開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

創造的マーケティング

■創造的マーケティング

 TOP >カテゴリー一覧>創造的マーケティング




新製品・新事業開発のためには創造的マーケティングが着眼です。方法は、創市場、創客のためのシクミと実戦力格差です。

新製品・新事業開発のための「創造的マーケティング」に関する情報を整理応用展開を薦めます。

製品化の目途が立ったとしても直ちに事業化に結びつきません。

「ダーウインの海」や基礎研究・発明と応用研究・製品開発とのギャップから生まれる、「死の谷」
についての製品開発と研究エンジニアリング、製品開発のためのマーケティングリサーチ、さらに
研究開発のアライアンスとアウトソーシングなどの視点からも検討が必要です。

   「ダーウインの海」:応用研究によって製品化のメドが立ったが、生産設備、流通ルートの構築になどに問題があるために、
                              直ちに事業化に結びつかない可能性がある場合 例 DVD規格の統一
  「死の谷」:基礎研究・発明と応用研究・製品開発の間に生じる大きなギャップのことを指す。自社内に蓄積された技術
         シーズを顧客のニーズに調整し、有用な技術にしていくことが容易ではない場合

◎21世紀は、通信自由化の波、システム自由化の波、金融自由化の波、急激な為替や株価変動の波、規制緩和の波、農業自由化の波、世界的環境破壊防止の波など、世界規模での変化が第1波、
第2波、第3波と姿を変えて押し寄せてくる時代がきました。

企業規模が 自力型で 売上50億円を超えてくると、時代の潮流の中での影響は大きくなり、適正
規模内での経営をするか、それ以上拡大するかで、従来とは異なる戦略展開が重要になってきます。

情報の中から適切な情報を、収集、処理、評価、推論していくか、もしくは最も適切な情報媒体ある
いは情報提供者かた、数少ないが、しかし決定的な重要な情報を入手していく時代がきました。 

その時代背景の根本を閉める情報化時代の特性を十分に把握し、組織として、あるいは個人として
どのように情報管理体制を整備、強化していくかが重要になつてきました。
 

高度情報通信化時代の構成は4Uからなっています。
その中心は 「ユビキタス」であり、「人と人」「人とモノ」「モノとモノ」のコミュイケーションが簡単に行
われる社会

 ●「ユビキタス」
   あらゆる局面でコミュニケーションがより重要な役割を担うじだいになり、あらゆる
   人やモノがむすびつく)
 ●「ユニバーサル」
   年齢、障害などに関係なく簡単に利用できる
 ●「ユーザー中心」
   利用者の視点が融けこむ
 ●「ユニーク」
   個性ある活力が湧き上がり、より高い創造性が発揮される

その特性は
 1.一定期間に伝達される情報の量が 極めて多い。
  貨幣の表現で兆円単位を超え京円単位への表現出現度が多くなってきました。
  記憶容量や情報容量を示すメガバイトやギガバイトの表現からビジネスインテリジェンス分析
    などの大容量を扱う分野では、テラバイトやペタバイトという表現が普遍化してきました。

 2.伝達する情報手段や媒体の数・種類の増大
  主な公共・私用の情報媒体
   ・新聞、雑誌、書物、電話、ラジオ、CATV、ファックス、電子黒板、ブログ、
         コンピューターネットワーク、TVネットワークによる電子会議システム、
    ホームバンキング、トラベル情報網、ゲーム網
   ・数知れないデーターベース、知識ベースなど
   ・注文、請求、支払い、資料請求などの人々の仕事、生活に密着している活動も、
         次々に開発される新しい電子情報媒体に依存するようになってきた
  
    情報通信化時代では、非接触ICカード、GPS機能、電子タグを利用したサービス、音楽配信、
    ホームセキュチティサービスの普及

  仕事の効率化、作業負担を軽減し、時間を短縮させ、生活面では、安全安心を高め、
    気分を癒し、満足度を高めてくれる

  3.暗い面として情報セキュリティの確保とその限界
   コンピュータウイルス、スパイウエアからの高度の防衛策が必要。

   情報漏えい、情報改ざんなどの問題は、基本的に人間の倫理観(感)、道徳観、使命観(感)
      という心の問題であり、社内の人間の気持ちまで情報管理者の完全なコントロールをすることは
      不可能という厳しい命題がある。人間の価値判断の成長が重要な要素になってきました。

◎総合的に情報通信化時代、特にユビキタス社会は
  企業にとって従来にも増して多くのビジネスチャンスに恵まれ、考え方次第では、
  かつて予想できなかった重要な役割を果たせる時代が到来しました!  
 

  1.新製品、新事業開発、研究開発のような業務はそれぞれの担当者だけに限定されていましたが
   社内の業務がネットワークが進展し、障壁が少なくなると、全社員へ関心が共有化される
   可能性が高くなります。

  2.このような社内コミュニティの強さは、個人の中の知識智慧(暗黙知)を参加者がアイデアとして、
       ぶっつけ合うと、思わざる新製品や新事業へと結びつける機会を飛躍的に増大させます。

  3.時空を超えるという特性、地球上における研究開発が継続的、多重、多元的になります。
   世界に研究拠点を持つと、地域の勤務時間で次の地域に継承すると24時間中断しないで
   継続できるようになります。また、知識の共有は異なった専門家同志による付加価値アイデア
   の増加も期待されるようになります。

 
◎研究開発が新製品や新事業開発に結びつく速度が劇的に増加したとき、営業戦略的に市場に
波及伝播する「創造的マーケティング」の考え方は、市場での成功確率は高くなります。   


 

 

 

 

カテゴリ一覧
0対象顧客の設定
多様化した顧客の中で自社にふさわしいお客様は誰か明確しなければ、損益分岐点以上の利益を確保した事業展開が難しくなってきました。
1顧客の状況把握(テーマ)
顧客を取り巻く環境要素を「外部環境」と「内部環境」に分類し現状・未来を把握するためのテーマに関する情報
1顧客の状況把握(読む)
顧客の状況を把握するためには3つの情報源「読む」情報源「聴く」情報源「観る」情報源から高信頼度高品質で効果的効率的に収集する必要があります。
1顧客の状況把握(顧客の声を聞く)
膨大な顧客の声を文字情報テキストデータで蓄積し、テキストマイニングで「適切な分析手法」「ツールの使いこなし」、読んだ情報との整合するしくみが進化をはじめてきました。
2顧客の課題把握(想定)
「1顧客の状況把握」によって整理、加工された情報を踏まえて、顧客のニーズを想定する段階です。顧客に役立つためのイメージを描く時、人材の成長段階の違いで、成約確率格差が大きくなります。
3課題解決の立案
「顧客の課題」が設定できると、設定した課題に対して解決策を立案する段階です。つまり提案内容を作成する段階で、顧客を「説得する方法」より「納得へ誘導すること」が成約するかどうかの分水嶺になります。
4提案の実施
提案の実施、プレゼンテーションは顧客を「説得する」のではなく「納得する」ように誘導することです。
5提案実施後の評価と対応策の検討
「提案の実施」により、契約への確実な誘導が重要です。顧客の担当者、キーマンが納得し、自社の提案の導入や購買行動につながるような、重要なつめの動機付けが必要です。「顧客創造マーケティング」の実績が出始めます。
事業善循環への活かし方
創造的マーケティングを活かし、事業展開を善循環に軌道修正をさせる価値判断。実戦での応用をお奨めします。