開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

事業善循環への活かし方

■事業善循環への活かし方

創造的マーケティング>事業善循環への活かし方





 創造的マーケティングを活かし、事業展開を善循環に軌道修正をさせる臨床済み
 価値判断です。

 実戦での応用展開をお奨めします。

 企業、事業内容で、細部プロセスが微妙に異なり、その核心の選択で、派生効果
 (業績)と、継続的成長軌道の仰角は異なります。

 
 綿密に応用計画をし、ふさわしい人財を揃え(30代の現有最高人財でよい)、
 人財数を確保するし、重要エリア限定でテスト的に実施し、方向性が6割
 確認でき、ノウハウの体系化試案ができた段階で、人財のいるエリアを選び展開
 する。他拠点との格差が明確になった時に、社内の7割が注目した時点で、一気に
 全社展開する。実戦すれば、必ずプラスの軌道に向かいます。

 
 細部の組み立て方は、A志援会員の皆様が、自社と自社の中の人財のあなたの
 立場、業務キャリア等の成長過程をご連絡いただく方が出たとき、その人財企業
 を事例に詳細をまとめます。現段階は割愛し、方向性だけ公開します。

 すばらしい会員の皆様です。実戦の中で自力で必ず詳細プロセスを組まれると
 思います。素晴らしい未来が展開しますよう祈念しています。


 確実なことは、綿密に計画し、ふさわしい人財、人財数を確保するし、実戦すれば、
 必ずプラスの軌道に向かいます。
 

  
資料更新  2008.12.02    

□前提条件

 現在会社を経営していて、取引顧客があり、何かを顧客に提供し、売上利益が発生
 したいる。

  創業1年以上経過し、取引顧客が存在する企業。

   会社の内容を成長させる善循環の方向は、別のページに掲載予定。(準備中)

 ◎売上金額は、お客様満足量です。
    
取引先(お客様)満足量を継続的に上げるために自社に安定 業績基盤を構築
  する、創市場のために「創造的マーケティング」を活かす方向です。


 

◆取引先を固定客化する。
  縁があったお客様の中で共に豊になる成長欲があり、自社にとり成長性が高い
  取引先を、きちんと選別し、きちんと個別に対応し、自社と縁を続けるべきでない
  取引先は切り捨てることが重要です。

  企業存続成長させなければならない経営者、経営層の最重要選択と決断です。
  取引先(個人法人等)には相があり、勉強仲間、遊び仲間、その他があり、
  企業規模によりふさわしい取引先を選び、企業規模が変わればふさわしい取引先
  に重点を替えなければなりません。

  選択は5段階で分類する
 
    5は経営者経営層が重点対応すべき自社の核取引先
     業種規模、同業が生じた場合は、別のグループに分け、合同分会
     方式で管理する。

    4は核取引先候補、経営層の候補人財が責任担当する取引先、
     定期的に、核取引先へ成長した場合は5のグループへ
     ランクアップした企業の補充と、必要取引先数を確保する。

    3は個別対応し、全社基準で4候補は4にふさわしく成長協力する。

    2は競合他社の方が取引の多い企業、最強の人財が責任者として
     リーダーの役割をさせ、自社取引比率を上げさせる

    1.及び2の取引変化の少ない企業は、工数を少なくし、選択情報、フォロー
     を採る。その社数の3倍の新取引先を増やす。


 

◆「取引先」の自社の中味を熟知するプロセスが重要です。

「取引先の選別と対応」するためには、取引先の自社にふさわしい共に豊になるように
企業ぐるみの対応が必要です。最大の営業生産性を戦略的にアップさせる方法です。
  

 

◆自社にとり善循環を続け共に豊になった企業(固定客)をオピニオン化する。
 
  固定客化とは、取引企業が、自社と取引し、成長企業へ向かうお手伝いを全力で
 することです。自社の優れた人財グループが集中的に要を対応することです。
 同時に、人財グループ候補者の養成の場として、他の人材グループよりプラスαの
 付加をかけ、さらに、自社取引先のプラスノウハウを構築することです。
 

 


 

 

 

 

□会員と共に豊に成長するための原理 081202

世界の環境に左右されにくい実体経営を強化するためには、実体経営だけで黒字体質高品質、業界の
最先端固有技術、高時間生産性、更に継続進化できる時代の最先端人財数の増加できるしくみが必要です。

業績貢献目標は
お客様(固定客会員)の数を安心確定し、その満足量である売上の中の経常利益が総人件費以上にするに
できる体質をつくることが着眼です。

お客様が成長すれば、客単価の増加が確保できます。共に人財が拮抗しながら成長することが出来はじめます。
自社内人財の多くの超一流人財以外で一流モドキの人財は慢心化、自己の成長より、自己レベルに達しない人
へ注力し、ある年齢から急激に成長パワーが減衰し、成長鈍化する傾向に歯止めがかかります。


◎会員組織を強化することは自社お客様共に成長する最適なしくみシステム!。







 

 

 

 




 

商品一覧