開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

来訪者専用コンテンツの目的

■A志援サイト来訪者専用コンテンツの目的      080401

A志援人材人財の価値基準>A志援サイト来訪者専用コンテンツの目的
 




更新 2013.03.12

「A志援-人財.com」をご活用いただきありがとうございます。


●目的
目的はあなたが企業の安定業績基盤を構築できる人財に成長するためのコンテンツ一覧。
A志援が臨床し検証済の成功確率の高いコンテンツを独自に整理した内容です。
多くの体験した周囲の知識智慧を活かす中で行動の生産性が高いもの。
あなたの知恵との融合素材にすると成功確率は上がる。


 「着実に制御型人財に成長する」

あなたの専用の智慧コンテンツとして活かしはじめてください。
必要な部分だけ、自分流に加工して活用するための素材を提供しています。

自分の智慧袋として活用すると、あなたと周囲に何かが変わりはじめます。

コンテンツの組立ては、あなたの思考体系で、成長プロセスを想定して組立てて
下さい。臨床実証の行動により、自分流にその成長段階に適応して成長軌道を
修正してください。成長段階の節目でトリガーが機能します。

多くのサイトのように「コンテンツ検索機能」を付けません。

検索で得た知識は実力とは異なる次元のもので、仮想の知識のレベルです。
他の情報に、無意識ですり替えられ、常にプラス進化をするとは限りません。
あなたの総能力とは別次元の時間軸で変容し、その時の高いレベルは再現
確率は45%以下、その時の組織の総能力がプラスに機能しただけです。
蛇行型で、出会った情報のパワーで改悪されて価値判断が変容する場合もある
確率は高い。
未知の問題解決のために重点集中行動とは一点に焦点を収束し、総能力を発揮
する時はムリ・ムダ・ムラを統合・統覚し行動する必要があるためです。
連想的に一定方向に思考のベクトルを向け最適深度まで短時間集中整合行動が
必要なためです。

今最適なものを探し出すプロセスのムダ(間)が脳の回路の高度化と、行動を結び
つける機能を進化させることが出来るために、必要な反復定着と時間が必要です。
A志援のサイトは、多機能回路で活用できる組合せの連続的コンテンツです。
実戦のレベルが乖離する確率を少なくし、実戦できるの能力が知識を活かした知恵
としてレベルアップすると、あなたが外部のハロー現象に幻惑されたり、強烈な師に
より催眠状態になったり、錯覚に陥らない価値判断力を無限にレベルアップ向かって
成長出来始めます。
本質の核心を正しく突ける確率が高くなるよう、シンプル化を探求しています。
実戦スピードを周囲の倍速以上に加速できるコンテンツ構成になっています。

ただし、常に「ひまわり」のように、組織の本流の中で、あなたの現実にある実戦
総能力量の80%以下で当面する分野の問題解決を本流の上限下限内で自在に
制御できる人生の安全走行を目的としています。必ずプラス領域の方向に気づく
確率が高くなっています。ただし、実戦臨床しなければ机上の空論との違いは
気づけません。常に「ひまわり」のように太陽(本流)に向き、組織の総能力を活かす
方法が、時間軸の経過とともに大きなプラス領域がムリ・ムダ・ムラなく拡大し実績
を上げられ、周囲に評価され、家族も含め共にに豊な柔行動のしくみができる確率は
高い。ただし、周囲の人より実戦総能力量が130%以上を常に上限拡大行動にする
必要があります。

現実の多数決組織は勝ち残るために組織固有の価値判断順位があります。周囲から変に見える場合が
ありますが、その時潮流の中の必然行動です。プラス領域と矛盾し、それに気づく人のすうが組織中で
30%以下の少数派の場合、周囲の価値基準に合わせる目的で「バカ賢」を演じ、誰でも見えるバカさを
見せておくことが必要な場合があります。55%以上の多数派になり軌道をかえるための瞬発力のポテン
シャルを蓄積する時期と割り切り、本意でない行動を「我慢、耐える」潜在脳を抑える方向でなく、プラス
発想で時が必要としてくれている必然の時間と捉え、平常心で自然な行動でき修行に専念してください。
本流から危険人物としてマークされた場合は、その組織で貢献できるすばらしい能力を発揮できないまま
年を経て、現実の成果はすべて本流の他人の実績になります。組織を離れて気づく人生になる確率が
高い。
20%以上の安全度をもって実戦すると想定以上の実現量が周囲の力をシナジー効果とした増幅させると
プラスの人生を歩める確率は高くなります。正論は、周囲が共鳴共振共動するようにその時の最適に
制御する能力があなたの人生の成功量格差になります。
周囲の55%以上がプラス領域思考でない場合、時を待つために、プラス領域思考行動が55%に反転
するまで、周囲を換える共鳴共振共働する人の数を揃えるために、「バカ賢」を演じ、マイナス領域の
先導グループから欠点部分だけを見て「無視」される時間が必要な場合があります。
「時を待つ修行の時間がある確率は高い。「出る杭」行動は剛行動で、必ず反作用(敵味方現象)が生じ、成功してもその時の先導者と同じ道を歩む時が来る確率は高い。(剛行動をした為政者の顛末を世界の
歴史から見れば誰でも気づける現象の一つです。)


外部環境に左右されず、どんな悪環境も必ずプラスゼロ(+0)以上プラス領域で活躍
できる実証済みの内容です。

自分から変わり、傍(はた)を豊に変える人財に成長されることを祈念しています。


成長段階に応じて、当面する課題を一つひとつ解決する時、あなたの確信、決断
を速めるために「深い情報、広い情報、プラスαを想定した相対比較の情報」を
探すスピードと深度深堀スピードの加速確率が高くなる工夫がしてあります。

あなた流に、あなたがA志援専用サイを、必ず自在に活かせるようになります。
想定以上の成功実績がうまれる確率は高い内容になっています。

すでに、小さい成功実績を出した人たちは、毎月100アクセス以上、6ヶ月間隔で
アクセス数を比較すると、今のアクセス数が、加速度的に増えてきています。 


選択基準 
   財政破綻から再生する「日本国」を実現できる超人財の多数輩出。
  「経営判断の優先順位」は、政治・宗教・主義等の価値観は除いてあります。
    日本語の理解できる日本人外の人財は、政治・宗教・主義等が優先する      
     国に属する場合、必ず自国自社の価値判断に選別修正し、自国の価値判断に
  合わせて下さい。常に国の本流で活躍する人財成長を待望するからです。
  必ず補正をお願いします。未来価値判断が変化する都度補正し「時」を待ち
  十分以上の準備期間が成否の分岐点です。実行量差は誰でもわかります。



 ◎あなた専用サイトの全体構成は
       ↓クリック
    「トップページ」 をご覧下さい。

 
◎地域で活躍する制御型人財になりたい人は
  
知識、知恵レベルを世界の最先端レベルに「持続的高質の真似した価値基準行動基準」
    で、実体社会を変えるための地域に貢献し、共に豊かになるために、地域密着CATVの
    機能を球心に地域のインフラを統合し、勉強仲間、行動仲間だけで固有技術を協業した
    6次産業(第四次産業)複合食品産業の中で、実戦の場で匠・プロの制御型人財をめざし
    て、傍が豊かになる変化を、冷厳な結果として、共に本音で喜べる段階まで成長できる
    知行合一整合成長のプロセスを歩む方向は、21世紀の情報量「ゼタ時代」の実体社会の
    社会d、日本の財政破綻に、富国殖産貢献する独りとして、たった一度の人生を、最高
    段階で、時代に継承できる成功確率の高いプロセスの一つです。

   ○地域は複合食品産業を基幹に勝つ

   ○創市場、創客は天災、人災、グルーバル環境下で勝つ突破口

   ○戦略的多分野制御型人財数を大量に増やす

 


20世紀まだ公開情報が少なく信頼度の高いものは僅少で、想像を絶する長時間の時間をかけて探し、
確信情報目標の60%段階で結果をだす行動に着手し、壁破りに着手し、解決できた成功プロセス、
しくみを成長段階で進化させた段階を基準にして整理してあります。

21世紀今なら、私一人でさえこのA志援のサイト内容まで短期間で揃えることができました。
情報公開内容が短期で波及伝播し、公開者の知恵にプラスαを付加し、さらに次の成長へのトリガー
となることに気づく人が加速度的に増加してきました。
より高いレベルに進化する儲かる集団(企業団体行政等)ほど成功への成功確率の高い情報源を持ち
ています。勝つからその情報源量が多くなることと相関関係があります。
まだ未知の実戦行動の場合は自力では高い障壁と思い込む問題解決テーマばかりです。
すでにそのレベルの問題解決をした集団は、解決できるしくみシステム人に変化して、日常行動になって
います。その集団を観(診)ると、自力で模索するより「もうちょっと早く突破出来る確率は加速度的に高く
なってきます。検索エンジンの進化により成功確率の高い集団が世界規模で加速度てき増大する現象
と相関関係があります。
後発集団で投資能力で、中小企業レベルより短期に中堅レベルまでの総能力量を実現できる時代が
21世紀の「不況⇒普況」現象です。
国内だけで業績基盤にする75%以上の中小企業で第一次産業、第二次産業の場合は、直接、地域
規模の第三次産業の場合、海外・国内の業績基盤を持つ企業とTPPにより何か起こり、貧富の差が
加速度的にはじまることを覚悟して、最適規模で、経常利益を黒字にすることを急ぐことが急務です。
拠点数の早期の適正規模で黒字化するか、できない場合は統合撤退を急ぎ、止血(赤字を止める)を
急ぐときがきています。机上の人は大企業病(少量変量高非効率、IT崇拝で無駄な高額投資優位
の思想)経済界は大企業(海外拠点を持ち国内の市場を外国と連携して制覇する企業が優位)の
時代は、大企業思想で育つた為政者群が優位な時代は、TPPに対して、最悪(どしゃ降りの雨)を
想定した経営に軌道を換えることを急いで下さい。あなたの企業から想定以上の短期で事業の軌道を
変えはじめることを待望しています。
日本国が晴れ(国家財政が持続的に黒字化できる法人税収のしくみ、中流層の増加、貧困層の減少)
とは別次元で、平等という名目で、急速に貧困化数は増大が始まり、富裕層は益々富裕がはじまる
確率は高くなりました。


20世紀代の主流、守秘、自分だけの知恵にして、自分だけの進化にこだわり、周囲の進化とズレに気づ
かず、過去の当時の最先端企業が、ゆで蛙になり、倒産軌道や、日本で通用しないため、まだ価値が
通用する海外へ事業の本流をシフトしなけらばならない企業が増えてきました。

ホームページを観れば、自社が継続的進化をし、事業化(公開)がどの程度まで成長しており、取引しても
安心できる確率が高いことを説得ではなく、納得できるように、定期的に進化させています。古いCPでも
閲覧できる部分を残してあります。最近テキスト型で、その会社と取引するための決裁企画書にその
部分を特に引用できるようにした企業もでてきました。ホームページが営業パーソンを支援する商品知識
や高単価製品知識の補完、補足をするものさえ出てきました。


Googleが先導役として、世界の検索機能は加速度的に進化した潮流にマッチングさせてA志援サイト
は進化でき、多くの世界の人財を目指す人が活用していただき、既に150万アクセスを超え、15万人
以上に人が来訪し、客数は5万人を超え、リピート来訪率は65%を超えてきました。
Googleの過速度的進化がなければ、従来のキーワード検索だけでは存在さえ気づく人は、なかった
「ブランド力ゼロ」にしたサイトでした。いつもGoogleに感謝しています。
A志援のようなサイトが世界に成長してきています。「人財を目指すあなた」はA志援との出会いできた
すばらしい能力(強み)を21世紀さらに洗練されることを待望しています。


創客・人財に関する臨床検証確証済の成功確率の高いコンテンツを独自に整理
した内容です。黒字企業を永続させるための先行指標です。赤字企業は、黒字化
する総能力不足のためで、他に投資しても投資効果はでない刹那型黒字となり、
反作用として、赤字化加速度増大する時がきます。

経営実戦の場で、臨床、検証済みの成功確率が高い内容を選別します。

事例は、A志援サイトの来訪者があるところを優先に、共に豊になれるように
紹介します。

「知行一致」現役実務人財に絞り、A志援の価値判断を超える多くの人財を待望し、
その開眼のトリガー(引き金)を常に最先端を探しコンテンツを準備します。
(スタートは日本国・日本語から創めます。)

◎コンテンツの内容をミクロミクロの段階まで先鋭化するために、高い品質維持と
個別志援のために対象者が会員の範囲を明確化し、会員一人ひとりの個別情報を
汎用化し、共有化情報の形にし、応用実戦展開人数が増える方法を採ります。 

      
A志援の内容をさらに実践修正し進化できる可能性が高い「知行一致」の実務人財
で周囲を共に豊にできる現地現場で実戦・実践が継続できる実務家の方がさらに
応用活用しやすく次々と気づきが湧くようになっています。


コンテンツを進化させるために、随時追加、内容の修正追加することがあります。

定期的に関心あるテーマをご覧いただき、実戦成功量の増加を待望しています。


◎活用のテーマはトップページに集約してあります。
     

    原点回帰、定期的にトップページを観て、各コンテンツをご覧下さい。

 会社のパソコン活用から、自宅の個人パソコンから問題解決やプロジェクト構想を
 じっくり 練る会員が増えてきました。休日のアクセス数が増加してきました。

  会員の皆様の実行クセの左脳中心の垂直思考を軸として、右脳を活かし、飛躍
  思考へランクアップするための水平思考をWebの長所である自在なゆらぎで、
 新たな構想(仮説)と実行の具体的プロセスと現実実現している先人の智慧技術
 を短時間で組立てできるようにしてあります。

 自社に先例が少ない問題を解決する上で、業績責任、集団の経営陣でない場合方は
 「使用時間量のため探求能力の90%程度以下で妥協満足の方は 多くの検索機能を備えた
 サイトを重点に活用してください。ムダ・ムラ・ムリの汗をかきたくない人は、他のサイトの活用
 の方が時間生産性た高いので、目的のテーマがなければ他のサイトへアクセスを推奨します。

 今必要なテーマだけに絞り、次のテーマ解決や壁を破りたいとき 再度の来訪をお奨めします。

 集団の責任度の高い方は、時間、複合閲覧の必要です。「あなた専用サイト」の機能が必要になります。

 業務時間外の自宅個人のパソコン(会社管理に入ってないもの)でじっくり時間をかけて探求してください。
 追加コンテンツ、内容の根幹更新の場合は「新着情報」で確認できる方式を採ります。
   
 多忙な時代の労働生産性追及時代です。20世紀代の上司経営陣の時間の活かし方では企業人として
 生き残れなくなりました。メール処理を含めるとCPの前の時間が長くなりました。
  
   ・会社のCPではHP使用時間が長くなり、評価はマイナスになるしくみ企業が増えました。
    業務時間内、残業時間はもっと生産性が現実に出るほうを優先してください。
    コンサルタントのような業種の方も他の社員は、自分たち同様な次元で遊んでいるとしか
    評価しません。
   ・特定のサイトの会員への入会は無料でも内部統制、セキュリティ等のテーマで上司決裁項目に
    なる企業が増え、特定部門だけが可能な企業が増えてきました。
 
  
           
           ↓クリック

    「トップページ」 をご覧下さい。

 

   
◎コンテンツ選択の基準 

30年数年第一線で活躍する外部が評価するゼネラルコンサルタントが公開理論を
検証確証する目的で、本人は多忙なため、工数がかかる未経験テーマを現地現場で
その理論を実践し、成果つまりその理論が成功確率が高いことを証明したり、新事業
創業の手順を実現したり、短期人財育成手法の現場で証明する、表舞台の彼らの黒子、
成功成果評価は全て「表舞台の人財のものになる」役割です。
   
多種類の業績責任ある業務兼任で、「社内コンサルタント」として 実戦実践し実現し、
後継人財を育て、引継いだ、臨床確証検証済のコンテンツを紹介します。
縁ある企業、拠点、新規事業部門、縁ある人材の人財化をしました。
現状正しく認識し、長所を探し伸ばし、短所を押さえると必ず善循環の軌道に入ります。


「孟母三遷」から始まり、「前例のない未知を現実化させる」
「賛成1反対9の 四面楚歌の中で反対9を賛成させる臨床での成功事例を構築」  
「赤字慢性拠点で 火中に栗を拾わされ 黒字化と継続基盤のスタート」
「虎穴の中に入れられる」   「深い谷に落とされる」 

      
超一流の「知行一致」人財を目指し、決められたことは素直に「はい」で受け入れ、
強い意志力で、社内外の総能力を活かし、必ず実行・実現するために、
絶えず自に重荷を課し、自ら衆人環視の前にあるいは断崖絶壁の前に立たせ、
当面する仕事に、全身全霊を打ち込む心のわりきりをして、自社に先例のない
問題解決の成功事例を創り続けた突破事例の中で選択しました。

  ・シンプルな体系化 汎用化して現地現場で活きる内容を重点にしました。
  ・不易の基本原理、流行の応用原理
  ・世界標準を超え、世界企業と拮抗できる人財への成長 
  ・経営者経営陣としての素養・能力・品格
  ・高単価品の販売能力を身につける
  ・その他



◎人財サイトは 2つのテーマで構築してあります。

 1.サイトはチェンジの構想を整理するための「テーマ別専用コンテンツ」
  左脳型:デジタル思考を重点に構築してあります。

    (1) 多くの個別テーマに特化した類似サイトが 日本、世界にありますが、最先端を価値基準にし
     「玉(ぎょく)だけで石(いし)がない」ように 一人だけ価値判断で構築したサイトは希少です。
     会員の皆様の成長段階に応じて、自分流の内容に修正でき、あなただけの固有内容を構築
     出来やすくしてあります。

  (2)創市場創客に関する内容は事例中心です。問題解決のための全体フレームを組み立てるのに
    役立ちます。テーマの難易度、規模が拡大すると、複合的にコンテンツが活かせはじめます。

  (3)身近な範囲の当面するフレーム構想により、小さな成功体験を重ね始めると、構想の抑えるべき
    ポイントが浮かびやすくなり、大きなプロジェクトのフレームも構築出来やすくなります。
    「勝てば強くなる」。自分が主導で組み立てたテーマが達成、成功できると「ワクワク」してきます。

  (4)マインドマップ等で仮想思考を整理したテーマ別を分担し、具体的な実現できる実務に活かす
    ための架け橋となるコンテンツです。多くの解決の切り口を探す複合的窓を準備してあります。

  (5)「創市場創客」を実現するためにで組み立てたフレームワーク構想の実現度確率を上げるために、
    さらに専門性、総合性を探求するためのサイトです。大プロジェクトを解決する価値基準で構築して
    あります。

    「創市場創客」に事例の内容では最高90%まで、それ以上成功確率を上げるあなたの成長度合。、
    超制御人財を目指す場合はあとの時間と工数のかかる非効率な10%の追求のためのコンテンツです。

    自分の判断に対する検証確信まで高めるためには、時間効率を無視した、徹底的検証が必要です。
    「寝てもさめてもいつもテーマ解決の核心を探し決断しなけらばならない人」のためです。
    テーマ解決実現の、「背骨づくり(決断基準)をするために、膨大な検討情報が必要ですが、体系化、
    事例化して集約してあります。 会員サイトと同等の質のコンテンツに出会わない人の場合、一定
    基準以上の精度で探すと玉石混交の情報洪水の中では無限時間に相当するはずです。
    逆に、テーマ解決をさせない阻止情報に幻惑される場合があります。

    大規模のプロジェクトは高度のしくみシステムと多くの人組み遂行されます。軌道を正しく制御する
    ためには内部の外圧勢力(反対勢力の経営陣)を味方にして、押し切るだけの確信と思い込み力
    が成功不成功、成功のレベルを妥協程度でお茶を濁すかの分水嶺になります。

    90%を超えると、社内は勿論外部にも公開された先例は少なくなります。会員サイトでテーマに関連
    する多くの情報を相対比較し核心のポイントを掴む眼を鍛え続けると、ある段階から、会員サイトを
    複合的に短時間チェックできるようになり、詭弁ではない、成功へ導くためのディベート法ができるよう
    になります。

  (6)「A志援-人財.com」の価値に気づく人が加速度的にふえてきました。
     サイトを自らのツールの一つとして更に一ランク上の活用を待望します。
     解決したいテーマを自らの力で突破できる能力が身についてきます。


    @官庁、行政、特に多くの県、市、町村からのアクセス
    A日本の先端、有名、実績のある首都圏、地方の大学、大学院からのアクセス
     大学のネットワークからのアクセス 
    B小学校、中学校、高校や県の教育共有ネットワークからのアクセス
    C学会、団体、研究機関からのアクセス
   
    D調査会社、コンサルタント会社、銀行証券会社、保険会社が必要なとき集中活用する頻度が
     上がってきました。

     調査会社、コンサルタントの分析手法に必要なテーマはコンテンツの中にあります。
     企業の開発部門、戦略部門、企画部門の方はさらに1ランク上の活用を待望します。

    E企業内で創市場、創客実績が出てきた人が増えてきました。

      100年に一度の世界不況のために、どの企業も業績が悪いという情報に幻惑されず、きちんと
      自社の業績基盤を構築する千載一隅チャンスのときです。(実体、自己責任強化)
      要領よく業績を上げていた人たちが「映画のセット型(中身のない贋作)、本物型か白日の元で
      わかる時期です。会員のあなたが制御人財の真価を発揮する時です。
      会員サイトは、環境エリアに依存しない、どんな環境下でもきちんと業績貢献できる臨床済みの
      確率の高いコンテンツに関連する内容です。
      さらに、会員の皆様がプラスαを負荷すると、さらに成功確率は高くなります。

      日本は、2011.03.11の東日本大震災、福島原発事故、超円高、世界のどの国以上の世界観から
      日本に貢献し、その暗黙知が、世界に貢献できる、世界に比肩できるベクトル方向へ制御する
      人財が多数輩出することを待望しています。


 2.その内容をフレームにして、先人の知恵、知識で照合するための「智慧本で成長」
  というコンテンツがあります。 自分の智慧化を加速し今働く仕事の場で、実戦力を
  上げ実績、業績貢献できるための、「知から行へ変える架け橋」の役割が出来る
  ようにしてあります。左脳型の価値判断をアップするための内容に絞ってあります。

  右脳型アナログ思考である、直接理屈では価値判断を変えることが出きない
  政治、経済、金融、宗教、思想、主義、、性、善悪 等 は 人間の進化が不明確な
  アナログテーマであるため、サイトの本質追求が偏光しないために他のサイトをご活用下さい。
  しかし、現実の世界を動かす50%以上の要素であり、事業計画が未達成になる要因です。
  経営手法が中小企業の多くの現実段階で成功確率が下がる真因要素です。
  海外市場を業績の一部とする大企業の場合、連結型企業も同様です。  

  A志援の場合幸いに 時代の変化スピードが遅い20世紀代であったため長期間をかけて、
  直接四面楚歌の中で、これらのテーマに多数、複合的に広く深く接する機会があり、右脳は、
  シンプル化しプラス発想で割り切れる量が多くなりました。
  本音と建前を一致させる修行は今も 継続し進化を目指しています。、
  蛇行しながら現在の世界観宇宙観での思考が出来るようになりましたが、21世紀代の会員の
  皆様は、現地現場での少量の臨床確認とGoogleの「本の検索」や検索エンジンを活かし、
  21世紀のツールを活かして 「自分ならどうすべきか」価値基準を段階的に上げてください。  


   
  左脳型でフレームを組み立てると、最後の決断、好き嫌い型アナログ要素(右脳)の強い人と
  人の集団である組織運営の最適な手法が観えてきます。率先垂範力が上がります。
  日本人特有の全体主義で個人をコントロールする組織優先の手法で戦略的人材人財育成により 
  個人の価値判断とは異なる次元で企業を運営制御できる確率は高い。


  今存在する現実環境(自力では変えられない他力要素)を素直に受け入れ、
  適応しながら成功確率を上げるために、その要因のプラス要素、良い面は活かし
  ながら、デジタル化しなければなりません。机上と現実は違います。
  最悪(下限)を想定して事業計画を立てる、下限の仮説精度が成功確率を変えます。

  そのためには、A志援サイトに掲載を割愛した右脳型のテーマは世界規模で徹底的に
  学ぶことが超人財になる必要な方向です。

  Googleの「本の検索」で、相対比較しながら集中的にその本質追求ができる
  しくみができました。長期間をかけて、蛇行しながら臨床し成長してきた右脳価値判断の
  向上を、少ない体系的臨床試験と臨床の複合実行で右脳に高いレベルの価値判断を
  思い込ませる可能性がでてきました。

  本の電子化書籍は、人間の価値判断変化軸で生涯時間の中で想定以上の時間のムダが生じ、
  人の後塵を拝する確率が高い欠陥に気づくことを待望しています。

  
  成長を続ける優れた会員のあなたが周囲に共鳴、共振、共働する人の数を増殖させ
  ることを待望しています。宇宙観、世界観の視点で観(診)と何が日本国にとってプラスか
  マイナスか最善が、最適かわかるようになりはじめます。

  

  
  右脳の価値判断(思い込み)が他人の思考に支配され完全固定化される前に、
     まだ柔軟性がある段階に、周囲に影響される度合を抑さえ、自力で
  成長することの出来る可能性の高い時点を見極めることが分水嶺です。

  
  A志援サイト来訪者なら実現確率は高い人です。無限に成長する制御人財
  の輩出を待望しています。


 





   ◎軌道が急激に上昇方向に変わる仰角は、責任度の大きさとテーマの規模
    組織、システムの大きさにより角度はことなります。実績、業績貢献すること
    「勝てば強くなる」の言葉通り善循環加速を始めます。

       ◎上記図の用語変化(2011.9.30から)
    1.「A志援-創客人財.com」サイト ⇒「検索エンジンの最近付加充実してきた機能活用」 
     企業事例中心のサイトでしたが、多く類似サイトが増加し、当初の存在価値が少なくなり、
      他のサイトとの格差が少なくなり、検索エンジンさえ、類似機能が搭載され進化してきました
      ので閉鎖しました。
      ●この成長段階段階までは、「付加された検索エンジン」機能を活かすと,企業事例が無限で
       あなたの目的の最適な事例と出会う確率は高くなりました。

     2.「A志援-会員サイト」 ⇒「あなたがアクセスしているA志援-人財.com」
      
「A志援-創客人財.com」サイトの中で、検索エンジン・他のサイトでは構築できない内容を
       追加コンテンツとして付加し、人財として存在価値が誰でも見える化できる評価される創市場
       創客分野の内容をより成功確率が高くなるようプラスαを付加します。
 


   

   
 ■A志援のミッション(任務)

  一隅を照らす燈台として
  
 企業が成長する・人財が輩出するための
 未来への最先端の道標を創ります。

   実現のための最先端智慧・機能を最適に駆使し、
  集団の総人財能力を最大に発揮し、秀でた成果を
  進化し続けるオルガナイザー(形成体)となるための
  総合コンダクター兼高性能カタライザーの役割。 
 
(名曲を奏でる楽団・集団の指揮者、新形成のための最適反応促進の触媒)

    A志援サイトを活かすと 物心共に儲かり
  ”あなた”の縁ある環境が豊かになり初めます!

    

”あなた”が 現状にふさわしい最適な智慧を活かせば、想定外スピードで実現できます。


  情報洪水の中から必要情報を探す生産性の低い必要作業から”あなた”を解放し、

 A志援開眼サイト経由で、探すと高度な専門情報まで短時間で探し当てる事ができるよう
 カテゴリーに工夫をしました。
 多くの事業を展開する集約型情報源として活かせます。
 紹介した優秀企業・団体・智慧本等から展開のための具体的イメージづくりができます。


 ”あなた”の成長スピードに合わせ、サイトの”カイゼン”スピードを上げ続けることが
  出来ます。世界的なプロジェクトの突破口探しの情報も揃えてあります。

 ”あなた”の価値判断レベルが 超一流を目指し成長できるようふさわしい智慧
  限定します

 

■3つの視点を常に意識して経営戦略・戦術・戦闘の
  選び方が重要です。ただし、最適総人財数が格差になります。

 

    
   ◇経営戦略:「しくみ-知識の統覚」 格差は無限
          「なかみ-先人の智慧の統覚」 格差は無限
          「金の力-投資力」 格差は無限
          「時間」 人一代は有限、企業存続は無限 

  ◇経営戦術:『「しくみ」と「なかみ」の組み合わせ方』は無限

  ◇経営戦闘:経営戦略と経営戦術を整合するのは人の叡智を
          結集し実戦(実践)度合いで格差がでる。
          ミッション実現度は 人の総能力量で変わる。
  
  ◎戦略的人財成長のしくみ:”必ず成長スピードが上がり達成量は
                    増大します。”
  
 


            

 
■視野・視点・価値基準を変え、能力を変え、実行量を変える着眼!

  「一人ではなにも出来ない」は自らに壁をつくり、限界を創ります。
  「一人からはじめると、何かができはじめます。」

  ●視野とは 一人の影響範囲 一人が観・診える範囲

  ●視点とは 一人の成長段階で異なり、超一流・無限の域になると
          視野は拡大してきます。
          視点を変えると周囲の観・診え方が変わり、価値判断が
          変わりはじめます。正しさ、思い込みの基準も変わります。   

  ●価値基準 一人が変われば、周囲の一人が変わり、鼠算で周囲が
          変わりはじめます。自ら発振する音源・機能源が集団と
          共鳴・共振すると名曲を発し・すばらしい成果がでます。
          集団の最適のための総合コンダクターの価値判断の高さで
          派生する内容、価値はことなります。構成する人・ものかねが
          異なり、音符の異なる音楽の違いと類似しています。 
          
          その段階から、周囲が全体最適のため一人一人の視野・視点
          の制約は集団のリーダー・ディレクターの力量に依存しはじめます。

          全体最適の価値基準は、企業の経営陣、地域団体の指導陣
          政府国家の指導陣、宗教の指導陣等多くの集団の価値判断が
          最優先されるようになります。他の集団から観・診ると多様で
          違和感がある場合もあります。

          あなたの視点をどこに採るかにより、日常の行動は変わります。
          すべて、あなたの今の段階で最適行動をしているだけです。
  

  ◎視点をより高くできる多くの人財の成長をA志援は待望しています。
 
        
    周囲への「やさしさ」は「やせるおもい」がともないます。
    より大きい「やさしさ」を発揮するためには、より強い部分を創る必要
    があります。

    すでに3つの余裕がある方の多くが 視点を1ランクあげる時代が
    来ています。優先すべきテーマも先人の智慧の中で具体的実践
    の方向性を考え、実行にとりかかる人、集団が働きはじめました。

    ステップ3 最低でも人類の「我」を優先し生き残る分水嶺の選択
           猶予の限界が近づきました。人類の環境破壊の加速
           のために、安心安全な方法を採り実行する時期にきました。
           (地球的視点、人類以外の生物の存亡も同時並列で行う
           必要がありますが、まず「人類」からはじめないと、なにも
           できません。)

    
         
◎5つの余裕のすべてをもつ集団の働きの加速を待望します。
      1つ、複数の人も視点を変える働きの加速を待望します。
 

        1.財力に余裕がある人、集団
             2.知力に余裕がある人、集団 
             3.智慧に余裕がある人、集団
             4.実戦に余裕がある人、集団
      5.組織を働かす余裕がある人、集団



     ステップ1  地域・企業の存亡を価値基準とする。 -

    ステップ2 日本(国)の存亡を価値基準とする。  -

    ステップ3 人類の存亡を価値基準とする。     △

    ステップ4 地球の存亡を価値基準とする。     ○

    ステップ5 宇宙の最適を価値基準とする。     ◎ 




 

      


商品一覧