開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

「コア・コンピタンス」の明確化

■「コア・コンピタンス」の明確化   080425

TOP >カテゴリー一覧>「コア・コンピタンス」の明確化





更新 2012.04.11

 「コア・コンピタンス」とは自社の強みの中心、つまりコア(核)であり、
 共有化明確と、自らが自社で勝ち残る固有ノウハウを創ることが重要!
 
「中核的競争能力」と訳されますが、企業の持つ「独自の製品技術」
「販売ノウハウ」「人材スキル」などが一体となった能力。その企業の
核となっているもの。共有化され標準化され、外部では、正等に評価
されるとは限らない。

◎評価つまりお客様満足度は、お客様と接する個人格差が大きく、
   ハロー効果で格差は倍増する。
   ネットワーク時代は 
   長所は相対比較が多く時間がかかり、
   短所は超スピードで伝播する。企業存続さえ短期で崩壊する 

1I+1T+3M+1D として事業展開時に、勝ち残るための重要な要素です。

  1I :最先端情報(Information)
  1T :オンリーワン固有技術(Technology)
  3M  M:最適市場確保(Marketing)
      M:最適シクミ・システム・マネジメント(Management)
      M:最適資金量・投資能力(Money)
  1D :最善人材総能力量・行動量(Do)
 

営業担当は「売り物」を思い込む程度まで身に着けることが重要です。
競合他社に打ち勝ち、契約に達する確率を高める重要な必要条件です。

 


 





◆自社のコア・コンピタンスの価値評価は、
               競合他社との相対比較を通して解ります。
 

 

                       
         ●自社の位置づけを明確にしておく必要があり、戦略判断を誤ると
                             戦術でいくら努力をしても業績には反映されず、倒産軌道に入る場合が多い。
             

  
◆マーケティングと「製品」の関係を押さえる

1.「製品」の機能・特性とは














 

●消費者ニーズを活かした製品開発の方向を採り、製品 の基本機能
  や付加的な機能、その特性などを加えて「製品開発」されているため  その開発情報を体系的理解し、競合他社との違いがコアとなります。 
   例 ボールペン
     ・「にじまず書ける」その基本機能は何か?
     ・「黒と赤」を別々の持つと面倒くさい」要望が
       二色や三色のボールペンが誕生
       ・「長く書いていると疲れる」要望がグリップつきの登場
●サービスも「製品」には含まれる
  サービスは製品そのものの機能でも特性でもありません。
  その製品の情報サービスとしてカタログ、仕様書、壊れたら修理して
  くれる保証書も含まれます。故障のときのメンテナンス、アフタ
  フォロー、導入時の担当者教育、社内浸透支援も重要な要素に
  なってきました。
 
◎製品・商品に応じて顧客とのコストダウン交渉時に、「サービス」の
  部分で対応した場合、直接担当者以外はその内容を知らないため、  他の大部分の活用する顧客の不満を発生する真因となることが
  多くなりました。必要度の顧客への徹底と、製品本体でのコスト
  ダウンの方が、リピート時に競合他社に勝つことができます。
 

2.「製品」は三段階で構成
 されています。






 

●「製品」は「中核的製品」「実際的製品」「拡大的製品」の三段階に
  分けると解りやすい

「中核的製品」
  消費者が製品に対してもつニーズを満たすもの、製品を利用して
  得られる効果「ベネフィット」をいう
  例 ボールペンはペン自体ではなく、それを使うことで文章を書くと
    いう効果=目的があります。その形の見えない製品の魅力
「実際的製品」
  効果(ベネフィット)を形にしたもので、品質、デザイン、スタイル、
  特性、ブランド、パッケージ等
「拡大的商品」
  配送、取り付け、保証、アフターサービス等
 

3.「サービス」の4つの特性を
 押さえる















 

●「サービス」には、「無形性」「非分離性」「変動性」「即時性」の4つの
  特性があります。顧客の満足はサービスの「提供者」である従業員
  に負うところが意外に大きい。仕事に対する「従業員」の満足度に
  格差で提供するサービスの内容レベル格差は大きい。顧客の満足
  度に悪影響を与える恐れがあります。「従業員」の満足度を高める
  ために経営者、上司は仕事の内容、給与待遇などの面が重要に
  なります

「無形性」
 サービスにはもともとかたちがありません。そこで、場所や店舗、価格 メニューなどかたちのあるもので、サービスの質や内容を消費者に
 アピールしています
「非分離性」
 サービスの生産と消費は同時に行われます。サービスの提供者が
 いても、消費者がいなければサービスの提供はできません
「変動性」
 サービスは、その「提供者」や「時間」・「場所」などによって変わります このため、サービスの質を一定にするために研修などが行われます
「即時性(消滅性)」
 サービスは在庫することができないため、需要と供給の調整が必要
 になります 
 

4.「製品」のライフサイクルを
 つかむ




 企業の経営戦略の重点

 タイムリーかどうかで、
 企業の格差を大きく、
 その製品の総累計売上、
 利益の格差は大きい。













































 

 

 

●「導入期」 認知度を高め、購買意欲を高める 戦略的経費をかける
 ・広告 ・新商品発表会 ・サンプルの配布 ・お試し価格
 ・プレミヤつき価格 ・啓発セミナー ・イベント 等
 

●「成長期」 需要が大幅拡大、競合参入、競争が激化
 ・製品の付加的機能 ・デザインの変更差別化 ・価格は普及価格化
 ・生産性改善ローコスト化 ・製品の差別化 
 ・流通チャネルの整備 ・業者の販売促進応援 等
 

●「成熟期」 製品が消費者に行き渡った段階、
  市場に製品が溢れ、ディスカウントストアなどの小売店の価格破壊
  が起こり、利益率が急速に減少を始める。
  ・買い換え需要をターゲットとしたマーケティング活動
  ・市場シェアの確保 ・サービス格差
 

●「衰退期」 収益確保でいない企業からの市場撤退がはじまる
  ・在庫処分 ・設備の廃棄のやり方、タイミング 
  ・次の製品への転換  ・最後まで市場を死守すると残り福
 

 

 5.「製品」の市場での位置
   づけをする




    消費者の年齢や
  購入者の所得等
  組み合わせによる
  資料ができます
  































 

 

 6.製品の「使用目的」と
  「消費者行動」に注目



    消費財と生産財に
  分けて自社の内容
  に基き対象顧客の
  傾向と自社の強みを
  考える
































 

 

 

 7.ポジショニング
 
 
自社の現在の地位付け
 を明確化し、未来の
 変化を明確にする


























   

「ポジショニング」とは 対象顧客に対し、製品・サービスをデザインし、
顧客にとって、競合他社に対して差別化するためのトータル的な
価値の提供で、その内容を明確化して、共有化が重要です。

◆3つのポジショニング戦略
 1.現在のポジションをさらに強める
 2.今までになかった新しいポジションを確保する
 3.競合のポジションを弱める
 

◆差別化のポイント
 ・顧客にとって重要である
  ・目立つ
  ・他社より優れている
 ・顧客に差を伝えられる
 ・他社に先駆ける
 ・他社に真似しにくい
 ・顧客が差に対してお金を出せる
 ・利益がある
 等 

●ポジショニングのミス
 ・明確でないポジショニング
  顧客は他社との差、ベネフィットに気づきにくい
 ・行き過ぎたポジショニング
  ポジショニングを狭めすぎて、結果的に対象とする顧客を少なく
  していまう
 ・混乱したポジショニング
  ポジショニングを変更し過ぎて、顧客を混乱させていまう
 ・疑わしいポジショニング
  ポジショニングに真実味がなく、顧客に疑いを持たれる
 ・アピールしにくいポジショニング
  ポジショニングを伝えにくく、顧客の心を捉えない
 等

◎ポジショニングは売り手側の眼ではなく、顧客の眼から観て価値の
  あるものなければなりません。なぜその製品を買うのかを明確に
  アピールする必要があります。そのために、顧客中心の価値提案
  であれば、より顧客にアピールするようになります

 

 8.マーケティング ミックス
 (Marketing Mix)

  
自社の「強み」を複数
  視点から構築する



























 

「マーケティング・ミックス」とは ターゲットマーケティングで売上利益を
拡大するためにとられるさまざまなマーケティング手法をいう。
マッカーシーは4Pに分類 「Product製品」「Price価格」
「Promotionプロモーション」「Place物流・在庫関連」

●売り手の見方 4P

 Product製品
 

・品質 ・種類 ・デザイン ・特徴 ・ブランド名
・パッケージ ・大きさ ・サービス ・保証
・返品  等

 Price 価格

・希望価格 ・割引 ・優遇条件 ・支払い期限
・信用払い 等
 

 Promotion
   プロモーション

・セールスプロモーション ・広告 ・営業、
・ダイレクトマーケティング 
・オンラインマーケティング 等
 

 Place
 物流・在庫関連

・チャネル ・運送 ・在庫 ・範囲 ・場所
・品揃え 等

●買い手の見方 4C

 要求要望

 Customer Needs and Wants

 コスト

 Cost

 利便性

 Convenience

 コミュニケーション

 Communicatoin

●プロモーションミックス
 4P 4Cでコンセプトができると、それをいかに対象顧客(ターゲット
 ユーザー)に伝えるかがプロモーションミックスです
 ・セールスプロモーション   ・宣伝広告(Advertising)
 ・営業(Sales Force)    ・広報(PR)
  ・ダイレクトメール(DM) ・テレマーケティング

◎対象顧客に個別に最善の効果的なアピールを行う方法を明確化
  しておき、実戦ごとに、成功事例の追加の累積が自社の強み
  となります。

 

 9.価値提案
  (Value Proposition)

  
市場での最適な
  継続売上を確保
  するしくみ











































 

「価値提案」とは、製品やサービのメリットを顧客に解り易い形で提案
すること。製品の性能自体は優れていても、顧客の眼で観て、「何が」
「どのように」優れているか解らなければ、製品の優位性を市場で
十分い発揮できません。
製品の「物理的開発」と同時に、バリュー提案という「アイデア開発」が
一体となって初めて、その製品は市場で理解され受け入れたれます。
「価値提案」のアイデア開発は「製品の物理的特徴」を「顧客の眼で
みた価値」に「翻訳」していく作業です。その性能的に優れていなくても
使用方法やその他のアドバイスを与えることで、顧客の満足度をより
上げることが可能になります。


●企業間における価値提案

1.コスト削減























 

@プロセスコスト低減
 ・生産性を高める
 ・廃棄物を減らす
 ・やり直しを減らす
 ・直接労務費を減らす
 ・間接労務費を減らす
 ・間接労務費を減らす
 ・エネルギーコストを減らす
 等 

A在庫低減
 ・委託生産
 ・ジャストインタイムの納品
 ・サイクルタイムを減らす
 等

B管理費低減
 ・請求関係の簡略化
 ・注文請求の検索性改善
 ・電子帳票イントラネットの利用
 等

C物流のアウトソーシング低減

D定型型大量業務の人材アウトソーシング低減

E開発専門度の高い業務の人財アウトソーシング
 による高効率化低減

 

2.売上拡大

 

・最終製品品質改善
・安全性向上
・知名度アップ

 


◎事例 「ビンの中の化粧品」
 ・物理的存在:ビンのなかの化粧品という名の「液体」
 ・その液体を塗ると、より美しく見せることができるイメージカタログ
 ・その塗り方を書いた資料
 ・その人に最適な「化粧法」を個別で相談をうけアドバイスする
 

 

 10.マーケティングリサーチ

 
自社の強み、弱みを
 競合他社と相対比較し
 より「強み」をはっ発揮
 できるようにする




































 

マーケティング戦略、経営戦略における判断をするとき、必要な情報を
集め解析し、関係者にフォードバックすることを意味します。自社のコアコンピタンスを第3者の視点で評価するために、定期的に外部の専門機関を活用し、同時に競合他社、拮抗するライバルとの相対比較、ベンチマーキングをすると、より精度高く自社を把握できます。未来の可能性も同時に調べると、次期の事業展開の方向も明確になります。

●調査の内容例
・エンドユーザー、従業員、株主、サプライヤー等
・製品、価格、プロモーション、サプライヤーなど
・外部環境として経済、技術、競合、法律、文化、政治など
「何を解決しようとしているのか」目的を明確化した方が内容のミクロ化できやすい。 

 問題認識リサーチ

 問題解決リサーチ

◆現状を在るがままに把握する
・マーケットシェア
・潜在マーケット
・ブランドイメージ
・マーケット特徴 
・マーケットトレンド予測
・顧客満足度
・販売分析
・経営の視点で戦略展開と整合
 させてリサーチ 
・新製品・開発計画製品候補
 等

◆問題点認識リサーチで、テーマが明確化できるとよりミクロ化が
できます。
・セグメンテーション
・製品
・価格
・プロモーション
・物流
・営業戦略、マーケティング戦略
 の試案 等

 

●マーケティングリサーチのプロセス 例
1.問題定義
 何が問題であるかしっかり定義する
2.アプローチ
 仮説設定、調査内容、質問事項など決める
3.調査方法の決定
 実際、どのような方法で調査を行うか具体的事項を決める
4.情報収集
 外部専門調査会社を活用するか、個人またはグループインタビュー、 電話、郵便、インターネットなどの方法で実際に情報を収集する
5.情報分析
 外部の専門調査会社活用するか、自社内で集められた情報を確認
 誤差の修正、編集を行い、それを分析する
6.レポート作成、報告(発表)
 リサーチの結果をレポートにして報告(発表)を行う。経営における
 意思決定にどのように反映させるかを意識して行う
7.定点チェックとして、期間をきめて継続し、累積情報とする
 

 

 11.ブランドエクイティー
  (Brand Equity)
 
 
自社の無形の価値の
 方向を決める












































 

「ブランドエクイティー」とは、
・ブランド自体が流通性のある資産であるという考え方。
・ブランドからの連想物
・高いブランドエクイティーを持つものは、認知度は高い
・高い品質の良さで定評がある
・忠実な顧客を持つため、広く流通にアクセスしやすいメリットがある。最近はこれを高めるためにさまざまなマーケティングミックスを使う企業が増えてきました。企業は製品を売るためだけの
宣伝だけでなく、ブランドエクイティーのレベルを保持したり、高めるため
の宣伝に積極的に投資するようになりました

●ブランドを意識する理由
・そのブランド会社がどのような利益をもたらしてくれるか理解しやすい
・そのブランドを保有することで、技術やデザインに自信を持ち、安心
 して使うことができる
・そのブランドを保有し精神的な自己満足を得たり、他人への自慢が
 できる

 顧客への価値提供

 企業への価値提供

・ブランド使用の満足
・ブランド品購入の自信
・ブランドが提供する情報、解釈


 

・ブランド忠誠心
・価格
・競争優位性
・マーケティングプログラムの
 効率化
・ブランドエスクテンション
 

●ブランドパーソナリティ
 消費者はブランドに対して、人と同じように個性や性格といった意識
 を持つようになる。物理的には物であっても、ブランドパーソナリティ
 を加えることで、物を単なるものではなくなる。
 ブランドパーソナリティの要素(各人で異なる)
・内向的、外向的
 冒険的、注意深い、社交的、付き合いの悪い
・好感がもてる
 性格のよい、いらいらさせない
・意識の程度
 責任感の強い、自立していない
・感情の安定
 落ち着いた、興奮した
・文化
 洗練された、ださい、知性的な、ものごとを考えていない  
 

●ブランドに対する消費者の認識
 ブランドエクイティーを高めることは、消費者の意識でそのブランドに
 対する認知度を高め、親近感を感じさせるようになります
 ・消費者は好みのブランドの方をより高い価格で購入すます
 ・日本は「ブランド消費国」で、ブランドを築き、その維持向上のために  企業は投資以上の見返りがあると考えています。
 ・日本企業も世界的なブランドを開発し、発展させ、松下電器産業が
  国内型の「ナショナル」を世界型の「パナソニック」に統一するような
  動きも出てきました  

 

 12.ブランド戦略

 
自社の無形の強さ
 を育てるしくみ  












































 

「ブランド戦略」とは、新規、既存のマーケットに、自社のブランドを強化
拡大して行くときの戦略

●ブランド戦略の5種類
1.ブランドエクステンション
 新製品カテゴリーのための既存ブランド拡大
  例 ソニーが生命保険市場で「ソニー生命」を名乗る
   新規市場での顧客満足度をさせない場合は、既存市場で
   マイナスイメージとなる可能性ほ持つ
2.ラインエクステンション
 既存製品カテゴリー内で、既存ブランドを利用し品揃えを強化
 色、形、パッケージの大きさなどを変更することで、既存客
 を満足させたり、新規客を取り込む 
 例 スーパー、コンビニで売られる一般食料品の9割はこの戦略
   で売られています。
3.マルチブランド
 既存製品カテゴリーへの新規ブランド紹介
 新しい製品が従来の製品と性能が大きく違っていたり、異なった
 購買者層にアピールするときにおこなう戦略 
 例 小売店での棚スペースの確保などにも利用される。
    多くのブランドを持ちすぎるとコストがかさみ、結果的に
    利益が圧縮される
4.新ブランド
 新規市場のための新規ブランド、新しい市場に参入を行う
 ターゲットになる市場の既存ブランドが適さないときには、はじめから
 ブランドを築き上げる。
 ブランド定着までに相当な投資費用が必要
5.共同ブランド(Co-brand)
 2〜3複数ブランドを1つにまとめる
 

●ブランド戦略の重要性
 成熟した市場においては、ブランド戦略の重要性は増していました。
 ブランド創りは時間と費用がかかりますが、よく知られると、ブランドは
 高額な無形財産と考えられます。継続的な日常行動で実績構築をす
 るために営業の行動がキーポイントになります
 

 

            マーケット

      新規

      既存

ブランド

 
   新規 
 

  新ブランド

  マルチブランド

  既存


 ブランドエクステンション  

 ラインエクステンション

       
    共同ブランド(コ ブランド)
 

 

 13.差別化戦略

 
 コアの違いを明確さ
  させるしくみ
























































 

◆その他の価格差別化

●ピーク・ロードによる差別化
 夏休み中の海の家の食事などのように、最も需要が高い季節や
 時間帯で価格を差別化する

●入場料、使用料による差別化
  ディズニーランドのように、まず入場料として一定価格の前払い
  を行い、その後乗り物などの使用料を1回ごとに追加する
  固定価格と変動価格との組み合わせ

●抱き合わせ差別化 
 2つ(以上)の製品を1つのパッケージで抱き合わせ販売するもの
 個別価格より安く設定することにより、購買意欲を上げる

●タイミングによる差別化  
 1つの製品を購入する場合、機能するためのセット商品を一緒に
 消費者が購入しやすい価格セットをする。
 教材と、その内容を映像化したCD-ROM(DVD)とのセット
 

 

 14.アドバタイジング戦略


  
コアを知らせるしくみ



























 

「アドバタイジング」戦略とな、広告を制作するとき「誰にたいして、何を
結果として求めているのか」という戦略をたてること
誰がターゲットとなるのかを設定する。宣伝はエンドユーザーだけでなく
販売店や流通業者、そして従業員のモラルアップにも使われる
 

◆アドバタイジングの対象

●セグメントA:既存顧客
●セグメントB:新規顧客
  その製品カテゴリーを購入したことがないグループ  
●セグメントC:競合顧客
  他社製品のみ購入しているグループ
 

◆目標設定
 

●既存顧客セグメント自体を大きくする
・使用頻度を上げる:使用頻度をあげるため、今使われている他の用法
 などを提案する
・使用量を上げる:一回の使用量を増やす
・個人の中で自社製品のシェアを上げる:ある顧客セグメントは複数
 の会社のブランドを使用している。その中での自社のブランドの使用
 頻度を上げる
・ブランドロイヤリりティーを上げる:既存客の自社製品へのロイヤリティ を高め、他社の購入を防ぎ、ロイヤリティを上げることで価格弾力性
 を下げ、値上げしやすい状況をつくる 
 

●全ての新規顧客を取り込んで、既存顧客のセグメントをお大きくする このために通常、宣伝費を含めてマーケティング費用がかかるため、 小規模の会社が参入する場合は 競合顧客セグメントかあ低価格
 戦略などで顧客グループを奪うという戦略がとられる
 

●競合の顧客セグメントから顧客を奪うことで、既存顧客セグメント
 のサイズを大きくする
 

 

 

 



◎最後までご覧いただきありがとうこざいました。
素晴らしい制御型人財のあなたとの出会いに感謝し、益々の成功確率の高い価値基準、
行動基準の知恵を「昨日よりも今日、今日よりも明日」と着実に累積し、業績貢献からはじめ
社会貢献する傍を豊にする余裕が出る時期が来ることを待望しています。


■「コア・コンピタンス」を活かし、世界視点で共に豊になるために
まず日本国が豊国・殖産・全員就労のしくみシステム構築を待望しています。
スタートはあなたの地域から素晴らしい共に豊な住環境に変わりましょう。

日本国の総収支が必ずプラスになる、日本国が黒字を右型上がりで儲かる価値基準、行動基準を
日本民族の共有目標とする、豊国殖産を目指す人の数を60%以上にすることが急務ないなりました。
国内を業績基盤とする黒字企業を増やすためには、地域の中小企業、生業家業の60%以上が黒字
になることからはじめ、地域の就業人口数が、毎年、右肩上がりで、個人所得が増加できるようになる
必要があります。中小企業、生業家業の1社では何もできません。黒字体質、黒字に本気でなりたい
企業が集団組織としてよい類が類(友)を呼び、行動をはじめ、地域の60%以上が利益貢献(税収増)
になると、よいビジネスモデルは、日本が得意な「真似した方式:世界の後進国の日本や先進国に
想定外の速さで追いつき追い越す手法」で、日本国内に波及伝播させることが可能な時代になりました。
ネットワーク社会の最先端機能のコア・強み活かすことが必要条件です。固有実戦戦術、戦闘、超速度
に人材・集団・組織をみまもって任せ、正しい方向へ、誘導制御できる制御人財が、聞く耳、決断スピード
の速い虎人財(戦略構想でき一流人財・超一流人財)をトップにすると、想定以上の速さで、実現できます。
「真似した」方式で先人がい期間は、戦略人財でなくても、管理型人財で勝てますが、「真似する」目標が
無くなる時がきます。(中小企業の利益単位の場合、コアの優位は短期間、資金潤沢な人材数豊富な
大企業の子会社に追いつかれる確率が高いためです。)

1自社のコア・強みを、競合他社、先発企業と比較して、経営にかかわる多数の要素(因子)の現在の
成長度合を数値化して、常に競合他社、先発他社より、儲け(利益)貢献度が高いものを重点に戦略的
に伸ばすことが、勝つための条件になります。

 
「経営人材システムの評価」
   ・経営業績評価指標
   ・経営軌道誘導制御因子(Z軸)
   ・経営実現能力因子(X軸)
   ・経営マネジメントシステム因子(Y軸)


2.「利益を生む8つの源泉」を業界固有のよい・悪いの判断尺度を重点に、働く人の基本動作の誰でも
 違いが見えるテーマを全員徹底行動できるようにする。お客様の新しい発見、新しい感動が固定
 客化の行動トリガーになる確率は高い。「ホスピタリティ」価値基準、行動基準が、環境に左右されない
 しくみの一つです。業績見込みのお客様数を、利益目標に応じて、常に130%以上先行受注管理を
 しながら潤沢に企業が存続する限り増やし続けるしくみ、システム、人が必要です。
 地域が好況になるように、常に右型上がりに集団組織が「もちつもたれつ」腹八自分目価値基準行動基準
 で、地域全体最適型にかわると、「儲かるようにするから儲かりはじめます」「一人勝ち、一人だけ儲ける」と
 「真似した」型ビジネスモデルにより想定外の短期で「儲からなくなる」確率は高い。

 「創造的マーケティング」

 「
創市場創客の具体策事例」

 
 
「新製品新事業開発のために」

  「業務の専門度(創市場)を重点集中で深める」

 「営業関係知識項目スキル熟練度」 











 


3.経営の視点から、あなたを取り巻く企業内環境で、勝ち残るプラス領域の方向が制御するときのフレーム
 を構築するための事例

 
「経営は環境適応業」
 
「企業の壁の突破口探し」
 
「突破口テーマの解決具体策探し」
  
   
「再発防止に関する行動」
 
 ISO認証を活かす強い会社づくり

  「地域密着CATVの地域との融合現状」

4.コアの相対比較をするベンチマーク事例

  
「A志援-固有コアを進化させる企業群」
    10年以上環境変化に適応して、業界、業種を変化させたり、よい仲間とグループ組織化して
    世界に比肩できる価値基準行動基準の企業と、業界発展を志援する団体

    
「日本の産業企業の成長過程」
    多くの日本の先導企業ですが、「儲けよう儲けよう型の我優位の企業」「煩悩処理業界」等
    プラス領域の多い企業団体、マイナス領域の多い企業団体、玉石混合しています。
    どこをベンチマークするが、あなたの価値基準にまかせます。 

5.あなたのような制御型人財が、プラス領域の多い業績貢献人材を想定外の速さで成長させる
 もうちょっと成功確率の高い方法を探すときのトリガー事例

  「戦略的に制御人財に成長する」
    「着実に人財へ成長する機会を活かす」
    「総合人材育成システムの確立」
    「管理の基本機能」

    
「自分を変え周囲が変る価値判断」

   「脳機能構造」「心機能構造」を正しく活かす


  







 

商品一覧