開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

日本で実現可能になつてきたプロジェクト

■日本で実現可能になつてきたプロジェクト  081208

A志援人材人財の価値基準>日本で実現可能になつてきたプロジェクト





更新 2012.10.13

世界観、地球観、宇宙観を持ち、政治力、武器、世論の力を借りず、日本の国力を
世界へ雄飛させ、地球人類ともに豊に、地球の生態系を復元させる善循環へ推進できる
小日本民族だから出来る総力の結集の時代がきています。

10年間現状を継続させると、諸外国の急速進化と国民の数の力のために、「ゆで蛙」の
状態となり、 日本国復元機会はますます困難な時代がはじまります。

◎日本を事例として、まとめてありますが、万国共通に役立ちます。
 ただし、自国の体制である本流の価値判断に合わせるために、現状をきちんと
 整理し修正する必要があります。本流の中で、できる範囲から成功事例を創り、
 成功の波及に活かせは、あなたの智慧の付加の一つになります。

 日本人の価値判断で選択した一人の人間の情報であるために整合修正しあなたの
 総能力と融合させる要素(因子)が明確化できる成功確率は高い。
 世界の本流を占める情報は複数の人間の複合情報、総合価値判断が入るために、
 あなた個人の成長軸を成長させるトリガーを成長段階ごとに探すとき、核心因子を
 抽出するためには無限因子から優先順位を決めてはじめなければなりません。
 修正するときに明確な主軸がずれますので修正不可能に近いですが、立体型の価値
 判断の主軸が同軸であるため、どの当面するテーマでもプラスマイナスを付加すると
 解析すれば改善修正し自分流が組立て易くしてあります。

 自国に最適な形で、すばらしい自国を創る情報の一つとして活用を待望します。


 

「A志援-人財.com」のサイトを創る時、個別では、想定以上のスピードで 世界に
比肩できる多くの進化要素が、行政、団体、企業、大学や「公開の智慧」の中で
育ってきていることがわかり、整合して活かすと、素晴らしいパワー発揮の可能が潜在
しています。創市場創客に関わる企業事例を生かし、体験にプラスαとして付加し、更に
高い成長できる人財数が想定以上に微少で、他の情報と同様に、自分のパソコンの使い
きれない情報と同様に蓄積したまま何年も休眠させる休眠アクセス者が30%を超えてきま
した。検索エンジンの機能が進化し、ホームページの中にコンテンツも検索できる時代に
なり、1500件以上を越える検索リンクからのロボットエンジンや、目的と乖離したリンクj先
からの掲載先への「何か変な」活用アクセスがでてきました。

2つのサイトを統合して、企業の相対比較と、活用目的、体系的先人の智慧と整合統合
させた、マクロ検索では、情報量整理ができ難い領域を存在価値とするサイトづくりにしなした。

日本国内、海外で、ここまで実現できる可能性が出てきていることを素晴らしい人財のあなたが
気づき、サイト内の素材情報を活用し縦横に実業の世界で活躍し、周囲に貢献できる確率が
高くなるようにしてあります。



固有技術、能力、人財を個別の視点からではなく、「我」を捨て、日本国の視点で
日本にとってふさわしい「知行一致」の実戦体制に入れば、個別の進化を追求するよりも、
世界に比肩できる最適なものを生み出すことスピードが速いことに気づく人財は多いはず
です。

日本国が、一つのファクトリー(工場)として、制御人財がふさわしい連携をしなければ
コントロールする機能が育てば、成功確率は高くなります。もし育つタイミングが遅れると
日本存亡にかかわる分水嶺が近づいています。
そのファクトリーを最適に活かす制御人財の連携をスタートし、共鳴、共振、共働する数を
増やしはじめる時がきています。日本の強力な統覚機能の成長を急ぐ時です。


日本国内の環境が20世紀代にない新しいインフラに変わりはじめました。
国主導のライフライン構築から分散化方向はスタートがはじまりました。
 
歴史に学び、海外との比肩を目指すより、国内の小局着眼する群雄割拠の時代を回避
する方向軌道を修正する必要性に気づく人財の数を待望しています。

20世紀の成功体験の継続が正しいとは限らない時が近づいています。
 

◆「2011年7月24日地上放送の完全デジタル化」が施行されました。
  一部地域は2012年3月31日に施行され、完全に新しいしくみに変わりました。

  「2010年を目標年次として「u−Japan構想」が本格的に遂行段階になりました。   
     「ICT社会」の実現へ進化がはじまりました。 
  (ICT:Infomation & Communications Technology)  

     「地域密着CATVの地域との融合現状」


◆地球環境をテーマに「自動車革命」の時代に入りました。広大な裾野企業も革命的進化
 が必要な時代が、近づいています。

◆2011年3月11日の東日本大震災は、東北の震災地域は、新しい地域にに変る胎動が
はじまり、阪神大震災とは異なる変化に貢献する制御型人財が総能力を発揮するときが
来ています。

◆2011年3月11日の福島原発事故は、「原発の安全神話と環境に最適発電の幻想から
覚醒させました。」産業の血液であり、栄養源であるエネルギー源の安定安心供給の
しくみシステムの組合せ構造の組換えと、新エネルギー開発が急速に世界規模で進化
してきました、

◆世界で「真似した」型日本の成功ビジネスモデルは、後進国、富裕国家が、短期で、
世界NO1になれる時代がはじまり、オリンピックのメダリストはその他の人との差は微差
で、誰がメダリストになってもおかしくない環境で晴れ舞台で最大の総能力を発揮できた
ためです。世界市場のシェアの拡大も、国策的支援、金融支援、関税障壁
 
◆環境テーマの地球規模での企業の存続の価値判断を20世紀の帰納型進化では、時代の
 潮流と想定以上の速さで化石化をはじめた20世代最先端企業が出る徴候がでてきました。

 ◎どの業界も、インフラの組み換えは千載一隅のビジネスチャンスです。

    
急速の統合がはじまる「ライフラインの構築」と同時に、その投資効果、生産性を上げる
ために同時に、日本の財政再建、中小企業の黒字化、食料の自給、エネルギーの自給の
実現可能化プロジェクトを組めば、「国力充実のライフライン」になる可能性が出てきます。

日本国内のローコストの自給体制がある一定量を超えると、諸外国と平行貿易ができるようになります。世界への貢献国化へ転換できはじめます。



 ◎日本国のために、
   自己責任で、プラス発想で、自分が変わり、周囲を変える時です。




◎地域の環境変化の近未来を知るとき地域行政の政策の変化を正確に観(診)る
  ことが先行した事業展開に役立ちます。  

             ↓クリック
   「全国知事会ホームページ」




◎実現へ導く具体的情報

  
「新事業展開時のインフラの進化」

    
「最新事例で問題解決突破口探しの窓」

      
「新製品、新市場開発のための情報」 

   
「日本の産業企業の成長過程」

      
「創市場創客の具体策事例」

      
●食と健康業界の変化情報
    
「食料自給への対応」
     
「現在の食業界の本流を先導する企業」 


◎実現へ導く技術・ノウハウの最新化できる情報
  
未知のプロジェクトを実現する上で、自社のノウハウに過信せず、活かす
   ことが成功確率を高める方法です。自社に細部蓄積ノウハウは、人材の
   成長が整合されない限り、他社では短期で真似ることの出来ない固有
   総合技術になります。実現には時間軸が必要です。
   無限に
「自分を変え周囲が変わる価値判断」を持続させるためには
   若い時代から知行一致、汗をかき(ムダにみえる今に徹する)全力実戦
   臨床、実証が、机上の仮想より、想定以上の期間で実現確率を高め
   ます。
   
   
「業界団体の活動内容に学ぶ」

   
「専門学会の活動内容に学ぶ」

      
●先進する事業の勝ち残る知恵を活かす
         「固有ノウハウを事業に活かす」
      「業種専門技術を啓発支援する団体」
     「半導体情報通信技術を活かす」
      「エネルギー自給への対応」 

       
      
●「若い最先端知識人で地域の知恵を進化」
          
「社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土1」
         
「社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土2」 
            「TLO(技術移転機関)を活かす」 
            
「農業関連大学&水産関係大学」c  
        
「専門職大学院」
            
「国立高等専門学校機構」
            
「技術系大学(MOT)系専門大学院協議会」  
            
「世界観大学院・大学の活用」         
        


  

◎「日本で実現可能になってきたプロジェクト」を現実化するスタートの時代
がきました。

   「全国の農政局・経済産業局の動向」  

日本国が、日本の財政破綻を、日本国の力で歯止めをかけて、黒字化に転ずることが出来なくなる
分水嶺のときが近づいています。今、現実化のスタートを始めなければ、成功確率は低くなります。

道州制等地方分権力強まると、21世紀世界に比肩できない大企業の歴史と同様に、日本国衰退
の方向を進む確率が高くなります。

日本国は、大プロジェクトを計画しても、投資費用が確保できず、調整に長期間かかるか、実行できない
時代に入る、分水嶺が近づいています。
小手先の小型プロジェクト中心が増え、国民に評価されるため、日本国内での調整が出来にくくなります。

アメリカ、ロシア、中国等広大な土地のある国とは違い、江戸時代の藩時代へ先祖帰りがはじまる徴候
が出はじめました。

20世紀代バブル期まで成功モデルとし展開した大企業の経営戦略、子会社制度、事業部制度、
小さい本社、ミドルアップ部課長経営、拠点経営、個人評価による年俸制度が定着した企業は、
負け戦になると、組織力での反転力が弱く、復元できません。倒産軌道を一直線に進みます。
21世紀の世界的競争の時代は、弱体化戦略であつたことに気づき、優秀な復元スピードのある企業から、
ホールディング方式等、企業の総能力を高めるためにグループの統合化が本流になってきました。
市場を国外に求めなければ存続できない小民族、小国土、小資源の国にとり善循環軌道へ変える変曲点
の時代になってきました。

国内の大プロジェクトは、大企業・中堅企業とグループの中小企業連携で、国内に世界に比肩できる
ノウハウが、蓄積できます。プロジェクトに関わった中小企業が永続的なサポートを事業として展開する
と道州制の安定税収としてはじめて還元されてきます。

大企業中堅企業には、海外での事業展開時、成功事例の水平展開ですから、初めての競合企業より
優位になれます。その国が、実現のための計画期間より、短縮した形で日本国の企業は実現できます。
21世紀は、実現スピード競争の価値は、蓄積した机上ノウハウの量より優位になります。

日本国が支援した海外戦略の方が、企業単独で展開するより、時間は短縮されます。
知行一致の価値のわからない国は、共存上、他の企業に任せ、わかる国、国民の多い国からはじめれ
ばよい。

日本国主導で、動きをはじめなければ、日本人の衰退に歯止めをかけて復元できる可能性がある限界の
時代が近づいています。すでに他の国の思考構造による価値判断が優位になり、人の価値判断、日本国の
しくみ、システムの機能さえもその徴候が始っています。価値判断分散型日本国民が多くなると優れた
価値判断を選択する国民数が50%以下になると、国家プロジェクトへの意志統一は出来ない確率はさらに
高くなってきます。



◎情報量「ゼタ時代」は弱者化地域だから勝てる条件を実現できる時代に入りました。

 「地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化」

 

 


 

 □21世紀が創る新市場が地域エリアの総合的
インフラ変化の胎動が始まる。

                                   2012.10.13     


 ◎地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化
   
情報量「ゼタ時代」は弱者化地域だから勝てる条件を実現できる時代に入りました。


◎新エネルギーの稼動と市場

新エネルギーをはじめとした次世代のエネルギーについて、実際に国民が見て触れる機会を増やすことを通じて、地球環境と調和した将来のエネルギーの在り方について、国民の理解の増進を図るため、太陽光等の次世代エネルギー設備や体験施設等を整備した「次世代エネルギーパーク」を推進しています。
地方自治体等を対象に、「次世代エネルギーパーク」としてふさわしい計画を公募・公表することにより、その整備の更なる推進を図っています。 

◎スマートハウス・シティの稼動と現状
新たなインフラライン「情報とエネルギーの双方向ネットワーク」により生活者に情報が入り込み、生活者がより賢くなることで、新たなライフスタイル・新たなサービスが創出される。
スマートハウス・シティの情報活用基盤整備の進化に応じた稼動変化を知り新事業展開に活かすことを推奨

○最先端医療の現状
先端医療の現状を知り、高齢化社会、人口の増加率減少傾向の中で、心身の健康維持、延命法は減少の歯止め効果のある基本原理の一つです。あなたがあなたの心身にふさわしい最適高品質探しと、実戦総量、必要継続期間を超えたかどうかで今の健康度に格差が生じます。
あなたの心身の健康度合は、あなたの実戦の結果が今の現状です。誰にも責任を転嫁することの出来ない領域です。他人責任にしても何一つプラスに変わらず、逆にマイナス領域を加速するだけです。あなたの健康は自力本願が唯一の方法です。

○最先端下水道の現状
人間の産業生活排水は、地下水、河川、海、雨水、植物、動物(人も含む)の体内生命水に変化循環します全ての環境保全の循環悪化に歯止めをかける重要な関所である下水道業務が、安心安全の基幹業務であり、科学の最先端進化が待望される分野の一つであることに気づく人財数を加速度的増加が必要な時代になりました。あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、水の環境保全の進化へ循環させるしくみ構築を待望しています。

○林業再生「緑の社会資本」の現状
農林水産省は2001年6月それまでの林業基本法を抜本的に見直した「森林・林業基本法を制定、拡大像リン政策を基本にした林業行政を大きく転換、新法は「緑の社会資本」と位置づけ「100年先を見通した森林づくりと国産材の復活」を目指し、森林の多面機能の発揮と林業の持続的発展を基本政策にしています。2001年10月、新法に基づき「森林・林業基本計画」を策定しました。「望ましい森林の姿」を3つに区分しています。
区分ごとに望ましい林業の保全、整備方針と目標を示しました。2006年9月に作成した森林・林業基本計画改訂版では 林業経営の規模拡大、人材育成国産材の安定供給体制の整備、林業産業の競争力強化、消費者ニーズに対応した木材製品の開発と販促活動など、具体的施策を工程表と共に示している。
2008年度から「森林資源活用ニュービジネス創造対策事業」を実施し、間伐材や林地残材を活用したバイオ燃料やエコマテリアル(バイオプラスティクス、炭素繊維など)の開発も促進している。 

○地方の空港は、地域人商物流の突破口
創業まもない茨城空港を事例に紹介。茨城地域は日本の中で優位の強みを持ち21世紀先導する要素が他地域り比較的に狭い地域に集約され、軽薄短小が優位な地域であり、中期で黒字化路線になる確率が高い。20世紀の過去の成功実績体験による多くの我の経営原則に捉われず、世界の視点から現実直視すると現実化具体化可能な突破口に気づく人財の輩出を待望しいます。

○希少元素再生化資源と錬金術法資源の市場
日本の保有資源の自給率上げる扉が拓かれてきました。2010(平成22)年4月1日に「改定土壌汚染対策法」が施行され、土木、不動産関係の中堅大企業が本格的にに事業展開に入りました。車、電機向け提案を強化。大量の集中洗浄、浄化段階から、その工程の中に希土類レアメタル等の再生素材資源の生産が可能な、鉱山型時代が近づいてきました。産業廃棄物の再生素材化、錬金術資源づくりも実用化を目指しはじまりました。
 

 □第三世代の栽培養殖漁業の実現可能性の高い
企業群の胎動が始まる。
                         2010.02.08        

第三世代とは、卵、稚魚段階(ワセ段階)で漁獲して、人工飼育型栽培養殖漁業から、自己完結型栽培養殖漁業の成長段階をいいます。

市場は成長段階に入り、自己完結型養殖漁業から、種苗の生産能力も向上し、種苗を活か大規模畜養が可能になってきました。人工孵化稚魚を一定の大きさまだ育て出荷する大規模養殖場が成長してくると、日本の養殖漁業の成長スピードは加速度てきに進化を始めます。地域全体の総合戦略展開大規模プロジェクトを支援できる企業が研究開発段階から市場化段階まで成長してきました。

◎栽培・養殖漁業2012

◎漁業に関係する活動内容から学ぶ
産業界は世界的規模で、世界観から国家間の我の調整段階から次元を超えた世界の規制(最低基準の守るべき法制)が、他の業界の先行指標としてはじまりました。規制強化の進化スピードが生物存続のための人間規制に必要な人類の進化段階になってきた徴候の一つです。
日本の水産関連組織、情報、統計資料が具体的にどのように従来と変化するか? 地球資源の枯渇が近づく業界変化の未来を視る指標の一つです。
 


□環境、生態系を正常に戻すモデルとして、日本の価値に気づく時がきました。

                                                                                   2009.12.02

日本は四面海で孤立した島国、微小国土、人口密集率が高く、先進国としての機能を持ち、世界で左脳共有化時代、右脳の偏軸が本来の正常軸へ戻る徴候「鎖国時代と形は異なりますがガラパゴス型進化を始めた国」です。環境、生態系を正常化に戻すとき、右脳価値判断の少ない混血の進んでいない今なら同方向ベクトルに動く人の数が50%を超える確率は高く全体最適を優先した時代のうねりを演出できる確率は高い。
ガラパゴスの評価を最大の強みに活かす時です。一つの国を世界の実証試験の場として、世界の最先端を活かし、どの国よりも実現できる確率が高い国である強みに気づく時がきています。ある日本国の方法が現実化すると、「ガラパゴス型」でなくなり、2度とできなくなる分水嶺のときが近づいています。

地球環境保全とカイゼンの国単位の規模で最初に日本で悪循環に歯止めを掛けて、反転させる実証ノウハウを世界へ発信させ、地球環境をチェンジさせる実証国の数を増やすトリガーとなる分水嶺の役割を果たす時期がきています。世界に地球観、宇宙観人財の輩出の数の増殖加速が遅れると生物滅亡時期が加速される限界にきています。地球の国の環境保全とカイゼンをする国土比率を、短期で50%以上にしなけらば、人類生物滅亡のカウントダウは止まらない時代になりました。出来ない理由を先進国、途上国に捉われず、別次元であることに気づき、地球、人類生物のためにする国家的な戦略の最優先課題の一つです。
日本が世界に公言した温暖化目標数値でさえ達成するためには小手先、他人責任型自らはやつたふりの対応姿勢から脱皮し、今までの想定の200%以上の目標を立てて、悪循環を加速させる企業から、率先垂範して、悪化への歯止めを掛けて日本国から善循環への反転スタートの時代に入り、世界の先導モデルになれるかどうかが世界がチェンジするための分水嶺の一つになります。環境改善領域の一部のテーマだけで、多くの他の環境課題も並列してカイゼン実行すると想定以上の相乗効果となり、加速度的に全体カイゼンがはじまります。環境は複雑な全体最適メカニズムを持つのテーマの一つだからです。
国土が小さく、単一型国家で小さく、四面海で囲まれた、大陸と隔離環境であることが実証試験国として日本国は最適の一つです。(気圧、空汚染物質飛来、海流に関係する国の悪化を現状維持かゼロにする協力だけ依頼し、日本に影響ある要素は、国別管理し、悪化した数値を掴み、その数値を超えるカイゼン対策をすることが重要です。他国の協力格差は運次第と捉え、期待しないではじめるほうがよい。陸が隣接する国の場合の実行ノウハウの一つになるためです。大陸単位のチェンジになるまでの突破口の方法の一つです。


◎「環境に関係する活動内容から学ぶ」


○物流調達機能と事業展開との整合化
・運輸構造の最新変化を知る  


○自動車部品関連
従来のエンジン車が世界的環境対策の潮流に抗す時期が終焉に近づき、エコカーへ変わる過渡期の時代が2009年より加速度的にはじまりました。未知の構造変化により、過去の自動車産業のピラミッドが様変わり、企業の明暗徴候が具体化してきました。親会社、協力会社として存続してきた中小企業は、業界変化を的確に把握し、事業展開の修正、変革が必要です。自動車の使用燃料とエンジン機能の方法が変化するとその製造組立に関係する素材から設計、生産に関係する企業の明暗浮沈があります。変化に対応して事業展開を変える必要があります。

○太陽電池、風力発電等
温暖化対策のための新エネルギー、太陽電池、太陽熱発電、風力発電等

○蓄電池
無停電電源装置の進化、太陽光発電、風力発電の普及、次世代車の実用化のカギを握るのは蓄電池の進化スピードが分水嶺。高容量、安全性、コストで開発競争激化。現在の勢力図が変化する可能性を持つ業界


○水素・燃料電池
21世紀実用化のための加速度的進化をする一つとして電気化学反応により電力を取り出す燃料電池は実証試験を終わり、ガス業界が家庭用として事業展開が始まりました。

 

 


□第三世代の植物工場の実現可能性の高い企業群の胎動が始まる。                
2009.05.18


  
MKVドリーム(旧MKVプラスチック)として次の段階へ事業展開をはじめました。

MKVプラスチック(三菱化学三菱樹脂傘下)が農業資材事業の再編の一貫として、
2008.12.8 会社更生申請し、上場企業廃止した「太洋興業」の農業ハイテク事業の譲渡契約を結んだ。
取得金額は約6億6000万円で、譲渡日は2009年6月1日。
その事業は養液栽培や人工光による閉鎖苗生産など施設園芸システムの開発、販売を行う。
MKVほか三菱樹脂グループ会社が持つ農業資材事業とのシナジーを発揮し、農業に関するソリューション
ビジネスを展開する。譲り受けた部門は、農業ハイテク部および農業開発部となる。
短期の部門売上目標、従業員数も立案済み。
また、MKVは2009年7月三菱樹脂傘下の丸井加工とアグリドリームと統合する。
                                                2009.05.18日刊工業新聞より

 
「太洋興業」の実践型蓄積ノウハウがまだ第二世代型の人工型限定の植物工場から第三世代型である、
大規規模複合型植物工場(広義)として、世界の市場の最低価格での競争にも勝てる可能性企業が胎動
をはじめました。



「太洋興業」の長期臨床で蓄積した業務が一部 継承されたことに感謝しています。



三菱グループの総能力で対応すれ無限の可能性が開かれます。
まだ第二世代型人工型植物工場と自社の固有技術範囲での自然型植物工場との融合前段階です。
自社生産ではなく、生産者へのノウハウとものの提供段階で、世界に比肩して生き残る農業法人、個人を
保障はありません。

今回の事業計画には企業の成長過程から、「自ら生産事業展開の計画」はない可能性があります。


◎三菱グループに計画があると仮定して他の企業でも可能です。

三菱グループだけでなく、同様な発想で拮抗する投資力、人財力のある企業グループの国内での事業に
早期参入を待望しています。

海外で生産展開なら、他の食品総合商社や他の大手商社も海外での人工型植物工場プラントが始まりました。 総合的コスト面で安く、投資資金潤沢な海外で日本企業がトマト等の大規模植物工場で国産の品質
価格脅威になる企業さえ事業をはじめまりました。(丸紅)


自動車業界と比して、加工度、アセンブリー度の低い食品原料(農作物)のような生産型資源(石油、鉄、
非鉄等は埋蔵型資源)であり、世界の市場価格の下限以下で高品質均質大量供給できるようにする必要が
あります。自社で試作ラインの相当する総合的なシステムしくみ、必要人財の成長プロセスが必要です。
従来のお客様とともにノウハウを構築する過去のような時間(特に農業の場合)では開発が遅れる可能性
があります。ネット情報化時代は世界のスピードに拮抗する確率は低くなりました。

●計画中の事業を計画以上のスピードで推移させるために、エリアを選び全工程全機能を想定した全天候
型、全時間コントロールできる人工型、自然型を融和整合させた第三世代植物工場をスタート時からはじめ、お客様と支援時の具体的問題解決ができる体制を推奨します。


すでに三菱の企業グループ内(他の総合型商社や多くの大企業は同様)に多くの世界観を持つ制御人財が育っています。
どのようなプロセスで、現有の能力にプラスαを付加する方向で、現在の事業計画を展開すればよいか
観(診)えてきます。ただし担当人財の成長段階と組み合わせで成功確率の高い方法は異なります。
方向性だけを提示します。

三菱の場合
明治維新当時創業の精神、殖産興国。戦後短期で世界に比肩した時代のように自ら「火の中に栗、虎穴に入る等の」実践臨床の時代です。他の人にやらせる、必要なものを提供し上手にやらせる支援をすることを
重点を置くだけでなく、短期で自ら世界に比肩できるノウハウを自ら醸成する時です。

他の事業より極度に生産性が低く、利益率が低く、危機管理度を回避でき、コスト破壊のできる企業は限定されます。ただし、より省力化し大量に高品質生産性を上げるのに限度があり、個別対応のために一定数の人海も必要で、人件費の直接費生産性が低い産業です。世界に比肩できる価格なでコストダウンできると
日本国内の就業率向上をプラスにし、安定生活保障できる農業法人が多数成長をさせる可能性を持って
います。



◎MKVプラスチックの成長過程の中に農業業界との接点が豊富で、太洋興業の植物工場等のノウハウ
を付加すると、実現提案事業の領域が短期で広がる時代になりました。

同様な手法で、グループ内に同様な企業があればそれを核に、なければ、事業と人、ノウハウすべって
を入手するか、経営統合、合併、M&A等で短期で創業する。第二世代植物工場、第三世代植物工場
として利益を生む農業法人として成長してきたのは数年内で中小企業生業段階です。計画的に規模を
中堅企業でシクミシステム型スタートしても先発企業と拮抗できるノウハウ段階です。



三菱グループ(企業グループも同様)の総能力で対応すれ無限の可能性が開かれました。
先発企業と連携し短期の臨床ノウハウを構築するプロジェクト、プロセスの組める多くの
制御人財が育っています。

1.政府の戦略とベクトルが一致しています。(追い風事業)
 経産省、農林水産省も、植物工場(第二世代の植物工場段階) に対しノウハウ の集約のシクミと助成
 支援が次の段階へ進んできました。
 ただし、現状と異なる破壊的コストダウン発想での進展を現実化テーマになってきました。

 世界の日本の農産物開放の外圧は加速と強化のためいつ規制緩和が近づいている。
 現在の農業技術、コスト対応力では、食料自給率がさらに下がる可能性が高くなっている。
   卸売、小売業界は、日本観、国情より、デフレ型市場で生き残りのためにコスト対応で
  海外依存度が高くなる可能性がある。

2MKVプラスチックは、太陽電池、光学用プラスチックに縁があり人工照明と太陽の恵みを複合活用
  できる可能性をすでに成長過程の中に持っている

3.大規模のドーム型温室のためのアクリル技術、フイルム技術はすでに事業の経験がある。

4.農業資材事業の展開で現状の問題点、現状認識が一方向では出来た企業。
 販路開拓の方向を世界の農業戦略、新興国支援も考えた世界観の視点から捉えると、市場は無限の
  可能性がある。

5.短期の販路はまだセミプロ段階で採算に苦しむ「郵政グループかんぽの宿」の食材提供だけで、
   事業規模のに応じた継続的売上は確保でき、三法よしの経営が可能であり、三菱グループの
   総力接点だけで可能性がある。

6.北海道の夕張のような地方財政破綻地域で、世界の環境に対応できる事業ノウハウを構築する目的
   で温度差が激しい地区での展開を研究部門として構築した方が将来プラスになるテーマとなります。

 北海道は日本で最新の農業、漁業に関するノウハウ集約地域であり、過疎型地域の生活基盤の労働
   人口確保が可能です。

7.テレマーケット、ネット時代は農業製品のような消費型、人間の存続に必要なテーマは、
 地方に事業基盤を置いた方が、コスト的に強い体質になれる。ノウハウの成長には格差が少ない。

8.鮮度物流、冷凍冷蔵技術は、生産時期を市場に合わせて自在にコントロールできる段階に進化して
   きている。物流業界の市場価格に依存しない体制を創るノウハウは
 すでに全農、JAのしくみやり方を総合的に改革する時代が近づいています。

9.三菱グループ内総合プロジェクトが機能すれば、中期事業計画で急速に農業革命を日本に実現できる
  可能性があります。

    MKVプラスチックのお客様が導入に対する投資資金調達の方法の一つに
                ↓クリック
  三菱UFJ銀行 が「三菱UFJグローバル農業関連株式ファンド」をスタート



□第一世代・第二世代農業の生産者、施設整備などの周辺ビジネス          
                 2009.05.18
                                  


◎市場は成長段階に入り始め、行政の支援、参入企業の増加、関連ノウハウの急速な成長、技術、しくみシステムの進化が加速され始め、資本力を持つ企業が、新規事業子会社体制から、親企業の事業展開の中に組み込まれる企業が出てきました。


 ●植物工場2012 と比較検証し、大規模型の多数出現を待望しています。

   各社の開発スピードが想定以上に速い時代に入ってきたことが観えます。
 


◇施設など周辺ビジネス  2009.07.21の現状


    昭和電工

植物の光合成に有効なLEDチップを開発。チップが搭載されたランプの広がりに期待

  シャープ

LEDなどエレクトロニクス技術コンビナートの廃棄物を活用した「植物工場」の栽培技術を研究

 三菱化学

開発を進める太陽電池が、植物工場で使用できるかどうかについて研究中

 
 シーシーエス

LED照明の栽培技術確立
実用化を目指す。2009.02からグループ会社の「フェアリーエンジェル」の「エンジェルファーム福井で、LED照明による野菜栽培の実証実験を開始する。 

 出光興産

「バイオ」のチカラで安心・安全・健康増進に貢献を目指し、農業用資材に参入
・微生物農薬、土壌改良資材
・畜産関連資材
・環境緑化関連資材


 大成建設 pdf

遊休地の植物工場への転用をサポートする事業を2009.04から立ち上げる。
 

 三井物産

農作物の生産、流通履歴を管理するシステムを開発

 大和ハウス工業

コメの貯蔵庫などの農業系建設を手がける。「コンソーシアム」に参加し新たな商機を探る

 鹿島

完全密閉型遺伝子組み換え植物工場の建設エンジイアリング クリーンルーム方式

 
アイリスガーデニングドットコム

アイリスオーヤマが運営するガーデニング総合サイト
家庭での「野菜工場」を支援 
 
「キッチンで野菜を収穫」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
◇支援事業


   パソナ

2008年から兵庫県淡路島のリース農場で新規独立就農者の支援事業を開始

三菱東京UFJ銀行

農業関連企業に投資するファンドを初めて設立。異業種からの参入も支援

 

 

 

 
 経済産業省「植物工場」普及を促進

2009.1.22から経済産業省庁舎別館ロビーに「植物工場(第二世代型)」のモデル施設を設置。
最先端技術による農業生産への理解の啓発がはじまりました。

 経済産業省では、地域活性化戦略の一環として、農林水産省と連携し、農業の高度化を産業技術面
から支援する「農商工連携」を推進し、各種支援策を進めております。(「新経済成長戦略の改訂とフォロー
アップ
」(平成20年9月閣議決定))

この一環として、施設内で、植物の生育に必要な環境を、LED照明や空調、養液供給等により人工的に制御し、季節を問わず連続的に生産できるシステムである「植物工場」(PDF形式:151KB)は、我が国の農産物供給の将来を担うものとして期待されています。

経済産業省では、これまで植物工場に関する研究開発、実用可能性の調査等への支援を行ってきましたが、先出の「新経済成長戦略2008」で植物工場の普及・拡大が求められたことからさらなる支援に向け、農林水産省と共同で「農商工連携研究会植物工場ワーキンググループ」を設置しました。同ワーキンググループでは、植物工場の更なる普及促進における課題を抽出するとともに、植物工場の設置にかかる規制・制度のあり方を整理します。施設整備、金融、人材育成等の支援措置についても検討します。

●3年内に植物工場の数を100ヶ所増、コストを3割減を目標に掲げた支援を公開する。食料自給率を高めるとともに地域の活性化を目指し、両省は支援策を異業種参入や新産業創出の呼び水にしようとしている。
 
 ビジネスチャンスが現実化してきました。世界的にもまだ過去の成功企業の少ない未知の分野です。
 
 創市場、創客のために一部事業展開の中で自社が勝てる分野に参入のチャンスがあります。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◇生産者


 イオン

野菜、果物など5千農家に栽培委託。プライベートブランド米は農業組合法人に委託。


セブン&アイ・ホールディングス

食品リサイクル効率化を目指して2008.08に参入。
4haの農地で大根などを栽培 

 カゴメ

福島県で8ヶ所で育てたトマトを出荷。売上65億円。2009年黒字の予定

 ワタミ

栽培面積475haの日本最大規模の有機農業生産法人。自社向けのほか、スーパー、ネット販売などへ出荷

 JR東海

グループ会社がレタス、トマト、トウモロコシを2009年から栽培。駅弁やレストランなどに利用


 キューピー

1980年代前半から植物工場の研究。福島県の工場で栽培したレタスは、業務用、家庭用に販売(TSファーム)

 ドールの国産野菜

2001年農業生産法人を立ち上げ、北海道など7ヶ所800haで栽培、スーパーなどに販売


JFEライフ清浄野菜


 植物工場先発企業
 2004年日本経済新聞社から18点が最優秀
 
 JFEスチール系
 

 
 丸紅

省エネ型工場システム開発
神奈川県のアグリベンチャー企業と組み植物工場のプラントを販売る。葉菜や根菜など約30品目の栽培に成功している。
 


 
JFEライフ

大企業JFEグループは先発企業として水耕野菜栽培をはじめ、ハイテクを駆使した清浄野菜として水耕栽培の事業化のしくみシステムが規模の応じた進化ししてきています。日経で表彰されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
■地域密着型CATV企業               2009.07.10
 

他の業界の人財にとり、CATV業界の変化を検証することは、自社の所属する業界での
事業展開を創るときの核心がわかってきます。現地現場での変化の検証をお奨めします。

国家的企業環境変化が決まり、施行前「最終期の中期経営計画」を展開する時期になりました。
本稼動前の「助走段階」からホップ、ステップ、ジャンプと飛躍するためには今が大切な時です。
経営の舵取りプロセスシステムの先行管理体制に入り、将来の企業存続の軌道を決定する時期です。
企業の「キー人財・制御人財」である”あなた”が、全知全能を活かし現場力を発揮し、活躍しな
ければならない時です。

地域を重点業績基盤とする企業、その地域に所属する人々はそのしくみの中で生きる時代の
到来近づいています。
地域密着CATVはその地域の「プロフィットセンター」「コストセンター」として都道府県、日本国の
重要な役割をするようになります。

日本国内の全ての優れた人財でさえ未知の体験です。企業環境がダイナミックな変化する
可能性が実際にどのようなつていくか進行形で体験できます。もちろん20世紀にその体験を
した人はいません。

現在の企業ごとのその時直面する問題を解決する決断スピードが今後の格差となります。
(海外の先人の情報はすでにありますが、日本国内用には必ず整合融合が必要です。
まだそのままの方法が成功確率が高いかどうか誰もわかりません。)

       ↓ クリック
  
●「地域密着型CATVの地域融合現状」

 ◆「CATV業界関連団体広域企業」

 ◆「CATV業界収益があがるしくみ」

  ◆地域密着型CATV企業の役割


 ◆地域CATVで押さえる着眼

  ◆広域関東圏産業活性化センターGIAC

 ◆地方自治情報センターLASDEC

  ◆日本開発構想研究所UED

  
◎地域密着CATVは明確な存在価値に目覚め次の成長段階へ進化をはじめるタイミング
になりました。 2009.07.07

 
カタライザー磁石機能を活かしながら組み込む時です。
 A志援サイトに来訪された勉強仲間からはじめてください。
 比べて学んび共に成長を加速されることを待望しています。

 地域密着型企業の存在価値の発揮方向を明確化するための、成功確率の高い方向が
 各地で生まれはじめました。広域型では出来ない強みを発揮できる方向です。 

  ●地域型CATVの存在価値発揮1(北海道・東北・東京・関東・信越)
  ●地域型CATVの存在価値発揮2(北陸・東海・近畿)
  
●地域型CATVの存在価値発揮3(中国・四国・九州・沖縄)


◎コミュニティバスCBと地域VATVは両輪として、ICT時代 情報と人の左脳型と右脳型の機能を
補完しながら活かす段階に進化してきました。
2009.07.21追加

  ●コミュニティバスCB     

  
存在価値が明確化されてきたために、優れた検索エンジンの交通網中に掲載される路線が増えて
   きました。

    

 

◎自分が生活している近い周囲から共に豊にする現在存在する最善の戦術の一つです。

1.海外進出企業の集積地域で、海外進出を主導する企業がリーダーとなり地域密着型CATV(広域型
 ではない)を軸に、その地域の人たちが心身共に豊になり、人口増加を安心して出来る体制づくりの
 スタートを、限定して、影響度の高いエリアでスタートしてみてください。視点は日本国の財政破綻を
 そのエリアだけ歯止めをかけ、プラスに切り替えが出来ます。

 この構築プロセスのノウハウを体系化し、海外進出した拠点のあるエリアの限定した地域から周囲が
 心身共に豊にできる確率は高くなります。

 日本企業の進出の戦略は 世界観から見た場合、日本国の視点より、まだ自社、自社関係業界の
 視点で価値判断している場合が多いようです。

 この方法は、進出した国のエリアが豊になれば、豊にする仕掛け人としての役割をにない、子供から
 大人老人まで、成長する姿を演出し、その善循環がその国に波及するように組立てると、政治宗教
 金とは違う人々の満足度を持つようになります。ただし、継続的に「新しい発見、新しい感動」を
 その人たちの成長に応じて、半歩先の演出が重要です。身近に永続的臨床の場を持つことが
 必要です。想定外のテーマが次々と発生するはずです。問題解決ノウハウが、役立ちます。

2.日本の中で、地域の各機能の成長進化が整合され、最先端を進んでいる「愛知エリア」、愛知の
 企業、日本商工会議所の青年部が定期的に集まる全国「カリアック研修センター」があります。
  地域密着CATV企業も地域密着をテーマに他地区より並列で動き始めています。まだ商工会議所
 行政との地域ライフラン整備での整合された動きは始まっていません。

  期間を決め、実戦型の結果を出すリーダーは、世界進出企業が、自社の海外戦略のノウハウ構築
 という、プラスノウハウ構築が具体的にある企業の方が最適です。机上で80%以上検討するタイプ
 ではなく、今を大切に60%構想がかたまれば、時間経費の1円を大切にする高品質体質の実務家
 群を先導役にしなければ出来ません。

3.愛知エリアの教育連携ネットワークも、日本でや上位の内容で整備できたいます。日本の次の世代
 を担う人財を輩出できるしくみはできつつあります。「知行一致」の教育は、人の成長スピードを加速
 する触媒の役割をします。実行するから次の解決すべきテーマがでてきます。
 教育体系とは下限を押さえ、平均的なレベルの人数を8割以上にするのが目的です。上限が成長
 すれば、平均的レベルも加速度的にアップします。ただし、下限は規則、法律であるため、基準を
 変えない限り変わりません。

4.社会貢献、地球にやさしく、環境をテーマの企業、団体の具体的地域の人への社員の活動の一環
 として日本企業が変わり始めた時期として参画企業数も増加の段階に入りました。


5.愛知エリア外でも地域密着CATV(複合ライフライン企業出資型)の場合もその限定エリアで同様な
 動きが出来ます。周囲の成長も進んできているエリアが複数あります。



 

 ■北海道エリアを食料自給拠点から、
    世界の戦略的食料輸出拠点へ          
2008.06.25

 ●地域活性化事業が、黒字化するために、全ての必要機能を統合集約できる、直接短期緊急戦術、戦闘力付加を重点テーマに集中動員指示するりーダーができる地域密着CATV企業と、その他地域の地域密着CATV企業と連携して実現できます。

行政、ライフラインを繋ぐ地域CATV企業(業界)が21世紀日本国の総合的ライフラインであることに気づき、実行のスタートをきる汗をかき実戦する人財の輩出を待望します。ネット時代、日本人の実戦を嫌がり、人にやらせる、机上の自称戦略家的戦略オタクの増殖スピードが加速し、仮想と現実を同等に考える「明日、ローマをつくる」話に幻惑は無用です。
できないのは、「環境、他人のやり方が悪い」と自己保身人に実戦する力を弱める必要はありません。

日本国の赤字を黒字化するには、政府、官庁、地方行政学校、全てライフラインに関係する人財を多く輩出
スピードをあげ、特定の大企業に期待するのではなく、全国民の総力が重要です。その総合力を発揮する
統合し智慧を統覚する機能は地域密着CATV企業は持っています。

事例  北海道エリア
    
ライフラインの要を、光、北ガス、北電、地域CATV企業(まだエリアは都市型)で
    全道の家庭を繋ぎ、行政単位ごとにインフラの整備がすすみます。

◎周知のプラス、マイナス資源を全てプラスとして、プラスを増幅させる。上記のCATVと同等機能
 企業が推進カタライザー(触媒)の役割をし、 実施事業の全ての進行を整合させ、進行時の
 問題解決は、近く、日本の最先端ノウハウと、実戦できる人財を、自力人財が育つまでの、
 推進兼実戦力移転の教育講師コーディネータを招聘する。「全道の商工会、商工会議所の青年部」
 を将来の継承時、自社の新規業績基盤づくりとなる テーマの、リーダーグループに加える。
 日本青年会議所の場合は実業家を優先し、間接的なメンバーは、第二段階に参加してもらう。 
 

 ・「日本のテッペンから本州を・・・」(稚内)を関係企業の黒字化率を計画的にアップできる。 
     
 ・日本の食料水産の生産地として、成長し、国内だけでなく、北との貿易基地と物流の拠点になれる。
  陸、海、空(ハブ空港構想がされに加速)国の成長率が高く、国民の食の贅沢化が加速度進行
  に対応できる「近いロシア市場、中国市場へ市場拡大」
  <市場拡大の可能性>
  ホクレン、魚協をはじめ、卸市場等の生産から物流拠点機能は、全国で上位ランク、規模の拡大の土地
  も本州より豊富。

 ・食料基地として「食料の自給庫として大植物工場」 「安定水産供給源としての石油高騰が決断時期の
  大養殖工場」(天候人工化)全道分散で地域の人材に合わせ、多品種大量生産型と、商品開発
  型施策工場とを、大企業、大商社の協力は得るが エゴ「我」は調整し地場の中小企業群としての
  独立性を維持しながら道全体の有事のライフラインを検討し、整合する形で10年構想でグランドデザイン
  を描き、20年後の波及効果を想定して準備する。
 
 ・弱み雪をローコスト環境に植物工場温度調節源として強みに活かせる(すでに量産段階に来ている) 

 ・自然エネルギー型発電を総合的に活用し、電力供給、石油ガスの使用を最小限にした方法で計画する。

 ・全天候型ドーム型 植物工場、養殖工場に関して 寒冷地試験は野球場ですでにできており、
  観光資源として活かせる修正をすれば実用化の可能性段階にある。

 ・必要なインフラを揃える最先端固有技術を持ち、人財の豊富な企業、団体と、プロジェクト計画できる
  企業、広告宣伝できる企業(世界を市場として)、人は、各大学院から幹部候補生として人財を参加させ、
  派遣した学校の、大規模実験室として、実戦内容を体系化し、日本の固有ノウハウにする。
  北海道に住む就労人口をフルに活かし、CATV単位で、コンテンツプロジェクトに会わせて小型の基地を
  構築する。
  A志援サイトに、実現可能な企業団体を揃えてあります。行政の力で組み合わせれば、実現も可能な
  日本企業の成長が進んでいます。

 ・北海道は、大都市から中堅都市、過疎地の新商品製品のテストマーケットとし、事業化のプロセスを
  組み立てるシミュレーション(模擬テスト)地区として日本の中で最適要素が揃っています。
  多くの企業の開発者が、札幌を基点に、机上でわからない微妙な修正のために短期赴任し、次世代の
  業績基盤商品製品を創出した実績豊富です。業種別コンタクトセンター基地を強化すれば、創市場
  創客の成功確率は高く、世界市場への展開のハブ拠点として、千歳を物流拠点として活かすと、
  日本の他のエリアより統合した戦略展開ができます。  
   

  工場は見学できるようにし観光資源として、全国海外から集客する。プロジェクトは、地域のメンバー
  が推進し、地域の人材の就労を最優先にする。
  資金は、行政と北海道を本社に持つ地銀、信金信組が、自社の営業エリアにあわせて出資する。
  資本構成は、社員持ち株30%限度で不足は、経営者が負担し、社員に褒章時のインセンティブ
  として購入させる。生産に関係する企業は、地場企業を優先し、地場企業のしくみシスエム、
  も同時にレベルアップし、本州の標準企業レベル以上にする。人材も短期で人財化する。
  (全国、海外の最新ノウハウを知識として学べばよいので想定以上に促成養成ができる。 
  地場金融担当者(信用度、人質、道徳、倫理の価値判断は地場で高いグループで均質度たかい)
  ので、郵政民営化で一人3役4役の働がなくなり、末端への直接の訪問の労働生産性のあるのは
  これらに所属する社員が分担するインフラしか、ありません。そのときの人の要望を、コールセンター
  で受け、担当すする企業への中継はCAYVが担当する目的です。大銀行では、その機能は社員数
  で不可能なため、ライフラインが目的のためこの方法が現在の最善のようです。  

  雪の期間の安定収入、炭鉱の地下の空洞の有効活用は、すでに先人で臨床事例がある)
  

・夏の観光客増加 雪も日本最大の観光集客地とする。
  現在、東京ディズニーランドが、他地区(収穫利用度が集客の前年増加率鈍化から、さらに、成長軌道に
  変える、さらに創客を誘導するための、出前型をエリア  を探しはじめています。
  植物工場、食材自給の動けがあります。(屋内、屋外全天候型活用式)

  千葉ではできない財産である雪の国のディズニーランドの誘致推進構想(夕張-旭川、札幌が近い)
  地域行政の再生、全道の観光資源は収益が変わります。

  もし、実現可能性が低い場合、大阪のユニバーサルスタジオ(北海道人人口の利用度は低い)夏、
  冬のイベント(室内、屋外の総合活用 富良野のような北海道観光の通過地区として

・ライフラインの電気、ガス北の大地の風力、地熱、風力+太陽電池で食の工場群の自給で経費低減し、
 市場の食の相場と同等程度までコストダウンする。
 食の産地、安全とレーサビリティでは日本人の食生活にマイナス要因は少ない。

・冬、悪天候に日本で最強な物流網がすでにあり、地域CATVを集約センターとして、自在に全国
 海外へ可能な段階になっています。JRのダイアグラム的な総合管理センター機能へ進化します。 
   

・「全国のコールセンター基地化が始まっています。
 北海道で、全国対応の1社のノウハウは揃いはじめています。業種、業態多岐で、必要テーマに応じて
 自在に使い分けできます。  
 地域CATVの地域コンタクトセンター。コールセンターとの連携をすると、クライアントの要望への対応も
 従来よりミクロ化できます。上記のプロジェクトの黒字化のための顧客数を計画的に、複合的な組み合わ 
 せで、新規開拓から、固定客へ段階的にレベルアップできます 」
 「地域の事業創造、現在の企業の黒字化、により、地域 就労率の加速度的増加し、北の大地で育つ、
  大学生大学院生を頂点に人口流出より、流入増がはじまります。 )

・北海道以外の他地区は、種々の規制、環境条件があり、上記のような超大型プロジェクトは進行しがたい
 ですが 中小企業基盤機構が推進する各地の誘致企業団地を全社黒字化する、総合戦略をCATVを各に
  進めることは可能です。




      
 
◎「地域が勝つ条件は複合食品産業の基幹化」

    ●植物工場2012     ●栽培養殖漁業2012

    ●「農業関連大学&水産関連大学」もご覧下さい
                                     (企業の出来ない内容含む)
       
         
      

 
          
 ◎「業種専門技術啓発支援する団体」  実現化の智慧の協力ができます。
 
         
 ◎「固有ノウハウを事業に活かす企業」 特注に応じた、開発能力のある企業が対応できます。
                         
           
 ◎「物流に関する情報」  生産すれば 「トレーサビリティ」は安心、鮮度管理 物流

          
 ◎「食と健康業界の変化情報」  食材の加工は進化してきました。

           
 ◎「テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ」  戦略的に販路開拓が出来ます。
 
            
 ◎「創市場(新市場)製品を探す」  世界の市場に合わせた商品開発ができます。

         
 ◎「新客を探す」   損益分岐点以上の売上を確保する必要顧客数を探せます。


  ◎農業法人の中堅大企業の待望    世界に比肩できる高品質低単価大量生産ができる
                       最先端のしくみシステム豊富な人財をもつ企業グループ
                       の待望




●地域密着CATV企業を核にして、行政単位で実現へのスタートが可能なエリアも増えてきて
  います。事業化を推進できる企業、ノウハウ、人財等揃い始めています。
  60%構想で、テストランに入る方が、次の解決テーマがわかります。


   

 ■琵琶湖を栽培、養殖漁業で食料自給拠点から
  世界の戦略的食料輸出拠点へ        
2009.07.10


◎京都新聞電子版より. 「滋賀県琵琶湖環境科学研究センター」は琵琶湖の周辺に降る
降雪量が減り、その結果雪融け水が少なく、 表面水温が下がらない現象が起きている。 その結果、その水温上昇による弊害が起きている。  琵琶湖の最深部(水深90m以上)で酸素濃度の水中ロボットが竹生島近くの水深九十メートルを超す湖底で、琵琶湖固有の魚イサザが、酸欠のため大量に死んでいるのを発見。 その他、アオコによるアイガモの大量死や藻の異常繁殖が確認された。海底のミミズがエラを持つ生態系が
変わる変化が確認された。 今後環境悪化のデータを継続的に蓄積するとのことでした。

◎日本国の視点で、この情報を知ると、「漢方的な温暖化に気をつけようではなく」外科手術の時期がきて
いることがわかります。 実業の世界は、現実的対応をしなければ良くなりません。

1.「水温上昇による自然対流異常」を「正常な対流に直せばよい。」自然対流方式を強制対流へ日本の総
 技術力で大プロジェクトを実施する。 ただし、その投資費用の回収計画は実現できない可能性があり、
 過去と同様、悪化に任せる方法しかない。

2.投資費用の回収が出来るために、「琵琶湖再生」事業として日本国の視点から考えると可能になります。

・既に「栽培、養殖漁業」の臨床試験が終わり、実用可能段階の魚の工場を、ブロック別につくる。

・石油エネルギー高騰で、遠洋漁業の代替事業として、漁業関係者に担当させる。(省エネ対策国家予算
 よりも永続的な収入源確保が出来る。千載一遇の機会です。

・国、団体、産学協同でのテーマとして、魚資源の自給テーマとして「北海道エリア」の事例のように、CATV による継続的放送と、日本全国の智慧を集約するプロジェクトとして国民の価値判断の協力が得やすい。
 プロジェクトの参加者全員が「見せる製造工場ライン」のような主役にする。

 成功事例を、全国の地方に水平展開するためのインストラクターの役割を果たすようにする。


・琵琶湖の観光資源の強みをさらに生かせる。

・大阪、京都、愛知、滋賀、岐阜、福井、石川等の地方行政の収益プロジェクトとして、自力での財源を
 確保できるようにする。「琵琶湖ホールディング」の戦略企業が管理する体制が重要です。

・立ち上げのプロジェットは、ノウハウ、システムの必要上大企業中心ですが、出来た後のメンテナンス
 事業化プロジェクトは各行政単位、各商工会議所の分科会所属企業が、総合プロジェクトとして担当
 し、商工会議所の事業とする。

・商工会議所所属すると、収益を得ることができ、自社の固有ノウハウを向上できるようにする。
 資金は、地方行政の所属する地銀、信金、信組が担当する。
 

・全国規模のバブル時、国民の血税から融資をうけた金額の返済までの借入れ期間、通常の企業への
 貸し出し金利の金額だけ、「北海道エリア」「琵琶湖再生」への資金を無償で提供する可能性がある。
 (企業は、粗利の高い不動産業界でさえ、仕入原価ゼロではない。銀行は、仕入原価約ゼロ(金利ゼロの
  ため)、国民の血の出る思いの預金はゼロ金利(手数料と物価上昇で実質マイナス金利)、企業貸し出し
  金利は必ずプラス金利です。日本国の視点に立つ銀行一流経営者経営層なら国民に対して、 この機会
  に国民へ還元しなけらばと考えるときはありませんか、特に社会貢献、使命感を持っている人財なら?)

・「北海道エリア」と同様に事業計画を構想するときの情報を参考にして下さい。



2.海水魚、淡水魚 共存 (未来情報)

川や池の魚と海の魚が一緒に泳ぐ水槽が、加東市黒谷のミニ淡水魚水族館「アクア東条」にお目見え。コイとスズメダイが並ぶ不思議な光景が、春休み中の子どもたちの人気を集めている。

                                                                         ↓ クリック
 海水魚と淡水魚の“同居”を可能にしたのは、岡山市の岡山理科大専門学校の山本俊政アクアリウム学科長が発明した「好適環境水」。海水の成分のうち、海水魚が生きるために不可




◎遠洋漁業方式は 石油エネルギー高騰を機会に 養殖栽培型漁業への一部転換の機会です。
 個人型では採算が上がる確率は低いですが 地域密着CATVを核に行政、ライフライン関連
  企業団体と連携すれば実現可能性は高い時期になってきています。

◎琵琶湖再生実現への具体策
  
◎プロジェクトに連携する建設土木関連

◎東北大学流体科学研究所 

栽培養殖漁業2010    ●栽培養殖漁業2010

◎漁業に関する活動内容から学ぶ


 


■「中小企業基盤整備機構」融資、助成企業の黒字化率10%以上アップ作戦と
  完全回収作戦。 日本の基幹を育てる戦略的企業の育成と発生。
 


◎中小企業企業支援機能の中に、全国の顧客システムの構築と、テレマーケティング機能を構築する時期
  がきています。

◎日本国の視点で 日本の基幹を育てる主導的な役割を持つ戦略的に企業を選び育成したり、創業支援
  する時代て近づいたいます。
  自力成長を待つ方式では「外国の国内参入」に勝ち残るノウハウ構築が間に合わない時代が近づいて
  います。


●しくみの導入に関しては、汎用性の高く、シンプルでローコスト型SAPとの連携が始まりましたが
 しくみを、全員活かしきる人の成長には、時間がかかります。中小企業の一人三役四役型から
 一人一役型へ、少人数で全員直接人員型から、間接人員確保等、人の時間生産性が下がり、過剰投資
 となり従来の顧客数維持重点となり、顧客数は増えず、損益分岐点が悪化なる確率が高い。投資費用に
 相当する顧客数、受注量アップを強制的に支援することが必要条件になります。


1.黒字化の原理、その企業の3年間の事業計画達成に必要な客単価、総顧客数を先行計画的に管理会計
 上で確保できる体制を構築する。(投資計画予算も含める)損益分岐点以上の利益確保できるように支援
 する。客単価に応じた、トップ営業パーソンクを1割以上徹底養成機能と、緊急支援体制を創る。全て
 必要経費としてコンサルタント料をもらう。(無料サービスにしない。) 出来ない理由をコンサルタントの
 他人責任姿勢を、自力姿勢に切り替えるため。

2.「中小企業基盤整備機構」は、最新の日本の法人、個人のトップクラスの顧客の情報を持つ必要がある。

  詳細データは社外秘とし、住所、企業情報は、トップクラスの名簿データ会社で3ヶ月〜6ヶ月ごとに
                                               ↓クリック
  クレンジングする。    参考 「ランドスケイプ」(共有)

  テレマーケティング機能で詳細データの追加更新をする。  必要経費として有料にする。
                                  ↓クリック
    参考 「テレマーケティング(安定業績基盤構築のしくみ)」(共有)

  ●中小企業向きアウトソーシング型の法人データ管理企業(月次負担のローコスト化)
              ↓クリック
        「シンフォニーマーケティング」(共有)

     ●「新製品・新事業開発のための情報」  地域エリアで事業の種(シーズ)を探す

   ●「業務の専門度(創市場)を重点集中で深める」  創市場と戦略的知財
                                (知財統合力格差は天地の開き) 

     ●マーケティング支援機関  海外も含めプロの新規開拓人財と拮抗するために共に豊になる
                   共に持続的成長をするパートナー選びが成功確率格差になります 



  

  ◎従来、自力で、企業任せのため新規開拓が出来ず客数の増加が遅くなるため、黒字化が出来ない
   真因の一つ。
   機構の専門化が、1年目は8割(人財候補の養成を同時並行実施) 2年目は企業の
   人財の成長に応じて機能を移管し、4割以下にする。、3年目は1割程度(集合方式での実務現状把握
   と、アドバイス、3年目以降の体制を計画する)

  ◎一定基準以上の顧客満足度が得られない企業は、6ヶ月の対策の成果がでない場合、融資、助成
   を打ち切る。(戦略的コンサルティングの方向性を実行しない場合)

 


3.融資助成企業の金額に応じて、他の競合企業との主力取引先は評価基準に基づく戦略的に顧客調整を
 する。行政区に応じて他地区企業参入の調整をする。

        「投資育成のしくみ」 「狭域高密度型地銀信用金庫の潜在力」

 行政区と顧客情報の一部共有化する。商工会議所情報とも整合させる。日常のコンサルは委託する。 



4.企業の経営をシステム化、仕組化させる。経営の可視化による、機構が出先機関で遠隔管理できる
 しくみをつくる。資金繰りに関する管理と、行政区内地銀、信金、信組と連携して、フォローアドバイス
 出来るようにする。(商工会議所担当コンサルタントに責任を持たせる。)


5.毎年開催している「中小企業全国フォーラム」は1年以上前から、各企業の取引見込み先の集客の
 手伝いをする。(有料)
                                         ↓クリック
 当日は、商談重点の「リードエグジビジョンジャパンの運営方式で実施する。 


6.日本国の視点から世界を市場とする企業か、国内エリア限定がよいか、企業の意思とは別に短期で
 業績を確保させる方法を採る。

7.地域別に、「経営者+実務責任役員 + 実務責任者」の3名方式 規模別の対象の30名単位の会員
  組織をつくる。


8.実務担当者は 企業規模にふさわしいしシステム導入のための「見積比較」の機会、導入後のフォロー
 メンテナンス等の支援能力のあるIT商社と連携。メーカー各社の研修を、そのIT商社が全国各地で
 運営し、導入前研修 、導入後の担当者全員技術能力取得研修の機能が必要です。

   全国展開、メーカー導入実績豊富なIT商社
          ↓クリック
       「大塚商会 企業研修/e−ラーニング」
  



 


■農業法人の中堅・大企業の出現
 


企業設立の条件が整い、食料自給テーマに食の安心安全等国策的にも創業を支援する体制が整備されてきました。ICTの急速な進歩が追い風になり始めてきました。

1.日本国内に経営資源の世界の中での最先端固有ノウハウが揃い始めてきた。
 食の生産を取り巻く食業界の進化が世界的レベルへ向かって加速されてきました。 
                  ↓クリック
   
「新事業展開時のインフラの進化」
 

2.農業生産推進人材(未来の人財)の育成のしくみが機能しはじめてきました。
                  ↓クリック
  
 「農業畜産関連大学&水産関連大学


3.農業に関する情報が国家的な形で整備されてきました。他の業界より最先端かしてきました。
                   ↓クリック
    「業界団体の活動内容から学ぶ」の農業・水産・食品


4.ローコスト大量生産、安心安全な生産に関する植物工場、栽培養殖漁業の大規模展開可能なしくみ
 システムが急速に進化してきました。
                    ↓クリック
   「植物工場2012」              
「栽培養殖漁業2012」

5.上場・中堅企業の子会社・関連企業の中で、小規模テストマーケットで採算がとれる成功事例がではじめ
 ました。
                   ↓クリック               ↓クリック                    ↓クリック   ↓クリック  
   現状 「日本農業法人協会」      「水産農林業」                 「食料品」     「食品関連」



6.行政単位が「道州制」移行後の税収確保の戦略として地消地産として農業生産が着目され始めてきま
 した。早期にテストマーケティングをスタートさせ、高度な固有ノウハウの構築が地域の強みになります。



 

 

 


◎プロジェクトを実現するためのノウハウ、事業化、製品化等の可能性のある企業
をテーマ別に進化に対応して追加掲載します。

自社の新連携企業として、地域の小規模プリジェクトで新事業展開の実績を積み
固有ノウハウを構築し日本の大プロジェクトを担当できる企業の輩出を待望します。




     
◎「新事業展開時のインフラの進化」



商品一覧