開眼招福!汗をかき、経営層を目指す人財志援サイト

 

トップページ商品カテゴリ運営者の紹介新着情報
商品カテゴリ

予算獲得のための上手な進め方

■予算獲得のための上手な進め方

TOP >カテゴリー一覧>予算獲得のための上手な進め方




制御型人財としてあなたが企業をよくする意見具申や、企画書の決裁
確率を高めるとき、留意しておくと綿密な決裁が取れる確率が高かった
事例の一つです。

  
■予算の獲得しやすい時期に、企画提案を準備しておく。

  1.次期事業計画準備時期に、企画を組み込む時(決算期前3〜4ヶ月)
   (金額が100万円以上)
   従来過去に実績のない内容は、上司、会社からの指示がない内容は事前根回しが重要。 

  2.予算管理の6ヶ月(1/4期の場合は3ヶ月)見直し時、総予算内優先順位が上位である時
   (企業により途中の追加予算には上限があり、越える場合は 緊急以外1の申請が多い) 
   拠点部門の総予算を把握しておく必要がある。 
    

  3.企業の経営戦略遂行の上で、当初計画のものより成功確率が高い時
   (ただし、相対比較し3種類○△×の比較ができると、○が選ばれる確率は高い)

  4.拠点・部門内で対応できる範囲の場合、拠点長・部門の業務改善効果があり、時間生産性
   短縮、労働生産性が上がる、組織及び関連組織にコストダウン、業務効率化できる時
   

  5.上司からの指示があるテーマは、内容・コスト・メリットを明確にし、相対比較し、選らび決定
    できるようにする。
    見積もりが必要な場合3種類準備する(○安い △普通 ×高い:特に詳細に) 上司の目的に応じた、予算
     尺度を、持っているため、高くても決裁がでる場合がある。


    


■上限予算で計画し、項目別仕様の計画なコストダウンテーマを準備しておく。
  
    最善⇒最善の必需仕様をカットし最適仕様で決まりやすい。

  下限で依頼すると不足仕様を追加予算でとることになり、決裁を上方修正
  し難い傾向がある。





目安予算=上限予算

希望仕様>目安予算

希望仕様を葉仕様の内容で金額明記しておくと、必要内容は、上限を越えて追加される場合がある。

基幹仕様を明確にすると代替ローコスト既成商品で代替可能となり、カスタマイズも含め予算内で決まる場合がある。

 

 
企業内にない企業外の「有料の知識智慧」を活かすときのテーマ事例
 決裁をとるための成功確率の高い上限予算での方法

          ↓ クリック
    
◆名簿購入上限予算について

   ◆市場調査依頼時の上限予算について
  
   ◆半年・1年契約の志援がほしい場合   
 


◎サイト内紹介企業と取引連携したい場合、                                  
      
   
直接各企業のホームページから直接に交渉し、自己責任でご相談下さい。 
   
                 
   
 


   

カテゴリ一覧
名簿購入上限予算について
外部の信頼度の高い名簿保有専門企業から計画的準備後に購入すると、総顧客数は増加をはじめます。購入はその上限予算で交渉すると期待以上の結果成果となります。
市場調査依頼時の上限予算
外部の調査の価値がわかると、毎年継続活用が始まります。市場調査時の上限予算で可能な範囲の資料を活かすと、期待以上の結果成果がでるようになります
半年・1年以上契約の志援
半年・1年期間を決め手、”あなた”の会社の問題解決・プロジェクトの外部からで一緒に進行する志援をする場合、月工数で業務をする外部からのチーフに現状が正しく短時間で把握調整できるしくみ創りが重要。外部からの志援が核心を突くかどうかは”あなた”の対応次第。