開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

新製品・新事業開発のための情報

■新製品・新事業開発のための情報

 TOP >カテゴリー一覧>新製品・新事業開発のための情報




 

新製品・新事業開発のための情報を観える化し、自社検討時の発想の
枠を拡げる情報を重点まとめます。

自社用に追加修改良をお奨めします。

◎併用情報

●科学技術情報流通技術基準

●業務の専門度(創市場)を重点集中で深める(知財活用のプロ化)
 

 

●キーワードの体系化、戦力化
    情報は 様々な分野、プロセス、項目、内容などから成り立っています。
  時代の変化を探すためには
   2〜3年後の近い未来
   5〜10年後の将来
   それ以上の遠い将来
  予想される情報をキーワードとして、発明・発見や技術革新に関連する
  ものとして取り扱えるようにしておくと、気づいた時に常時追加して
  自社の固有の判断ノウハウにすることが新事業展開に重要になります。

  事例として、個人を中心にしたニーズ源を整理したものを参考にして下さい。

   

 

■最近5年間で急成長した製品 

 品目

 増加率 %

   品目

 増加率 %

  液晶テレビ

     3.9

 小型バス

         1.6

 一般用タービン発電機

        2.4

  反応機器

         1.6

 固定通信装置

        2.3

  リチウムイオン電池

         1.6

 ガスメーター

        2.2

 モス型半導体集積回路CCD

         1.6

 蒸気タービン部品

        2.1

  カメラ用レンズ 

         1.5

 一般用蒸気タービン

        1.9

 

 

  液晶素子(大型)アクティブ型

        1.8

 

 

 

 

 

 

数年前までは急激に成長してきて注目あびた品目の現状

 携帯電話

    0.4

 

 

 デジタルフルカラー複写機

         0.2

 

 

 

 

 

 

生産性指標の公表266品目のうち増加率上位品目(2009/2004年)



■日本の特許出願件数の推移

 

  1998

    2000

    2005

     2008

   2009

 全出願件数

   401 932

   436 865

    427 078

    391 002

   348 596

  非居住者による

     42 551

     49 501

      59 118

      60 892

     53 281

  内国人による

   359 381

   387 364

    367 960

    330 110

    295 315

 

 

 

 

 

 

特許庁行政白書2010


技術の機能マップ(ジーンマトリックス)
  
技術の機能マップ(ジーンマトリックス)、ニーズシーズの照合表で整理、種々の予想(予想外もある)
    の内容を自社で活かしてみよう


◆ 整理の方法として

     ○「人間社会システム」をキーワードとしたネットワーク
      国家、市町村、会社、個人など
 
        ○「人間自身の生体システム」をキーワードとしたネットワーク
      保健、衛生、医療など

    ○「資源・地理システム」をキーワードとしたネットワーク
      エネルギー、エントロピー、資源などは「生体システム」
      を維持するために必要になります

    ○「技術システム」をキーワードとしたネットワーク
      技術、科学、コンピューターなどは、資源利用と人間社会
      システムの向上に関係します。

   4つの視点からキーワード群をグループ化すると、キーワードが統合され
   発明・発見や技術革新に本当に必要なキーワード、さらにはプロジェクト
   の領域が観えてきます。


    ○環境のネットワーク
       空間、時間、物、植物、動物などの発生順に区分ができます。

    ○人間のネットワーク
       精神(内向性)から肉体(外向性)に区分ができます。

    ○社会のネットワーク
       安全性、品質、経済性、利便性などに区分できます。 

 ◆キーワードの体系化、戦力化を考えるときの2つの視点

   1.マスター・キーワード(カテゴリー)の識別
    技術分野、特に研究開発分野の全体像を捉えて、マクロ的視点から
    のキーワード群を集約化できるようなカテゴリーを識別、キーワードの
    体系化、及び戦力化を行うことが着眼です。

   2.数量的表現の付加
    マクロ的な視点からのカテゴリーに対し、ミクロ的な視点からの数量的
    表現を用いることにより、概念的、構造的、構成的に直結させた
    キーワードを識別、それぞれの相互関連性に基づき、関連度の大小、
    強弱、さらに包含性などによって体系化及び戦力化を行うことが着眼です。


◎先技術基礎科学に関する研究分野の分類事例
●知能システム
・人工知能  ・ヒューマンシステム ・ロボット ・バーチャルリアリティ  ・統合制御システム 
・知的情報処理  ・マイクロメカトロニクス

●環境、生命工学
・医療機器  ・バイオテクノロジー  ・エネルギー  ・地球、都市環境  ・都市防災  
・地理環境システム

●先端材料
・機能高分子  ・半導体  ・超格子  ・セラミクス  ・高温超伝導

●機能システム
・微細加工技術  ・光エレクトロニクス  ・量子効果デバイス  ・プラズマエレクトロニクス  
・超伝導デバイス   ・通信技術   


  
    

◎日本国の財政破綻寸前に歯止めをかけるために、各地域から黒字体質へ
変わるテーマを最優先課題選択することを推奨します。

消費税、増税は 現在の収入の機会が少ない疲弊した低所得者層の多くの国民が自力で豊な生活を
持続できるためには地産地消型の「働く場」が持続的に着実に増加し、働く人の数がに拡大できる確率
の高い分野の中で「新製品・新事業開発」を継続すると、地域も持続的に黒字軌道へ変えることができ
ます。


地域密着CATVを中心に、地域の地産地消型実体経済、余剰生産は、地域外内需と、海外への輸出
販路構築と外貨の地域へプラス財(日本国プラス財)を持続的にできるしくみシステムを地域が一体で
構築することを推奨します。21世紀はIT化により人の働く場を排除され、財の集中化が加速し、国内
では市場が不足するために 海外市場を狩猟型で開拓する潮流なってきました。その傾向に幻惑されず、
持続すれば多くの働く場が加速度的に増大する「新製品・新事業」のテーマじ絞りその現状を紹介します。
自社の固有技術にふさわしい、素材型、部材型半製品型、製品型、メンテナンス、サービス、物流、
ノウハウ等、企業群補完型で大企業グループとは異なる中小企業集団融合体で事業展開を推奨します。


●最先端医療の現状
先端医療の現状を知り、高齢化社会、人口の増加が減少の中で、心身の健康維持、延命法は歯止めの基本原理。あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、医療進化へ循環させるしくみ構築を待望しています。低年齢層の健康基盤構築、環境飽食と偏食、食の不安全で、若年層、青年層の老齢化加速等
未知の解決分野は変化がはじまりました。予防医学、西洋医学、東洋医学、神の領域人の遺伝子組み
換え医化学地域の多数にふさわしい医療を選択する時代に入ってきました。

●最先端下水道の現状
人間の産業生活排水は、地下水、河川、海、雨水、植物、動物(人も含む)の体内生命水に含有変化循環します。全ての循環の悪化に歯止めをかける重要な関所である下水道業務は根幹テーマです。枝葉末節の環境「やつたふり」から、世界の国家的本質の急速進化が必要です。あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、水の環境保全の進化へ循環させるしくみ構築を待望しています。

●林業再生「社会資本」の現状
農林水産省は2001年6月それまでの林業基本法を抜本的に見直した「森林・林業基本法を制定、拡大像リン政策を基本にした林業行政を大きく転換、新法は「緑の社会資本」と位置づけ「100年先を見通した森林づくりと国産材の復活」を目指し、森林の多面機能の発揮と林業の持続的発展を基本政策にしています。地域の林業は、自給率を上げる国産存亡の危機段階に入りました。
地域から地産地消をはじめることが第一歩です。地域密着CATVの「したかしないか」を持続的機能を
発揮しごまかし言葉でない現地現場を見せる役割が、右脳の必要意識者数を増やし、多数決社会である
左脳行動誘引させることを推奨します。

●地域密着型CATVの地域との融合現状
地域密着型CATVの地域インフラと融合して地域の総合的高密着機能を発揮する徴候が全国で出始めました。地方分権、21世紀未知の新規事業、方向は江戸時代へ回帰方向ですが、バブル、世界金融が実体と乖離度を増幅する時代、実体経済の原点地産地消型から、財の循環を初め、21世紀の新しいしくみシステムの構築が日本国生き残りのために急がれる時代になりました。


◎21世紀が創る新市場の現状
●植物工場の稼動と市場
●植物畜産栽培養殖漁業林業複合工場
●日本で複合工場実証試験関連技術
●新たな食の安全安心の業務用計測技術
●放射能汚染に対処する食の安全安心の変化
●新エネルギー稼動と市場
●スマートハウス、シティの稼動の現状
●地方航空は地域人商物流の突破口
●希少元素再生化資源と錬金術法資源の市場




◎最先端で新商品製品開発をしたり、探すとき制御型人財の基本素養
 
日常行動の中に四六時中の行動の中で、新商品製品の種に気づく感度を鋭敏にする訓練
 が必要です。意識すると不思議に出会う確率が高くなることに気づく時がきます。
 同じ環境のなかで気づく人と気づけない人の2種類あり、70%は気づかず、10%は言われて
 初めて気づき、後の10%が感度格差が成功確率の質格差がありますが、気づくようです。
 最後の10%が、まだ見えなくても観(診)えるグループのようです。
 

●市場的確把握既存情報を活かすプロ
   
市場分析の定石は短期で市場の的確な既存情報を把握し、あなたの固有情報で加工するか、
    その情報が、業績繁栄に貢献したかどうかがプロの戦略家格差です。感度を磨くと自社に
  ふさわしい新商品製品の種に出会う確率は高くなります。

●知財を活かすプロ
  
知財を活かす開発、設計、知財担当、戦略的に知財を活かす経営陣、知財を活かすプロ人財が業務で
   自在に活用できます。直接その機関とのコンタクトと人脈づくりも有効です。

 

              

  

 

カテゴリ一覧
技術の機能マップ(ジーンマトリックス)
技術の機能マップ(ジーンマトリックス)、ニーズシーズの照合表で整理、種々の予想(予想外もある)の内容を自社で活かしてみよう
最先端医療の現状
最先端医療の現状を知り、高齢化社会、人口の増加が減少の中で、心身の健康維持、延命法は歯止めの基本原理。あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、医療進化へ循環させるしくみ構築を待望しています。
最先端下水道の現状
人間の産業生活排水は、地下水、河川、海、雨水、植物、動物(人も含む)の体内生命水に含有変化循環します。全ての循環の悪化に歯止めをかける重要な関所である下水道業務は根幹テーマです。枝葉末節の環境「やつたふり」から、世界の国家的本質の急速進化が必要です。あなたが事業の種(シーズ)に生かし、その財を、水の環境保全の進化へ循環させるしくみ構築を待望しています。
林業再生「緑の社会資本」の現状
農林水産省は2001年6月それまでの林業基本法を抜本的に見直した「森林・林業基本法を制定、拡大像リン政策を基本にした林業行政を大きく転換、新法は「緑の社会資本」と位置づけ「100年先を見通した森林づくりと国産材の復活」を目指し、森林の多面機能の発揮と林業の持続的発展を基本政策にしています。
第四次産業・複合型食品産業
日本国内の地域の食品産業が複合協業して、川下、川中、川上の商品の循環と、地域の消費者が地産地消の実体経済のなかで共に豊になるためには、第四次産業・複合型食品産業の実証実験を始めるときです。このしくみシステムは縁ある国から豊に変わる連鎖がはじまる確率は高い。
21世紀が創る新市場の現状
21世紀世界規模で、時代の潮流に対応して、新しく創られた市場が、はなたの生活環境を変化させ始めています。自社の事業の業績基盤の中に強みとして組み込むことを推奨します。インフラに関連する新たに創られる市場は、国家規模で主導型のものが増えてきました。短期で、複数の動きが並列的に進行する時代になりました。垂直思考型戦術では時代のスピードに乖離する確率が高くなりました。
地域密着型CATVの地域との融合現状
地域密着型CATVの地域インフラと融合して地域の総合的高密着機能を発揮する徴候が全国で出始めました。地方分権、21世紀未知の新規事業、方向は江戸時代へ回帰方向ですが、バブル、世界金融が実体と乖離度を増幅する時代、実体経済の原点地産地消型から、財の循環を初め、21世紀の新しいしくみシステムの構築が日本国生き残りのために急がれる時代になりました。