開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

長所を伸ばし短所は抑える

■長所を伸ばし短所は抑える

 自分を変え周囲が変わる価値判断>長所を伸ばし短所は抑える




 現実の実戦結果の評価は

      長所量-短所量=P
     
   Pの量が多ければ人財として高い評価がされます。

      その差が少なくい不も少なすく く可も少ない人材と
 
   業績貢献せず、部門の業績をマイナスにする人罪と評価とに分かれる。

   Pの組織人としての総合業績貢献度合により 
      黒字会社か 赤字会社となります。

 

 


長所領域d:既に入社前に定着した量
短所領域x:既に入社前に定着した量
短所を抑えたとき:y

通常採用決定は d>>x  の人材

長所はA大、B中、C小で伸ばした場合

◆C小 は 放任本人任せの場合
  c+d <=> x+y 自社での能力発揮の
  成功確率は50%、企業の運次第

◆B中 部門単位での方向付け
  b+c+d >= x+y
  先輩上司の人財化成長度合に左右
  される

◆A大  タイムリーな全社OFFJT 
      部門の小とOFFJTと部門
      インストラクターが補完する
      OJT
     a+b+c+d>>x+y 

 

 Bの推進力の場合 
 全社の進む方向の上限下限内人材の中に最低  50の人材が1/2存在するようにした場合、
 率先垂範で進める+100の人財、方針に反対する -100の人財は相殺され、残った人材の方向に
 左右されます。

 Aの推進力の場合
 他部門から部門の業績を支援する部門内黒子
 カタライザー人財によつ50の人材の方向を
 会社の進む方向に向けた場合は

 Aの推進力>>Bの推進力

 

 

 

商品一覧