開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

技術の機能マップ(ジーンマトリックス)

■技術機能マップ(ジーン マトリックス) 080422

 新製品・新事業開発のための情報>技術機能マップ(ジーン マトリックス)





更新 2011.08.03
 

 技術機能マップ(ジーンマトリックス Gene Matrix)の重要性
 
情報源が基礎研究と結びつくためには、例えば、材料や加工法について、それらの
機能との間の根源的効果、現象、法則などの技術機能(ジーン)マップ(マトリックス)
を創ることが重要です。
それぞれ技術に含まれる特性、現象、発見された法則などについて体系化し、
抜けているところを補い、重複を排除し、基礎研究の方向を明確にして、何が原理
や原則として創造する必要があるか究明しやすくした一覧表です。

研究プロジェクトの内容に応じて、時系列や関係性の深さなどの視点から列挙する
方法もあります。

種々の予想(予想外もある)の内容の源泉マップです。

「ニーズとシーズ照合表」と並列活用も着眼です。

 

◆材料技術機能(ジーン)マトリックス


  機能/材料

   金属材料

  無機材料

 有機材料
 (生物を含む)

  複合材料

 熱 的









 

・ゼーベック効果
・トムソン効果
・パイロ電気効果
・高融点
・熱膨張
・熱電効果
・融点降下
・高熱伝導率
・ベルチェ効果
・形状記憶効果
・インパー効果
・ニリンパー効果
 

・高融点
・低熱伝導率
・低融点
・表面強化








 

・高融点
・断熱効果










 

・繊維強化
・高融点
・断熱効果









 

 電気的







 

・磁気熱量効果
・表面効果
・アズベルカナー効果
・マイスナー効果
・バルクハウゼン効果
・オームの法則
・熱電導現象
・自由電子移動
・電極反応
・金属の水素吸収
・ジョセフィン効果
 

・導電性
・圧電効果
・絶縁性
・半導体効果
・強誘電性
・焦電効果
・イオン導電性




 

・オームの法則
・半導体効果
・絶縁効果
・パイ電子効果
・電荷移動錯体






 

・可電性
・絶縁性









 

 磁気的

・金属磁化
・電磁誘導現象
・逆起電力現象
・非品質化現象
・トンネル効果
・ピニング効果
・付着効果
 

・強磁化
・ホール効果




 
 

・磁化現象
・電子スピン共鳴





 

・磁化現象






 

 化学的





 

・ボルタ電池の法則
・非イオン化現象
・触媒効果
・イオン化傾向差
・非晶質化現象
・電気化学反応
・イオン窒化
・カーケンドール効果
 

・化学反応
・低溶解電
・低イオン化
・半透性
・ホンダフジシマ効果
・イオン拡散
・CVD
・コットン効果
 

・化学的不活性
・化学反応
・吸着現象
・表面活性化
・表面張力
・半透性


 

・化学的不活性
・表面張力






 

 生化学的




 

・低イオン化
・生体安定性




 

・人工結晶
・薬益効果
・難溶性
・生体安定性


 

・親水性
・難溶性
・酵素
・薬益効果
・化学反応
・半透性
 

・生体不活性





 

 機械的





 

・振動吸収
・形状記憶超弾性
・超塑性現象
・剛体力学の法則
・非晶質化現象
 


 

・機械加工性
・強硬度
・耐摩耗
・自己潤滑性

 


 

・機械加工性
・繊維強化
・分子力結合
・可動性
・振動吸収
・表面強化
・自己潤滑性
・自己修復性
 

・繊維強化
・高硬度
・複合強化
・自己再現性




 

 光 的





 

・光起電力効果
・スネルの法則
・ゼーマン効果
・カー効果
・コットン効果
・シュタルク効果
・トップラー効果
 

 

・カー効果
・フォトクロミック現象
・スネルの法則
・化学反応
・光起電力効果
・光伝導現象
・分光現象、干渉
・回折現象
・ラマン効果
 

・透光性
・液晶現象
・光化学反応
・選択反応
・スネルの法則
・分光現象
・回折現象
・ラマン効果

 

・スネルの法則







 

 放射粒子的






 

・熱電子放射
・放射線吸収
・原子崩壊
・熱電放射
・核分裂
・光電効果
・回折現象
・オージェ効果
・コンプトン効果
・メスバウア効果
 

・放射線吸収
・放射線起電力
・フリッカ効果
・ジェロット効果
・クラマー効果
・ショットキ効果




 

・光化学反応
・放射線起電力
・放射能吸収







 

・放射線吸収








 

 



◆加工技術機能(ジーン)マトリックス

   機能/加工法

   裁 切

 変形・融解・凝固反応 

   接 合

 熱エネルギー的








 

・プラズマ振動現象
・アーク放電現象
・燃焼作用
・ジュール効果
・爆発現象
・溶融現象
・高温脆性現象
・リーギンデック効果
・ネルンスト効果




 

・熱可塑性
・易融合合金現象
・燃焼現象
・爆発現象
・熱伝導現象
・熱硬化性
・凝固
・アモルファス化
・熱応力現象
・摩擦発熱
・熱拡散
・アーク放電現象
・磁気熱量効果
 

・正吸収現象
・吸着現象
・毛細管現象
・アーク放電現象
・燃焼、溶融現象
・プラズマ振動現象
・高温凝縮効果
・蒸留現象
・熱伝導現象
・熱拡散現象
・界面ぬれ現象
・ベルチェ効果

 

 電磁エネルギー的




 

・放電現象
・電解現象
・荷電粒子ビーム
・イオンビーム
・電気泳動現象
・付着現象



 

・放電現象
・ジュール熱効果
・高周波誘導現象
・プラズマ振動現象
・電着現象
・磁気熱効果
・エッチングハウゼン効果
・磁気熱量効果
・マイスナー効果
 

・ジュール熱効果
・高周波誘導加熱効果
・放電現象
・電着現象
・電気熱量効果
・リーギルディック効果
・荷電粒子ビーム


 

 光エネルギー的



 

・誘導放射現象
・固体レーザー放射現象
・CO
2レーザー放射現象
・液体レーザー放射現象
・フォトエッチング現象
・光電磁効果
・光化学反応
 

・誘導放射現象
・熱放射現象
・ブッデ効果




 

・レーザー誘導放射現象






 

 化学エネルギー的



 

・燃焼作用
・溶解作用
・ケミカルミーリング
・イオンエッチング
・プラズマエッチング
・スパックエッチング
・マスカント
・吸着現象
 

・爆発現象
・爆縮現象
・燃焼作用





 

・拡散現象
・共役ニ重結合
・置換反応
・縮合分散反応
・アスペルカーナー効果



 

 力学エネルギー的





 

・超音波増幅現象
・可塑性
・ひずみ硬化性
・内部摩擦現象
・低温脆性現象
・摩擦現象
・拡散現象
・ニットレル効果
・ニットレルローラ転位
・切り欠き効果
 
 

・熱塑性効果
・形状記憶効果
・潤滑効果
・冷却効果
・ブリッジマン効果
・ひずみ速度効果
・コンシステンシー効果
・クリープ現象
・ころがり摩擦
・時効硬化
・弾性余効
 

・内部摩擦現象
・超音波振動現象
・圧力凝縮効果
・時効硬化
・衝撃波現象
・拡散現象





 

 放射線エネルギー的
 

・放射現象
・透過作用
 

・熱電子効果
・クラマー効果
 

・放射線重合反応

 

                     経営開発センター 植木英吉「技術情報の集め方テキスト」 より








◆ニーズとシーズの相関マツチング(シンクロナイジング)
 

 情報源を原因(入力)として、応用研究の結果、創り出される新商品や新事業の研究テーマの方向性
 を検討するときに役立ちます。
 





◆ニーズとシーズ照合表

自社の固有技術、固有ノウハウを活かせる可能性を書き出すと創造的発想が湧いてきます。
 

ニーズ/シーズ

 製品技術

 生産技術

 材料技術

 メカトロニクス
 技術

 販売チャネル

 資金力

 ブランド

 エネルギー

気分転換用
空調設備

 

増幅型太陽電池

 

 

完全ソーラー
システム

 

 文 化

 

 

 

マルチメディア
利用文化交流
会議

 

 

 

 情 報

 

 

 

移動用PDS

宅配情報
サービス

 

 

 レジャー

 

多種類巨大
迷路製造システム

 

デジタルカメラ
使い捨てカメラ

飛行機自動車
鉄道旅館のセット販売

豪華客船旅行

オンライン旅行
サービス

 食 糧

 

 

 人工食料
 栽培型食料

 

 

植物工場
養殖工場 

 

 都市化

 

 

空中移動都市

 

 

三次元空間
利用都市

 

 交 通

 

三次元道路

 

自動衝突防止
装置

注文に応じた
自在宅配便

 

 

 安 全

 

 

超断熱材

 

 

 

 

 医 療

人工皮膚
人工器官

 

 

 

 

満足充足型
養老施設

 

 健 康

 

 

深眠枕

 

健康食品宅配
サービス

 

 

 教 育

 

 

 

 

 

 

 






■日刊工業新聞社出版「知らなきゃヤバイ!」シリーズ

世界から観て日本の固有技術を財政破綻寸前のにも関わらず、実体価値のない日本が超円高という形で、
世界の富裕層の投機資金が戦略的に向けられています。日本が円高阻止できる、投機資金量をはるかに
越えて実体相当まで、円の価値を復元することは、出来ない時代になっています。

上限のない国債発行が出来る国の日本が、実質財政破綻するまで円高上限は無限に続く確率は高い。
制御型人財は、海外の超価格破壊(円高のために生じる現象)に幻惑され、生産を国内から海外への逃亡
をやめ、「割り切り」、現在の超円高でも利益が確保できる、「ものづくり」の強さを発揮し、外圧を跳ね返そう。
想像を絶するコストダウンは、あらゆるものづくりを複雑化した中味、素材を最適な単純化(シンプル化)して
世界に対応できない役員陣、机上優位の間接部門の人件費、売れないブランドの幻想広告宣伝費の
コストカットすると、あらゆる製造の要素の素材の同等強度機能のローコスト代替素材への交換、共有機能
部品の標準化共有化、複数工程を1工程以上カットするしくみ、ラインの工程を、多品種変量型、金型設計
変更による交換時間の短縮等、想像を絶するコストダウンをすると決めると、人は、機械と異なり、過去の
累積した知恵が、実証実験臨床の中で泉のように湧き出てきます。ITの垂直思考より、とんでもない問題
解決をしたい一念が水平思考を生むことができます。自動車部品企業が、自動車が欧米に進出するとき
の機能設計発想行動と同じ、あらゆる周囲の関連業界も、海外進出しなければ、日本は壊滅してしまう
とさえ、考えていた時でした。現在の日本と酷似しているようです。機能設計部隊の、図面で生産計画に
渡す無理難題を、工場は品質維持、採算最適化で総能力で協力し、実現していきました。7割ができっこ
ない、不平不満の声の多数決を無視して3割の人が、企業を推進し、上場企業になっていきました。
21世紀型の方法は、企業を推進する3割は、すぐ可能な企業と、集まるまで時間がかかる企業があります。
集まった企業から実績を上げ始めると、ネット社会、自社に儲かる方向を真似るスピードは情報公開時代
想定以上に速く、多くの企業が、共鳴共振共働して動き始めます。先導人財3割が動きはじめる、残りの
7割の中の3割が、先導人財の指揮下で動き始めます。(3+2.1=5.1)多数決の5割以上になり、6割以上
にするために子飼いの部下を巻き込むと、組織のベクトルが新しい方向へ軌道が変化してきます。
「できる、できる、できる、やる、やる、やる」 やると越える壁が見え、その壁を一つ越えるための重点手中
行動が始まる。人が組み合わさる(もちつもたれつ)組織の増幅した総能力発揮で、目的を達成できてしまう
時がきます。環境・国にできない理由転嫁したり、不平不満、傷の舐めあい、同情、過保護、できないと
思い込み等は、すべて、未来を拓く人・組織の推進パワーを減衰させ、マイナス領域の多い人(人在、人材)
を脱落させ、人数補充が頻繁に必要になります。
日本の現状の「今に徹して全力投球」すると、日本の子孫のための「儲かる」しくみの基盤が構築できる
確率は高い。全て試練を感謝し、不連続の飛び上がる成長のための千載一遇のチャンスのときと捉える人
の数が加速度的に増大することを待望しえいます。世界のどの国も短期での少国土内で急激な環境変化
の中で復元する問題に直面した国はありません。ないから、今、復元させ、その成功ノウハウを世界へ発信
させる実証の国です。もし世界の制御型人財は、日本の制御人財の不足した機能を補填、補完し、さらに
プラスαを付加できれば、世界規模の人類の叡智のさらなる進化の突破口になる機会です。黒子として
日本の組織の進行スピードの加速、軌道修正等「岡目八目」の原理、当人に見えない部分を制御する
やらざるをえない志援を待望しています。

財政破綻の歯止めは、政府が報告する数字のマジック、貿易黒字は、表面的現象です。
海外への設備投資、銀行・大企業等の海外投資、ITの基本技術使用での特許使用料、海外観光等はすべて
日本の資金が流出で、一部しか回収できない海外流出資金の一つです。
日本企業の海外株主比率が高くなると、加速度的に海外流出資金は増加します。

投機資金は、兌換型で安定する「金」相場へ重点が移行し、円安が100円まで復元することを神仏に祈念する
だけの状況が2011の8月現在。東日本大震災、福島原発事故の日本人の子孫存続に関わる問題からの
正常への復元、国内での投資資金を潤沢にするためには、外貨が流入しやすいしくみが必要です。

日本国民の30%がものづくりの制御型人財が戦略視点を、日本の中から世界を見る(地動説行動と酷似)を
世界の中から日本を見る(天道説行動と酷似)視点へ180度変えると、今最優先、最重点行動が何か観えて
くる確率は高い。多くの日本の出版物の中で、ものづくりの日本の未来を拓く、核心を突く確率の高い出合った
本のシリーズが「知らなきゃヤバイ!」シリーズが一つです。あなたの事業展開の視点を変えるトリガーの一つ
になるかもしれません。自社の事業展開を、もう一度、見直し、21世紀型輸出立国として、ものづくりの頭脳と
心臓部を異常に進化させて、世界に貢献する舵を変えるときです。ITはツール多数管理コントロールの道具の
一つ、ITは超富裕なら、何でもできます。人が決める市場の原理は、「ものづくり」、「いきものづくり」の場合
確率論では左右できない誘導可能な領域があります。日本国はその領域を備え、世界の貧困層が、中流階級
の収入源を生めるインフラを組合せ自在でできる要素が揃い、組合せ具体化する段階に来ています。
ものづくりの場合、30%の人で、しくみシステムを最適化させれば、70%の人たちは、その外貨収入の恩恵
で、現在の日常行動をあまり変化させずに生活できる確率は高い。特に高齢者の比率が高くなり、第一線の
の産業行動比率が低い時代にはいったため実現できる確率は高くなりました。
大学の法人化、大学院が産業と融合し、10年後を想定して、今から行動を起せば、21世紀型輸出立国、
国債の歳出上限を決め、国債削減計画により、財政破綻に歯止めを懸けること出来る時代が来ていること
に気づく必要があります。

今の悪環境、外圧から精神も行動も瞬間逃避させようとする仮想へ引きこむ世界から、直面する現状を実体
で改善する方に一生懸命になるように、日本未来へベクトルをあなたの周囲から少しずつ変える時代が来て
います。
帯域の原理、言ってもムダ、感度のない人は、言ってもムダ、言って教え、帯域を広げ、理解させるには
時間がかかります。あなたの推進パワーを後向きにし減衰させます。ある方法以外ムダできる確率は低い。
感度のある皆さんと、「共鳴、共振、共働」する仲間からはじめ、まず30%が動き、実績評価で総人数が55%
を越えると多数決世界、不思議な現状の一つである現代のメディアは180度変わる特質があり、そのときから
追い風に変わり 75%程度までは想定以上の速さで変わる確率は高い。それから25%の20世紀で時間の
止まった人たちを変えるのに時間の余裕があればやればよい。いずれ近い将来寿命で、実体世界を卒業
するので、剛型行動は不要です。
知行の連続行動が、日本が変わる近道です。「一人から初めないと、何もできない。一人でけでは何もでき
ない。集団組織が動くと時代の潮流は変わりはじめます。」




知らなきゃヤバイ!
「半導体 この成長産業を手放すな」

  
著 津田建二

出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 460P

 定価 ¥1470(税込)


ビジネス損失を生み続けている日本半導体。再度主役に踊りでるには何をすべきか。
今、半導体産業という世界的な成長産業を手放したら、日本の産業界は取り返しのない選択ミスをすることになる。

◎しくみ、システムにはその「ものづくり」に最適に機械を動かせるために制御型半導体が必要で、プロセスを、実戦しながら進化させる暗黙知の集約が半導体の本来の機能です。国内での無限の臨床実証試験の中で、円高70円でも利益かだせるローコスト化の突破口の一つです。分野は無限、「いきものづくり」の超ローコスト化大量生産に必要な技術の一つです。半導体の本質に気づけないメーカーを引き合いという多忙の中に引きこむと、日本の強さは金型(外面)半導体(内面)にあことに気づく制御型人財は増える確率は高い。   A志援ms 110724
 


知らなきゃヤバイ!
「電気自動車は新たな市場をつくれるか」

  著 御堀直嗣

  出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 460P

 定価 ¥1470(税込)

地球環境問題とエネルギー問題を解決すべく、電気自動車が注目されている。本書では、電気自動車の基本的なしくみを押さえつつ、本格普及に向けた取組みや課題を取り上げ、電動化が変える車の常識を解説。


◎新市場が創造されるのではなく、今の市場の内容を変える手法での新市場づくりであり、アナログテレビをICTを御旗にデジタルテレビにかえる産業創造の手法の一つです。
いまより必要なものが付加されるのでしょうか?地球環境汚染が革新の引き金でした、現在の価格以下のローコスト化と、いま以上の性能、天変地異の中での安全向上、その他の発生する未知の問題点のリスクに時間と金をかけるより、げんざいより、環境汚染の少ない潤沢な供給可能な代替エネルギーへの乗り換えも、当面のある期間活用し、開発期間を長期にする、他の自動車が生まれるかもしれない。
    A志援ms 110725

 


 知らなきゃヤバイ!
「太陽光発電ビジネス、大競争時代を乗り越えろ」

 監修 一木修
 編著 (株)資源総合システム

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 460P

 定価 ¥1470(税込)

太陽光発電業界は日本メーカーが寡占順位を下げる一方で、欧米アジアの新興企業が台頭し、各国が大規模な導入と生産拡大に打って出ている。本書は戦国時代さながらの太陽光発電ビジネスの現状と参入企業、海外動向をウオッチし、日本がどのように戦っていくかを提案している。

◎50年以上前、太陽電池が卒論テーマでした、半導体、薄膜蒸着もテーマの一つでした。太陽電池を強電の代替として発電に利用しても、太陽の変換効率と安定性が、当時と同じシリコンがまだ最適であると、業務用コストを50%以上コストダウして、ローコストエネルギー源として可能なのだろうか?用途を、光制御センサーとして、「いきもづくり」に特化した開発を待望しています。
       A志援ms 110724

 


知らなきゃヤバイ!
「レアメタルが日本の生命線を握る」

 監修 山口英一
編著 日本のレアメタルを考える会

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1680(税込)

レアメタルは、電子・自動車など日本の産業医とって必要不可欠なものです。しかし、希少など、生産地が偏在し、限られているため、政策の道具とされやすく、その供給に頭を痛めることになる。本書では、レアメタルがなぜそこまで必要なのか?から、現状、今後までをわかりやすく解明。

 

 

 


知らなきゃヤバイ!
「食料自給率40%が意味する日本の危機」

 著 吉田太郎

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A4 160P
 
  定価 \1470(税込)

「食料自給率40%」と言われてもピントこないのが実情だが、この数字の裏には、このままにしておけない深刻な問題が沢山あります。本書は日本のそして世界の食料事情の実態を知ると同時に、今後どうしていけばよいのかをイラストを含めてわかりやすく解説していく。
 


知らなきゃヤバイ!
「食品流通が食の安全を脅かす」

 著 米虫節夫 野口英雄
   平井由美子

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1680(税込)

日本国内で食品の産地偽装やBSE問題、微生物汚染事件が起こり、食の安全性が改めて問われています。特に食品流通においては、古い慣習や管理の不徹底さが指摘され、食の安全を脅かす危険さえあります。本書は、世間ではあまり知られていない食品流通の実態とどの問題を明らかにしている。

 

知らなきゃヤバイ!
「石油ピークで食糧危機を訪れる」

 著 石井吉徳

  出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1680(税込)

石油は現代社会の血液であり、今やこれなくして生活はなりたたない・しかし、需要量が増え続けるのに対して、有限である石油の清算はピークを越した。歴史に学べば、エネルギーを失った社会は食糧危機を招き、文明は崩壊させる。石油ピークを迎えた現代社会はいったいどこに向かうのか?


 知らなきゃヤバイ!
「生物多様性の基礎知識」

  著 草刈秀紀

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1470(税込)

生物多様性条約締結国際会議が日本でかいさいされました。その主要課題といして上げられたいるのが「生物多様性と気候変動」。環境と生物の問題が国際的に注目される中、自然再生活動、外来種問題、広葉樹の植林活動など、さまざまな緊急課題と、いきものと環境を守る多彩な活動を紹介。
  
 


 知らなきゃヤバイ!
「温室効果ガス削減と排出量取引」

 編著 みずほコーポレート銀行
     みずほ情報総研 

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1680(税込)

温室効果ガスの削減は、これからの企業活動にとtっえ必須の命題です。しかし、日本の企業にとって、これまでの方法の延長では、目標達成は難しい。そこで他の目標達成の方法として排出量取引を中心にわかりやすく解説。同時に、ビジネスとしての今後の可能性、方向性を探る本
 

 知らなきゃヤバイ!
「飲料水争奪時代がやってくる」

 著 岡崎稔

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1680(税込)

地球にはもともと飲料水として使用できる水は少なく、地域によって水に対する飢餓感が大きい所も多い。さらに、人口の急増、工業化の進展など世界的な水不足そして水汚染はより深刻になっている。本書では日本及び世界の水の現状、その対応策まで、人間に不可欠な水の問題を徹底解説
 

 

 

 


■その他 


 スマートグリッド解体新書
動き出した巨大産業と企業戦力


 編 日刊工業新聞特別取材班

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1890(税込)

 


 図解
 よくわかる植物工場

 著 高辻正基
 
 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1890(税込)

  

 LED植物工場
 次世代照明LEDは新しい農業の
 キーテクノロジー 

 著 高辻正基 森康裕

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1890(税込)

 
 幻想のバイオマスエネルギー
科学技術の視点から森林バイオマスの在り方を探る

 著 久保田宏  松田智

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 148P

 定価 ¥2310(税込)

 

 低炭素社会に向けた12の方策

 編著 藤野純一 榎原友樹
     岩渕裕子
 「2050低炭素社会」シナリオチーム
 
 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 200P

 定価 ¥2520(税込)


 グリーンなのテクノロジー
環境、エネルギー問題に挑戦する人々

 監修 物質・材料研究機構
 編 ナノテクノロジー、ネットワーク
    委員会

  出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 240P

 定価 ¥2100(税込)


  気候工学入門
新たな温暖化対策ジオエンジニアリング

 著 椙山昌広

  出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 160P

 定価 ¥1890(税込)

 

 図解
 次世代農業ビジネス
逆境をチャンスに変える新たな農業モデル

 編著 井熊均 三輪泰史

  出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 192P

 定価 ¥1890(税込)

 放送業界大再編
デジタル放送が巻き起こす地殻変動

 著 西正

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ A5判 224P

 定価 ¥1470(税込)


  燃料電池ビジネスの本命
 住宅市場を狙え


 著 井熊均

 出版 日刊工業新聞社
 サイズ 四六判 240P

 定価 ¥1680(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 






商品一覧