開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

再発防止に関する行動

■再発防止に関する行動 080318

TOP >カテゴリー一覧>再発防止に関する行動




更新 2013.03.12
 

すべての事故は「人が行動した結果」であり、「人がかかわらない事故」はない。
想定外とは、人が未知の領域だっただけで事前に徴候の頻度があり発生確率が
ゼロでない情報を人は事前に予知し、ふさわしい行動しなかったことが原因です。
すべての事故は、人が自己責任の視点から観(診)るとすべて「人災」の範囲です。

最新の科学、世界の叡智を結集しても、短時間で制御出来ない核分裂を実用化
したハイリスクハイリターン型原子力発電が、20113.11に当時の想定安全率を
超えた天変地異(大津波)のため原発が制御できない状況になり、日本、世界
放射能汚染拡散させました。今もまだ事故対策が持続しています。
「人災」を原因として、再発を防止する方法が現実にあるのでしょうか?
東北大震災の大津波から阿鼻叫喚の中の多くの犠牲者(御霊)を画像から消して
日本人の心の基盤に刷り込む強烈な残像として残すはずの記憶と、再起のための
「気」のエネルギーの日本国の集団組織の増幅機能は減衰され、直接の当事者と
現実に直接関係ある人以外の大多数の人の記憶から短期で風化させたい行動
する人が意識的・無意識的状態で存在しているようです。

直接再発防止の当事者責任ゼロの間接的机上の人が強烈な危機意識による
抜本的な対策、 根因からの再発防止策の総行動量は少く、枝葉末節の小手先
の、茶席普請方式の張りぼて対策で終わらせ、当事者以外短期で風化させる
意識的、無意識的行動が本流にあるようです。

◎ディベートテーマとして世界・地球の集約狭域密集エリアで「稼働可能原子力発電所(核兵器の
信管をはずした状態と同じ、いつでも簡単に異常核分裂ができる)」の事故の抜本的再発防止の
上限規制は、世界の中で「日本だけは今からすべて廃炉の工程に入る」ことが、あらゆる確率論争
の中でで世界宣言として強制する急務」の視点があるのではないか?
世界の最適世界を目指す制御型人財のあなたならどうしますか?
日本の原発事項の抜本的再発防止方向は どうする必要がありますか?


日本は天変地異、かってない短時間集中豪雨、竜巻、ゲリラ雷雲豪雨の頻度増加、東日本大震災
で、震度4以上の地震の頻発、それに誘発され、次の地下の長期安定のためにポテンシャルの歪
を安定化する変化期に入った日本の太平洋岸のプレートの想定外の移動さえ10年以内に起こると
予測する学者が優位になり、各地の防災基準の上限が高くなりました。
地震による、日本国土の隆起と沈下が見える段階になる地域が出てきました。
日本の地下のマグマバランスも地震の頻度増加で、地下水脈(温泉源)の変化徴候が出てきました。
火山活動も各地で活発化の徴候が出てきました。日本国土が不安定期に入る徴候が出る時代に
入りました。国連の安全基準のリーダーが主流の日本人であり、先入観を排除した第三者審査機関
に歴史的になり難い時代です。このような視点から日本の抜本的再発防止は、今後の平和利用を
建前ちした「完全安全神話」でない原子力発電の世界的な増加と、世界地球の将来方向をどう
決断しますか?

津波対策だけを想定し、高い塀の中に短時間集中豪雨時の廃水、配管機能の超レベルの仕様変更
さえ気づけない人が主流の原子力発電機関が主導する時代の選民意識の高い人の集団で、経済界
政治、法人化大学も、電力会社で資金を小判ざめ調達する時代で無意識的擁護行動が本流です。
原発継続擁護が主流で、2030年代原発ゼロの文面を閣議決定しない「廃炉を始める論理」は、
今から約20年後収束準備、さらに20年収束工程、今から40年以上半世紀後のことを発言に「何か変な、日本の論理の現状」に対してと「論理矛盾」に気づけない浮き草型大人型子供を満足させ、60%以上の映像メディアさえ支持する国が日本であり、国内・自力での抜本的な世界広域汚染の抜本的再発防止
は実現確率が高いと判断しますか?

もし、この半世紀内に想定外の天変地異がないことを神に祈ることだけです。
日本国民には方法はありません。日本人が放射能汚染され、子孫に何が起こっても、日本人が多数決
で決めたことで何もいえません。「ソクラテス的」の覚悟をしています。

日本が世界、地球の未曾有の放射能汚染源となる近未来確率は世界のどの国より高い。
狭いエリアごとに分散し、ほぼ全土危険地帯の上にある多数の原子力発電所がある日本をこのまま
放置することが妥当かどうか?何を日本にすべきか?実体行動が必要な段階が現状です。

日本の抜本的原発事故の再発防止の方法は、現在の世界が想定する以上であることに気づく時です。
既に、「原発ゼロ」稼動で、今後のエネルギー源確保(幸いに、国内空洞化で、大消費電力施設は
減少傾向時代に入り、ものづくり拠点も海外へ移動をはじめ、中小企業中心のエネルギー政策と、
地域での自家発電共有方式で、対応可能技術は豊富にあります。
「オール電化」を法的禁止規制すれば 短期で家庭、集合住宅の電力大量過剰使用を減少できます。
白物家電製品の待機電力の禁止規制すれば大量のムダ電力使用はなくなります。
多くの節電技術もこの1年で世界の最先端レベルまで、日本は進化してきました。
地域のスマートグリットを電力会社と「ある地域代表民間機関」が第三者管理すれば、現在の公表
データの詳細項目の中の含み数値が高い(電力会社グループ内の過剰使用)を正しく節電できます。
一般家庭の使用と比較すると違いが見える化できます。


●主流と少し視点を変えると「当時の菅首相」は日本・世界歴史上の救世主
の一人ではないのでしょうか?

原発事故で歴史に残る行動をし、日本、世界の原発事故対策を一気にレベルアップさせた
真の救世主を一言集約すると『技術屋出身だから出来たの当時の菅首相がすべての国家の
重要な執務を中断し、周囲の静止を無視し
「現地現場へ専用ヘリで飛んだ行動」
です。

日本を現在の程度の放射能汚染で最小にくい止め、日本の広域・東京も含め人が住めない阿鼻叫喚
の環境から救う結果になりました。
日本人と世界の多くの人の「原発絶対安全神話」の「思い込み・催眠状態」から覚醒させた貢献者です。

「菅氏」が、当時の原子物理学、核分裂の怖さと影響を感じられた技術者であり日本の最高責任者
であったことが日本・世界の幸運になりました。事故が広域化しその後の汚染影響を想定したときの
基本動作・行動の一つです。原則通り「菅氏」だから行動できた日本の救世主としての役割に日本
国民の一人として感謝しています。

もし菅氏の行動を批判する目的で、日本の全メディア報道が福島原発事故と菅首相の行動を
映像配信し、瞬時に世界の衆人監視下に入らなければ、日本人は目先の東北大震災による被害、
大津波の影響で多くの隣人友人が関係したことで何も考えられない状況でした。私でさえ当日自宅へ
50km以上の徒歩帰宅をし、自宅の復旧と毎日の通勤の交通路線を確保するだけをが精一杯でした。

その後放射能のどんな影響が生活の中の現実としてはじまるか考える余地がなかったはずです。
いまでも、生活飲料水は水道をやめ、私・家族は水が健康の素であるため、有料の安全な水を購入
飲み続け、今も原発以前より高い基準濃度以上の日もある水道水は飲みません。
多くの日本人も原発事故に気づけないまま、最悪の環境に直面するまで原発事故は遠い他山の
石程度で考え、東北の自社関連工場、拠点の復旧に全力投球していたはずです。
震災関連放送と原発事故の推移放送を12日から日本のメディア報道は並列に報道せざるを得なく
なりました。菅首相の批判より、福島に何が起こり、広島、長崎の長期間の放射能汚染の影響の
方が日本人に重要であることに初めて気づき、放送内容が一気に変化してきました。
日本国民全員の衆人監視の下で、事故対応処置が進み、当事者会社は、広範囲の影響に気づけず
広域影響事故対応の危機意識がない現場のプロなら絶対にしてはいけないことを次々とする映像を
観ていると、なぜ日本の多くの現場のプロの叡智を活用しないで、時間を浪費し、さらに事故現場が
悪化へ予定通りさせるのだろうと愕然とし制御型人財の出現を祈る毎日でした。
プロの現場技術者ならありえない行動ばかりし、最初に抑えるべきすぐ行動する対策さえ何ヶ月
もかかる不思議な世界でした。まさに20世紀中ごろの主流の現場技術者行動をする姿に愕然として、
選民意識優位の排他的現場に外国からの叡智が入るまで続きました。
現在収束(少し安定状態で、終息は今の日本のやり方では10年以上かかります。5年に短縮しようと
する方法論に修正努力はなし、政府承認の工程通り、やればよい。多くの人への影響に気づけづ、
関係する企業は長期利権を確保することに国有化され責任回避安泰に重点を置いているようです。)

21世紀前半のネット社会の加速度進化で多くの検索エンジンに感謝し、日本の同時世界配信映像で、
各国の世界の叡智が日本人以上の危機意識下の的確な行動を起していただき、日本の現場の知識
不足、能力不足、行動不足、慢心型すべて自己完結排他行動により、日本の素晴らしいプロの現場
対応技術を無視されました。海外の支援さえ初期は国内問題として断ったリーダーさえいました。
結局、外国の人だから出来た各国の叡智と行動で不足部分の補填とプラスα行動を誘発していた
だき素晴らしいご支援を頂いて、日本の最悪環境を回避できて皆様に感謝しています。

●抜本的な日本の再発防止策は、世界の最先端の科学、叡智を結集しても核分裂をはじめると、
長期間水で自然収束を待つ以外人が短時間抑止できる段階でない。地球への広域汚染を累積させ、
人の遺伝子を突然変異できる確率が他のあらゆるものより高い、ハイリスクハイリスクハイリターンの
電力エネルギーであり、現在直接原価管理ならハイリターンに見えますが広域影響対応コストを原価
計上すると、福島原発は投資考課ゼロ以下になります。(また、地域、政府、学校、多数の団体への
多額の合法的賄賂(寄付)で無意識的味方にする総経費額、地域税金貢献金額は原価に計上して
ありません。火力発電の原料費が高額に見えるしくみになっています)

地球の球形を維持するためのしわ(プレート)の上に日本があり、大陸から割れて、移動した島である。
プレートの移動は、地球のバランスが崩れ、安定化するとき、地震、津波がは発生、東日本大震災で、日本の土地がずれ、地下に多数の歪ができました。
プレートも多数の部分に亀裂の徴候、地下の岩盤のクラック等で、温泉の温度上昇は、地下のマグマ
の安定バランス、圧力の変化の徴候です。休火山、地殻変動、地下掘削で、マグマの外部への道が
地熱発電、温泉掘削でできる火山活動の誘発確率はゼロではない。短時間集中豪雨、山、河川の
氾濫頻度が増加し、原発施設の環境が、活断層の上だけが危険かどうか「ハインリッヒの法則」から
予知すると、日本の下記の各地に点在する原発を稼動をさせて、一部の利権者だけがの儲かること
と、想定外の発生確率が、過去より急増時代に入った現在、稼動をする怖さ、子孫への影響を無視
できますか?日本が世界の大量放射能汚染源のが高い、上位の国である現状で?過去の日本の
最大電力貢献度が30%以下だった発電に固執し、短期で30%を以上補完できる火力発電を軸に
ある使用電力量以上の大口需要者は自家発電を義務化する法律規制(富裕企業なので、先行投資
型固定費で、減価償却方式にし、エネルギー自給にすると、電気料金は、変動金額の累計が固定
金額を超える期間まで、先行投資になりますがコージェネレーションシステムで、温熱、冷暖房の
電気料金と通常の大口電気料金合算すると、現在の市場価格の高すぎる電気料金単価よりも
海外の競合他社の電気料金と同等以下となり、ある規模の発電機を愛用するとエネルギー総コストを
低減できる確率は高い。太陽光、風力等自然依存型は、天変地域、天候不安定時代、想定外地震、
想定外微風、想定外強風で、計画発電能力以下で、地震での太陽電池のクラック、割れ目からの雨水
の侵入で漏電ショート、多発する落雷で、大規模メガの弱点がメンテナンス費用の累積となり、日本の
業務用にはマイナス確率が高い製品のため、他の発電方法がよいかも?規制した大口電力使用企業
施設を除くと、中小企業、一般家庭の電力使用量は、30%以下の発電施設済む確率は高い。
一般家庭の、オール電化の浪費型、電力会社に得で、費用を払った一般家庭の待機電力、観るだけの
おもちゃの使用税の徴収を法制化し、使用しない方が得になるようにして節電させ、町内共有の蓄電池
システムの設置助成すると、設置場所を安全地帯(海抜50m以上に法制化するとさらに節電効果があり
ます。停電時の冷蔵庫、パソコン等の電源確保ができ、ネット連絡も防犯火災も含め非常時でいかせる。消防時の非常電力確保(200W以上)が可能になります。

『日本で原発を稼動ゼロにして、日本が放射能汚染再発源にならない』と再発防止策を私程度でさえ
検討し、今ある、技術をいかし実現可能な方法を組み合わせると「原発再開しないと電気不足になる
から、停電で困る」といつ言葉は、昨年の節電環境での多くの人の自衛の工夫改善以前の過去の
まだ直接昨年の進化を体験しない人の「合理的脅迫」の手法の一つではないか?
現在原発再開した地域で、反対ポーズをして見せ、結局予定通り賛成に変えたメディア映像を操作
し浮き草型大人型子供を見方にする法律を基準とした行動に動かされる人が多数増殖してきました。
地域の従来のまま、電力使いたい放題の地域の感覚のままの原発事故の怖さ影響に直面しない、
安全地帯の人の記憶の風化速度の速さに気づいた東日本の人は多いようです。
残念ながら、まだ長崎、広島以外の地域の多くの人は原発絶対安全神話の思い込み催眠から覚醒
せず、怖さを潜在脳で感じる人が少ないようです。
情報ゼタ時代は、映像メディア報道の加工情報により阿鼻叫喚の実体を潜在脳まで刷り込まれた
記憶と異なり、わずか1年で風化出来る時代に入ったようです。

○日本の原子力発電所は54基 福井に13基あります。 
あなたの地域は直接影響地域ですか?日本全土は、福島原発事故で汚染の影響がありました。
・泊(北海道) ・大間(青森) ・東通(青森) ・女川(宮城) ・浪江、小高(福島) ・福島1,2,(福島)
・柏崎刈羽(新潟)    ・敦賀(福井) ・美浜(福井 ・大飯(福井) 高浜(福井)
・東海2(茨城)  ・浜岡(静岡)  ・島根(島根)  ・上関(山口) ・伊方(愛媛)
・玄海(佐賀)  ・川内(鹿児島)

「菅氏」は批判に晒されながらの行動は原発反対派はポーズだけのパフォーマンスだけの人だった
ことは 2012年12月国政選挙での価値基準行動基準を見(観)れば誰にも本音が見えました。
この選挙は、日本が原発に関する最初で最後の暗黙の原発維持賛成、反対の実質的な全国民
の国民投票でした。即時廃炉を始める(原発継続反対)か、半世紀以上の廃炉口約束(その時まで
本流の人誰もいない責任なしの合法的な原発賛成継続と同等の論理)かの2つでした。
賛成派が多数になりました。唯一の原発継続反対(即時廃炉を始める)だった女性党首は 300万票
以上の有権者の票で、少数派でも国政参加できる予定でしたがA志援も含めて、合法的な詐欺師の
手口で、予定路線どおり解党され、その反対票は、新党に引き継がれ、合法的賛成票に変わりました。
現在は原発維持派の本流が大多数で、その後の経過通り、再び日本で想定外人災確率が高い手順
で半世紀以上後も、原発存続方向になりました。(廃炉期間の長さを承知で、既に始まった新燃料棒
の輸入、使用済み燃料の処理の具体化等の段階の先祖返りをしました。、
  

●大事故、広域汚染等、多くの人を長期に巻き込む影響度が高い事故の再発防止、危機意識の
感度を鋭敏し徴候に気づく機能を鋭敏にするためには、強烈な映像を、右脳の潜在脳に怖さ影響と
うい感覚で正しく刷り込ませることが重要です。
幼児体験が過保護の親が、事前に予知して、怪我をしないように、失敗をしないように、一人っ子で
兄弟姉妹げんかの死、重傷にしない寸止めの感覚体験が刷り込まていないため、大人なら限界
で抑止ができますが「大人型子供は」その抑止機能がないため、とことん最後まで、死・重傷段階
にまで至ります。法律以下の行動をたまたましてしまう(無意識)行動現象になるようです。
「人災」=「人は信じてもよいが、人の行動は信じるな」 なぜあれだけの人が、なぜあんなキャリアの
人が、なぜあんな年齢であんなことを等の現象が見える(集団組織の10%以上)になった時から見え
はじめる現象です。再発防止が「人災」であり人の行動に起因であり、永遠に再発防止はできません。
再発行動をする人が、2度と行動できないしくみシステムの中に組み込み、行動確率をセロに近づける
ことが、重要です。なぜものづくりで簡単は反復行動に中に「ばかよけ」が必要なのでしょうか?

◎「人災」の再発防止には、「脳構造機能」「心構造機能」を正しく活かす
ために固有の機能の働きの基本を知り、現場の人を正しく教導すると想定以上に
人の自発再発抑止能力が多数働き、防止機能は増幅し、想定以上の再発防止
結果が出る確率は高い。
再発防止の現場の責任者である制御型人財の基本素養の一つです。



再発防止に関する行動は
事故が発生した根因傾向と人の思考帯域感度、行動クセ、機械・設備のクセを
活かした最適な方法選択により、再発頻度は減少する確率は高い。
先人の智慧の原理を活かして、核心を突き、最短の再発防止の機能を発揮できる
ためには制御型人財の成長数と相関があります。

日常行動の中に組み込む習慣化して、
「訓練は実戦のように、実戦は訓練のように」、条件反射行動まで高めることが、
事故時の最適行動格差になる確率は高い。

「能力は実行力、実行できないものは能力ではない」
 

「ハインリッヒの法則」「一本のさびた古釘」は戦術戦闘段階で留意していた方が
最適行動を採れる確率は高い。

あなたの現在の日常行動をもうちょっと修正し、周囲を少しづつ変化させましょう。

知識が豊富で「思っても」実行しない限り、何も変化がありません。

一人からはじめなければ 何もできない。一人だけでは何もできない。


実行すると次の解決すべきテーマが観えてきます。「知行一致」がテーマです。


◎企業経営のリスクマネジメントは、事業の存亡にかかわる戦略レベルの問題解決
テーマになつてきました。

現在社会においては、科学技術の発展を背景とした事業活動の高度化・国際化により従来以上の
リスクが巨大化、複雑化しています。たった一つの事故や過ちが原因で倒産に追い込まれる
「不確実さ」も増大しており、リスクマネジメントがますます注目されています。
与信管理、資金調達等格付け評価の要素になってきました。

・想定以上の大震災、津波、集中豪雨等の自然災害 (企業の立地選び)
・火災、爆発 ・賠償責任  ・労災事故 (企業のしくみ)
・海外駐在員の安全問題
・コンピューター・セキュリティ
・金利の上下動
・他社参入によるマーケットの喪失

・その他



 

 ◎「ハインリッヒの法則」の日常の行動 事例

 子供には信号を守るようしつけをしますが、信号が 
  ある交差点を信号無視で渡る大人。
 すぐ近くの斜め横断、車の停止の間を取り抜け、
 周囲が「ひやりはっと!」本人は得意顔。
 
 車の数が多く広い通りでさえ同じ行動をし、「魔の
 道路」での歩行者の死亡事故は、「車の急ブレーキ が間に合わない」「スリップ」「車の陰から突然出現」 組織、複数の行動を総累計すると「すでに危険な行 為」が真似る人を呼び、事故が発生することがわか  ります。

 ◎企業姿勢の妥協を許さない日常の姿勢習慣は
  人格化しているため簡単には修正できません。
  「日清グループ」 と「JT」の企業姿勢の違いで
  多くの人が検証確認内容です。
   

 

 


◎情報公開時代、統合的なネットワークを活かすと、最適に見える情報を短時間で入手できる確率は高くなりました。情報として素材として入手したことと、その素材を整理し、咀嚼できなけらば、誤った判断を誘発する厄介なものになる確率は高い。

「一本の釘」の原理
あなたはどの行動段階の日常行動が多いでしょうか?
あなたの集団組織・家庭はどうでしょうか?


問題解決の都度、世界の先人の叡智を探し、取り込んだ情報と過去の経験を基にして、頭の中でロジカルを組み上げる。複雑の問題は、実行すると、想定しない次の優先解決すべき問題解決テーマが出てきます。総能力、総人海で迅速行動する単位時間生産性格差が、解決期間と相関がああります。

訓練は実戦のように、実戦は訓練のように実証検証確信した自分の固有ノウハウとして「理解(顕在領域)」
し「無理なく自然に実行できる(潜在領域)」まで体得していると、火事場のバカ力として、瞬時に、正しい意思決定をすることが可能になります。

全く新しい種類の情報や過去の経験と矛盾する情報に出くわした際にも、正確で、最適な判断ができる確率は高くなります。

再発防止は、全員徹底までのある一定期間以上の反復訓練が必要で、要領のよい世渡り上手とは次元が異なる理屈が通用しない領域で「汗を流こと」が必要十分条件です。
その実行を回避する妥協のレベルで想定以上の危機に遭遇した災害対応能力格差になる確率は高い。
すべてあなたが選んだレベルで決まります。
 

 


□統合マネジメントシステムの視点から日常行動を見直す。
   労働安全衛生(OHSAS)の安全のために危険(リスク)の再発防止頻度を限りなくゼロにするためには
  日常の行動規制であるISOの品質(QMS)環境(EMS)と連動させる。
  緊急対応の項目として、固有ノウハウを累積させるしくみを構築することが経営戦略に関わる事項の
  ときに実行格差になります。
  世界の動静として、法律、法令で縛る統制(コマンドコントロール)型より自ら定めた数値を守る
  自主管理(ボランタリー)型を有効活用とした方が、災害防止には効果があるという考え方が
  採られるようになってきた。
  これまでの、規制、統制型の監督を厳しくすると、潜在的危険(有害)性の高い作業は下請けに
  出されてしまうこと(リスク飛ばし)が当たり前になっていた。従来は、このリスク分散を容認され
  トップは責任を追及されない存在として現場での責任どまりであるが、国際標準化の浸透で
  責任逃れのリスク分散は認めれれなくなり、元請のトップの責任まで(PL製造責任)追求される
  徴候がでているが、まだ、法律、法制化との整合は、国家格差が大きい。
 

□危険数値の許容

































































 

□ハインリッヒの法則の災害発生の原理



























 

□再発防止の推進





























 

 

 

 

 


□企業のさまざまなリスクについて

◇財産リスク

企業の財産が被害を受けることにより生じる直接損害に関わるリスク
・火災による工場が焼失
・ショーウンドウ内の商品が盗難
・地震による事務所ビルの什器備品が破損
・コンピュータによる不正アクセスされ、機密情報が漏洩
・その他
 

◇人的リスク

役員、従業員の死亡、傷害などにより生じる損害に関わるリスク
・自動車事故により、キーパーソンが死亡
・従業員が機械に手を挟まれて負傷
・強盗が侵入し従業員が怪我
・その他
 

◇賠償責任リスク

他人の権利を違法に侵害し、ころにより損害を発生させた結果、法律上の賠償責任を負うリスク
・自社が調理し仕出し弁当が原因で食中毒が発生
・新製品の商品名が商標権氏以外であるとの警告書が届く
・昇進に関して性差別があったとして従業員より訴訟提起される
・その他
 

◇収入減少リスク

各種要因で収入減少がもたらされるリスク
・自社工場が罹災し、生産がストップ(復旧までの期間について収入が減少)
・自社製造の商品に欠陥があることが判明、製品回収を実施(代替商品に置き換えるまでの期間について収入が減少)
・下請部品メーカーの倒産で自社工場の生産がストップ(他の部品供給者うぃ確保するまでの期間について収入が減少)
・その他
 

◇財務的リスク・マーケットリスク

株価や金利、為替などの変動により財務的なダメージを被ったり、商品価値の低下、新規参入者の出現などにより市場での影響力が減少するなどのリスク
・為替の変動により海外法人の赤字幅が増大、決算に大きな影響
・新規参入者の出現により、自社製品のマーケットシェアが低下
・専門機関による格付けが低下し、資金調達コストが上昇
・その他
 

◇ポリティカルリスク

 戦争、社会革命、テロなどにより所有物が損壊してり債権回収ができなくなったりするリスク
・社会革命が発生し、軍事政権が向上を没収
・現地環境関連規制の改正により、工場設備を大幅に改善する必要に迫られ、多額のコストが発生
・その他
 

 

 


□視点を変えてリスクを捉える

○環境クライシス

 

生産の効率化を追求するあまり、環境対策の遅れにより、環境汚染や環境破壊などを発生した場合に、企業の負うべき負担が莫大な損害をもたらす可能性があります。環境汚染・破壊(残留性有機、放射線汚染物、オゾン層破壊物質などによる環境汚染・破壊)、自然災害(地震、火災、洪水、噴火、台風)など
 

○経営クライイシス

企業経営に関して、その内外に発生する危機。
ワンマン経営、乱脈経営、役員・従業員の不正、他社の倒産、リコールなど
 

○情報クライシス

 

IT関連分野への多額の投資と、情報システムの広がりとともにクライシスに直面する機会は多くなります。企業機密情報(重要・秘密情報)の漏洩、クレジットカードの悪用、データの改ざん、コンピュータ情報(顧客・仕入先情報)の喪失、サイバーテロ、知的財産の窃盗や詐欺・係争、プライバシー侵害、コンピュータウイルスの侵入、流言飛語被害など
 

○カントリークライシス


 

企業活動がグローバル化するに従い、海外へのプロジェクトの投融資する危害が増え、その際当初予定されたとおりに債務が履行されるかどうかの契約のクライシス・が考えれれます。収用リスク、為替送金停止リスク、為替交換停止リスク、契約の期限前解約リスクなど

●海外への金融相場への投資、土地不動産への投資は、バブルの見極めをしなけえば、多くの先人の如く、日本国の資金を莫大な量の回収なき、流出現象のリスクがある。

●「ポリティカルクライシス」も海外進出時は検討要素の一つ。
 

○ポリティカルリスク

現地政府の不安定化(政治情勢の不安定、深刻な不況)、現地社会情勢の変化(市場での競争条件の悪化)、非常リスク(戦争リスク、収用リスク)、事業リスク(現地政府の制度、政策の変更)、誘拐など

中東をはじめ、多くの国が自由化という不安定化時代に入り、いつ何があるか予測できない、政府統制力脆弱時代に入りました。緊急対応体制を構築が必要な時代になりました。中小企業は、進出国選びが、企業存亡に関わる時代にはいりました。
 

○法務クライシス
 

知的所有権、特許紛争、PL法関連訴訟、政府の検査基準規制違反、セクシャルハラスメントなど

政府のグローバル外圧優位で、国内での綿密な影響度検討をしないで短期で規制強化、規制緩和等の法律が施行される緊急対応クライシスの徴候がでてきました。。(政治は経済に優先する原則通り、競争市場環境は政商優位の不連続型激変時代にはいりました。)
 

 

 

 

 

 

□リスク別ハザード(危機事業)の最新化

東日本大震災、福島原発事故の企業存亡危機の想定外の発生を機会に、今と未来の
事業展開を想定して見直しし、最新化をする機会として活かす。


 


   
リスク大
想定外、想定を超える解決に大資金調達が短期に必要
 

  リスク中 
想定内でしくみシステム革新で解決できる

 リスク小 
限定領域でしくみシステム革新で解決できる

全般




 

・法律規強化、緩和
・PL法関連訴訟
・知的財産権侵害、紛争
・リコール
・乱脈経営(内部告発)
・環境汚染、破壊

・流言飛語、にせ情報



 

・他社の倒産
・食中毒
・ワンマン経営
・苦情処理
・顧客数の減少、固定客の流出
・新商品製品開発の遅れ
・競合他社の優位性拡大(合併、合弁、連携等)で、格差が拡大、市場シェアの急減

・IT、データセンター、サーバー、コンタクトセンター等の投資の競合他社との乖離
 

・役員従業員の不正
・熟練者数不足
・プライバシー侵害
・セクシャルハラスメント
・しくみシステム人質の競合他社との乖離
・部分全体制御型人財数が不足
 

事故発生

 


・噴火  
・大地震、大津波
・原発事故


 

・サイバーテロ
・コンピュータウイルス侵入
・データ喪失
・自然災害(火災、洪水、台風、地震関連等)
 

・企業機密情報の漏洩
・クレジットカード悪用

 

周辺環境

 

・世界景気変動
・政変
・為替停止資金凍結
・戦争
・進出国の事業リスク
・市場ニースの変化と乖離
・技術革新の変化と乖離
 

・規制強化緩和
・為替変動
・税制改正
・株価下方変動
・金利上方変動
・収用リスク
・環境基準値の違反

・誘拐

 

 

 

 




 

商品一覧