開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

社員満足度ES

■W.社員満足度ES

経営者(層)の自己診断(アナログ分野)>W.社員満足度ES




「社員満足度ES」に関するテーマを5グループに区分
グループごとに5テーマを問診します。




   評価点数 4点×25=100点 



5グループ  人間性尊重、賃金体系、労働条件、人材開発、社風







評価  4:○(良い)                   3:△+(普通より○に近い)
       2:△-(普通より×に近い)   1:×(悪い)


                4: 自分がベンチマークする自社の最も優れた取締役(社長も含む)を基準とする。
        自分の目標が高い場合は、社外で定評のある人財を基準でイメージを描き、
        基準を決める。







◆問診 事例

   項 目

  問   診                   (評価点数範囲 4〜1)

評価点数

■人間性尊重                                                                                    小計

 

1.社員満足度ビジョン


・社員満足度ESビジョンは 明確ですか
 

 

2.トップが現場で社員
 と密着

・トップが現場で社員と接して相談アドバイスを受ける機会がありますか

 

3.能力開発計画CDP
 システムの確立

・能力開発計画(CDP)システムは確立されていますか

 

4.社員の定着度

・社員は 定着がよいですか

 

5.ボトムアップシステ ムの活発性度

・ボトムアップシステムは活発に機能していますか

 

 

■賃金体系                                             小計

 

6.賃金システム

・賃金システムは明確で、定期的見直しをしていますか

 

7.実力主義の社風

・実力主義賃金システムになっていますか
 (個人と組織人として整合した内容ですか)

 

8.能力を公平に評価

・職能別資格制度はありますか

 

9.業界トップクラスの
 賃金

・業界でトップクラスの賃金ですか

 

10.メリットシステム

・メリットシステムはありますか

 

■労働条件                                             小計

 

11.年間休日

・年間休日は何日ですか、他社と相対比較してください。

 

12.年間労働時間

・年間労働時間は何時間ですか、他社と相対比較してください。

 

13.フレックスタイム制

・フレックス制度はありますか

 

14.生産性向上策
(生産性=1人当り売上、粗利、経常利益アップ、経費ダウン)

・生産性向上の手は打っていますか

 

15.労使関係

・労使関係は良いですか

 

■人材開発                                             小計

 

16.人材パワーアップ
  システム

・人材パワーシステムはありますか

 

17.年間教育計画

・年間の個人教育計画はありますか

 

18.自己申告制度

・自己申告制度はありますか

 

19.目標管理、相互
  評価制度

・目標管理、相互評価精度はありますか

 

20.権限委譲

・目標管理、相互評価制度はありますか

 

■社風                                                小計

 

21.明るいチャレンジ   社風

・明るいチャレンジ社風ですか

 

22.コミュニケーション

・コミュニケーションは良いですか

 

23.規律、ケジメ

・規律、ケジメは良いですか

 

24.報連相打(報告、連絡、相談、打合)

・報連相打(報告、連絡、相談、打合)は良いですか

 

25.社内外に魅力ある
  イメージ

・社内外に魅力あるイメージになっていますか

 

                    社員満足度(ES)                          合計

 

  
 

◆点数による評価内容 事例

 
 ランク         点数

      
     「社員満足度ES」 アドバイス内容例   

Aランク       90〜100 


社員が思う存分能力を発揮できる環境条件になっています。しかし、優位に立つ力のない人にとっては過酷な環境かもしてません。落ちこぼれをつくるようなことになりますと、
社内の一体化感が崩れて弱い方へ知らぬあいだにシフトを始めることになります。
問題点を早期に発見、早期治療する体制と育成策へフィードバックする事が必要です。
特に伸びる人財グループの成長を加速し、次の時代のノウハウを構築しつづける方が、全社員の常時パワーアップの方向が明確で安心成長ができます。
 

Bランク      70〜89 


社員は恩ピ存分能力を発揮できる環境条件が大体整っているようです。今一歩のところにとどまっている理由は、社員の意識の中にまだ徹しきれない、曖昧な部分がある事ではないでしょうか。能力に応じて力を発揮するとき、誰でも満足感があるときです。
単に人と人とを競わせるだけでなく成長や努力を喜び合うという観点で働きやすい環境を作って下さい。
 

Cランク      50〜69


普通のレベルだと思ってしまうと改善の意識が出来なくなります。「これではいけない」
とか「今に見ていろ」という気持ちで現状を見通してください。社長が自己革新し、日々
成長される姿に社員は惚れるのです。社員もそれを見習って自己革新するようになるのです。徐々に自社の革新的社風が育つのです。
 

Dランク      30〜49


まだまだこれからカイゼンしてゆく課題が多々ありますが、社内の人間関係がよく仕事にやり甲斐を持たせれば、社員は持っている力をフルに発揮してくれます。
トップがビジョンを持って社員と共にその実現に情熱を燃やし成果を喜び合うようにして下さい。
 

Cランク      29以下


・トップがご自身の能力不足を反省させるのは良いのですが、トップ1人で背負う問題ではありません。今の大企業、中堅企業も創業の頃は夢にすがって頑張ってこられるわけです。寝食を忘れて仕事に打ち込んでも疲れないのが夢、ビジョンを鮮明に描いて
同士としての社員と行動を共にして下さい。
 




  ◆ウイークポイント別 処方処置の方向

    点数の低い項目を改善の仕方 事例
 

 

   ウイークポイント

  処方・処置の方向



人間性尊重















 

1.社員満足度ESビジョン


・ビジョンの中に人間性尊重のポリシーの明確化(社是、経営理念等)
・中期経営計画には社員満足の重点戦略構築
・ESアンケートで社員の声、社員の幸せ目標の実現等の実態調査
 

2.トップが現場で社員
 と密着


・トップが現場を定期的にまわる
・トップが社員とビジョン、夢を共に語る
・本音が話し合える心のコミュニケーションづくり
 

3.能力開発計画CDP
 システムの確立


・自社の求める社員像の明確化
・職務遂行能力の長期開発計画立案
・自己の希望職務、チャレンジ業務と教育計画の整合度
 

4.社員の定着度


・会社のビジョンと社員の幸せビジョンのベクトルが共通
・明るく、楽しく、やりがいがある社風
・トップと社員とが心通うコミュニケーション
 

5.ボトムアップシステムの
 活発性度


・全員参画の経営方針(あなたが主役)
・小チーム制の活性化組織
・若手、女性、パートさん、派遣さんの意見がトップに通じる明るいコミュニ
 ケーション
 



賃金体

  


6.賃金システム


・ビジョンと賃金システムが連動
・オープンでシンプルな賃金システム
・実力主義の賃金システム(メリットシステム、ストックオプション)

7.実力主義の社風


・努力し、成果を上げたものが認められる
・ストックオプション、年俸制度等の賃金システムの導入
・社内ベンチャー化のメリットシステム制度
 

8.能力を公平に評価


・職務別資格制度の導入
・目標管理と業績評価基準の明確化
・相互評価システムとシンプルな運用
 

9.業界トップクラスの
 賃金


・地域、業種の賃金水準の明確化
・中期利益計画と労働分配計画のバランス
・実力主義でまず業績トップクラス、業界トップクラス
 

10.メリットシステム


・ストップオプション、年俸制導入
・部門別→事業別→社内カンパニーの業績システムとメリットシステムの
 連動
・部門別業績配分システム、決算賞与インセンティブシステム
 



労働条件
 


11.年間休日


・中期利益計画と中期社員満足度のドッキング
・年間完全週休2日制(役120日)への中期計画と実行計画推進
・SOHO(small office home office)の推進
 

12.年間労働時間


・年間1800時間達成の中期計画立案
・デジタル化(グループウエア、インターネット、イントラネット、パソコン
 1人1台等)
・仕事の見直しアウトソーシングの推進
 

13.フレックスタイム制


・モデル職場のフレックスタイム制のテスト実施
・ホワイトカラーの仕事の効率化
・全員討議によるリフレックス制実現の推進
 

14.生産性向上策
(生産性=1人当り売上、粗利、経常利益アップ、経費ダウン)


・売上、粗利、経常利益のアップ、経費ダウン
・直間比率の向上(直接部門増、間接部門減)
・アウトソーシング、パート化等による生産性アップで、社員総合的効率化
 

15.労使関係


・ビジョン、夢について全員参画経営
・強く、優しく、面白い社風づくり
・オープンマネジメントと実力主義
 



人材開発

 

16.人材パワーアップ
  システム


・企業ベンチャー化(社内活性化)でもてる能力発揮
・ビジョン、中期計画の中で人材開発に関する重点線楽システム化
・モデル企業の人材パワーアップシステムの研究と自社でのシステム化
 

17.年間教育計画


・自社で求める人材の明確化
・必要人材を育成する年間教育計画立案
・社外の教育時活用と社内OJT教育のドッキング
 

18.自己申告制度


・重要プロジェクトのメンバー公募、社内カンパニー起業家公募の導入
・提案制度による年度プロジェクトテーマ決定制度
・積極的チャレンジ人材が認められる社風づくり
 

19.目標管理、相互評価
  制度


・人材パワーアップい連動した目標管理システム構築
・上司と本人との共同計画。相互評価による人材開発
・目標達成の評価とメリットシステムの連動
 

20.権限委譲


・企業ベンチャー化での責任と権限明確化。上司の部下指導力の
 ワンランクアップ
・企画提案型リーダーの育成と思い切った権限委譲
・組織のフラット化とスピードアップコミュニケーション
 

■社風

21.明るいチャレンジ   
  社風


・トップがネアカでプラス思考
・ビジョン、中期チャレンジ目標の明確化
・ゲーム化、お祭り化、イベント化
 

22.コミュニケーション


・アナログコミュニケーション(会議、飲み会、親睦会等の心のコミュニケー ション)
・デジタルコミュニケーション(イントラネット、グループウエア等の情報
 コミュニケーション)
・打てば響く人間関係と情報共有
 

23.規律、ケジメ


・基本動作の徹底
・信賞必罰の社風づくり
・決めた事は必ず守り、守らせるリーダーシップ
 

24.報連相打(報告、連絡、相談、打合)


・トップ、上司、本人、部下の縦の報連相打強化
・部門間の横の報連相打強化
・顧客、仕入先、協力会社の報連相打強化
 

25.社内外に魅力ある
  イメージ


・社内:魅力あるビジョン、明るいチャレンジ社風
・社外:お客様、地域からなくてはならない存在価値と活性化企業の
 イメージ化
・21世紀企業ベンチャー化(企業活性化)イメージ
 


商品一覧