもたらすという
「知的創造サイクル」の原動力として産学連携の中核をなす組織です。
                                                   

◎社長輩出数の上位ランク大学
の育つ風土





 

           
社長輩出数の上位ランクの大学には、未来の人財が育つなかみとシステムが他の大学より揃っている確率は高い。自社人財の成長を加速する突破口を探すとき、原点回帰、大学の研究部門、大学院の研究科等、入社前の長所強みを専門性として伸ばし続け、関連分野から総合性を広げる方が一流以上の人財に育つ確率は高い。
         
            

◆社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土(1)

   
慶應義塾大・東京大・早稲田大
(サイト内)
            

◆社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土(2)
    京都大・中央大・同志社大・立教大・一ツ橋大・大阪大
                                               
(サイト内)
 


◎連携基礎研究機関として学校機能を活かす。

・自社の研究所の応用研究人材候補を養成することを前提として、次代の先行型開発の布石として、高等専門学校、大学、大学院の研究部門と機能の連携を推奨します。自社の固有後術と融合可能な商品製品候補を検討するために、学校機能に整備された世界の、最先端情報を一企業で整備できない規模とレベルに進化していることに中小企業は特に気づくことが重要です。
活かせる宝の原石が豊富にあります。 


 

(サイト内)

◆技術経営(MOT)系専門職大学院協議会

◆国立高等専門学校機構

◆専門職大学院

◆農業関連大学&水産関連大学

◆世界観大学院大学の活動



 






 □新連携 事業の「近畿地域活性化支援事務局」の案内について

  「新たな事業創造に挑戦する近畿地域の新連携事業 2008(平成20)年3月より
  「市場志向型ハンズオン支援事業」の内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


   

カテゴリ一覧
「新連携」型企業事例
企業分割では、世界、国内の競合他社より常に優位を維持する進化が遅れる可能性があり、経営戦略企業を核として複合機能を持つ企業グループとして顧客を共有化しながら進化する「新連携」型ビジネスモデルが成長をはじめてきました。
TLO(技術移転機関)を活かすd
大学等技術移転促進法(TLO法)に基づき、文部科学大臣と経済産業大臣により特定大学技術移転事業(TLO事業)の実施計画の承認認定を受けたTLOが企業に評価される実績を上げ始め、進化のスピードが加速されてきました。
横断型基幹科学技術研究団体連合
横幹連合は、文理にまたがる43の学会が、自然科学とならぶ技術の基礎である「基幹科学」の発展と振興をめざして大同団結したもので、限りなくタテに細分化されつつある科学技術の現実の姿に対して、「横」の軸の重要性を訴えそれを強化するためのさまざまな活動を行つています。
全国公設試験研究機関
全国の公設研究機関を自社の機能の一つとして、活かすことが、最先端機能開発研究人財数の少ない中小企業が不足の強化補完できる21世紀型しくみの一つです。