開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

総合人材育成システムの確立

■総合人材育成システムの確立

 自分を変え周囲が変わる価値判断>総合人材育成システムの確立





企業の総合的人材育成のシステムは業務の中で人が成長する
ための善循環のルートを構築し、持続的に個人、組織が成長
できるようにするために、自社の人に関係する要素因子を大局
から整理することがからはじまります。

企業の総合的人材育成のシステムの着眼。目的は組織の人組合せが
最大の行動機能を発揮させ、組織外との競争に勝ち残るためです。
国際競争の時代、世界観視点で、どんな環境下でも国を構成する
組織人が全員自力で生き残れる戦略的組織人の成長しくみシステムと
組織内個人が自力で生き残れるようにすることです。
財政危機逼迫、末期的国で他国の支援に感謝すらできない他力に要求する
人を育てる富裕な国の幻想を捨てさせることが個人の膨張した生活をせず、
自分は例外で、国他力への要求を最優先する人の多くが見え現象は、何か
変な結果の一つです。
視点を世界観に切り替えると、多数決時代、国をプラス領域にする行動を採れる
個人の数が55%以上の早期にしたければならないことに気づく確率は高い。
個人が変わらなければ、多数優位で「なんでもあり」の組織は、プラス領域へ
変わる確率は49%以下であることに気づけます。
構成する細胞の異常、部分増殖し、部分機関機能が55%以上異常になった
段階で、身体の全体の整合された部分機関は正常機能が異常か頻度を
増やし、健全を破壊させ、精神もマイナス領域が70%以上になると寿命の
短縮現象として、身体の本来の復元機能は49%以下に低下し、加速度的
に死を迎える時期が早まる現象と酷似しています。
自由の本質が変容し個人主義、放任型規制の本質が欠落した人の数が
55%を超える徴候がでてきた時代の現在は、異常例外ではなく普通に
近づいただけです。日本のような人口減少をし、今の精神身体を維持できず
時間とともに減衰する高齢人口が増加し、情報氾濫で、高齢者の刹那的
周囲を巻き込むブランド力を活かす異常行動の増加と若い世代の異常数の
増加が、10歳までの幼児教育環境をすでに父兄の異常で普通の先生では
幼児を制御できないクラス・学年・学校・地域さえ見える徴候がでてきました。

●A志援サイトに来訪(アクセス)できた素晴らしい人財のあなたから世界観
視点で、あなたが今何を最優先にした方が、あなたの傍、組織、企業、日本国
日本国が世界に貢献し、世界がプラス領域へ変わるベクトル方向を向ける
一つになることを待望しています。

「世界観で自分の行動をもうちょっと変える」


更新 2011.07.04

総合的な人材・人財を日常の中で成長定着させるための事例 

 ◎中小企業型 「人が組織を動かす場合」

    中堅・大企業も部門、小拠点、子会社、関連企業(中小企業)も有効

  売上規模が50億を超えると個人の要素から組織による人材・人財の
  相乗効果、安定業績基盤を維持発展する形へ修正が必要。

  
20世紀代の集約図です。全体を整合するフローづくりに役立ちます。

   コンピュータを活用して戦略的人材育成のプログラムを構築している企業が多い
   時代ですが、21世紀急速に育った若い世代の知識や外部の連携機能を活かし
   しくみシステムの中に組み込むと、新しい、自社にふさわしい人材成長のプロセス
   システムが構築できる確率は高い。

   プラットフォーム型の万国共有可能で、自社の枝葉のデータのインターフェイス
   で、日々成功確率を高めるシステムも出来できました。

       この事例は、右型上がりの業界、20世紀代の景気利潤が潤沢で、
   競合他社の人材成長が遅い時代の、社内の60%を構成する基盤人材を
   対象にしたものです。業績基盤安定し、ブランド力があり、世界の競合の
   中でのフレームの一つです。

   
●日本国内・地域を優位の業績基盤し、地域の人を働く人として活用
する中小企業は、狩猟民族優位のコンピュータ評価基準の要素(因子)を
そろそろ補正、修正が必要な時代がきてきます。
企業全体の創市場、創客総能力量を最大化し、右型上がりの拡大ができる
企業内の重点行動し、新規実績(数優位、金額は客累計評価)組織優位、
組織内行動を優先した、組織管理外新規実績(数優位、3年累計の70%
個人の金額評価優位(新規継承者評価は最大30%し、実績が継続する
限り40%は持続累積させる。新規担当者で、他の人に顧客を譲る人の
評価がバカバカしくならないようにする)組織の管理する顧客で5年以上
休眠した客は、新規客として、組織内管理し、未登録新規の80%として
評価する)展示会スポット客、イベントスポット客は、組織管理の新規客
とする。ただし、未登録客を、新規で個別DM・アプローチをして参加させる
行動をして場合は 100%新規とする。商談、経営相談等への誘導も
個人管理の客とする。組織の個人への割り当て客は3年以上実績が
ない場合は、相性をみて他の人の再配分する。そのとき、実績が出た
場合、100%新担当者の新規実績とする。前任者実績はゼロとする。

金融、消費財、小売、卸売、消費者対象の完成品(B to B は除く)業界
業態では、自社の制御型人財の評価を優位にし、個人より組織行動優位
の評価へ切り替えないと、日本民族の遺伝子にある猛攻民族として強み
が、減衰し、オーナー型経営者が存在できない、世界の超富裕な人、国
に組み込まれ、日本国のものづくり、いきものづくりは、完成品が自給
できない、輸入、観光等他力依存の薄氷の財政基盤の小国になる未来は
加速度的に近づいています。日本国を優位にする価値判断行動総量が
極度のすくなく、海外の言うまま、国、80%以上の国民疲弊より、海外
拠点を持つすでに自力力がある、日本国の総人数の多くが疲弊を考える
思考の乏しく、欠落し、海外のメッセンジャ-思考優位な人(教育基盤価値
判断体質で洗脳された)さえ加速度増加し、ブランド総能力で、55%を超え
多数決優位の時代に入っています。日本の本流は、中小企業にプラスより
逆風時代に入っています。この環境を普通で、世界の本流の外圧は、戦略的
に日本国力を減衰させ時代に入ったこに気づき、中小企業オーナー経営者
は漢方薬的経営手法を中断し、外科手術的生き残り事業展開に軌道を
修正しなきればならない逼迫の時のようです。

   

右型上がり企業、社員人数が200名を超えると、組織分担が明確化し
はじめ、総合人材システムによる評価基準のその企業へのふさわしさ
は55%を超え、プラス領域の日常の増加が始まる確率は高い。
 金融、消費財、小売、卸売、消費者対象の完成品(B to B は除く)業界
業態以外では、企業の体質で、評価優位要素が不足し、マイナス領域を脱出できる
確率は、わからない。


◎入社前に人材専門性基盤の芽を育てるしくみシステムが充実してきました。

入社後、成長仰角を大きくさせ、自社の人材の思考の壁を超えるトリガー役
として起動させる確率は高い。入社前クセのついたマイナス領域人材をプラス領域
へ換え、成長仰角を高くする矯正の20世紀型人材育成のしくみに固執するより
21世紀型に修正すると、仮想型で模索する時間が短縮できます。、実証検証により、
着実に事業化の成功確率を上げる近道の一つです。
与えられたテーマに挑戦する魅力を知る右脳体験は、強制的帰属と異なる次元です。
長期間自力で育つ人材になり日本人の強みである組織の中で目的的に活きる整合性
が発揮する確率は高い一つです。  

ネットワーク時代は、若い入社前人材で、実務経験ゼロでも、すでに実戦し体系化して身に着けた
長期間の蓄積ノウハウに近い知識を持てるような人を育てるしくみが出来、全国で情報共有が
できるしくみも持ってきています。すべて晴れ環境の知識優位の判断で、現実と少し違いことに
気づいていません。
現実の企業活動が曇り型、雨型、台風、天変地異等があり、30歳までは、理屈は言わず
まず実行し、蓄積した知識を臨床により知恵にかえる、時間をかけた熟成時間をつくる
しくみを付加すると、あなたの企業が21世紀型組織へ変わり始める確率は高い。

大都市圏外の地域の企業の場合、少数精鋭の幹部候補生として、実戦の基本をある一定
期間反復体験させると、社内の人材の成長曲線をある期間から超える成長をする人材が
輩出する確立は高い。自社の「人財」になるかどうかは、仕事の魅力を伝える帰属意識の
高い、ムダ、要領の悪くみえる必要なテーマを徹底的にを教える制御型人財が見守り
育てる支援ができるかどうかが、他社の人財になるかの分岐点となります。
その突破口は、就職前に、地域貢献の魅力、仕事の魅力を育てる産学協同のしくみを
上手に活かすことです。組織に動かされる自分を選ぶ、自分が組織を活かすかどちらを選ぶか
で決まり、地方で法人税をキチント収め、地域に貢献評価されているしくみシステムがある安心
企業なら、個人志向優位の若い世代から選ばれる確率が高い時代に入ってきたことに気づく
ことが成否の分水嶺となります。  A志援ms 2011.07.4


 「技術経営系専門職大学院協議会」

  「国立高等専門学校機構」

  「専門職大学院大学院」

 「農業関連大学&水産大学」

  「世界観大学院大学の活動」

 「若い最先端知識人で地域の知恵を進化」


 ●「グローバル競争を勝ち抜く論文検索」 

    
企業単位では費用対効果で不可能な量を世界の論文を検索し、個人レベルで
   活用できる環境で育つ若い世代の知識の最先端度合に気づき、その知識機能
   を企業で活かす方法を開発する時代がきています。 

 


◎産学官連携を自社の人材成長スピードを加速するために戦略的人材
育成のしくみシステムに組み込む。

 「新連携」で企業使命実現確率が上がる。

 自社の制御型人財を事務局として、自社にふさわしい良いどこだけが社内の定着するように
 経営者経営陣と「新連携」の外部の人機能と調整する役割をする。外部の人機能の、自社に
 補完できる知恵は徹底的に吸収する。あくまでも主導はわが社であり、パートナーとして、
 実務の力発揮のための先人と捉える。多くの成果が出ないで、自社の組織の事業展開
 ベクトルが狂い、修正に時間がかかる「先生」と「生徒」型でなく、協力支援型の人を選ぶ方が
 よい。先生型は経営陣だけの知識教育の範囲に限定し、経営陣が、その内容を自社にふさわしい
 形へ消化したものだけが変更になる方が、成功確率を高める方法です。


◎外部の専門能力を持つ人を、人材育成のプログラムに組み込む。

外部の専門能力を持つ人を自社の業務の執務能力の向上と、処理スピードの向上のために
組込み、パートナーとしての業務連携機能と、実務経験の少ない社員の、執務能力向上のOJT
担当機能を持たせるようにする。特に間接部門の反復業務は紹介派遣型で、わが社にふさわしい
人材は社員化する。IT系の高度の専門性の場合は、請負型で、社員の制御型人財が担当すると
費用対効果が高くなる確率は高い。

「人材アウトソーシングの中で勝ち残る」


◎世界を市場として活躍する制御型人財を多数輩出し、進出国に拠点を
開拓するときに、経営者、経営陣が留意しておく内容

日本国にふさわしい人格形成をさせ、どの国でも人財として評価さえる行動でき、その国の人
その国の本流のなかでプラス領域へかわりはじめ、わが社の事業展開が着実に業績貢献できる
ための素養を、戦略的に養成する必要があります。知識だけでなく、行動能力の向上も重要に
なります。海外で世界観行動を体得すると、国内本社をさらに世界観企業へ変える制御型人財
の役割をできる素養が育ってくる確率は高い。


 「世界観で自分の行動をもうちょっと変える」 


 

カテゴリ一覧
国立高等専門学校機構d
高専は、大学の教育システムとは異なり、社会が必要とする技術者を養成するため、中学校の卒業生を受け入れ、5年間(商船高専は5年半)の一貫教育を行う高等教育機関。科学・技術の更なる進歩に対応できる技術者養成した人間基盤のきちんと構築できた多くの人材が、情報洪水の中でただしく、成長をはじめてきています。
農業関連大学&水産関連大学c
日本の食料自給を実現するために大学大学院から基本素養、実戦の智慧を体得した実務人財の輩出を待望しています。企業が中期ビジョンに基づく事業展開をする決断時にチェックしておくべき情報として重要です。視点を変えて、修正するとき貴重な情報があります。
専門職大学院
専門職大学院は、科学技術の進展や社会・経済のグローバル化に伴う、社会的・国際的に活躍できる高度専門職業人養成へのニーズの高まりに対応するため、高度専門職業人の養成に目的を特化した課程として、2003(平成15)年度に創設されました。特徴としては、理論と実務を架橋した教育を行うことを基本としつつ、少人数教育、双方向的・多方向的な授業、事例研究、現地調査などの実践的な教育方法をとること、研究指導や論文審査は必須としないこと、実務家教員を一定割合置くことなどを制度上定めています。
技術経営(MOT)系専門職大学院協議会d
MOT専門職大学院全体の社会的認知を高めるための取組みの一つとして、MOT協議会と産業界が一体となってMOT教育コア・カリキュラムを開発し、2009(平成21年)度末からMOT専門職大学院で修得すべき必須の教育内容と到達目標・評価基準を公開できるようなりました。
世界観大学院・大学の活動
世界観で経営する大学院・大学の活動により、経済界の中で産学官の活動が、着実に実業の世界で成果を生みはじめてきました。20世紀代と異なる新たな企業内だけでは不足する機能の補完ができるようになってきました。