開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

日本の国際標準化戦略

■日本の国際標準化戦略

 日本の産業企業の変化>日本の国際標準化戦略




 

 日本は欧米に比べて、「国際標準化」の取り組みが後手に回っている。
危機感をもつ経済産業省は「国際標準化戦略目標」を定め、国際ルール
づくりに参加する方針を示した。

2015年までに国際標準化機構(ISO)と国際電気標準会議(IEC)で欧米並
の幹事国引き受け数と、日本による国際標準の提案件数倍増を目指し
直じつに実績を積み重ねている。ただ、欧米との件数の差依然大きい。
もう一段の戦略展開が求められる。

 

 

 
◎国際標準を認証した企業のしくみ、システム、戦略的人材育成の事例は役立ちます。

自社の標準以上のマネジメントシステムを継続実行するためのしくみとして内部監査員
の定期的実行状況を監査し指摘是正をしカイゼンして、実行度100%を目指しています。

品質マネジメントシステムと環境マネジメントシステムを統合したり、拠点別の規程を
全社統合し、経営マネジメントシステムと整合進化し、


経営の内部監査(業績重点)と整合に成功した企業は、カイゼンが業績に反映される
スピードが加速してきました。経営品質との連動が始まっています。


参考
「日本工業標準調査会」
工業標準化法に基づいて経済産業省に設置されている審議会で、工業標準化全般に関する調査・
審議を行っています。





◎2010.09.22経済産業省が国際標準化テーマにしている内容

◇スマートグリッドに関する国際標準化ロードナップについて



 

2009(昨)年8月に設置された「次世代エネルギーシステムに係る国際標準化に関する研究会(座長:横山明彦東京大学大学院工学研究科教授)」における検討の成果を、このたび、「スマートグリッドに関する国際標準化ロードマップ」としてとりまとめましたので、公表します。

◆担当 産業技術環境局 基準認証政策課
◆公表日 2010(平成22)年1月28日 pdf
・スマートグリッドに関する国際標準化ロードナップについて
・次世代エネルギーシステムに係わる国際標準化に向けて
研究会での検討、標準化項目
 

◇アジア太平洋産業技術・国際標準化協力プログラム


 

基準認証分野におけるアジアとの新たな連携のあり方を定めた「アジア大洋産業技術・国際標準化協力プログラム」を取りまとめましたので、公表します。

◆担当 産業技術環境局 基準認証政策課
◆公表日 2010(平成22)年4月26日
・「アジア太平洋産業技術・国際標準化協力プログラム」の公表
 

◇平成22年日米エネルギー環境技術研究・標準化協力事業(日米先端技術国際標準化研究)に係わる委託先の採択結果について
 

2010(平成22)年度日米エネルギー環境技術研究・標準化協力事業(日米先端技術国際標準化研究)の公募については、平成22年7月16日から8月16日※まで公募を行ったところ、一件の応募がありました。
※提案者1件のため、8月23日まで公募期間を延長
応募のありました案件につき、外部有識者で構成される事業者選定委員会を設置し、厳正な審査を行った結果、下記の事業者を採択先として決定いたしましたのでお知らせします。

◆採択事業者
(独)産業技術総合研究所・(社)電子情報技術産業協会
 

 

 

◇第1回カーボンフットプリント制度国際標準化対応国内委員会開催



 

経済産業省は、ISO(国際標準化機構)におけるカーボンフットプリント制度に関する国際標準化について、国内の取組を踏まえた我が国の対応方針等を検討する「カーボンフットプリント制度国際標準化対応国内委員会(委員長:稲葉敦東京大学教授)」を設置し、7月31日に第1回会合を開催しました。本委員会は、7月29日に閣議決定された「低炭素社会づくり行動計画」に明記されている、同制度の国際標準化に向けた議論への積極的貢献を果たすために設置されたものです。

◆担当 産業技術環境局 管理システム標準化推進室
◆公表日 2008(平成20)年7月31日

 

◇マテリアルローコスト会計(MFCA)の国際標準化提案の採択






 

経済産業省は、マテリアルフローコスト会計について、2007(平成19)年11月16日付で国際標準化機構に対して国際標準化に向けた作業開始の提案を行いましたが、本日「2009(平成20)年3月19日付)、環境マネジメント分野の専門委員会(ISO/TC207)の幹事国であるカナダから、加盟国の投票の結果、同会計の規格化作業の開始が採択された旨通報を受けました。

(投票結果:有効投票数26カ国、うち、賛成24カ国、専門家の参画19カ国)この結果、我が国のイニシアチブの下、規格化の作業を行うワーキンググループが設立され、3年後を目途に国際規格発行に向けた作業に着手します。第1回の会合は、本年6月下旬にコロンビアのボゴダで行われるISO/TC207総会にあわせて開催する予定です。

◆担当 産業技術環境局 環境調和産業推進室
◆公表日 2008(平成20)年3月19日
 

 

 

◇国際標準化アクションプラン(日本工業標準調査会標準部会)



 

2007(平成19)年6月19日、日本工業標準調査会標準部会において、国際標準化戦略目標の達成に向けて、「国際標準化アクションプラン」をとりまとめました。

◆担当 産業技術環境局 標準企画室
◆公開日 2007(平成19)年6月20日
・報道発表 国際標準化プラン
・資料1国際標準化プラン(総論)
・資料2国際標準化プラン(各論)

◇第1回国際標準化リーダーシップ研修の開催

わが国がより多くの国際標準を獲得していくために、国際標準化戦略目標(平成18年11月)において、世界で通用する標準専門家の育成として、国際標準を作成できる人材や国際会議でリーダーシップをとれる人材の育成について提言しています。これを踏まえ、本年度から初めての取組みとして、この度、2008(平成20)年1月22日から24日の3日間に渡って、国際会議に参加し、活躍ができる人材を育成するための研修を実施しますのでお知らせします。

◆担当 産業技術環境局 標準企画室
◆公表日 2007(平成19)年11月26日
 

 

 




更新 2010.09.22
   


□ISO、認証を活かす「強い会社」づくり
 (総括)
 

SO、各種世界標準認証取得後それを維持発展させ「強い会社」へ進化するためコンテンツ

 

◇認証関係機関を知る









 

認証に関係する機関、認証取得のために企業のシクミ・なかみをシステム化し日常徹底できるようにする。システムの変化に対応した推進人財が連全員徹底行動できるためのレベルアップが必要条件になります。最適成長の方向を知ろう
◆(財)日本適合性認証協会JAB
◆(財)日本規格協会JSA
◆(社)日本内部監査協会
◆(財)日本情報処理開発協会
◆(独)情報処理推進機構IPA
◆(社)日本プラントメンテナンス協会JIPM
◆(独)製品評価技術基盤機構NITE
◆日本技術者教育認定機構 JABEE
◆(社)日本パン技術研究所JIB
◆中央職業能力開発協会JAVADA

●マネジメントシステム規格専門月刊誌、情報


 

◇ISO定着で経営組織が変わる

 

組織力の高品質化均質化がテーマの中小企業の経営組織をISO取得を活かし変革のプロセス

○営業部門のISOを活かし善循環組織へ

 

◇ISO監査の評価事例


 

ISO監査の監査の評価事例

 ISO監査の深さ、成熟度をレベルづけして、各部門の、実戦レベルを上げ続けることが、ISO等のシクミが経営数値に繁栄するために、経営・業績との整合することが重要になり、評価の内容が変化していることを明確化する方法の方がよい。
 

◇ISO管理項目の数値化テーマ
 

ISO内部監査時の評価する手法として、問題が発生する可能性のある要素を企業ごとに数値化(仮説)し、都度修正し判断精度を上げる。アナログ的評価による個人格差の排除が重要なテーマです
 

参考

○資格取得を推進する機関を活かす



 

自力本願我流での挑戦も一つの方法ですが、しくみシステムで資格取得実績がある機関を活かし、機関を想定以上に短縮しよう。資格を現地現場で活かし、人財への成長軌道の仰角を大きくして未来の人生を拓こう。
◆(社)日本技術士会
◆(社)日本販売士協会
◆(社)中小企業診断協会
◆TOEIC

 

参考

○不易流実績法が自然に出来る






 

不易流行定評機関の人財を多数輩出した実績ある定評手法のしくみシステムを日常力まず(自然)にできる人の数を加速度的に増し自在に成長できる人材基盤を構築しよう。
◆(財)日本科学技術連盟(日科技連)
◆日本産業訓練協会
◆公益財団法人日本生産性本部(旧社会経済生産性本部)
◆サービス産業生産性協議会SPRING
◆産業能率大学
◆企業研究会BRI
◆(社)日本印刷技術協会(JAGATの研修)
◆日本IE協会JIIE
◆(社)日本バリューエンジニアリング協会
◆(株)産労総合研究所
◆話力総合研究所
 

 

 

 

商品一覧