開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

発想を広げる理論武装

■発想を広げる理論武装

勝ち抜くビジネス手法>発想を広げる理論武装
 

 

壁を突破、アイデアが溢れる、仕事が効率的に少し要領よくするためには
「勝ち抜くビジネス手法」をタイムリーに応用すると実戦力は上がります。


身近なこと局所思考、部分最適思考、思いつき思考、場当たり思考等では
「盲人が象をなでる」ごとく、全体の一部しか理解できません。
全体のフレームを把握して、詳細を追及すると、全体の整合性をした上で
問題解決できるようになり、緊急かその後でよいか、仕事の緩急が自在に
できてきます。視野、視点、発想を広げる手法の日常の訓練が重要です。
会社の大プロジェクトの一員としての活躍を祈念しています。


◎ビジネスシーンで仕事の要領がよく、資料つくりやプレゼンテーションが
上手で、いつも核心を突き成果を出す人財になる早道!

多くのビジネス書は、その一部を重点に展開している本が多い。

 

 

                          参考  洋泉社 「ビジネスメソッド25」著者西村克己

  ビジネス手法

  内容のポイント

□発想を広げる 

1.システムシンキング
システムシンキングによって部分と
全体の相互関係を把握すると、視野が
広がり、仕事の効率もアップします。 
複雑な内容を単純化して考えることが
容易になります。


全体を集合体として捉え、大局着眼
に相当、個別に対応するためには
局所思考、部分最適、思いつき、
場当たり的な小局着手の手法が
必要です。

◆サブシステムとは
個別システム、切り取りで切る業務単位
モジュールとかユニットと呼ぶことがある

例 情報システムの場合
   会計システム、販売システム
   生産システムなど








●活用事例
会社の仕事をシステムシンキングで
捉える

目の前のことに関心が集中し、全体を
見失う傾向があり、担当の仕事、自部門の仕事に関心が高いものの、他の人、他部門と、自らの仕事がどのように関わっているか見失いがちである。

特に営業部門はメーカの場合お客様
との接点情報が重要な全体最適に
関わっています。


















































 

 


活用事例

 

2.マンダラート

マンダラートは強制的にアイデアを出す
ときに使うと有効な手段。
日常的にマンダラートを使うことで
発想力が高まります。


◆マンダラートは1人で書きながら
  発想を広げるための手法

◆名前の由来は曼荼羅(マンダラ)を
  アートにした手法(マンダラ+アート)

◆マンダラの中央に目的を書き、周囲
  に手段を詳細記述していく
  頭だけで考えるより、書きながら
  まとめると、脳が目的的に活性化し
  発想力が倍増します。








◆全体の概観を把握する場合は
 多くの業務を幹・枝・葉・根・等の
 分類区分し8個の項目程度が
 1つのイメージとして脳に把握
 でき、継続的情報を意識して
 入手するとき効果的です。































































◎マスに方向性を独自に決めて
 整理すると、無限マンダラアート
 として展開できます。
  四方へ思考を展開する












  
 

 

 

 

3.ブレーンストーミング

仕事や会議などで、アイデアに行き詰
ったときにブレーンストーミングをする
と効果的。商品開発のアイデア出し
にも使えます。



問題意識の共有化ができます。

事業部間の情報交換、他の部門との
コミュニケーション機能として整合機能
があります。

各部門からリーダークラスを20数名集め
各事業部が抱える問題点を整理、
最初はネガティブな問題、不満が中心でしたが、ガス抜くが終わるとポジチブな
建設的な発言が増え、業務改善へと
相互納得づくで進化を始めます。




































































 

 

 

4.ミッシーとプライオリティ

ミッシーでやるべきことを整理すると、
バランスのよい思考ができ、最小限の
労力で成果を上げることができます。





































組織は 一般的に業務機能別に
ミッシーを意識して分割されています。
業務分掌で役割分担が明確に定義
されています。

役割分担が明確に出来ない場合は
兼務方式、重複業務が発生します。



















「ミッシー」を意識する習慣が身につくと
視野が広く、バランス感覚がいい思考が
できるようにまります。リーダーになる人は是非、身に着けてほしい考え方です。


















 

 

 

5.KJ法

組織全体でKJ法を活用すると、問題
意識の共有化と問題点の明確化が
進み、組織の団結や相互理解に
つながります。



KJ法では問題点をグループを結成して
メンバーが手わけして書いていく。
各自が書いたラベルを読み上げながら
模造紙の上に置いていきます。
同じような種類の問題点は近くに
置きます。問題点のポイントをわかりやすく記述すると情報整理がうまく進みます。









































































 

 

 

 

 

 

 

商品一覧