開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報


  無料知恵探し
 

    著者・出版社と
   価値契約済み

googl書籍検索
        

 本
の価値に感謝
   閃いたら活かす
  さらに成長しよう!
 
 


公開されない書籍

 図書館の活用
 

ものづくり
 現地現場の知恵

 日刊工業新聞活用
 
   
記事を最新から
 過去まで相対比較
 最先端クラウドを
 活かし成長しよう! 
 

商品カテゴリ

市場調査依頼時の上限予算

■市場調査依頼時の上限予算

予算獲得のための上手な進め方>市場調査依頼時の上限予算





<目的> 市場開拓のための仮説の精度をあげる有効な方法の一つ。

自社内で保有する全関連情報知識智慧人財をたな卸しをし、仮説を立てる

未知未経験、不足する内容を補完するためにプロの多業種の継続的情報を保有する調査会社に
依頼して、仮説の精度を最善の段階まで計画的に上げる。

プロの専門調査会社は、自社の業種業界の固定した視点だけでなく、異業種の視点補正ができるため
上限予算内で目的的にテーマを選択して依頼すると、自社仮説の補完ができます。

その時点で最善の仮説に基き、実戦スタート(60%から65%の準備程度で実戦段階で追加する方がよい)
し、都度仮説の修正を続ける。成果が計画より遅れる場合は、仮説の中で不足の解決テーマがあるためで
自社内総能力を活用し、外部の情報も活かし、まだ不足なら、前回調査内容に追加テーマを入れて、その後
時間での変化と追加情報で補完する。計画期間内で計画実績があがるまで、作業改善を繰り返す。

計画期間終了時の成果が計画との乖離状況を明確化して、次の解決テーマが発生段階で活かす。
すでに、外部内部の活用、効果等検証済みで、さらに進化情報付加して、外部機関を活用すると
解決テーマの数が増えるごとに価値判断レベルが向上する。外部のプロ会社も、自社の成長スピード以上
の成長のための協力をすると(人財の数が多く均質であれば、テーマが変われば別のもつとふさわしい
担当者に変更し、その担当者の手法を自社に吸収定着する。次第に、プロの調査会社人財を超える場合が
ありますが、その段階からプロの調査会社の継続的に補充する数値趨勢データベースの購入だけに切り替え
る場合もあります。同じ会社のデータなら、現状とのズレを補正すれば、自社がそのとき最善の情報を保有
する企業に変身してきます。




■上限予算で”あなた”のご要望を実現するたの内容・体制を検討します。
  ただし、”あなた”との具体的な内容調整により、上限予算ないで、見積は決まります。
  (交渉前に想定し、整理しておく方が具体化するとき適切な項目について)



 

 項目

 安い

高い

 選択着眼

 (1)事前に予備調査をし現状を確認した上で”あなた”の要望の優先順位を調査会社に確認してもらう

 

@事前打ち合わせ

 

 

”あなた”の整理した要望を箇条書きにしておき、その資料に基づき、調査会社の確認順序で、補足して説明する。
そのとき、追加したい案等も、思いつき事項も追加しておく。念のためメモをとり、双方確認する。追加事項はメールにより気づいたことをこまめに連絡しておく。

 

A予備調査

10万円以下
(予備調査の人数で超える場合もある)

事前面談メンバーが複数の場合、一人当たり工数単価×人数となる。

◇”あなた”が全体から細部まで把握している場合は、”あなた"と実務担当者と同席で面談

◆全貌を把握できていない場合、最もそのテーマを熟知しているメンバー複数との面談、調査項目を事前打ち合わせし、
ヒヤリング、現状認識し、まとめ企画書に反映する
メンバーは一家言を持つ、実践家の方がよい。
現場の決裁者が同伴する方がよい。短期で正しい現状を把握するため。

 

B第1回企画提案

 

 

”あなた”の要望、想定上限予算を考慮して可能な内容を提案。ただし、内容で見積金額に開きがある場合、3案提出依頼する。○△×方式で決断しやすい。

 

C第1回企画提案修正

一括発注の方が安い

途中の修正情報の少ない新商品・製品案の提案等の場合は中間報告をはさみ一括方式でないと、調査会社が計画的に経費を分担して並列業務ができ難くなり、深堀があまくなる可能性が高い。

 3ステップにわけるため、割高になる。

簡易報告を受けながら、内容を修正追加して、より必達の可能性がたかいものにする。調査期間内の外部環境の変化も対応修正できる。

細部調査内容、その後の展開、新業績基盤にすることを前提に、予算・内容を含めてガントチャートに落とし込み検討をする。最初から全体の契約をせず、2段階程度にわけて、
ステップが終わるごとに、簡易報告(正式報告書にすると、双方に業務費用、時間のムダが生じる。)で内容の相互把握中心で行う。内容の追加依頼がしやすい。

ただし、テーマについて分割可能かどうか調査会社に必ず確認調整する。無理な場合は中間報告会を必ず実施し内容の調整をする。

決裁者の要望、決裁しやすいように内容修正する

 

D第2回企画提案

 

 

 決裁時期を明確化して、決裁を待つ。決裁段階で調整すべき項目は、双方が打ち合わせ調整する。

 

E決裁に基づきスタート

 

 

 契約条件を確認し契約する。スタート時半金、終了時半金支払いが一般的ですが、双方打ち合わせて決める

 

 

 

 

 

  (2)見積予算が変わる項目

 

@ベンチマーク、競合調査の場合

 調査社数が少ない
調査会社の公開情報が多い場合

 調査社数が多く、公開情報が少ない

 公開情報の多さにより単価が異なる。組み合わせ社数で価格が決まる。予算の限界で調査社数を決める。

 

A市場開発調査

マクロ情報、ターゲットがまだ絞り込む前

ミクロ情報、すでに開発見本が複数あり、その市場性を調査する場合

開発見本が複数ある場合のテーマと、開発テーマ未定の候補探しの場合とことなる。産業・消費サービス・住宅不動産と3分割してスタートする方が調査会社の専門人財を集中しやすい

 

B一人の調査担当の限界

 一人で出来る範囲が限度、量より質にか、量でないようテーマを少なくするかできまる

 一人の業務能力を超える場合、複数以上のメンバーが対応する場合

 一人の調査担当の業務能力に限界があり、複数人財が必要な場合は高くなる。

 

Cチーフ人財メンバー構成で費用が変わる

 

 

 テーマの内容が複雑でチームで対応が必要で、チーフ担当がいる場合、費用が変わる。”あなた”のテーマの関連経験と、固有技術の応用経験者の組み合わせがよい。専門性・総合性のバランス。”あなたの得意でない方のチーフとの組み合わせは”このプロジェクトでの価値判断が加速度成長する可能性が高い。先入観にとらわれないことが着眼

 

 

 

 

 

 (3)調査会社の能力を最大限していただく方法(”あなた”が窓口とて、調査会社の重複工数を減らす気配りをする)

 

@”あなた”の業界情報を保有しているものは公開する

調査会社は、そのデータの信頼度の確認が重点となり短期でそのテーマを終わることができる。プロの企業はデータを鵜呑みにせず、データの源流チェックをし、”あなた”の先入観を排除する助けとなる。

 

 保有情報以外のプラスアルファ情報に固執して調査会社に公開しない場合、”あなた”の会社の情報レベルの把握が出来ず、蛇足に時間をかけ過ぎて、目的のプラスアルファ情報が少ない場合が多く、ミクロ情報の工数不足で、費用対効果の疑問が生じる場合がある。プロジェクトの成功が目的のはず、情報共有が重要。

 

 A矢野経済研究所の調査データがある場合は見せたほうがよい

費用が10万円程度で”プロジェクトメンバーが共有常識として把握しておくと、調査会社の資料をより深く理解できるようになる。

 

 矢野経済のマクロ、ミクロ情報も参考にして、さらにその調査会社の固有ノウハウを追加できるので報告書の中身の水準が上がる。

 

 Bメールで定期連絡をする方がよい

 依頼企業のチーフとの連絡の密度で、効率的業務が出来るように気配りする

 

 ”あなた”のプロジェクトの自社内での進行状況、特に方向性を変更・修正した場合は、調査会社のチーフにだけ速やかに連絡しおく。判断はまかせる。調査を遂行する上の、質問事項、確認事項は細かく対応する。

 

 C報告日参加メンバーは早く決める

 

 

 報告日が決まると、そのスケジュールにあわせて進行するので、長期の場合は、スタート時に決める方がよい。
”あなた”の会社の重要メンバーの日程を早く抑える。社長・重役が参加の場合は得意注意

 

 D社内の指定メンバーとの面談依頼は出来るだけたいおうする。特に早い対応がよい。

 

 

 調査遂行時、確認事項が発生する場合が多い。事前に組織図を渡し、キーマンの部門名前を連絡しておく

 

 

 

 

 

 (4)報告内容が期待以上の調査会社の場合、定期的にテーマを変えたり、同一で該当会社を変える等の連続依頼がよい。

 

 @社外の専門家を自社の人財以上に活かす

 社内で時間がかかることが、短時間で解決できるようになる

 有料になる限界を超えた場合は契約して実施する

 社内人財との連携融合ができると、外部の調査会社の総合機能を社内と同等以上の機能として活かせるようになる。

 

 A調査会社の全機能を十分把握する

 サービス依頼だけでなく、一定金額は有料の配慮が重要。組織を見方にする必要がある

     

 自社の組織にない部分、人財の少ない部分を核にして、機能を使い切るように連携する。

 

 B調査会社の人財は新規開拓の見込み先づくりのプロが多い。1社または1件の内容で単価は決まる

 新規商品、重点商品の調査と開拓と連動させると入手情報の精度は上がる

     

 見込み情報の内容を事前に打ち合わせておくと、開拓候補企業の見込み情報入手報告できる。見込み度の高くなって
提案訪問の方が成約確率は高くなる。(高単価品、固有技術の商品)

 

 C調査会社の報告情報で成約が決まらない場合、間隔をあけて、再訪問し情報入手してもらう

     

 

 最初の情報と社内開拓者の成約が決まらない理由と、再訪問時の情報格差を明確にし、修正し、成約可能性を高める。
次の機会の最初の情報入手時の進め方の修正をする。
依頼単価は同じで、社内人財の成長スピード以上の進化があり、そのパターンを社内標準化し全体のレベルを上げる

 

 

 

 

 

  

商品一覧