開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

戦略的に制御人財へ成長する

■戦略的に制御人財へ成長する       080401

 A志援人材人財の価値基準>戦略的に制御人財へ成長する






更新 2012.04.08


◎「A志援-人財サイト」を最適に多角的方向から活かし、あなたの制御人財機能を発揮する
パワーを「もうちょつと」着実にアップさせて、あなた自身と組織が共に物心ともに豊になる
成功確率を高めるための抑えるべき内容です。

■事業は人・人材・人財群の考働の結果(総人財力格差)



企業経営におけるモノ・カネ・ヒト・トキを活かすのも人財群であり、企業の生死を握るのもあくまでも
ヒトです。

経営者にとって最も関心のある勘定科目は人件費であり、人件費ぐらい不思議なものはない。高賃金を
払ったからといって、高能率を保証してくれるものではない。
1プラス1が2になる計算ではなく、1プラス1が5000の力となるときもマイナス3000の力になることもあります。

人が付加価値(可能性・稼ぎ)を生む原動力の重要な一つです。

あなたが、
30歳を越えたら、自分の人生のなかで縁があって入社した現在の会社で、帰属意識を持って
本格的に周囲が評価したくなる変化をするために人生のシナリオを創り挑戦した方が、あなたの成長
スピードが変わってきます。無限の成長を志す場合は、付加価値のある時間創りが重要になってきます。

当面の仕事で評価されるためにふさわしい、専門性・総合性の拡大をあなたが志し、自分の所属する組織
の総能力量を上げ・組織力発揮するトリガー役をとり、変化させると、あなたの属するところの人財群・組織
が変わり、着実な業績基盤の構築が初まります。

変化のトリガー役が「あなた自身」だと誰にも気づかれなくても、周囲の評価が変わらなくても、新しい部署
へ異動したり、転勤した時、一つの成功プロセスを体系化し体得し準備ができていると、どこでも同じ価値
判断レベルまで短期で達し、自分自身の成長がわかるようになってきます。いよいよ想定比較対象が、
社内でなくなり、自分自身への挑戦段階になると、その場での実現量は想定以上に期間が短縮ができる
ようになります。

複数の体験の蓄積量がある基準(内容の難易で異なる)を超えると、相乗効果を発揮し、さらにプラスαの
ノウハウが構築されてきます。

目標達成のプロセスの重点・短縮定石(コツ)がわかってきます。必要な時間をかけ、先行計画的に成功
要素を整合させながら蓄積することができるようになると、目的達成のための目標が次々と達成でき
はじめます。

その段階になると、
期間を設定すると、受動的働き(動き)を先行布石型の働き(動き)へ変わって
きます。想定以上に設定期間が 時間短縮できることに気づいてきます。

人間の知識および必要なスキルは未知の分野の場合、誰でも
「ゼロ」から始まります。
経験してきた分野ならベテランの場合でも、新部署・新エリアでは
「ゼロ」つまり、誰でも「新人段階」から
のスタートです。その部署の人財レベルに
ハイスピードで短期修得できるかはあなたの成長度合と
相関関係があります。その体験が、類似テーマの場合は、想定以上の達成期間の短縮ができます。
(蔵⇒修⇒破⇒離⇒遊 のあなたのその場での進捗度評価の判断精度が重要です。 )

先入観はハイスピードのブレーキ要素になります。まず正しく現状を知り、目標達成の方向を明確化し、
現在
不足の因子(要素)を先人の智慧機関、智慧本、智慧情報を自分流で探し、不足を補完するため
に、全知全能を集中して業務の時間を効率的活用して、学び、まねる、体得するインプットのための
自己
啓発時間の確保が必要条件となります


補完部分のインプットが業務の全体の因子(要素)が整合してくると組織の中での働きが加速できように
なり、短期でその部署の最先端レベルの人財と同等以上の成果が出せるようになつてきます。

「勉強をしすぎて死んだ人はいない」ため現在の業務遂行で必要な因子(要素)を明確化し、常に不足
を意識し、補完するために、「
先憂後楽主義」の姿勢で今を大切にして、実践効果の高いノウハウを吸収
する方が早道です。

企業の評価は、企業の評価法を創る人財の成長度合で決まり、あなたの想定した期待以下の場合があり、
逆に評価されない場合があります。また担当した部署の業績基盤が安心成長路線を進むことで満足し
なければならない場合もあります。

自分の成長スピードと会社の他の人材の成長スピードが乖離、つまり他の人材の成長スピードが鈍化して
きた場合、相対比較を社外に求めることが重要です。超スピードで人財成長をさせる企業が沢山あります。

自社内で自分を変え、周囲を変える努力が出来なくなったとき、はじめて自分にふさわしいスピードの企業を
探させば、必ず次の成長できる企業が見つかります。ただし、途中入社のため、「ゼロ」からの出発ではなく
すでに成長してきている人財群と相対比較すると、「マイナス」要素です。その企業の人財群の成長レベルに
短期で追いつくために、
現在の2倍速の覚悟が必要です。

選択はあなた自身で決めなければならりません。全て人生は選択、自己責任です。


●企業の組織の品質・スピードは、人材群の平均レベルではない。
 平均以下の人材群にスピードを支援するために、平均以下のレベルになる。
  組織の働きで優秀人財が本来のスピードを発揮しないときもある。
 
 そのときは、自分の体質に合う高品質・超スピード企業型へ人財育成する方法を探し出し、創り、
  従来の手法にプラスαを付加しすると、共鳴、共振、共動(働)する人財の数が増えると、組織変化の
 潮流が変わってきます。


  経営者・経営幹部の戦略的人財育成が企業の未来を決めます。


  
”あなたが成長してきた能力を発揮し、さらに成長する善循環サイクルの
 中に、130%以上の過負荷をかける実戦の場・「新市場、新顧客、特許、
 設計、商品開発、新事業基盤を創る」機会を組み込み、完遂するために
 総合的問題解決力を発揮することです。
 集中徹底した部分から壁は破れてきます。(分散は長期化しあなたの寿命内
 では実現できない確率は高くなります。
   
成功体験が累積すると130%の過負荷が普通に感じられ、結果のときの喜びが溢れ、未知の困難な
  チャレンジがわくわくどきどきする出会いの感動が始まる段階がきます。オリンピックメダリストが、
  「頑張ります(マイナス言葉)」の言葉から「たのしみます(プラス言葉)」の言葉へ、ある段階から本音で
  変ってきたとき、傍目厳しい訓練に耐える姿から「オリンピックの表彰台に立つイメージ」にかわり、
  未開発の力が湧いてくるようです。実務の世界でも酷似した現象があります。
 


 社内の身近なアドバイスがもらい難いプロジェクトの場合、社内先人の挫折の
 類似テーマの歴史を診ればその真因は 「そのときの社内総能力不足」である
 ことに気付くことです。
 あなたが、その担当者になったとき千載一隅のチャンスとして活かすために、
 現場力を養う方法として日常「A志援-人財.com」基幹として使用して、フレーム
 を仮説して、実戦に活かし、自分の新たな具体的暗黙知を累積するプロセス
 づくりの活用に慣れ、習慣化すると、さらに総能力はアップする確率は高い。
 常に最新を探求し進化する内容は あなたがプラスαを付加できる確率は高く
 なります。

 ”あなた”が”あなた”の会社を安心成長させる牽引人財へベクトルが変わります。

 企業にとっても戦略的人財育成スピードを上げる最適法の一つになります。”
 



このページを見たことがあなたの「成長のトリガー」の遭遇するチャンスはアップします。
行動は今がチャンス。チャンスの女神の後ろ頭は「はげ頭」です。
二度と今の時間で掴むことはできなくなります。いまから実戦に入ることを推奨します。  

○検索の機能活用能力をアップする理論武装

検索エンジンの最新の機能を右脳の無限の仮想、仮説を活かし、左脳の現実蓄積と
整合させ、現状の組織の総能力量を現状認識し、実現可能な仮説に抑えて、実戦検証
臨床行動に早く着手すると、その蒔いた種の成長段階、収穫結果で、さらに改善し、より
成功確率が高くなります。



○日本国が世界に比肩できる人材の最先端を知りイメージを創る。

◆産業人材能力に関する情報 
 
により歩(行動)ための望(仮説展開)をグランドデザインし観える化する。


○「経営人材システムの評価」の各因子をあなたにふさわしく取捨選択
し、プラスαを付加する。

◆経営人材システムの評価」(カイゼンのテーマ探し)
 
により数値化して 実行総能力の実行段階を観える化し、実行状況を ○△×で判断し、
  「もうちょっと」アップの軌道に向けるためのしくみシステムカイゼンのプロセスを観える化する。

◆管理の基本機能 (カイゼンの手法探し) 
 
管理に関するシンプル情報、自社の具体的事例と組み合わせて、体系化できます。



「自分を変え周囲が変わる価値判断」の智慧を段階的に組み込む



◎企業が儲かるためには常に「創市場、創客」の結果がふさわしい量
必要です。

◆「創造的マーケティング」(知識基盤を知り、自社にふさわしい具体的しくみにする)

更新 2012.04.11


■自分を変え周囲が変わる価値判断
のための抑えるポイント
 

◆戦略的人財育成
 業務の責任範囲が変わるとやり方が変わる。次の企業が待望す段階に成長を続けると経営幹部、経営層の道が開けてくる


◆個人総合能力開発

 企業成長のX軸Y軸を変え 時間軸を変化できる因子は人財(個人)である。 機械も人財の制御が必要である。 Z軸の変化のスピードは、人財格差であり、業績格差の真因は人財格差である。
 


◆潜在能力観える化

 現在の心も持ち方が企業の幹部の決断を左右します。正しいスピーディーで統率力のあるパターンに意識して修正し、習慣化し人格化するといよいよ人生劇場の檜舞台に登場できます。


◆人材と人財とは同一情報の中味が違う
 同一情報(知識)も人財成長格差で自らの智慧にする段階で中味は異なる


◆実戦力と地頭力

 地頭力があつても現実処理、プロの経営者にはなれない。実戦力、現実処理内容を高度化しプロ経営者へ進化を続ければ地頭力の成長が必要である。
 

◆長所を伸ばし短所を抑える
 現実の評価は(長所量-短所量=A)Aの量が多ければ人財として評価され、その差により人材、人罪と評価される。企業の場合は黒字会社、赤字会社となる。


◆自分が変わる原理
 自分が変わるためには人財として「ふさわしい」日常行動へカイゼンし、「力まず、自然に」し、「傍を楽にする」ことを目指し、知行一致で実戦し続けることです。

TLO(技術移転機関)を活かす

業務高品質高効率生産性へ変える原理


 


◆総合人材育成システム

 企業の総合的人材育成のシステムの着眼を紹介

国立高等専門学校機構
技術経営(MOT)系専門職大学院協議会
○専門職大学院
○農業関連大学&水産大学
○産業技術大学院大学
○世界観大学院・大学の活用

 


◆着実に人財へ成長する機会を活かす

 「人財化共有情報」。最先端の世界標準を超える固有技術を持ち続ける企業を支える人財を多数輩出する各社各団体の育成事例を活かし、自社・傍で実戦応用展開をすると周囲がプラスに変わり初めるトリガーになる確率は高い。各社、各団体のベンチマークし。定点チェックカイゼンに活かしてください。人材が考働力を発揮できるよう壁を超える率先垂範する制御人財として成長されることを待望しています。

○認証関係機関を知る
○不易流行実績法が自然に出来る
○資格取得を推進する機関を活かす
○経営実戦公開講座と相対比較
○潜在態度能力の評価
○研修専門会場

◆業務の専門度(創市場)を重点集中で高める。

 

 


◆経営者 (関連コンテンツ参照)
 経営者役員を志す場合、入社前大学在学前、新人時代から、意識し、無限に成長する超一流経営者の品性品格実戦力を身に着けるスタートを気づいたときからスタートを奨めます。有限の時間の活かし方が変わり、ある部分の時間浪費が減少し有効活用時間創りの習慣が身につき、人格化してきますと、外部環境に左右されなくなります。
 


 ◆業務の専門度(創市場)を重点
集中で高める

創市場に関わる業務の専門度を重点集中で深める方法として、知識を学ぶ機会は多い。現地現場での実務能力格差は無限に近い。基本力を応用活用する事例は、自社の共有情報と知識知恵をプロとして事業展開している企業団体から重点集中すると、体得すべき仮想の姿が浮かんできます。次は実行力格差です。
・市場的確把握既存情報を活かすプロ
・知財を活かすプロ
 


◆人材アウトソーシングの中で勝ち残る

企業生き残りの経営原理「固定費である総人件費比率1/3以下の法則」として日本に導入された変動費・スポット型人件費として企業主導で操作できる人材派遣・人材紹介の企業主導に対する規制強化により成功報酬型請負に人材のアウトソーシングが主流になって来た時代、その立場のあなたが勝ち残るための汗をかく努力の必要度が急速に高まっていることに気づき対応をはじめることを推奨。



 ◆世界観で自分の行動をもうちょっと変える

世界観の視点から自分の行動をもうちょつとプラス領域の行動ができるように、本音人格を成長させることを待望しています。人格がプラスに変わると、周囲が想定以上の速さでプラス領域の行動に変わりはじめます。 よい「思い込み」「割り切り」は、心がすっきりし、わくわく、活き活き、悦びながら、未来へ挑戦するエネルギーが湧くように出てくることに気づくときがきます。


 

 
◆「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす

人としての尊厳を持つた、ふさわしい価値基準、行動基準で原因結果の自己責任をもつためには「人は信じても良いが、人の行動は信じるな」、人は意識行動の量より、無意識行動が動物レベルで多く、自分をプラス領域で自己制御してマイナス領域の悪い種を蒔き、悪い結果が少ないようにするためには、脳のしくみを知り、正しく機能する汗をかく日常のよい心を機能させ、よい態度、よい行動を習慣化しよい人格をより高いレベルへ向上させる持続が必要であることに気づくことからスタートし、素晴らしい制御型人財への成長を待望しています。

・左脳、右脳、小脳、脳幹の違いを知る
・左脳、右脳のコア・強みを活かす。
 

 

 

 


◎あなたの人財基盤創りの不足「わからないことはわからない」を智る、最適ベンチマーク法
わからないこと”、自分がいざとなったときにできないこと”が”わかる”と「何を今に徹して行動べきか」観える化できます。

あなたとあなたの企業の人材の最新化基盤が磐石かどうかを現状認識をしてみる。熟成に時間がかかり即戦力になり難い場合は、即戦力は補完する人、しくみシステムを営利より本質優先度が高い「学(学会)」との連携で付加しよう。補完即戦力は、世界の情報が集約され、その「学」から多くの経営陣が輩出している方が、短期で活かす緊急テーマに対して効果的な因子が多く含まれている確率は高い。時間余裕がある場合は、「学」の情報共有化が進み、国内地域型市場で事業展開している人材輩出能力が高い実績企業の場合は、あなたと共働をはじめるとき、「学」のブランドはハロー現象で実態は「未知のテーマ」解決総能力量はあまり変わらない徴候が急速にはじまっています。21世紀は、「学(大学院レベル)」では、人材基盤が想定以上にきちんと成長してきた「国立高等専門学校」があります。従来の「色眼鏡」をはずした自社に最適「学」を選択する方が、既存人材が思考固定化を柔軟化へ変えことができる確率は高く、未知の日本の未来が開けてきます。
格差は急速になくなり高いレベルでの平準化が始まっています。20世紀成長実績のある「学」は「知識」に捉われ先入観から脱し「無」から知恵、智慧への転換に時間がかかる確率は高い。 逆に「とらわれない」思考をあなたが活かすと想定以上の進化が生まれる確率が高い時代が近づいています。

社長輩出数の上位ランクの大学には、未来の人財が育つなかみとシステムが他の大学より揃っている確率は高い。自社人財の成長を加速する突破口を探すとき、原点回帰、大学の研究部門、大学院の研究科等、入社前の長所強み「よいとこ」を専門性として伸ばし続け、関連分野から総合性を広げる方が一流以上の人財に育つ確率は高い。
 


 
社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土1
  
「慶応義塾大学・東京大学・早稲田大学」
 

 社長輩出数の上位ランク大学の育つ風土2
 「京都大学・中央大学・同志社大学・立教大学・一ツ橋大学・大阪大学」

 


 技術経営(MOT)系専門職大学院協議会

MOT専門職大学院全体の社会的認知を高めるための取組みの一つとして、MOT協議会と産業界が一体となってMOT教育コア・カリキュラムを開発し、2009(平成21年)度末からMOT専門職大学院で修得すべき必須の教育内容と到達目標・評価基準を公開できるようなりました。


 国立高等専門学校機構

高専は、大学の教育システムとは異なり、社会が必要とする技術者を養成するため、中学校の卒業生を受け入れ、5年間(商船高専は5年半)の一貫教育を行う高等教育機関。科学・技術の更なる進歩に対応できる技術者養成した人間基盤のきちんと構築できた多くの人材が、情報洪水の中でただしく、成長をはじめてきています。
 

 TLO(技術移転機関)を活かすc

大学等技術移転促進法(TLO法)に基づき、文部科学大臣と経済産業大臣により特定大学技術移転事業(TLO事業)の実施計画の承認認定を受けたTLOが企業に評価される実績を上げ始め、進化のスピードが加速されてきました。


 ◆専門職大学院

専門職大学院は、科学技術の進展や社会・経済のグローバル化に伴う、社会的・国際的に活躍できる高度専門職業人養成へのニーズの高まりに対応するため、高度専門職業人の養成に目的を特化した課程として、2003(平成15)年度に創設されました。特徴としては、理論と実務を架橋した教育を行うことを基本としつつ、少人数教育、双方向的・多方向的な授業、事例研究、現地調査などの実践的な教育方法をとること、研究指導や論文審査は必須としないこと、実務家教員を一定割合置くことなどを制度上定めています。
 


 ◆農業関連大学&水産大学

日本の食料自給を実現するために大学大学院から基本素養、実戦の智慧を体得した実務人財の輩出を待望しています。企業が中期ビジョンに基づく事業展開をする決断時にチェックしておくべき情報として重要です。視点を変えて、修正するとき貴重な情報があります。

世界に比肩できる知識を活用できる若い人材が成長してきています。現在の業界・業態を超円高でも勝ち残る超低コストのしくみシステムへ不連続で起動を換えるためには、帰納型思考が本流の先人の知恵・実戦を活かし、演繹思考での成功確率の高い仮説を若いパワーの推力を活かし、実現化を急ぐ。 

 ◆産業技術大学院大学

産業技術大学院大学は首都東京の産業をリードする高度専門職人材の育成を目的として設立された専門職課程のみの2専攻で構成される公立の大学院大学です。

◆世界観大学院・大学の活用

世界の最先端情報が、どこよりも潤沢に揃うしくみができています。地域の産学として、自社の外部機能として融合した方が、自社内養成スピードを加速できる確率は高い。


 ◆ 
専門学会の活動内容から学ぶ

 業種別各学会の活動内容、最先端情報の進化の方向を捉える一つの指標







 


 
業界団体の活動内容から学ぶ

 
業界団体の活動内容を学ぶ目的は 一企業の経費効果のために収集できない内容が集約されています。一企業の先入観、主観的収集情報で不要な情報既に臨床済み情報等重複はありますが、価値基準を決めて観る(診る)と見落としたり、探求が不足内容を補完する情報があります。営利とは別次元の潤沢な1円に苦しまない人達の価値観で組立てられる人材育成のしくみシステムは、あなたや自社の補完因子(要素)として、総人材能力を上げるための浮力になります。「学」の思考基盤と酷似しています。
 

 ◆先進する事業の勝ち残る知恵を活かす
長い期間(10年以上)、時代環境変化に適応して勝ち残った知恵の現実実体から学ぶ。机上は、映画のセットで氷山の水面下の血の出るような努力のプロセスを感じると、自社の新しい突破口の仮説が閃く確率は高い。

・固有ノウハウを事業に活かす
・業種専門技術を啓発支援する団体
・半導体情報通信技術を活かす
・エネルギー自給への対応

◆固有コアを進化させる企業群一覧
(企業事例)

 

 

 

 

○あなたの成長は、数値評価の基準は業績貢献度量と相関があります。
 (アナログのデジタル化、観える化の客観的方法の一つ)


結果が出ないのは、結果を出すだけの総能力量が不足しているだけです。
「もうちょっと」増質・増量しましょう。必ず総能力は溢れ始めます。
溢れたら次の段階の智慧の一回り大きい器を準備しましょう。
実戦行量は想定以上の増加に気付く段階がきます。
継続すれば出来る喜びが湧く段階になり始め、努力、苦労、忍耐、スランプ等の
マイナス言葉から解放され「普通通常」の日常行動になり始めます。
現状肯定し、「歩(行動)、望(仮想)」成長のプロセスはどの人にも平等に備わる
潜在能力です。


◆カテゴリー一覧

あなたの成長が業績貢献度量が高く診える化演出法は、上長の評価に幻惑されない。
上長の評価はプラスαになる企業もあるため、日常の評価基準のクセを知る方が
よい。
社員数の少ない中小企業の場合(右脳型・情)は、人による数値の調整がある確率が高いことを留意する。 

人の判断より企業別に異なる仮説コンピュータ数値管理(左脳型・非情)が優先されます。
まず、仮説の内容のよくなるしくみシステムを徹底解析し、時代の更新変化を把握して
下さい。(しくみシステムの構築者を社内人脈の一人とするために、最新関連情報を
提供し続けていると、その構築者の思考クセが 情型と非情型のウエイト比率が分かり
はじめます。極限時の経営者経営陣の判断クセが平時の補正された動きと異なることが
わかる段階がきます。
制御人財として活躍するときにその解析データは 最適なプラス機能として発揮できます。

同じ行動効率でも生産性数値をより高くなるためには、ふさわしい情報源を探す時に
かかる冗長時間を限りなくゼロになるように追求し、時間生産性を上げることが出来る
しくみシステムを常に最新化し進化継続が成功確率を上げる方法の一つです。


A志援のサイトの内容は、経営陣経営者を多数輩出した成長の節目で不連続成長軌道
へ導くパターンを当人の成長に応じて選択できる形にしてあります。臨床済みです。
実戦しながら解決をテーマに活用すると、日本でも数少ない領域に達することができる
方法の一つです。

多くの情報を「テキスト形式」にしてあります。あなたが資料作成するときの「コピー」して
「貼り付け」自分の言葉に修正すると想定以上のスピードで企画書、提案書、決裁書
稟議書等ができます。

事例企業団体は、日本でも最先端のコアを持つ素晴らしい会社です。
取引や連携等に活用するときにその企業団体のホームページの内容であるため、その
まま判断素材としてその企業団体との縁創りに活かせるようにしてあります。



あなたがすばらしく成長し早期に日本国に貢献できる人財になる姿を待望して
います。


◎並列活用推奨

着実に人財へ成長する機会を活かす(一覧表)



カテゴリ一覧
制御型人財の人格形成
21世紀後半・未来が共に豊かに希望に満ちた「自己実現」できる地球社会を構築するための各国実務のプロ・匠の多分野の制御型人財を志す人の人格形成の基礎基盤