開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

勝ち抜くビジネス手法

■勝ち抜くビジネス手法

 管理の基本機能>勝ち抜くビジネス手法



 

壁を突破、アイデアが溢れる、仕事が効率的に少し要領よくするためには
「勝ち抜くビジネス手法」をタイムリーに応用すると実戦力は上がります。


実現確率を上げるには、先人がまとめた「勝てる理論武装の手法」を、
タイムリーに上手に活かす方が、我流で実践するよりも想定以上の結果が
でます。不易の手法を重点に整理、今後も追加します。

「勝てる理論武装の手法」のポイントを知り、実践時にその細部を学び吸収
し、活かしたみよう。組み合わせによるシナジー効果にも気づきます。

◎ビジネスシーンで仕事の要領がよく、資料つくりやプレゼンテーションが
上手で、いつも核心を突き成果を出す人財になる早道!

多くのビジネス書は、その一部を重点に展開している本が多い。

 

                          参考  洋泉社 「ビジネスメソッド25」著者西村克己

  ビジネス手法

  内容のポイント

□体系的にものごとを捉える 

1.ロジックツリー

  

 ロジカルツリーを作成することで、大量の情報を階層ごとに分け、体系的に
 整理することができます。 
 

2.マーケティングの4P

 

 製品、価格、販売チャネル、販売促進の4Pをうまく組み合わせて総点検する
 ことで、売れるしくみを構築できます。
 

3.三角ロジック

 

 三角ロジックで主張、データ、論拠を整理することにより、論理的に第3者を説得する
 ことが容易になります。
 

4.ピラミッドストラクチャー

 

 ピラミッドストラクチャーを使えば、主張を論理的に展開することができ、話し手に
 とっても聞き手にとっても話がわかりやすくなります。
 

5.Before-After法

 

 Before-After法で現状と将来のあるべき姿を比較すれば、漠然としていた違いを
 具体的に表すことができます。
 

 

 

□分析力をアップさせる 

1.ダラリの法則

 

 ダラリの法則を使うことで、日常業務の問題点を発見し、これを徹底的に改善
 することができます。 
 

2.SWOT分析

 

 SWOT分析で、現状を客観的に認識し機会と強みを活かしてチャンスをつかむ
 ことができます。
 

3.PMマトリックス

 

 PMマトリックスを使うことで、事業の多角化の意思決定をする際に有望な分野が
 明らかになります。
 

4.意思決定プロセス

 

 代替案を作成、評価することで、視野を広く持てるようになり、あらゆる可能性の中
 からよりよい解決策を導き出すことができます。
 

5.パレート図

 

 パレート図を使うと、定量的な調査データが一目でわかるため、能率よくデータ分析
 ができます。
 

 

 

□経営革新 

1.バランススコアカード

 


BSC
を使うことで、過去の財務データだけでなく、現在と未来にも視点をおいた
指標から経営戦略を策定、実現できます。
 

2.サプライチェーンマネジメント

 

 SCMは販売情報と全体の流動在庫を把握できるため、在庫削減によるキャッシュ
 フローの改善、商品開発の向上が見込めます。
 

3.カスタマーリレーションシップマネジメント

 

 CRM戦略によって組織的な顧客対応のしくみを構築し、顧客を囲い込むことが
 できます。
 

4.ベンチマーキング

 

 ベンチマーキングで他社の最良の事例を学ぶことによって、短期間に経営改革の
 ヒントがえられます。
 

5.グループ経営

 

 
グループ経営によって、戦略と事業運営の分離が可能となり、グループ全体の事業
再編を容易にし、競争力を高めてれます。
 

 

 

□品質革新 

1.タグチメソッド(品質工学)

 

 タグチメソッドによって、生産現場での製品の品質向上と、製品開発段階からの製造
 コストの低減が可能になります。
 

2.シックスシグマ(6σ)

 

 シックスシグマ導入によって、製品の品質向上だけでなく、顧客満足を含む企業
 経営の品質まで高められます。
 

3.TQM

 

 生産性向上にこうけんしてきたTQMを推進すれば、全社をあげた課題を共有し、
 品質向上に取り組むことができます。
 

4.トヨタ生産方式(TPS)

 

 徹底した在庫削減と品質管理を追及することで、顧客の個別ニーズに対応できる
 組織体制をつくります。
 

5.VE(価値工学)

 

 VEによって、単なるコスト削減とは異なる機能中心の考え方ができるため、
 価値が向上します。
 

 

 

□発想を広げる 

1.システムシンキング


 

 システムシンキングによって部分と全体の相互関係を把握すると、視野が広がり、仕事の効率もアップします。 
複雑な内容を単純化して考えることが容易になります。

2.マンダラート


マンダラートは強制的にアイデアを出すときに使うと有効な手段。
日常的にマンダラートを使うことで発想力が高まります。

3.ブレーンストーミング
 

 仕事や会議などで、アイデアに行き詰ったときにブレーンストーミングをする
 と効果的。商品開発のアイデア出しにも使えます。
 

4.ミッシーとプライオリティ

 

 ミッシーでやるべきことを整理すると、バランスのよい思考ができ、最小限の労力で
  成果を上げることができます。
 

5.KJ法

 

 組織全体でKJ法を活用すると、問題意識の共有化と問題点の明確化が進み、
 組織の団結や相互理解につながります。
 

 

 

 

カテゴリ一覧
体系的にものごとを捉える理論武装
・ロジカルツリー ・マーケティングの4P ・三角ロジック ・ピラミッドストラクチャ ・Before-After法
分析力をアップさせる理論武装
・ダラリの法則 ・SWOT分析 ・PMマトリックス ・意思決定プロセス ・パレート図
経営革新に関する理論武装
・バランススコアカード ・SCM ・CRM ・ベンチマーキング ・グループ経営  
品質革新に関する理論武装
・タグチメソッド ・シックスシグマ ・TQM ・トヨタ生産方式 ・VE
発想を広げる理論武装
・システムシンキング ・マンダラート ・ブレーンストーミング ・ミクシーとプライオリティ ・KJ法
検索機能活用能力をアップする理論武装
検索エンジン機能を熟知して、情報氾濫の中から問題解決のための知識収集に必要なダイヤモンド情報にヒツトし質量をスピーディに揃えるための理論武装が制御型人財の必須基盤要素