開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

グローバル競争を勝ち抜く論文検索

■グローバル競争を勝ち抜く論文検索 110421

日本の産業企業の変化>グローバル競争を勝ち抜く論文検索





 

米情報サービス大手トムソン・ロイターは2010年までの過去11年間の論文の被引用数
を集計した結果から、日本の研究機関ランキングを公開した。

ここ数年、日本の政府系研究機関は被引用数を伸ばし善戦しているなか、今回、国内
順位を上げたJST、理研ともに世界順位も上昇。とものランクアップしたのは被引用数、
論文数ともに大幅に伸ばしたためとしている。

日本の研究機関が6分野(物理学、化学、材料科学、生物学、生化学、免疫学、薬理学、
毒物学)で世界のトップ5を維持。具体的には材料化学は東北大(3位)、物質・材料研究
機構(5位)、物理学は東大(2位)、化学は京都大(4位)、東大(5位)、生物学・生化学は
東大(3位)、免疫学は大阪大(4位)、薬理学・毒物学は東大(1位)となっている。
全体的に国内順位の大きな変動はないが、日本以外の国での論文数の増加もあり、
世界順位では下がる傾向がみられる。

 

 更新 2011.04.21

         日本の研究機関の論文引用数と順位(00-10年)


□総合

 順位

世界順位 

 機関名

 被引用数

 論文数

平均被引用数

    1

       13

  東大

 1,080,166

    71,762

     15.05

     2

       33

 京大

     757,253

    52,690

     14.37

     3

       40

 阪大

     646,338

    44,450

     14.54

     4

       66

 JST

     503,453

    24,051

     20.93

     5

       67

 東北大

     490,403

    42.280

     11.6

     6

      110

 理研 

     362,564

    19,414

     18.68

     7

      118

 名大

     350,266

    27,851    

     12.58

     8

      127

 九大 

     326,548

    29,272

     11.16

     9

      148

 北大

     296,291

    28,771

     10.3

   10

      152

 産総研

     291,870

    26,110

     11.18

   11

      176

 東工大

     264,969

    24,569

     10,78

   12

      233

 筑波大

     206,638

    17,901

     11,54

   13

      289

 慶大

     168,735

    14,637

     12,02

   14

      303

 広島大

     163,164    

    16,173

     10.09

   15

      304

 自然科学機構

     162,449

      9,451

     17.19

   16

      320

 千葉大 

     153,238

     12,581

     12.18

   17

      350

  岡山大

     137,972

     13,562

     10.17

   18

      364

 神戸大

     130,139

     11,942

     10.9

   19

      392

 東京医科歯科大

     118,441

       7,983

     14.84

   20

      406

 物材機構

     113,315

     11,517

       9.84

 

 

 

 

 

 


 
□化学

      1

        4

 京大

  147,007 

       9,330

     15.93

      2

        5

 東大 

     138,763

       8,222

     16.58

      3

       12

 阪大

       96,172

       7,371

     13,05

      4

       13

 産総研

       94,405

       6,991

     13.5

      5

       16

 JST

       92,776

       5,539

     16.75

      6

       20

 東北大

       83,891

   6,135

     13.67   

      7

       22

 東工大

       80,027

       6,937

     11.54

      8

       41

 九大

       61.723

       4,786

   12.9   

      9

       43

 名大

       60,232

       3,967

      15.18

    10

       52

 北大

       55,274

       4,317

      12.8

 

 

 

 

 

 


□免疫学

      1

        4

   阪大

       60,911

       1,046

      58.23

      2

      15

  JST

       38,374

          413

      92.92

      3

      20

  東大

       32,412

       1,123

      28.86

      4

      25

  京大

       28,521

          618

      46.15

      5

      61

  理研

       17,285

          417

      41.45

      6

      68

  九大

       15,446

          468

      33.00

      7

    114

  順天堂大

       10,701

          377

      28.38

      8

    142

  東北大 

         8,573

          376

      22.8

      9

    173

  国立感染症研

         7,626

          502

      15.19

    10

    182

  東京医科歯科大

         7,357

          331

      22.23

 

 

 

 

 

 


□材料科学

    1

        3

 東北大  

     46,430 

        5,879

         7.9

      2

        5

  物材機構

         39,626

        4,179

         9.48

      3

        6

  産総研

         37,988

        4,359

         8.71

      4

      12

  阪大

         29,624

        3,835

         7.72

      5

      19

  東大

         26,358

        3,171

         .8.31

      6

      22

  京大

         23,733

        2,724

          8.71

      7

      24

  東工大

         22,819

        2,715

          8.33

      8

      29

  JST

         20,687

        1,497

         13.82

      9

      49

  九大

         14,671

        1,793

           8.18

    10

      86

  北大

         11,057

        1,660

           6.66

 

 

 

 

 

 


□物理学

    1   

        2

 東大

         199,263

        14.499

         13.74

      2

       10

 東北大

         129,659

        10,360

         12.52

      3

       22

 阪大

           98,845

          9,055

         10,92

      4

       25

 京大

           94,091

          8,133

         11,57

      5

       31

 東工大

           79,691

          6,289

         12.67

      6

       32

 JST

           79,348

          6,302

         12.59

      7

       42

 高エネ機構

           69,547

          3,716

         18,72

      8

       47

 産総研

           64,536

          6,120

         10.53

      9

       60

 理研

           56,360

          4,932

         11.43

    10

       61

 名大

           55,771

          4,284

         13.02

 

 

 

 

 

 


□生物学・生化学

      1

         5

 東大

     18,683 

        1,051

        17.78

      2

       30

  京大

          11,680

          945

        13.36

      3

       64

  東北大

            8,612

          638

        13.5

      4

       76

  九大

            7,716

          684

        11.28

      5

      110

  金沢大

            6,625

          508

        13.04

      6

      112

  千葉大

            6,619

          500

        13.24

      7

      121

  JST

            6,241

          281

        22.21

      8

      123

  富山大

            6,221

          683

          9.11

      9

      146

  熊本大

            5,731

          399

        14.36

    10

      154

  阪大

            5,539

          575

          9.63

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                 2011.04.14日刊工業新聞より




◎福島原発の事故により、実業の世界では経営資源(人・モノ・カネ・開発時間)
に未知扉が開かれました。新しい環境適応がはじまりました。


福島原発事故終息まで膨大な時間と国家予算をかけ、国民に長期間かけ、国民が各人費用負担し、
儲かるのは、製造責任のない事故原発の製造企業群である終息期間を担当するところだけです。


●一企業では時間も費用を使用不可能な、世界の情報を膨大な経費と時間を
かけて活用できる環境に属する機関のすばらしい叡智頭脳を持つ皆様が、
日本国民と世界の放射能汚染に影響あるすべての人達のために、日本国が
最優先でしなけらばならない問題解決のために重点時間をちょっと活かして
いただくことを待望しています。


◎ほとんどの人たちが「原子力・放射能だからしかたがない」と催眠状態になり
全ての情報が正しく、方法は正しく従わざるをえないと錯覚状態になっています。
真にその方法論が正しいかどうか「何か変だ・他の方法があるのではないか、
もっと短期間で費用を最小限で終息できる方法があるはずだ」と感じて、実現で
きる実現ノウハウとしくみシステム人財がある企業を「産学官連携で」動かし、
実現行動に重点集中突破する行動の渦をできる唯一の人たちの集団である
確率が高
い。



原子力の専門家というだけで、膨大な期間、国をはじめ国民を自在に動かしています。
膨大な長期間をかけないで、期間を1/3以下でローコストで完全に終息できる知恵者として産学官連携で、
超最先端企業と連携して実現が必要な段階がきています。

原子力の専門性は20%程度以下です。放射能防御をすれば事故の終息に必要な問題解決法は原子力に
無関係で多くの実務熟練度を持つ超ベテランとしくみシステムを持つ人財が豊富にいます。
80%の事故終息プロセスを、原子力の専門化がすべき業務と切り離し、別のプロセスげを戦略的に解決
すれば短期間で実現確率が高いことに聡明な皆様なら、原子力の催眠からさめて「何かへんなやり方法」
「ますます時間をかけるやり方法」で他に優れた方法があることに気づいていませんか?

■原子力の専門家の業務を着実に終息へ向かわせるためのカイゼン提案例
1.燃料棒を使用前の安定化元素に戻す技術はありませんか
世界の論文はありませんか?特許はありませんか?
 ●なぜ燃料棒製造メーカーが短期で溶融を止める作業に入らないのでしょうか?

2.燃料棒の溶融部分の放射性同位元素の不安定を安定化させる最適冷却水温度は何度か?
世界の論文はありませんか?特許はありませんか?

3.炉内の水温の深さ別の温度分布を見える化できる温度接点の遠隔敷設の技術はありませんか?
世界の論文はありませんか?特許はありませんか?
センサ開発製造企業なら高温で対応できる溶鉱炉の技術の応用でできる確率は高い
●なぜ浴槽内の水位を設定すると、自動半自動で水圧を応用した自動制御をしないのでしょうか
●配管、水槽の水量制御の基本、サイホンの原理をなぜ活用して、必要以上の溢れる水を注入
させるのでしょうか

4.燃料棒が100度以下にして安定元素にさせるための、最適な冷却水の注入温度と、燃料棒が安定化
する環境設定とプロセス。(現在先人の臨床がなければ、研究機関が検証実験に早期に入ることが必要
必要水位に合わせて自動注入させるしくみで出来る確率は高いのになぜしないのでしょうか?
世界の論文はありませんか?特許はありませんか?

5.炉への水の注入方法は、監視カメラつきで、なぜ複数パイプで注入し、水位管理をしないのか、炉内
の表面と底との温度分布はどうなり、どの高さが異常なのか(溶融部分)と相関があり、水中監視カメラ
でなぜ現状をチェックして、処置をとらないのか、とる方法しくみはある先人の知恵があるのか?
現在正確に異常の状況が把握できているのでしょうか、類似の非破壊検査は進化していますが、
原子炉及び燃料棒への応用は出来ないのでしょうか?
●なぜ大型ポンプの最先端技術と最短工事ができる企業を活用しないで、綿密な戦略仕様を組み、
短期間でせず、膨大な経費と、不足ノウハウだけで、世界の人のために影響を拡大し、短期終息に
膨大な時間をかけようとするのでしょうか?

6.監視室の数値は、事故後較正原器で補正ができているのか
7.複数の原子炉ごとに現状は異なるため専任型で対応しているのでしょうか
総合的な先行戦略を採る責任者はだれで、その参謀である最先端能力を持つ制御型人財がいるの
でしょうか。

8.燃料棒が安定な元素化して、取り出しが完了した段階で、チェルノブイリ事故終息の改善型石棺方式
にする。(下記の履歴参照)。原子力関連企業から、石棺化の事前準備ができた、大企業型ゼネコン
共同体が短期で担当する。地域開発計画も同時進行させる。

9.放射性同位元素の長期型半減期を短期化する原理はありませんか
世界の論文はありませんか?特許はありませんか?

10放射性セシウム、ストロンチウムの魚、動物、人の非接触型全数検査のしくみはありませんか?
世界の論文はありませんか?特許はありませんか?


■放射能防御すれば、短期で出来る80%のプロセスに関してのカイゼン提案例

○汚染水を、完全に海に流出させず、汚染水の他への移動をしないで、一定期間、工場の排水槽
の方式で大量完全補完し、外部に放射線がでない施設をつくる。
すでに短期間で実現できる企業方法があります。それよりローコストで高品質、短納期の案が
あればそれで実現を待望。


1.仕様について

●大ドーム型の大規模水槽を、長期間大量保管する海抜50メートルの津波でも対応できる高さの水槽
をつくる。1000トン単位での移送に対する配管の数と仕様、ポンプの数仕様は最先端のポンプ企業なら
実現確率は高く、現場での組立て調整を最短にすてば長期化した国民への出費より少金額で実現確率
は高い。
総面積は汚染量に応じて3つの大ドーム型の大規模水槽をつくる。

●大規模水槽は、1995年の運輸省および造船・鉄鋼のメーカーで構成される「メガフロート技術研究組合」
が日本財団の補助を受けて研究開発を開始し、2001年3月解散と同時に「(財)日本造船技術センター」
が合意に基づき同センターを継承して現在に至たっています。東京電力が中古で調達したのは三菱重工の
ものです。この技術を活用して、期間のかかるコンクリート製の水槽にこだわらず、大ドームの中に、海抜50
メートル以上に敷設すればよい。長期の汚染水管理も可能。汚染水総量と今後の増量分プラス1つで準備
する。現有するメガフロートを国家のために供出させ、現在の代替品を製造させ、交換させる。
工期は放射性廃棄汚水のための修正工事で短納期で可能となります。(日本に現有が複数あります)
移動は海から、陸上の移動は重量専門運送企業や技術が進化しています。大ドーム型施設へ設置する
ことは、大きさが決まれば技術的に可能な確率は高い。(水に浮かせ、少ない給排水のやりかたより、
大量の排水を短期間で排水し放射能汚染水を、従来の見えない場所に隠さず、衆人環視のなかで、
固定した位置で、移動にかける費用、廃棄物保管工事の費用がゼロの陸への設置のほうがよい。)

密閉型大ドームの建設技術は、大手ゼネコンならどこでも技術を保有しています。短納期での現場工事
をするための放射線が外部へ限りなくゼロにするノウハウを付加し、現場建設工事の超短期のしくみ、
システムを構築する(組立て方式で、大量人海組立て方式で補完する。)

「プロジェクトに連携する建設土木関連」



汚染水の放射性同位元素の安定化期間の測定も同時に自動測定に入るしくみをつくる。
●センサ、監視システム等推移が見える化管理できるようにする。現在の最先端を活用すればよい。
当初は、短期で必要機能を揃えるために、自動化等は後工程で、投資費用に応じて準備する。
当初経費のかかる冗長計器、しくみはカットする。後の楽さ費用は2期工事すればよい。

・現在の完全退避地区の土地を、土地所有者から賃貸(購入)して構築する。

・遠隔操縦の重機で組立てできるようにする。

2.水槽までの配管は 外部露出部分は、地上にドーム型で、放射線ゼロにさせる。

・現在ある配管は無視し、新たな専用配管として、現在、放射線の可能性があるため、排水を屋内で狭い
作業性の非効率な方法はやらない。最短で効率てきな方法を採る。最短時間で水の移動ができるように
5の倍数の配管と、異常時配管を個別に閉じて、配管の取替えが簡単にできるしくみにする。

3.揚水ポンプは複数系にする。異常時一部交換取替えができるようにする。稼動70%予備機も準備して
おく。電源は、太陽光、風力発電、バイオ発電方式で、外部電源は使用しない。
当初は、外部電力を使用し、付帯設備は、2期工事にまわす。

◎これだけの費用は、固定型であるため 現在進行している、汚水の移動保管による長期間の
流動費用と比較して、ある期間後は安くなります。



○福島原発事故原子炉を完全に外部から遮断するために、短期間で大ドーム型施設で蔽う。

日本を先導するゼネコングループが、グループの叡智を結集して6ヶ月以内で福島原発の事故機
をすべて、蔽う大ドーム建設の設計と調達(人海)、組立て(人海)で、世界に技術力が世界に
拮抗できる実証試験の場として能力を発揮されることを待望。

この原発事故終息の短期間ノウハウの構築は、世界の現在稼動している原子力発電所の安全
性のための緊急対応のしくみの事例となり、世界へ貢献できる確率は高い。


短期で放射線、放射能同位元素の空中、海面への飛散を集結させる。その閉空間ないで、原子炉事故
の終息をさで、半径20キロ以上のエリアへ影響ゼロの方式を採る。
震災復興に国民全員が専念できるようにして、原子力終息への、連続経過は、特定の専門チャンネル
を決めて、常時放送し、聞きたいときに聞く方式でよい。悪い報告だけ、臨時ニュースで放送するしくみ
でよい。原子力委員会の説明も、放送でいつでも閑なとき聞くだけっでよい。

遠隔操作重機を重点にして、工場で組立て部材を製造し、短期納期で完成できるように最先端の技術
を駆使して準備する。費用は東京電力が負担する。(国の負担領域ではない)

20キロ圏は既に汚染地域なので、食の複合型工場で、放射性元素の影響がなくなる長期間の生活圏を
確保する。そのインフラは原子炉の製造責任がない大企業グループが、コストの1/2で地域の人への
社会貢献として担当する。汚染土壌は森林群とする。複合工場外のエリアは花畑にして、放射能元素
を食べるバクテリア等で、早期に土壌回復できる方法を採る。 

「植物、栽培養殖漁業、林業複合工場」  

◎「地域は複合食品産業を基幹に勝つ」 
                                  


 




 更新 2011.04.11


□福島第一原子力発電所事故の履歴

 1日本の世界の皆様へのお詫びとお願い
























 

 

 

2.汚染源終息への世界からの意見具申のお願い












































 

 

1.核分裂による生成核種(数100種類)
その大部分は半減期が短いかあるいは生成量が少ないために人間の被爆に関与する核種は限られます。 上記以外のもの
・ストロンチウム90(90Sr) 半減期28.8年 
・ジルコニウム95(95Zr) ・ルテニウム106(106Ru) ・セリウム144(144Ce)

2.主な自然放射性核種
地球の誕生の時に存在するもの。地球起源核種
  核種        記号      半減期
  カリウム40      40k       12.7億年
 ルビジウム87     87Rb     475億年
 トリウム232     232Th      140億年  
  ウラン238      238U       45億年 

3.宇宙線起源核種
  トリチウム3    3H         12.3年
  ベリウム7     7Be       533年
  炭素14      14C       5,730年
  ナトリウム22   22Na        2.6年    

 

 

 

 

 

◎現実化しないことを祈念していましたが、やつと今の段階で、行動がはじまりました。
多くの日本国内の原子力発電所が、すでに「岡目八目」で、現在の現場対応が、単線、実行して、出来ないと次を考える後手方式、「太閤記の墨俣の城普請」の現実を見ているようです。世界の最強の終息対応確率の高い部隊が現在の本流に変わらなければ、長期化が当たり前という周囲の本流の強さを抑える確率は低い。最も謙虚で世界の協力を積極的にうけ、最短で終息する使命がある専門化のリーダーが20世紀で時間が止まった、自分が超一流と思い込むある思考帯域が極度に低い人が主流を占めるとき、日本に任せることは世界への負の資産を増幅させる確率が高い。世界の叡智による意見具申と、スクランブル行動を待望しています。 
2011.04.04 A志援ms
 

3.国内の原子力発電所が、危機管理の安全度を高くする変更に着手しました。


















 


日本国内の原子力発電所は 危機管理の安全度を高くする自主的な経営理念に基づく変更に着手しました。既に、冷却に関係する電源が停電時の対応のしくみシステム、停電時の緊急対等のための訓練(「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」)が世界ではじまりました。徹底体得、無意識でも行動できるレベルまでの反復訓練を待望します。送電がストップしたときの非常電源体制、水の循環系の復旧体制への対応。2011.04.07夜には東北電力の他の原子力発電所が地震で現実に停電し対応するも現実に発生し、原子力発電所への送電ルートの検討がはじまりました。

日本国が決める安全基準は下限しか決められません。女川原子力発電所と福島原子力発電所との危機管理レベルの違いは、経営陣の決断した人質格差、国の安全基準を守ればよい「晴れ型」の価値判断をしただけで、新しい基準が出来ても、「雨型」を想定して守るかどうかは経営陣の人質できまり、天変地域がさらに想定以上の場合はは再発する確率は高い。問題解決の手段を世界でまだ人間が開発していない領域の場合は、特に価値判断レベルが行動の分岐点になる確率は高い。

既に世界の原子力発電所は、非常時対策に備えて新たな緊急対応に着手しています。限りない福島第一原子力発電所の事故が限りなく確率ゼロに向かって挑戦を待望しています。

日本国の各原子力発電所へ共有ノウハウとして「カイゼン」の意見具申提案をよろしくお願いいたします。

◎もう一歩、陸海空への放射性核種を限定範囲に飛散する、緊急閉空間にするドーム型のしくみシステムの進化を待望しています。

◎現在の陸対策は、漏洩汚染物質が配管以外からの汚染水が漏洩する確率が高い建設設計仕様になっているようです。地下水脈への流出の検知のしくみがないようです。地下の岩盤調査と同様に、水脈避けた完全防水型の地下地盤の設計仕様の変更が必要なようです。

◎周囲は 海抜500メートル以上の付帯設備の設計基準が必要なようです。

◎原子炉の循環水の流入排出が1管設計仕様のようで、緊急時の事故管の閉鎖と代替配管への接続のしくみ、危機管理の原則ができていないようです。根本的な「晴れ型設計仕様」の設備は、こんな危険なもの稼動させていたのかと驚愕しました。
廃炉への準備(完全廃炉まで10年以上かかる確率が高いとのこと)に入るように本流を変える検討機会ではないでしょうか?わずかな可能性がある事を祈念しています。
 

◇北海道立衛生研究所
























 


道民の保健および衛生の向上のために、昭和24(1949)年に設立されました。

昭和55(1980)年12月放射性同位元素(RI)試験研究棟を新築
昭和57(1982)年一部気候改革を行い、ラジオアイソトープ管理室を新設
昭和63(1988)年2月放射性同位元素(RI)試験研究棟を増築

○「北海道立衛生研究所における環境放射能調査50年の変遷」
  Rep Hokkaido Inst.Pub.Health,57,I-14(2007)

大気圏内で実施された核爆発実験によって生成した放射性物質は成層圏にまで達して留まり、フォールアウトして陸上及び海上に降下している。北海道における環境放射能調査は、この放射性物質の動向及び放射性物質から放出される放射線量を把握することを目的に開始された。
T.当所における50年の環境放射能調査概要
U.測定法及び調査対象の変遷
1.全ベータ放射能の測定
2.NaI(TI)波高分析器による機器分析
3.放射化学分析
4.ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー
5.空間放射線量の測定
V.放射能調査結果と概要
W.放射能分析確認調査事業
X.非常時における放射能調査
1.チャルノブイリ原子力発電所事故
昭和61(1986)年にソ連のチェルノブイイ原子力発電所の事故がおこり、原子炉の炉心が溶融して大量の放射能核種が大気に放出されました。科学技術庁長官を本部チュとする放射能対策本部が内閣に置かれ、その指示に従って4月29日から非常時における監視体制に入り、安全宣言が発表された6月6日まで継続されました。
2北朝鮮による地下核爆発実験
平成18(2006)年10月初旬
X.今後に向けて

要約
昭和32(1957)年から50年間に亘って実施してきた環境放射能調査について、関連する国内外の主なできごとならびに調査内容、調査対象、測定方法及び配備された機器の変遷をとりまとめました。また、本調査を主体として得られた成果を概説するとともに分析結果の信頼性を確認するために実施されているクロスチェックについて述べた。さらに、非常時の事例としてチェルノブイリ原子力発電所事故及び北朝鮮による地下核爆発実験を取り上げて、その対応について紹介した。

●福島原発事故までは 日本は放射線、放射能に鋭敏な国の一つでした。
A志援ms
 


◇IEER「エネルギーと安全保障」日本語版



















 


「廃棄物の核変換(消滅処理):核の錬金術のギャンブル」 1999年

  アニー・マキジャーニー、ハイシャム・ゼリフィ

「分離核変換の研究は、我々みなにとってなかなかの誘惑的なものである。これは、新たな再処理技術、新たな燃料開発、さらなる核についてのデータ、新たな原子炉および照射施設、新たな廃棄物処理および処分の概念、そして特別な安全性など必要とする。全世界の核科学・核技術の分野にとって挑戦の機会である。」

「(核変換)計画は原子力の研究開発全般を再活性化させ、原子力オプションを健全な状態で21世紀に持ち込もうとまい進する有能な若手研究者を焚きつけるだろうと期待さえている。」

◎原子力産業が直面している最大の障害の一つは、民生原子炉から廃棄される使用済燃料、また使用済み燃料からプルトニウムを抽出することで生じる高レベル廃棄物として生み出される放射性廃棄物をどうするかというものである。
放射性廃棄物を一般公衆及び環境から隔離するために大半の国が選択したオプションは、地下の深地層処分場への増設である。
しかし、使用済み燃料と高レベル廃棄物には、半減期が極めて長い(数千年から数百万年)多数の放射性核種が含まれるため、これほど長期にわたり廃棄物を確実に隔離するものは不可能であるとされている。一部の長寿命の放射性核種の漏洩の可能性に加え、人体への侵害(意図的であろうとなかろうと)を防ぐ保障も不可能である。表1に問題になる長寿命放射性核種を示す。

・表1:問題となる主な長寿命放射性核種
・図解:核変換プロセスの各段階
・核変換の物理学
・提案されている核変換方式
・表2:核変換方式
・残渣廃棄物
・核変換の合意するもの
<核拡散> <環境及び健康> <原子炉の安全性> <コスト>
<原子力の継続>
・結論および勧告

 

◇「ウラン廃棄物の処分及びクリアランスに関する検討」















 


「ウラン廃棄物の処分及びクリアランスに関する検討」

    平成18(2006)年3月
8.測定技術
8.1ウラン廃棄物のクリアランス検認のための測定には、性状、材質、汚染形態(表面汚染、均質汚染)、測定単位等に応じた技術が求めれれるが、現在のところ、雑固体を含めたすべてにウラン廃棄物を対象とすることができる実用的な技術はない。
現状では、研究開発レベルの技術を含めると。
表8.1-1に示すような測定技術がある。 具体事例紹介

表8.1-2 ウラン廃棄物に適用が可能と考えられる測定技術 

  汚染形態

 性状・材質

適用可能な測定技術
  の例

  技術の概要

表面汚染




 

雑固体(金属等)




 

グリッオ・イオン・チェンバ(GIC)法

汚染物から放出されるα粒子によりイオン化 された空気を電気量として測定する。
 

サーベイメータ法
(シンチレーション法)

汚染物から放出sれるα線、β線等をシンチレータを利用して測定する。
 

均質汚染
(バルク汚染)
 

焼却灰、スタッジ等

サンプリング測定法
(ICP-MS法)

試料を酸等の溶解して試用養液とし、これをArプラズマ中に噴霧してイオン化させ、質量分析を行う。


全般(ドラム缶詰め)
 

パッシブγ法

ウラン核種から放出されるγ線の強度を測定する。

 

 

 

 


◇守りの開発が遅れた用途開発の世界

儲からない開発を金食い虫の研究開発と短期間で安定元素のする半減期の短縮技術が必要な時代がきていることにはじめて気づきました。










































 


◎放射能同位元素の半減期を1/2以上にできる対症療法がの発明を待望しています。
半減期が短くなるとヨウ素同位元素のようにゼロになるときまでおけば自然界の昆布、わかめ等の海藻類と同等になり、食の生産物を廃棄せず限りなく放射線の発生がゼロになるまで、冷凍保存したり、加工して倉庫に保管し、ワインのように熟成を待つような方法が可能となる確率は高い。

◎人類生物のために延命できるための科学の進化を待望します。

すでにストップできない核種の金になる、有用に見える多くの分野で普及してしまっていて「覆水盆に2度ともどれない」現在世界に気づいた今、プラス部分だけが機能するためのマイナス領域をゼロ化するしくみシステムの構築を待望します。

第1期のアインシュタインの相対性理論、第2期のボーアので量子論、

◎「原子力発電所が安全である神話から「催眠状態」から多くの人が覚醒してきました、現実に気づけませんでしたが、第3期は「量子論の完成」ではない「パンドラの箱づくり」が世界ではじまっていたようです。

第3期の放射性核種は現実化できるが安定を制御できない攻め型理論(やりっぱなしの原理) 放射性廃棄物を無限に地球の地下に隠す原理(パンドラの箱づくり)の段階の確率は高い。

第4期未来放射性核種の半減期短縮時人体に無害な安定核種にする理論。「パンドラの箱」を無害にして、未来の人類の希望に変える発見から発明する超人財の出現への待望。

第3期までは核種を不安定化させるための理論がないようです。
不安定化した放射性同位元素の半減期を短縮し、短時間にし、短い時間で安定化させる原理は含まれていないようです。不安定化により、高温と光が発生する原理です。(作用の原理:攻め)
・長時間かけて原始的な水の中で不安定化元素の熱を吸収して、長時間かけて艇客し、安定化基準は常温までのようです。常温のバランスが崩れると、制御とは別次元で核種の不安化がはじまるようです。薄氷管理の現状である確率は高い。

・多くの研究機関、多くの業種の業務用活用された放射性廃棄物(守り)が短期で安定化廃棄物に変える科学の進化は儲からない金食い分野開発ですが、この研究分野を支援する人類生物のために超投資する人の出現を待望する時期がきているようです。従来の小規模では実証試験が出来ない分野、儲かる分野「攻め」には無限の投資がされているのが現実です。すでに多くの人財が挑戦し途中で挫折しています。

すべてゼロの世界です。人が動いた原因は結果として反作用原理がある確率は高い。

アインシュタインの相対性理論の中に現在の「攻め」領域の理論と180度逆の原理、不安定な核種を短期で安定化させる、半減期を短縮する終息の原理(反作用の原理:守り)が早い時代発見、発明し理論化にできることを待望します。


完全隔離型閉空間内で、反作用対策をすれば外部への影響がゼロの対策も可能にする確率は高くなります。多くの研究機関、多くの業種の放射性廃棄物の安定化期間が短縮され、通常の廃棄物と同等になくことを祈念しています。

 

 

 

◇2011.03.22
A志援会員サイトにコンテンツ掲載をはじめました。

 

天変地異で被災した皆様の再生の力に、また、子孫が健康であるためにA志援が今できることをはじめることにしました。
テレビを見ているだけの時をムダに過ごすことを止め、A志援サイトに来訪されるすばらしい人財の誰かが、未知のテーマ解決に動きはじめて下さることを祈念して「私のできること」をはじめました。

閲覧者ゼロの確率は高いですが、この事故が終息したとき、岡目八目型のA志援の手順も終息期間を短縮する方法の事例として、緊急現場での行動組立てに役立るヒントの一つになれば幸いです。
 

◇2011.04.04以前





















 

最初に災害の全容を短時間で全容確認すべ緊急段階の戦略責任者が、「かいわれ大根」で安全宣言した賓客が、「今回の事故の終息と安全宣言」をした愚が、戦術戦闘要員の持ち場での最善バラバラ行動が始まり、終息に重要な、全体の動きを整合して的確に動かせるべきすばらしい制御型人財でさえ、現場報告によるマイナス情報が優先となり後手の小手先パッチ当て指示型に変わり、現状全体を誰一人判断できない現場になっているようです。後手場当たり行動になり、解決の核心より、拡大する影響現場の変化に対応する遅行管理の現場の姿のようでした。

◎2011.04.07 スポーツ報知
官邸HP「ベント」開始時間を書き換え
原発事故で、政府の原子力災害対策本部が、首相官邸ホームページ(HP)で公開する経過録で。3月12日実施の1号機の緊急措置「ベント」の開始時刻を、4時間余り早めに、書き換えたことが4月6日、わかった。ベントは炉内圧力を下げるために、放射性物質を含む蒸気を周囲に排出する非常手段。当初、「午後2時半開始」と記されていたが、3月27日に「午前10時17分」に変更された。経産省原子力安全・保安院担当者は「当院は当初からベント操作着手を10時17分としており、官邸に指摘して、表記がかわったと説明。ただ官邸HPがその時刻に「操作着手」でなく「開始」となつている点は「官邸側に提起した」と語るにとどめた。
保安院によると、同日午前9時すぎ、1つ目の排出弁を開け、同10時17分に2つ目の弁開放に着手。だが不具合で開けず、調整後、実際の蒸気排出確認は午後2時半だった。同HP上の保安院の別の発表では、14時40分に「蒸気の放出を開始」と表記。また枝野官房長官の会見録も、ベントは「14時ころから」行われたとなっている。

緊迫の初動体制で戦略決断を採る人財が賓客対応で不在の現場で、次々と発生する未知の体験に対する処置に影響がない確率はゼロでしょうか?初動の戦略行動の遅れは未知の現象が頻発する現場では戦術、戦闘努力では、核心を突くことが難しく時間が過ぎる現象が起こる確率はたかい。制御型人財の場合「空気に気づかない本気の賓客が突然来訪する場合の、未知の現象頻発現場で、来訪を安定後に変更していただくの「断る決断」も最適方法の一つです。もし妥協して最悪の事態になっても、気づけない賓客の他人責任するのではなく、自分が蒔いた種の一つと考える統率するリーダーの責任と採る実務家の結果責任の取り方の方法の一つです。
 

◇2011.04.04 
A志援会員サイトの関連コンテンツの整合をしました。

















 


世界の知恵がアドバイス型でご支援いただきはじめました。感謝しています


もし可能なら、現在の現場担当部隊に変わり、世界の最先端のスクランブル部隊を編成して、現場の担当部隊の本流にかわり、現在の現場担当部隊の総能力を発揮するための指揮権掌握が必要な段階に来ています。
アドバイスを謙虚に聴け、全体最適の指示より、終息行動とは別の次元の動きがある徴候があるためです。日本の指揮系統まかせの現状で、短期終息確率は高いでしょうか?
世界観視点で何を優先すべきか待望しています。現在のやり方は一言集約すると「太閤記墨俣城の前任者群}のようです。 2011.04.04 A志援

世界の最強部隊が指揮権を持ち、遅行管理を断ち切り、先行管理行動に変わり、必要組織行動人数を全範囲で展開に変えると、すばらしい現場の制御人財と、連携する組織が加速度的に終息へ向かう確率が高くなります。

福島原子力発電所の事故は、晴れ型規制基準で、原子レベルの制御ができると過信した結果です。天変地異の頻度、人間の想定した「曇り型」「雨型」基準の限界を超える確率が高い時代に入る徴候の一つです。現在稼動する原子力発電所の緊急消息実行部隊を国を超えたレベルで組織をつくるときが近づいているのかもしれません。

世界の放射能汚染源となった日本が、食の安心安全のしくみシステムを世界の食料不足のための普及の突破口の一つを実現する自己責任を採るために世界の力を借りて、中期短期で実現する時に気づき行動をはじめることを待望しています。
 

◇2011.04.06



















 

◆「最短期間で完全に終息するために日本国の我流優先の方法から、的確な世界の実務者に指揮権を変えて、現場担当者は、大局視点で全面的複線型で全域行動展開し的確な現場処置の段階を採る時期が近づいています。日本のISO審査員資格を持つ、現場力の高い実務家が会社を超えて集結して、連携行動に入り、現在の現場の実務家の本音の声を聴き、行動する段階に近づいています。「チェルノブイイのコンクリートt詰め方式は、既に経年脆化現象が出はじめている確率は高い。広大な土地を持つ、面積当たりの人口数が少ない国の方法です。日本国は、完全に終息させることが、世界のために必要である確率が高い。
                                   2011.04.06A志援ms

◆想定どおり、放射能汚染した水(大量放水が原因、地震でのクラックからの流出は必然)が、終息のためを大義名分に放出がはじまりました。オイルフェンフェンズのような防止を急ぎ、魚の骨、甲殻類に蓄積される、セシウム、ストロンチウムの量を最小化に努めることができるように祈念しています。
海底までの幕型のつり下げ方式、海流の強さの強度が可能かどうか?
                                   2011.04.06A志援ms
◆2011.4.5
愛媛県八幡浜市の原子力センターで福島第一発電所による汚染の徴候が確認されました。
・4月3日3時から24時間に渡って採取した大気中の塵から放射性セシウム134が1立方メートル当たり0.11ミリシーベルトを検出(法令の20分の1)
・同地点同日同日で、ヨウ素131が1立方メートル当たり2.8ミリシーベルトを検出(法令の1700万分の1)
                              2011.04.06A志援ms
             

◆2011.04.07































































































 


◆超大量に注入した水が放射能汚染水として大量に海水に流れることを完全の止めたことを成果として写真まで掲載して報告がありました。1/3程度の流出なら良いのですが、いよいよ濃縮された水が土壌に浸透、含浸し地下水脈の汚染へ拡大をはじめ、浸透スピードを超えた流量は、地上の福島原発の建家の浸水が始まる確率は高くなり、益々復旧が遅れる確率は高くなちました。一生懸命の当事者外のアドバイスの実行結果をだれが予知し適切に判断する制御人財型の人がいないのでしょうか?
復水器の高さと、低圧飽和液(水)を1時的槽が、燃料棒の炉水の水位以上にしておけば、「サイホンの現象」と給水ポンプの水圧で水の槽への潤沢な水の注入でけ水位を確実に確保できるはずですが、設計上「サイホンの現象」方式はあるのでしょうか

◎半減期の長い放射能同位元素を人に影響が少ない方法は
放射能発生源がある場合の緊急対応法として
1.空中への飛散にによる地球の規模容量での拡散(大)

2.海中への流出、広大な続く海の規模容量での拡散(中)

3.土壌への含浸は、拡散が半減期の長いものは、超長期間かかります。
拡散は(微小)

地下水脈が汚染されると、水脈につながる全ての土壌が汚染されます。
してはいけない、最悪の方法をしています。早期に、海水に流すバイパスをつくり
従来の1/3を流すように意見具申できる現場の人が気づくことを祈念しています。
福島原子力発電所近隣の土地が、元のように利用できる時期が早くする技術が進化して早くなることを祈念しています。
土壌の表面から水蒸気となり飛散する確率は高く、地表の半減期の高い核種が検出さてた場合は、地表のコーティングが必要になるかもしてません。

考古学で年代測定に利用される炭素-14(C-14)というアイソトープの半減期は5730年です。

◎脳内出血時の緊急オペの手順で原子炉漏洩対策手順は連想できます。
海水への流れ完全にとめることで、どんな危険がはじまるか、脳出血時の外科の
対応時の現象で何が今後発生するか、想定できる確率は高い。

1.脳全体の現状認識と、出血患部探し
2.脳の場合は、脳内出血した量を早く外部へ出すために、内出血量に応じて頭蓋骨に複数の穴を開けて血を外部にだす。
3.出血箇所を探して処置を採る。
もし出血のまま放置すると周囲に広がり、弱い血管を破壊し、脳細胞をじわりじわりと脳全体に血が広がり壊死させしまいます。

原子炉や配管その他のどこから漏洩しているか、海水に排出する量を、蓄積した水量と継続的に漏洩する量以上に排出して、全箇所の水をゼロにして、漏洩する量を死食べ、どこからか、水の流れに沿って漏洩場所に達する方が早道です。水流でできた管をファイバー型監視法で、遠隔管理ができるので、なぜはやくしないのでしょうか、水の注入のための槽までの外部からの配管をなぜ急がないのか、なぜ水位計を設置したり、現在のパネル管理の数字が正しくする較正作業、測定接点の複数追加等の作業をしないのか、原子炉内、建物建設企業なら、なぜ現場処置方式でなく、プレカット方式の事前に想定した必要な材料を事前で準備して、なぜ短時間で組み立てる基本的方法をしないのでしょうか、すでに実行済みであることを祈念しています。

◆福島第一原子力発電所を発注し、運営のプロに代行させている設備のオーナーが東京電力です。(真の運営のプロ人財は少な)専門のプロ企業に請負委託しているの確率が高い。今回のPL責任のある企業は、事故の原子炉のしくみシステム、全ての設備を納入した企業がなぜ、国主導で導入した設備のオーナーは、事故対応には事故対応の決断中心部隊ではないのかもしれません。東京電力の副社長がまだ責任がないと言い続けるのが、何か変だと気づいた人はいませんか、福島第一原子力発電所の納入企業が今回の事故への緊急対応の主力部隊のようです。その企業が総力で対応する段階がきているようです。

●2011.04.07 毎日新聞  
「福島第一原発:原子炉安定に年単位 ・・・日立製作所・中西社長」
日立製作所の中西宏明社長が4月6日毎日新聞などのインタビューに応じた。
第4号機の建設を担当しており、技術者約300名を現地に派遣して復旧作業に当たっている。中西社長は、原子炉の冷却について「壊れた燃料をどう処理するかなど技術課題があり、長いステップとなる」とした上で、「海外の知見も借りてどうするか検討している」と語り、米ゼネラル・エレクトリックなどと廃炉に向けた計画の策定を明らかにした。原発の製造者責任については「国の基準にのっとって設計しており、責任を問われる立場ではないと思っている」と強調。「安全な状態にするために真剣に取り組んでいる」と話した。また原子力事業の今後については、「国内で稼動している原発がすべて止まれば計画停電が全国に広がる可能性があり、エネルギー政策上、原発を一切使わないことはありえない」と説明。「安全性を高め。住民のご理解を得られるように努力しながら、原子力事業は今後も継続させていく」と述べた。
「2030年までに38機以上の新規受注を目指すと表明・・・」

中西氏の公表された動きと視点が違う新聞と比較すると全体が見えてきます。
2011.04.07 日刊工業
 中西社長のインタビュー記事
2011.04.08 日刊工業
 米のGEのイメルト会長と中西社長が記者の質問に答える。  


(日本経済新聞 電子版のみ有料 なぜか?)

◎中西社長は、「製造物責任はない、2030年までに世界で38機つくる。終息は長期間かかる」とい人質は何か変?この対応の仕方は、人物評価の事例として役立つ行動の一つです。他人の振り見て、制御型人財が行動決断する分岐点の一つです。

日本国の原発事故の影響で退避し、農漁業従事者の生活権の維持が出来難い時期の空気が読めないと感じた利害関係のない人の視点から見ると何か変と感じなすが、本人は最善の方法と決めている現象です。「企業の存亡のとき、生き残りを最優先にした経営者のよくある行動パターンの一つ。雪印現象、企業観優位、多くの社員の生活基盤の維持を考えるとこの行動がよい判断している人だからです」未来はどのようなるかあなたの最適行動と採るとき役立ちます。

他の原発を納入した東芝の社長の発言も新聞に載る時がくるかのしれません。

●2011.04.07 東京新聞
「年20シーベルトで避難」安全委、厳格化へ見解 」
原子力安全委員会の代谷(しろや)誠治委員は 4月6日、記者会見し、年間の被爆放射線量が20ミリシーベルト以上になる場合は、避難指示などの対策が必要との見解を示した。福島第一原発事故が長期化を受けて、住民の健康影響を考慮する。これまで数日間で50ミリシーベルト以上だった避難指示の基準を厳格な方向で調整している。
国際放射線防御委員会(ICRP)は、緊急時の被爆について年間20〜100ミリシーベルトを超えないようにするとの勧告を既に出している。
代谷委員は「今の状態は緊急時。ICRPの基準の下限値に収める形でやりたいが、わずかでも超えたらいけないことではなく、目安として使う」と説明。最終的な避難や屋内退避範囲などの見直しは、政府と関係市町村が協議してい決めるとした。新基準では、原発から半径20〜30キロ圏内の屋内退避地域や、30キロを超える地点でも避難が求めれれるケースが出てくるとみられる。
これまでの国の指針では、外部被爆が予想される場合、10〜50ミリシーベルトが屋内退避、50ミリシーベルト以上が避難とされている。今回の事故では半径20キロ圏内の住民に避難指示が出ている。

 

◆2011.04.08




































 


●2011.04.07 朝日新聞

福島第一原発の原子炉を製造した東芝が 同原発1〜4機の廃炉案を東京電力と経済産業省に提出したことが4月7日、わかった。廃炉には一般の30年かかるとも言われているが、東芝案は技術的には10年半で可能としている。早ければ2021年にも完了する見込みだ。同じ原子炉を製造した日立製作所やゼネラルエレクトリック(GE)も共同で廃炉案を検討中で、近く東電と経産省に提出する予定。東電と経産省は、これらの案をもとに廃炉計画を固めることになる。
東芝案は事故発生から半年後に原子炉内が安定的な冷却状態になると想定した。この間にがれき撤去を進め、廃炉へ向けた作業環境を整える。続く5年間で原子炉圧力容器内の燃料棒や、貯蔵プールの使用済み核燃料を取り出し、別の容器に密閉して撤去する。
米スリーマイル島(TMI)原発事故では核燃料取り出しに11年かかったが、東芝は「法的な手続きや対策検討の時間を要した。いまは遠隔操作による作業など技術革新もある」(関係者)として、技術的には5年で可能とみている。ただ、核燃料や解体後の廃棄物の処分の問題を解決することが5年の前提。政府は政治的決断をせまられる。次の5年間では、すべての機器や設備を撤去。土壌改良も進めて更地にし、建設前の状態に近づける。
東芝案は、東電の要請を受け、東芝子会社のウエスチングハウスや、TMI原発事故で廃炉処理を担った米エンジニアリング大手が加わって作成。TMI原発は炉内の汚染物質の除去まで約14年かかったが、東芝はその経験をいかした期間短縮できるとみている。

国内では、中部電力の浜岡原発1、2号機が2009年度から廃炉作業に入り、法的手続きを踏んだ上2036年度完了を目指している。

◎東芝はなぜ今回は、遠隔操作による作業などの技術革新で緊急事故対策に対応しないで、複数の原子炉の異常現象を長期化させたのでしょうか?
                              
A志援ms

●201104.08 毎日新聞
「東日本大震災:福島第一原発事故 放射能封じ、数ヶ月」
東電の榎本聡明(としあき)顧問、廃炉に不可欠な燃料棒の取り出しに着手するまでに約10年かかる見通し・チェルノブイリの「石棺方式」はとらないと強調。原子炉の安定化についても言及している。事故に対して「我々が予測していなかった問題が次々にでてくる。現場の観察自体が難しい・・・」とのこと

◎「どこまで続く泥濘よ」。東芝は現在の短期終息を最優先行動をしているのだろうか?福島第1原発の1号機の試運転{1970)年からの責任者で2002年「トラブル隠し」が発覚し引責辞任した人が毎日新聞の公言しているようです。真の現場の統率者は肩書きでない原発を納入した業者にしか事実はわからない現象の一つです。
情報の源流で判断が必要な一つです。原発の終息を現場で国民に責任がない指揮権をしているのは東電以外の誰でしょか?
 

◆2011.04.11











































 

 

◆2011.04.11




















































































































 

◎原子炉の廃炉方法を最短で、高い放射性汚染エリアの人が従来のように「半減期」を意識しないで生活できる。放射性廃棄物、多くの隣接した津波での放射能汚染廃棄物のローコスト処理と、廃棄物を地球の奥深くに隠す「埋蔵金方式」はしない。現在のすばらしい先人の知恵旧ソ連の「チャルノブイり石棺方式」と食の複合工場の仮説を記しておきます。
世界の国で、原子力発電所で原子炉廃炉方式として、第4期量子理論である「放射能汚染廃棄物」を人体に影響しないレベルまで、半減期を加速度短縮せきる理論と具体的方法、しくみシステムができるまでディベートで勝てる着眼を紹介しておきます。制御型人財のあなたが、ディベートのポイントを活かして、あなたの国で実現することを待望します。
日本では残念ながた確率ゼロかもしれません。
このような視点での弱者も共に豊になれるしくみシステムがあることに気づいていただければ幸いです。

 

◎多くの人が科学の最先端である「原子力」の活用が安全である。という催眠状態から覚醒した人が「今、何をすべきか気づき」はじめました。
日本ではまだ少数行動です。最適探しの大きい潮流になるよう祈念しています。

今回の原子力安全基準が天変地異で超えた、天変地異の責任、チェルノブイリは原子炉の爆発(予知できかった事故天変地異と同等たまたま現象)、旧ソ連は、日本の原爆体験がなく、放射能の危険度に気づかず、影響が出てはじめて未知の体験の対応をせざるをえなかった国と、飛散量の悪さ加減が常識の国で、人の努力の姿で悪さ加減はまだ「原子力安全基準の機関」がすり替え理論でまだ悪くてもよいとする世論操作がはじまらないことを祈念しています。

第4期の量子論へ扉がひらかれたようです。今まで「守り型」で、本流から消され、顕在化できなかった多くの先人の智慧が地球の未来のために花開くことを待望しています。
2011.04.11で「履歴」の記入は終了します。
多くの制御型人財の情報が随処で公開されるようになってきました。実務の中でいかされることを祈念しています。

◎A志援も現実処理のコンテンツ作成する本来業務に戻ります
 

 

 

 

 

 

 
    

商品一覧